アスペルガー医師ロンの日常 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


By TwitterIcon.com

2016年06月24日(金) BLOODSHED ACROSS THE EMPYREAN ALTAR BEYOND THE CELESTIAL ZENITH このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「離れればいくら親しくってもそれきりになる代わりに、一緒にいさえすれば、たとい敵同志でもどうにかこうにかなるものだ。つまりそれが人間なんだろう」

By 夏目漱石


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


ペダルの分かれ目

 認めよう、やっぱ3ペダルMTクルマ楽しいである(笑)確かに渋滞時なんかは操作がウザくてイライラする事もあるが、渋滞してなきゃMTの操作はソレなりに楽しいモンである。何ちゅーか、やっぱMTは伝達効率が最も高い(最大99%)から、ソコから生まれるダイレクト感が「自分はクルマを運転してるッ!」って気にさせるのである。特にND場合、クルマが軽い&パワーも小さい&低速ギアのトルクも大きいから、MTの悪い部分が殆ど無いのである。クラッチ軽いから疲れないし、半クラッチだけでクルマが動き出すから発進もすんごい楽なのである。そう軽量ローパワーだからこそ、MTの良さが活きるのである:


  • 200馬力〜350馬力 → トルコンATCVTならMT、DCTなら好きな方を選んで良し
  • 350馬力以上 → 2ペダル一択

 

 というのがワタクシのジャスティスである(笑)ちゅーのも350馬力を超えてくると、MTの悪いトコがドンドン増してくるからである。馬力が高いとクラッチの圧着力も上げなきゃダメ→クラッチが重くなるし、パワーが上がると車重も上がる→発進がし難くなるし、パワーがあり過ぎるとミスシフトした時のダメージも大きくなるからである。ソコんトコしんどくなってくるようだったら、クルマに任せちゃった方がトータルで楽しくなるとワタクシは思うのである。GDB乗ってた頃はクラッチも重たかったし、EJ207は低速トルクがスカスカだったから発進も大変だったのを思い出した次第である(^_^;)次のWRX-STIがあるのかどうかは分からんが、あるのならDCTが欲しい次第である。


*EU\(^o^)/オワタ

 話は変わって、サブタイは勿論【イギリスの国民投票でEU離脱派が勝利した】ソレについてである。まぁEUなんてのはやきうに例えると、1つのリーグ巨人阪神ソフトバンク存在する中、四国アイランドリーグBCリーグのチームも存在してるようなモンである。本来戦力差や球団格差が大き過ぎるにも関わらず「同じリーグだから」って理由立場平等を主張したり、戦力格差解消のための分配金だとかドラフト上の権利だとかトレード権だとかを要求してくる。そりゃ大球団や人気球団からすれば一方的にカネやインフラを吸い取られるワケだから、関係者ファンからしてみたら堪らんモンである筈であり、そりゃ「こんなんやってられっかo(`ω´*)o俺達はリーグを離脱するッ!」ってなる筈である。


D


 貧しい国から移民ガンガン入ってきて、しかも入ってきた連中が皆社会保障恩恵に平等に預かって、そのせいでイギリス人がその割を食って恩恵に預かり難くなる上に社会保障費が足りなくなったから増税して、イギリス人は増税だけど移民はナマポだから対象外で、でもEUの決まり上で移民を拒絶する事はできない。そりゃイギリス人がキレるのも当然の話である┐(´-`)┌で、なぜ関係の無いワタクシがこのネタを取り上げるのかって?関係大アリである。何故ならば・・・

イギリスEU離脱する

ポンド暴落して円高になる ← 今ココ

円高でニッポンの景気が悪くなる

景気は自動車メーカーにも及ぶ

メーカーも生き残りを図るため、車種を削っていこうとする

スポーツカーは真っ先に削減の対象になる

今後新車が出なくなるか、出ても高額になる

( ゚Д゚)マズー

・・・という事だからである(笑)何せ今乗ってるND5RCリーマンショックで開発が3年延期されたんだし、あの新型NSXリーマンのせいで一旦白紙に戻ってしまったんだから、金融ショックが如何にワタクシのカーライフに響いてくるのかがお分かりいただけると思うのである(爆)故にワタクシは、こういうニュースにも耳を傾けている次第である。


 白人民主主義キリスト教三拍子揃ったEUでさえ、結局はこの有様なのである。人種政治姿勢宗教という人間のコアな部分が同じ国々でもダメなんだから、ソレ等が全てバラバラのアジアにゃ共同体なんてムリムリのカタツムリである(笑)今は野党やってる政党の【元首相がコレを言って】いて、でもって今回の選挙でも【似た様な事言ってるトコ】があるのだが、ソレが如何に非現実的でバカげてるかがお分かりいただけると思うのである┐(´∀`)┌

D

何ちゅーか、26年前から議会で「EU?上手く行くワケねーだろ!夢じゃなくて現実を見て考えやがれハゲ共!!」と叫んでいた故マーガレット・サッチャー元首相の先見性の高さには脱帽である(笑)サッチャーですらムリと言ったんだから、揚足取りとレッテル貼りしかできん野党連中に何が出来るんだって話である。コレでまた、野党に投票しない理由が出来たのである。


*EUがこの先生きのこるには

 ただEUの理念はワタクシ的には間違っちゃいないと思うので、EUは確かに上手く行かなかったけど、やるだけの価値はあったと思うのである。ただ悪用するヤツが余りにも多くて、理念通りには行かなかったのだが(^_^;)じゃあどうすれば良かったのかとワタクシなりに考えてみたのであるが、一つ提案があるのである。ソレは「EUのピラミッド構造化」である。やきうだって1軍、2軍、3軍とあるし、サッカーだって1部、2部、3部とあるから、ソレを応用するのである:

  • EUを国力ごとに1〜3軍に分ける
  • 数年に一度、昇格降格などの入れ替えが行われる

こんな感じなら不平等感が出ないから良いんじゃないかと思うのであるが、まぁ出来るんだったらとっくにやってるだろうと思うのである(^_^;)


 まぁワタクシが生きてる間は、国家共同体なんてのはムリなんじゃないかと思うのである。歴史を見る限りだと確かに人類は少しずつマシになってきてるとは思うのであるが、ソレでもやはり人種や政治姿勢や宗教を超えてスムーズに生きてけるまで人類が成長するためには、少なくともワタクシが生きてる内は達成できんだろうなとは思うのである。ジョン・F・ケネディが昔「人種差別は500年後には無くなる。何故ならその頃には全ての人種が混ざり合って区別つかなくなるから」と言ってたが、ソレも強ち間違いじゃないと思うのである。全ての人種が混ざり合うではなく、500年後ってトコがである。さてもう遅いので、さっさと休むに限る今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160624222626j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160624

2016年06月22日(水) OBSCURE VERSES FOR THE MULTIVERSE このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


音楽は、人間言葉で言えないことで、しかも黙ってはいられない事柄表現する」

By ヴィクトル・ユーゴー


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*敵に敬意を

 参院選公示され、投票日まであと18日であるマキャヴェリ曰く「二つの大きな勢力が敵対した時、中立を選ぶのはバカ」という事なので、ワタクシも政治姿勢を明らかにするとしようジャマイカ。ワタクシはズバリ「与党消極的に支持する」である。確かに今の与党にはクソな部分が少なからずあるが、ソレでも野党のクソさに比べれば断然マシだからである。ワタクシが前々から言ってる事であるが、現実的かつ具体的な政策提示できる野党があるのなら、ワタクシはソレに賭けても良いなとは思うのだが、残念ながらそんなモンは存在しないのである┐(´д`)┌

D

コレ観てワタクシは確信したのである。コイツ等に政権渡しちゃいけない、と。お世辞にも人生経験豊富とは言えないワタクシであるが、ソレでも自信を以って言える事があるのである。ソレは「他人に敬意を払えないヤツを信用してはいけない」という事である。他者に敬意を払えないヤツは、力を得た途端に弾圧を始める。コレはワタクシが言うまでもなく、歴史証明してる事である。


