Hatena::ブログ(Diary)

Lavistaの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-02-21

[]名古屋へ

 これから名古屋に向かいます。今日は関ヶ原の雪の影響も無いようで、新幹線もダイヤどおりに走ってくれるでしょう。明日は演奏があるので日帰りで夜遅くに戻ってきます。

[][][]帰宅しました。

 名古屋公演から帰ってきました。初ナゴヤドームでしたが、なかなか良い会場ですね。ヤフオクや札幌と同じくしっかりした屋根があるので、東京ドームよりは音響はだいぶましです。ただ、そのしっかりした屋根の関係か残響は結構気なりますね。これはヤフオクドームも同じですが。なぜか札幌ドームはあまり残響が気にならないんですよね。ナゴヤやヤフオクは屋根が完全な球形なのに対して、札幌はちょっと形が違うのが影響しているのでしょうかね?あとヤフオクドームは空調を何とかしてもらえないかと。昨年末のJYjの時も今年の東方神起の時も寒くてかないませんでした。一昨年のヤフオクドームの時は暑かったし・・・。竹中ワークスの品質も意外と大したこと無いのかも。

 さて、東方神起のツアーはこの後は4月1日の東京ドームの追加公演まで1カ月空いてしまいます。その間3月7日のソウルでのジュンスのソロコンサート、さらに代々木体育館での日本のソロコンサートを観覧する事になっております。ジュンスのアルバムが3月3日に発売との事ですが、3月7日のソウルのコンサートには間に合わないだろうなぁ。妻からは私がかなり早く金浦に着くので、隣接するロッテマートでジュンスのアルバム買っておけと指令が出ています。ちゃんとポスターももらえとか、おまけを引き出せとか。できるわけないやん・・・。Google翻訳に大活躍してもらわな(-o-;;

2015-02-20

[][]KATO製DD13初期形

 久々のNゲージの車両の話題です。この前の記事は昨年12月のKATO製D51一次形でしたから、もう2カ月空いてしまいました。その間車両の増備が全くなされていなかった分けでは無く、面倒なので書いてなかっただけですが(^^;;

 さて、DD13は本線での列車牽引用ではなくヤード(操車場)での貨車や客車の入換作業を主たる目的として設計され1958年から投入されたディーゼル機関車です。形態の違いなどもありますが全数で416両が製造されました。小さな車体にグレーとオレンジの塗り分けが可愛らしく、私の子供時代にはちょっと大きな駅の操車場であればどこでも見る事が出来た車両です。華やかさはありませんが、その後のDD51などの開発などではこのDD13で得られたデータや経験が大いに活用されたと言われています。国鉄末期には貨車支線や操車場の廃止などで余剰となり急速に廃車が進んで1987年3月末までに全車が廃車となっています。

f:id:Lavista:20150220154139j:image:w480

 模型はKATO製です。Nゲージの歴史の中でこのDD13は結構古くからありました。最初に発売していたのはTOMIXでしたが香港製でディテールの荒い製品でした。また小型モータが無かった時代でしたので、蒸気機関車と同じく1/150のNゲージの縮尺よりは相当大きく作られていました。その後KATOから前照灯が2灯の後期形(100番台以降)が発売され、それが随分小さく感じられましたが、そのKATOの後期形ですら1/150より大きかったようです。この初期形は2013年7月末に発売された製品で、さすがにほぼスケール通りの仕上がりとなっているようです。走行性能も素晴らしく、かなりの低速で走行します。これなら模型でも実物と同じヤードでの入れ替え作業をしっかりこなしてくれそうです。

 実はこの製品を購入したのは昨年の8月でした。新品もまだ店頭で買えるところがあったのですが、ヤフオクで3,000円で出品されていてたので入札。他に誰も応札しなかったので3,000円で入手してしまいました。良い買い物だったと思いますが、なぜその時に紹介しなかったかと言うと、DCC化をどうするか色々悩んでそれを解決したら書こうと思っていて今になってしまいました。で、こうやって書いている以上、DCC化は完了した分けですが、どうやってDCC化したかというと、DCC基板のDN163K4aを使いました。この製品は多くのKATO製の電気機関車ディーゼル機関車に対応していますが、DD13は対応機種に含まれていません。でも、DE10が対応機種となっておりDE10のLED基板とDD13のそれを見比べてみると寸法的にはほぼ同じように見えました。そういう分けで一か八かで(本当はDD13に入らなければEF65に載せれば良いというバックアッププランがちゃんとありましたが)トライしてみました。

