Hatena::ブログ(Diary)

three million cheers.


  ::: BUT IT'S A TRICK, SEE? YOU ONLY THINK IT'S GOT YOU. LOOK, NOW I FIT HERE AND YOU AREN'T CARRYING THE LOOP.

 [ABOUT LJU]
 [music log INDEX] 
 

2016.07.23.Sat. 

[][][][] Tyondai Braxton “Oranged Out E.P” (2016)


Oranged Out E.P. [世界限定1000枚プレス / 国内盤CD] (BRE53)




 5曲入りのEP。10分を超えるような長い曲はなく、ダイナミズムは曲の展開というよりも音/ビートの実験的な構成に秘められている。
 決して流麗には進まず、逆鉤のごとく引っかかるように絡みつくリズム。それでいてそこには身を委ねられる前進的な向性がある。
 M-5 はもっとも長い楽曲で、パーカッションの重層と空間を埋め尽くすドローンによって、惑いのない奔流が9分に渡って持続する。

 

曲リスト
 M-1 “Oranged Out” 5:34
 M-2 “Hooper Delay” 6:45
 M-3 “Fifesine” 2:01
 M-4 “Phono Pastoral” 4:26
 M-5 “Greencrop” 9:05



 この EP は Bandcamp で name your price 方式にて販売されており、その額はアメリカの銃規制運動NPO “Everytown for Gun Safety” への寄付金となる。これは 2016.6.12.にオーランドで起こった銃乱射事件を受けてのもの。(→ https://tyondai.bandcamp.com
 きわめてはっきりしたメッセージを伴うリリースであると思うのだが、日本で本作品を紹介しているテキストでは必ずしもこの事実へ言及していないものが見られる*1。アメリカの発売元レーベル Nonesuch ではリリース背景が明記されている一方、日本の発売元レーベル Beatinc では看過されているところが特に対照的*2
 販売ルートを意識したのだとしてもリリースの意図まで滅却する必要はなく、むしろここには、最近よく日本で議論となっていた「音楽に政治を持ち込むべきではない」といった主張と同一の土壌を見て取るのが妥当だろう。銃規制の是非は日本においてコントロバーシャルなトピックであるとは言えず、にもかかわらず/であるからこそ、「政治性の忌避」それ自体がここに表れていると確認できる。




Tyondai Braxton

Information
Origin: New York City, US
Born: 1978

Links
Officialhttp://www.tyondaibraxton.com
  Twitterhttps://twitter.com/Tyondai
Label: Nonesuch Records  http://www.nonesuch.com/artists/tyondai-braxton

ASIN:B01H6VG0JA


*1:言及している事例としては、amass(http://amass.jp/74571/)、iLoud(http://www.iloud.jp/video/tyondai_braxtonoranged_out.php)、deadfunnyrecords(http://store.deadfunnyrecords.com/2016/06/24/tyondai-braxton-announces-new-ep/)など。

*2:Bandcamp では両レーベルへの謝辞も記されており、日本側レーベルもこのスタンスを了解しているとは言えるのだろうけれども。

2016.07.18.Mon. 

[] 橋本陽介 “ナラトロジー入門 プロップからジュネットまでの物語論




ナラトロジー(物語論)をそこに至るまでの系譜から簡明に紹介している本。
結局のところ行き着く先はジュネットによって整理された体系であり、ナラトロジーにおいてジュネットがいかに大きな存在であるかが再確認できる。
ただし本書には著者の主要関心である「比較詩学」につながるような記述がいくつか設けられており、その点によって単なるナラトロジー概説に留まらない意義を持っている。



続きを読む

2016.07.17.Sun. 

[] E・ゴッフマン “アサイラム 施設被収容者の日常世界


“ASYLUMS: Essays on the Social Situation of Mental Patients and Other Inmates”
 1961
 Erving Goffman
 ISBN:4414518032




自己論・アイデンティティ論。

全制的施設(全面的収容施設) total institution

  • 多数の類似の境遇にある個々人が、一緒に、相当期間にわたって包括社会から遮断され、閉鎖的で形式的に管理された日常生活を送る居住と仕事の場所。刑務所はその典型的な例。
    本書は、全制的施設一般とその一事例、すなわちとくに精神病院、を取り扱う。関心の中心は自己の構造について社会学的解釈を展開することである。
    [序言より抜粋]


