AFTER★SE7EN このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-12-16 RPG

とりあえず戦闘を管理するクラスをBattleManagerという名前で作り、

プレイヤーの攻撃や敵の攻撃などはすべてこの中に定義しておいた。

他にも色々ここで定義したいのだが、一応この状態で動くかテストしてみることにする。

例の戦闘ウィンドウに文字を表示するために、既存のメッセージエンジンを既存のメッセージウィンドウがどう呼んでいるか

みておこう。

テロリスト側の戦略

18:23 | テロリスト側の戦略を含むブックマーク テロリスト側の戦略のブックマークコメント


爆弾をしかけてそこを死守するときに、

爆弾の前にたちはだかって戦っていたのでは、戦力の差があったら不利である。

そこで、爆弾からあえて遠ざかってみるといいと思う。

特にスナイパーはこの戦法をとるべきだ。

爆弾が照準にはいるギリギリの遠距離に隠れていればいい。

敵はこちらがみつからなければ爆弾を解除しはじめる。当たり前だが爆弾解除の作業中は無防備かつ動かない。

楽勝で射撃の的である。敵にきづかれたらなるべくそこらへんを飛び回って時間をかせぐ。

自分が最終的に死んでも、爆弾解除がまにあわなければこちらの勝ちである。

戦闘ウィンドウにダメージ等を表示してみた

18:52 | 戦闘ウィンドウにダメージ等を表示してみたを含むブックマーク 戦闘ウィンドウにダメージ等を表示してみたのブックマークコメント

なんか勇者の名前を表示しようとするとヌルポ例外になる。

よくよく考えてみると、メッセージエンジン平仮名用の画像フォントしか用意されてないのが原因だった。

漢字アルファベットが入るとヌルポ。

平仮名と数字はOKなんで、一応ダメージとかを表示できるようになった。

と、ここでふとBattleWindowクラスなんかいらねえんじゃねえかという気がしてきた。

普通のMessageWindowをここで使ってもぜんぜん問題ない。

というよりむしろBattleWindowクラスはほとんどMessageWindowクラスと同じ仕様で書いているので、

同じものが二つもある状態なのだ。いらん。

Special Force中尉1に昇格

22:22 | Special Force中尉1に昇格を含むブックマーク Special Force中尉1に昇格のブックマークコメント

ついにダイア二つの中尉1になったぞー!

戦績は610勝532敗。

kill数1298。

スナ部隊

02:19 | スナ部隊を含むブックマーク スナ部隊のブックマークコメント


チームの大半がスナで構成される部隊とキャニオンとキナバルでバトルしたんだけど、

それはそれは凶悪だった。

スナが4人ぐらいあつまってにじり寄りなが移動してくるというのは、

なかなか手がつけられない。

ちょろっとでも顔を出すとズバーン、で昇天である。

手榴弾や閃光弾やスモークを使って照準を定まらせないようにして戦うのが吉だろうが、

なかなかそううまくもいかない。

敵も結構じっとしていないであちこち遊撃してまわっているのだ、スナなのに。

スナの群れにはやはりスナ特有の弱点があるはずなのだが、

それがなんであるのかは分からん。

分かったところで、頭で分かっても向こうの腕に負ければ決して思うようにはならないわけだし。

厄介でトリッキー。危険な編成だ。

test

02:49 | testを含むブックマーク testのブックマークコメント

#include <iostream>
#include <memory>

using namespace std;
class AutoPtrTest {
	public:
		AutoPtrTest() { cout << "コンストラクタ" << endl; }
		~AutoPtrTest() { cout << "デストラクタ" << endl; }
		void methodTest() { cout << "メソッドテスト" << endl; }
};

int main()
{
		auto_ptr<AutoPtrTest> pAutoPtr(new AutoPtrTest);
		pAutoPtr->methodTest();
		return 0;
}

スナイパーにとって厄介な動き

04:34 | スナイパーにとって厄介な動きを含むブックマーク スナイパーにとって厄介な動きのブックマークコメント

ハエのようにチョロチョロされるのが一番狙いにくいんだが、

一番狙えないのは至近距離でジャンプしながらチョロチョロしてる奴だと思う。

中距離でジャンプしてる奴は、基本的にはマトだけどね。

ジャンプしてるのが見えたら、もう着地地点は決まっているのでそこにマウスをもっていって撃つだけだし。

中距離だとカクカクしゃがんだり立ったりしてるやつが狙いにくいかもしれない。

体か頭を狙わないと一発で倒せないんだけど、しゃがんだり立ったりカクカクしてるやつは猛烈なリズムで体の位置が上下してるので

つい脚に当ててしまい倒せなくて接近されてジャンプしまくられてナイフで切られたりしてしまう。