DiaryException このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-06-30(金) 寝坊した。

[]誘惑なんぞに負けぬ

秋葉原で探して、今までの『ファウスト』の様に、判型は新書型だと思って探していたが見つからないので、レジの人に聞いたら、ジャンプスマートにしたようなサイズの本を持ってきて驚いた。

パラパラと眺めて、透明セルカバーに異質さを感じ、豪華過ぎる作家陣ラインナップに感動した。成る程、漫画を全力で楽しんで味わうにはこのサイズが最適に感じる。重いけど。

太田兄貴凄いなあ。

今は輪講資料とスライド作りに勤しんでいるので、積読本用箱に入れ、Tシャツを掛けて隠している。また感想等は改めて。

[][]ビートルズ来日公演から40年経過

1966年6月29日3時50分に飛行機で来日。6月30日から7月2日まで、5公演が日本武道館で行われたそうだ。

演奏曲は以下。

  • Rock And Roll Music
  • 『She's A Woman』
  • 『If I Needed Someone』
  • 『Day Tripper』
  • 『Baby's In Black』
  • 『I Feel Fine』
  • 『Yesterday』
  • 『I Wanna Be Your Man』
  • Nowhere Man』
  • 『Paperback Writer
  • 『I'm Down』

高校受験の時に何度も聞いた、アルバムLET IT BE』は、今でも時々聞きたくなる衝動が起こる。もう曲順も聞き真似の歌詞も覚えてしまったのに。

警視庁制作ビートルズのすべて』がYouTubeに流れる事を切に願う。

音楽と、音楽が作りだした社会。今の世の中じゃあ、想像しか出来ない。羨ましい時代だ。

因みに、今日トランジスタの日でもあり、アインシュタイン記念日でもある。

2006-06-29(木) ビートルズ来日。

[]帰って来たものの

昨日は研究室に泊まって、輪講資料(ミーティング資料)を作っていたわけだが、まあやはりリハーサルをして良かったという結果に。ひきこもり時代と大違い。ありがとうございました。

部屋に戻って来てまず感じたのが熱気というか湿気。研究室の非常に快適なクーラに囲まれた環境から放り出された、過酷な自然環境。1日ぶりに風呂に入って汗が出る出る。

RSSリーダアンテナも、要するにWeb上で情報収集をするためのツールは全てWeb上にあるので、何処に居ても同じ作業効率が得られる、というのは毎回言う事だが、嬉しい。

誘惑の多い部屋だなあ。

2006-06-28(水) 晴れ晴れ暑い。

[]お泊り

http://static.flickr.com/53/177045423_f04b42131a_m.jpg

http://static.flickr.com/75/177045782_86abd5e107_m.jpg

何となく研究室に泊まり。

明日のミーティング発表のために資料を作っているが、残り1ページ半辺りで頓挫中。

帰りたくなった。

[]思いついたフレーズメモ

  • サムデイ オン ザ スノウ

どう見ても『涼宮ハルヒの憂鬱』のエロSSタイトルです。本当にありがとうございました

  • invisible in visible

google:"invisible in visible"」で検索すると120件以上。新規性は無かったか。見えるものが全てじゃない、位の気持ち。

思いついたんじゃない。『智代アフター』のEDタイトルMusicじゃなくてMelodyってとこが、リズムを外した感じで小憎らしい。「LILM」でリルムとか。

[]When is Free Not Free?

憲法では、個人の自由(基本的人権)を保証しているが、公共の福祉を侵す自由は認めていない。従って、犯罪売春に自由を持ち出す事は不可能。まあ、やりたければ、やれば良いけど。

多分、団塊の世代以降に割と多いと思うが、自分で範囲を狭めて、自由を求めようとしない姿勢が良い事だと思っている人が居る。

例えば、マニュアル人間がそうだ。Hackなんて考えようともせず、ただただ説明書に書いてある通りの道具の使い方をしない人達がそうだ。新しい遊びを考えることもせず、企業から販売されているソフトウェアを買ってゲーム機差し込んで、ただコントローラを動かす人達がそうだ。

先日、秋葉原に行って思ったが、中央通りにある店は、どれも消費者に消費させる側の店ばかりだった。秋葉原に居る者達は、躊躇い無く消費して、それに対して何の疑いも無く、消費に満足して、消費を繰り返す。消費し続けられる事が自由だと思っている。

僕は何の店も娯楽も無いド田舎で18年も過ごしたから、そういう考えは無い。

動物園動物は自由か。今、外の庭を歩いている野良猫は自由か。学校に通う学生は自由か。

「自由」に必要不可欠なものは何。

あ、「自由」の定義をしていなかった。

2006-06-27(火) あちー。

[]あのさ、親って何?

はいはい、わろすわろす

他人に言われないと、親との関係が見つめられないのか。小説に書かれている事に影響されて、親と話す事がそんなに美しい事か。

親が気付いているかどうか知らないが、僕は親から一定の距離を取っている。冗談を言う事はあっても、甘える事は今後も無いだろう。お願いをする時は、それなりの礼儀を通してするし、理由無くして何かをさせる事も無い。話す時は普段から適当に軽い敬語を使っている。親からお願いされたら、それなりに応えるし、そこに報酬も何も期待しない。それが、親という「最も近い他人」に対して取るべき態度だと、いつからか自分で決めたからだ。

何々家サーガや、親殺しの物語を読んでも、家族に対する姿勢を変えた事は無い。僕が物語を読むのは、影響されるためでは無く、トレースするためだから。だから、この本を読んでこう変わりました、というような意見を聞くと、その人の今までの人生はたかがこんなもので変えられる程のものだったのだな、と良い評価をしない。

こんな現象が起こる裏には、親の、子供に対する間違った態度があると思う。儒教の「孝」を学ぶ必要があるのでは。

[][]今年も貰おう

今年も、角川文庫で「発見。夏の100冊」フェア開催中。

2006年6月24日から9月20日まで。

ブックカバー

の7種類に、栞が付く。

フェアなんて無くても毎月数冊買うのだから、まあ、ついでに、という気持ちで。

とりあえず黒い「発見。オリジナルバージョンかな。去年は、やっぱり黒い「GOTHバージョンを貰ったし。

それにしても、大学生協文庫新書を売っていないのが不便で不便で。柏駅前まで行くのが面倒だったら、ネットで注文して生協に取りに行くか、本郷に行く用事があったら、本郷書籍購買部で買う、というパターンが定着しつつある。

[][]マーダゲームブームインチャイナ

ストレス社会で闘うあなたに。

現実で出来ない事をバーチャルで行う、という選択肢は悪くないと思うが、「人間の意識を、ゲーム現実の間ではっきり分けることは難しい」と断言されると何ともかんとも。

心理的作用に関する客観的評価の文は、新聞テレビじゃあ見られない、良い意見だと思う。

案外、現実殺人を犯した者にこのゲームをさせれば、何か見えるのかも。

2006-06-26(月) 本郷、秋葉原。先週から忙しい。

[]LLRにようこそ!

http://static.flickr.com/51/175401161_8a496078af_m.jpg

Lightweight Language Ring」チケット購入。

ローソンLoppiで14時頃購入。今日10時から販売開始だったから、売り切れかもと思ったが杞憂だった。瞬殺もありえると思ったんだが。

このイベントがある8月後半頃から、9月の上旬までが非常にばたばた走り回ることになる。東京から九州まで。学生だから成せる技なのかもしれない。お金の問題はあるが。

因みに、写真の後ろの方の岬ちゃんは、今日発売の『NHKにようこそ! (5) (カドカワコミックスAエース)』をとらのあなで買った時に付いてきたおまけペーパ。

今日秋葉原を歩き回って疲れた。結構な収穫があったのは良かった。

[]理系天使

苗字検索』に依ると、「天使(あまつか)」って名字の人は居ないそうだ。残念。

女性専用車両があって男性専用車両が無いように、女性を区別し過ぎ。動物園パンダか。女性女性同士で居ないと駄目だとでも思っているのだろうか。

自分が進みたい道を決めるのは、道を進む本人だ。

例えば現在、女子が理系に進もうと思うような理系との出会いが少ない、と思うのは何故。男子には女子より多く理系との出会いが多いとでも思っていらして?少なくとも、小学校でも中学校でも、等しく理科の授業はやっているはずなのだが。

