妄言銃

2018-04-07 アルマダ

[]アーネスト・クライン著 池田真紀子訳 『アルマダ


映画『レディ・プレイヤーワン』の原作ゲームウォーズ』の著者の新作。

今回も主人公はオンラインランキング上位に名を連ねるゲーマーで、ゲームを発端とした巨大な陰謀宇宙戦争が繰り広げられる。

正気とは思えないようなありがちなOP”教室の窓から空を眺めていたら自分がハマっているゲームに出てくる敵宇宙人戦闘機が飛んでいるのが見える”から始まるこの物語

陳腐でありがちだが、その陳腐さとありがちさに意味がある。


既に人類は宇宙人コンタクトを取っており、政府はそれを秘密にしている。


今大流行中のゲームは新兵器パイロットを探し出すためのテスト兼、訓練シミュレーターである


60年代後半以降から爆発的に増えたSF映画や娯楽作品は全て、人々を宇宙から侵略者へと備えさせるためのものである


ぼんくらの夢想陰謀論とが正面衝突を起こし、その衝撃と炎の中から何かが生まれた。

それがこの本だ!!


凄腕ゲーマー主人公は死んだ父親面影を追いかけて、充実しながらもどこか居場所のない高校生活を過ごし

バイト先のゲーマー店長や魅力的で理解ある母、理想的な大人たちに囲まれ、友人とバカ話する。

だが、不愉快極まりないジョックスとの衝突で全校生徒からキレやすいサイコ野郎の視線を浴びせられ、最高に気まずい瞬間

アルマダ>に登場するドロップシップが校庭のど真ん中に着陸し、彼を呼ぶのだ。


「人類の危機に君の力が必要だ!!」

笑うわこんなん!だが馬鹿にしてじゃない。その豪速球の凄まじさにだ!

シンプルで先の展開がほぼ読めるストーリー(この事は序盤で主人公の好きな映画『アイアン・イーグル』の解説シーンでなんとなく仄めかされる)

だが安易なツッコミを許さない圧倒的な引用引用引用

そのままで面白い


「だがメタに読めばもっと面白い

そういう感じの本よ。絶対分かっててやってる。

宇宙に上る前に主人公いじめっ子相手にバイオレンスの構えを繰り広げるのは『エンダーのゲーム』冒頭へのオマージュだと思う。

(幸い、主人公のザックさんはエンダーほど容赦ないタイプではない)


アルマダ>の設定

クリス・ロバーツとリチャード・ギャリオット宮崎英高とゲイヴ・ニューウェルと宮本茂コンサルティングして”

”デザインや映像演出ジェームズ・キャメロンピーター・ジャクソンWETAワークショップ

BFCoDEVEオンラインの開発チームがプログラミングした世界最高のMMOゲーム。”

