アスペルガー医師ロンの日常 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


By TwitterIcon.com

2016年08月31日(水) THE BEAUTY PROCESS: TRIPLE PLATINUM このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


友情にも一目惚れはある。だがそれを打ち明けることは許されていないし、最初にあった時から感じていた尊敬共感を口にするには、時として長い間待たねばならぬ」

By アベルボナール


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*納車まで4年待ち

 クルマ属性があって且つ察しの良いロンマニアの方ならば、上記サブタイ意味が分かる筈である。そう、あの【新型NSX】を今オーダーしたらどうなるかの答えである。ホンダディーラー担当さん曰く「ニッポン向けの初回割り当て100台は既に完売していて、次は何時になるか全く分からん」のだそうである(^_^;)でもってその他色々と訊いてみたのだが、分かったのはこのぐらいである:

  • 上記にあるように、初回のニッポン割り当て分100台は既に完売
  • 欲しいのなら先ずは予約金300諭吉を支払ってからであり、支払われた後にオプションやら何やらの話し合いが始まる
  • 15度以上ある坂は上れない等、公道走行においての制限も色々と多い

何故そんな事聞くかって、ワタクシにはクルマを飾って眺めてハァハァする趣味は無いからである。ワタクシにとってクルマとは乗るモンであり、そして乗ったからには限界まで味わってみたい。ソレがスポーツカーなら尚更である。だから「もしもワタクシがコレを買うならば」を想定した時、サーキット走行は避けて通れない要素だからこそ、サーキット走行云々の話を聞く必要があったのである。サーキット走行するならタイヤ交換とオイル交換は頻繁になるし、国産車には漏れなく付いてるリミッター解除の問題もある。ソレが分からなければ、買いたくて買えても買えないのである。


 ただまぁ何となく分かってはいたけど、やっぱコレは先代NSXR35外車だとポルシェ911コルベットのような「日常ユースにも使えて毎日乗れる超高性能スポーツカー」としてではなく、イタリアンスーパーカーめいたラグジュアリーカーとして売ってるモンなのである。だからワタクシみたいに「FSWの30分枠を2〜3本走るとして、果たしてハイブリッドシステムバッテリーは持つのだろうか」なんて考えるのは無粋の極みなのであろう(笑)まぁサーキット走行云々を考えるんだったら、やっぱ素直にTypeRを待った方が良さそうである。というワケで、今まで長々とやってきた新型NSXネタは当分の間は終了である。多分(ちゅーか間違いなく)何処ぞのオーナーが納車後にサーキット走らすだろうから、今後はソレ待ちである(爆)


理想の足を求めて

 まぁ今日は大したネタも無いので、まったり進行で行くとしようジャマイカ(笑)まぁ百歩譲って買うとしても当分後のクルマの話は置いといて、今あるクルマの話をしようと思うのである。NDについてだけど、この度車高調の導入を正式に決定したのである。結局何をどうやっても純正足じゃサーキット走行時のタイヤショルダー摩耗が防げないという事と、あとワタクシは元々ヨーロッパ車めいた固くてしなやかな足が好きな事もあって、長いスパンで考えたら車高調導入が必要と考えたワケである。たかが車高調、されど車高調。良い脚を入れると、ソレだけでドライブ全然楽しくなる。ワタクシは今までのクルマでソレを実体感してるからこそ、導入に躊躇いは無かったのである。


 当初はビルシュタインオーリンズのサスキットを買おうと思ったのであるが、結局細かいトコでワタクシのニーズを満たさない場面が間々あるので、NDを任せている【コムドライブ】にて【EXMサスキット】をワンオフで作ってもらう事にした次第である。何せコムドライブでのNDの客は後にも先にもワタクシ1人なので、どーしてもワンオフになっちゃうのである(^_^;)でもって、どういう仕様にしたかというと:

  • ビルシュタインはその方がシッカリする&面倒臭いのは嫌いなんで、減衰調整は固定で
  • 車高は街乗りでの使い勝手を重視して20mmだけダウン。減衰が固定な分を車高で調節できるように車高は全高調整式
  • 主なステージは1000m〜2000m級のミニサーキットが主で、時速100kmで安定するように減衰を合わせる
  • NDは車体剛性が結構低い&街乗りもあるんで、バネは前7k&後4kほど。銘柄ハイパコにする予定

といった感じである。ワンオフの何が良いって、こういう細かい仕様まで全部好きな様に決められるトコにあるのである。こうやって自分好みの仕様を決めて、後はスーパーGTの現役メカニックでもあるOメカ氏や、ちょっと前まで現役スーパーGTドライバーだったYオーナーと話をしながら細かいトコを詰めていく。正に「自分だけの足回り」を作れるワケである(^-^)


 ただまぁソコまでやると、当然費用も嵩むってモンである(^_^;)が、ワタクシはこの出費が高過ぎるとは思わんのである。何故ならカネを惜しんで安い足回りにしたヤツをワタクシは何人か知ってるが、ソイツ等にはとある共通点があるのである。ソレは「皆が皆ケチった事を後悔して、新たに良いモンを買い直した」という点である。カスタムパーツは色々あれど、車高調ほど「安物買いの銭失い」という言葉が似合うパーツは他に無いのである。足回りは高くても良いから、出来る限り上等なモンを入れるべし。コレが車高調におけるワタクシのジャスティスである(笑)ワタクシの経験上だと、ビルシュタインかオーリンズ、この2つがベースならほぼ間違いないと言えるのである。


