ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

季(toki)の香り日記

2017-01-22

お散歩へ

 穏やかな日曜日、暖かさに誘われて、夫と一緒に散歩に出ました。世田谷線の松陰神社駅に停まっていたのは、赤い車体の電車でした。

     f:id:LAVANDNOUS:20170122142701j:image

 世田谷線は、線路は住宅に近く、駅舎もこじんまりして可愛いですね。黄色、オレンジなどカラフルで元気な色の車体も楽しいです。今は、車体は新しくなり、スイカやパスモが使えるようになって、便利になりました。でも、世田谷線独特の「せたまる」はもう使えなくなって寂しい。

 松陰神社前の商店街は、日曜日でお休みのお店も多かったのですが、若い人が好みそうな新しいお店も出来ていました。銀座にある松崎煎餅があったりして、楽しく見て歩きました。

     f:id:LAVANDNOUS:20170122142414j:image

 白い暖簾がかかっている昭和を感じさせる中華屋さん。どうかなーっと思ってお店の前に立っていましたら、お一人中に入られました。では、私たちも・・・と続きました。

     f:id:LAVANDNOUS:20170122141523j:image

 店内は、想像通り、昭和レトロなインテリア。お願いしたラーメンのおつゆの色にビックリ!食べて見たら、見た目ほどはしょっぱくなかったのです。お味にも昭和を感じました。ごちそうさまでした。

     f:id:LAVANDNOUS:20170122151729j:image

 7300歩ほどのお散歩でした。帰宅して、お疲れ直しに頂いたおやつは、私はみつ豆。夫はあんみつ。美味しく、疲れがとれました。


PS  見返してみましたら、この前の記事もお散歩でした。同じような話題で恐縮です。お許しを。

2017-01-20

散歩にて

 昨日の散歩の時に出会った枝垂れ梅。

    f:id:LAVANDNOUS:20170119104123j:image

 寒かったのですけれど、空気が甘く香って春を感じました。よく見たら、隣にサボテン。仲良く並んでおりました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170119104213j:image

 数軒先の塀越しには、蝋梅。花も良く咲いていましてが、実のつき方がすごった。あまりの多さにびっくりしました。

蝋梅咲き始める

 庭の蝋梅は、咲き始めました。まだかしらと待っていると日の経つのは遅く感じますね。いつもは、新幹線並みに速いのに。

    f:id:LAVANDNOUS:20170119125151j:image:w360

 白梅はまだ固い蕾なのです。それに、今年は花付きが少なめです。肥料不足?

 昨日散歩の時に、奇麗に咲いている白梅をみました。歩いていたら良い香りがして来たのです。前方の家の塀の上から伸びている枝垂れ梅の香りでした。甘くすっきり、馥郁とした香りが漂って、歩いていていも気持ちよかったです。

2017-01-19

新聞記事より

今朝の朝日新聞で見つけた記事です。パリに香水博物館が開館したそうです。

    f:id:LAVANDNOUS:20170119093358j:image

 建物は、かつてクリスチャン・ラクロワのメゾンがあった庭付きの邸宅だったとか。展示は、最先端技術を駆使した斬新な方法とあります。

 香り、お庭、建物、インテリア、好きなものが沢山!いつかパリに行くことが有れば、是非とも見学に訪れたいなー。

2017-01-17

園芸高校へ

 昨日は、緑のボランティア養成講座、本年最初の授業がありました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170116131526j:image:w360

 お教室に入る前にバラ園へ。霜柱が溶けて靴底に厚く土をつけながら園内を散策。寒さで末枯れた薔薇の花に午後の光が当たり、綺麗。

    f:id:LAVANDNOUS:20170116131631j:image:w360

 私が定点観察しているデンティベスの花。寒さで花色の赤みは強く、茎も赤くなっていました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170116131834j:image:w360

 ガーデンへの訪問者には、かわいい小鳥も。ちょこちょこと足早に土の上を歩いていました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170116132044j:image:w360

 授業は、接ぎ木について、座学と実習。各自接ぎ木したいバラの枝をガーデンから切ってきて、野バラの台木につぎました。小刀をうまく使えなくて私は四苦八苦。首尾よくつげたかとても不安です。後は、運を天に任せ、祈って見守るだけですね。お願いします!