 実に単純な事である。野党の連中は事ある毎に総理や与党を悪魔化してるけど、その総理や与党は選挙によって選ばれている→つまりソレ相当の支持者がいるって事からである。そう、つまり総理や与党を扱き下ろすって事は、ソレ即ち有権者をバカにしてるのと同意義なのである。こうやって国内に敵を作るヤツが「立憲主義憲法九条アジア平和ヲー」なんて言っても信用できるかって話である┐( ̄ヘ ̄)┌もし「実際にバカなんだから仕方がない、相手が悪いんだからこっちも少しぐらい悪さしたって良い筈だ、弱い立場なんだから少しぐらいは許されるべきだ」というのなら、同じ事をやり返されても文句を言うなとワタクシは言い返す次第である。やり返されるのがイヤならば、相手にも敬意を払うべきなのである。


*音楽と政治

 だからワタクシは繰り返し言うのである。余計な揚げ足取りレッテル貼りなんて必要無い。すべき事は現実的で具体的な政策さえ示す事であり、人員を動員して国会前でデモする事でもなく、ましてや【ロックフェスに運動家を送る】事でもない、と。コレについては世間じゃ色んな意見があるけど、ワタクシの意見は「音楽に政治を持ち込む事は全然おk」である。ただしソレは「音楽としてカッコ良い場合に限って」である。なぜニッポンじゃ「音楽で政治を語るのがダサい」って言われるのかって、政治を語ることがダサいのではなく、まずソイツの音楽そのものがダサいからである。音楽で政治を語りたいのであれば、コレぐらいのレベルで音楽をやってほしいってモンである。


D

D

D


 レイジ・アゲンスト・ザ・マシーンもそう、グリーン・デイもそう、ザ・クラッシュもそう。政治的メッセージの前に、まずロックとしてカッコ良いのである。ロックとしてカッコ良いからこそ、政治的メッセージが生きるのである。ニッポンで政治的云々やるヤツは歌詞にやたらと拘るけど、逆なのである。音楽として良いからこそ、政治的メッセージが生きるのである。イケメンがマジ話すると皆が耳を立てるけど、ブサメンがマジ話をすると皆がウザったがるのと同じ事である(笑)だからソイツが極右であろうが極左であろうが、すごい音楽をするのであればワタクシ的には大歓迎なのであるが・・・

D

コレをカネ払って聴きたいのかって話である(笑)ワタクシが前々回あたりに言ったと思うが、正論論破しても他人は説得できないのである。他人を説得しようと思ったら、まず説得できるだけの魅力と説得力が必要なのであり、この場合は純粋な音楽としてのカッコ良さがソレに当たるのである。ただまぁ、魅力がないから知識と正論に走ったサヨクとそのワナビー達には、その事は理解できない&理解したくないだろうなとも思うのである┐(´-`)┌


*反権力って何ですか?

 ソレより何より、ロックは反権力なモンかも知れないけど、コイツ等は反権力なんかじゃない。ココ重要である。ワタクシがサヨク連中や、ニッポンで反権力ソング歌ってるヤツらに共感できないのは、ソレがホントの反権力じゃないからなのである。連中は反権力じゃなくて、別の権力の手先だからである。連中は自民公明アメリカ欧米批判はするけど、社民共産中国韓国の批判は絶対にしないどころか、ソレを支持するような主張も少なくない。ドストエフスキーは「戦争ってのは違う神を信仰してる者同士が”相手の神をやっつけろ!”って動機で始めるモンである」と言ったけど、つまりそういう事なのである。


D


 コレなんかが正にソレである。ワタクシは断言しても良い。コイツが好む勢力が権力を握ったら、コイツは間違いなく権力の走狗になり、反対する者を弾圧するであろう、と。そう、ホントの意味での反権力ってのは「神なんか要らないッ!」って主張する事なのである。弾圧する側にもされる側にもならず、自分意志自己責任で(他人の権利侵害しないよう)自分のために生きていく。ソレが反権力なのである。でも真の反権力ってその覚悟が無いヤツからしたら重た過ぎて背負い切れないから、結局多くの人は何らかの権力に従って生きていくのである。とまぁ「権力ガー、自由ガー」って話をしても面白くも何ともないので(笑)お暇するに限る今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160622220530j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160622

2016年06月20日(月) OMINOUS DOCTRINES OF THE PERPETUAL MYSTICAL MACROCOSM このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

By 野村克也


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


読書する際の三ヶ条

 1つ、書かれてる事がホントに正しいのかどうかを吟味する事。2つ、ソコに書かれてる事と実際のシチュエーションとの乖離の有無をチェックする事。3つ、自分自身の読解力を絶対視しない事。ワタクシが何かの本の内容をネタにする際、常に念頭に置いてる3つのである。でもってワタクシの知る限り、本やネットの知識でドヤ顔するヤツってのは、大概この3つを疎かにしてる場合が多いのである。なぜそうなるかって、楽な上に責任を取らなくて良いからである。有名な出版社や有名な著者のソレなら「有名人が言ってるから」って箔を付けられるし、間違ってても「有名人なのにウソついたアイツ等が悪い」って責任転換できる。だから自分で考えないのである。


 ワタクシは前々から言っているのであるが、本やネットで得られるのは、そのままで情報や参考資料しかないのであり、決して知識ではないのである。知識を料理に例えると、情報や参考資料は食材でしかないからである。ショボい料理人は100種類の食材があってもショボいメシしか作れないが、優れた料理人は10種類しか食材がなくても美味いメシが作れるのと同様に、本やネットに書かれてる事を如何に取捨選別しアレンジするかが、本やネットを引用する際のキモだとワタクシは思うのである。だからココ最近のワタクシは無暗にデータを並べ立てるような事はせず、可能な限りワタクシ自身言葉で語ることにしてる次第である。ソレで叩かれたとしても、ソレはソレで勉強になるからである。


モータースポーツドーハの悲劇

 稀勢の里白鵬が全勝で並んだ大相撲千秋楽、優勝を決める大一番で、稀勢の里が土俵際まで白鵬を追い詰め、あと一歩前へ踏み出せば稀勢の里の初優勝&綱取りもアリ!が、その時不意に稀勢の里の廻しが緩み、そのまま廻しが取れてしまって稀勢の里の不浄負け!優勝はまたも白鵬!・・・先日の【ル・マン24時間レースにおけるトヨタの悲劇】を相撲で例えると、丁度こんな感じなのではないであろうか(笑)サッカーに例えると、サブタイ通りドーハの悲劇が正にそのまんまなのである。その時ワタクシは別の仕事してて、レース終了15分前にライブタイミング見て「勝った( v ̄▽ ̄)」って確信して仕事に戻り、その20分後にトヨタ初優勝の瞬間を一目見ようとネット開いたのであるが・・・


D


        ________
       | ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       | |       /       .::::::::::::::::::::::\
       | |       /          ..::::::::::::::::::::::::|
       | |      .|          ...:::::::::::::::::::::::::|
       | |       |        ....:::::::::::::::::::/
       | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
       └___/ ̄ ̄        :::::::::::::::::::::::::|
       |\    |           :::::::::::::::::::::|
       \ \  \___      ::::::





       ________
       | ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       | |       / ⌒  ー、  :::::::::::U:\ 
       | |       /( ○)}liil{( ○)   ::::::::::::::| 
       | |      .|U⌒(__人__) ⌒   ::::::U::::|
       | |       |   |r┬-| U...:::::::::::::::::::/
       | |____ ヽ  `⌒´.....:::::::::::::::::::::::<
       └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
       |\    |             ::::::::::::::::::::::|
       \ \  \___      ::::::

 このAA通りの反応をしたのは、恐らくワタクシだけではない筈である(^_^;)コレで優勝を射程圏内に収めながら2位になること4回目、運に見放されるにも程があるぞトヨタって話である(´・ω・`)こんな時に備えてトヨタは3台体制で出してれば云々、可夢偉スピンしなければ1−2態勢だったから6号車が勝っていた云々、エンジン含め全てを一新したから云々もあるけど、ワタクシ的な感想は「ソレでも結果が全て」ってトコである。もしトヨタとポルシェ立場が逆ならば、ニッポンモタスポファンは「ポルシェが可哀想だ、優勝したトヨタは優勝を返上すべし!」とか言うであろうか?当然ノーであり、つまりそういう事である。


 ただ調べてみると、上記の格言ではないけれど、やっぱ勝ったポルシェにも敗れたトヨタにしても、やっぱソレなりにそうなる要素があったのである。何ちゅーか、やっぱ双方のメーカーのモタスポに対する取り組みの差ってソレなりに出ていたのである:

つまりトヨタにも何だかんだ詰めの甘さはあったのである。ソレに対しポルシェはソレに備えて周到に準備してて、運河どう転がるか分からんからこそ最後までワンチャンに備えてて、そのワンチャンを見事にモノにしたってワケである。運が絡む事が非常に多いからこそ、ソレに備えてソレ以上の準備をする。何ちゅーか、ル・マンで最も多く優勝してるだけはあるのである(^_^;)


*今後に期待大

 ただワタクシ的に感心したのは、トヨタがココまで健闘できてるって事である。上記でポルシェを白鵬、トヨタを稀勢の里に例えたけど、ホントにソレ位まで強くなってるのである。因みにアウディは、まぁ鶴竜といったトコであろうか(笑)再参戦の1〜2年ぐらいはショボかったのだけど、ソレが一昨年総合優勝してしまったのだから、十分過ぎるほど成長はしてるのである。サッカーのニッポン代表もドーハの悲劇を経てワールドカップ常連になったのだから、トヨタにも今のまま参戦し続けて経験を積み重ねていれば、ル・マン初優勝はそんな先の事じゃないとワタクシは期待してるのである。古人言うトコの「継続ナントカなり」である。


 でも何だかんだ言って、やっぱWEC面白いのである。多分レギュレーション的に最も成功してるモータースポーツの1つなのではないであろうか。もう重箱の隅を突くしかやる事がないF1とは違って、WECじゃやれる事のバリエーションが凄く広いから、機械好きとしては見ててワクワクするのである。まぁ中には「LMP1なのにLMP2よりも遅いFFマシン」などというシャレにならんマシンも出来上がったりするのであるが(笑)

D

確かにコレやった日産バカだけど、バカできるぐらいレギュレーションの幅が広いのもWECの魅力でもあるのである。確かに日産のやった事はバカだったけど、何もやらない他メーカーよりかは遥かにマシだとワタクシは思う次第である。というワケでトヨタや日産以外もニッポンメーカーはガンガン参戦してほしいんだけど、そうはならないだろう事が安易に予想できるのが悲しい今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160620223815j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160620

2016年06月18日(土) NEFARIOUS DISMAL ORATIONS このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


成功は小さな損失を避けることによって得られるものではない。大きな成功を追い求めることによって得ることが出来るのである

By ドナルド・トランプ


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


成功者コンプレックス

 つい最近辞表を出したばかりの舛添都知事の事についてだが。今回【ワタミのアレが立候補云々】って話を聞いたのと、あと身内にこの2人と似たようなヤツが居たのを思い出し、ようやくワタクシの脳内で合点が行ったのである。この3人の共通点は何か?ワタクシが思うに「強烈なコンプレックスを抱え、そのルサンチマンとして成り上がったヤツ」ってトコである。こういうヤツが運良く成功を掴むと、ソレを以って「俺は勝ったんだッ!俺は正しかったんだッ!だから負けたヤツは皆、俺に屈服して敬う筈だッ!」って考えちゃう事が少なくなく、今まで溜めに溜めた鬱憤を爆発させて、自分の本性を丸出しにして行動しちゃうのである。だから、傍から見ればトンチンカンな事でも、本人は至ってマジなのである。

D

 そう、コンプレックスとルサンチマンで成り上がったヤツってのは、その根底に「今まで俺を嘲け笑ってたヤツを見返してやるッ!復讐してやるッ!」「俺はお前らに打ち勝ってこの地位を得たッ!誰にも渡すものかッ!」ってのがあるのである。だから外野が何を言っても「コイツ等は俺に嫉妬してるッ!俺を引きずり下ろすつもりだけど、そうはいかないッ!」って心を閉ざすワケである。そういうモンを持たない人にとって成功や出世人生の一部だけど、そういうモンを抱えたヤツにとっちゃ成功や出世は人生の全てなのである。だから何が何でも手放そうとしないし、ソレを守るために(傍から見れば)醜い争いをも厭わないのである。


*蒼きレッドホット回転系部品

 そう、先日の舛添要一石原慎太郎比較にも、この点が反映されているのである。ワタクシが見るに舛添は典型的なコンプレックスとルサンチマンの塊だけど、石原にはソレが無い(或いはあっても少ない)のである。だから同じ様に贅沢に振る舞っても、石原のソレは自然体に感じられて、舛添のソレは卑しさと嫌味が感じられ、ソレが都民的にカチンと来るワケである。とまぁ既に終わった話で盛り上がるのもアレなので(笑)話題を変えるとしようジャマイカ

1巻から欠かさず読んでるコレも、気が付いたらもう117巻まで来てたりするのである。もうネタ切れかと何時も思うんだけど、クルマ技術ってのは何処までも伸びていくモンであり、一度特集したソレでも数年後には新技術が登場してるから、同じネタを何回ループさせてもネタが尽きないってワケである(笑)この回転系部品ももう何も無いかと思ってたのであるが、まだ新しい技術が色々出てくるからビックリである(^_^;)


D

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ通称レッチリ)の5年振りの新作である。レッチリはガキの頃から全盛期をリアルタイムで追ってきたので、一応ファンだったりするのである。流石に昔のようなハジけまくりカオス空間はもうないけど、何ちゅーか「酸いも甘いも体験してきた大人にしか生み出せない何か」ってのが感じられるのである。ワタクシは初期時代のファンなので今のは中々ツボらないのがアレだけど、コレはコレで良いんじゃないかとも思う次第である。


D

このゲームやってこの曲がえらく気に入ったのでiTunes探したんだけど見つからず、結局CDアルバム買うハメになったのである(^_^;)CD4枚で60曲入ってるのに、iTunesに落としたのはたった8曲で、恐らく残り52曲は今後聴く事は無いだろうと思われるのである( ̄〜 ̄)ワタクシがダウンロードストリーミングを好むのは手軽さや携帯性もそうだけど、こういうムダを最小限にできるからである。この手のマイナーゲーム音楽はiTunesでも少ないので、拡充を望む次第である。


成り上がりのススメ

 話は戻って、ワタクシは別に”成り上がっちゃいけない”などと言う気は毛頭無い。人間欲望ってのは凄まじいエネルギーを生み出すモンであり、正しく扱えれば自分のためにもなるし、人類の役に立つからである。ワタクシが言ってるのは「コンプレックスとルサンチマンを抱えたまま成り上がるな」って事である。ウ○コバケツ一杯分のシャネル5番を振りかけてもウン○のままであるのと同様に(笑)コンプレックスとルサンチマンは何処まで行っても負の感情でしかないのである。だから持たないように心掛けるか、あるいは成り上がる前に克服しなければならないとワタクシは思うのである。そうでなければ、何時かその負の感情に足を掬われるからである。


 ソレさえ克服できるのであれば、猫も杓子も成り上がるために全力投球すべきだとワタクシは思うのである(笑)某野党が「夢は正社員になる事」などという政党CMを流していたのだが、何ケツの穴の小さい事を言ってるんだって話である┐(´д`)┌正社員になって一生安定する事に、全身全霊から発する怒涛のエネルギーを注ぎ込む余地なんぞあるワケないのである。今のニッポン必要なモンは何かって、色んな方向からの成り上がるチャンスなのであり、そして成り上がりに失敗した時のセーフティーネットの拡充なのである。とは言え、安定と安心を何よりも愛するニッポン人には受け入れ難い&ココで政治を語っても面白くないので(爆)お暇するに限る今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160618221437j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160618

2016年06月16日(木) MAGNIFICENT GLORIFICATION OF LUCIFER このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「智者には説き、愚者にはアジれ。大衆を動かすには、少々馬鹿げたことも言わねばならない。識者は腹の中で冷笑しているが、大衆はこれで動く。九割が動き出せば、理智的な残りの一割は嫌でもついてくる」

By 辻政信


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*恐怖七度

 名作とそうでないモンの違いは何か?ワタクシは「フォロワーの有無」だと思うのであるドラクエテトリスとスト2の何が凄いかって、ソレそのもの面白いのもそうだけど、その後にアホ程フォロワーを生み出した事にあるのである。でもって生み出されたフォロワーからまた傑作が出て、その傑作がまたフォロワーを生み出して、一大ブームが生まれるのである。そう考えれば「バイオハザード(以後バイオ)」シリーズもソレそのものが面白かった&フォロワーも結構生み出した&一時的だけどサバゲーブームにも貢献したことから、バイオは名作だと言って良いと思うのである。でもってその名作が、遂に新作を生み出すんだそうである:

D

ワタクシは初代からのバイオファンなので、フツーだったら「和ゲーの逆襲キタ━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!」って喜ぶトコなんだけど、残念ながらそうは問屋が卸してくれなかったのである(笑)ちゅーのも、前作のバイオ6がとんでもないクソゲーだったからである。4と5は「今までとは違うけど、まぁコレはコレでアリかな( ̄〜 ̄)」って思ってたのであるが、6は完璧なまでにダメだったのである:

一言で表せば「ゲームである必要性が無い」という事である。和ゲーによくある「ストーリー性ガー」ってヤツで、ソレを使って大いに盛り上げようとした結果、ゲームとしてはひどく退屈なモンになっちゃってるってワケである('A`)何ちゅーか「ソレなら実写かアニメでやれよ」ってワタクシは言いたくなるのである。ストーリーが大事なのは分かるのであるが、ゲームである事を忘れちゃならんのである。だから今回の7は、ワタクシ的には様子見って感じなのである。


*人は革命理念にではなく、革命家についていく

 このサブタイ言葉は大坊時代部活の先輩から教えてもらった言葉であるが、人間社会というモンを良く表してる言葉だと思うのである。今回の舛添要一東京都知事の辞任問題にと、ソレに関連して【石原慎太郎はもっとメチャクチャやってた】って話が出てきた時にも、ワタクシの脳裏にはこのサブタイの言葉が浮かんできたのである。そう、この言葉の意味をよく分かっていたのが石原氏で、ソレを全く分かってなかったのが舛添氏なのである。舛添氏は盛んに「違法性は無い」「私は論理的にやっている」って言葉を繰り返すが、たとえソレが正しかったとしても、その言葉に説得力は無いのである:

D

でもって石原氏の場合はその逆で、言ってる事ややってる事は結構メチャクチャだけど、その言葉には変な説得力があったのである。だから石原氏時代は三国人発言やら四男の問題やら、舛添氏以上の問題が色々あったにも関わらず、辞任どころか4回も当選しちゃったワケである。


 そう、人間ってナマモノは「人か理論か」と問われた時、その多くは人を選ぶのである。なぜなら理論は有限だけど、人は無限だからである。理論ってのはそれに当てはまる時だけは有効だけど、少しでもずらされたり範疇外の事だと無効になってしまうのである。じゃあその場合、どうやって決断するのか?答えは「人が決断する」である。だから説得力のある人の周りには人が集まって、集まった人が力を持つようになり、その力が大きいと時には正論が通らなくなるのである。そう、理論や知識って一見強く見えるけど、実は思ったよりも弱いのである。人は何となくソレが分かるから、選挙だと石原氏タイプの候補者が勝ち易いのである。


 だから他人と話していて、他人を説得しようと思ったら、無暗に正論や反論を並べるのは効果が無いどころか、時には逆効果ですらあるのである。だから他人を説得しようと思ったら、まず自分が説得力のある魅力的な人間になる必要があるとワタクシは思うのである。でもって選挙なんかが分かり易い例だけど、サヨクにかぶれるようなヤツはコレが分かってないのである。人を説得しようとして知識武装して論破しようとしても空振りに終わり、ソレが原因で周囲からも疎んじられて、ソレを逆恨みして世間や国のせいにして、最後は同じような境遇のヤツらで固まって傷を舐め合う。サヨク政治家やサヨク評論家にカッコいいヤツが居ないのは、つまりそういう事である。


*その日まであと5ヶ月

 さて、話をまたゲームに戻すとしようジャマイカぶっちゃけバイオ7は上記にもあるように「超やりたいってワケじゃないけど、余裕があったらやってみたい」って感じである。ただまぁ1や2で味わえた怒涛の恐怖ってのは、もう二度と味わえないんじゃないかなと思う次第である(^_^;)敵が何処から襲いかかってくるか分からず、弾薬も薬も限りがあって、アイテム数の制限もあって、セーブポイントも限られてる上に回数制限がある。敵や戦闘以外でも常時恐怖感に晒されるストレスと、ソレ等を切り抜けた後の反動からくる達成感と、無限ロケランで無双するカタルシス。7になってソレが復活するか否かが、シリーズ人気再建に欠かせない要素だと思うのである。


 まぁそんな事よりも、ワタクシはこっちの方が遥かに気になっているのである:

D

こっちは発売まであと5ヶ月となったのだから、もう何ちゅーかワクテカが止まらんのであるo(^∇^)oR35NISMOとNDが収録されていて、しかも首都高コースまでも収録されてるのだから、ワクテカしない方がどうかしてるのである(笑)さてもういい加減遅いので、お暇しようと思う今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160616223011j:image

ちゃっぷりんでベイベちゃっぷりんでベイベ 2016/06/18 12:25 モータースポーツに熱中し始め、手に届きそうなレースゲームに興味がわき始めたちゃっぷりんでベイベです!

先日、アクセス製のレーシングシミュレータで遊んできました。PSPのグランツーリスモではすぐ酔い、オンボード動画でも酔っちゃうので、どんなもんかと試してみてきました。
結果、まったく酔わず楽しめました!

ここで質問なんですが、レースゲームをディスプレイとハンコンでプレイされていると思うのですが、気持ち悪くならずに楽しめますか?

LiongHMDLiongHMD 2016/06/18 19:08 こんにちは、ちゃっぷりんでベイベ様m(_ _)m

アクセスっていうと、あの7軸シリンダーのアレですよね。
実はワタクシ体験した事無いので、正直羨ましいッス(´・ω・`)

>レースゲームをディスプレイとハンコンでプレイされていると思うのですが
>気持ち悪くならずに楽しめますか?

ワタクシに言わせれば、レースゲームを通常コントローラーでプレイする方が気持ち悪いですハイ(笑)
ワタクシもFPSで3D酔いする体質ですが、ハンコンは問題なく快適に使えてます。
上記のアクセス製が無問題で、ゲーセンのレースゲームやっても大丈夫ならば、家庭用でも大丈夫だと思います。

もしご心配ならば友達とかの家でプレイさせてもらったり、何らかのグランツーリスモ関係のイベントでやってみると一層確実ですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160616

2016年06月14日(火) INVOKING THE MAJESTIC THRONE OF SATAN このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


社会的正義暴力によって得られることはない。暴力は、正義が創ろうとしているものを台無しにしてしまう」

By ヨハネ・パウロ2世


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*マジメなヤツには要注意

 実を言うと、ワタクシはマジメな人間が好きではないのである。何故なら視野の狭いマジメなヤツってのは、融通が全く聞かない、物事について「なぜそうなのか?」を考えないのもそうであるけど、一番はやっぱ「マジメさに逃避するヤツが多いから」である。マジメなヤツがルールやお作法通りに問題を処理したとして、もしその通りにやっても問題が解決しなかったらどうするのか?ワタクシが目にした答えの多くは「”私は一生懸命やったのだから、問題が解決できなくても仕方がない”って言って問題を放り投げる」である。そう、ワタクシがマジメなヤツを好きになれんのは、心の奥底にこういった自己中心性が感じ取れるからなのである。


 分かり易く言えば、この手の”形だけのマジメさ”に固執する奴の本音ってのは「悪者になりたくない」なのである。ルールや伝統やお作法に従う事のメリットは何かって、ソレさえ守ってればグループの中の一員でいられる事である。グループの一員でさえいれば繋がりが保てて、その繋がりがあれば万が一の時にも安心できるし、何より孤独に陥らずに済む。でもってルールや伝統やお作法をマジメに守るという事は、ソレ即ち「私はこのグループに対し従順ですから可愛がってください」っていう意思表示なのである。そう、形だけの忠誠を見せるヤツってのは、そのグループの永続を望んでるのではなく、そのグループにおける良い地位を狙ってるのであって、極めて自己中心的メンタリティーなのである。


D


 ただまぁ、ことニッポンにおいては、その手の生き方って非常に有用だったりするのである。ニッポンは実質単一民族国家だから、一つのコンセンサスにだけ従順であれば、ソレだけで安心して生きていけるからである。でもってニッポンという国は経済的にも豊かな部類に入り、水も安全も限りなくタダに近い。諸外国人達が「なぜニッポン人はココまで国や組織に従順なんだ?」って疑問を持つが、住んでみればその快適さが分かるってモンである。限りなく100点を追い求めるなら話は別だけど、70点ぐらいなら形式的にマジメでありさえすれば得られるのであり、そして大多数の人間は70点前後あれば満足できてしまうってワケである。


ヘイトスピーチって何ですか?