*もう間もなくシーズン突入

 気が付いたら8月ももう終わりで、2016年も既に2/3を消化してしまった次第である。ワタクシ的には昨日はまだ正月だったので、時の流れは早いモンである(笑)8月も終われば夏も間も無く終わりで、夏が終われば秋と冬が来る。そう、待望の走りのシーズンに突入するのである(≧∇≦)ワタクシが車高調の導入を決めた理由も実はコレなのである。車高調をオーダーして組み付けれるようになるまでに1〜2ヶ月を要すると考えられ、慣らしを含めたら+1ヶ月を見積もった方が良いであろう。でもって夏が終わったと言っても、実際に走りに適した寒さになるのは10月以降。そう、丁度このタイミングを狙ってオーダーかけたのである。


 というワケで、今年の2016年〜2017年の走りのシーズンは、R35とNDの二刀流で挑む予定である。昨年はNDの慣らし運転や、シートや4点固定ハーネス諸々で色々と難航してロクに走れなかったけど、オフシーズンでソレ等も無事にクリアして、最後の難関であった車高調も間も無く解決される予定である。そしたら後は只管に走りまくって、ワタクシのスキルをアップさせていくだけである。運が悪い事に【グランツーリスモ新作は発売延期になってしまった】が、その頃には実車の方で走りまくる事になるので、ワタクシ的には至って無問題だったりするのである(笑)さてその日が来るのが待ち遠しくて仕方が無いので、さっさと寝るに限る今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160901001952j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160831

2016年08月29日(月) HUNGRY FOR STINK このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


高慢論理ではなく、運命悪魔議論である

By ロバート・グリーン・インガーソル


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


貧困って何ですか?

 流石に毎回クルマネタだとクルマ属性の無いロンマニアの方々は飽きてしまうだろうから、今回は話題を変えるとしようジャマイカ(笑)貧困って言うとつい最近貧困の特集に出てきた女子高生が実は貧困じゃなかったっぽい件】でネット炎上してて、ソレに対しサヨク達が一斉に動き出して【貧困バッシングは止めろデモ】が起こったりとか【論点ずらし】を行ったりとか【コレは相対的貧困なんだ】と擁護したりとか、色々盛り上がってたようなのである。まぁサヨクも選挙が終わってネタが無くなったから、今度はコレで仕掛ける予定だった→バレて炎上した事で火消しに躍起になってるのであろう:

D

コレに対するワタクシの見解は「確かにこの子はビンボーだ」ってトコである。ワタクシが思うに、ビンボーには2種類あるのである。1つは「純粋にカネが無いからビンボー」であり、この子の場合はソレに該当しない。そして2番目が「カネの使い方が分からずにムダ遣いするからビンボー」であり、この子が該当するのがソレである。ネットの情報が全て正しいとは思わんが、少なくともこのカネの使い方はカネの使い方が分からんヤツのソレである。


 そして第2の見解は「そもそも貧困バッシングなんて起こっていない」である。この子が批判されてるのはカネの使い方のヘタさ故であり、貧しいのにカネ使ってる事へのバッシングではないのである。例えばこの子がアニメ専門学校に行くための資金を既に貯金していたのなら、余ったカネで何を買おうが自由なのである。でも実際は本来なら学校への入学資金として少しでもカネを多く貯蓄に回すべき&同じ映画を何回も観に行く時間があるのならバイトでもすべきなのに、そのカネを別の事に使ってたから叩かれてるのである。あの母娘が貧困に陥ってしまうニッポン社会問題があり、ソレさえ何とかなればあの子も困らなかった?ソレとコレとは話が別である。


*夢は贅沢品

 理想ってシロモノは、目の前にある山積みになった現実問題を1つずつ黙々と片づけている間に、気が付いたら既に達成していたモノ。他は知らんが、少なくともワタクシはそう考えてる次第である。だから上記動画JKみたいに軽々しく「夢を追っかける」なんて言葉を言ってるのを聞くと、思わずモニターツッコミ入れたくなってしまうのである(笑)ニッポンが豊か過ぎるから中々実感沸かないだろうけど、本来夢ってのは贅沢品なのである。夢を追いかけていい人ってのは:

  1. 夢の方から「諸費用はこっちから出しますから、是非ともウチに来てくださいッ!」って誘われるほど超優秀な人
  2. 夢を追いかけるだけの金銭的、時間的社会的余裕のある人
  3. 夢を追いかけるためならば全てを犠牲に出来る人

この3つの内、最低でも1つ該当する人だけである。エンタメ世界もそう、スポーツもそう、学問もそう、何だってそうである。そう、夢を追っかけるってのは、実はすんごい大変なのである。でもって上記のJKは、いずれにせよこの3つの条件のどれにも該当しない。だから安易に夢を追いかけるべきではないってのがワタクシの個人的意見である。


 えっ?そんなの不公平不条理だって?そもそも人生そんなモンである。自分が何時何処の誰の元に生まれるなんて選べないんだから、そりゃ不平等にもなるって話である。アメリカやニッポンみたいな裕福な国に生まれる事もあれば、ソマリア北朝鮮みたいな最悪の国で生まれる事もある。人格者な両親の元で生まれ愛されて育つ事もあれば、毒親の元で生まれて最悪な年少期を送る場合もある。健常者に生まれて人々の中でワイワイガヤガヤ楽しい人生を送る事もあれば、障害者として生まれて一生社会の外側で生きる事もある。不条理でやるせないけど、ソレが人生であり、世の中の理なのである。でもってソレは自分が悪いワケでも、親が悪いワケでも、社会や国が悪いワケでもない。誰も悪くないのである。