 LED基板とDN163K4aを入れ替えただけだと、モーター付近のダイキャストブロックと接触してしまい基板が盛り上がってしまって、そのままボディを載せると運転席部分が浮いてしまいました、DN163K4aの基板とダイキャストブロックが接触している部分はごくわずかだったので当初基板側を削ろうと思っていましたが(パターンを見ると削っても問題なさそうに思えたので)、DD13の分解方法を紹介しているサイトを見て、それに従ったら簡単に分解・組立てができたため、基板を削るというリスクはとらず、ダイキャストブロック側を削る事にしました。削る量はごくわずかなので、相棒13の16話の録画を横目で見ながら、30分程度で完了。再組立てしてオリジナルのLED基板で正常に動作する事を確認してから、DN163K4aに換装しました。ただオリジナルのLED基板とモーターの端子を接続する導通板はDD13の場合LED基板にハンダ付されていました。東京の社宅にはハンダゴテが無いので、無謀にも使い捨てライターであぶって(タバコ吸わないのになぜかライターはあった)ハンダが溶けたと思った瞬間にヤットコで導通板をLED基板から引きはがすという暴挙を行いました。良い子は絶対に真似しないでくださいね。DN163K4aに換装して線路に恐る恐る乗せデコーダーのアドレスを読みだすと、設定されていたアドレスの650番を無事に読み出しました(この基板はEF65に最初つけていたので、そのアドレスを表示した)。DD13として130番のアドレスをセットしなおして動作確認。直流での運転よりもさらに低速で安定して走り、良い感じです(^-^)b 前照灯の点灯・消灯、前後進での切り替わりも正常で、DCCデコーダーの搭載は無事完了しました\(^0^)/

 さて、これで本務運用に入れるので、ナンバープレートとメーカー銘板を取り付けようとしたのですが、銘板に何が印刷されているか小さくて見えません。iPhoneのカメラで拡大してみてみると、「汽車会社」と「日本車両」の2種類のようです。ここで説明書を見てみるとビンゴでした。とりあえず日立が無いのでどっちでも良いやという事で、汽車会社の銘板とDD1358のナンバープレートを付けましたが、正直DCCデコーダーを搭載する工作よりも、老眼にはこの銘板とナンバープレート取り付けの方がはるかに難易度の高い工作でした。

 これで、我が家に在籍する蒸気機関車以外のずべての機関車(といっても電気機関車2両とこのDD13だけですが)、電車は全てDCC化が完了しました。気動車はDCCフレンドリーではないキハ58系だけ残っています。残った機種は程度の差こそあれ工作にハンダ付が必要なので、今後工具を揃えてから取り組むつもりです。さすがにライターでハンダ付はできませんからね(^^;;

[][]LIVE TOUR 2015 〜WITH〜 福岡公演2日目、札幌公演

 だいぶ遅くなりましたが、標題のライブを観覧してきましたので、レポートいたします。今回はライブにまつわる話も多々ありますが、このエントリではライブの話に絞ってお伝えします。