 話は変わって、ニッポンという国が独特の国家運営が出来てしまうってのも、この実質単一民族国家であるって事が大きいと思うのである。ワタクシは常々「実はニッポン人には立憲主義民主主義は合わない」と考えてるのである、コレは煽りだとか冗談だとかそんなんではなく、マジな話である。ちゅーのも民主主義ってのは欧米で生まれた概念であり、欧米は多民族多文化デフォだからである。民族宗教文化によって”正しい事”の概念が違うから、玉虫色になる事を承知の上で意見を聞いてもらえない少数派を生み出す選挙をやるし、最低限の「コレだけはやっちゃダメ」っていう法律を設けるのである。そう、民主主義や立憲主義って、基本的にガバガバな決まり事なのであり、最低限のノルマしかないのである。


 でもってニッポンは実質単一民族国家→この”正しい事”の概念をほぼ共有できちゃうから、善悪基準をキツキツにできちゃうのである。でも法律ってヤツは多民族多文化前提で作られてる事には変わりないから、結局ガバガバなまんまなのである。だから、こういう事が起こるのである:

D

そう、法律的自由よりも、道徳的規律が上回ってしまうのである。上記のマジメなヤツ云々でも語ったけど、人間ってナマモノ危険な自由よりも、安心できる不自由を選びがちなのである。だから「正しい事をしてるんだから、少しぐらい法律を逸脱しても構わない。たとえ国であっても、皆を敵に回してまで逮捕なんて出来ないはずだ」って考えちゃうのである。


 あとこのヘイトスピーチに関してだけど、ワタクシの考えはヴォルテールのソレと同じで「たとえ言ってる事に賛同できない事が間々あっても、ソレを言う権利は守られるべき」ってトコである。理由簡単、何が正しくて何が間違ってるかなんてのは、未だに100%の正解は無いからである。アリストテレスは疑う余地もない賢者だけど、その賢者様があの時代は「賢者が考えるためにだけ労力を最大限使えるようにするためにも奴隷必要」って主張してて、ソレがあの当時の”一番正しい見解”だったのである。で、ワタクシ等が今は最高だと思ってる人権云々、立憲主義云々、民主主義云々は、この先も正義でいられるのかって話であり、ワタクシは「ノー」だと思うのである。


*盗人にも三分の理

 そう、今はとんでもない暴論だったとしても将来ソレが正論になる確率ってのは、どんな言論にでも存在するのである。だから相手主権侵害しないという条件を設けた上での言論の自由ってのは、たとえソレが不愉快な事を言ってたとしても必要だと思うのである。だから上記のデモ行動にしても、ソレが法律違反でない限りはやる自由があるし、ソレを阻止する権利は何処にも無いのである。阻止した側に立つヤツは「社会的正義ガー」って言うだろうけど、ワタクシはソレに対し「お前さんの社会的正義とやらは、ホント普遍的な概念なのか?」と問い返す次第である。断言しても良いが、こういう事言うヤツは、間違いなくニッポン社会以外の社会を知らないヤツである。


 ソレにワタクシは常々思うのである。もし普遍的正義なるモンが存在するならば、ソレは間違いなく世界中採用されるであろう、と。何故なら人類歴史ってのは便利さ追及の歴史であり、便利なモンであればリスクが高くても人間は必ず採用し、やがてはそのリスクを克服するのである。船もそう、飛行機もそう、クルマもそう、コンピューターもそう、核技術もそうである。でもって正義というシロモノが何のためにあるのかというと、人間が生きる上での便利さを追求するためにあるのである。正義が便利さである以上、人間としては・・・って話がムダにややこしくなるのもアレなので(笑)さっさと〆るに限る今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160614222243j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160614

2016年06月12日(日) INTO THE INFERNAL REGIONS OF THE ANCIENT CULT このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「目に見え、数字化できるものだけを評価対象にするのは、客観的というより怠慢であろう」

By 斎藤茂太


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


練習練習アンド練習

 前の走行会の成果を総括すると、どうしても上記のサブタイになってしまうのである(笑)まぁ分かってた事だけど、やっぱ只管走り込んで、挙動限界をシッカリ見極められる&シッカリとコントロール出来るようにならなきゃ、ソコから先の話は無いのである(^_^;)今回のソレはあくまで小手調べ程度と考えて、次からはシッカリとテーマを以って走らなきゃならんみたいである。ンでもって改めて言うまでも無いと思うが、やっぱND5RCというクルマ面白いのである(^-^)決して上等な出来ではないし、探せば欠点なんか幾らでも見つかるけど、ソレでも「ココは抑えとくべきスポーツカーのツボ」ってモンは確実に全部抑えていて、尚且つ”顔”ってヤツがシッカリ見えているからである。


 そう、前にも言ったと思うけど、ロードスターってクルマは「楽しい」っていうよりかは「飽きない」のである。食いモンで分かりやすく言うと、お茶漬けとか素麺とか卵かけご飯みたいなモンである。突き抜けて美味ってワケじゃないけど、すごく取っ付き易い味で、毎日食べても飽きが来ないソレである。そうそう前の走行のソレだけど、この前R35タイヤ交換行った時に、早速Sオーナーからダメ出しを頂いてきた次第である(笑)

D

                           ---  _             まず褒めるべき点は、ロンさんは運転がスムーズだという事
                        ´          `  、         R35の時もそうだけど、何時も着実で大人しい運転をしている
                   /                 \
                     /                      ヽ     でも、これは大人し過ぎる。石橋を叩いて渡るにも程がある。
                    /                           ',     コーナリングでもっとスパッと切ってリアを流すようにして走れば
                /                            ',     我慢コーナーも最終コーナーも確実に鼻を向けられるし
              l                           l      鼻を向けられさえすればタイムはもっと上がる
                  l                      l        |
                  |       \    ヽ      /i  /  |. |    この2つとも基本は同じ、曲がりながらコーナーに入って行って
                  |      \  |\   |ヘ    / |  /  /  l     曲がりながらブレーキを踏んでいけば、リアが流れる
                 |.      ー‐|--\__|_ ヽ  /_,, |-/|´./ ト l      リアが流れるのを事前に見越した上でカウンターを入れれば
               ヘ   \   `⊥---.,-|、 ヽ /.セニTア| /  /.リ      出口で丁度良い角度で鼻を向けられるようになる
              ,,ゝ--t  \ ヽ込zク   n ' nLzク. ,リ.  /
         ,,, -..... ̄:::::::::::::::\  \ゝ ̄   ノ, ̄ 、___/ノ. /      ロンさんが丁寧に4輪を使って走ってるのは分かるけど
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  l`===´  '   / ∧ /       丁寧に使って走ってるからこそ、この2か所で脱出が厳しくなる
     /::::::::::::::::::;;....-...一'´` ー 、\|ヽ、    -  .イ / ソ         多分この走りで更に詰めていったとしても
    /:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ト .   .ィ´/|.} ./           アンダーステアが酷くなるだけ
    ヽ::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`Y`l::::::| /、.リ|/
     ヽ:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;;;-‐''´`ヽ:::}^ヽ:::/::::::)         もう少し、クルマが暴れるような感じで走らせてもいいと思う
      >':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \::::/::::::/l            このクルマはそう簡単に挙動が乱れないし
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,,, ---―――`---<:::::::ヽ            乱れたとしても簡単に制御できる
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::/          _ ,,⊥;;__::::}   , へ,        だからゼロカウンター気味にリアを上手く流して
    ./:::::::::::::::::::::::::::::::::/、                 `ヽ, /=ヽ ヽ,、       積極的に向きを変えていっちゃって構わない
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::/  ``ヽ、                ヽ  ヽヽ. ,、l
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::/      `>、                     |. |<ン  そういう走り方ができれば、どんなクルマでも速く走らせられる
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::i      /   `ヽ、             レ'      練習あるのみ

との事である(^_^;)というワケで、今オーダーしてるブレーキパッドの取り付けが終わったら、次はジムカーナあたりに挑戦してみようと思うのである。まぁ千里の道もナントカやらなので、着実に練習していくのみである。


*偉業って何ですか?