『アサイラム』では精神病院でのフィールドワークを通して、極限的環境への適応によっていかに自己が維持されるかを考察。
自己とは、外力に対する抵抗の仕方にこそあらわれる。
こうした自己アイデンティティ維持の試みは、極限環境に限らず日常において共通する。


  • 極限状況
    • 役割剥奪・体面喪失・自己の無力化
    • 正当化
      • 全制的施設の解釈図式:被収容者の自動的同定
        入所者が施設の目的対象であることは、入所自体が明白に証拠立てている、という考え方。この同定は全制的施設で為される社会統制の基本的手段の中心。
  • 順応
    • 二次的順応・裏面生活
      • 第二次的調整:全制的施設での裏面生活を構成するさまざまの便法。施設が個人に対して自明としている役割や自己から距離を置く際に用いる手立て。個人とその個人が参加している社会的単位との間に境界線を引く機能。
      • 全制的施設の世界は「立ち入り禁止・境界外の空間」「被監視空間」「解放区」という三つの領域に区分可能であり、このうち解放区が裏面生活の舞台装置に対応。(解放区/集団占有領域/個人的占有領域)
    • こうした順応によって自己アイデンティティが形成・維持されていく。
  • 修繕サービス・モデルの限界
    • 修繕サービス:相互行為を記述するモデルのひとつの重要な様態で、依頼人がサービス提供者に自らを委ねるというタイプの社会関係。
      精神病院は、このモデルが適合しないということでその社会秩序が説明され得る。
      • 精神科医は、患者の感情の表出を、サービス上利用できる情報の陳述としてではなく、病気そのものの徴候として反応してしまう。(自動的同定)
      • 精神障害者の病院収容は医療の修繕サービス-モデルに適合せず、精神病院ではそうした不適合が制度化されている。施設維持のための医療が、医療サービス-モデルという装いの下に実行される。
      • 精神病院での自己疎外的な精神的隷属状態は、医療版の専門的サービスモデルを精神病院に適用しようとしたことから生じた事態。


自己は自己の所有者が重要な意味をもつ他者との相互行為を重ねることによってのみ生じて来るものではなく、特定の組織体においてその構成員のために成立した様々の仕組からも生じて来る
(p156)

自己は、特定の社会体系において構成員に対して遍在している仕組のうちに存立しているあるものと見做すことができる。この意味での自己は、その自己が帰属される人物の所有物ではなく、むしろその人物との関わりにおいて彼自身ならびに彼の周囲にいる人びとによって行使される社会統制のパターンのうちに存立するものである。
(p177)

人間の生活がおこなわれている社会は、どのように見ても人間の社会なのだ。
(p299)

われわれが自己を所有しているという意識は、その引力に抵抗するときのさまざまの些々たる仕方に由来するのである。
(p317)



[参考] ゴフマンの自己論については、『触発するゴフマン』 第3章 自己に生まれてくる隙間 (芦川晋) にて整理されている。

ゴフマンは相互行為論として見られがちだが、必ずしも相互行為状況に限定されない、施設や組織の社会統制と結びついた自己概念を考察している。

    • 自己の二重の定義:「イメージとしての自己」/「プレイヤーとしての自己」 …『儀礼としての相互行為(1967)』『行為と演技(1959)
      • 自らが参入する状況に対し再帰的に自己呈示を実践できる余地 →ゴフマンはそこに個人の「自由」を見ている。
    • 自己への信頼を失墜させかねない情報を操作するときに問題となってくる「パーソナル・アイデンティティ」 …『スティグマの社会学(1963)
      • 個人のパーソナル・アイデンティティを構成する生活誌やバイオグラフィーとは、個人を一定の社会的アイデンティティにつなぎとめておくための潜在的なメディア ←不都合が露見しかねないときにはじめて遡及的にふりかえられるもの
    • 自己の再編成 …『スティグマの社会学(1963)』『アサイラム(1961)
      • 被収容者やスティグマをそれとして自らに受容させていく自己の再編成過程:「賞罰・病歴 moral career
      • 役割剥奪・自動的同定を経て、パーソナル・アイデンティティが剥き出しとなる。被収容者たちによる被収容者たちの世界への積極的関与:二次的順応 裏面生活



 

2016.07.10.Sun. 