 さて、まずはいつものようにステージセットについて。今回はドームツアーという事で、スタジアムのスコアボード側にステージが作られ、セカンドベース付近がセンターステージに、そしてホームベース付近がバックステージという形になりますが、福岡で最初に会場を見た時に違和感がありました。センターステージはあるのですが、花道が全くありません。バックステージにはステージが置かれるようなスペースが空いているだけ。でも、まぁこれは多分センターステージ(あるいはその一部)が移動して行くのだろうというのは、JYjのライブで見ていたのですぐにピンときました。が、センターステージにはどうやって移動するのだろうか?MIROTICの時のようにワイヤーにぶら下がって・・・というのも一回は良いかも知れないけど何度もというのは無いだろうし・・・。一方メインステージは例によってセンター奥に大きなスクリーンがあり、その左右にサブスクリーンが配置されるといういつものパターンで、福岡、札幌ともサブスクリーンのさらに左右にサブサブスクリーンが配置されていました。サブスクリーンの前には高い位置にサブステージがあり、メインステージとはリフトで登り降りすることが出来、サブスクリーンの下の部分は開閉式になっていて、スクリーンの裏から現れたりできるようになっていました。メインステージのスクリーンの前は階段状になっていてそこにバンドが配置されていました。また、その階段の奥からメンバーやダンサーさんが出入りができるようにもなっていました。なお、札幌で気が付いたのですがメインスクリーンは平面ではなく湾曲してました。で、肝心のセンターステージへの花道ですが、メインステージの端にブリッジが貼りついていて、これが中央を支点に扇形に閉じてセンターステージにつながる花道になるようになっていました。またこのブリッジの支点部分はせり台になっていてこの上で歌を歌う事もありました。センターステージは後ろ半分が移動してバックステージになる仕組みになっており、またバックステージの後ろには日産スタジアムでも使われた天高く登るリフトが2台用意されていました(あれ怖いだろうなぁ)。

 ところで、今回のツアーでは日産スタジアムで使われたのと同じ仕組みのリストバンド式の発光器具が演出で使われています。今丁度サザンオールスターズ年越しライブの録画を見ていたのですが、ここでも同じ仕組みの物が使われていて最近の流行のようですね。東方神起の場合、いつもの赤いスティックライトがあるので、スクリーンで「RED OFF」「RED ON」の指示が出ますが、なかなか赤を消さない輩がいたり、途中で赤を点けちゃったりする輩も多いので、むしろ赤いスティックは持ち込み禁止にした方が演出者側の思い通りになるのではないかとも思うのですが、きっとあの赤いスティックの電池の入る発光部分は相当数まだ在庫があるのでしょうね。未だに10年前のデビュー時から同じものを使い続けてるわけですから・・・。まぁあの2009年の出来事が無ければ、もっと早く無くなっていたのは間違いないでしょうけど・・・。

 オープニングはグランドキャニオン風の場所の秘密基地のような施設に居る二人が赤いスティングレイと黒いマスタングに乗り込んで疾走するシーンからスタートします。男の子って乗り物好きですよね。ジュンスのソロコンサートも青いランボルギーニでしたし(ま、私も飛行機、鉄道、自動車大好きですけど)。で、2台の車が交錯したあとスピンターンしてスクリーンに突進してきたとたん、爆竹が派手に鳴ってその煙の奥からサブスクリーンからはみ出すように実車が登場し、二人が下りて来てライブがスタート!この演出は中々カッコイイです(^-^)b オープニングのRefuse to loseからSpinningのつながりはアルバムと同じで聴きなれているので、すぐにライブにのめり込めました。セットリストはここに置いておきます(スミマセン、まだできてません)が、10年の節目の集大成的なのか、5人の時の歌も数多く歌われました。Love in the Iceは二人では無理だろうと思っていたのですが、これが意外に良くて実はビックリしています。またRising Sunは中間のスロー部分が大幅にアレンジされてカッコよくなっていました。スクリーンには太陽やプロミネンスの映像が映し出され、ステージ上では炎が舞い上がり、もう最高の演出でした。「最先端が新しいのではなく、常に進化し続けるものが新しい」という話を聞いた事がありますが、そういう意味ではRising Sunも進化したわけです。この新しいRising Sunを5人でまた歌って欲しいなぁ・・・などと思ってしまいました。まぁ今更もう同じグループに戻るのは無理かも知れませんが、同じステージに立つ事はできるでしょうからコラボという形ででも実現して欲しいです。兵役の間の時が何か素晴らしい働きをしてくれることを期待しているのですけどね(^^;;

