Leo16@PGSMな日々


実写版『美少女戦士セーラームーン』ファンブログ ほぼ毎週末更新


はてなダイアリーガイドのロゴ画像 はてなダイアリーガイドのロゴ画像 はてなダイアリーガイドのロゴ画像 はてなダイアリーガイドのロゴ画像 はてなダイアリーガイドのロゴ画像


最新の記事〕 〔過去の記事〕 〔サイト説明〕 〔連絡先など

 | 

2009-07-18

【第211回】法律こわいの巻


ここしばらく、海外から送られてくる英文スパムメールって、ほとんど「マイケルの本当の死因を知りたい?」「誰が殺したマイケル・ジャクソン。犯人の名はここに→click」みたいなものが多かったが、最近は「マイケルは本当は死んでいない」「マイケルからの生きてますメッセージ動画がここに」的なものに変わってきましたね。みなさんの勤め先ではどうですか?

さて、土曜・日曜と仕事で外回りなので、今週は早めに更新します。内容もちょっと番外編的な話題で。


1. やはり例の番組について触れておくべきだろう。


いよいよ始まりましたね『ブザービート』。どうやら始まった端から、待ちかまえていたようにムチャクチャ言われている様子だ。たとえば、StreamKatoさんが前回のコメント欄に通報してくださった記事だと、こういう感じ。

13日に放送が始まった山下智久主演のフジテレビ系の月9ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』の初回視聴率が、15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分った。この数字は、月9史上最低平均視聴率10.49%を記録した中居正広主演の『婚カツ!』の初回視聴率16.3%を下回る数字である。皮肉にも、タイトル通り"崖っぷち"スタートとなった。

なんか『ブザー・ビート』というより『婚カツ!』の中居くんがひどい言われようじゃないか、という気もするが、まあいい。私の気持ちを正直に言えば、こんなふうに報道されようと、かつてのドキドキハラハラ感は、もはやない。余裕の構えである。

思えば『モップガール』や『太陽と海の教室』が始まったときは、もう気が気ではなかった。大手事務所のパワーバランスの中で、北川さんは沢尻さんのスリップストリームに入り、しばらくそのポジションで行くかに見えた。ところが沢尻さんが諸般の事情でピットインしたまま復帰の見通しがなくなり、ナンバーツードライバーだったはずの北川さんは、そのままトップを独走する態勢になってしまったのである(泉里香の趣味がF1観戦だというので、よく分からないままちょっと迎合するような比喩表現にしてみました)。これはフロックだ、と誰もが思った。この幸運がどこまで続くか、いつまた偶然の拍子に潮目が変わってしまうか、せめてそれまで、思わぬヘマをやって「ほらやっぱりあの子じゃ役不足よ」などと後ろ指さされることなどなければよいが、と、我々ファンは固唾をのんで見守っていたのだ。

f:id:Leo16:20090718035421j:image:h250:right

そして案の定、テレビスポットをがんがん打った初主演作『Dear Friends』(2007年)の興行収入は3億円(も行ったかな)だったし、『モップガール』(2007年)の平均視聴率10.2%はともかく、『太陽と海の教室』(2008年)の平均視聴率は14.5%だった。『ハンサム★スーツ』(2008年)の興収8億6千万円も、おそらく10億あたりを狙っていた配給側からすれば期待値に達していないと思うし、『真夏のオリオン』に至っては、おそらくそれを下回る6億円台にとどまりそうだ。

それなら、集客力はともかく、女優としての質はどうかと問われれば、『真夏のオリオン』の戦時中の娘役の演技に対する評価はさんざんだった、と答えるしかない。森田芳光がワキに回して使うと良いが、メインを張らせると持たない。ここでも、エリカ様の後継者と呼ぶには、まだまだ役不足、というのが客観的な評価だろう。

もちろん、北川景子はそんなにチマチマと短期間に成長するような女優じゃないので、こういった問題点にそのものついて、私はさほど心配していない。ただ、たぶん今の森光子さんくらいの歳に大成すると思うので、私は死んじゃっていて、国民栄誉賞を受ける北川さんが見られないことだけが心残りである。

いやそうじゃなくて、世間はやたらとかまびすしいから、今の北川さんは数字も取れなきゃ芝居もヘタ、こいつは何なんだとケチをつけて、それによって北川さんが萎縮してしまうことを懸念していたのである。何しろあのキャラクターなので、画に描いたような「出る杭は打たれる」状態が予想されたのだ。

f:id:Leo16:20090718040310j:image:h150:left

だがそれは杞憂だった。北川景子はどこまでも北川景子だった。レッドカーペットで芸人のギャグに受ければ豪快なオーバーアクトで拍手しまくり、食わず嫌い王ではサバを口いっぱいほおばって茶の間を震撼させ、トーク番組ではTPOをわきまえない(しかし筋の通った)発言を繰り返し、そしてドラマの芝居はあの調子で一向に上手くならない。いや、あのさ、私は決してけなしているつもりはないんだ。いろいろプレッシャーもあって大変だろうけどさ、そのうえで北川景子は今を楽しんでいるのだ。

では「北川景子が楽しんでいる」かどうかを計測するバロメーターはどのへんにあるのか。かつて、実写版セーラームーンSpecial ActのDVDに特典映像として収められた、オールアップ時のコメントで、北川さんは「レイちゃんって呼んでください」と楽しそうに語っていた。旧ブログで、『Dear Friends』の撮影中の記事のなかに「リナです」という書き出しの記事があったはずだ。そして今回、2009年6月25日の北川ブログのタイトルは「どうも、莉子です」だった。

私の理解が正しければ、そのとき演じている役名で自称するのは、北川景子がノっている証拠である。以前『ザ・テレビジョン』に掲載されたインタビューで、彼女は、色々な役を演じるのが楽しい、いつまでもモップガールの桃子のイメージにとどまるつもりはない、新しい役に出会うたび、自分の中のまた別な側面を引き出せるようでありたい、と語っていた。だいぶ以前に立ち読みしたときの記憶だけに基づいているので、正確な引用ではないが、内容はそういうことだったはずだ。

それで、彼女が映画にこだわる理由の一端が、ちょっと分かった気がした。一定期間、他に別の仕事を入れずに集中してひとつの役になりきり、終わったらそれを脱ぎ捨てるように別の役に移る、というパターンの仕事を組もうと思ったら、やっぱりドラマより映画女優なのかも知れない。

人間は本来、一生にひとつの人生しか送れないが、俳優だけは舞台に上がるたびに様々な人生を体験できる、ゆえに俳優は特権的な職業だ。と(いうようなことを)言っていたのは、確かアルベール・カミュだったはずだ(これまたうろ覚えでスンマセン)。北川景子は、まさしくそのような意味において女優という仕事を愛しているのだし、ブログを読む限り、今回は『太陽と海の教室』の時のようにああだこうだと逡巡することなく、すっぱり割り切ってバイオリン弾きの卵という役柄に入り込んでいるように見える。

とにかくノっている。だからサービス精神も旺盛だ。みんなが期待する変顔も見せるし、朝のめざめのシーンでは、誰も期待していないリアリズムに満ちた寝起きの顔を作るし、周囲が止めたくなるような胸チラのセクシー・ショットまで積極的に披露して、第1話から怒濤の快進撃。

f:id:Leo16:20090716233838j:image:h130 f:id:Leo16:20090716234600j:image:h130 f:id:Leo16:20090716234601j:image:h130

もう、こうなったら、これっきりだと思って好き放題やっていただいて、これまた封印作品にする、という手もある。『モップガール』『太陽と海の教室』に続いて封印作品にしちゃって、とにかく北川景子が出るドラマはDVDにならないから、放送を見なくちゃ、という空気を煽るのもいい。StreamKatoさんは嫌がっているが。

『太陽と海の教室』は全10話だったが、たしか第7話で「あれっ、これソフト化する気はないのかな?」と思ったことを憶えている。次原雪乃(大政旬)が田幡八朗(濱田岳)に自殺をほのめかすあたりで「サウンド・オブ・サイレンス」が流れるのだ。サイモンとガーファンクルなんて超大物の超有名な楽曲を、オリジナルソングのままDVDに使おうと思ったら、とんでもない使用料が発生するはずである。だからあのドラマは、折り返し点を過ぎたあたりで、すでに「DVD化せず」という判断が降りていたのだろうと思う。