 園芸高校が終わった後、ボロ市に寄り道しました。ちょうど帰りのバスの終点がボロ市通りに近かったので。

    f:id:LAVANDNOUS:20170116164231j:image:w360

 代官屋敷見学も久しぶりです。井戸の所にキササゲ(?)が沢山吊るされていました。何につかうのかしら?それから、天粗神社の境内に出ている植木屋さんをのぞいて、原種シクラメンやヤマユリの球根などをお土産に買いました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170116172652j:image:w360

 最後は、近くにある和菓子の鶴屋吉信へ。夫が好きなねりきりと薯蕷饅頭は私用に。お年賀で今年の干支のお布巾も頂き嬉しく帰宅しました。

2017-01-16

明日館へ

 昨日は、河田ヒロ先生のアートクラスに参加して、久しぶりに河田先生、類友の皆様とご一緒、楽しい時間を過ごしました。ありがとうございます。

 昨日は、イギリスからお取り寄せされたハードカバーのスケッチブックの表紙を自分仕様に作り変える方法を教えて頂きました。

 材料セットの写真を撮り忘れたのですが、元のスケッチブックの表紙もグレー色に金色の文字が入っていて素敵でした。それを作り変えるので、果たしてちゃんと完成できるのか不安が有りました。

 不安的中!出来た!と思ったら、工程を一つとばしていたのです。本来なら、模様のある背表紙の紙の縁には綺麗なリボンがつくはずでした。でも、一応は完成できたので、めでたしめでたし。

    f:id:LAVANDNOUS:20170116112023j:image

 このスケッチブックは、アートジャーナルとして活用するのだそうです。アートジャーナル? 初めてお聞きしました。スクラップ・ブッキングに近いけれど、アーティスティックな部分が多いのだとか。コラージュしたり、描いたり、閃いたことを描いて貼って、これから楽しく作りこみたい、夢と希望と、嬉しいこと、たくさん詰めて。

 この表紙に使ったフランス語の紙は、100年くらい前のフランスのファッション誌から用意してくださったもの。一人一人異なるページなので、背表紙の模様が同じでも、出来上がりの雰囲気は違いました。紙面の切り取り方も作った方の個性が出ていて素敵でした。

 これから、どんなコラージュをしましょうか。アイデア閃いてくれますように!

 冷蔵庫に入ったような寒い日でしたが、心は温かく。久しぶりに参加した類友クラスは、ホッと和む心のオアシスのような存在・・・と思いつつ駅迄の道を歩いておりました。

2017-01-14

ニオイスミレ咲く

 先ほど、ニオイスミレが一輪、咲いているのを見つけました。今シーズンの初スミレ。嬉しい!なにか良いことの予兆に思えます。

    f:id:LAVANDNOUS:20170114135206j:image

 北国の雪は凄く降っているのですね。花友からのメール写真、迫力ある雪景色でした。どうぞお大事に! 東京は、気温は低くなっておりますが、時折、薄日がさしています。でも・・・これから、東京でも雪ふるのでしょうか。。。

2017-01-13

御題香

 今日は、皇居にて歌会始の儀が開かれました。先ほど、テレビでも中継が有りましたね。

 昨年末に求めましたお香は、今年の歌会始の御題「野」をイメージして作られたものです。

    f:id:LAVANDNOUS:20170113102248j:image

 美しいたとう紙に包また一本を炊きました。今年の干支、酉の絵柄の香炉から立ちのぼるスッキリとした香りは、気持ちが落ち着きます。香りを聞きながら、子供の頃遊んだ多摩川の土手を思い出したり。

 今年の入選歌の中に、東日本大震災から復興する東北の野を詠まれた歌がありました。そのお歌を聞きながら、津波で何もなくなった地で咲いていた水仙やチューリップの 花に思いを馳せたり。平和な一年となりますようあらためて祈りました。

ps 奥に見えます木製の札は、根事神社の月次花見札。一月は松です。

 