 今まではダンサー紹介とバンド紹介は別々でしたが、今回はダンサーとバンドの紹介が組み合わされていました。さらにその紹介中も東方神起の二人がバックステージを踊り歌いながら歩き回るシーンがスクリーンには映し出され、またユノが突然サブスクリーンの前に現れたりと、いつもならトイレタイムだったこの時間にトイレに行けなくなってしまったわけです。ただ、スクリーンに映し出されているバックステージの様子は事前に収録された映像でしたね。福岡の時は気が付きませんでしたが、札幌でも全く同じ映像が流れていました。さすがに楽屋の内装などまで福岡と札幌で同じなんてことはないでしょうからね。まぁ多分福岡で2日見ていれば気が付いたでしょうけど。

 今回はMCは結構あっさりした感じですね。WITHの意味の説明からスタート。今回のツアーでは日本のギャグはどぶろっくの「もしかしてだけど〜」が使われています。「もしかしてだけど〜、もしかしてだけど〜、向うでおいらを誘ってるんじゃないの〜」でバックステージに移動するって感じです。またトークをミスったり日本語がおかしくなったりすると、ユノがマッチ棒と言って直立するのですが、誰かこんなギャグやってるんですかね?福岡では一瞬の出来事だったので何か良く分かりませんでしたが、札幌では効果音まで付いて何度もやるので「あぁギャグのつもりなんだ」と理解しました。また、福岡の時はアルバム買っていない人には「帰れ」とユノがしかりつけていましたが、札幌では「今手を挙げた人、自慢できる事じゃありませんよ〜。是非買ってくださいね」とだいぶ下手に出るようになっていました。スタッフから注意されたのでしょうかね?あるいはチャンミンからかな?その他、福岡では「いつもライブは東京からスタートするのですが、今回は福岡からです。これは本当に良い事です」とチャンミンが言っていました、きっと食べ物の事でしょうね。札幌では「冬の札幌は食べ物が最高です」とはっきり言っていましたから。デビューした時から腹ペコ野郎でしたけど、未だに食欲旺盛なんだなぁと思いました。

 さて、エントリするまで期間が開いてしまったのでだいぶ忘れてしまっておりまして、この辺りでお許しいただきたいのですが、今回は期間があいただけでなく、札幌でライブが観れないかも知れない事態に陥ったり、福岡では遥かかなたの地にホテルを取らなければならなかったりで、ライブ以外にも色々あった事も影響しております。その辺りの事も実は書いておきたいのですが、時間が取れたらアップするつもりです。

2015-02-19

[][]iTunes 12.1.1.4リリース

 先日リリースされた64bit完全対応したというiTunesですが、Outlookとの同期ができないという不具合がありました(ブログに書いた記憶があったのですが、無いですね)が、本日リリースされた12.1.1.4で修正されました。改修点は以下の通り。

  1. オーディオ再生が断片化する問題が解消された。
  2. Microsoft OutlookiOS端末の連絡先・カレンダー同期に関わる不具合が修正された。
  3. 画面読み上げ機能の互換性が改善された。

 念のためOutlookのデータのバックアップを取ってからアップデートして同期させてみたところ、無事にデータの同期が行われているのが確認出来ました。ただ、前のバージョンからまた起動にもの凄く時間がかかるようになってしまっていましたが、これはそのままでした。一時期サクっと起動するようになっていたのに・・・残念です。

[]Jawbone UP紛失

 今朝、会社についてふと気が付くと左手首が何かスースーする事に気が付きました。風呂に入っているとき以外は肌身離さずつけているJawbone UPが無くなっていました。ガーン!!!!! 今朝最寄駅から新宿までの電車が酷く混んでいたので、きっとそこで落としたようです。今までも満員電車で気が付くと外れかかっていた事は何度かありましたが、落としてしまった、しかもそれに気が付かなかったのは初めてです。一日でも無いと困るので、早速昼休みにiPhoneからヨドバシの通販にアクセスしてみると、ラッキーな事に6,310円とずいぶん安いお値段に値下げされていました。きっと、無線接続の廉価版のUP moveが発売されたためでしょう。無線接続の上位版のUP24も12,120円に寝下がっていましたが、UP3のリリースも近いのでここは我慢してイヤホンジャックに挿して同期するUPを購入する事にしましたが、ここでちょっとひっかかるものがあり、Amazonでの価格を確認してみたところ、4,860円で販売されていました!ヨドバシはポイントで10%付きますが、それでも価格差約1,000円。ヨドバシは当日配達なのに対してAmazonは翌日配達ですが、1,000円も差があれば1日は待てますので、ヨドバシのカートから削除して速攻Ammazonで発注しました。もう出荷されていますので明日受け取るだけです。ただ5,000円弱とはいえ予定外の出費はイタイです(T_T)