今度の『ブザー・ビート』も、第6話か第7話で、相武紗季と北川景子の間で揺れ動く山Pの後ろ姿に「レットイットビー」かなんか流れ始めたら、ソフト化はされないものと考えておいた方が良いね。

『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』については、まだ書きたいことが色々あるんだけど、あと3ヶ月は続くんで、とりあえず今回はここまで。

ところで私、小松彩夏は最初に観てわかったけれども、杉本有美は、一回観ただけでは分からなかった。でも杉本さんのブログのコメント欄の方々は、みんな「有美ちゃん、すぐ分かったよ」と書いている。やっぱりファンってありがたいですね。(と私が言ってどうする、という気もするが)



2. 法規制の話(その1)


f:id:Leo16:20090718055307j:image:h150:right

さて、強引に次の(ぜんぜん関係のない)話題に行くが、杉本有美さんがゴーオンシルバー・須塔美羽として『炎神戦隊ゴーオンジャー』に初登場したのは、第17話「正義ノツバサ」であった。兄のゴーオンゴールドこと須塔大翔(徳山秀典)と二人、ゴーオンウイングスとして登場、短剣型の武器「ロケットダガー」で敵を颯爽と倒してみせた。

ところが、なんとその回がオンエアされたのと同じ、2008年6月8日の正午過ぎ、25歳の青年が2トントラックで秋葉原の歩行者天国に突っ込み、「ダガーナイフ」で無差別に人々を殺傷するという事件が起こる。いわゆる「秋葉原通り魔事件」である。そのためゴーオンジャーの「ロケットダガー」は急遽「ロケットブースター」へと名称変更となり、そのせいでバンダイの玩具発売は、予定より一ヶ月ほど遅れてしまったという。

この犯人は、犯行2日前に、実際に殺傷に使った「ダガーナイフ」を含め、6本ものナイフを専門店で購入していた。そういう事実などが報道されると、世論はナイフ所持の規制強化へと一気に傾く。そして2009年1月5日から、新しい銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)が施行されることになった。

この改正法、具体的にどこが変わったかというと、所持禁止の対象が「刃渡り15センチメートル以上の剣」から、「刃渡り5.5センチメートル以上の剣」へと、刃の長さが引き下げられたのである。この「剣」というのは「柄を付けて用いる左右均整の形状をした諸刃の鋼質性の刃物であって、先端部が著しく鋭く、本来殺傷の用具としての機能を有するもの」だそうだ。つまり果物ナイフや包丁のような片刃ではなく、両刃で柄がついて、いかにも武器っぽいナイフです。具体的には「ダガーナイフやブーツナイフ、ダイバーズナイフ、スローイングナイフ等の名称で販売されている」ものだそうです。

しかし、2009年1月にこの新しい法が施行されるとして、それ以前に刃渡り5.5センチメートル以上の刃物を購入している人はどうなるのだろうか。私は、それは取り締まれないだろうと思っていた。だって買ったその時点ではまったく合法的だったわけだし、それ相応の金を払って自分の財産としたものではないですか。後から法律を変えてそれを奪う権利はない。

と思ったんだけど、でもそうではないのである。警察庁の銃刀法改正のホームページによれば、刃渡り5.5センチメートル以上のダガーナイフやダイバーズナイフを所持している人は、半年ほどの猶予期間の間に、すみやかに所持許可の手続きを受けるか、ナイフを廃棄するかしなくてはいけない。そうしないと、2009年7月5日以降は、たとえ以前から持っているナイフでも不法所持の対象と見なされ、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられるのである。う〜ん、そうだったのか。

さて、前置きが長くなったが、私の知り合いのパンツエッタ・バンジョルノさん(本人のご希望もあり仮名)がやはり、そういう「刃渡り5.5センチメートル以上の剣」、具体的にはダイバーズナイフの所有者なのだ。破棄すべきなのだろうが、永らく所持した愛着ある一品で、そう簡単には処分できない。

そこでパンツエッタ・バンジョルノさん(仮名)は考えた。だったら「先端部が著しく鋭く、本来殺傷の用具としての機能を有するもの」という部分を自力でクリアしてしまえば良いのだ。そしてこうなった。

f:id:Leo16:20090716233836j:image:h150 f:id:Leo16:20090716233837j:image:h150

f:id:Leo16:20090717001904j:image:h250:right

すっすごいぞパンツエッタさん。ナイフの先端部をちょん切って、さらには丸めてしまったのである。阿部定である。JOHNENである。で、一応、これでいいかどうか、警察に確認に行かれたんだそうだ。

最初は何も問題なさそうで、警察の方と和やかに談笑して、それで終わるかに見えた。ところが、途中から雲行きが怪しくなって、結局、あらためて県警本部の確認を取ってから、後日連絡するということになった。

どこが問題だったかというと「自分で先端を削れるということは、また先端を尖らすことが出来るということで、 もしかしたら法律に引っかかるかもしれません」 だそうだ。えっ?「また先端を尖らすことが出来る」とアウトなんですか?

しかし、ある方がパンツエッタ・バンジョルノさん(仮名)のブログのコメント欄で指摘されていたように、そんな理屈が通用するなら、そういう機器と技術を持った人にとっては、単なる鉄板も違法ってことになりかねない。そしてそのうちホームセンターでグラインダーを買っても逮捕されちゃうかも知れないのだ。これはこれで怖ろしいですね。

しかし幸い、その後、警察から「問題なし」の連絡があり、パンツェッタさん(仮名)は晴れてこの阿部定ナイフを所有できることになったそうである。めでたしめでたし。


2. 法規制の話その2


一方、めでたくないのがLeo16さんだ。Leo16さんは、って私だが、前回の記事を書くにあたってあれこれ世話になった方のブログの、最近の記事を読んでびっくりした。児童ポルノ法の話題だ。

世事にうといLeo16さんだって、そういうものがあるってことは知っていたし、二人の子供を持つ親として、取り締まりたくなる気持ちは分からなくもない。ただ、そもそも児童を素材にしたポルノ的表現が、実際に性犯罪の温床になっているかどうかを検証したデータを見たことがないので、なんとも言えませんね、という立場だった。そうしたら、世間はもはや、そんな生やさしい状況にはなかったのである。

わが国の児童ポルノ法案は、ユニセフの提案を受け、超党派の議員たちによって、「児童買春・児童ポルノ処罰法」として1998年に提出され、翌年に成立している。内容は「児童ポルノを頒布、販売、製造等することの禁止」で、これを犯したら3年以下の懲役又は300万円以下の罰金である。それが今年に入り(1)実写作品に限らず、漫画・アニメ・ゲームなども規制対象となることを明確化する、(2)頒布・販売・製造に限らず、所持している人も処罰の対象とする、という方針に沿って法改正する話が進んでいるらしいのだ。

しかしそもそも「児童ポルノ」ってどう定義されるのか。

一  児童(18歳未満)を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態(1号ポルノ)

二  他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの(2号ポルノ)

三  衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの(3号ポルノ)

うわ。1号2号がダメという理屈は分かるが、3号はあまりにも曖昧ですよね「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態」である。「一部を着けない」とはどの程度なのか。「性欲を興奮させ又は刺激するもの」っていうのも、主観的だしね。

f:id:Leo16:20090718042359j:image:h200:right

この曖昧な「3号」定義はそのままに、ユニセフとかアグネス・チャンさんとか、そういう方々が「単純所持(個人で見るためだけの所有)も禁止、パソコン内に画像を所有していてもダメ、アニメ・マンガ・ゲームに対しても規制をかけて、児童ポルノを根絶させるべき」と訴えていて、与党の中にもそれに同調する動きが起こり、今回の国会で、いよいよ審議にかかったそうだ。が、結局のところ麻生内閣の解散劇で、この法案はひとまず廃案になって、ヤレヤレとなった。

なったわけだが、もしこのまま成立していたら、これもさっきのダガーナイフの銃刀法と同じルールが適用されていたという。つまり、現在そういうものを所持している人は、新法案が成立したら、一年の猶予期間のうちに、持っている児童ポルノすべてをすみやかに破棄しなくてはいけない。もし期限を過ぎてもこっそり隠し持っていたら、懲役か罰金、ということである。

f:id:Leo16:20090716233835j:image:h170:left

う〜ん、とLeo16さんは考えたね。たとえばアニメのセーラームーンのちびうさの画像だったら、Leo16さんはハードディスクドライブのなかにいっぱい持っているんだ。最近はいつ何時ブログのネタに必要になるか分からないので、実写版に限らず、ちょこちょこ画像をキャプチャしちゃってさ。みなさんはどう思いますか?このちびうさは、3号ポルノに該当するだろうか。