女子が理系に進まないのは、理系の男子がどいつもこいつもおたくで、将来の選択肢結婚という文字が無い者が多い、というイメージがあるから、と俗っぽいことを言ってみた。

2006-06-25(日) おおむね曇り。

[]最後かも知れない公務員試験の話

まあ、今のところ、将来受ける予定は無いので、良い機会と言うことで1日中ネタを引っ張る。

はっきり言って、今のところ2chほどリアルタイム情報がローリスクで得られる場所は無いかと。何か試験を受ける前には必ずチェックする癖が付いている。資格試験も、院試もそうだった。

公務員試験に関して、受験区分も、試験科目も、あまり理解していない。今回の任務遂行に必要無かったからなのだが、実際に場所に行き、受けてみれば大体分かった。

科目自体について、ほとんど外部の僕が言うのも怪しいが、教養⁄専門共に難しくは無かった。恐らく、本屋に売っている参考書勉強すれば解けるレベルだろう。今回の千葉の地方上級に限った話かも知れないので注意。

試験合格しても、幾つもの面接をこなした挙句、採用待ちのままプータローなんて事態になりかねない、と聞いている。つまり、試験のどこかで、徹底的に決定的に致命的に他の受験者と差を付けないと勝てないわけだ。勿論、良い意味での差を。

マークシートでは絶対に差は付かない。ならば、論文&面接で勝負という事になる。つまり、学力では無く、人柄(性格、人格品格)、論理、文章力、会話力、などなどで勝てなければならない。一部に問題がある僕なら無理かも知れない。

さて、差を付けるためにどうすれば良いか。どう訓練(練習)すれば良いか。とりあえず考えられるのは、本を読む事だ。何も、面接での会話で叙述トリックを展開しろ、とは言わない。小説はあの分量で、1つの物語を展開している。そして、誰にでも読まれている。何故か。読んでもらえる、見てもらえる、聞いてもらえる能力が、文章の中にあるからだ。ならば、その文章を読んで、インスパイアなりパクリなりして、自分のものにする事は可能だ。

新聞も悪くない。あの制限された分量の文章で、情報を伝える能力は評価できるだろう。スタンスが正しいかどうかは、取り敢えず別にして。

僕が持っている勝つための法則は、相変わらず機密事項です。

因みに、論文試験は受けなかった。

頑張れ受験生

[]スパイ大作戦(公務員試験編)

デン、デン、デンデン、デン、デン、デンデン。チャラリーチャラリーチャーラン。

http://static.flickr.com/52/174453752_cdaa72c180_m.jpg

千葉県地方上級公務員試験スパイとして受験するために日本大学生産工学部津田沼校舎に行ってきた。最寄駅が大久保駅と書いてあるのを見て、東京大久保駅と勘違いしそうになったが大丈夫。

http://static.flickr.com/47/174453756_de4edbbec3_m.jpg

構内はまあまあ綺麗だけど中途半端。柏や本郷の方が好き。隣は東邦大だそうで。知らん。

トイレは汚め。教室の机は落書きし放題。机の上も撮影しようかと思ったが、他の受験者が居たので控えた。ノートパソコンはパチパチいじっていたが。

http://static.flickr.com/70/174453759_9e9add5c8d_m.jpg

唯一、僕が反応したのは、このディスプレイ休講⁄補講通知、学生呼び出し通知、個人情報の取扱いについてが順に流れて表示されていた。表示ページの選択は出来ない。学生呼び出しのページでは、名前がずらずらと並び、ご丁寧に簡潔な呼び出し理由が書いてあった。

画面下部に黒い縦の線が2本見えるが、液晶が割れている模様。

誰がわざわざ学校に来てこの画面を見るんだか。どうせ見るなら必要な情報がすぐに見られるホームページの方が効率も良いだろうに。無駄使いの代表って感じ、みたいな。

こちらスネーク公務員試験スパイ作戦は上手くいき、バレること無く任務を遂行した。

帰投し、依頼主に成果を報告する。

行き先を教えたら、バカンスにならない。

そういえば、大久保駅を下りてから日本大に行くまでの通りの商店街が、なんだか、中央線の某田舎商店街の雰囲気に似ていて、ちょっと懐かしかった。BOOK OFFで本を1冊購入。

[]ネットワークの確認中

あーあーてすてす。現在日本大学生産工学部津田沼校舎にて無線LANに接続中。

WEPキィも無しで、フリースポットを提供しているとは。何ともかんとも。

因みに、Network Stumbler(NetStumbler)で発見。

さて、夕方までここに居る事になっているわけだが、Web中毒の禁断症状は起こらない事が分かって安心。コンセントもそこら中にある。輪講資料も書けるかな。

やっぱりバッテリィの優れたノートパソコンが欲しいな。

2006-06-24(土) 漸く洗濯が出来た。

[]さあ驚け

叙述トリックだ」と言われてから読む(見る)時もそうなのだが、「ミステリィだ」と言われてから読む時も、大抵は、そうかミステリィなのか、よし謎を見極めてやるぞ、と気合いを入れて読む。

ふと、「ミステリィだ」と言われずにミステリィを読めばどんな気持ちで読むのだろうかと思った。そもそも「ミステリィだ」と言われずに読む事が難しい。あのレーベルミステリィ寄り、とか、あの小説家ミステリィ作家、とか、作品の中身を読まなくても伝わってしまう。

乙一小説を読んだ時は、割と衝撃的で、叙述トリックを非常に楽しめた。挿絵まで使って叙述トリックを展開したものを読んだのは、乙一が最初だった。しかもライトノベルレーベル若者作家。驚いた。

騙されたいわけじゃない。先入観を排除するのも、時々は良いのかも知れない。

[]見苦しいかどうか

似た様な事を思っている人が居るものだ。

僕が初めて携帯電話を持ったのは2001年12月末。2005年9月まで同じ機種を使い続け(oneではなくit)、漸く世間の波に乗りカメラ付き携帯電話を持った。

他人が携帯電話を操作する姿勢が、見苦しかった。だから、僕も同じ姿勢で携帯電話をいじっていると思うと、使う気にならなかった。今でもその感覚が抜けず、携帯電話カメラ用途以外に積極的に使う事はない。電車内でもバス内でも待っている時でも、外を見ているか頭の中の会議室雑談をしている。

他にも、みっともないと思ったり、見苦しいと感じたりする事はよくある。1日に1つ以上はある。サイズが1GB以上の修正パッチなんて見苦しい。こういうトラブルが無ければ純粋ゲームの評価が得られるのに……。

好き嫌いを主張する事はある。嫌いなものに出くわした時、自分に危険が及ぶ可能性があるからだ。だが、認める認めないを主張する事は少ない。認めないものに出くわしても、危険は恐らく無いであろうことを経験として知っているから。数直線上に並べると、「好き—認める—認めない—嫌い」という具合だろう。

きっと他人が僕に対して嫌いだったり認めていない箇所があるだろう。けれど、僕は僕の凡その箇所を認めている。個人の価値観依存する話。

[]日本ワールドカップドイツ大会優勝

やはり2本足のロボットには、夢がある。

ただ、飛行機尾翼を鳥に倣い後ろに付けた事が力学的には合理的でない様に*1、2本足のロボットロボットがすべき仕事に合理的かと言われれば、必ずしもそうではない。

というわけで、自然存在するものに似せる、という方向は正解とは限らないのだけれど、自然を創造した大きな力を真似る行為が、少し楽しい

*1ライト兄弟が作った飛行機尾翼が前にあった。

2006-06-23(金) 心電図再検査ガクガク。

[]人の下に人は居るか

……。

下ばかり見て、「最低限は出来ているんだから問題無い」とか言い出す馬鹿が出てきそう。

テレビで凄い人(凄い数学先生とか凄いスポーツ選手とか)を見て、それを目指す、という考え方は個人主義や実力主義には無いのでしょうか。

僕は小学生の時、大槻義彦先生テレビで見て、本を読んで、理系の道に進む事を決めたと思う。ビートたけし大竹まこと舛添要一も見たが、芸人にも政治家にもなろうとは思わなかった。子供ながらに、大槻先生みたいに研究の生活がしてみたい、とか、専門家と言われたい、とか色々考えていた。一応、今はその結果だ。正確には過程だが。