 そ、このNDというクルマで、タイムを追っかける事に意義はないのである。技術の向上の手段の一つとしてタイムを用いる事はあっても、タイムそのものを目標にする気はさらさら無いのである。タイムを上げるなんて実に簡単である。太くてグリップするタイヤを履かせて、足を固めて、パワー上げてダウンフォース増やせばいとも簡単にタイムなんて上がるのである。でもって、そんな面倒臭い事しなくても、同じコースをR35でアタックすれば済む話である。だから【スバルがWRX STIがマン島TTで4輪最速記録を更新】って言われても:

D

・・・・・

・・・・

・・・

・・

             ./ ニYニヽ
      r、r.rヽ  / (0)(―)ヽ
     r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \   ふむふむ・・・なるほどなるほど・・・
     |_,|_,|_,|_,| , -)    (-、.|
     |_,|_,|_人 (^ i ヽ__ ノ l |
     | )   ヽノ |  ` ⌒´   /
     |  `".`´  ノ
        入_ノ
      \_/
        /
       /



             ./ニYニヽ
      r、r.rヽ.  / (0)(0)ヽ
     r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \   で?っていう
     |_,|_,|_,|_,| , -)    (-、.|
     |_,|_,|_人 (^ iヽ__ ノ l |
     | )   ヽノ |  `ー'´   /
     |  `".`´  ノ
        入_ノ
      \_/
        /
       /

・・・というのが正直な感想である(笑)マン島TTって、基本的に2輪メインの場所であり、マン島最速記録は勿論2輪である。ソコを4輪で走って、しかも他に比較対象となる他車種も無く、オマケにノーマルではなく600馬力に改造したフルチューンドである。そんなんで走って「世界最高記録ッ!(キリッ)」ってドヤ顔で言われても「だから何?」としかワタクシには言えないのである┐(´д`)┌

D

 無論、数字を出すなとは言わないけど、スバル場合ムダな数字が多過ぎるのである。例えば【スバル新型WRXのライバルはポルシェ911?】の記事がいい例だけど「回頭俊敏性ガー」「ダブルレーンチェンジ通過速度ガー」って力説されたトコで「よしッ!911じゃなくWRX買うッ!」ってなるのかって話である。当然「ノー」である。タイムは出るけど足は腰の無いカチカチで、値段は安いけど色々ケチってるせいで内装も外装もショボく、WRCとかマン島TTとかを全く何も知らない人を魅了する何かも無い。比較対象となってる他のスポーツカーは数字的には弱くても、VABの倍以上の値段で売れるし、売り上げだってVABを超えている。ソレが答えである。


ノーモア数字語り

 コレだけじゃなく【スバル次世代プラットフォーム】のソレもそうだけど、スバルはクルマを数字で語り過ぎなのである。でもってスバルが自身のクルマを数字で語り続ける限り、スバルブランドは今以上に先に行けないとワタクシは思うのである。数字なんてのは良いクルマを作った後に結果として勝手についてくるモンであって、先に出すモンじゃないのである。学校テストで良い点を取る事ばかり考えてたら学問の何たるかを見逃してしまい、利口なヤツにはなれても賢明人間になれないのと同じ事である。上記記事にあるVABの比較対象は数字以上のモンを見据えてるからこそブランドなのであり、VABより高くても多く売れるのである。


 一番分かり易いのがロードスターである。ワタクシが言うまでもなく、ロードスターは遅いしショボい(笑)0→100km加速も、最高速度も、ニュル北のタイムも、昨今のスポーツカーと比べればカス同然である。が、ロードスターには上記にもあるように明確なキャラクターがあり、そしてソレは他の車種では味わえないソレなのである。だから遅くてショボくてもロードスターは売れ続け支持されし続けるし、逆に言えば速くてイケてるロードスターはロードスターじゃないのである(爆)だからスバルも意味分からんどーでもいい数字を前に出すのはやめて、ホント自分が良いと思ったモンを追求すればいいのである。さてもう遅いので、お暇しようと思う今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160612223718j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160612

2016年06月10日(金) TERMINAL REDUX このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「我々を走らせる軌道は、機関車にはわかっていないように、我々自身にもわかっていない。この軌道も、おそらくはトンネルや鉄橋に通じていることであろう」

By 芥川龍之介


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*速さよりも納得

 クルマを速くするなんて、実に簡単な事なのである自分が乗ってる車種に強いショップを探し出して、ソコに必要な分だけカネを持って行って、ただ一言「速くしてくれ」って言えばいいのである。冗談なようなホントの話、コレやるヤツって実際に居るのである( ̄▽ ̄;)こう書くと「ンなモン、乗りこなせなかったらど〜すんの?」と思われるけど、乗りこなせなくったって良いのである。プロドライバーに依頼してタイムアタックしてもらって、そのタイムを以って「このクルマは○×コース名)で何分何秒ッ!」って自慢できるからである。でもって自身はサーキットに行かないか、或いは行っても7〜8割で走る程度。何ちゅーか、ワタクシには理解不能世界である(^_^;)


 ちゅーのもワタクシは、他人からチヤホヤされる事に興味が無いからである。全く無いと言えばウソになるが、フツーの人よりも少ない事は間違いないのである。ワタクシは速いクルマに興味があるのは勿論だけど、ソレ以上に「なぜ速くなるのか」に興味があるのである。だからカスタマイズするにしても「コレを付ける事によって何がどう変わるのか、メリットデメリットは」を考えて、自分で体感し納得した上でカスタマイズしたいのである。だから敢えて、ノーマルだと不足すると分かった上で走りに行ったワケである。何をどうやって何が変わったかがシッカリ分かった方が、弄ってて面白いからである。ちゅーワケで・・・

ショップ行って、コレをオーダーしてきた次第である。ブレーキについて相談した所、やっぱワタクシ同様に「戦犯パッド」って答えが出てきたので(笑)じゃあ変えちゃおうって話になったのである。もう少し初期制動の強いパッドもあるのであるが、NDという軽量級のクルマの場合は強過ぎる可能性が高いため、敢えてマイルドなパッドを選んだワケである。危機はマイルドで、でも800℃まで耐えられるため、ワタクシの目論見にピッタリ合ってるのである。コレの装着がすんだらもう一回実戦投入して、その後また別の課題に取り組む予定である。


*続・タイヤの摩耗に何を想うのか

 さて最近はNDネタばかりだったので、久しぶりにR35ネタと以降ジャマイカ。とは言っても最近はR35で走りに行くような機会はメッキリ減って、最近じゃバッテリー充電するためだけに乗る理由を探してる有様だったりするのである(笑)まぁR35でまたコース出るのも秋以降になるだろうし、ソレまでは17年モデルニッポン発売まではロクなネタを用意出来ないだろうとは思うのである(^_^;)で、今回何をしたかというと、察しの良いロンマニアの方ならお気づきかと思われるが:

f:id:LiongHMD:20160609111755j:image

先週オーダーしてたニュータイヤが届いたのである。先週も述べた通り、今回も【純正NISMOタイヤ】に交換である。前にも言ったと思うけど、やっぱトータルコスパを考えると純正NISMOが一番だと判断したので、消極的に選ばせてもらった次第である。


f:id:LiongHMD:20160609114531j:image

f:id:LiongHMD:20160609114547j:image

やっぱ溝があるって素晴らしい事だと実感させられるのである(笑)写真見れば分かると思うが、フツーのタイヤならスリップサインから後ろにある溝が、このタイヤじゃ殆ど無いのである。でもってフツーのたいやなら8〜10ミリはあるスリップサイン前の溝も、このタイヤだと5〜6ミリしかないのである。つまり排水性が悪いから、ウェットコンディションに弱いって事なのである。新品の状態でも雨の日は結構グリップがアレだったのだから、摩耗した時のソレは言うまでもないと思うのである。だからNDが納車されて以来、雨の日にR35は乗らない事にしているのである。