ナレーションモーガン・フリーマン”は割とこっちを殺しにかかってくる連打系のギャグだと思う。

VRMMO物の小説を書こうとして勢い余ったらこうなった感まで出ており、パンチが見えないまま袋叩きにされた。

「皆一度は考えるだろ?」という著者のドヤ顔がページから浮かび上がるかのごとくであった。凄いぜ。

2018-02-22 S・K・ダンストール著 三角和代訳 スターシップ・イレヴン

[]S・K・ダンストール著 三角和代訳 『スターシップ・イレヴン』


遥かな未来

未知のエイリアンがもたらした”ライン”と呼ばれる力を使って人類は銀河を超え、宇宙へと広がっていた。

ボイド空間を航行し、光の速度を超えて飛ぶ宇宙船は”ラインズマン”と呼ばれる能力者が乗り込み、これを制御する。

レベル1は クルー健康維持

レベル2は 快適さと船の航行能力の維持

レベル3は 修理、保守管理目的

レベル4は 重力

レベル5は 通信

レベル6は ボイド空間を航行するボースエンジン制御

レベル7

レベル8は 未知

レベル9は ボイド空間への突入

レベル10は ボイドジャンプ制御する。


10ライン存在し、ラインズマンもまた10段階のレベルに区分される。

基本的自分のレベルを超えるラインを扱うことは出来ず、高レベルのラインズマンはエリート中のエリート

ラインズマンの制御メンテナンスなくば船の機能は十全に発揮し得ず、彼らは非常に高い社会的地位と特権を持つ。



主人公イワンはレベル10認定ラインズマンである

だが、別に特権はないし、社会的地位も低く、20年契約の安月給でひたすら酷使されている。

何故ならば彼はスラム出身の貧民であり、その能力は独学で身につけたもの

他のラインズマン達が操るように、念じて”押す”事でライン干渉することが出来ないからだ。

では彼がどうやってラインアクセスするかというと、歌う。

歌いかけ、交信することによってライン制御するのだ。

ラインズマンカルテル教官達は「自己流のまずいやり方が染み付いてしまっている」とバカにし、手法の違いを理由に彼を認めようとしなかった。

彼は歌いながら船のラインを修理する”気狂い”として業界全体から軽く扱われている。


だが、そんな彼の元へ帝国第一皇女が現れ、未知のエイリアンシップ調査クルーとして雇いあげた時、銀河の運命が動き出す。

馬鹿にされ、軽視され続けてきた彼が歌う時、人々は宇宙そのものを感じ、畏怖の念に打たれるのだ……。



タイトルが『スターシップ・”イレヴン”』でラインズマンのレベルは10まで、とくれば話の展開は大体読めると思うんですが

基本的には未知のエイリアンシップとそれを巡る恒星間国家の政治闘争を背景に

「おまえはすごい」っていう味方と

「いや、出来損ないだわ」っていう悪者

交互に主人公を上げたり下げたりし、自己評価無茶苦茶低い主人公自尊心を手に入れ、無茶苦茶落ち込み、未知の力に慰められ……の三拍子が繰り返されるワルツ方式です。

そして繰り返されるほどに「これくらいだと思った?いやもっと凄えから!」と主人公がどんどん登っていく加速上昇タイプ。


カッコ良いキャラクターは超有能で危険で魅力的。

ムカつく悪役は本を引き裂きたくなるくらいホントにむかつきっぱなしという非常にパワフルな本です。

問題はムカつく悪役の中にアメリカンドラマっ面で”味方にしたら有能で頼もしい”枠に潜り込もうと画策してるフシのあるやつがいることだ!

魅力的なキャラクターになってくれればいいけど、今後も嫌な奴のまま画面端をうろちょろされたくないなあ……

今後?そうだ。今後が問題なのだ。つまり三部作です。その第一巻です。

つづきがある。本作では解明されないままになる謎もある。明らかに皇女血縁関係がある「であります」口調の女兵士とか。ライン7の正体とか。未知の敵とか。

つ、つ、つ、続きが読みたいぞう

創元SF文庫は割とちゃんと続きを出してくれるイメージがあるので、そこまで危惧はしていないけれど、ガンガン売れてじゃんじゃん続きを出してほしいので売れるといいわね。

面白いわよ!

2017-12-15 D&D第5版とヘヴィ・クロスボウの思い出

[][]

D&D第5版のプレイヤーハンドブック日本語版が発売された。

待ち望んだ書物、フルカラーのイラストがふんだんに使われた夢のように美しい本のページをめくる内、僕の心は過去に戻っていく。


初めてD&Dプレイしたのは電撃文庫版だった。


僕が初めて作った戦士能力値決定ロールで3d6が爆発し、STR18、DEX15の非常に強力なキャラクターになった。


当時のルール環境下だと、STR18のPCは毎ターン、ヘヴィクロスボウが発射できた。2d4ダメージのボルトで敵の手の届かぬ範囲から射てたのだ!