下を見ながら歩めば、こうはならなかっただろうなと思う。通っていた小中高は全て公立で、玉石どころか石石混交な場所だったから。

教育ってのは、隠す事じゃなくて、示す事だと思うんだけどな。

[][]柏の葉キャンパス周辺がうるさくなるそうで

秋に映画館が入っているららぽーとが建つそうで。

とりあえず大型書店は嬉しい。漸く、自転車で気軽に行ける範囲内にまともな本屋が来る。これで、生協ライトノベルを1冊だけ注文するという恥ずかしい行為をせずに済む。

LOHASとか、死ねばいいのに流行を取り入れているらしい。

[][]物書き

そもそもネットワークの上では文字情報によるやり取りが昔からのデフォルトで、メールを書き、掲示板チャットに参加し、ブログを書き、以前より文字を書く機会が増えた人が多いと思う。

輪講で8ページの資料を提出しないといけないのだが、1ページは参考文献に使えるとしても7ページ。卒業論文プログラムリスト合わせて100ページだから、それに比べて遥かに量は少ないが、それでも難しい。

プレゼンテーションスライドと違って、文章を書いているので、伝えたい事を伝えられているか、書いた時点では分からないこともある。エディタ上で気付いて書き直すこともあれば、一度印刷してゲラ読みで気付くこともある。代名詞を頻発すると何の話題なのか忘れられる可能性がある、接続詞を多用するとうざい、段落を区切り過ぎるとまとまりが無くなる、などなど気にしている事はいくつもあるものの、書いている時には中々気付き難いものだ。

良い文章というのは、目で読んでも声に出して読んでも、滑らかに読める文章だと思う。流れとかリズムとか山と谷の織り交ぜ具合とか。

2006-06-22(木) 雨。徒歩登校かな。

[][]キラーアプリ

WebキラーアプリWebブラウザだった。

Web 2.0キラーアプリは何だろう。Ajaxの貢献は大きいが、開発環境を与えたのでは、キラーアプリではない。

カレンダーキラーアプリになると言われていたが、どうにも特に驚く機能も無く微妙に安定している様な。もう少し盛り上がれないものか。

セマンティックWebキラーアプリは何になるんだろう。

PythonキラーアプリZopeか。

ニンテンドーDSキラーアプリ(キラーソフト)は間違いなく、『脳を鍛える大人のDSトレーニング』だっただろう。

マージンFXのひまわり証券さん、ニンテンドーDS Lite欲しい!

[]義体化計画1歩前進

科学ニュースで、「不思議な能力」なんて言葉を使って欲しくない。

コンピュータで脳を作る事と、コンピュータで脳をサポートする事。どちらがやり易いんだろう。脳はまだ未解明の謎があるから、作る方が難しいか。女性は凄いね偉大だね。

脳↔ウェアラブル(or 体内埋め込み型)コンピュータ or 義体無線通信↔他機器

「いつでもどこでも」の、「どこ」という場所の概念が変わりそう。さすがに、「いつ」という時間の概念が変わったらSFになってしまうが、いつかそんな時代が来るのだろうか。「タイムふろしき」は結構凄い。

整形は嫌だけど、電脳化⁄義体化は可能ならするかも。

2006-06-21(水) なんか、涼しい夏至。

[]嫌いな音と好きな音

電車が線路の上を走る時の「ガタンゴトン」という音が好きで、意識しているのかしていないのか、国分寺時代、そして今の柏でも、線路の近くのアパートを借りていて、たまにその電車の音が聞こえる。

昼間は車の音や喧騒が多くて聞こえ難い(というか部屋に居ない)が、夜になると聞こえ易くなる。

部屋では大抵コーヒーを飲んでいて、電車の音が聞こえてくると、相乗効果で非常にリラックス出来る。読書をしていたらさらに心地良く感じる。

何故好きになったのか分からないが、子供の時も実家の部屋から聞いていた記憶がある。線路近くの家では無かったが、田舎だったので音の伝達効率が良かったんだろう。3階の部屋だった事も聞こえ易い要因だったのかも。

一方、嫌いな音もあって、消防車が鳴らす「カンカン」というベルや、消火活動の時に鳴り響く「ウーウー」というサイレンが大嫌いだ。耳を塞ぎたくなる程嫌い。サイレン自体嫌い。東京に来てから一度も聞いていないので、ローカルな話なのか分からないが、故郷では正午になるとサイレンが鳴る。あのサイレンの音も嫌いだった。

車のクラクションも同じなのだが、圧迫感を感じて息苦しくなる。

音で知らせるシステムって多いよね。光で知らせるシステムは、昼間だと効果が薄いし目を逸らしていると気付かない。匂いで知らせるシステムは……割とネタ系。

[]女、女って

Webの文章を見ていたり、やり取りに参加したり見ていたりしている時、その参加者が男か女かなんて意識した事は一度も無い。

というか現実世界でも、相手の性別を何かの判断材料にした事は無い。男か女かであるという前に、能力があるかそうでないか、優れているかそうでないか。大抵はそういう目で人を見ている。「男らしく」「女らしく」なんて言葉を使った事は無いし、使おうとも思わない。漫画でも小説でも、男が書いている女が書いているという様な事を意識する事は無い。

mixiで性別入力を必須としている事が理解出来ない。

ただ、Webでも少し調べれば大体性別なんて分かってしまうものだから、気になる人は気になるんだろう。そんなつまらない躊躇で能力を活かせないというのは非常に勿体無い事なのだが。

性別で能力が分かれるなら、能力が全て先天的だという事になるわけだが。

んなこたーない。

2006-06-20(火) 今日は本郷。

[]門に潰されクチャ

要するに、遅刻しそうな時、生徒指導の体育教師が始業のチャイムが鳴ったと同時に門を閉めようとしている途中に滑り込みセーフする練習をしていたわけだ。

事故には人的要因と物的要因があるわけだが、これは、まあ、人的要因が占める割合の大きい事故だと思う。ブレーカの話があるが、子供がこういう異常な行為をしなければ事故は起こらなかったとも言える。

何故、こんな事をしたのだろう、と思う。

僕は、階段の下から2段目の段からでも飛び下りられなくて、金網(というか穴の空いた鉄板や溝によくある鉄板で出来た格子)の上を歩くのも嫌いで、転び易い所は歩きたくなくて、良く言えば慎重、別の言い方をすれば臆病な子供だった。今も割と変わらない。

他人の評価を無視する事はあっても、自分が怖いと思った事、したくないと思った事は大体しなかった。自分の評価には大体絶対服従だった。マセ餓鬼?

