ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Kyojiのよろずひとりごと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-05-04 沖縄に行って帰ってきました このエントリーのブックマークコメント

GWの休暇で沖縄旅行に家族で行ってきまして本日帰ってきました。

実は沖縄に行くのは初めてなんですが、娘が美ら海水族館に行きたい」というたっての要望があり来年はお受験の可能性があり当分大きな旅行もできないだろう、ということで少々奮発して今回の旅行となりました。

個人的には沖縄は先の大戦にて大きな犠牲と、日本軍による事実上の強制的な集団自決ひめゆりの塔などの悲劇的な歴史があることから、遊びに沖縄に行くというのは気がひける部分がない、といえば嘘になります。しかし一方では沖縄は観光を基幹産業にしようという目標から、沖縄の地元に観光客としてお金を落とすのも、ある意味貢献でもあるので、今回はそういった面は抜きにして楽しむことにしました。

沖縄に行って気がついたこと、まず海が綺麗です。

f:id:KyojiOhno:20100504080212j:image

近くで見ると海水が透き通っていて澄んでいるのがわかります。

f:id:KyojiOhno:20100504080450j:image

沖縄は「東洋一のリゾート」を目指しているだけ合って、観光の資源が豊富です。

世界自然遺産の万座毛

f:id:KyojiOhno:20100502145401j:image

そして首里城です。

f:id:KyojiOhno:20100501160549j:image

首里城内の玉座です。ここだけ特別に撮影許可が下りています

f:id:KyojiOhno:20100501165032j:image

普天間基地問題で沖縄は揺れていますが、これだけ虐げられてきた歴史を持つ沖縄の人たちですが、実際に沖縄の人にあってみると皆さん本当にいい人たちばかりですね。

鳩山首相抑止力のために」ある程度の軍事力プレゼンスが必要との説明をしていましたが、これは名指しこそしていませんが北朝鮮というよりは中国を念頭に置いているのは明らかで、アメリカもその関係で沖縄周辺での軍事プレゼンスを置いておきたいという思惑があるようです。今も昔も大国の思惑に振り回されている沖縄。それにも関わらず本土の人間を恨むのでもなく、明るく我々に接してくれる沖縄の人たちを見ますと彼らの希望が可能な限りかなうことを願わずにはいられません。

また一方では観光を通して沖縄独自の生き方、文化を全面に出していこうというたくましい姿も見ることができました。これに関しては明日音楽に関することなのでhttp://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/:title=Kyoji の音楽ひとりごと]にて書きます。

http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/

また今回の目玉、美ら海水族館については明日書きます。