最初、確かにこの画像はパンツは見えているが、別に服を着ていないわけじゃない、つまり「衣服の全部又は一部を着けない児童」ではない。だからOKだと思っていたんだ。でもよく見ると、ちびうさのお腹のあたりの制服が、敵の攻撃のせいで、ちょっと裂けてるんだよね。ゲッ、やばいじゃん。

さらに第二の定義、つまり「性欲を興奮させ又は刺激するもの」に該当するだろうか。私は「興奮」も「刺激」もないつもりでいたが、あらためて考えながら眺めていると、なんだかへんな気分になっちゃうよ。実際、こういう画像に萌える人もいるんだろう。じゃあダメじゃん。

少なくとも私は、目の前にアグネス・チャンがやってきて「あなたこれ児童ポルノでしょう」と、あの変な日本語で迫られたら、抗弁できない。逆にアグネスに向かって「あなたこそ以前『ひなげしのキョンシー』って邦題の香港映画に出てたでしょ。リリース直前にあなたの事務所の圧力で回収になった幻のビデオだけれど、何でも香港製忍者映画の冒頭とラストに、うんと若い頃のあなたがパンチラで駆けている映像を脈絡なくつないだだけって話じゃないですか。あなたそのとき、18歳以上でしたか?どうでしたかっ!」と詰め寄るだけの勇気は、私にはない。無駄な知識である。

そうするとやっぱり、ちびうさを児童ポルノと認めざるをえないのかなあ。それで私、懲役3年か

しかし実は、ここにもの凄いトリックがある。原作をよく読んでいる方はとっくにお気づきであろうが、本当はちびうさは900歳なのだ。幻の銀水晶の力で、30世紀の月や地球の人々はとんでもなく長寿なのである。ただ、ふつうは900歳ともなれば、もうすこし成長しているはずなのだが、ちびうさは特殊なので、そういう兆候が現われない。本人もそこにものすごくコンプレックスを抱いている。

どうだ。児童の定義が「18歳未満」である以上、ちびうさはたとえ全裸になろうが「児童ポルノ」ではない。まいったか!

と、思ったのだが、よく考えてみると、実写版の美少女戦士たちって、番組がスタートした当初、みんな18歳未満だった。18歳未満は児童か。いや待てよ。

f:id:Leo16:20090718045742j:image:h170 f:id:Leo16:20090718045741j:image:h170

ていうことは、こういう画像はどれも「衣服の一部を着けない児童の姿態」になるよね。そうすると、もしこれが「性欲を興奮させ又は刺激する」物件と認定されれば、3号ポルノである。ということは、えーと。

この後、政権が民主党側に移ろうが、児童ポルノ法案がふたたび審議にかけられる可能性は、そんなに低くないと思う。それでもし次に、今回出されたような取り締まり強化案が通ってしまったとしたら、こういうシーンが毎回のように出てくる実写版セーラームーンは封印作品となり、このブログをやっている私も児童ポルノ違反で摘発され、実写版のDVDは没収され、新聞に実名で載り、「3年以下の懲役又は300万円以下の罰金」に処せられるという事態もありうるのだ。それは困る。それは困るぞ。アニメのちびうさなんかで遊んでいる場合ではなかった。(遊んでたのか)どうすればいいだろう。ダイバーズナイフの先端を割礼してみごとに難局を乗り切ったパンツエッタ・バンジョルノさんのような妙案が、なにかないものであろうか。

f:id:Leo16:20090718050524j:image:h200:right

それで私は考えたのである。もし将来、再びこの法案が国会を通るようなことがあったら、私は右のようなスローガンを胸にプリントしたTシャツをつくり、みなさんに配布します。だからみなさんもぜひ、それを着て街を練り歩いてください。そして、実写版セーラームーンは、確かに「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態」であるかも知れないが、「性欲を興奮させ又は刺激するもの」では決してない、ということを、世に訴えていこうではありませんか。

ただこの3号定義に基づく過去の判例によると<「性欲を興奮させ又は刺激するもの」の判断は「性欲を興奮させ又は刺激するもの」と感じる者が多数いると考えられれば,それで足りる>(大阪高裁H14.9.12)ということになっている。だから、たかだか視聴率ひとけただった番組のマイナーなファンが束になって「刺激されない」と口を揃えたところで、マジョリティに属する世間のみなさまが「いーやこれは刺激される」と言ってしまえば、それでアウトになってしまう。ここに私のTシャツキャンペーン作戦の弱点がある。

それに私このブログの過去記事でエロネタばっかり書いているし、たぶんStreamKatoさんが懲役3年、私が2年ぐらいの覚悟は決めておいた方がいいんじゃないだろうか。残念である。

じゃ仕事に行ってきます。


P.S. 次回はおそらくこまっちゃんバースデイ企画。しかし例の、スペインの新聞に唐突に小松彩夏がビキニで登場したという件、どういうことなのかさっぱりわからない。どなたか解説してくださる方はいらっしゃいませんか?

f:id:Leo16:20090718053129j:image

これは児童じゃないから刺激されても大丈夫。

ぽんたぽんた 2009/07/18 06:14 『ブザー・ビート』こまっちゃんは解りましたが・・・杉本有美ちゃんは全くわかりませんでしたわ!!
スペインの新聞は来週、本人とマネージャーさんの前で質問してみようかしら?
しゃべれる勇気さえあれば直接聴いてみたいですなぁ(^^)

黒猫亭黒猫亭 2009/07/18 07:02 >>このちびうさは、3号ポルノに該当するだろうか。

現行法では実写の場合のみに適用され、アニメやマンガ等の二次元創作物は適用外なので、基本的には該当しません。しかし、与党案では「表現規制を前提とした調査を導入」とありますので、与党案がそのまま通っていたら近い将来該当することになるでしょう。

>>「衣服の全部又は一部を着けない児童」ではない。だからOK

さすがに三号定義でもパンツが見えていると謂うだけでは児童ポルノにならないようですが、日本ユニセフ協会の提唱する「子どもポルノ」には、未成年の水着姿も入りますから、当然パンティラなんて完全に「子どもポルノ」です。そもそも「子どもの性を『商品』として扱う」ものは全部「子どもポルノ」で、その基準は「日本ユニセフ協会がそう思ったらそうなる」みたいです。

で、ウチのコメント欄にも書きましたけど、実写版セラムンを「子どもの性を『商品』にしている番組だから子どもには見せない」と言い張った莫迦親が現実に存在するそうです。

>>本当はちびうさは900歳なのだ

今回の法案に盛り込まれていたかどうかは未確認ですが、「児童に見える対象」まで規制対象に含められたらアウツになってしまいます。有名なエロゲでも、どう視ても幼女にしか見えないキャラを「設定年齢十八歳」とか言い張ってますね(笑)。

>>こういう画像はどれも「衣服の一部を着けない児童の姿態」になるよね

そうなんすよ。手袋やブーツやスカートが附いた段階で完全な衣裳一式だと謂うことになると、変身途中のレオタード姿は「衣服の一部を着けない児童の姿態」と謂うことになってしまうのですなぁ。これでハァハァする人がたくさんいると見做されちゃうと児童ポルノにされてしまいかねないわけで(笑)。

とにかく、未成年にハァハァすることそれ自体を犯罪として取り締まろうと謂う主旨の法案ですので、逃げ道はありません(笑)。アグネス・チャンなど「なんで子どもの水着が見たいのか、なんで十八歳まで待てないのか」とか言ってやがりますが、そう謂う自分は十八まで待てずに十七歳で日本デビューしていやがるのですね。勿論、香港デビューはもっと前です。

sakurasakura 2009/07/18 07:59 中居くんの「婚カツ!」も山下くんの「ブザー・ビート」もヒドい言われようです(>_<)