D


 じゃあ産まれ方が悪かった場合、どうすれば良いかって?ワタクシの答えは「その時その場で自分の出来る最大限の事をやる」である。国や社会は簡単に変わらないし、変わったとしても急激には変わらないし、変わる方向性も自分が望んだ方向に変わるとは限らない。でも自分を変えるのはすぐできるし、急激に変える事だって出来るし、自分の望む方向性に変えていく事だって出来る。確かに「国や社会が悪いのに、何故自分が変わらなきゃならないんだヽ(`Д´)ノ」って思う人の方が多いだろうけど、効率や確実性を考えると自分が変わった方が断然良いからである。ワタクシは発達障害関係の講演で度々この事を言うのであるが、多分ソレ言い過ぎたせいか最近はスッカリ呼ばれなくなってしまった次第である(笑)


*戦い続けてるから負けじゃない

 まぁ何ちゅーか、所謂弱者”をテーマにした講演の場合、やはり「私達生き辛さを抱えた人同士で相互応援し合って、社会に大きな流れを作って世の中を変えていこ〜(* ̄0 ̄*)ノ」的な講演の方がウケが良いみたいなのである( ̄〜 ̄)こう言っちゃ何だが、やっぱ世の中は「理不尽だけど認めて前へ進もう」って人よりも「世の中は理不尽であってはならないッ!都合の悪い事は認めないし知りたくないッ!」って考えるヤツの方が多いのである。だからこそ上記のようなサヨクビジネスが成り立つんだなとワタクシは思うのである(笑)サヨクが何をやっても連戦連敗する理由ってのは、世の中の理不尽さから目を逸らす事なのである。


D


 ワタクシにもサヨクやってる知人が若干名居るのだが、最近何となくソイツ等が何考えて行動してるか分かった希ガスのである(笑)何考えてるって、ソレはズバリ「戦い続けてるから負けじゃない」である。よーするに実際の結果とか勝ち負けは度外視して、単純に「私は良い事の為に活動し続けているんだ、私は役立たずなんかじゃない」って自尊心を守るのと同時に「やり続けていれば勝つ可能性が微小レベルでもあるかも知れない」っていう現実逃避であり、明確な戦略と勝算なんて最初からないのである。誰の為でもなく、単にテメェのエゴを守る為だけに活動してるのである。世の中を変えたいのであれば、まず他人に精一杯尽くす事、最近ますますそう思う今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160829233839j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160829

2016年08月27日(土) BRICKS ARE HEAVY このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「我々は年をとるにしたがって、良くも悪くもならないが、より自分らしくなってゆく」

By メイ・ランバートン・ベッカー


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*オッサンのオッサンによるオッサンのためのブランド

 新型NSXのインパクトがデカ過ぎてスッカリ忘れていたが、何時の間にか【レヴォーグSTIスポーツ】が発売されてたのである。まぁ何だかんだ言ってワタクシは色んなメーカーのスポーティーな車種には一通り目を通していて、コレもその一つである。でもってコレ、初月で3000台売れたそうであるが、どういう層がコレ買ってるんだろうなと思ったら【3/4が40代以上】なんだそうである(^_^;)まぁどんな層が買ったのか、何となくイメージが付くのである。年代から考えるに80〜90年代のスバルが尖ってた時代の影響を強く受けた、水平対向エンジンシンメトリカルAWD神話を信じている旧来のファンだろうと思われるのである。何ちゅーか、やっぱスバル伝説は未だ根強いんだなって事を改めて認識した次第である。


D


 でもって、このクルマに対するワタクシの率直な感想は、今も昔もコレからも「唯一の良いCVT廃棄処分されるCVT」である事を改めて述べる次第である(笑)フツーの足としてのクルマなら兎も角、スポーツという名が付く車種にCVTしか設定が無いってのは、ワタクシに言わせりゃ言語道断である(`ヘ´)冗談抜きでスバルが今後もスポーツ性を売りにしたいのならば、走りに適した2ペダルトランスミッションを開発しなきゃならんのだとワタクシは思う次第である。上記のスバル神話を信じる世代がまだ現役な内は、VABでやってるようにMTを搭載しときゃ誤魔化せるであろう。が、10年後20年後はどうするんだって話である。MTに頼りたくても、間違いなく若い世代は今以上にMT乗れないだろうからである。


*クルマ本諸々

 まぁワタクシが思うに、スバルはもうスポーツ路線からは距離を置くつもりなんじゃないかと思うのである。丁度今のスズキがそうしてるように、モタスポの為のエボリューションモデルを1〜2車種だけ用意して、メインは日常のクルマでって感じである。でもって上記みたいな車種は今はまだ従来のスバヲタが健在な内に、ソイツ等から稼げるだけ稼ぐだけのスポーツアピールって事なのではと(笑)んじゃ、話を変えようジャマイカ

クルマの練習に行きたいのは山々なのであるが、やっぱこの時期は暑過ぎるのであるι(´Д`υ)涼しい半袖で外に立ってるだけで暑さと湿気で体力がガンガン奪われていくのだから、レーシングスーツを着ようモンならミイラになっちまう事請け合いナシである(笑)まぁ走らん事にはチューニング云々を考えられんので、来月涼しくなる事に期待である。


こういうムックにはウェブカタログに載ってない情報結構あるんで、気になる車種があった場合は取り敢えず買う事にしてるのである。でもまぁどんなに情報を集めたとしても、クルマってのは実際にシートに座ってみない限り分からんモンなのである。写真で見る限り大したことは無かったけど、実際に座ってみたらすんごい良かった。クルマには良くある話である。