[][][] The Julie Ruin “Hit Reset” (2016)


Hit Reset




 ライオット・ガール(Riot Grrrl)のムーブメントにおける代表的ミュージシャンであり創始者のひとりに数えられるような人物、その時点で既に伝説的とか歴史上のといった形容が充分に適用可能なのに、その後6年間の闘病生活、全盛期の知られざる事実の公表など、Kathleen Hanna の経歴は未だ波乱を付加し続けている。
 2010年に現在のグループ The Julie Ruin を結成。“Hit Reset” は 3年振りにリリースされた 2nd アルバムとなる。The Julie Ruin は彼女のかつての活動 Bikini Kill と比べると、少なくとも表面上、攻撃性は薄まっている。この 2nd にしても、音調としては屈託なくポジティブ。突き抜けるような声質と前傾的なリズムには陰りがなく、なんか心地よくポップで耳に残るフレーズを繰り出す新人が登場したみたいに一瞬思うぐらい。けれどもよくよく聴けば隙のないメロディと歌詞の巧みさにはたしかに経験を感じさせる。適度な脱力感も、力の外しどころを充分わかっているからこそのものだという気がする。


 このアルバムでもっとも良かったのはM-2 “I Decide”。

 歌詞のほぼすべての文が主節に助動詞を伴っている。
 might be / might scream / will decide / might make / can be 〜 ? / might be / might say / can be 〜 ? / will deside
 はっきり定まらない事柄を語る文の数々。「かもしれない」「するかも」「なれるだろうか」「しよう」
 曖昧な言い方に対比して、“decide” という明確な意志を表す動詞が組み合わされる。曲タイトルは現在形で “I decide” という強い言い方なのに、歌詞中では “I'll decide” と言って決断が未来へ先送りされてるのはなぜなのか。

 最後にあらわれる文だけが唯一、助動詞を伴わない。
 “I belong to the wolves who drug me in their mouths just like a baby.”
 現在の状態を示す文。狼たちに庇護される自分。

 助動詞による曖昧な表現は状況を認めたくない無意識の反映であって、実態としては追従、そしてそれでも自分が言いたいのはやはり “I Decide” だというのが曲タイトルにあらためて示されている。
 文法構造と意味内容を細かく制御して書かれた歌詞。強い直截的な叫びではないにせよ、紛れもなくひとつの意志が示されている。might と will に絡め取られながら、それでも表明される decide。



[参考]

INTERVIEWS WITH THE JULIE RUIN, KATHLEEN HANNA HITS RESET
 http://noisey.vice.com/blog/the-julie-ruin-kathleen-hanna-hit-reset-profile-interview-2016
SIGN OF THE DAY それでも、やっぱり「ファック・ユー!」という叫びが必要とされているということ。この2015年にスリーター・キニーが再結成し、新作をリリースすることを題材に by MARI HAGIHARA
 http://thesignmagazine.com/sotd/sleater-kinney/





The Julie Ruin

Information
Origin: New York City, US
Years active  : 2010-
Current members  
  Kathleen Hanna  : vocals
  Carmine Covelli: drums
  Sara Landeau: guitar
  Kathi Wilcox: bass
  Kenny Mellman: keyboard

Links
Officialhttp://www.thejulieruin.com
  Twitterhttps://twitter.com/thejulieruin
Label: Hardly Art  https://www.hardlyart.com/releases/the_julie_ruin/hit_reset

ASIN:B01E4NU9YU


2000..01..
2004..05..06..07..08..09..10..11..12..
2005..01..02..03..04..05..06..07..08..09..10..11..12..
2006..01..02..03..04..05..06..07..08..09..10..11..
2007..01..02..03..04..05..06..07..10..11..12..
2008..01..02..03..04..05..06..07..08..09..10..11..12..
2009..01..02..03..04..05..06..07..08..09..10..11..12..
2010..01..02..03..04..05..06..07..08..09..10..11..12..
2011..01..02..03..04..05..06..07..08..09..10..11..12..
2012..01..02..03..04..05..06..07..08..09..10..11..12..
2013..01..02..03..04..05..06..07..08..09..10..11..12..
2014..01..02..03..04..05..06..07..08..09..10..11..12..
2015..01..02..03..04..05..06..07..08..09..10..11..12..
2016..01..02..03..04..05..06..07..



recent entries ::



music log INDEX ::
A - B - C - D - E - F - G - H - I - J - K - L - M - N - O - P - Q - R - S - T - U - V - W - X - Y - Z - # - V.A.
“でも、これはごまかしよ、ね。つかまったと思ってるだけ。ほら。わたしがここに合わせると、あなたはもう環 (ループ) を背負ってない”
―Angela Mitchell