真・業魔殿書庫 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

 | 

2008-04-13

[]我が家の積読事情 〜私の積読が増え続けてしまう理由

積み本・積読は漫画への差別である〜健全な積読ライフとは?〜きなこ餅コミック


私は漫画が好きですが、相当に積んでます。

それはもう、作家さんに申し訳ないと思うくらいに。


大体の冊数を把握できないくらいに今は積まれていて、今はおおよそ500冊以上漫画だけで積んでいると思います。積みすぎだ!

本に囲まれた生活は安心感が確かにあるのですが、ここまで積まれるとどうしようもない焦燥感に駆られてきます。

早く読まなきゃ!もっと読みたいし、早く読まなきゃ!


いや、でも本当に申し訳ない気持ちが強いんですよ。

でもそれじゃあ何で積んでるの、自分?


というわけで、ゆすらさんの記事に反応しまして、ウチでの積読事情を。

多分、私はゆすらさんの言うプロの漫画積みに当てはまることと思います(苦笑)


読む速度に比べて、購入冊数が多い

私の読む速度は、一般的な漫画で大体30分くらいです。

既読やセリフの少ない本なら20分、少し厚めだと40〜1時間くらい。

多分、一般的な読書スピードだと思います。


現状、私は漫画が趣味で、アニメを含めてテレビはほとんど観ませんし、ゲームも積むのが解っているのであまり購入しません。

反面、漫画は多く買っています。

新刊で40〜50冊くらい。既刊が+αされる形ですね。


平日は1〜3冊、休日は10冊くらい読了できるのが理想的。

単純計算でいけば月に120冊は読める計算になるんですが、そう上手くいくわけもなく。

なまじ、引篭もって読める冊数を計算してしまっている為に妙な焦燥感に囚われることもあります。

ダメだ、ダメだ、計算しちゃダメだ。


とはいえ、新刊は読了して既刊の積読を崩せるようになってきました。

じゃあ、なんで増えるの?と言われれば、既刊なんですよね。

+αが多いんです。


買うのが楽しい!困ったコレクター魂とオタク魂

買うことで充足される、という買い物依存的な欲求というのがあります。

オタクなら誰しもある程度はあることでしょうし、服やバッグ・アクセサリーなどのモノが残るものを趣味とする人もコレクター気質が発現する人もいますね。

あれを買おうと考えるのが楽しく、今すぐ必要ではないと解っているのに買ってしまう困った買い物中毒。


私の場合、趣味がほぼ漫画のみになったのが割とここ数年のことで、それまでに読んでなかった漫画読みとして必読とも言える名作も多くあります。


だからこそ余計に、「この作家の漫画は押さえておかなくてはいけない」「この作品は必須科目だ」と感じるんですね。

別段、そんなこともないのかもしれませんが自分の中で囁くんですよ。読まなくては、と。

「カバーしておかなくてはいけない」気がする、そういうある種の焦燥感に掻き立てられて、買い物への欲求も相まって購入します。

またオタク特有のコレクター魂と、古本だと安いということもあってドカンと買ってしまいます。


私の場合はこれなんです、積読が増える理由は。

名作だけでなく、「この作家さん、面白い!好きだなぁ。じゃあ既刊も読もう!」と思って買うわけです。

なまじ、自分の読む速度が遅いと自覚し積読も多いので、漫画喫茶で読もうとはあまり思わないのも積読増加に拍車をかけてしまっていると思います。


どんな漫画が積まれていくか?

購入冊数が読了数を上回っているのですが、読んではいるのです。

でも、積読の中には長い間積まれている本も多い。

自分の場合は、どんな漫画を後回しにしてしまっているのか。


1. 明らかに読むのに時間がかかる本

2. 古い長編名作

3. 購入後すぐに読めなかった、好きな本

4. 雑誌で一度読んでいる本

5. 買い直し、買戻した本

考えてみると、ウチはこんなところでしょうか。


1.はゆすらさんが小説で挙げているのに近いと思います。

セリフの多い作品、または物理的に分厚い本。

寝る直前には手に取りにくい、体調が悪い時には読み進められない、という理由から時間がある時に回されがちです。


2.は1.の理由を大きくした感じで、本当にまとまった時間にしか読めない。なので手に取るまでに時間がかかって積んでしまう。

これは「休日は長編の日!」と決めて読むことで打破できました。

一気読みでのめる込むことで、読む速度も上がるというものです。


私もそうなんですが、3.は「好きなものは後に取っておく」タイプの人に多いことと思います。

買ったその日は楽しみで楽しみですぐに読むのですが、同じ日に大量に発売して読むタイミングを逸してしまって積んでしまった好きな本。

好きなだけに、心の準備や時間・体調もキチンとしてから読みたい、と思って後回しになってしまったりします。

同様に、「好きになって、まとめて買ってきたその作家さんの既刊」もこのパターンで積んでたりします。


4.と5.は「一度読んでいるので後でもいいや」と思ってしまい、なかなか手をつけない筆頭。

買う、買い直すくらいに好きなんですが、どうしても後回しになってしまう。

ウチで積まれている本の何割かはこのパターンです。



改めて自分の積読状況を考えてみたんですが、どうして積んでるのか、どうすれば減るのかを考えるいいキッカケになりました。

本当、積みすぎなので申し訳ないですし、もっと上手く読み進めていきたいものですよ。

 |