水が下方に流れるかの如く、当然の様に僕は力に溺れた。


敵を見ればまずクロスボウが唸った。


藪がガサガサと鳴動すればやはりクロスボウが唸る。


挙句対人交渉の場面でもクロスボウが飛び出るようになった。


世は麻の如くに乱れた。

SWのクレインクインクロスボウ


Wizardryの針穴クロスボウに並ぶ三大クロスボウの乱だ。


DMは憤怒した。かのヘヴィクロスボウを除かねばならぬ。


バックダッシュしながら弩を発射するだけのマシンに成り果てたあの戦士


前線に叩き戻さねばならぬ。僕もDMも血の気の多い年頃だった。


結果として、僕と、僕の戦士戦士の持つヘヴィクロスボウプレイ時間中、


常にシステムから刺客に怯える事になった。



まず、盗賊ギルドから金目の物ならなんでもかっぱらおうとするこそ泥派遣され、我が戦士の行く先々にうろつくようになった。


このこそ泥は実に欲深で目先のことしか考えないので、一番大きくて重くて値段が高そうなクロスボウを置き引きしようとするのだった。




街は安全場所ではなくなった。



次に大自然の怒りが僕とクロスボウに襲いかかった。


森を抜けてダンジョンに向かう僕らの前に、怒り狂った猪が現れる。


猪は弩で親を殺された事があったので憎しみに吠え猛り、一直線にクロスボウを持った戦士に突っ込んできた。


良い気になったとはいえ2レベル。野生動物との直接戦闘は危険だ。


身を翻して必死に逃げる戦士。後を追う猪。パーティーの仲間達は呆然と彼らを見送る。


「装備が重いから徐々に追いつかれるね」

荷物を捨てよう!」


「まだ駄目だね」

「剣と盾を捨てる!」


「まだだね」

「兜を脱ぐ!」


「まだまだ」

ダガーも捨てる!」


「そんなにクロスボウが好きか」


 DMの狙いは明白だ。


必死の抵抗も定められた終わりを引き伸ばすことしか出来ず


運命は僕と僕のヘヴィクロスボウをその手に捕らえ


ついにその時は来た。


ヘヴィクロスボウを脇に放り出して速度を上げる!猪に踏まれない様に!」


僕は大事相棒自分の右前方にそっと投げ出し、森がやさしく受け止めてくれる事を祈った。


弩は柔らかな下生えと木の葉の上にそっと着地したが


怒り狂った猪は僕ではなく、僕の弩へとまっしぐら、正確にホーミングすると牙と蹄で蹂躙し、滅茶目茶に破壊した。


「いやおかしいだろ!」思わず立ち止まってツッコミを入れる丸腰戦士


すべての武器荷物を失った彼は最早鎖帷子を身にまとったちょっとHPが多いだけの男である


DMは「フゴッ!フゴッ!」って言いながら湯気を吐き出し、蹄で落ち葉とクロスボウだったものを蹴り立てると、再び追尾を再開した。


1時間ほどが過ぎ、全身ぼろぼろになった戦士荷物を拾い集めて仲間のもとに戻ってきた。


彼の手には砕け散ったヘヴィクロスボウがあり、彼の目には惜別の涙が光っていた。彼の相棒は失われ、その栄華は最早過去のものとなった。


DMはニヤリとし、仲間達は金貨を出し合うと「新しいの買おう」って言った


ところで次のダンジョンは湖の底にあり、魔法ポーションを飲んで水中に潜る必要があった。


「水中では飛び道具は使えないね」DMはにっこり笑って宣言した。


ちなみにそのダンジョンの最深部には魔法のかかっていないクロスボウなど意にも介さないゴーレムが待ち受けていた。


凄い喧嘩になった。キー


知ってるかい?今じゃ水中ではクロスボウや槍が強いんだ。


STRが18なくても特技やマイナーアクションで毎ラウンド射撃できるようになったし、1レベル戦士HPは最低でも9はある。


プレイヤーDMに協力的になったし、DMプレイヤーの装備を奪おうとムキにならない。あれやこれやは全て昔の話だ。


待ち望んだ日本語版プレイヤーハンドブックをめくりながら、そんな事を思い出していたよ。あれから何年たったことだろ。

3Eも出たし、4Eも出た。今では5Eの世の中で、おまけに僕はDMだ。


バキリバキリと消えてった、弩見てくれこの姿。弩見てくれ、この姿。  ヘヴィクロスボウの思い出(完)

kuro9876kuro9876 2017/12/16 15:48 いい話だなあ(ホロリ)

bit666bit666 2018/01/13 23:30 ヘヴィ・クロスボウのダメージが修正されてる(驚愕)。

2017-10-29 裏世界ピクニック2 果ての浜辺のリゾートナイト

[]宮澤伊織著『裏世界ピクニック2 果ての浜辺のリゾートナイト


待ってましたの第2巻。

大変印象的だった、きさらぎ駅エピソードの続編『きさらぎ駅米軍救出作戦

(前巻の時も思ったんですが、きさらぎ駅の話はPCゲーム『S.T.A.L.K.E.R』の序盤、線路に沿ってゾーンを歩いていた時の感覚を思い出してニッコニコになる。あのゲームの初期装備もマカロフだった)

中間世界の夢っぽい描写が素晴らしい『猫の忍者に襲われる』

がお気に入りのエピソード

日常世界を生き抜いて来た主人公達が、日常側の知り合いの前で銃を抜き放ってその力を解き放つシーンもあってたいへん格好良かったです。

柳澤一明の漫画真・女神転生カーン』においても同種のシーンが有り、伝奇物の物語が大きく広がっていくこの時期の味は堪えれれぬものがある……。



また、裏世界物体を買い取る研究組織も登場し

SCPの香りも取り込んでお話がどんどん膨らんでいく。

青い光に包まれた裏世界深部の描写のカッコよさや

世界そのものゆっくりと這い寄って来る描写

部屋いっぱいに広がったダンジョンタイルに取り込まれたりするのも良かった。

不気味で危険で広大で得体の知れない裏世界の最深部表層をちょっと引っ掻いては命からがら戻ってくるあの感じは

3DダンジョンRPGにおいて一番好きな、最難度の隠しフロアに到達して攻略を開始した直後のあの感じがたっぷり味わえて堪らぬ味わいです。


あとがきもセットでダンジョンへの愛を感じるこのブック、わたくし大変お気に入りでございます

2017-10-23 スチームガール

[]エリザベス・ベア著 赤尾秀子訳 『スチームガール』


蒸気文明隆盛の19世紀アメリカ!!スチーム大西部の果て、ラピッドティ!!