だから、こういう危険だと判断出来る遊びはしなかったし、する人を理解しようとはしない。

危険から逃れようとする行動が、生物にとって基本なら、この子供生物として基本を欠いている、つまり間違っているのか。間違っているなら、誰が、何がそうしたのか。

[]日本人腰低い

「礼儀正しさ」「謙虚さ」「品格」「道徳」を並べて、最後に「実力主義」「個人主義」「しつけ」を出す記事ってどうよ(否定したい気持ちを抑えつつ疑問形)。

日本人のよい部分が失われているとする人は多い」って、「礼儀正しさ」「謙虚さ」を「よい部分」とするのを前提に語られている事に驚き。「礼儀正しさ」は良いかもしれないが、「謙虚さ」が良いなんて誰が言ったんだ。こんな事が常識なのか。

少なくとも、「個人主義」に「謙虚さ」は必要無い。

家庭だの地域だの、与えられる環境で育てられる事を常識としているなら、そんな常識は捨てるべきかと。環境というのは、自分で取捨選択して自分で構築していくものだと思う。

子供はそんな事は出来ない、と思うのは子供に対する失礼極まりない過小評価

[]日本人フィギュア好き

うーむ。CDUSBフラッシュメモリは小型(or薄い)だから、広まったと思うのだが……。

フィギュアを特典として同梱するより、まあ、場所は取らないか。CD分だけ。

「ぱらちゃん」の可愛さは眉毛かと。

2006-06-19(月) 予想最高気温30度。まあ、降るよりはまし。

[][]疑惑細胞

誤解されていた反応性アストログリアが不憫で不憫で。

人間の修復能力が解明される方が早いか、機械による修復技術が一般化するのが早いか。

義体化しても脳や脊髄はそのままのケースが多いから、神経の修復に関しては早い技術進歩を期待する。

[]戯言辞書

西尾維新ザレゴトディクショナル 戯言シリーズ用語辞典 (講談社ノベルス)読了辞書をここまで真剣に読んだのは初めてだ(笑)。

袋綴じのノベルスは久しぶり。辞書の『クビツリハイスクール』の項にもあるが、密室本が同じく袋綴じだった。全ページが袋綴じでは無かったが。持っている密室本は佐藤友哉西尾維新森博嗣

戯言シリーズネタバレあり、誤魔化しあり、トリビアあり、裏話あり、秘話あり。

色や数字繋がりで、割と名前で意外なキャラクタ間に関連があったり無かったり。

各作品で、そうか、そんな舞台裏がなあ、と感慨深く思わされる事色々。きっちり4年付き合ってきて、まあ色々(延期とかミステリィじゃ無いじゃんとか登場人物表にあの人居ないじゃんとか)あったけど良い思い出。

いーちゃんの本名を何故隠したのかとか、結局あれ何だったのとか、作者の口から聞けて納得するものこそあれど、がっかりする事無し。至高の後書き集と呼ぼう。何だかんだで、全てのキャラクタが好きなんだな、と実感。

七々見奈波の登場が無かったのが今でも少し惜しい。

人間シリーズの予定も語られ、ファンにとって最高。まだまだ戯言ワールドが続くわけだ。

呪い名」が「まじないな」とはなあ。

刃物連盟コントで大笑い。

戯言シリーズを読み返したくなった。夏休みにでも読むかな。

ザレゴトディクショナル 戯言シリーズ用語辞典 (講談社ノベルス)

ザレゴトディクショナル 戯言シリーズ用語辞典 (講談社ノベルス)

[]はかあいDVD

見たいなあ、見たいなあ、と言い続けていたにも拘わらず、結局見ず。ラジオドラマは聞いた。原作小説未読。小川洋子氏の小説すら1冊も読んだことがない。

特典の「数学教室」が気になる。

僕は、メイキング映像とか舞台挨拶とか、役者が役者として出てくるイベントが嫌いなので、大抵そういうものが付いてくる初回限定版を積極的に見ようとはしない。

作り物の物語キャラクタとして立ち回り、作り物の物語を観客に見せるのが役者の仕事なのに、どうして役者が「仕事でやりました」みたいな顔をして堂々と観客の前に顔を出す必要があるのか。

役者が仕事をしている事を否定したいのではない。そういう仕事の面は、本で言うところの後書きか雑誌インタビューに載るべきであり、始めからしゃしゃり出て物語に直接関与したら面白く無いと思うのだ。

個人の評価に依る。(柚原)このみの問題。

さて、映画と言えば、『DEATH NOTE』が原作ファンにケチョンケチョンに言われているわけだが、どうするかなあ。監督が駄目って、致命的だなあ。

2006-06-18(日) ああ、雨だ!

[]試験(ためすためす)

「右脳を鍛える〜」といった本やゲームが売れている現状(を伝えるニュース)を見ると、何だかんだ言って、皆テストが嫌いじゃ無いんじゃないかと思うのだが、他人の事なので如何でも良い。因みに、僕はテストが嫌いではない。ああいう類の本やゲームは嫌い。パズルは好き。

有効な評価結果が得られるテストなんて、この世に幾つあるんだか。

ところで、僕が受けたことのある試験というのは、高校入試センター試験大学入試大学院入試資格試験が幾つか、他は学校の授業で受ける試験、なのだが、ある程度受ける時の姿勢というか手順というか準備が決まっている。そうする事で、まあ、一応、落ちた事は無い。所謂、落ちないノウハウと言ったところだろうか。そういうものを持っている。

自動車免許の仮免実技試験で一度落ちたが、まあ、可愛さ溢れる1エピソードという事で、萌え要素にしている。ふにゃあ。

試験試験以上の存在では無いのだ。

[]エエッ

夢野久作あやかしの鼓―夢野久作怪奇幻想傑作選 (角川ホラー文庫)読了

死後の恋』、『瓶詰地獄』、『悪魔祈祷書』、『支那米の袋』、『難船小僧』、『幽霊と推進機』、『怪夢』、『白菊』、『いなか、の、じけん』、『木魂』、『あやかしの鼓』収録。つまり、全て青空文庫にあるので、わざわざ本を買って読む必要は無い。コンテンツの価値は同じである。

解説にも書いてあるが、夢野久作短編は(サリンジャーなどと違って)割と手に入れ易いので、読む機会は避けない限り得易いのだが、問題はあの文章と言うか片仮名擬音語擬態語や会話文が、馴れない内は読み難く、文章の構成が短編でも時々ややこしかったりして、初読者が避けてしまう。

また、パソコン青空文庫ファイルを開いて、横書きで読むと、『ドグラ・マグラ』を縦書きで読んで馴れたものだから、違和感を感じてしまう。

非常にややこしい。

どの短編もまさに、夢野文学。怪しく、暗く、SFチックで、ミステリィテイストで、耽美で、暴力的で、悲しい。

[][]2.0飽きた

ブログより先にポッドキャストをするとは。ああ、そうか。トラックバックコメントが怖いのか。だから、いつまでも一方的、と。

「イザ!」なのか「iza」なのかはっきりして欲しいのだが、「iza」を使っているのはニュース側で、本家は「イザ!」を使っている様だから、「イザ!」かな。

RSSを配信しているので、さっそくRSSリーダに登録した。

『ナイン・ストーリーズ』の記事書評じゃなくて、本と出会った時の話なのね。個人ブログみたい。

2.0と掲げて双方向もどきシステムを作るのは良いけど、何か違う。

2006-06-17(土) 昼はぽかぽか。

[]YouTube恐るべし

17歳の右翼青年山口二矢が浅沼稲次郎社会党委員長を刺殺した事件映像

こんな映像まであるとは。探せば貴重な資料まで出てきそうだ。

[]Seven Gardens

古屋兎丸Garden (Cue comics)読了

幻想、快楽、目覚め、葛藤科学、後悔、破滅、の7つのテーマに分け、1993年1996年から2000年の間に描かれた初期の古屋兎丸短編が収録されている。

美術教師の肩書きを持つだけあって、絵は当然素晴しく上手い。ストーリィのオリジナル性もあり、漫画として最高の1冊。思春期の者達にはお勧めしないかもしれない。

攻撃的でもあり、冒険的でもあり、幻想現実の中間の様な雰囲気で、夢枕獏氏の小説とはまた違った不気味さがある。漫画だからこそ表現出来ている描写もあるだろう。漫画という媒体を活かしきろうとする筆圧が感じられる。

袋綴じの『エミちゃん』は、何の躊躇いもなくカッタで切るという儀式を一気にこなし、一気に読んだ。これは危ない。

"グロい"と"エグい"の違いが分かるだろうか。この本に収録された短編⁄中編漫画はエグい。グロさに対してはある程度免疫があるが、エグさにはあまり免疫が無いので、触れるとダメージが大きい。でもやめられない。

Garden (Cue comics)

Garden (Cue comics)

[]さよならゲイツ

英雄か悪役か。

メモリに1Gを要求するようなOSを平気で作って売る神経は、信じられないというか、馬鹿じゃないかと思うのだが、デスクトップアプリケーションOSデファクトスタンダードとして存在している力は認めるべきだろう。認めないとゲーム出来ないし*1

