Hatena::ブログ(Diary)

Lavistaの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-10-12

[][][]3連休なれど

 3連休ですが、台風接近中。日本に張り出した高気圧のためか進行が遅れているようですが、明日の22時頃から東京都心でも7m以上の風速が予測されています。ところで、明日は午後と夜にそれぞれバンドの練習が入っております。午後の分はまだ大丈夫でしょうけど、夜の練習は21時頃終了なので、帰りがちょっと心配ではあります。なお、この3連休、初日の土曜日は午後はバンド練習がありそれに参加。本日は神宮球場東京六大学野球で母校の立教大学の応援に行ってきました。立教大学は今シーズン破竹の4連勝で今週は対東大戦。安パイのはずの東大に1回裏ツーランホームランで先制される厳しい出だしでしたが、最終的には6対3で勝利。無敗で勝ち点3をもぎ取りました。残るは早稲田、明治の2校。できれば優勝して祝賀会で校歌、応援歌を思いっきり演奏したいところであります。

2014-10-11

[]一応ご報告

 Yahoo!先行とセブンイレブン先行で申し込んでいた、東京ドーム京セラドームはどちらも落選しました。a-ticket先行が始まっており、東京ドームのプレミアム一択で申し込みましたが、何というか、当たりそうな気がしませんorz

2014-10-10

[][]PASMOをケースに忍ばせて

 ebayで香港に発注したiPhone6用スリムハードケースですが、そろそろ4週間経過しますがまだ届きません。ebayからは1カ月経過しないとショップへの問い合わせもキャンセルも出来ないようで(昔は違っていたと思うんですが)、もう少し辛抱しなければなりません。で、以前に購入したシリコンケースを使っています。滑らないのは良いのですが、素材の厚みがありすぎてせっかくの薄いiPhone6の良さを台無しにしてしまっている感じです。このケース、SuicaPASMOなどのICカードを入れる事ができるのはこちらで書きましたが、PASMOをケースに入れると、PASORIも反応しないし京王バスのICカードリーダーでも読み取れなかった事は既に書きました。その後シリコンケースのパッケージをよ〜く見ると小さな文字で、

<ご注意>

※非接触型のICカード利用時は読み取りエラー防止のため、市販の防磁シートをiPhoneICカードの間に挟んでご使用ください。

と書いてあるではありませんか!なぜ、これを一段小さな文字で書かなければならないのか理解できませんし、いっその事防磁シートを一緒につけて販売すれば良いのにとも思うわけですが。

で、香港からケースが届かないので、その防磁シートというのを買ってみました。購入したのはこれです。この手の製品はこのようなカードタイプの物やシート、さらにはシールなどがありますがPASMO定期券にもなっているので定期券更新時に問題が出ると困るのでシールは除外。シートとカードでどちらが良いか悩みましたが、カードタイプの方が使いやすそうと思ってこれにしました。まだ京王バスでは使っていませんが、都営新宿線、大江戸線、京王電鉄の改札機では正常に読み取れています。しかし、この手のケースが出た時に「こんなダサい使い方、絶対せぇへんわ」などと自分で言っていたのですが、こんな事になるとはトホホ。ドコモおサイフケータイジャケット01も気になりますが、モバイルSuicaに対応する予定が無い事と、厚みが4.2mmもあるのが残念です。この4.2mmという厚みは何と充電用のmicroUSB端子の厚みだそうです。専用端子とか、あるいは非接触充電のQiなどを採用して、もっと薄くしてくれたらなぁと思っています。モバイルSuicaの対応とより薄い(希望的には2mm未満)おサイフケータイジャケット02の発売を待ちたいと思います。

[][]まだまだ捨てたもんじゃない

 産経新聞の前ソウル支局長が起訴された事件ですが、韓国でもこの起訴を否定的に報道するメディアもあるようです。正常な判断ができる人が居るようで、まだまだ捨てたもんでは無いですね。私が韓国に行きだしたのは2008年から。当時、電車の中で若者がさっと年配者に席を譲るのを見て感激したものですが、その一方で年配者が偉そうに割り込んで来たり、椅子に座って大きく股を開いたりして偉そうにしているのを見て、辟易したものでした。しかし韓国社会の精神的堕落は一気に進んだようで、ここの所は電車の車内で席を譲るシーンは全く見なくなりました。それでも、今回の渡韓では優先席が空いていても若者がそこの座る事が無かったのを見て「まだ捨てたもんじゃない」と思ったのですが、今回の事件の報道でも同様に思ったのでした。基本的には韓国は好きではないのですが、見習うべきところはあると思います。

