今日は残りの人生の最初の一日

2017-01-25 もう1か月経つのか・・・

[]2016年に見た映画

目標20本以上だったが、19本。後半仕事が忙しくて失速した感あるな。

2016-12-03 もう今年も残り1か月だ

[]母の愛、母の秘密

  • 湯を沸かすほどの熱い愛

2016-11-08 新仕事!!

[]日常と戦争

  • この世界の片隅に

2016-11-01 もう11月!!

[]丁寧なボーイ・ミーツ・ガール

 ファーストデイを利用し、今年最大のヒット作君の名はを見る。新海作品大学生のころに見たほしのこえ以来。当時作品を作るコツを質問された新海監督が”サボらないこと、誘惑に負けないこと”と話されており、誘惑に負けて飲んだ帰りはよく思い出したりする。

ここ最近、10代後半の若人と会話する機会があったのだが、見たい映画君の名はが必ずと言っていいほど上がり(むしろこの映画以外ほぼ名前でない!!)若い世代へかなり刺さっている感あった。

 お話も丁寧、映像もきれい、前作が作家性を入れ過ぎて批判された反動か、受ける要素をこれでもかと盛り込み作り上げた、セカチュー恋空を超える最高のデートムービーが出来上がった。記録をどんどん更新している、新海監督、やったね!!

次回作は何を作ってもヒットする環境ができたので、次はあっと驚く作品を作ってほしいものだ、ゾンビ映画とか。

2016-10-12 田舎の映画館は空いている

[]数年ごとに電話がかかってくるアメリカ政府もたまったもんじゃない

 実家に戻り、親とともにジェイソン・ボーンを見に行く。前作のボーン・レガシーが思いのほか盛り上がらず、結局マッド・デイモンとポール・グリーングラスに戻して再リブートアメリカネタ切れなんだろう。

 話は今の世情に合わせた個人情報ネットセキュリティテーマある意味流行テーママンネリ感は否めないが、最強のエージェントボーン過去アクションを近年起きた社会情勢にあわせて描いていく。カーアクションは見ものだが、親が”あれだけぶつかってエアバック起動しないのおかしくない?”とは確かに。これも次に続ける感じで終わり、今後も続編が作られていくのだろうなぁ。