引退と言っても影響力はあり続けるし、教育や慈善事業に取り組むなら好きにしたら良い。ただ、Microsoftはもっと他と仲良くして、マッシュアップというか、小さな良いものを組み合わせてさらに良いものを作る「Small is beautiful」の考えを採用しても良いのにな、と思う。

鈍器みたいな実行バイナリファイルなんて使う気が起きない。

*1Wine入れれば出来ないことは無いが。

2006-06-16(金) 大雨後曇り。早く止め。

[]久しぶりの飲み会

新入生歓迎会以来かな。柏のヤマダモンゴルというお店で飲み会

ええと、某情報処理試験の合格祝いとか輪講発表お疲れ様とか公務員試験合格前祝いとか足の捻挫治って良かったとか。

幹事は今回からM1のS君。

コースメニューで次々運ばれてくる肉や野菜を焼いて食べた。僕の居たテーブルはM1がF君、W君、僕の3人とM2のSさん。もう1つの、テーブルを2つくっつけた席に教授含めほとんど座っていた。こっちはゆっくり4人でマイペースならぬアウワペースで食べていた。

4、5杯飲んだかな。最初が生ビールで、サワーを3、4杯。後、W君が頼んだ熱燗をお猪口で2、3杯。何を飲んだか知らないが、幹事だけ顔真っ赤で倒れてた(笑)

2次会無しで、解散。そんなに大きい祝い事があったわけではないので、適当でしょう。

さて、宿題も適度にあるし、Sさんに言われた事とか、色々片付けていきたいところだが、久しぶりに飲んだお酒のせいか、頭の回転が通常の3分の2なので、今日漫画を読んで寝る。

[]実仮想

タイトルに反応した。

「実体験」に於ける「実」とは何か。体を動かし、手に触れたものだけが「実」なのだろうか。

「実」=「リアル」の反対語として「仮想」=「バーチャル」があるが、ネットは「仮想」なのだろうか。

その場に立たなければ、実体験とならないならば、チャットメール掲示板でのやり取り、ブログ上でのアウトプットインプットは、全て仮想体験なのか。

そもそも、この文章は「実」の定義が間違っている。

2006-06-15(木) 大雨は勘弁して下さい。

[]団塊世代に期待するかしないか

失敗を体験し、成長も衰退も経験してきたこの世代。確かに、歴史を見れば何かをやりそうに見える。体力もまだ残っていそうだ。

この世代を年寄りだとナメると、若者の方が痛い目を見る。大人しく遠くから見て好きな様にさせておくか、いっそ見ずにほったらかしか。

道具を作る世代、というのは今ある道具に不満を持てば、すぐ変えるかアレンジをする。まさにHacker。道具を作らない世代は、与えられた道具をマニュアルの範囲内で使いこなす事だけに必死となって、バッドノウハウだろうと無駄な行為だろうと、真面目に覚える事しかしない。不満を持つ、という選択肢が無いのだ。

ゲーム機ゲームを見ていてつくづく思う。

[]今日シンドラー

http://static.flickr.com/69/167659547_a1c275ee01_m.jpg

この紙が貼ってあるエレベータだけ電源がオフになっていた。

事務からのメールによると、

閉じ込めが発生したときには非常呼び出しボタンを押し続けてください。

30−40分でメンテナンス技術者が救出に来ます。

けっしてドアを自分で開けて脱出を図るようなことはしないでください。それが一番危険な行為になります。

なんだそうだ。

さて、そろそろ飽きたので何か面白い事は無いかな。

[][]4つのF

視床下部は、人生にとって不可欠な4つの「F」をつかさどる。すなわち、fight(闘争)、flee(逃亡)、feed(摂食)、fuck(性交)だ。

Tom Stafford⁄Matt Webb『Mind Hacks ―実験で知る脳と心のシステムpp.17より。

最近大学図書館に一斉にオライリー本が入ってきていて、楽しい

2006-06-14(水) ある曇りの日のこと。

[]シエシエ

ざっと本棚を見たけど、「家族」を扱った漫画小説がほとんど無い。サリンジャーのグラース家サーガ佐藤友哉鏡家サーガ舞城王太郎奈津川サーガ……。サーガばっかりやないか。漫画は無い。ゲームは『AIR』、『家族計画』、『CLANNAD』、などなどこっちは多め。泣きゲーお約束みたいなものですから。

父に贈る言葉が「謝」だ、という結果は当たり前の様な気がする。2種類の意味を持ち、感謝か謝罪か。父親じゃなくても人に贈る言葉なんて、どちらかになるのが自然じゃなかろうか。

他に何があるだろう。父親に贈る言葉じゃないけど、エールを表す「援」とか。

[]シンドラーの使者

http://static.flickr.com/29/166993679_35428de865_m.jpg

さっき図書館に行く途中の駐車場に居た。図書館を出た時には、もう居なかった。

後ろに、工具とか何に使うのかよく分からない道具が積んであった。少なくともうちの棟は今日は点検をしていない様だったが、何しに来たんだか。

研究科長に土下座か。それにしては下っ端っぽい車。

まだ1度しか閉じ込められていないが、あまり悪口を言うとまた閉じ込められそうだ。

(21:40追記 1基だけ点検してたっぽい)

[]アウトプット指向代表

Webサーチは何かの名前を手がかりにWebページに飛んでいくのは得意。しかし、問題点は評判・意見の抽出ができないこと。個人の趣味・嗜好を反映することができないことだ。Webに多く出ているものにヒットしても、実際にはそのユーザーに興味のないことばかりかもしれない」

どうも僕は、評判や意見2chRSSリーダに登録したブログから見て、その範囲内で良し悪しなり優劣なりを付けているから、Webページを検索して評判や意見を探る事をしていないから、検索に不満を持つ事が少ないらしい。

どうすれば、検索に評判や意見を反映させられるか考えると、ユーザに随時入力してもらう(タグがそうだったように)、文章内に出てくる評判や意見を分けるであろう単語を抽出して頻度を測る、検索語の前後のある程度の範囲に絞って評判や意見を分けるであろう単語を抽出して頻度を測る、などなど思い付いたが、いまいち、決定性に欠ける。

テレビがそうである様に、メディアの目指すゴールの1つにプッシュ配信がある。コンピュータ雑誌の優れた点で、ネットにあっても自分の目に止まらなかった情報を見せてくれるというものがあるが、Webがそういう性質を持っている頃は、コンピュータが"編集"も可能になっている時代なのかもしれない。

と考えるとすぐ、ナポギストラー一世の顔が浮かぶのはどうにかならないか。

2006-06-13(火) 曇りの日が続きます。

[]自閉症なのかー

自閉症スペクトラム指数(Autism-Spectrum Quotient:AQ)自己診断」をやってみた。

こういう、資料の内容の真偽はどうあれ、ある程度の裏付けがあるアンケートしかしません。何とか占い、とか阿呆らしい。

自己診断テスト得点計算結果
あなたの得点は35点です。
社会スキル
 8点
注意の切り替え
 8点
細部への注意
 7点
コミュニケーション
 7点
想像力
 5点
閾値を越えています。

たった50問の選択肢アンケートで決められてもね。

統合失調症解離性同一性障害か多重人格障害であると言われても否定しないけれど、自閉症は違う気がする。自分の頭のことなんて、自分がよく分かっているよ。

[]お前が呪について話すとなんだか分からなくなってしまうのだよ

夢枕獏陰陽師 龍笛ノ巻 (文春文庫)』『陰陽師 太極ノ巻 (文春文庫)読了

堤中納言物語』に載っている「虫めづる姫君」こと露子姫登場。キャラクタが強くて、短編1つに留まらず何度か登場。目指せ準レギュラ。

賀茂保憲も登場。漫画版とは随分性格が違う。こっちの方が好きかな。エリートって感じがしないが天才肌って感じ。

話はどれも、『今昔物語』や『宇治拾遺物語』を読んだことがある者なら、ああ、あの話だな、と懐かしく思ったり、混ざり具合や弄り具合(パロディ)にくすっときたりする話ばかり。

晴明の屋敷の簀子に座す晴明と博雅
↓
博雅「自然とは……」
↓
晴明「それは呪だよ……」
↓
博雅、混乱しないように晴明の話を聞く
↓
晴明or博雅が最近の事件について語る
↓
「ゆこう」
「ゆこう」
そういうことになった。

ほぼ毎回必ずこのパターンで始まる物語で15年以上になる「陰陽師シリーズだが、終わりそうに無いのが嬉しい。

僕が漫画版岡野玲子陰陽師』を読んだのが中学3年の時。図書館小説版を借りたのが高校1年の時。引っくるめて約8年の付き合いになる。

あとがきでも「どうやら、一生書いちゃうことになりそうです」と書いてくれている。構わない。ずっと、ずーっと、安倍晴明源博雅物語を見せて下さい。

陰陽師 龍笛ノ巻 (文春文庫)

陰陽師 龍笛ノ巻 (文春文庫)

陰陽師 太極ノ巻 (文春文庫)

陰陽師 太極ノ巻 (文春文庫)

[]自作携帯

アカデミックディスカウントは工科大生以外の大学生も適応されるそうで。院生も?