父をなくしたカレンは女傑マダム・ダムナブルの経営する娼館「モンシェリ」で”縫い子”として働いていた!!

用心棒のクリスピン!コックのコニー!バーテンのベセルピアノ弾きの教授!技師のリジーと猫のシニョール!

陽気で頭も気立てもいい縫い子仲間たち!


他の娼館は知らねえが、このモンシェリではマダムの目が光っているので全てがきちんとして清潔だった。

縫い子達は仕事をし、金をため、いつか歳を取ってこの仕事をやめたときに備える。運が良ければマダム・ダムナブルみたいになれる。


そんなある日、モンシェリ悪名高い跳ねっ返り娼婦メリーリーとインドから来た少女プリヤが逃げ込んでくる。

女を痛めつけるので有名な悪党経営する娼館から逃げてきたのだ。

やつはゴロツキを多数雇い、怪しげな蒸気技術を使って人心を惑乱し、市長椅子を手に入れようとする大悪党

だがカレンは一目見た瞬間から、痩せて怯えきったプリヤにぞっこん惚れ込んじまったのだ。

惚れたからには放っとけぬ。思索好きの少女だったカレンオーヴァードライヴが静かに始まろうとしていた……


本作には超イカス紳士の中の紳士、有能なコマンチ族の保安官助手マッド・サイエンティストに蒸気甲冑、飛行船、潜水艦、どんどん大きくなって最終的に国家を揺るがす陰謀などが出てくる。

原題は「Karen Memory」。スチームのスの字もない。これはよろしくない傾向である

我々はスチームパンクのパッケージに包まれたなんかぼやっとした味の冒険活劇をあまりにも多く読まされ、見せられてきた。

映画『スチームボーイ』については僕はまだ結構怒っている。

主人公は逃げ回るばかりでいつになっても戦わない!僕らはスチームボーイの活躍が見たいんだ!これ誕生編じゃないか!

エンディングスタッフロールの背景に描いてある活躍が見たかったんだよ!そっち本編にしてくれよ!

とか

これスチームパンク要素は香り付けだけでメインはロマンスの方じゃないのさ!違うんだよ!もっとこう……ガジェットに淫した感じのゴリゴリの奴が見たいんだよ!

どうせなら蒸気ロボに乗っちまえよ!

とか

もう少年少女が知恵と勇気で悪い大人に立ち向かう話はいいんだよ!捕まってないで戦え!蒸気を使え蒸気を!ボイラーの高圧がお前達の非力を補ってくれるんじゃないのか!

とか

ぼくは割とスチームパンクというジャンル懐疑的なのだ

僕が読みたいのはスチームパンクガジェットを使って正面から悪に立ち向かえるヒーローの話なのだ

わざわざ「スチームガール」なんて放題がついてるのはきな臭い

またなんかこう、スチームパンク成分は看板だけで実態特殊環境に置かれた人々の心の動きを丁寧に描いた小説だったりするのではないか。

主人公全然スチームしないのではないのか。


そういう無茶苦茶疑り深い目で読み始めたのだ。


その疑惑は裏切られず、裏切られた。

わかりにくいですね。


主人公は割と活動的だが戦闘力はたいして高くない。

あっさりさらわれたりしないが、独力で窮地を切り抜けられるほど強くない。

主人公達の周辺にいる大人キャラクターはみんな強く賢くカッコいい。

そして主人公が蒸気甲冑を着込んで本格的に暴れるのはクライマックスだけだ。

心配していたとおりだ!

でもね

一日で全部読んじゃうくらい面白かったのだ。

あり。これはアリよ!

キャラクターは皆魅力的だし、主人公の心が段々定まっていくのもいい。

ヒロインとの因縁レベルが上昇して身体ダメージが入るに連れてどんどん強くなっていく辺りは完璧に『テラ・ザ・ガンスリンガー』だ。

そしてクライマックス正念場を宣言して荒れ狂うカレンを止める術はない。

炎をくぐり、弾丸を跳ね返し、壁をぶち破り、巨大メカをぶっ飛ばす。

まさにスチームガールの誕生であった。


っていうかこの超覚悟完了した主人公とプリヤで続きが読んでみたいわね。マジでテラよ。お薦めよ。