何つーか、何時の間にか隔月間発売されるようになって、ココでも定番となってきたのである。何が面白いかって、ニッポン雑誌にはない口上とイギリスらしいブラック皮肉言い回しである。田舎道の劣悪な舗装状況を「ウィリアム王子の髪の毛よりも薄い」って表現するのは、数多くあるクルマ雑誌の中でもコレぐらいなモンであろう(笑)そういうセンスが好きならば、この雑誌を最大限楽しめるであろう。


水野時代vs田村時代

 前回ワタクシは「17年モデルNISMOが300台もオーダー入った」って事で驚いていたが、その事について訂正したい次第である。正確に言うと【最初の一ヶ月で858台のオーダーが入った】中、NISMOのオーダーは【その半分の400台強】との事である(^_^;)何ちゅーか、そりゃホンダが新型NSXに2370諭吉かい強気の値段設定をする筈である。1870諭吉のNISMOがこんだけ売れてるんだから、そりゃ上手くやれば目標である月販100台は何とかなるってホンダも考えるであろうからである。まぁ何はともあれ、ニッポン製のスーパーカーが売れまくるのは、ニッポンのクルマ業界的にも良い事だとワタクシは思うのである。生憎、その折角のチャンスをスバルは逃したワケであるが(笑)


 でもって前々から思ってたけど、今回益々以って思ったのが「水野氏の肝煎りだった【スペックV】と【EGOIST】は何だったんだ(^_^;)」って事である。コレ言っちゃオーナーに大変悪いのであるが、あんだけ水野氏がアピールしたのにもかかわらず、前者は41台、後者は15台*1しか売れていないのである(´・ω・`)ワタクシは売り上げが全てとは言わんが、でもやっぱ売り上げってのは何だかんだ言って最も客観的物差しだからである。14年モデル以降は水野時代のファンから色々言われてるけど、14&15NISMOで合わせて200台、17年NISMOで400強*2である。どちらが正しかったのかは、10年後ぐらいじゃないと分からない。そう思う今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160827225724j:image

*1:共にニッポン国内での売り上げ

*2:いずれもニッポン国内での売り上げ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160827

2016年08月25日(木) SMELL THE MAGIC このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「新しいものは半分の人がノーと言うし、そうでなくては新しくない」

By 川久保玲


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


ゲーム定義

 ゲームとは何か?ワタクシの答えは「プレイするために主に自身の直接の能力を要する遊び」である。つまり自分自身が持つ判断力、体力、集中力、耐久力、知力、統率力といったモンを活用して目的を達するモンを、ワタクシは「ゲーム」と称するのである。だからポケモンGOはゲームなのか?】と問われたら、ワタクシは「ゲームである」と答える次第である。何故ならポケモンGOポケモンを集めるために足を使って探さなきゃいけないし、ソレを育てて戦わせる要素も自身の直接の能力を要するから、コレまたゲームの定義に適合するのである。だからギャルゲーエロゲー紙芝居だの何だの言われてるけど、選択肢を選ぶ判断力を要する時点でギリギリだがゲームなのである(笑)


 そ、コレは即ち「ガチャがモノを言うソシャゲーはゲームに非ず」という事である(笑)レアカードを得るためのカネは直接的な能力ではないし、ソレを得るための運も直接的な能力じゃないからである。だからワタクシ的な見解としては、パチンコやスロットはギリギリだけどゲームじゃないのである。でもって「ゲームじゃない」ってトコに、コレ等がウケる理由があるんじゃないかとワタクシは考えるのである。ソレは「直接的な能力が無くても勝てる」ってトコである。ソレが無くても勝てちゃうから、ソレが無いヤツ、ソレに自信が無いヤツが飛びついてくるし、ソレでしか勝てないから他の遊びに移行する可能性も低い。ホントダメ人間製造機な遊びである┐( -"-)┌


*Xデーがやってきた

 さて本日は、ニッポンスポーツカー史に新たな1ページが刻み込まれた日である。そう【新型NSX】の発売日である。コレは今まで散々話題にしていたのであるが、今回発売と共に詳細が明らかになった&今日は他にネタも無いので、この話をしようジャマイカ(笑)まず最初にワタクシが気になったのは、やっぱ肯定的記事の少なさである。9年前のR35初登場の時は「コレはヤベェ」とか「絶対乗るべし」っていう激推しの記事も多いが「乗せられてる希ガス」とか「上質さが足りない」とかいう批判記事も多く、ソレでメチャクチャ盛り上がってた記憶があるのだが、この新型NSXにはソレが無いのである。推し記事も推しが弱いし、批判記事も殆ど無い。故にワタクシは勘繰ってしまうのである( ̄〜 ̄)


 ワタクシがこのクルマに惹きつけられた一番の理由は「夢があるから」である。ワタクシは速いクルマには幾つか乗ってきたが、クルマってただ速いだけじゃやっぱダメなのである。同じホンダの現行シビックTypeRが良い例であるが、タイムをムリヤリ出すために太いタイヤを履かせパワーをトコトン上げてエアロパーツを色々付けて、その結果アンダーステアが強い&トルクステアが出まくる&見た目がゴテゴテしててカッコ悪い&普段使いや雨天時に差し支えるなど、速いけど歪なのである。人を5人乗せられて、荷物も積めて、尚且つ速い。確かに「出来るだけ多くの人に売って利益を出したい」っていう現実問題を考えると理解できんでもないのだが、ソコには夢が無いのである。


