Hatena::ブログ(Diary)

A Successful Failure このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2010年9月12日付でライブドアブログに引っ越しました。
新URLはhttp://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/になります。
これからもどうぞよろしくお願い致します。



2008-01-03

『フランダースの犬』に対する最も参考になる米Amazonレビュー

読売新聞が伝えたところによれば、フランダースの犬に共感するのは日本人だけに見られる特性であり、欧州では「負け犬の死」としか映らないという。それを検証する映画『パトラッシュ』では、3年を掛け資料発掘や世界6カ国での100人を超えるインタビューを通して、日本人の心に潜む「滅びの美学」がその原因であることを突き詰めたという。

プロデューサーのアン・バンディーンデレンさん(36)は「日本人は、信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見いだす。ネロの死に方は、まさに日本人の価値観を体現するもの」と結論づけた。

新規サイト 共通エラーページ

しかし、2007年8月7日付エントリー『『火垂るの墓』に対する最も参考になる米Amazonレビュー』で示したように、同じく救いのない悲劇を描いた『火垂るの墓』が米国でも高い評価を受けていることを考えても、日本人だけが共感するというのは腑に落ちない。gooニュース畑でも『名作「フランダースの犬」、共感するのは日本人だけ? 一方で「火垂るの墓」は…』として取り上げられている。

そこで前回と同様に米Amazonで調べてみることにした。米国では全編は入手できず、日本でも販売されている1975年放送のTVシリーズを90分にまとめたフランダースの犬 完結版 [DVD]のDVDが販売されている。全52話を90分にまとめたことから、時間の都合で悲しい場面ばかりが多いということを念頭においてほしい。ただし下記のレビューは一部1999年公開の劇場版 フランダースの犬 [DVD]のものと混在しているようだ。これは米Amazonのレビューシステムが1975年TVシリーズの総集編と1999年劇場版を区別していないことによる(どちらの商品にも同じレビューが表示される)。劇場版は全面的に作り直された新作であり、アニメーションの演出レベルが向上していると見られるが、ストーリーとしては両方とも悲劇で終わる。

The Dog of Flanders (1975)には、現時点で17のレビューが掲載されており、評価平均は★★★★となっている(1つの☆☆☆☆評価が全体を押し下げているが、ストーリーとは関係のない別原因によるもの。後掲)。"Most Helpful First"でソートした上位のレビューを以下に紹介する。

f:id:LM-7:20080103142235p:image

28人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

f:id:LM-7:20070811010951g:image子供や気弱な人は見ないこと!!, 2000/06/06

by Robin Rudell (Los Gatos, CA USA)

私の子供達のテレビで紹介されていたこのビデオの広告を見てすぐ、私はこのビデオを入手しました。このアニメーションは『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』を思い起こさせます(私見ですが両方とも現在入手可能な最も優れた子供向けの作品です)。

ラッピング(3歳以上の子供達向けとの記載があります)を剥がして、私は7歳と9歳の子供達と一緒に『フランダースの犬』を見ました。そして3人ともこの作品の最後では涙が止まりませんでした(私は子供達に見せる前に内容をチェックしておかなかったことを後悔しました)。私の子供達はエンディングに酷くショックを受けたようでした。この作品は決してディズニーアニメではありません。アンデルセン童話の『マッチ売りの少女』を知っている人は、この話がどういう結末を迎えるのか想像できるでしょう。

それでも私はこの作品に5つ星をつけました。なぜならこの作品は古典作品を美しく描きだしているからです。登場人物は生き生きと動き回り、アニメーションは息をのむほど綺麗です。しかし、だからこそ私の子供達はビデオの最後で悲しみをより深くすることになりました。全く救いがありません。

もしこのビデオを購入するなら、子供達に見せる前に内容をご自分でチェックされることを忘れないようにして下さい。



10人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

f:id:LM-7:20070811010951g:imageああネロ、私は心から泣きました, 2003/03/12

by Kelly K. Coyle "generally annoyed" (Michigan)

さて、一体どこから語るべきでしょうか。とにかく、私は昨日私の娘と一緒にこの作品を見ました。はじめは私たちは美しい(『魔女の宅急便』や『トトロ』のような)日本のアニメーションによる一人の少年ネロと彼の犬を描いた幸せな映画だと思っていました。ああネロ、私たちは意表を突かれてしまいました。私はアニメーションを見て泣いたことは無かったのですが、頭がくらくらして、子供の前だったので何とか平静を保とうとしたのですが、結局耐えられませんでした。そして私たちは娘の部屋で2人で泣きました。彼女はこの作品をとても良くまとめてくれました。「ねえママ、悲しいお話でも美しいことがあるんだね」そう、この作品は実際とても美しいストーリーです。

この映画は貧しく若い少年と彼の犬との愛情を描いたものです。彼は年老いた祖父とともに慎ましくも幸せな生活を送っていました。この映画は彼の周囲の人々の行為や考えによって彼の生活がどのように変わるかを描きます。また、主人公であるネロは絵を描くのが好きで、また才能に恵まれているため、芸術やそれにかける情熱、芸術の美しさについても取り上げられます。彼はいくつかのルーベンスの絵をみたいと切望していましたが、それらの絵を見るお金がありませんでした。私にはこの映画が伝えたかったメッセージは、ある種の高潔さが芸術の美しさや情熱の根幹にあるということと、人の生命が儚く限りあるものであることだと思います*1

私はこの映画を幼い子供には勧めません。また、親には子供達に見せる前に(ティッシュをそばに準備して)映画を最後まで見ることをお勧めします。



11人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

f:id:LM-7:20080103142506g:imagePioneerはこの映画を台無しにした, 2003/05/08

By James Ryan "manicsounds" (Tokyo, Japan)

