今日は残りの人生の最初の一日

2018-06-02 梅雨前の晴れ間

[]俺は覚えてるぞ

 CGWorldにblender特集されるほどに盛り上がってる中、CGソフトウェア論争的なものも生まれてる。AutodeskBlender的なやつ。正直、ソフトなぞ名に使ってもよいのだけど、ただ、Blender使用者がいろいろ言いたい気持ちは痛いほどわかる。まぁ、迫害されてきましたよ、交流会、ネットだけじゃなく面接の場でけなされたり、ただのソフト使ってるやつらだからダメとかさ、ひどい仕打ち受けてきたんだよ、その逆をやりたくなる気持ちわからんでもない。

 世の中一長一短あるのでどちらがいいかいかとか決められないし、もっと言えば、Autodesk製品日本版高い、海外から直輸入して買うとかいってるCG屋見ると、元販売人間から言わせれば、価格本国で決められ、日本版売れないのでさらに発言力低下でもし国横断の購入を止められた場合はしこたま取られることになるんだが、CG屋という輩は一般常識のないおこちゃまなのでそのあたりはわからないので仕方ない。せいぜい、マウント取り合ってろよ。ハリウッドサイコーとか言って涎たらしてろ。

CG業界の者どもよ、てめえらがバカしたこと、忘れてるかもしれないがこちとらしっかり覚えてるからな。胸に手を当て、普段使わない脳をフル回転し、過去を思い出せ。

2018-05-21 お金貯めないと

2018-05-20 気温の変化に弱い

[]蒼天航路の華鉈みたいな人

人は自分仕事が安定したり停滞してくると、働き方とか社会とか政治とか語り始める。そうなり始めたら存分やばい

 青色発光ダイオードを発明したとされる中村修二もやたら日本社会への提言ということでしかメディアに出てこず、田中耕一は一滴の血液から病気を早期発見する研究ニュースになっている。メディアに出たがるかどうかという話を置いといても、本業がうまくいかなかったりすると、人は社会とか政治とか語りだす。みんなあなたの成果を見て尊敬したり好きになったりしてくれるのであって、あなた人間性がきっかけではない。

 社会とか政治語りだすと、”あ、この人衰えや渇望を立場で乗り切ろうとしてるな”と思い距離をとるようにしてる、Twitterくそつまらなくなる傾向にあるのでミュートする。

2018-05-01 GWの中日

[]今回はロボットいっぱい

 ファーストデイで映画を見ようと仕事帰りの日比谷で鑑賞。レジェンダリーが中国のワンダグループに買収されたので基本制作は中国なハリウッド映画キャストの中心も中国系が占め、マコはそこそこ重要な役だけど前半で退場。ここ最近流行りのように多国籍キャストももうすっかり見慣れてきて、別に多国籍なことに意味もない。

 映画自体おもしろい。基本ロボットがガンガン戦うだけで満足なのだ。ただ、ここ最近ハリウッド映画のように続編沼というか一作目と比べると普通になってしまう。ここはもう仕方がない。

 最後の日本云々がマジンガーオマージュなのは気づかなかった。続編は作れるのだろうか?中国でヒットしたんだけどワンダグループの経済状況が悪いのが気がかり。

2018-04-28 GWじゃい

[]お祭りの前編

 世の中がネタバレにうるさいので感想は気が向いたら書く。