2017-01-12

蝋梅はまだ

 開花を楽しみに待っているのですけれど、今日もまだ・・・でした。

    f:id:LAVANDNOUS:20170112163850j:image

 葉はほとんど落ちています。近所では、綺麗に梅が咲いているお庭もあったりしますが、我が庭は、蝋梅も梅もまだ固い蕾。もう少し待つ楽しみは続きますね。

    f:id:LAVANDNOUS:20170112124829j:image

 東京は、今日も快晴、日中は風もなくしのぎやすかった。桜の梢の上に浮かぶ雲、のどか。

    f:id:LAVANDNOUS:20170112124927j:image

 近所の駐車場、日当りの良い枝にとまっているヒヨドリ二羽。番かしら。長いことずーっととまっているのでした。ひなたぼっこ、気持ち良さそうでした。

 北国の寒波が申し訳ないです。 どうぞお大事になさってください。

   

2017-01-11

長芋でフワフワおやき風

 長芋をすりおろしてお出汁でのばしたとろろ汁は好きなんですけれど、ちょっと手間だなぁと思うときも有り。そんな時は、すりおろしてから何か味の出るものを入れてフライパンで焼いています。

    f:id:LAVANDNOUS:20170110204446j:image

 昨日は、到来物(ありがとうございます!)の天然自然薯をすりおろして、長ネギの小口切りとササミを細かく切ったものを合わせてオリーブオイルで焼きました。こんがり色がついてきたら裏返して両面を焼きます。

 ねっとり、フワフワな食感にネギの香りとササミの味がコクを出してくれました。日本酒、塩でかるく調味しましたが、頂くときには、ポン酢を少しつけて、さっぱりと。トマトケチャップとソースを合わせたタレもおいしいです。

 味出しには、チリメンジャコ、シーチキン、えびや桜エビ、比較的早く火が通るものならなんでもおいしいし、ハーブを入れて洋風にしてもいけます。

 自然薯は擂り下ろすのがちょっと大変で、奇麗にすろおろせませんでしたが、小さな欠片も混ぜて焼くとホクホクして、頂く時には食感的に良いアクセントになりました。ごちそうさまでした。

2017-01-10

散ってなお

 昨年末に切って飾っておりましたグスルアンアーヘンの花。年が変わってからは日々変化して、今朝はついにハラハラと散りました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170110124850j:image

 「散り際の美しさの瞬間が素敵で魅せられる」と仰ったのは高木絢子先生。そして、「美は花を見る側にあるのかもしれない」と書いたのはヘルマン・ヘッセだったかしら。

 散ってなお美しさを感じられる薔薇の花。。。

2017-01-09

ポプリトークの会

 先週の土曜日、敬愛する熊井明子先生の今年初のポプリトークの会がありました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170107101555j:image

 お教室のあるビルの入口広場に通じる所は、工事のフェンスで覆われていて、辛うじて階段部分だけが開いていました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170107123727j:image

 広場では、年末からのイルミネーションや飾りを撤去するため係りの方が忙しそうに立ち働いておりました。広場の植栽は、オレンジ色と白色、紫色などのカラースキーム。背景のレンガの色と調和して見えました。

 講座では、坂村真民という詩人の残された詩や言葉について色々と教えて頂きました。坂村真民さんのことは初めて知りました。「念ずれば花ひらく」「一寸先は光」など心に響く、元気付けらる言葉を数々残されているんですね。

    f:id:LAVANDNOUS:20170107123913j:image

 帰りに見えたいつもの景色。雲ひとつない晴れ渡った空に西新宿の高層ビル群はスックとそびえておりました。元気のでる希望に溢れたお話をお聞きした後、心晴れ晴れする景色でした。

2017-01-08

新聞記事より

 ご紹介するタイミングは少し遅れましたけれど、1月6日の朝日新聞の夕刊に見つけた記事です。

    f:id:LAVANDNOUS:20170108115329j:image:w360

 紙面を繰っていたら、温かみの有る版画と有賀忍さんのお名前が目に入りました。あら、有賀さんのご主人様!私が所属しているハーブの勉強会で代表を務めて下さっている有賀潤子さんのご主人様でした。

 1999年に公開された「モリー先生との火曜日」という映画を板絵の作品になさった記事でした。

 小学生時代の有賀忍さんにも映画の中のモリー先生のような先生がいらしたとのこと。その先生がおっしゃったことは今でも心の支えになっているそうです。そして現在、大学で教えていらっしゃる有賀忍さんも誰かのモリー先生になっていらっしゃるのですね。