パンツエッタパンツエッタ 2009/07/18 08:33 なるほど。こういうオチでしたか←オチじゃないって!!
それにしても景子ちゃん人気が上昇するにつれ、景子ちゃんのパンチラと言って
マーズのキャプ画を掲載する三流雑誌が増えるのには思わず笑ってしまいます。
だってアレ、レオタードだしー
パンチラじゃないしー
                        byチュウカエン

ikidomariikidomari 2009/07/18 13:14 >ユニセフとかアグネス・チャン
この人たちが怖いのは、自分は正しいことをしているという「善意」に力強く支えられていることです。私の父とまったく同じです。
しかしながら、セラムン実写版によって物語られているとおり、善意が必ずしもよい結果をもたらさないんですよね(http://d.hatena.ne.jp/M14/20070205)。

M14M14 2009/07/18 13:54 これから地方在住者のために「ズムサタレポ−安座間美優登場シーン完全版」の制作にとりかかるので手短かに感想を書かせていただきます。
・3枚の北川景子の静止画キャプチャーは、ドラマから取ったのかバラエティ番組から取ったのかまったくわからない
・スローガンTシャツ、紺地に白抜きの文字で作ってくれるなら着てもいい
・だれかアグネスに正義の鉄槌を!募金をするなら中国でやれ

黒猫亭黒猫亭 2009/07/18 14:34 >>だってアレ、レオタードだしー

放映当時、CBCのPが躍起になって「あれはレオタードですから!」と力説していたのは、暗にこう謂う人々の難癖を想定していたんだと思います。ミニスカポリス辺りと一緒くたにされたんではたまらないと謂うのがあったんじゃないですかね。

>>自分は正しいことをしているという「善意」

有名な言葉に「地獄への道は善意で舗装されている」と謂うのがあります。善意が動機の弾圧ほど恐ろしいものはありません。絶対正義の確信に寄り掛かって、対立意見に耳を貸すつもりなど一切ありませんから、その絶対正義の看板の陰に情緒的な不寛容性が紛れていても一切自覚がありません。児童の人権保護の美名の下にもっとひどい人権蹂躙を行おうとしていることに自覚がないと謂うのも、愚昧の一言に尽きますね。

そもそも「日本ユニセフ協会」と謂うのは、国連ユニセフの下位組織ではありますが、募金を効率的に行う為に地域毎に運営されている国内委員会としての別団体です。ただし、国連ユニセフのほうでも、各国の国内委員会まで含めてユニセフと言っているようですが、基本的に国内委員会の活動にはタッチしていないようです。「子どもポルノ撲滅運動」と謂うのは、日本ユニセフ協会が単独で展開している活動で、国連ユニセフがそう謂うことを提唱しているわけではないんですね。

国連ユニセフが規制を提唱している児童ポルノと謂うのは、本文で謂う一号、二号ポルノのみで、三号ポルノに当たるものは、国家や地域の文化性の埒内で「児童エロチカ」として許容すると謂うのが、国連ユニセフのストックホルム会議での合意事項です。そうすると、欧米諸国では殆ど認められている少年少女のヌードまで禁止させた挙げ句、日本国内の文化性で認められている水着や二次元絵や「児童に見える対象」にまで規制の範囲を広げようとしている日本ユニセフ協会の活動は、ユニセフを名乗る組織の活動としてマトモなのかと謂うのが非常に疑問です。

ユニセフと謂うのは、「児童の人権保護」と謂う超国家的な人道的理念を目的とする団体ですから、国家固有の文化性とは距離を持つのが節度でしょう。日本ユニセフ協会の活動は、文化弾圧そのものですから明らかに一線を踏み外していると思います。

>>募金をするなら中国でやれ

なんかそう謂うことを言うと、在日外国人差別だとか何とか言って怒鳴り込んできそうでイヤですね。ちなみに、日本人男性と結婚して子供がいますけれど、本人の国籍は中国のままだし、子供は外国で生んでいるので重国籍者だそうです。

こっちよ!こっちよ! 2009/07/18 16:16 男女を問わず人が昂奮するのは生理的なものであって、そこに悪意や犯意があるかどうかはまったく関係ないことです。
生理的欲求に罪悪感を見出だすのはガキの思考ですが、悪根巣チャンはおそらくいい歳をしてまだオンナノコなのでしょう。
そんな彼女も哀れですが、人気取りのためにはそれを無視できない政治家たちも哀れです。

さのさの 2009/07/19 00:43 こんばんは。(すいません、以前の投稿名を忘れてしまいました)
お上の取り締まりに対しての危機感はとてもわかりますが、この問題、男女によっても気持ち的な捉え方が違うかもしれないなと思います。
どんなエグくてエロくて女を動物的に扱ったAVでも、それほどのことは思わない自分でも子供の水着姿を男が見ている、というだけで形容しづらい(一種、本能的な)嫌悪感と危機感を持ってしまいます。
これは女にしか持ち得ない感情かもしれないなと。
それに基づいて法律を作れとは絶対言わないものの、あまりお上への反発や危機感の面だけで語るのもなぁと感じます。
それはそれで、自分は正しいことを主張しているのである、という「正義」に酔っているように見えるんですよね。

StreamKatoStreamKato 2009/07/19 02:06 何をどうコメントしてよいのやら‥‥‥

>スペインの新聞に唐突に小松彩夏がビキニで登場した
これは全くの謎ですね。
所詮、このスペインの新聞は日本の東スポのようなもの、なんでしょう。
ま、バースデイイベントにはサプライズゲストが登場するそうで、
中村俊輔がそのゲストなんでしょうね。
そのための布石。

↓そのスペインのスポーツ紙のサイトをまとめた画像。
http://i-bbs.sijex.net/sailormoon/thread/1247740668801/

↓その記事の日本語訳。
http://d.hatena.ne.jp/M14/20090716#c1247743315

>『モップガール』『太陽と海の教室』に続いて封印作品にしちゃって
「太陽と海の教室」のDVD BOXは発売されています。
何と日本製(苦笑)。
しかし日本国内では買えない(爆)。
「モップガール」のDVD BOXとは逆のパターン。

↓ちゃんとした通販サイトの中の店舗なんですが‥‥‥
http://item.rakuten.co.jp/clubjapan/pcbc-61450/

>法規制の話その2
日本では古来より、秘境の奇祭があって、最近では外国人に大ウケですが‥‥‥
昨日「ブザー・ビート」の取材で、「お台場合衆国」開催中のフジテレビに行ってきました。
そのフジテレビの1階では、御神体の着ぐるみが愛嬌を振りまいていました。
クネクネとあやしい動き!テッカテカ!
小っちゃな女の子と握手なんかしてました♪

↓例によってココの[29]ネ。
http://ip1.imgbbs.jp/read1/sample/9/189/

(≧Q≦)ゞ

黒猫亭黒猫亭 2009/07/19 05:11 >>子供の水着姿を男が見ている、というだけで形容しづらい(一種、本能的な)嫌悪感と危機感を持ってしまいます

こう謂う真面目なご意見にブログ主を差し置いてお返事するのも差し出がましいのですが、仰ることは理解出来るんです。たとえばオレは、割と変態には寛容なのですが(笑)、正直言ってホモとスカトロだけはよくわからないし、有り体に謂えば「気持ち悪い」と感じます。

まあ、スカトロはともかく、同性愛者に対する嫌悪感や許し難い頽廃であると感じる感じ方と謂うのは、有史以前から普遍的に存在して、同性愛者は村八分から極刑までを含む厳罰で社会から迫害を受けてきたわけです。現在でも国や地域によっては法律で同性愛を禁じているところが少なくありません。その中には、「自由の国」アメリカの一部州法も含まれます。日本では歴史的に同性愛に寛容な傾向がありましたが、そのような感覚も近代に入って西洋文明が流入するに及んで滅びたと言えるでしょう。

このように、社会が同性愛者を「気持ち悪い」「許せない」と謂う動機で排除することが、民主主義社会の在るべき姿と謂えるでしょうか。偏見と謂うのは仕方がない部分があります。その種の偏った見解を抱く自由もまた民主主義社会では許容されています。しかし、法律で同性愛を禁ずると謂うことになるとどうでしょうか。

同性愛と小児性愛では事情の異なる部分がありますが(後者は必ず相手が社会的弱者であると謂う無視出来ない特徴があります)、たとえばさのさんが仰る「女にしか持ち得ない感情」と謂うのは、アグネス・チャンの情緒的な動機でもあろうかと思います。つまり、「気持ち悪い」「許せない」と謂う動機があるんですね。そして、今回の法改正もつまるところは「気持ち悪いから」「許せないから」小児性愛的傾向それ自体を裁こうと謂うものです。