P/ECEが約10000円だった事を考えれば安いか……、しかし携帯電話デバイスにしては高い様な……。

Skypeが動かせる可能性があるというのは非常に魅力的で、そもそもここまで弄れる携帯電話というのを待っていたので、お金さえあればすぐに買っているのだが。

何処か他の大学がもっと安くで出さないかなあ。50000円以下。

2006-06-12(月) 中途半端な曇。

[]松屋北千住東口店

"松屋北千住東口店"と聞いて、思い出す人が何人いるだろう。ネットサーフィンが好きな人や、記憶力の良いワイドショー系話題好きな人なら思い出せるだろうか。

http://static.flickr.com/78/165638989_72f05870b2_m.jpg

本郷からの帰り、北千住でうろうろして*1この店で豚丼大盛りを食べた。勿論、僕は覚えていて、それを意識して入った。

この松屋北千住東口店では、1999年5月に松吉氏の買ったキムチ牛丼弁当に蛙の下半身が入っていていざこざがあり、2004年9月にクレームをつけてきた客を店長が刺し殺す(殺害場所はクレーマの住んでいたマンション)という事件があったとされる場所なのだ。

過去の事件で、勿論当時の店長はもう居ないし、豚丼に蛙の足が入っている事を期待して入ったわけでは無い。ただ、そういうマイノリティな事件が少しだけ好きなサブカル野郎で、事件が起こった場所というのが好きなだけ。勿論、事件の面影なんて全く無かった。

新聞テレビと違って、ネット情報が時系列に関係無く等価に扱われるから、難しいね。小説も、出版された時系列に関係無く、面白いものは面白いし、つまらないものはつまらない。そう考えれば、コンテンツというのは時間軸から独立しているのが当たり前なのかな。

[]イコール

往々にして社会という場所は、デメリットをクローズアップして(見た目で)肥大化させて、メリットを抑え込んで現状保守に走りがちになる。他人の不幸話が好きなワイドショーおばちゃんの思考とそう変わらない。

物事の本質は、壊してみないと分からない。料理はそれに箸を刺し口に入れないと美味しさは分からないし、コンクリートは叩いて壊さないとその硬さを証明出来ない。

壊してみて、より良い材料で作り直して、実験を繰り返せば良い。勿論そのための準備は十分にしなければならないが、今の世の中を見て、足踏みしなければならない様な状態では無いと思う。

*1:結局、鞄は買わなかった。

2006-06-11(日) 梅雨なんだなあ。

[]漸く追いついた

谷川流涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)読了アニメ版OPの雪のシーンはこの挿絵だったのね。中編2本。

話題の長門の無題超短編を読んで、「光と闇と矛盾と常識」について少し考えたが、「光」は朝比奈さん、「闇」は小泉、「矛盾」はハルヒ、「常識」はキョン、で合っているだろうか。あえて「矛盾」をキョンにすることも考えられるが、そうなると整合を付け難い。「黒い棺桶」「発表会」は未出の伏線か、情報統合思念体に関わるキーワードか。そうなるとキョンが「男」が小泉であると感じている事が引っかかる。

ハルヒを退屈させない様に、周りがこそこそ動くパターンがあまり好きでは無かったが、小泉の学園陰謀物好きが明らかになったので今回は良し。

SOS団結成から1年が経ったという事で、原点回帰だったり成長や変化の確認だったり、2年生から何か大きな事が起こる前触れの様な雰囲気の話だった。ハルヒの力が不安定である限り、キョンと同じクラスになる可能性は100%では無いわけで。波瀾万丈直前?

鶴屋さんの、誰もが抱腹絶倒する短編ドタバタ冒険小説が読みたいが、これは作者自らハードルを上げて頑張って書いているに違いない。

http://static.flickr.com/46/164785275_ef2f1786e3_m.jpg

アニメイト限定栞。ここまで流行するとはね。どう見ても続編がありそうもない『涼宮ハルヒの憂鬱』を読んだ時は思いもしなかった。

涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憤慨 (角川スニーカー文庫)

[]鞄アンケ

鞄を持ち歩かない人や、持ち歩いてもカジュアルなもの、リュックの人が多い。アンケ対象層が偏っているせいかな、と思ったが、僕もこの層に含まれているので問題無い。

使っている鞄はリュックかショルダなのだが、どれもファスナで閉めるタイプになっている。さっと出したい時や入れたい時には少し手間になるので、1つくらいカジュアルで取り出し易いオープンな鞄を持っても良いかな、と思い始めた。

明日、本郷に行く用事があるので、帰りに北千住東急ハンズに寄って見て、良ければ買う予定。靴を買おうかと思っていたけど、また延びた。

最近の鞄関係記事を適当に。

2006-06-10(土) 休みに晴れてもなあ。

[][]逃げんな、コンチクショウ

最近お笑いブーム以降に出てきた芸人はほとんど嫌いだ。

ジャンガジャンガギター侍もあるある探険隊も、ネタを1つ出す度に、決めポーズなのかよく分からないフレーズを挿入する。

何度も挿入されるフレーズのおかげで芸がぶつ切りになって、フレーズ前の芸がリセットされて次の芸に移っているように見える。事実そうだろう。

ぶつ切り芸のおかげで、1つ失敗してもお決まりフレーズリセット、無かった事に出来て、次の芸は何の関連もないものが現れる。

要するに、逃げの姿勢なのだ。全体を批評されるのが怖くて、弾を数撃って起こるかも知れない失敗を誤魔化す。失敗をした場合の流れを引きずるのが怖くて、何でもかんでもリセットして時間だけを消費する。

最近歌手はピンが少なくて、モーニング娘。ジャニーズなど3人以上の複数で歌っている集団が多いのは、責任を負うことが怖いから(1人で責任を負う事を知らないから)皆で歌わざるを得ないからだ、というような事を過去に書いたが、今の芸人思考にも同じ事が当てはまるだろう。

漫才落語には流れがある。登場から去るまでが芸であり、リセットは無い。確かに、流れの中で失敗したら(受けが悪かったら)、流れを引きずる事もあるだろう。だが、優れた芸人は挽回する。再び流れを自分の望む方に引き込む。それが芸人の腕の見せ所では無いだろうか。

日常のあるあるネタを集めて並べるだけなら、小学生でも出来る。

さて、僕がラジオ以外で聞く数少ない音楽であるプログレッシブロックの代表、GENESISが復活するそうだ。

プログレは、1曲の時間が長いものが多い。5分以上は当たり前。15分以上のものもある。

曲はギターソロドラムソロオルガンソロなどのパートに分類する事は出来るが、曲には流れがあり、統一感を感じる事が出来る。1つの物語だと言っても良い。同じ感覚をジャズでも感じられる。