この世界名作劇場の古典作品はPioneerによって台無しにされた。まず、これは総集編、単なる総集編に過ぎない。いくつかのシーンがオリジナルの日本版からカットされており、主人公の愛犬への暴力が緩和されているが、これらは重要な場面である。また、オリジナルの日本語音声もディスクには収録されていない。

しかし何らかの理由により、VHSではTV編集吹き替え版の他に劇場版の英語字幕版*2の両方が出ている。

私の意見ではVHSの劇場版を購入すべきだと思う。この方法かあるいは他の方法により昔日本で放映されたオリジナルシリーズを入手し、全編を通して見るべきだ。この映画は多くの日本の子供達の幼少期におけるかけがえのない宝物であるが、PioneerはDVD化にあたり台無しにしてしまった。

映画自体は5つ星だが、Pioneerのせいで4つ減点。


3人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

f:id:LM-7:20070811010951g:image素晴らしいフランダースの犬, 2001/02/26

By H. Wong (New York, NY United States)

私は6歳の時母がフランダースの犬のコミックを買ってきてくれたのを覚えている。それは中国語で書かれていたため私は読むことができなかったが、私の大のお気に入りだった。私はそれをとても大切にした。それから18年が経ったが、この映画は素晴らしい。小さな子供には早すぎるかも知れないが、全ての人が見るべきだと思う。アニメ映画を見て大の大人が泣くなんてことは滅多にないことだから。


4人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

f:id:LM-7:20080103142645g:imageこれは1975年版ではなく1999年版です。, 2004/03/11

By A Customer

この映画は1975年に製作されたTVアニメーションをベースにしていますが、完全に作り直されています。私はKevin Brodieによる酷いUS版よりずっと優れていると思います。


3人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

f:id:LM-7:20070811011140g:image泣いた, 2004/03/09

By Adams (Chicago, USA)

美しい画面と音楽。これは犬の物語ではなく、19世紀ベルギーに生きた一人の少年の物語だ。犬を飼っている人には特に素晴らしい映画となるだろう。お勧め。


3人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

f:id:LM-7:20080103142645g:imageディズニーアニメではありません, 2004/03/09

By bk332 (New York, USA)

典型的なアニメーションではなく、ダンスを踊る動物もいなければ、幸せなエンディングもありません。原作と比較して登場人物の年齢はより若く設定されています。原作では彼らは15歳程度でしたが、この作品では彼らは8歳です。これによりなぜ少女の父親が彼らの恋愛や結婚をあれほど懸念したのか理解することが困難になっています。


10人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

f:id:LM-7:20070811010951g:image画家になりたかった一人の少年の美しいストーリー, 1999/07/29

By A Customer

レビューを簡潔にしたいと思いますが、この映画は私が知りうる中で最も美しい物語の一つです。フランダースの犬は今まで製作されたアニメーションの中で最も優れた物の一つです。この映画は実際私を泣かせた最初の映画となりました。たぶんストーリーと音楽と、アニメーション美術の組み合わせが素晴らしかったからだと思います。上手く説明できませんが、とにかく見てほしい。



5人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

f:id:LM-7:20070811010951g:image今まででベストの一つ, 2005/09/09

A Kid's Review

フランダースの犬を初めて図書館で借りたときには他の子供向け映画と似たようなものだと思っていました。今や私は14歳ですが、これを見るときにはいつも大泣きしてしまいます。でも映画の最中は決して泣きません。私は日本アニメが好きな全ての人にこの作品を強く薦めます。ただし幼い子供達には薦められません(物語は多くの死や過酷な運命を描きます)。絶対見るべきです。

http://www.amazon.com/Dog-Flanders-Michie-Kita/dp/6305731934/ref=pd_bbs_sr_4?ie=UTF8&s=dvd&qid=1199191244&sr=8-4:title

これらのレビューを見るとフランダースの犬のオリジナルの悲劇的結末は決して日本人にしか共感されないわけではなく、少なからぬ人によって受け入れられていることが分かる。ここにあげたレビューには、宮崎アニメなどを引き合いに出す人が多いことから、それなりに日本アニメに慣れ親しんだ人であると考えられるため、日本的な考え方に影響されている、あるいは、もともとそうした資質があった人であるという可能性もある。

ただ、ハッピーエンドの方が受け入れられやすいことは確かであり、ハッピーエンドに変えられたDog of Flanders (1999)も高い評価を得ている。こちらのレビューも訳出しようとしたが、最初のレビューが日本人による長文で、日本ではエンディングが異なることに言及し、日本とアメリカの文化的な違いについて考察する力作だったので、訳出はあきらめた。興味がある人はチェック願いたい。2つ目の5つ星のレビューはタイトルが"Really sweet and winsome"という時点で、我々の知る『フランダースの犬』とは別物だと言うことを否応なく理解させられる。

ハッピーエンド版に比べて、評価されにくいと考えられる日本オリジナル版が、ハッピーエンド版と変わらない高評価を得ていると言うことは、日本人の感性が決して特殊な訳ではないことを示していると思う。悲しい話が美しいこともあることを知っているのは日本人だけではないのだ。

フランダースの犬 完結版 [DVD]

フランダースの犬 完結版 [DVD]

劇場版 フランダースの犬 [DVD]

劇場版 フランダースの犬 [DVD]

関連エントリ

*1:この部分は直訳すると意味不明なためかなり意訳している。原文は次の通り。I guess the overall message of the movie is that, God is beauty and art and love and the three of these things are all one giant amorphous blob of , well, blob of goodness . . .and that human lives are fragile and finite.

*2:日本で1999年に劇場公開された『劇場版 フランダースの犬 [DVD]』"The Dog of Flanders - Subtitled in English"を指すと思われる

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証