九月の無差別日記

九月さんの徒然日記
[ FFXI / game / comic / anime / food / hobby / coffee / etc ]

07-10-22(Mon)

[]キミキス pure rouge 3話

今回はほぼ星野さんルート一択な感じ。もうほんとにちょっと背を押すだけでカップル成立しそうな勢い。少なくとも摩央は光一星野さんが両想いだと解っちゃってるわけだし、ていうかすでに光一の気になる女の子とか言っちゃってるし。

そして一方その摩央の方は光速で甲斐フラグを進めるのであった・・・、もうこのご都合全開超展開はどうしたものか。

もう片方の主人公担当ヒロインが多すぎてグダグダになる一方で、他が光速でまとまるという二極化路線で行くつもりなんだろうか。純愛路線もハーレム路線もいけますよー、みたいな。

・・・誰が望むんだそんなの。

せめて二見さんの話はちゃんと纏めて欲しい物だ。

 

[]みなみけ 3話

エキセントリックな夏奈に対して、健気な藤岡緩衝材になってテンポ良く話が進む感じ。まぁ、藤岡は健気ってレベル通り越して不憫な気もするけど。

この辺は夏奈と千秋の組み合わせになると緩衝材スペックを超えてしまうとも解釈できるか。最後の追い出されるところは春→夏→秋という三姉妹の組み合わせでこその流れだし、キャラの個性の微妙な絡み具合が面白い。

 

[]しゅごキャラ! 3話

王子様と呼ぶな! 王と呼べ!

早速3体目のしゅごキャラも覚醒か、展開速いな。

3体の意匠がそれぞれハートスペードクラブなんで、4体目がダイヤで求める卵だったりするのかな?お約束的な展開でいくと3体が合体してダイヤになるとかかもしれないけど、3つのキャラが運動、芸術、料理と来てるので学問方面のキャラがありそうな気もするんだよなぁ。

今回はガーディアン加入までの話で、ガーディアンキャラもだんだん明らかになってきたわけだけど、しゅごキャラがなりたい自分の姿というのを踏まえた上で見ると面白すぎるな。それにしゅごキャラに振り回される面があるというのもしっかり描かれているんで、なりたい自分とのギャップとか出てて親しみを持ちやすい。

それにしてもやっぱりジョーカーか。ジョーカーヒロインイメージじゃないよなぁ。Gガンダムジョーカー女性だったけど。

 

[]プリズム・アーク 3話

キャラ紹介しつつ学園風景の描写を進める、という感じか。もうドタバタ学園ラブコメディにしかなってないけど。 スパイの視点でプリーシアに対する問題提起とか行われたり、最後に襲撃があったりで話は一応ちゃんと進んでいるといえば進んでるんだけど、どうにもドタバタノリが強すぎるなぁ。作画と演出もそれを助長している感じ。ぶっちゃけ何がやりたい作品かはさっぱり解らない。

 

[]レンタルマギカ 3話

当面は各キャラごとのメインとなる回を順番に展開していく感じなのかなぁ。1話は顔見せ的に暴れるだけ、2話が実質1話となる物語の開始点、と来て3話は2話に時間的に直接繋がってないという・・・

時系列の把握が行いやすいよう何らかのファクターを用意しておく、とかすればまだしも一切の説明が無いのははっきり言って不親切とかそういうレベル以前に視聴者のことをさっぱり考えてないんじゃないかと思う。

それで話を単体として見た場合の質が高ければまだしも、途切れ途切れの描写、唐突な説明口調、急な場面転換、はったりだけで内容の掴みづらい演出とダメな要素が目立ちすぎる。

今回はみかんメインの話と思われるのに、みかん能力と魅力を表現しきれていたかというと一方で事務的に説明され、また一方で説明されてないことも多く、視聴者的には表面的な部分しか理解できず達成されたとは言い辛い。

声優だけで見るにも辛くなって来たなぁ。でも、植田佳奈ノリツッコミは素晴らしいと思うよ。

 

[]機動戦士ガンダム00 3話

俺に触れるな!

俺がガンダムだ!発言はアレルヤがこれがガンダムなんだと言っていたのも合わせて思想・思考的な意味だと思ってたけど、刹那的にはもう自身=ガンダムになりきっちゃってるのね。

グラハムとの勝負はあっさり終了。結果はお互いに不満が残る、という感じか。それにしても乙女座は関係ないだろう。スクライドと言い、黒田洋介は乙女座キャラが好きなんだろうか。

ヴァーチェ地上戦もっと見たかったのにあっさり帰っちゃうのね。ガンダム戦艦の動力源にもなってるみたいなんで、何機かは常に行動を共にしなければいけないようだけど。宇宙港の4人組のシーンはそれぞれのキャラが出てるのは良い感じではあるが、仲良くねーなw ロックオンまじ苦労人。

戦闘の方はデュメナスは作業用メカを蹴散らし、キュリオスが焼夷爆撃を行っている一方でエクシアタイマン2回。1、2話の戦闘シーンは一方的に蹴散らすだけな感じだったけど、こいう一対一になると機体の性能差が良く出て面白いな。特に高機動型ティエレンの無理矢理飛ばしてる感の強い飛行と重厚感ある動きはエクシアの動きとの良い対比になってる感じ。

そういえばガンダム達は戦争自体を止めようと介入するのではなく、戦争の元を絶とうと動いているというのが強調されてるね。相手側も装甲の塗料や降下カプセルなどから足取りを辿ろうとしたり、意外と今までのガンダムに無かったアプローチが興味深い。

群像劇的に場面や登場人物の幅を広く取られているのに、それぞれの場面に一癖あるキャラを配置し現状破綻してないのは結構凄い。学校の方がどう機能するかは未知数だけど、ジャーナリズム方面からガンダムを追う方向性の上で重大な役割を果たしそうではある。王留美は毎回違う服装で視聴者を楽しませるキャラになってきてるな。

派手な面白味はいまだ無いものの、なんだかんだで次回も楽しみ。

 

[]今週のハヤテのごとく!

パロだけで一話乗り切りやがったw

それでも、これでもかこれでもかとネタを休みなく出し続ければエンターテイメントとして成立するから恐ろしい。ナギ脚本兼監督によるドラマ撮影、とでも認識して置けばいいのかな。なんだかんだで楽しめはした。お色気シーンも多かったし、ネタの選別的にも子供向けとしても家族向けとしてもマズイものになっちゃってるけど。

それに、こんな回はたまに有るからこそ良いけど、こんな回ばっかりだとさすがに辟易するんで自重はして欲しい。

今回の執事バトルはほんとにオマケって感じだったな。すでにコロコロ玩具販促になってるような。そのくせ規制で隠してるあたりがこのアニメらしいと言えなくも無いけど。次に来るのはベイブレードミニ四駆辺りかねぇ。