どこぞの先生の様にゲーム脳を持ち出す気は無いが、リセットに甘んじ、責任から逃げ、短い物語に満足する者にはなりたくない。

[]ラジオから流れる陽気な音楽

先週辺りから、ラジオで頻繁に流れていたが、歌手と曲名を最初に言って曲を流すものだから、一体何と言う音楽なのか知り損ねていた。

ナインティナインのオールナイトニッポン』は毎週録音して、土曜か日曜に聞く事にしているのだが、ラッキィな事に、気になっていたその曲が流れたので、曲名を知る事が出来た。

カリート(Carlito)の『GO!GO!カリート』という曲だそうだ。

7月12日発売の『メキシカン・ヒーロー~カリートのフィエスタへようこそ!~』に収録されている模様。

カリンカリンカリカリント」か「カリットカリットカリカリット」に聞こえていたのだが、「カリーカリーカリカリート」が正しいらしい。

[][]強化外骨格

早く、オリンピック他の体育競技で薬や機械の使用を認めて欲しいのですが、まだでしょうか。

パワードスーツを着て災害救助をしている人って、如何にもスーパマンみたいで、格好良い。運搬じゃあ、乗り物やクレーンと変わらないから見劣りしてしまう。

現実で、人間の体というハードウェアが、機械や道具で拡張される事例って、かつらや服などの装飾品、眼鏡とか指サックとか、小さな目的を達成するための最小限の補完ばかりの様な気がする。最小限で補えなければ、他のハードウェア依存しているパターンが多い。

[]50年代飛行機モチーフ

オリエント時計製「オリエントスター レトロフューチャー 飛行機モデル」。84000円。

太陽電池搭載で電池交換不要の時計が当たり前になった現代で、自動巻。

時計は正確さが第一、デザインが第二、なのでデザインが勝っていても購入意欲は湧かない。

G-SHOCKデザインがいまいち。

やっぱり日本人なら、セイコーシチズンかな。

2006-06-09(金) 雨。サムデイインザレイン。

[]古きもの捨てること無かれ

http://static.flickr.com/64/163573016_32335e8ab4_m.jpg

UNIX MAGAZINE1990年1月号。810円。多分、研究室に置いてある雑誌で一番古いもの。

掲載記事は、第14回jusシンポジウムレポート他、連載記事に『UNIX Communication Notes 』(ニュースシステム運用)、『MACH Operating System』(MIGシステム)、『OSF⁄Motifのすべて』(新連載)、『XView入門』(新連載)、『Free Softwareの世界』(ネットワーク)、『ワークステーションのおと』(melaとYP、ftpの謎)、『DAEMONS&DRAGONS』(ファイルバックアップ)、『Little Language』(Shellプログラミング第34回)、『C ADVISOR』(保護)、『Wnn入門』(uum)、『てくてくTEX』(数式)、『An Introduction to X Window System』(その他のカスタマイズ)、『UNIXへの招待』(ジョブ)、など。

一部連載記事は現在ムック本として発売中。今でも続いている連載もある。『てくてくTEX』が懐かしくて涙が出てきた。

今読んでもノウハウが通じるものがほとんどなので、流石UNIXと言ったところか。Windowsではこうはいかないだろう。

季刊になってそろそろ3ヶ月。夏号が出る頃だと思う。

[]スパイ道

Bluetoothで着信通知。

腕時計の次は靴か。

携帯電話があの大きさでそこそこの仕事をしてくれているので、そろそろゴーグル型のウェアラブルコンピュータが出来そうなものだが、難しいのでしょうか。

ウォーカロンはまだまだだろうね。

2006-06-08(木) 暖かかったり涼しかったり。

[]ハッとしてギュッとして

今日エレベータの点検をしていた様だったが、1基に1時間も掛けていなかったと思う。どうやって点検したんだか。

先生曰く、日本の気候に合わない部品を使っていた事が原因とか何とか。キャラメル発明話みたいだ。やっぱり、高くても日本製が良いって事かな。

1件の大きな事故があったら、その背後には29件の軽い事故が起こっており、300件のギョッとさせる様な傷害のない事件が起きているという。これがハインリッヒの法則。『爆笑問題カーボーイ』の昔懐かしコーナではない。

エンジニアにとっては、危険が起こったとしても安全側に倒す、というデザインを常に考える事が大事だと思う。死亡事故なんて、危険側の最もたるものではないか。

[][]ローカルデータリモート

早速"Google Browser Sync"を導入。

拡張機能インストール後、Googleアカウントログインパスワード設定、データに関する設定をして完了。データ暗号化するか選択出来るようになっている。

Cookiesまでリモートに置くということで、少し不安だったが、暗号化しているし、もうこの手のWeb 2.0手法には馴れたので、不安はすぐに消えた。

いちいちプロファイルフォルダファイルを移動させていたので、これで楽になった。

いっそ、ブラウザWeb上作れば良いのでは!

……あれ。

[][]ベンチャ

今のところこういう場で働く気は無いが、進路の可能性として気になる。

「プロデューサ型人材の育成」が求められると言うならば、今こういう場に立ちたいと思っている人は「プロデューサ型人材」になれば成功するかもしれない。

まあ、研究者やそれなりの場数を踏んできた人は、自意識が強いですから。

2006-06-07(水) 晴れ後曇。

[]老けたか

『銃とチョコレート』を出版した乙一氏のインタビュー

久しぶりに顔を見たような気がするが、老けたように見える。もうすぐ30代だから分からないでもないが、若さをある程度保った貫禄ある小説家の様だ。

ミステリーランドシリーズ文庫化の予定は無いのだろうか。

[][]制御プログラムミスか

うちの大学の建物はシンドラー社製のエレベータだった。学内に14基設置されているんだそうだ。

http://static.flickr.com/55/162348526_7ed75461cc_m.jpg

事故の事は、今週の月曜日の午後に、M1のS君から聞いて知った。

今日の午後から紙が貼ってあった。

http://static.flickr.com/19/162348527_c18360b0f6_m.jpg

明日、緊急点検が行われるそうだ。やれやれ。

[][]小さいなあ

会社入らなくて良かった。

研究室から更新する事はあまり無いけれど、時々はしている。後でアップするための文を書く事はしょっちゅう。ネタに使うキーワードを書いている事もあるし、はてなブックマークに登録する事も多い。

アクセス制限といい、何を恐がっているんだか。

2006-06-06(火) 晴れ後雨っぽい。

[][]マッシュアップ

締め切りは7月31日17時59分。

順次公開される、カーセンサーラボ.net API(中古自動車売買情報サービス)、Smatch API(不動産売買・住まい情報サービス)、じゃらんnet API(国内旅行情報サービス)、フロムエー・ナビ API(アルバイト情報サービス)、を組み合わせて用いて、新しいサービスを開発する。

Sun開発環境を用いると加点。枷にならないならば使うが吉か。

思い付いても、それが奇抜なものか、他と差を付けられるか、というか作れるか、と思惑中。この手のコンテスト参加には慣れていない。

頑張る。

[]新言語

「Fortress」はHPC向けアプリケーション開発用汎用言語。「Script#」はC#の技能を用いてJavaScriptを容易に開発できるようにするための言語Ajax技術の発展を狙ったもの。

汎用性か、専門性か。

2006-06-05(月) 晴れだが、暫くは涼しいのかな。

[]英語先生

英文法で割と有名らしい。

87歳なら、まあ十分生きたかと思う。個人が決める事だけど。

英語の授業は1年の時に前期1単位と後期1単位、3年の時に前期1単位、取ったかな。

[][]はてさて嫌われ者と取るべきか

あなたの身近にいるパソコンにとても詳しい人について、その人のイヤなところ、やめて欲しいこと、改善して欲しいこと、ダメな点などをお聞かせください。」をざっと読んだ。

協調性が無い、社交性が無い、早口で情報を一度に与え過ぎる→知識量をひけらかす、知ったかぶり、などなど。

理屈っぽいとか頭を使わない事に対して怒るのは別に悪い事じゃないので回答者勘違いとしておこう。格好や服がどうのという話も、回答者が格好や服で人を判断しているからであって、関係無い。

