エイガ・デイズ このページをアンテナに追加

「お世辞をいうのは、愛情のない証拠です。お世辞をいうぐらいなら、皮肉をいってあげた方が愛情です」(川島雄三)

2016-08-26

Kurobaku2016-08-26

[]8月に見た映画(その2)

『シアター・プノンペンカンボジア2014 ソト・クォーリーカー監督)→アホな女子大生が不良とつきあう青春映画かと思ったら、ポル・ポト政権下のカンボジア映画女優だったヒロインの母親がいかに過酷な運命を辿ったかを描いた作品だった。クメール・ルージュ時代、それまで作られていたカンボジア映画は焼き払われ(1975年以前の映画はほとんど残っていないとの事)、映画人は他の文化人らと同様、強制収容所へ送られ虐殺されたそうだ。その強制収容所のことは深作健太監督の『僕たちは世界を変えることができない。』で少し触れて知っていたが、映画および映画人たちの話は初耳だった。そういった意味で大変有意義で立派な映画だと思うが、不良娘が母親の女優時代の過去を知って、急に歴史や映画に興味を持ち始めるという展開はいささか出来過ぎてて安っぽい。失われた映画の続きを新たに撮影するというのもオリジナリティはどうなるのか、とか余計な心配をしながら見ていた。 <8/19金 シネ・リーブル梅田4、C-6>


×『華魂 幻影』(日:渋谷プロダクション2016 佐藤寿保監督)→ご贔屓の佐藤寿保監督だし、映画館の話だというので期待して見たが、いまひとつであった。そもそも前作の『華魂』もいまいちだったしなあ。河原でレイプされる少女を助けられなかった映写技師のトラウマ話と、映画館が閉館して最後の映画上映を見て関係者が乱れまくるという話との関連性が薄い。映画の中に少女の姿を発見した主人公の映写技師が、フィルムを必死で確認するという前半の展開はちょっとアントニオーニの『欲望』を思い出した。 <8/19金 第七藝術劇場


ゲッタウェイ(米1972 サム・ペキンパー監督)→午前十時の映画祭。2K上映のようだが、画質は悪くない(一ヵ所、最初の刑務所の場面で一瞬画像乱れがあったけど)。困った…俺、この映画なら何度でも見れる。本当に面白い。敵役のアル・レッティリが強そうに見えて実はでくの坊なのだが、まあ、あんな男くさいツラがまえは近頃とんと見かけないので許す。車の中でキレて、チキンを投げ合うところなんか最高におっかしい。それにしても今回見直して思ったのだが、ストーリーはあってなしのごとしで、自由奔放である。そして浮かび上がってくるのは男と女の寓話。昔はマックイーンのガンアクションに痺れて見ていたが、今回は脇役も含めた登場人物の人間くささを楽しんで見ていた。ある程度の齢を取らないとわからない滋味がこの映画には溢れている。ペキンパーなら私は『ワイルドバンチ』よりもこっちの方が好きだ。 <8/22月 TOHOシネマズなんば別館12、I-9>


×『秘密 THE TOP SECRET』(日:松竹、WOWOW2016 大友啓史監督)→死者の脳から生前の記憶を甦らせるMRIスキャナーが発明され、それを犯罪捜査に活用する警察組織が出てくる近未来の話だが、この機械や組織のことを説明するセリフが多くてうんざり。上映時間149分の長尺はこのせいか。それなのに原作に出てこないキャラクターを増やした挙句(原作は読んでいないが)、人間関係を複雑に、秘密めかして入り組ませるので、ますます長ったるく、鬱陶しい映画に。生田斗真は謎に包まれた知的な変人というキャラクターをワイシャツの中にタートルネックを着るというので表現(笑)。新人捜査官の岡田将生は一応主役なのに影が薄く、有能なのか無能なのかもよくわからず。栗山千明のキャラクターなど本当に要るのかと思う。さらに猟奇犯罪者の描き方をはじめ、熱血刑事やらの脇役はいずれもステロタイプで薄っぺらい。いくらマンガが原作とはいえ、これはちょっとヒドいぞ。大友監督は次回の『ミュージアム』も猟奇犯罪の捜査ものみたいだけど大丈夫か? <8/22月 なんばパークスシネマ11、I-6>


『健さん』(日:ガーデングループ、レスペ2016 日々遊一監督)→2014年に亡くなった俳優・高倉健を、生前を知る関係者が語るドキュメンタリー。『単騎、千里を走る』で中国人ガイドを演じた(というか本当にガイドさんだったと聞いた)チュー・リンが案内役になるというアイデアが面白いが、最後まで一貫していないのが残念。彼が新世界東映高倉健の映画を見る場面があるが、健さんが画面に登場すると場内から「ヨ、健さん!」「待ってました」と声があがる。いつの時代の話なんだ(笑)。スコセッシ監督やジョン・ウーらは何の関係があるのかと思うが、かつて高倉健の出演を望んだことがあったが実現しなかったとのこと(スコセッシは来年公開の新作『沈黙』で高倉健を出演させるつもりだった)。他にも『ブラック・レイン』で共演したマイケル・ダグラスなども出てくるが、こういう海外の人たちより、もっと東映の関係者に話を聞くべきだろう。実際多くの人が畏まってリスペクトするのに対し、梅宮辰夫や八名信夫らは健さんの神格化を崩すような面白い話をする。そういえば、高倉健東映やくざ映画に出なくなったのはある宗教家に「たとえ映画の中でも人を殺していると不幸になる」と説教されたから、というような話が出てくるが、それが本当ならバカな話である。どうもこの映画は高倉健の死に便乗した企画で、付け焼刃的な印象は拭えないが、それでもTVのドキュメンタリー番組には出てこないような話もあり興味深い。 <8/26金 第七藝術劇場


×『眼球の夢』(日、米:アレット・トン・シネマ、スタンス・カンパニー2016 佐藤寿保監督)→海洋ドキュメンタリー『リヴァイアサン』のプロデューサーが出資した日米合作の佐藤寿保作品。眼球をめぐる物語であるが、ストーリーがよくわからなかった。目の幻影肢もピンとこない。ジャンル的にはホラーのような、ポルノのような感じなのだが、どっちつかず。もしかして芸術映画か。歩道橋でのゲリラロケ(?)は初期のピンク作品を思い出させるが、あれほどのパワーはもうなく、自己模倣しているような印象。眼球舐めは鈴木清順が先にやっていたので驚かず。眼球破壊にしても『アンダルシアの犬』とは言わないまでもせめて『サンゲリア』ぐらいの衝撃は欲しかった。あと第七藝術劇場は夜一回のレイトショーで、先週は『華魂 幻影』、今週は本作という形で公開したが、十三に2週続けて足を運ばなければいけないこっちの身も考えてくり(笑)。 <8/26金 第七藝術劇場

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Kurobaku/20160826/p1