真・業魔殿書庫 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

 | 

2007-10-01

[][]魔法少女漫画の皮を被ったヒーロー漫画 - 新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん(1)

新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん(1)/氷川へきる(Amazon)

新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん(1) 特装版(Amazon)


祝・スピンオフ!


「ぱにぽに」からベホイミを主人公として「新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん」がスピンオフですよ。

くるみが主人公な「まろまゆ」は良い意味で地味でしたが、こちらはかなりぶっ飛んでいて楽しい漫画になってます。



これ単体でも読めるものになっているとは思いますが、やはり「ぱにぽに」のキャラを使い舞台も同じなので、「ぱにぽに」は押さえておきたいところ。

メディアや芹沢とのやりとりにはニヤリとさせられますね。

メディア×ベホイミですよ!(百合妄想


そもそも「ぱにぽに」は作品世界を各キャラが好き勝手動き回っているのが楽しい漫画なので、本編中でやっても違和感ないことを単体の作品として切り分け、それを本編とは別のベクトルへ持っていって楽しめるものになっているのは良いですよ。

基本的にギャグ漫画なのですが、「ぱにぽに」や「まろまゆ」とは違って一貫したストーリー漫画にもなってますし、熱くて盛り上がる場面もキチンと用意されている。

や、私が氷川先生の漫画が好きなので贔屓目で見ている部分はあるのですけれど。

「ぱにぽに」と関連作品は、物凄く居心地が良くて大好きです。



宇宙人がベホイミに魔法少女に変身して戦ってくれないか、と頼むところから始まるワケですが、もう初めから良い感じにダメ。

ベホイミを見守っていたお馴染みの宇宙人がベホイミに直接接触、そして初対面で殴り合いに発展。宇宙人、普通に怪しいしな。


とまぁ、ベホイミが魔法少女になることは承諾したのですが、設定・展開がかなり斜め上。

まさに「新感覚」。

魔法少女モノを皮肉っている漫画だといえるでしょう。


ベホイミが変身する力は、科学の力。

ベホイミのコスチュームは、コンバットスーツ。

ベホイミの装備は、攻撃力・破壊力に特化した武装兵器。

ベホイミが戦う相手は、地球を侵略する宇宙人。


まぁ、変身リングを渡したのは宇宙人だし。

武装のパロディが酷すぎて、笑えます。

どうみてもスーパーロボットのそれであり、カバー裏はさらに酷くて、一部は普通に本編にも出てきていてワクワク。



最初から魔法少女モノではないのですが、3話目からがもうカオスすぎてこれが氷川へきる漫画だと云わんばかりの展開。


ベホイミがバイトを始めるのですが、それが着ぐるみショーのバイトで、着る着ぐるみは「戦隊モノの悪役幹部・ドクロ仮面」

ドクロ仮面状態の時に敵性宇宙人が現れるのですが、その宇宙人を倒したのは”本物の魔法少女”。しかも名前が…


その子の正体を見てしまい、マスコットキャラの精霊に説教する場面が熱い。

数ページの出来事ですが、魔法少女モノの正体バレの設定へ熱いセリフでぶつかるドクロ仮面。熱すぎる。


そうして、魔法少女の女の子に慕われ、正体不明のドクロ仮面として1巻の2/3くらいまで戦い続けるというギャグ。

ドクロ仮面、カッコ良すぎ。



本当に熱いのは、魔法少女の女の子がピンチになり、ドクロ仮面が助けに現れるシーンから。


それまでの展開からも、どうみても魔法少女モノではなくて、明らかに特撮モノのスーパーヒーローとしてこの漫画でのベホイミの活躍は描かれています。

彷彿とさせるのは、ライダーか宇宙刑事。

ドクロ仮面の正体がベホイミだと敵の前で明らかになり、敵を倒す場面は鳥肌が立ちました。倒した技はこれまたパロディが酷くて笑いましたが。

まさか、「ぱにぽに」のスピンオフ作品で鳥肌が立つとは思いませんでしたよ。



基本ギャグ漫画ながらキメるべきところはシリアスに熱く、でもやっぱりギャグで落とす、魔法少女漫画の皮を被ったヒーロー漫画です。

「ぱにぽに」を読んでいる人なら、読んでおくべき。



■関連

氷川へきる/新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃんマンガ一巻読破


NationalMediaBoys

氷川先生公式サイト



 |