しかし、考えてみてください。「気持ち悪い」「許せない」と感じる人が相当数いると謂うだけで、個人の内面を法律が裁いて好いものでしょうか。民主主義社会と謂うのは、そう謂うふうに多数者や権力者の感じ方だけを特権視しないと謂う考え方に基礎を置いています。これはつまり、他人が気持ち悪いことを考えていたり気持ち悪いことで楽しんでいても、それが不公正に他者の不利益をもたらさない限り許容する社会だと謂うことです。

たしかに法規制推進派も法規制反対派も、己の主張を正義と視ていることでは傍目に同列に見えるかもしれませんが、たった一つの違いとは、「気持ち悪いと謂うだけで他人の心を裁かない」と謂う大原則をどう視るかと謂うことです。さのさんが仰るような「感情」と謂うのは、形こそ違え、男でも女でも老若男女を問わず何かしらの形で持っている他者性に対する「不寛容さ」なのですが、少なくともそれは「気持ち悪いと謂う感情的反撥」を超えた力を持ってはいけないと謂うことだと思います。

つまり、さのさんが「子供の水着姿を視ている男」を視て「気持ち悪い、許し難い」と感じること自体は構わないし、そのように感じることを誰も否定出来ません。しかし、そのように感じる人が一定数集まることで、そのような「気持ち悪いこと」を法律で禁じようとすること、これは許されないだろうと考えます。

たとえばオレ自身は陵辱エロゲと謂うものは「気持ち悪い」と感じますが、だから陵辱エロゲは根拠なく取り締まられても好いとは考えません。そして、規制推進派が主張するような「この種の表現物が犯罪を助長する」と謂う考え方は科学的に否定されているのであって、何の根拠もないのです。根拠はないのだけれど、それが気持ち悪いから「われわれの安全を脅かす」と謂う名目で無理矢理コミットして禁じようとしているわけですね。

オレは一種の政治的正義を主張しているわけではなくて、そう謂う理不尽な言い懸かりを附けることで自分の感情だけを押し通そうとするような人々から、自分の心性の自由を自衛する必要があると謂う危機感を覚えているだけなんですよ。これはさのさんのことを言っているのではないと謂うことは強調しますが、そう謂う感情を法律の形にしてはならないと謂うことだけはご理解ください。

Leo16Leo16 2009/07/19 07:00 仕事関係で首都圏某所のホテルです。昨夜は疲れていたので、本文の誤字をちょっと訂正しただけで、起きたらコメントにお返事を書こうと思っていたら、一晩でたいへんなことに!枯れ木も山の賑わいというか。

「さの」さんのコメントは、私の記事やコメント欄の方々の大多数のご意見を、真っ向から批判して論争を挑む、という性質のものではなく、「こういうの、あまりエスカレートすると、かえって反権力=正義みたいな安直な図式にはまり込んでしまいません?そもそも幼女愛好って、女の目からはやはり不気味だし」という心配もしくは懸念の表明と理解しております。
ですからこれについては、ご心配とご忠告に感謝するにとどめ、私の方からは、あえて反論などはいたしません。
私も、たとえばKyoroさんが小池里奈のDVDを持っているだけで逮捕されるような世の中になったら困るなあ、と思っているだけですしね(他人の心配かよ)。


ただ、そういう問題とは別に、幼女趣味へのかなり深い嫌悪感は印象深かったです。
>どんなエグくてエロくて女を動物的に扱ったAVでも、
>それほどのことは思わない自分でも
>子供の水着姿を男が見ている、というだけで形容しづらい
>(一種、本能的な)嫌悪感と危機感を持ってしまいます。
>これは女にしか持ち得ない感情かもしれないなと。
う〜ん。そうなのか。


と言いつつ、そろそろ仕事に出ますので、そのほかは、今夜帰宅してから。いやしかし沢山あるな。
あ、それと
>日本では古来より、秘境の奇祭があって、最近では外国人に大ウケですが‥‥‥
インドにも「シヴァリンガ」というものがあります。
http://india.chefhariom.com/india1/003.html
こういう。

万丈万丈 2009/07/19 08:51 別に反権力ブログじゃないんだし、楽しくやろうよ。
それにこんな内容書いたからって、「けしからん、取り締まってやる」なんて流れは無いとおもいますよ。
Leo16さんには申し訳ないですが、この場所はお祭り広場だと思ってます。
記述間違いを指摘するのは当然としても、べつに内容に真剣に反論しなくても・・・
以上、通りすがりの万丈でした。

・・・って、あれ?
いつの間にか通りすがりじゃなくなっていた・・・

それじゃぁ次回は、ディエンドドライバーで召還してくだされ。
そこに万丈の意志は無いかもしれないけど・・・

黒猫亭黒猫亭 2009/07/19 08:53 >Leo16さん

目を離した隙にたくさん書き込んですいません(笑)。

>>心配もしくは懸念の表明

仰る通りだと思いますし、折角ご意見をくださった方を問い詰めているわけではないんですが、児童ポルノの問題がここまで危機的な状況に立ち至ったのは、「少女の水着にハァハァして何が悪い!」とは、公の場で真面目な主張として表明しづらいと謂うこともあったと思うんです(笑)。

与党側のプロジェクトに参画している議員にも女性が多いですけど、女性に向かって男性がこう謂うことを主張するのはちょっと気が引けるところがありますよね。相手が不快感を蒙るだろうと謂うことが想像出来るだけに、性差別の問題にもスライドしかねないわけですし、相当強固な心理的抵抗があります。

オレが嘗て児童ポルノ問題を採り上げるのに躊躇したことにはそう謂う事情もあって、考えが煮詰まらないうちに反対だけ表明すると、「おまえがハァハァしたいだけだろう」「小便臭いガキのハダカがそんなに見たいのかよ」と白眼視されてオシマイだろうと危惧したからなんですね(笑)。

しかし、この問題に葉梨議員の言うように「ペドファイル狩り」と謂う側面がある限り、感情的反撥と謂うものは或る程度捨象して法理念に限定して問題を考えないと、反対を表明するだけでペドファイル扱いされかねない危険な部分があります。

さのさの 2009/07/19 09:30 すいません、Leo16さんがフォローしてくれた通り、自分はエスカレートするとどっちもどっちなんじゃないのかな?って思ったのです。

後、どうしても補足しておきたいのは、個人が何に対して「ハァハァ」しようとそれは自由であって、それを法律でどうこういうのはおかしいということにも全く異論はありません。
ただ、「ハァハァ」するためにアイテムが必要な場合がほとんどですよね?
だからエロ写真なりエロDVDなりが存在するわけですし。
実写ということは、その被写体となる幼女が必ず存在するわけです。それを持っているということは、「他人が撮ったものを正規料金で購入した」か「自分で撮った」わけで、幼女も親もギャラを貰って合意の上であろうとも、そういうものを持っていることに嫌悪感を持つ理由は、そこにこそあると理解していただきたいと思います。実在する未成年がいると。(なのでマンガやCGなら良いと思います)
拳銃を所持することを禁じてるのと同じじゃないかなとも思いますし。
「何にハァハァしようと自由」という部分を侵されたというのは、違うのではないかなぁと思います。そこは自由だからいいけど、何かアイテム使うのはやめてくれってことですよね?
まぁ、規制したら、そういうものは益々貴重なものとなって裏での商売が盛んになるような気もしますけども。
後、いくら今回のことに反対を叫んでいらっしゃるからと言って、「ハァハァしたいだけだろ!」とかもまったく思いません。おっしゃってることはとてもわかりますので。
ただ、相手を「自分が気持ち悪い、不快だからという感情で規制しようとしてるだけだ」と一刀両断するのは、ちょっと行き過ぎかなっていうだけなのです。

黒猫亭黒猫亭 2009/07/19 09:47 >さのさん

その辺のことについては、拙ブログにて論じておりますので、よろしかったらそちらにご意見を戴けますと有り難いです。

http://kuronekotei.way-nifty.com/nichijou/

こっちよ!こっちよ! 2009/07/19 09:58 本題?から逸れますが、所長さん、書き込まれたコメントを「枯れ木」よばわりするのはマズイですよ。(笑)
枯れ木の一人として少々気になったので、老婆心ながら・・・。