D

D


 夢とは何かって言うと、答えは「速く走るために徹底的にムダを削ったクルマ」である。重心を下げるために車高も座位置も思いっきり低くして、空力を良くするために車高を低く床をフラットにして、重心位置を最適化するためにエンジンは縦置きミッドシップにして、軽量化の為にアルミカーボンを多用した専用シャシーを用いる等々。そういうクルマは速いだけでなく余計なムダも少ないから、歪さが殆ど無い。そういう機械としての機能美の追求こそ、ワタクシはクルマにおける夢だと思うのである。でもってワタクシが見る限り、NSXって車種は先代もそうだったけど、ピュアスポーツカーの中でも際立って純度が高い。ソコがワタクシ的にツボなのである。


*夢vs現実

 ただ現実的に見てみると「ちょっとなぁ〜(´・ω・`)」って部分が少なくないのである。R35みたくスカイラインと同じラインで作ってない&流用してるモンが殆ど無いせいか、2370諭吉という車体価格だけでなく、各種オプションももれなく高いのである(´ヘ`;)オプションのカーボンパーツを諸々付けて、その上モデューロとかのスポーツパーツも付けたら、余裕で乗り出し3000諭吉オーバーである。まぁ何ちゅーか、ホンダは元々ワタクシみたいなギリギリでスーパースポーツ乗ってるヤツはハナッから相手にしてないのであろう(笑)ソレこそフェラーリとかランボルギーニだとかを何台も所有してるような人が「面白そうだから」で買ってく事を狙ってるのであろう。


 あとワタクシがまだ見極めてるのは「実際にサーキット走ってみてどうか」である。断言しても良いが、この手のクルマは街乗りオンリーじゃ絶対に持て余すからである。ステータスとして所有して、見せびらかしてチヤホヤされてソレで満足ってのなら話は別だが、生憎ワタクシは骨の髄までクルマを味わないと気が済まない変態である(笑)つまり満足にサーキット走行ができるか否かがワタクシの評価ポイントであり、ワタクシがR35やポルシェを高く評価する理由でもあるのである。だから実際に走ってみた人の生の声だとか、或いはサーキット走行に特化したタイプRがでるか、ソコがキモなのである。さて酸っぱい葡萄の話は読んでも書いてもアレなので(爆)さっさと寝るに限る今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160826000627j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160825

2016年08月23日(火) THE COMPLICATED FUTILITY OF IGNORANCE このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


現状維持というのは常に醜悪な思想であり、また現状破壊というのは常に飢え渇いた貧しい思想である

By 三島由紀夫


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*早いモンであと1年半

 もうすぐ12ヶ月点検を申し込む予定であるが、ワタクシのNDも気付いたら納車からもうすぐ1年である。R35の方は18ヶ月点検を済ませたばかりだし、時が流れるのは実に早いモンである。つまりR35の方は、最初車検までの折り返し地点まで到達してしまったってワケである。でもってコレは先日17年モデルの話を聞きに行った時からうっすらと脳ミソに浮かんでた事だが、やっぱ否が応にも「次は何に乗ろうかなぁ〜( ̄∇ ̄)」って考えが自ずと浮かんでくるのである。ワタクシは何台も同じ車種を乗り継ぐ程の熱狂的なGT-Rファンでもないし、かと言って今のを一生乗る程の忠誠心も無い(笑)だから次があるとしたら、ほぼ間違いなくR35ではないと言えるのである。


 無論、最初の車検までは乗り続ける予定であるが、2回目の車検は通さない予定である。最初のR35の経験則上(勿論使い方にもよるが)5年目か5万キロを過ぎたあたりからガタが出始めるし、中古価格も5年or3万キロ過ぎたあたりからドンドン落ちていくからである。でもってワタクシは好奇心が強いタイプなので、やっぱ同じ車種や同じタイプのクルマに乗り続けるよりも、もっと色々体験したいと思ってるからである。でもって先日、NHPCでGT-Rマイスターから聞いた話&ワタクシの情報網からの話をまとめると:

  • どうやら17年モデルを以ってR35はほぼ開発し尽くされ、今後2020年まで継続販売されるとの事
  • 当初はR35を開発し続けるための人員は、現在R36の開発に回ったらしい

まぁ眉唾モンの情報もかなりあるが、どうやら次はあるっぽいので先ずは安心である。でも上記にあるように、ワタクシは5年以上乗る予定は無い&色々新しい事をやってみたい&どんな車種でも初期型地雷なので、やはりR36に乗る可能性は低そうである(^_^;)


*破壊者に託す希望

 オリンピックもあっという間に終わってしまい、ネタに出来そうな国際的イベントが無くなってしまったのである(笑)こうクソ暑いと走る気もサバゲーする気もドライブする気も無くなってしまうので、ネタを確保するのがホント大変なのである(^_^;)大きなイベントと言えば11月8日のアメリカ大統領選ぐらいであるが、ソレもまた相当先の話である。まぁトランプvsヒラリーという恐らくアメリカ史上最低の大統領選になるだろうから、その時期が来ればネタ的に美味しい事になるであろう。まぁいずれにせよマジメな政治ネタはその手のマジメなブロガーさんの記事を読んだ方が良いと思うので、ロンマニアの皆様はくれぐれもワタクシなんぞに期待してはダメなのである(爆)


D


 まぁヒラリーは兎も角、何故トランプがあんだけ支持を得られたのか、ワタクシは何となく分かってきたのである。何ちゅーか、ニッポンで言うと共産党だとか鳥越だとかを支持するヤツのソレと同じメンタリティーなんじゃないかと思うのである。よーするに、トランプみたいなのを支持するヤツってのは、その候補が国を良くする事を望んでいないのである。寧ろ逆で、その候補が国をメチャクチャにしてくれる事を望んでいるのである。真っ当な権利大義名分でテメェの劣等感や抑圧感を晴らす、よーするにルサンチマンなのである。現政権既得権益に上手く乗っかって甘い汁を吸ってるヤツ等を、自分の”一撃”で倒したい。だからトランプみたいなヤツに投票するのである。