*終わりなきコストとの闘い

 ワタクシがセカンドカー導入を決めたのは雨の日対策普段の乗りやすさの追求もそうだけど、一番はやっぱり「R35のタイヤコストが嵩むから」なのである。このタイヤが長持ちするタイヤならまだ良かったのであるが、生憎そうじゃないのである('A`)サーキットでガンガン減るのは言うまでもなく、街乗りでもガンガン減ってくのである。だから街乗りも兼ねちゃうと、タイヤの消耗がバカにならなくなるって話なのである(^_^;)でもって前後同時に交換したら、こんだけコストがかかるのである:

f:id:LiongHMD:20160609124407j:image

ホイールとタイヤのセットの値段?もしそうであったのなら、どんだけ優しい世界なのかって話である(笑)残念ながら、コレはタイヤ1台分+取り付け工賃の総額である。某ロンマニアの方曰く「消費税でフツーのタイヤが買えるよね」との事であるが、正にその通りなのである(´・ω・`)因みにNDだと国産の良いタイヤで1台分8諭吉前後で買えるし、安いアジアンタイヤなら2〜3諭吉で買えちゃうのである。何ちゅーか、セカンドカー導入して大正解だったのである(爆)


 というワケで、この夏に登場すると噂されてる【ポテンザRE-71RのR35サイズ】には結構期待してたりするのである。流石に純正と同じぐらいの性能までは要求しないけど、そこそこのグリップ力でそこそこライフが長いか、あるいはコスト的に優れていれば、ソレはソレで街乗り用タイヤとして使えるし、あるいは練習用タイヤとしても使えるからである。あとは実際使ってみてどうかってトコであるが、コレも人柱上等な人達をワタクシは若干名存じてるため、ソコんトコ心配無用である(笑)まぁ何はともあれ今のワタクシはNDをどうするかで脳ミソが一杯なので、ソレはその後に考えれば良い事である。さてもう遅いので、お暇しようと思う今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160610224335j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160610

2016年06月08日(水) OUTER ISOLATION このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


ゆっくりでも着実な者が勝つ」

By フェルナンド・アロンソ


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*筑波1000の魅力

 人間って不思議なモンで、一度実に付いた事はちょっとやそっとじゃ忘れないのであるND買った時は「久しぶりのMTだけど、ちゃんと乗れるのかねぇ(^_^;)」なんて思ってたけど、フタ開けてみたら至って無問題だったのである。こう書くと自惚れみたいに聞こえるかも知れないが、GDB乗ってた頃よりも上手くなってる希ガスのである。まぁND自体クラッチペダルが軽い&車体が軽い&1速がローギアード*1→元々乗り易いってのもあるんだろうけど、やっぱGDBの頃に養ってた感覚がそのまま残ってたってのが大きいのである。やっぱ最初はギクシャクするけど、慣らし運転が終わる頃には既に元に戻っていたのである。まぁ普段から「何時かコレでサーキット走る」って意識してたのも大きいと思うのであるが。


f:id:LiongHMD:20160605085031j:image

f:id:LiongHMD:20160529234453j:image

 さて、ウザったい前置きはコレぐらいにしといて(笑)本題に戻ろうジャマイカ。この筑波1000攻略のコツは、何といっても7と11のコーナーを脱出する時の姿勢である。ココに限らずどんなサーキットでもそうであるが、タイムを上げるコツは「長い直線のある区間を如何に高い速度で駆け抜けるか」であり、そのために重要なのが「直線区間直前のコーナーで如何に早く向きを変えて、如何に早く加速態勢に入れるか」なのである。このコースの何が良く出来てるかって、タイムを稼ぐ2つの直線区間(7→9と11→1)の前のコーナーがややこしい構造になってるトコにあるのである。ドラテクマシンセッティングが上手く行ってないと、ココを綺麗に脱出できないのである。


*FRって何ですか?

 という事前情報とコース図を頭に入れておけば、コレからお観せする動画を更に楽しんでいただけると思うのである(笑)言い訳するワケではないが、コースやMT操作は思い出せたとしても、FRでコースを走るのはホント初めてなんで、ソコんトコ御了承頂きたい次第である。では、早速1本目である:

D

まぁワタクシ自身がFR車でサーキット攻めるのは初めて&NDを限界まで攻め立てた経験も非常に少ないので、ちょっと(てゆーか、結構)余力残して走らせてた次第である(^_^;)ブレーキング時の挙動はどうなのか、コーナリングする時の荷重位置や移動幅はどうなのか、ギアチェンジは何処でやるのが適切なのか、どんだけアクセルを踏んでいけるのか、タイヤの限界はどこまであるのか、アンダーステアオーバーステアは何処で起きるのか、デフはどのぐらいで効いてくるのか云々。今考えると、よく走ってる時に脳ミソがパンクしなかったなと思うのである(笑)でもって2本目も同様に、攻めるよりも試行錯誤ばっかしてたのである:

D

乗って初めて分かった事だけど、やっぱFRって噂通り面白かったのである(^-^)FF4WDだと、前輪を操舵だけでなく駆動にも使う→ステアリング切り過ぎたらアンダーになるんだけど、FRだとソレが無いのである。まぁ車種にもよるんだけど、少なくともNDはそうだったのである。前輪は操舵にしか使わないから、ステアリング切ったら切っただけ曲がっていくのである。無論、切り過ぎると今度は後輪が横に滑っていくのだけど、ソコをカウンターステアとアクセル操作で立ち直していける。だからコーナリングに際しても積極的に攻めていけるし、MRRRみたいに一瞬で回る事も無い。だからFRは面白いのである。


*後半から本気出す

 とは言っても、ただ漫然と走ってるだけじゃ上手くならないので、的確なアドバイス必要になってくるのである。ライセンス走行するなら兎も角、走行会って殆ど場合プロドライバーによる同乗走行&走行アドバイスがセットになっているので、コレを利用しない手はないのである:

D

プロに実際乗ってもらって感覚を覚える&走行ラインのアドバイスを貰う&客観的に外から走行を見て貰う事により、注意点をより絞る事が出来るようになるのである。プロの意見を集約すると:

  1. NDは軽くて曲がるから、ラインはミドルから取っちゃって構わない
  2. もっと思い切ってスパッと曲げてけば鼻は向けられる
  3. バランススロットル、つまりヨーロッパドライビングで行くのなら、アクセル操作が重要
  4. NDはバランスの良いクルマでトラクションが掛かりやすいから、バランススロットルは使いこなせれば有効

という事である。そう、ワタクシはコーナリングに際して、ヨーロッパ式を採用してるのである:

f:id:LiongHMD:20130217003236j:image

元々はR35に最適な走り方として採用してたのであるが、NDでも有効な事に気が付いたのである。ちゅーのもNDは前後バランスが良い&重たいワタクシが後輪近くに座る形になってる上(笑)サスペンション形式上トラクションが掛かりやすいのである。だからアクセルでクルマの向きをコントロールするやり方が有効なのである。ちゅーワケで、その勢いでガンガン走るのみである(`・ω・´)

D

ブレーキング後にスパッと一気にステアリングを切って、ソコからはアクセルの開閉でクルマを操作するのである。この時点でタイムは48秒551である( v ̄▽ ̄)ワタクシのサーキットデビューがこのコースだった事は先日述べたと思うが、その時GDBで出したタイムが同じ48秒台だったのである。その時(8年前)と同じタイムを半分以下のパワーのクルマで出せるようになったのだから、ワタクシの成長を褒めてほしいモンである(笑)というワケで、念願の48秒切りの夢は、最終ヒートに託されたワケである(`・ω・´)

D

タイムは48秒550、皆に言われるまでもなく、0.001秒なんて機械誤差の範囲だって事は分かってるつもりである(´・ω・`)まぁでもNDでのサーキット走行は存分に楽しめたし、より一層NDというクルマの事が良く分かったし、今後の課題も色々と見つかったので、ワタクシ的には大成功である( ´∀`)b何ちゅーか「満足」以外の言葉が見つからないのである。


*今後の課題

 あとNDサーキット走行したもう一つの目的が「クルマの限界を見定める事」である。今回は殆どのパーツがノーマルのまま敢えて参加したのは、ソコから徐々にクルマを作り上げていくためである。ロードスターに詳しいショップに教わるがままにパーツを組むって方法もあるのだが、ソレじゃワタクシが納得も理解もできないのである。ワタクシは速く走りたいのではなく、より深く理解して上手くなりたいのである。だから敢えて不足上等でノーマルで挑んで、ソコから徐々に組み上げていく方法を選んだのである。でもって暫定的結論としては:

そう、ブレーキである。実は【ステンメッシュブレーキライン】入れた時に【フルードもDOT4のヤツ】に変えてあるのだが、やっぱパッドがノーマルじゃ厳しいのである(^_^;)だから次に走る前に、まずはブレーキだけでもどうにかしようと思ってる次第である。まぁソコんトコはコレからコムドライブに持ち込んでから考える&今使うとネタが勿体無いので(笑)そろそろお暇しようと思う今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160608221105j:image

*1:5.087

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160608

2016年06月06日(月) BLACK FUTURE このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


未来とは、現在によって条件づけられた追憶投影にほかならない」

By ジョルジュ・ブラック


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*久しぶりの筑波1000

 最後筑波1000を走りに行ったのが2009年だから、実に7年ぶりの筑波1000なのであるGDB時代は初めてのサーキット走行がココだっただけに、実質GDB時代のホームサーキットだったのであるが、R35に乗り換えて以来は余りにもコースが(相対的に)狭くなり過ぎたため疎遠になってしまって、気が付いたら7年も経ってしまってたってワケである。その当時から「何時かは程良い大きさで3ペダルMTのセカンドカーを購入して、また筑波1000を走りたいッ!」って思いを胸に秘めていたのであるが、遂にその時がやってきたのである。ND買った時から「NDのサーキットデビューはココしかない」ってずっと思っていて、下準備に時間がかかってしまったものの、ワタクシは戻ってきたのである(`・ω・´)

f:id:LiongHMD:20160605075810j:image

f:id:LiongHMD:20160605075815j:image

f:id:LiongHMD:20160605075817j:image

f:id:LiongHMD:20160605083851j:image

出発時には雨が多少降ったものの、到着時には雨は止んで、走る頃にはすっかりドライコンディションになったのである。だからこの写真だと濡れているが、実際走った時には既に乾いてた次第である。7年振りに感想一言で表すと「何も変わってない」といったトコであろうか。良い意味でも悪い意味でも、ホント何も変わっていないのである。


f:id:LiongHMD:20160529234453j:image

ちゅー事は、当然だけどコレはこのまま使えるのであり、今まで脳内で散々シミュレートした事がそのまま使えるって話である。後は実際走ってみないと分からんけど、同じなら作戦は立て易いのである。


f:id:LiongHMD:20160605080043j:image

f:id:LiongHMD:20160605075646j:image

f:id:LiongHMD:20160605075642j:image

今回は色んな車種が集まってきたけど、コースがコースだけに、やはり2リッター以下の国産車がメインである。ワタクシのように走りを楽しみに来たエンジョイ勢と、タイムアタックに全身全霊を込めるガチ勢の2コースがあり、当然ながらコース毎に車種とチューン度合いが全く違うのである。


*走行会のイロハ

 ワタクシのブログを訪れるロンマニアの方々の中には、クルマ属性を持つ方も少なくなく、実際にサーキット走ってる方も結構居ると思うのである。が、それでも圧倒的多数は「サーキットってどうやって走るの?」だと思うのである。ソコで今回【プロクルーズサーキットクロス】に参加した事をキッカケに、ワタクシがサーキット走行に必要な準備を一通り教えちゃおうと思うのである:

f:id:LiongHMD:20160605075114j:image

まずはエンジンルームだけど、この様に蓋の付いてるモンは全てテープで固定するのである。まぁ最近のクルマは振り回した程度じゃ蓋が外れる事なんか滅多にないのであるが、こういう走行会は安全第一なので、万が一も無いようにこうやってテープで固定するのである。


f:id:LiongHMD:20160605075453j:image

ヘッドライトが昔のクルマみたくガラス製ならテープは必須*1であるが、今時の車はプラスチック製なので貼る必要はない&当走行会でも定められてないのだが、ワタクシは貼るのが好きなので勝手に貼ってる次第である(笑)あと牽引フックも必須ではないが、付けておいて損は無いから付ける次第である。しかしまぁ、純正で付いてくる牽引フックのダサい事ダサい事(爆)社外のカッコ良い牽引フックが欲しい次第である。


f:id:LiongHMD:20160605075457j:image

ナンバープレート別に外さんでも良いのであるが、ラジエターの空気の通りを良くする→冷却効果が少しでも高めるために、ワタクシは外しておく次第である。


f:id:LiongHMD:20160605081147j:image

f:id:LiongHMD:20160605081152j:image

この日のために今まで苦労して装着した数々の装備が、ようやく火を噴く時がやってきたのである(笑)R35NISMOや911GT3みたいに純正で最適化されたモンを搭載してるなら兎も角、そうでないなら交換した方がいろいろと便利なのである。


f:id:LiongHMD:20160605081159j:image

フロアマットは走行中にズレてペダル各種に引っかかると厄介なので、走行前には外しておくのが吉である。ちいとばかし汚い希ガスが、細かい事は気にしちゃダメである(笑)


f:id:LiongHMD:20160605075505j:image

ワタクシがこのウィンドブロッカーを導入した理由であるが、後方視野が良くなるのもそうであるが、一番の理由は・・・

f:id:LiongHMD:20160605075605j:image

・・・こうやって車載カメラを固定するためである。この位置にカメラを持ってくる事で、実に良い角度で動画が撮れるのである。


f:id:LiongHMD:20160605081211j:image

でもって、両方のフロントドアにゼッケンを張り付ければ完了である。あとはトランスポンダータイム計測器)をリアのナンバープレートに張り付けて終了である。


f:id:LiongHMD:20160605080217j:image

あとタイヤの空気圧は思った以上にタイムに影響を及ぼすので、ちゃんとした良いエアゲージを用いて空気圧管理をしておくと吉である。一番簡単方法はまずドアに貼ってある標準の空気圧に設定しておいて、ソコから少しづつ抜いて調整すると良いのである。


f:id:LiongHMD:20160605080452j:image

長袖&長ズボングローブヘルメットは必須として、工具箱の他に持っておいて便利なのがビニールシートと椅子である。ビニールシートがあれば荷物が地面で汚れないのは勿論だが、こうやって巻く事で突然の雨をしのげるからである。あとパラソルがあれば直射日光も防げて更に完璧なのであるが、流石にNDにゃ積むスペースが無いのである(笑)


*走行会を楽しもう

 でもって察しの良いロンマニアの方ならば、動画の準備ができてない事は早々に予想できてると思うのである(笑)一昔前の走行会は「走れりゃいいんでしょ走れりゃ」みたいな殺風景さがあったのであるが(笑)今は若者のクルマ離れ*2もあって、主催者側も色々と趣向を凝らすようになってきてるのである:

f:id:LiongHMD:20160605083833j:image

f:id:LiongHMD:20160605075943j:image

f:id:LiongHMD:20160605075939j:image

プロドライブ】によるホイールの展示会&【ポテンザ】によるタイヤの展示会である。でもってコレ、ただ展示するだけじゃなく・・・

f:id:LiongHMD:20160605093352j:image

f:id:LiongHMD:20160605093343j:image

実際に装着しての体験会も実施してたのである。因みにワタクシのはサイズが合うモンが無かったためパスした次第である。


f:id:LiongHMD:20160605093449j:image

f:id:LiongHMD:20160605093510j:image

f:id:LiongHMD:20160605093522j:image

ワタクシはエンジョイ勢だからタイムは気にしていないが、コンマ1/1000秒を削りに行くガチ勢の走りはやっぱ面白いのである。昔は筑波1000で40秒切れば上級者とされていたけど、今じゃ当たり前のように38秒台なのだから、何ちゅーか道具や技術進歩って凄いなと思うのである(^_^;)


 クルマを走らせるのが好きならば、1度でいいからサーキット走行をやってみるべし。ソレがスポーツカーならば尚更の事。今回サーキットを走ってみて、益々その確信を深めた次第である。ワタクシは常々、スポーツカーはスニーカーと同じだと考えてるのである。スポーツせずに街中だけで使っても快適なのだけど、スポーツに使った方が断然楽しいのである。スポーツだってムリせず適度に行えば安全かつ楽しいのと同様に、サーキット走行だってムチャせずに走れば安全で楽しいモンなのである。だからワタクシは「クルマを走らせるのが好きならば、1度でいいからサーキット走行をやってみるべし」と自信を以って言う次第である。さてもう遅いので、さっさと撤収するに限る今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160607002420j:image

*1:ぶつかった時にガラスの破片が散らばらないようにするため

*2もっと正確に言うと「カネの若者離れ」であるが

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160606
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村 にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村