黒猫亭黒猫亭 2009/07/19 10:28 一応、この場のリーチの範囲内で誤解が流布しても困りますので、一点だけ指摘しておきます。

>>その被写体となる幼女が必ず存在するわけです。

アグネス・チャンが言っているのは「未成年者の水着」であって「幼女の水着」ではありません。具体的に言えば、「十八歳未満の女性アイドルの水着写真」のことを言っているわけです。ですから、彼女の論法に従えば実写版セーラームーンの衣裳も立派な「子どもポルノ」になります。

おそらく、さのさんがイメージしておられる内容と実際の法案の趣旨の間にはかなり隔たりがあると思いますし、それはさのさん個人のミスと謂うより、意図的にそのような誤誘導が為されているんです。その辺の事情について、拙ブログにて詳細に論じていますので、ご参照戴けますと有り難いです。

MC-K3MC-K3 2009/07/19 11:00 昨日の彩夏ちゃんのスペインの一般紙に登場の記事を見たときは
「えっ、ナニコレ?もしかしてスペインで『BABEL』が評判にでもなった?」
ってなカンジでした。
しかも中村俊輔のファン?!いつそんなコト言ったんだっけ?!って
記事を見て瞬間的に混乱しそうになりました。
もっともこれについてはボクも25日のバースデーイヴェントで
彩夏ちゃん本人に訊ねてみるつもりにしてます。

児童ポルノ法、確かにこれほどバカな法律もないですよね
廃案にはなりましたが、幼児に悪戯するヘンな輩もいるという
現実はあるにしても、仮にこれが法案として通ってしまったら
3号ポルノなんて法の拡大解釈のもとに国家権力がそれを行使して
逮捕者が相次ぐコトになりかねません。
アグネス・チャンは「成果はあった」なんて言ってますが
ナニを勘違いしてんだと思いますね。
昔、アメリカでPMRCによる'80年代のMTVで歌詞検閲や暴力的な音楽排除を目的に
オジー・オズボーンやジューダス・プリースト等のHR/HM系バンド・アーティストが
締め出しを喰らったことがありましたが、あれと全く持って同じことで
この世をしょうもなくしたいだけの法規制には断固反対です。

黒猫亭黒猫亭 2009/07/19 11:32 >>オジー・オズボーンやジューダス・プリースト等のHR/HM系バンド・アーティストが
締め出しを喰らったことがありましたが、あれと全く持って同じことで

アメリカにおける児童ポルノ一斉摘発作戦では、ザ・フーのピート・タウンゼントが児童ポルノサイトに接続したと謂うことで逮捕されているそうです。彼は自分の過去の幼児虐待について著書を書く為の下調べで接続したそうですが、それでも逮捕されて性犯罪者リストに登録されたそうです。

Leo16Leo16 2009/07/19 19:21 名古屋に帰ってきた。今夜は土用の丑の日だから、スタミナがつくように宇都宮ギョウザですが何か?
というわけで、またまた増えているコメントへのレスは家事が終わってから。(息子に絵本を読んで寝かしつけているうちに私も寝てしまった場合は、明日になります)


しかしその前に、こっちよ!さんのコメントについて。
>枯れ木も山の賑わい
ちょっと(かなり)お恥ずかしい次第ですが、私は最初こっちよ!さんの言っている意味が分からなかった。なぜかというと、私はこの言葉を「枯れ木のように花のないこのブログですが、みなさんのコメントのおかげで大賑わい」という意味で使っていたからです。改めて辞書を引いて、永年の誤解に愕然としたよ。
というわけで、とりあえずコメント欄のみなさんすみません。こっちよ!さんご指摘ありがとう。

StreamKatoStreamKato 2009/07/19 20:48 相変わらず何をどうコメントしてよいのやら‥‥‥
こういう時は他人にコメントしてもらいましょう。

↓またまた「ブザー・ビート」に関するNews。
http://www.cyzowoman.com/2009/07/post_729.html

↑なるほどね、Leo16さん的な分析ですな。

(^Q^)ノ

M14M14 2009/07/20 12:17 上の記事で注目するところはここです。
・・・
ただし、ドラマファンには、『ブザー・ビート』の他の見どころとして、以下のような「仲間探し」を楽しめるかも。
・貫地谷しほり×青木崇高の『ちりとてちん』(NHK)コンビ
・溝端淳平×大政絢の『ハチワンダイバー』(フジテレビ)コンビ
・北川景子×小松彩夏の『美少女戦士セーラームーン』(CBC)コンビ
・溝端淳平×大政絢ー鈴木一真(『LIAR GAME』ヨコヤ)――「土曜ドラマ連」
・・・
実写版セーラームーンって、わざわざ言及しないだけで、それなりに羞恥、じゃなかった周知の事実なのかな

黒猫亭黒猫亭 2009/07/20 13:31 (独り言)ああ、もしかして以前Final Actのタイムパラドックスと電王の話題が出たときのあの人だったのかな?

Leo16Leo16 2009/07/20 13:57 もう、またそうゆうことを……

やっぱり夕べは寝てしまいました。そして今朝は、比較的混んでいない朝一番の回を選んで、息子をポケモンの映画に連れて行って帰ってきたところです。今は留守番しながらWOWOWでインディ・ジョーンズ特集を見ています。
今回のポケモン映画のヒロインの声は北乃きいさんだったので、StreamKatoさんは絶対観ますよね。ねっ。

さのさん、おっしゃることはよく理解したつもりです。で、その部分が、私にとっていちばん難しい問題だったりします。
例えば、私が幼稚園児の娘をプールに連れてって、デジカメでその姿を撮ろうとしたら、近くに見知らぬ男がいて、ハァハァいいながら、やはりうちの娘を撮りまくっていたとする。その場合、このハァハァ男が撮った写真を児童ポルノ物件として没収すると(したいけど)私自身がそこで撮った写真も「3号ポルノ」ってことになっちゃうわけですよね。被写体も構図も一緒ですもん。
ここが第一のポイントなんですが、さらにより重要な問題として、私自身「私だって、とどのつまりこのハァハァ男とあんまり変わんないんじゃないの?」という疑惑が捨てきれないのね、自分で。
現実には、私の娘はもう中学生で、もちろん今だって可愛いですが、幼稚園のころというのはまた特別で、すっかり溺愛していたもんです。でもそれは、まともな父親としての健全な愛情で、ハァハァ男の倒錯した劣情とは違う……と言い切れれば問題はないんですが、私はそこまで言い切れない。実感として、父親の溺愛も、ペドのハァハァも、実は根っこの所ではあまり違わないんじゃないか、という気持ちがあります。これって逆に、女性の方には理解しがたい感情かも知れませんけど。
それより以前なんか、ルンルン気分で娘のオムツを替えながら「いやぁ幼女趣味のスカトロの人の気持ちがちょっと分かったよ」なんて言って、思いきり妻にどつかれたりもしました。月並みな言い方をすれば、すべての愛情には倒錯が含まれている。児童ポルノ法案って、こういう心の深層まで手を突っ込まれるような不快感があって、それで「ふざけるな」って腹が立つんじゃないだろうか。
しかしこの問題を追求すると、もう大変なことになりますし、さのさんのおっしゃることは、実はうちの妻と同意見なので、そういう感じ方も(特に女性の場合)あるんだろうな、と了解し、今後も尊重するつもりですので、この件に関してはこれくらいにしておきます。
そのほか色々議論もありましたが、原則として私の意見は黒猫亭さんと一緒ですし、トラックバックも打ってもらったので、さらに本格的な議論があれば「黒猫亭日乗」でやりましょう(って、それいいのかオイ)。
また、もし有事の際には、本文に書いたような「欲情しませんTシャツ」を作るのでみなさんご協力ください。M14さんのリクエスト通り、紺地に金文字とします。
あとアグネスのことについてはね、私は昔からアグネス・ラム派でしたからノーコメントです(意味不明)。
ではこの問題はこの辺で。