 そういえば、私も小学生の頃に担任の先生から言われた言葉で救われた経験が有りました。それは、折に触れて自分を励ましてくれているのです。

 明日、成人式を迎える新成人の若者たち、心の支えになる言葉はどんな言葉なのでしょう。おめでとうございます。

 

 よろしければ、下記、朝日新聞デジタルの記事です。

http://www.asahi-mullion.com/column/article/dmovie/1832

2017-01-06

綺麗な雲

 今日のお昼頃に見えた空。雲は、桜の梢の上から四方に広がって綺麗。幸せな気持ちになれました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170106120031j:image

    f:id:LAVANDNOUS:20170106120151j:image

 寒に入り寒さが戻って来ましたが、日に日に陽は長くなっておりますね。

    f:id:LAVANDNOUS:20170106164658j:image:w360

 午後4時半を過ぎた空。うっすら茜色に染まってきました。明日も良いお天気が期待できそうですね。

2017-01-05

お餅でピザ風に

 暮れに美味しいお餅を頂きました。

   f:id:LAVANDNOUS:20161224152015j:image

 元日は、お出汁を丁寧に引いて美味しいお雑煮を作って祝いました。T子さん、ありがとうございます。夫も私もお餅好きなので、毎日頂いております。一昨日は、少し目先を変えてピザ風にしてみました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170103200349j:image

 レンジで柔らかくしたお餅を手のひらで平たくして、ピーマン、玉ねぎの薄切り、チーズを散らしてオーブントースターで焼きました。塩味が足りないと思って、コラトゥーラを少しふりかけました。

 コラトゥーラは、イタリアの魚醤のような調味料なので、塩味と味の深さを添えてくれて美味しかったです。

    f:id:LAVANDNOUS:20170103210122j:image

 気を良くして、同じように翌日も作りました。昨日は、お餅を伸ばした時点でコラトゥーラを塗るようにしてからトッピングを載せました。出来上がりを二つ折りにしたら、夫曰く餃子?! いえ、イタリアンなお餅レシピなのでカルツォーネと言いたいです。このままもう一度オーブントースターで焼いて焦げ目がついたら、もっと美味しそうに見えたのに。。。気づかず残念。

 中身には味の出るものやトマトやハーブも入れたらもっと美味しくなったかしらと、想像は膨らみます。ということで今日も再び。

    f:id:LAVANDNOUS:20170105153315j:image

 今日は、舞茸、蒲鉾、プチトマト、ピーマン、チーズなどで。舞茸やトマトは、加熱されると水分が出てきますので、いただく時に要注意でした。でも、おいしく出来ました。カロリーはいささか気になりますけれど。お餅がトースターの網にくっつきそうと思い、クッキングシートに載せたままトースターで焼きました。

 レンジでお餅を柔らかくする時には、クッキングシートに載せて、柔らかくなったら手のひらで平たくのばします。伸ばすのは熱い方が簡単にできると思いますが、熱くなっているお餅で火傷しないように気をつけて! 柔らかくなったお餅が手につく時は、クッキングシートに挟んだりすると具合よく作業できます。調味はお醤油、ハーブソルト、柚子胡椒などいろいろ工夫できて、有り合わせでも簡単、美味しい、お餅料理が出来そうです。

 

2017-01-04

嬉しい香り

 穏やかな三が日も終わり、今日からお仕事始めでしょうか。

 昨日、日暮れて帰宅して、玄関の鍵を開ける時に、スーッと甘く爽やかな香りを聞きました。

    f:id:LAVANDNOUS:20170103183253j:image

 暮れに玄関に飾っておりました水仙と蝋梅の香りでした。蕾だった蝋梅は、一、二輪咲き出して、香りがお帰りなさい!と迎えてくれました。玄関に香りある草花やハーブが有ると本当に心和みますね。

 毎年、玄関のお正月飾りは、お手製の竹花入れに庭の草花を入れております。今年は、暮れに頂いた福井県、越前岬からのスイセンと庭の蝋梅、黄色いセンリョウなど、松は門松から。黄色い実のセンリョウは早々と鳥に食べられてしまい、抜きました。無い方がすっきりして良かったかなぁ。。。気づかせてくれた鳥に感謝。