ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Kyojiのよろずひとりごと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-04-06 本当の年度初めでネットのトラフィックが下がっていることに気づきま このエントリーのブックマークコメント

さて、土曜日のコンサートが終わり一段落しました。その関係で今日から実質的に私の年度初めが始まります。気分を新たに邁進していこうと思います。

しかし実はここしばらくの状況で非常に気になる点があります。

私が経営している会社はここ6-7年くらい結構ネット経由で多くの仕事を取ってきました。特に1−4月でどれくらい新規の顧客を開拓できるか、というのがその年の売上に大きく影響していきます。

実は今年の1月はまずまずだったものの、2−3月が非常に悪いのです。それはまず全体のページのアクセス数からもわかります。例年の同時期と比べても12-15%アクセスが減っています。これは検索エンジンキーワード別の表示位置が変わったからではありません。うちの会社は「CD製作」とか「音源製作」ではトップに出ます。今もそうです。しかもそれらSEOを補うAdwordsをフルに活用した上でこのアクセス減ですから余計に事態は深刻です。

つまり「制作マインド」が極端なほど冷え込んでいるということがいえないでしょうか? 4月に入って何とか巻き返したいとは思っていますが全体としてネットのトラフィックが下がっている印象があります。

と思っていたら一年近い前の記事ですがITメデイアに同じような内容の記事がありました

日本のインターネット、総PVは減る傾向 利用時間は2割増 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/23/news103.html

PVが減るというのはトラフィックが減っているという風に考えてよいのではないかと思います。一年前でこうですから今はもっと減っているk脳性があります。

ちなみに私も訪問者の滞在時間も結構チェックしていますが、長い人は20-30分、短い人は数秒で行ってしまいます。ブログの滞在時間は長いですね。数時間いる人もいます。

いずれにせよ訪問者による案件発生率、お問い合わせ率を増やすようなページ作りを再度検討する必要がありそうです。

例年そうですがGW前までは勝負です。あと3週間ありますが、何とか巻き返しを図りたいと思います。