……さて、後はどこからどう手をつけたら良いのやら。枯れ木に花が満開ですから。

黒猫亭黒猫亭 2009/07/20 14:09 >>さらに本格的な議論があれば「黒猫亭日乗」でやりましょう(って、それいいのかオイ)。

ウチはもう完全にそのつもりでTB打ってますので、全然OKです(笑)。

Leo16Leo16 2009/07/20 15:25 じゃひとつそういうことで。

ぽんたさん
今年もバースデイ近づいてまいりましたなあ。
スペインの新聞、StreamKatoさんのご紹介での訳を改めて読んだけど、やっぱり分かんないっすね。
「それは、バスルームが彼/彼女がそうする雑誌のためにKnowに合う、
 そして、それがIdolミチコ(騒動をあそこで作った『現実ショー』)の
 主要な性格であったのを意図します。 それは、我々をはずしません」
……それって何だ?

sakuraさん
>中居くんの「婚カツ!」も山下くんの「ブザー・ビート」もヒドい言われようです(>_<)
いやー、sakuraさんの心中お察しいたします。
『ブザー・ビート』話はベタですよねえ。しかも「四角関係は、ちょっとやり過ぎじゃないか」(byカシオペアさん)という意見に私も同意です。でも山下君と北川さんって、どっちも「昭和」もしくは「80年代」っぽいテイストで、それで見てしまうって感じですね。それにしてもよく脱ぐね。
『任侠ヘルパー』も、私がプロデューサーだったら、最終回は「泥酔したクサナギ君が全裸になって、背中の彫り物でヤクザであることがばれる。で翌朝がくぜんとするクサナギ君……」って話にすると思う。たぶん20%以上とれるんじゃないか。(いい加減にそっとしておいてやりなさい)

万丈さん、いろいろお気遣いありがとうございます。
>それじゃぁ次回は、ディエンドドライバーで召還してくだされ。
ディエンドドライバー、ようやく取り戻せましたね。しかしユウスケは、小林靖子脚本回だけ変身するなあ。

StreamKatoさん
>『太陽と海の教室』のDVD BOXは発売されています。
うわー。またこんなものが。
しかし海外に発売する場合には、サイモンとガーファンクルはもちろん、主題歌の「君の瞳に恋してる」もアウトなんじゃないですかね。ああいうのって、海外には出さないって条件で日本での版権を取るんじゃなかったかな。

MC-K3さん
>オジー・オズボーンやジューダス・プリースト
ああいうの見ていると、悪魔だ地獄だというのを全部をパロディにしちゃって、ある種の免罪符を得たKISSというのは、やっぱり世渡りが上手いんだね。
ザ・フーのピート・タウンゼントの話題も出てきましたが、あの人は、実際に児童ポルノサイトをリサーチして、問題サイトを通報していたとか、そういう潔白を証明するメールのたぐいが後から出てきて、多少は名誉挽回できたんでしたっけ。でもそもそも、そういうサイトに接続しただけで性犯罪というのは、すげえ。
そういえばマイケルジャクソンさんもありましたね。

大家さん
>実写版セーラームーンって、わざわざ言及しないだけで、
>それなりに羞恥、じゃなかった周知の事実なのかな
Wikipediaの北川景子の項の出演作品リストでは、実写版セーラームーンが「ドラマ」ではなく「その他」の項目に入っています。一時期これを訂正して「ドラマ」に入れた人がいましたが、しばらくしてまだ「その他」に戻っていました。だから実写版を知らないでWikipediaで北川さんの過去を調べた人は「映画でもドラマでもないセーラームーン」と思ったはずです。
>北川景子×小松彩夏の『美少女戦士セーラームーン』(CBC)コンビ
ここはタイムレッドを加えて「小林靖子脚本トリオ」と言って欲しかった。
加えて、真矢みきと小松彩夏は、『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』『ガリレオ』『容疑者Xの献身』に続いて、なんと四度目の共演です。もとい、同一作品への出演です。

さあ間もなく、あと二日ほどで、いきなりこの夏休み最大のイベント、日食だ。でも「名古屋での正しい日食の観察の仕方」を聞こうと思っていたカシオペアさんはどっか行っちゃったよ。カシオペアさぁ〜ん。スモッグに気をつけてください。

カシオペアカシオペア 2009/07/20 16:40 まだ名古屋ですよw 明日のフライトで上海へ....日食観測がメインですが、スタバ上海のタンブラーをプレゼントに調達してくるのも任務の一つです(謎)

StreamKatoStreamKato 2009/07/20 18:42 ますますどうコメントしてよいのやら‥‥‥

>今回のポケモン映画のヒロインの声は北乃きいさんだったので、StreamKatoさんは絶対観ますよね。ねっ
「ラブファイト」のように、ぱんちらがあれば観ます。

(^Q^)v

黒猫亭黒猫亭 2009/07/20 19:14 北川景子のプロフィールからセラムンが抹消されているのはガチみたいで、少し前になりますが、「ブザービート」の番宣でTOKIOの「5LDK」に出演したとき、「デビューのきっかけ」を質問されて、「神戸から大阪の学校に通っていて受験勉強している頃に街でスカウトされた」と謂うふうに語っていました。

実際にはそれは星屑ではなく前の事務所のノイエのスカウトだったわけですが、事務所を移籍した話なんてのはちらりとも出てきませんから、ちょっと聴くと星屑のスカウトに見出されたように聞こえますし、セラムンの話もまったく出てきませんでしたが、初仕事がセブンティーンのモデルだったと謂う話はしていて、一七歳当時の同誌の写真も出て来たので、何だかとても微妙で複雑な話になっていました。

まあ、実情を識らない人にとってはとくに引っ懸かるような話ではなかったので、大人の世界って実はややこしいのだなぁと痛感しましたが(笑)。

StreamKatoStreamKato 2009/07/20 22:16 「ブザー・ビート」第2話で、小松彩夏・愛撫先・患者死堀・北川景子の4人が画面いっぱいに横1列に並びましたね。
アナログだと1番左端の小松彩夏が少し切れていたのですが、地デジならば切れずに画面に入っていたことでしょう。
小松と北川の絡みもツーショットもありませんでしたが、この4人での絡みと会話があったので、今後に期待できます。

それにしても愛撫先と患者死堀は、お芝居上手過ぎです。
北川と小松はもっと勉強しなさい!

北川景子は冒頭で山Pの作ったおにぎりをほお張りながらセリフをしゃべってましたが、残念ながら後ろ姿でした。
恐らく正面からのショットは放送に使えなかったので、後ろ姿にしたのでしょう。

今回は変顔炸裂は無かったですね。

最後のシーンでは北川は山Pとの別れ際、左手で敬礼をしていました。

第1話に引き続き、第2話でもオトコのハダカ(入浴シーン)が出てきましたが、いよいよ来週はオンナのハダカが出てきます。
そう、こまっちゃんがコマブロで言っていた海のロケです。

北川景子のビキニは見られるのか?

(≧Q≦)ゞ

KyoroKyoro 2009/07/20 23:25 ほょ 陳美齢論争ゎ終わったみたぃぢゃな
さて 以前ココのブログで『“MORE 5月号”の表紙を飾った北川景子たんの眉毛が、エアブラシで描いたようで どうてろこうてろ…』ちゅうコメントが、あったような〜
本日の華ちゃんブログによりますと…
http://ameblo.jp/hanako-t-sunmusic/entry-10303645834.html
『ネイルとかでも使うあのエアブラシでメイクするんだけど、ベースメイクだけかと思いきや、アイシャドーもチークもハイライトも眉毛も口紅まで!!!シューっと。すごい。。ゴージャスなメイクはもちろん、ナチュラルメイクもできるし。お肌つやつやでキレイに見えます。感動!しかもね、エアブラシメイクのセット、いただいちゃいましたキャー!自分でも使ってみます。』

MC-K3MC-K3 2009/07/21 00:06 今夜も「ブザー・ビート」見ましたが、早くも景子ちゃんと彩夏ちゃんが遭遇!
という願ってもない瞬間に出くわしましたが、さすがに会話するシーンはなかったので、ちょい肩透かしといったカンジでした…
ただこの遭遇はかなり早いカンジもしますが、5年ぶりの同じ画面内での
共演は間違いなく期待できそうなので、次回以降期待して良さそうですね!^^

>悪魔だ地獄だというのを全部をパロディにしちゃって、ある種の免罪符を得たKISSというのは

KISSは音楽性をへヴィメタルという風にとらえるヒトもいますが、ジブンは基本的にロックンロールと解釈してます。確かにメチャクチャ過激なパフォーマンスもあれど、1980年代初頭から中期にかけてのKISSは、エース・フレーリーが脱退し、後任として加わったヴィニー・ヴィンセントが、リーダーのポール・スタンレーやジーン・シモンズとゴタゴタを起こしたり、またメイクをせずにツアーに出て、不評を買ったりしてたので、あの当時のPMRCからは目をつけられなかった…という風にジブンでは解釈してます。