 まぁ要するに、ニートの願望を選挙に託してるってワケである(笑)自分が上手く行かないのは社会の仕組みや既得権益が悪いからであり、自分に問題があるワケじゃない。だからソイツ等がカネや地位権力を失うトコが見たい、全てを失ってガキの様に泣き喚くのが見たい。そして全てが破壊されてまた新しく作り直す時に、ひょっとしたら自分が今までやってきた事が見直されるかも知れない、自分が再評価されるかも知れない、自分が名声とカネを得られるかもしれない。そういった僅かな”希望”を、投票という手段を以って破壊者に託すのである。だから「コイツに投票したら今後どうなるか」なんて考える必要も無いし、社会への悪影響も考える必要が無いのである。


再生の先にある絶望

 というワケである。政治に限らず何かがメチャクチャになるのを喜ぶヤツってのは、大概その後の「ひょっとしたら自分が再評価されるかも」っていう希望があるから喜ぶのである。でもワタクシが思うに、その希望は決してやって来ないのである。何故なら混沌から再生する時に何より重要になるのは何かといえば、人望と能力だからである。だって全てが破壊されたのならば、当然秩序だって無くなってる筈だからである。秩序が無いトコに秩序を生み出せるのはどういうヤツかと言えば、力のあるヤツか、力のあるヤツをまとめる人望のあるヤツか、重宝される能力を持ったヤツである。だから破壊した後に再生されると、前以上に力とコネ技術がモノを言う社会になる可能性の方が高いのである。


 でもって、自分は一切何もせず、一切傷つかない安全地帯から投票と悪口しかしないヤツに、力も人望も技術もある筈が無いのである。そう、自分を”虐げている”既存の社会を破壊したトコで、その後更に自分を虐げる新しい社会が出来るだけなのである。故にワタクシはトランプみたいな候補だとか、あるいはサヨク政党みたいなのの公約は一切信用しないのである。そんなのにムダな希望を託して悶々とするぐらいなら、その時間で少しでも自分を高めた方が遥かに有意義だからである。社会は必ずしも自分に対し良くしてくれるとは限らないけど、力と人望と技術を持っていればどんな社会でも良くしてくれる。そう考えて努力はしてみたいものの、睡魔には抗えない今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160823232955j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160823

2016年08月21日(日) CREEP DIETS このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


タレントだってニュースだって、一番大切なことは、金になるか、ならないか。売れるか、売れないか。価値はそこだけだぞ」

By 永六輔


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


バイクvsクルマ

 別に今に始まった事ではないが、バイクが売れてないんだそうである。全盛期には年間328万台も売れていたのが、今じゃ年間37万台しか売れてないんだとか( ̄〜 ̄)まぁ理由は色々あるんだろうけど、一番はやっぱり「バイクを停める場所が無い」に尽きると思うのである。バイク買って外へ走りに出ても、街中では停めるトコが無い。停めるトコは無いけど、でも路駐すると緑の服の方々が切符を切りに来る。コレでどーやってバイク所有するんだって話である┐( ̄ヘ ̄)┌ツーリングなんて年に数回行くか行かないかだし、サーキットを走る人はもっと少ない。東南アジアみたいにバイクが普段の足として使えなければ、普及し様が無いのである。


D


 そう、クルマもそうだけど、バイクも乗りモンである以上、まず大事なのは「足として使えるか否か」である。だからバイクの売り上げを伸ばしたいのであれば、とにかく駐車場を用意する事が大事なのである。そうすれば「移動手段は欲しいけど、自分1人しか乗らないし荷物殆ど無いから、クルマ勿体無いんだよなぁ〜(´ヘ`;)」って人が「駐車場所があるならバイク良くね(・∀・)」って考えるようになるからである。でも実際にソレやったら、ホンダスズキ以外の自動車メーカーが「そんな事したらクルマ売れねーだろーがヽ(`Д´)ノ」って文句付けるだろうから、故にニッポンでバイクが普及しないんだろうなとワタクシは思うワケである(笑)


*アレの売れ行き

 そういえば発売されてもうすぐ1ヶ月だが、17年モデルR35の事は最近全くチェックしてなかった次第である(´〜`ヾ)まぁ元々買い替える気が全く無いのもそうであるけど、やっぱ発売から既に9年経っていて、新たにネタにする事も殆ど無くなってるからである。多分見えないトコで格段の進化は遂げているんだろうけど、ワタクシがそんな事に気付けるほど敏感じゃない事はロンマニアの皆様ならばご存じのはずである(笑)とは言えココ最近は暑過ぎて走る気もサバゲー行く気も起らない→よーするにヒマなんで(爆)あわよくば試乗車にありつける事を願って、お世話になってるNHPCまで足を延ばした次第である:

    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\
    |┃(●)  (●) \      いつもお世話になってるお
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\  
    |┃  |r┬-|     |⌒)   17年モデルの話を聞きに来たお
    |┃   `ー'     //
    (⌒ヽ      ̄ /     あと、試乗車あったら乗せやがれだお
    |┃ノ       /
    |┃       <
    |┃  __   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)






