Hatena::ブログ(Diary)

プロフェッショナルへの道 − 育休後から始めよう このページをアンテナに追加 RSSフィード

2109-08-24

迷走する両立支援 いま、子どもをもって働くということ

迷走する両立支援―いま、子どもをもって働くということ

迷走する両立支援―いま、子どもをもって働くということ

☆この本が書かれた目的

仕事と家庭の両立支援の追い風の中で、職場を去る正社員の母親は後を立たないのはなぜか。両立生活の渦中にいる働く母親は両立をどう体験し、支援は何をもたらしたのか、それを探ることが目的。

☆著者が対象と考えている読者

・仕事と育児の両立支援に取り組む国や企業の担当者

☆こんな人にお勧めです

・企業で女性活用プロジェクトの推進をするため、当事者である女性に生の声を聞きたいと思ってインタビューしたところ、なぜかガードが硬くて話してもらえなかったり、笑顔で「特に問題ありません」、と言われたり、「話したところでどうせ何も変わらないんでしょう」と言われたりして、困っている方。

・人事担当で、自分の会社は両立支援の制度が国の基準より大幅に充実していて、女性の採用や登用を積極的に進めようとしているのに、なぜ女性の管理職が育ってこないのかわからず、困っている方。

☆事例として紹介されている組織

・ファニー・メイ(米)

インテル(米)

・(日本の事例は職場名、社名が伏せられています)

☆こんな表現が印象的です

 子どもが重病になり、職場の許可を得て休んだまではよかったが、査定の面接で「休むことをあたりまえと思って仕事をしているのではないか」と問われた人もいる。その本人だけでなく、それを知った周囲の女性は、職場のホンネをみてしまう。こうして一度、不信感をもった働く母親は警戒し、ホンネを語らなくなる。「子どもをもって働くこと」の体験を聞こうとする社に対して、「それなりに苦労はあるが、職場の支援と理解のなか、男性と同様に働く一人の社員」の顔を見せる。「これも仕事のうち」と。

 ホンネがひきだせなければ、人事部や労働組合は、根本の問題に行きつけない。やがて両立支援の制度をつくることじたいが目的化し、対応は定式化する。(250ページ)

☆感想

引用したい文章が、上記以外にもたくさんあります。本質にせまる問題提起が端的に表わされていて、紹介したいのはやまやまなのですが、全部引用していくと膨大な量になってしまうのでやめておきます。

仕事と育児の両立支援と、男女雇用機会均等推進との両方が「つながっていない」と指摘してくれたのは、私にとってはこの本が初めてでした。現象として、育児休業取得者は増えても、復職後のキャリアアップが難しいという事例は多く見てきたので知っていました。著者はそのことを取材により裏づけ、企業でその二つの施策を結びつけるための環境が整っていないことを具体的に指摘してくれました。

この本は、ダイバーシティワークライフバランスの推進にたずさわる人にとって、ある意味、越えられそうもない高い壁を感じさせるほど、根の深い問題をストレートに提示しています。

しかし、この問題をしっかりと認識していることが、一歩ずつでも前へ進むための基盤になります。

すべての職場がこの本に書かれているような問題を抱えているわけではありませんし、本当の意味で理解のある管理職や父親も増えてきています。そういった環境にある女性はそれに気づき、堂々と、自分のやりたいような仕事のやり方を追求していくべきだと思います。また、自分の力で環境を変えていくことができるチャンスがあれば、チャレンジすべきだと思います。

また、ホンネで語らなくなってしまった母親たち、もう一度正直なところを発言しようよ。それにより、少しずつでも育児休業後の母親の仕事環境が良い方向へ変わっていくことを信じたいです。

2012-06-10 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

R+(レビュープラス)さんから送っていただいた「佐川萌え」を読みました。

この本の外観は、「もしドラ」と雰囲気が似た感じ。

イケメンの佐川急便セールスドライバーが荷物を持って笑顔で微笑んでいます。

AERA佐川マンが取り上げられたときは、「え?そうなの?」といった感想でした。

確かに宅配便の配達の人はどの会社の人もきびきびしているし、応対も丁寧な印象をもっていました。

ただ、佐川急便がほかよりすごい、と印象はあまりなかったのです。

この本を読んでなるほどと思ったのは、

「道ですれ違う人も車ですれ違う人もすべてがお客様。縞シャツを来ている限り見られていることを意識して行動せよ」

と言われ続けて自然に行動に移せるようになった、というところです。

これを意識しているため、横断歩道を渡っているお年寄りをおんぶして助ける、という行動ができるということでした。

また、荷物ではなくお客さまの心を運んでいる、というフレーズにも納得しました。そういう気持ちでいたら荷物を乱暴に扱うことなんてできませんよね。

ほかにも、佐川の伝統が簡潔な言葉で着実に伝承されている。それらが新人研修やその後の人材育成でたたきこまれているのです。

女性店長によるイノベーション震災で発揮された飛脚の精神など、軽やかな本の見た目とはうらはらに、とても読み応えがあるものでした。ぜひ、多くの方に読んでいただきたいと思います。

レビュープラスさん、この本との出会いをありがとうございます。

2010-11-26 ダイアログ・イン・ザ・ダークを応援してください このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

知人から緊急の協力依頼が来ました。

真っ暗闇での体験ができる、ダイアログ・イン・ザ・ダークへの支援です。

35文字の応援メッセージで彼らの活動をサポートすることができます。

下記をお読みいただき、賛同いただけるかたはぜひ協力してください。

■35文字の応援メッセージ登録ページ

http://2010.koshien-net.jp/reg/register.php?id=3

■すでに登録された応援メッセージ

http://2010.koshien-net.jp/shimura/

11月末までです。

よろしくお願いします。

--------------------------------

ダイアログ・イン・ザ・ダークはご存知ですか? このグループは全盲の方がガイドして下さって、暗闇の中での体験が出来るプログラムです。 人は第一印象を75%が目によってされるので、その視野を取ってしますと、聴覚、嗅覚等の他の感覚で人の話しを聞き理解しようとします。 素晴らしい経験を出来ますので、もし体験されることをお勧めします。 詳しいことはこのリンクを見てください。http://www.dialoginthedark.com/

ダイアログ・イン・ザ・ダークを助けてください。 体験する時、お世話役をするうちの一人がダイアログ・イン・ザ・ダーク理事でもある志村季世恵さんだと思います。 彼女がダイアログ・イン・ザ・ダークの経営をサポートするために、コンテストに挑戦しております。 ダイアログ・イン・ザ・ダークに体験されていないかたでも、たった35文字での応援メッセージで、ダイアログ・イン・ザ・ダークを助けてあげる事ができます。 35文字はかなり短いですので、時間をとられませんので、よろしくお願いします。 私も含めてサポートのメッセージがこのように登録されています。 http://2010.koshien-net.jp/shimura/


このコンテストは一般の人からどのくらい賛同を得るかで、本選に選ばれるようです。 35文字での応援メッセージの積み重ねで本選への挑戦の権利が取れるようです。 ダイアログ・イン・ザ・ダークは、社会的に素晴らしい事をされています、でも経営はとても大変だと思います。 このような形で、なんらかの援助を得られる事はすばらしいと思いますので、是非サポートしてあげて下さい。 もちろん私は登録しました。 あまり時間がないようですので、直ぐに下記の応援メッセージを登録してください。 一人一回で、たった35文字ですので、時間はとられません。 どうぞよろしくお願いします。 即登録してください!! 遅くとも11月末までによろしくお願いします。

■応援メッセージ登録ページ

http://2010.koshien-net.jp/reg/register.php?id=3

Note: コンテストは「社会イノベーター公志園」は、公(おおやけ)の志にあふれ、新しい経済社会の実現に向け挑戦する社会イノベーターを全国規模で、一般の人が賛同・支援するような事に対して、発掘・育成・支援する教育啓発・社会変革する組織です。 

2010-09-06 ブログを移行します

育休後コンサルタント.comのサイトを立ち上げたのにともない、はてなダイアリーの更新はこれ以上しないことにします。

はてなから日記のエントリーをエクスポートし、移行先にインポートしたところ、思ったよりたくさんあって自分でもびっくりしています。

こちらで書いた記事の一部を、移行先で改定して再度投稿することを考えていますので、重複して読んでしまった方にはおわびします。

このブログの名前「プロフェッショナルへの道 − 育休後から始めよう」を考えたときに、思えば今の自分の姿が決まっていたような気がします。こうありたい、と思って熟考して決めた名前だけに、それに自分自身が導かれてきたのかもしれません。

よく、「紙に書くと夢はかなう」とたくさんの人が言ったり、ビジネス本に書いたりしていますが、それは正しいと思います。

もっとも、わたしの夢はまだかなっているわけではないので、これからますますがんばっていきたいです。

これまでありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

2010-01-20 クーリエ・ジャポン2月号 次の、ITライフ。

レビュー専門ブログネットワーク レビュープラスに参加し、クーリエ・ジャポン2月号を送っていただきました。

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]

今回の特集は、

ツイッターiPhoneキンドル、そして・・・

次の、ITライフ。

という非常に興味深いテーマでした。

中でも気になったのは、次世代テレビ。

フールー(Hulu)という動画サイトがあることを初めて知りました。

フールーでは、800以上のテレビ番組に190以上のコンテンツ・プロバイダーを介して無料でアクセスできるといいます。

視聴者からみると、録画の心配もせずに好きな番組を好きなときに見られるのでとても画期的なサービスであるが、ビジネスとして成り立つのかどうかが非常に気にりました。フールーのサイトにアクセスしてみたが、米国以外からは動画は見られない、というメッセージが出て残念でした。

この号で一番気になった記事は、WORLD NEWS HEADLINEの18、

欧州トップの出生率の”謎”多産国フランスのケースに学ぶ「有効な少子化対策とは?」

です。フランスでは、1996年に1.65まで下がった合計特殊出生率が2008年には2.02まで上がりました。その理由として一番大きいのがPACS(連帯市民契約)です。法的に婚姻関係を結ばなくても、同等の権利が認められるこの制度により、共同生活をする男女が子どもを持ちやすくなったのです。

日本でも少子化の問題点が叫ばれて久しいですが、フランスがかつて同じ問題に取り組みこのように効果をあげているということが、あまり一般市民には知られていないような気がします。ツイッターでもよく少子化が話題になりますが、そんなときにこの記事から得た知識を元に、問題提起や対策提案をしていきたいと思います。

最後に、USニュースの番犬。

大統領支持率の低下が話題になっていますが、その一端をこの記事に見ました。あれほど熱狂的に大統領を支持した国民が、今は手の平を返すように不支持を表明する。そこには人種差別的考え方も見え隠れする。アメリカの抱える問題の複雑さを改めて感じた記事でした。

今回もまた、あまり日本に紹介されることのない国の出来事に数多く触れることができ、新鮮な気持ちになりました。どうもありがとうございました。

Connection: close