PMRCに一番目を付けられたのは、やはりオジー・オズボーンでしょうね。
当時コウモリや鳩の首を喰いちぎったり、テキサスのアラモ砦に小便をしたりと
音楽性以上にゴシップが一人歩きしてたようなモンでしたし。あとジューダス・プリーストも80年代からツアーとMTVを通じて、世界にへヴィメタルを定着させたと中心的バンドでしたし、加えて1985年にはアメリカで自殺した2人の少年の親から「自殺する前に聞いていた"STAINED CLASS"(1978年にリリースされたアルバム)に収録されているサブリミナルメッセージが原因だ」という言われなき訴訟を起こされたあげく、それに目をつけたPMRCがジューダス・プリースト等のHM/HR系バンド・アーティストに対し、「悪の音楽の権化」的キャンペーンをおこなったため、MTVから排除(オンエアしない)されることになったようです。
国が変わっても、世間の良識を振りかざす連中が、善意を隠れ蓑に排斥運動をするコトがいかに卑劣かというのがよくわかるケースだと思いますね。

Leo16Leo16 2009/07/21 02:10 カシオペアさんまだ名古屋にいらっしゃったのか。ほとんど狙ったようなボケ方をしてしまった。

>北川景子のプロフィールからセラムンが抹消されている
そういうあたり、本人がブログでセーラームーンの思い出にときどき言及して、隠すつもりなどないことをきちんと表明してくれているのがよいですね。北川ブログは、事務所の方針に対するささやかな意思表示みたいなところがあって好感が持てます。

>『ブザー・ビート』第2話
観ていません。山P好きの娘がまだ第1話の録画を観ていないんで、彼女が観た後じゃないと、観させてもらえません。
だからその「愛撫先」とか「患者死堀」なんて暴走族みたいな表記は、ウチではしなくてもいいんですけど……。そっちが良いなら、別にかまいませんが。
>山Pの作ったおにぎりをほお張りながらセリフをしゃべってました
これはぜったい正面からのショットを撮っていたはずである。そのうち流出映像がでるかなあ。ビキニより観たい。

>本日の華ちゃんブログ
華ちゃんだって。なんか知らないうちにみんなけっこう馴染んでいる……。
ひょっとして北川さんのハリウッドスタイルのメイクは、エアブラシでしたものなのか。

>KISSは音楽性をへヴィメタルという風にとらえるヒトもいますが
>、ジブンは基本的にロックンロールと解釈してます。
ブルースっぽさが皆無で、チャカチャカしてポップなところは、むしろREOスピードワゴンなんかに近いから、そうかもね。
ただ、1970年代の前半から、それこそブラック・サバスとかNYのブルー・オイスター・カルトといったあたりは、なんかちょっとヤバイ感じもしたんだけど、アリス・クーパーとかKISSになると、おどろおどろしさもマンガチックな域まで突き抜けていて、かえって笑っちゃうみたいな図式は、あったような気がします。

さのさの 2009/07/21 12:32 ご丁寧なコメントを頂いていたのに、ちゃんと返信する時間がとれず失礼しました。
ちょっと今も取り込み中で、せっかくの誘導していただいたブログへも行けずにおりますが、とり急ぎ18才未満の水着もダメというのは見落としてましたので、そこは訂正します。完全に皆さんと同じで、行き過ぎじゃないの?という感じです。
じゃあ何歳ならっていうと難しいし、媒体にもよるのですが……。自分の感覚に問うと小学生ぐらいなんでしょうか。男性がハァハァするために持っていて、理屈でない嫌悪感を持つのは。
とりあえず、ここではこれ以上ご迷惑ですし、ちゃんとした文章を書く時間もないので、勘違いだけ訂正させていただきます。すいませんでした。
ちなみに、自分もアグネス・ラム派なので、チャンの方に肩入れする気は毛頭ありません。

StreamKatoStreamKato 2009/07/21 18:00 「あいぶさき」「かんじやしほり」を変換して「相武紗季」「貫地谷しほり」まで持っていくのは時間のムダなので、
「愛撫先」「患者死堀」にしてます。
コマブロのVIPコメントでは他から「相武紗季」「貫地谷しほり」をコピペしてます。
結構めんどくさい‥‥‥

(≧Q≦)

黒猫亭黒猫亭 2009/07/22 07:25 そう謂えば「5LDK」のトークでは、モデル時代は事務所から「もっと痩せろ」と言われていたので大分絞っていたみたいです。ティーン向けの雑誌モデルだと、脚なんか棒のように細いほうがスッキリ長く見えて見栄えがしますからねぇ。

その時代に比べると今は大分体重が増えたそうで、そう言えば、なんか部屋の中で胡座かいている場面のフトモモの感じがセラムン当時よりも大分肉感的になっているような気がしますね。

>>ビキニより観たい。

まあ、そう言わんと期待しましょうよ(笑)。今の感じだと水着姿も結構イケるんじゃないですかねぇ。「太陽と」のときは水着にならなかったんでしたっけ。でも、なんか貫地谷しほりは「スウィングガールズ」の当時に比べると肥りすぎのような気もするなぁ。

Leo16Leo16 2009/07/22 23:34 名古屋は曇っていたので、かえって特別のメガネなしに肉眼で観察できましたよ、上海のカシオペアさ〜ん。
たぶん中国から海外のインターネットへの接続は無理だろうけど。

>「あいぶさき」「かんじやしほり」を変換して
>「相武紗季」「貫地谷しほり」まで持っていくのは時間のムダ
M14さんのところに書き込むことをベースに考えるとそうもなりましょうが、私の場合、「相武紗季」ほら一発で変換できた。「感じ椰子堀」これは無理か。

>なんか部屋の中で胡座かいている場面のフトモモの感じ
あのシーンもサービスショットでしたね。ヤンキー座りまでして、いいのかと思いつつ、キャプチャしましたが、今回は使用を見送りました。

StreamKatoStreamKato 2009/07/23 00:42 小松彩夏さん!
23さいのおたんじょうび!!
おめでとうございます!!!

\(^Q^\)\(^Q^)/(/^Q^)/

Leo16Leo16 2009/07/23 01:04 あーっ『眠れぬ夜のホンキートンクブルース』完結編のDVDを注文するの忘れてた。
……仕方がない、次回は最高傑作のレビューをしましょう。

StreamKatoStreamKato 2009/07/23 02:27 >『眠れぬ夜のホンキートンクブルース』完結編
正確には、
「眠れぬ夜のホンキートンクブルース 完結編 〜ホスト参上〜」
です(笑)。

http://i-bbs.sijex.net/sailormoon/thread/1248275182072/

(^Q^)ノ

Leo16Leo16 2009/07/23 23:46 失礼いたしました。
『恋文日和』は何度観ても泣けちゃうね。

StreamKatoStreamKato 2009/07/24 00:41 「恋文日和」っていいですよね。
なかなかの佳品。
中越典子はカワイイし、村川絵梨は地味ながら、さすが後に「風のハルカ」の主演を務めた実力者。
真木よう子も出演してますな―、関係ないけど。
男優陣では、偽タキ仮面:弓削智久とか、「キラー・バージンロード」にも出演する田中圭とか、「そのときは彼によろしく」に出演した塚本高史とか。

(^Q^)ノ

MC-K3MC-K3 2009/07/25 03:45 >「恋文日和」
そういや店を訪ねてくる女性を演じていたのは、森ほさちさんでしたっけね^^
この方も元タカラジェンヌで花組で娘役トップとして
現在「ブザー・ビート〜」で山下君の母親役を演じている
ミキさん(真矢みき)とコンビを組まれていた方ですが
意外にこの方「はぐれ刑事純情派」なんてドラマにも出演経験があったりします。
宝塚時代”トップの傍で一歩引いて盛りたてる”タイプの娘役のイメージからは
遠かったことから一部のヅカファンからは批判を受けたりもしてましたね…

Leo16Leo16 2009/07/26 09:14 じゃ、次回の記事にそのこと書いておきますね。

 | 

【サイト内検索】


2006 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

カテゴリー

累積訪問者数 2075133