               _ .......::::::´:: ̄ ̄`::::...、
            ,....:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      あらお久しぶりね、ロンさん
         /イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::i
        ./' /::::::::::/:::;、:::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::l      試乗車だけど、残念だけどまだウチには来てないわ
        / /;:':::::::::/::::l`l::::::::::::i::::::::::::::ヾi::::::::::::i::::::::::l
        /'l:::::l:::::{:::::ii l:i:::::::::ii:::::::::::::::::|:::::::::l:::|::::::::::l      一応来る事にはなってるんだけど、当分先の話ね
        | .|::;'l:::::l::::i」__l::ii:::::i::l l:ハ:::::::::::l::::::::l::::l::::::::::::l
        | .|:l l::|:::l:::lャァxヘ:::l/‐l-}_::::ii:::l::::::/::::l:::::::::::::l      茨城なら水戸の方にトラックエディションの試乗車があるけど
         |:l l::ii::::ヘ{ ゝ:」 ヘ:l ≠ァx'`l;イ:::/::::/::::::::::::::l
         {' l:l.l:::lヘ  ,   `   たzム':/::::/}:::::::::::::::l       それ以外の他のNHPCには、私の知る限りだと無いわね
           ,{':ヘ:ヘヘ         /イ::::::/ン:::::::::::::::::l
           /::::_ヘヘ_\` ー    _ /::::/:::::::::::::::::::::::::l
          /;イ: : :ヘヘ/ ー,r  ´_./:/{:::::::::::::::::::::::::::l
          /:/: : :/,ヘl  / l h´./'   /\__::::::::::::::::::::l
         .{: l: : <: ://レ'  __」 ヽ、 /: : /: : `:‐_ュ:::::::::l
         」: l: /: ヽ'「´/ 「    /: : : /: r´ ̄: : ヽ:::::::l
        「\ー―‐ /∨  l   /: : : : /: /: : : : : : : }:::::::l
      . _」: /ヽ: : : /  l / /ト、 : : : l: / : : : : : : : l:::::::::ヘ
       l//: :ヽ: /   / /: : : :\\: l/: : : : : : : : :l:::::::::::::ヘ
     . /: : {: : : ヽ;l r ´/: : : : : : : : \/: : : : : : : : /:::::::::::::::::ヘ






      / ̄ ̄ ̄\
    / ノ   \ \    うーん、ソレは残念だお
   /  (●)  (●)  \. 
   |    (__人__)    |   ・・・まぁ良いお、取り敢えず今回は、17年モデルの話を聞きに来たお
   \    ` ⌒´    /     前のモデルとどこが違うか、具体的な話をして欲しいお
   /              \

というワケで、残念ながら今回は試乗できなかった次第である。ただまぁ試乗車が来る事だけは間違いないんで、機を見てまた行こうかと思うのである。でもって17年モデルで一番気になるのは大幅な変更が加えられた内装や外装もそうだけど、一番はやっぱ値段である。一番安いグレードでも996諭吉。でもコレは税金が一切かかってない&各種オプションを一切載せてない状態での値段であり、実際は何をどーやっても1000諭吉オーバーである。ソコんトコをズバリ聞いてみたのである。

        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:.ハ
       //.:.:.:/.:.:.:..:.:.:.:.:.:.,ヘi.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:.:.ハ
.       /.:./.:.:.:.:.:/.:.:.:.::./`´!.:.:.:.:.:.:.ハi.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:',    お陰様で、売り上げは好調よ
       {,イ.:.:.:.:.:.:.,イ.:.:.:./i:|   !ト,.:.:.:.:.l__|__.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:,
        /:/.:.:./.:l.:.:..:,「l:i`ヽl:l l.:.:.:.:.| l.:lヽ.:`.:ヽ.!.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:i    今ウチのNHPCだけで5台分のオーダーを受けていて
        i/i.:.:.:./.:.:.i.:.ハ,ィチ心、j \.:.| ィ≠=ミVI.::.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:|     6台目ももう間もなく契約がまとまる所よ
         |.:.:.ハ.:.:.:l.:.i〈 l i::ハ   ヽ!  l i:::::::::::ハ.:.:.:.:.: i.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         |.:/ i.:.:.ト.ム  込ソ       込:::::ツ/.:.:.:.:.:.:!:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i     今オーダーしたら、3〜4ヶ月待ちってところかしら
         レ'   ∨.:.:.:ゝ           `゚゚´ /.:.:.:.:.:.:.,':ハ.:.:. i.:.:.:.:.:!      発表される前が1ヶ月待ちだったから
            i.:.:.:.:i    '         ムイ.:.:.:.:.,.:..iノ.:.:.:.l.:.:.:.:.:|       もうバックオーダーも相当たまってると考えていいわ
            |.:.: 人    ー -       /.:.:.:.:./i.:.,'.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:l
            l.:.:.:.:.:..\             イ.:.:.:.:/.::l/.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:|     そうね、やはりピュアエディションを買う人は少ないわ
            |.:.:.:.:.:.:.:.. \      <.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l      プレミアムとブラック、この2つが売り上げの中心ね
            |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:7爪   /.:.:./‐┐.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:!
            |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r―‐i 「.:.:/―― 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:l
.              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧_上/イ.:.:.:.:.:.:.:.:._ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:l    顧客層ねぇ、やっぱ同価格帯の外車と迷ってる人や
.             |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「 / /.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィシ.:.──` ー-.、.:.l.:.:.:.:.:l     外車を複数台持ってるような人が多いわね
               |.:.:.:.:.:.:.:/∨イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィシ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. 、.:.:.:.:.:l
              |r──fハ) /iヽ、.:.:.:./∧.:.:.:.:.:.ィニニニニニニ ヽ.:.:.:.!     あと初期モデルをかつて所有してて
           _.ノゝイ / i/.:.ヽ\`ー '.:.:.:.:',.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.|     再度戻ってきたって人も多いわね
           /.:.:/ i//.:.:.:.:.:.:..ヽヽ .:.:.:.:.:.:.∨/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|