[][][][]明日は年休です

 ちょっと仕事がひと段落した事と、来週からまた忙しくなる事。さらに2月28日(土)も出勤しなければならなくなったので、明日年休を取る事にしました。今月の土日は東方神起のツアーでずっと出ているので、その疲れも結構たまってきていましたので、丁度良いタイミングでした。また、今度の日曜日には大学の空手部OB会のパーティーでスターライツが演奏する事になっているのですが、2月に入ってから所属している3つのバンドのどこの練習にも出れていないので、ほぼ毎日音は出しているとはいえ、ちゃんと演奏できるかという不安もありましたので、料金の安い平日の貸スタジオを予約して練習しようという目論見もありましたので。そういう分けで明日は朝から2時間スタジオでトランペットの練習をしてから、平日なので西新宿のきんもちカレーに昼食をとりに行く予定でいます(^-^)v

2015-02-14

[][]観に行けないかも

 昨日のエントリで日曜日に帰れないかも、と書きましたが、それどころではなく札幌に行けないかも知れない状況になっております。現在、新千歳空港は積雪のためクローズされており、私の搭乗した便は1時間羽田で待機しましたが離陸できず、私は一旦降機してラウンジに戻って来ています。前に飛び立った9:00発と9:30発の便は羽田に引き返してきているようです。一応12:30出発の予定になってはいますが、飛ぶかどうかも分かりません(^^;;

 しかし羽田のラウンジでビール飲み過ぎてもうふらふらなんですけど…(^^;;

【追記】出発時刻がさらに遅れて13:30に。もう飛ばないと言ってくれた方が、諦めもつくのだが…。

【追記2】3時間半遅れで無事に新千歳空港に着陸。札幌へ向けて移動してます。

【追記3】札幌ドームにたどり着きました(^-^)v

2015-02-13

[][][]明日から札幌へ

 福岡ヤフオクドームの観覧の様子も書かないうちに一週間が経過し、明日から札幌行きとなってしまいました。年明けから来年度予算や今期仕上がり予測など業績関係の仕事で残業が続いていて、精神的に余裕が無くライブの様子がアップできておらず申し訳ございません。札幌から帰ってきたら何とかアップしたいと思っておりますが、さてどうなる事やら。その前にどうもこの週末は北海道はかなりの荒天のようです。全日空では既に本日の千歳行きフライトでも欠航が出ているようです。まぁこんな事もあろうかと明日のフライトは早い時間にしており、遅延や欠航によるフライト変更でも飛びさえすれば何とかたどり着けるようにしていまるのですが・・・。またさらにビクビクしているのが15日(日)の天気が「暴風雪」となっている事です。ひょっとして日曜日に東京に帰れない可能性も無きにしも非ず。仕事的には月曜日は重要なイベントは無いので帰れなくてもまぁ良いかとは思ってはいるのですが、1日休むとその後にしわ寄せが来ますので。

 で、ライブについて一つだけ書いておきます。既に情報は流れていると思いますが、最初のエンドロールでは帰り支度はしてはいけませんよ。私はエンドロールが流れ出してすぐ、3時間半の長丁場でしたので「やれやれ」と席に座って、リストバンドを外してスティックライトと一緒に鞄にしまったのですが、そのとたんに・・・(^^;; まさしく「やられた」って感じでした。あと、アルバムは事前に購入してからライブに行ってくださいね。買ってないとユノに「帰れ」と怒られますから(^-^)