2014-10-08

[][][]江南韓流フェスティバル その2

 先日の街路灯に下がる垂れ幕の写真ですが、iPhone6Safariで見ると横に寝てますねぇ(-o-;; まぁPCで見るとちゃんと縦に見えているのでそのままにしておきますが、この後にアップする写真もいくつかはiPhoneでは横向きに表示されてしまう事になるでしょう。ご了承ください。

 さて、スタディングエリアに入った後ですが、前の方に行こうとしたところ、妻がジュンスが後ろで踊るから後ろに居るというので、妻のそばに陣取る事にしました。まぁスタンディングとはいえ周囲はほとんど日本人(他若干名の白人)だったので、精神的にはリラックスしていました。ステージの全体像は良く分からないのですが、メインステージとそこから延びる長い花道。花道の突端はT字形あるいはY字形になっていたようです。メインステージとT字形(あるいはY字形)バックステージにはセリ台があり登場や退場に利用されました。また花道の中央あたりからもメンバーやダンサーが出てくる事がありました。メインステージ奥には3人が乗れるリフトがあり、その後ろには大きなスクリーンが配置されていましたが、スクリーンはこれ一つでした。

 ステージは予定通り19:00からスタート。多分道路を占拠してステージが作られていたので、時間通りに進行して決まった時間に道路に戻さないと行けなかったのでしょう。が、15:30からずっと立ち続けていたので、ライブが始まった時点で既に3時間半も立ちっぱなしで既に結構疲労しておりましたが、ライブが始まると周囲の女性たちは一気に元気になったようで凄い盛り上がりです。ただ、スタンディングエリアは満杯に近い状況だったので、エリア内を大きく移動することはあまりありませんでした。また、花道は結構高さがあったため、どこに居ても結構メンバーはよく見えました。ただ、メインステージはちょっと遠かったですね。また屋外なので音響には期待してはいませんでしたが、ウーファーが効きすぎていて、低音で体が震えるほどで低音は音が割れてしまっており、何のためにリハを行ったのかと思われる悲惨な音響でした。

 セットリストは後日アップロードしますが、構成的には8月に行われたアジアツアーの最初の公演とよく似ていたと思います。なお、今回は写真やビデオ撮影は制限されていませんでしたので何枚か写真をとりました。以下アップロードいたしますが、動きの少ないユチョン以外はあまり良く撮れていませんでした(^^;;

f:id:Lavista:20141008205349j:image:w360

f:id:Lavista:20141008205345j:image:w360

f:id:Lavista:20141008205343j:image:w360

f:id:Lavista:20141008205340j:image:w360

 なお、デジカメでTarantallegraの動画を撮影したのですが、先に書きましたように低音の音量が大きすぎて、音が悲惨な状態です。まるで昔の済州島での中韓音楽祭のMIROTICなどのような状態でした(^^;; フォーカスもあまり良くないので個人的には削除してしまいたいですが、もし希望があればYoutubeにアップします。

 さて、ライブは2時間で終了しましたが、終了後なかなかスタンディングエリアから出してもらえず。外に出て夕食の焼肉屋に入って椅子に座ったのが21:30頃。15:30から6時間立ちっぱなしでした。未だに足腰にダメージが残っております(-o-;; まぁ、JYjには色々な経験をさせてもらいましたので、このくらい大した事はありませんけどね。

2014-10-07

[]チケット支払い完了

 Bigeast先行のチケット代金の支払いが今日まででした。慌ててセブンイレブンで支払ってきました。ところで、支払った直後に支払い完了メールが届いたのにはビックリしました。リアルタイムに支払い状況が把握できるというのは、なかなか優れたシステムです。どんな仕組みになっているか興味があります。

[][][][]江南韓流フェスティバル その1

 一気に書こうと思っていたのですが、6時間立ち遠しだったダメージが以外に大きく、気力が続かないので小出しにさせていただきます。まずは韓国到着からライブ会場入場までのグダグダを書きたいと思います。ライブの事にしか興味のない方は、明日以降をお待ちください。

 今回はイベントは例によってLOOK KOREAがとりまとめでしたが、航空券までついたパッケージの他にホテルプランとエリア確保プランという物があったようです。私は妻に任せていましたが、航空券付のツアーは免税店や土産物店引き回しがあったりして自由時間が無いので却下しておりましたところ、ホテルプランが発表になったのでこれで申し込みました。ただ、結構直前の申し込みだったため私の方は遅い時間帯の飛行機しか取れず、妻とは夕食のコギコギ(豚焼肉のお店)での待ち合わせとなりました。20:30前に妻とお店に入って1時間後くらいに出たでしょうか。ちなみに、私はお店の前で1,000ウォン札を拾いました。その後地下鉄で土曜日の宿に向かいました。こちらはLOOK KOREAによるホテルプランではない自前で予約したホテルです。部屋は広くはありませんでしたが、綺麗で清潔なホテルでした。ただ、壁が薄いのか廊下の音がわりとよく聞こえる感じでした。1階にはカフェのようなものもあり、ホテルを出るとすぐに数件カフェもあり、地下鉄の駅にも近い便利なホテルでした。ここで日曜日の昼までグダグダ過ごしました。

 翌日昼にホテルをチェックアウトしてからLOOK KOREA手配の宿に徒歩で移動しました。チェックインはできないと思っていたのですが、運よくすぐにチェックインができたので、荷物を部屋に置いてその足で会場近くのチケット受け取り場所に地下鉄で移動しました。会場近くの街路灯には以下の写真のような垂れ幕がかかっていました。

f:id:Lavista:20141005130850j:image:w360

 また会場は既に設営が終わっていました。

f:id:Lavista:20141005131334j:image:w360

 13:00からチケット配布という事でしたが到着したら13:00を過ぎていて既に列ができていました。で、例によって列がなかなか進みません。妻が退屈したのか「どんなふうにチケットを渡しているか見てくる」と言い残してすたすたと配布場所のテントの方に。しばらくして戻ってきて「手際が悪い!全く急いでいる感じがしない!」と憤慨していましたが、1時間ほどでようやくチケットを受け取りました。受け取ったのは他に首からかけるパス(のようなもの)、JYjのポスターともバナーとも分からないもの1枚。JYjのラベルの貼られたウェットティッシュ1個、JYjのラベルの貼られた水のペットボトル1本、コーヒー券2枚、CAFE PASCUCCIの紙袋に入った菓子パン2個でした。コーヒーの出前が来ていて、その場でコーヒー券でコーヒーをもらいましたが、まぁ例によって色のついたお湯のような味の薄いものでした。韓国のコーヒーについては書きたい事がありますので、別途書きます。その場で解散かと思ったら、集合について説明するので並べと言われ、チケット配布場所の前の列に並びました。その後道路を隔てたCOEXの前の広場に連れて行かれ「ここに15:30に来てください」と一言。「おいおい、そんなの地図の書かれた紙でも渡せば済む話でしょうよ。子供じゃないんだから。」と憤慨しつつ、その場からタクシーでホテルに一旦戻りました。ライブ前の腹ごなしで受け取ったパンを食べてみましたが、これが酷いっ!ぱっさぱさのパンで口の中の水分を全部持って行かれる感じで、ドリンクが無いと食べれません。味も無いのですが、その点は主催者側も認識していたのかイチゴジャムが付いていました。これを付けてホテルの部屋のコンプリメンタリのコーヒーで流し込みました。色々くっつけて少しでもビジネスを大きくしたいという気持ちは分からないでもないのですが、上等のサービスを付けれないなら、顧客に選択肢を与えないと不満が募るばかりだという事が理解できないんでしょうかね?

 ライブのための仕度(とい言っても私はジャケットを着ただけですが)をして、15:00過ぎにホテルを出てライブ会場に向かいましたが、到着したのは15:30を少し過ぎていたでしょうか。丁度これから列を作るという状態でした。列に並んでいると、道路を隔てたステージで何とJYjがリハを始めたではありませんか。一旦並んだ列はあっという間に崩れてしまいました。リハが終わってから再度並びなおして移動を始めたのは17:00頃だったしょうか。会場に向かうのかと思いきや、少し移動したところで一旦止まりました。この状態でまた1時間ほど経過。途中またも妻が退屈したのか「ちょっと見てくる」と言って列の先頭方向へすたすたと歩いて行きました。しばらくして戻ってきて「どうもこの場所で待機する事に関して、建物側と了解が取れていないらしく、警備員とLOOKの人が小競り合いしている」と話していました。でも妻は韓国語が分からないので、まぁ雰囲気から勝手に話を作っている可能性は大いにありますが(^^;; 会場に向かって歩き始めたのは18:00頃で、ライブ会場のA3エリアに入場したのは18:20頃だったと記憶しております。ふと考えてみると、私にとっては韓国初のスタンディングエリアでした。

 さて、この続きは明日以降に・・・。