誰もが自分と同じ価値観だと思っていないし、思われたくもない。「人にどう思われる(見られる)か考えてみろ」と過去に言われた様な言われていない様な気がするが、そんなものはトレース可能で、それを考慮した上で、または考慮するまでもなく、「人にどう思われる(見られる)か」という事は僕の意識にも行動にも関係無い。

個性だ、と言えば耳が腐る位聞こえが良い。

[]殺人の理由

GyaO少女には向かない職業』第2話鑑賞。

太陽が眩しいから人を殺した」というのはカミュ異邦人』だが、「擂粉木と菜種油で殺した」という小説は知らない。

次話でとうとう殺人。今回も死体が出たが、犯人は……。

1週間に1話かな。毎週月曜午前に見ることになりそう。

[][]言い合い

過去にもMicrosoftに限らず似た様な事が幾つかあったが、こういういざこざを見ると、じゃあ良いよフリーソフト使うか自分で作るよ、と目を背けたくなる。

記事を読むだけでは、Adobeの我儘の様に見えるが、お互い色々と都合や言い訳があるだろうからどうでも良い。Officeがそんなに怖いか。

レポートPDFで提出している。勿論、dvipdfmxで変換して。

2006-06-04(日) 涼しげな晴れ。

[]作られた物語

もしも、テレビドラマの最後に語られた事柄が真実でなかったら。

勿論、テレビドラマ現実に起こった事では無い事は知っている。テレビドラマの中という世界に限定した真実と嘘、という話。

放映される時間が決まっていて、最後に語られる事は物語としてはそれなりにまとまっているオチがあって、疑っても仕方無い様なものだったとしても、それがドラマ世界での真実であるという確証が無かったら疑いたくなる。

所謂、裏設定とか分かる人だけに分かる伏線とか、そういう話になるので製作者が明かさない限り真実が認められることは無い。

そういう意味では、院試過去問も似た様なもので、解答が無いものが多いので自分で解いて自分で納得するオチを付けなければならない。解答は問題の製作者か真実を知っている者しか知らない。

TRICK』には割とそんな匂いがする。テレビ朝日ドラマは割と好きだ。筒井康隆原作アレンジした『富豪刑事』も面白いし、金曜23時台にやっているドラマも何だかんだで毎回見ている。掴んでいるポイントが僕が求めるポイントに近いのだと思う。

与えられた真実を否定して、真の真実想像する。ひねくれ者のやる事かもしれないが、現実はほいほい真実を与えてはくれないし、事柄に時間制限があるものは少ない。普段からそういう姿勢をしていても問題は無いだろう。

[]美味しそう、否、美味しいに決まっている

食べてみると、薄くもっちりした皮の食感、上品さに驚かされる。生地に触れると、手に吸い付くようなしっとり感がある。

餡に餅が直接入っているのではなく、生地に餅が練りこまれることで、餅とどら焼きが水面下で静かに手を結んだ食感なのだ。

中々名文。食事の度にすらすらとこんな台詞を言いたいものだ。

東急東横店、銀座三越店、幡ヶ谷本店で販売。東京が恋しい。

[]アダムとの接触

記事の段階から、『新世紀エヴァンゲリオン』の内容を知っていないとついて行けない話題になっている。良いのかこれで。

「直径500km」って、その場に居ても気付かないだろうな。技術進歩に万歳。

2006-06-03(土) 涼しい。

[]ふざっ……

西島大介アトモスフィア〈1〉 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)』『アトモスフィア (2) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)読了。4月に上野で『1』を買って、『2』が出てから読もうと思っていたのだが、発売日以降何処にも『2』が売っていなかった。大学生協で別の本を注文する時に思い出し、一緒に注文して漸く読むことが出来た。やれやれ。

全てを笑い飛ばし、赦し続ける主人公。突然ドッペルゲンガの様な自分の分身が現れ、居場所を奪われ、同様の境遇に居る者達と出会う。分身現象は、世界規模で起こり、分身の分身が現れる現象に発展する。

日常から一気に乖離するスピード感、静かな狂い、1枚絵の様なイラスト風のコマで構成されているのは相変わらず。余白の使い方も面白い。子供向けではないストーリィ。

「すべてを赦す」という姿勢。赦すという事が、批評しないという事ならば、『土曜日の実験室―詩と批評とあと何か (Infas books)』に対する自身による否定と取るべきか。主観的に見、主観的に流し、主観的に笑う。個人の存在価値としてはそれで十分、という事か。

オチをどう解釈すべきかな。「赦してあげる」か「ふざけるな」か。とりあえず言えるのは、「ふざけてる」「ありがとう」。

アトモスフィア〈1〉 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

アトモスフィア〈1〉 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)

アトモスフィア (2) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

アトモスフィア (2) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

[]迷惑メールに振り回されない

迷惑メールにありがちなサブジェクトは、「お詫び」「お元気ですか」「ありがとうございました」「Re:」「はじめまして」「こんにちは」「ご案内」「お疲れ様です」などなど。

サブジェクト迷惑メール判定をさせると問題が生じる事もあるので注意。

昔はサブジェクトに「=?iso-2022-jp」と書いてあるメール(なのに実際はShift_JISで書いてある)は大抵迷惑メールだったが、今はどうなんでしょ。

これは酷い。

2006-06-02(金) 昨日よりは気温が下がる。

[]まだ夏じゃないよな

窓の網戸にクワガタっぽい虫が止まっていた。体長約3cm。

http://static.flickr.com/50/158615703_319f8b9d82_m.jpg

まり動かない。もう15分位経ったが、全然動かない。ライトを当てても反応無し。

息を吹きかけたら少し反応して体の向きを変えた。

生物に関しては疎い。

[]動画溢れる

最近は、1日1時間くらいはYouTubeサーフィンに時間を取られているわけだが、他のサイトでも似たような動画サイトGyaOに対抗した様なサイトが現れ始めた。

動画と言えばテレビ局、なんて時代はもうとっくに終わっているので、今更民放がWeb上で何かしようとしても、Web上で育ったものに勝てるのかな、と思い、あまり興味が無い。

リッチコンテンツが溢れ、検索対象がユーザが付けたタイトルタグに限定されて、こういう流れは、Web 2.0が上手く浸透しているんだなと実感できるかと。

2006-06-01(木) 6月スタート。妹の誕生日。

[]女子高生とか

古屋兎丸ショートカッツ (ビッグコミックス)』『ハピネス (IKKI COMICS)読了

ショートカッツ』は、1ページから2ページの短編漫画の詰め合わせ。同じ登場人物が何度も出てきたりするので、一応短編シリーズとして繋がっている。女子高生の生態を面白可笑しく描いたり、時々オヤジっぽいネタを入れたギャグ漫画があったり、非常に楽しめる漫画だった。最後まで隅々笑わせてもらった。

ハピネス』は、8つの中編漫画からなる。切なかったり、少し不思議だったり、どれも読後感が妙な感じになる。割と救われている様な終わり方をする物語が多いが、中にはブラックな終わり方をする物語もある。

女子高生を描いている漫画で好きなのは、古屋兎丸喜国雅彦くらいかな。絵が上手い漫画家が好き。

ショートカッツ (ビッグコミックス)

ショートカッツ (ビッグコミックス)

ハピネス (IKKI COMICS)

ハピネス (IKKI COMICS)

[][]正義感が通じる範囲

"正義感"とか"大きいHワード"という様な単語を使ってしまえば、論争を終わらせる事が出来る。人として当然なのか、嘆かわしい事なのか。

ところで、2chブログ周辺で先週末辺りから起こっているアフィリエイトに関する騒動は、この不正アクセス事件と似たような感情によるものが発端なのだろうか。2ch内での発言の著作権を守ろう、2chの名無しによって構成された文章を無断転載をしてお金を稼ぐなんて大きいHワードが欠けている、といった具合に。

皆、まだまだ、誰かが得をしているのを眺めているのは嫌なのかね。一時、セレブとかプチ富豪が頻繁にテレビに出ていた時期があったので、お金を持っているという立場キャラクタとして認められたのかな、と思っていたが、実際はそうではなくて、やはりお金を持っていると思われている人は必ず嫌われてしまう。日本人の特徴だと思う。

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |