Hatena::ブログ(Diary)

プロフェッショナルへの道 − 育休後から始めよう このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-12-04

ツイッター 140文字が世界を変える

毎日つぶやくようになったのは、今年の11月の初めでした。

この本を読んだ時点で、フォロー数138、フォロワー数139、リスト7、ツイート数189。決して多いほうではありませんが、それでもツイッターは私の生活を大きく変えました。

この本は、私自身がツイッターにはまるのと前後して出版されています。

誰にでもわかりやすい、平易なことばで書かれていながら、ツイッターのよさを存分に表現しています。中でも印象的なのは、著者自身が最初はツイッターのよさがわからなった、と何度も書いていることです。だれでも最初は、アプリケーションの選び方、使い方がよくわからないので、あまりにシンプルなツイッターのサイトを前に、どうアプローチしたらよいのか途方にくれる。しかしそのうち楽しみかたを自分でみつけて、はまっていく。その過程を、ていねいに教えてくれています。

大体の内容は、この一ヶ月で自分がツイッターを使ったり、わからないことを調べたりして得た知識と一致する内容でしたが、「情報を出し続けると生活が楽しくなる」という著者からのメッセージは新鮮な響きがありました。何となく感じていたことを、あらためて教えてもらったような気がしたのです。

この本で知った、ボットや各分野での著名な方々をフォローしてみたり、タイムラインを自分なりにチューンナップしたりと、今後ともツイッターを楽しんでいきたいと思います。

(このレビューは、レビュープラスコンテストに参加しています。)

Connection: close