              ____
             /⌒  ⌒\         何はともあれ、売れてるようで良かったお
           / (⌒) (⌒)\
          /  ::⌒(__人__)⌒::: \     ・・・でも乗り出し1300諭吉のクルマがそんなに売れるなんて
          |       |::::::|   ,---、        考えてみりゃ凄い話だお
          \       `ー'   しE |
          /           l、E ノ       あと08年モデルの時が3ヶ月待ちだったから
        /            | |          今回どんだけ売れたんだって話だお・・・
        (   丶- 、       ヽ_/
         `ー、_ノ

まぁ実際は07年〜08年の時みたいに月1000台でフル生産じゃないとは思うけど、ソレでも価格が当時の二倍弱と考えると凄いモンがあるのである(^_^;)最近は景気がどうのこうの、格差がどうのこうの言われているが、やっぱカネはあるトコにはあるのである。でもワタクシが一番感じた事は「何だかんだ言ってGT-Rブランドとして定着してきた」って事である。まぁコレばっかしは日産本社が決める事であるが、R36は絶対に作ってほしい次第である。


*アレの売れ行き・真打

 さて、ロンマニアの皆様が一番気にしてるのは、勿論「あの【17年モデルNISMO】がどんだけ売れたのか」って事であろう。値上がりしたのは素モデルもそうだけど、一番顕著だったのがNISMOだからである。税抜きで1870万諭吉、乗り出しで2000諭吉弱。もうココまで来たら外車スーパーカー世界である(^_^;)果たしてこんな価格でどんだけ売れるのか、実に興味をそそる話ジャマイカ(笑)そんな話を聞かずに帰るなんて、世界の全主要宗教神様が許したとしても、ワタクシのプライドが許さないのである(爆)・・・

              ____
            /      \       あともう一つ、聞きたい事があるお
           /  ─    ─\       今回のNISMO、どんだけ売れてるか知りたいお
         /    (●)  (●) \    
         |       (__人__)    |     確か初期生産が各NHPCに1台ずつだったはずだから
          \      ` ⌒´   /      多分100台前後だとワタクシは睨んでるお
         ノ           \
       /´               ヽ     果たしてあの値段でソコまで売れるモンなのか、興味津々だお
      |    l              \






               /::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::l::::l::::\:::\::::::::\::\
               .l:::::::::::::::l::::::/::::::::/:::::::/:::::::l::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::ヽ::::ヽ::::::::::\::ヽ      別に隠す事でも何でもないから
               l::::::::::::::::l:::/::::::::/::::::::/::/::::l::::::::::::::::::::::::::l::::l::::::::::l::::::::lヽ:::::::::lヽヽ      教えてあげるわよ
              l::::::::::::::::::l/::::::::::l::::::::::l::::lMl::::::::::::::::::::::::::::l:::ト::::::::::l:::::::l::::l::::::::l ヽヽ
              |::::::::::::::::::|:::::::::::l:::::::::::l::::|´`l::::::::::::::::::::::::::::l:::l l::::::::ll:::::::l::::::l:::::::l  l::l    現段階で、既に 3 0 0 台 の
              |::::::::::::::::::|:::::::::::l:::::::::/l::l  l::l::::::::::::::::::::::/l:::l l::::::l:l:::::::l:::::::l::::::l  l::l    オーダーを承ってるわ
              l:::::::::::::::::::l::::::::::l:::::::::l ll   ll l:::::::::::::::::::/l::::l‐‐l-/l::l:::::::l::::::ll:::::l  l::l
               l::::::::::l::::::::l::::::::::l:::::::::l ⊥-‐ Tヽ 「::::::::::/ l::/  l/ l:::l:::::l ::::::ll::::l  l::l   まぁ投資目的も少なくないでしょうけど
              l:::::::::::l:::::::::l::::::::::|::::::::|´   __ .l::::::/ l/z==ヾ /l:::::l:::::::l l::::l  l:l    とにかくオーダーが多過ぎて
               l::::::::::l::::::::/l::::::::::l:::::::::レ=ォ´ ̄す`l/  / ム ク }」/l:::::l::::::::l l::::l  ll    前以上に大変な事になってるわ
             l:::::::::::l:::::::/ l:::::::::::l::::::::ム' b_」.リ      'ー' //::l::::::l::::::::l .l::/  ll
               l:::::::::: ::::::::{ l::i:::::::::l:::::::l               //::::l:::;イ:::::/ l/    |   因みに納車は、一番最初の人で年明け
             l::::::::::/::::::::::ヽl::l:l::::::::ト、::l             '   'イ:l:::://ll::::/::l        一番最後の人は・・・「不明」ね
            l::::::::::/:::::::::::::::::l::l:l::::::::ト \ゝ       ,  ァ  /::l:::/イl l:;イ::/
            :::::::::/::::::::::::::::::::l::l1:::::::l `         ̄ /:::::::l::::::::l::レ:/|/        当然、ロンさんを悩ませたカーボン問題も
           /::::::::/:::::::::::::::::::::::l::lヽ::::ヘ   `  ,、   /:::::::::::/::::;イ/ィ  リ        販社の間では真っ先に議題に上がったわ
           /::::::::/:::::::::::::::::::::::/l::l ヽ::::ヘ_    ト、`:::::::::::::::::::/:::/:::l::::l
          ./:::::::::/::::::::::::::::::::::;〈//   ヽ::::V ヽ  l  ` ーヘ:::/::::/:::::ト::::l        その300台ってのは、勿論国内だけの話
         /:::::::::/:::::::::::::::::::://∧   \:ヘ l   !    / V::::/:::::::l l:::l       海外注文分も含めると、想像すら出来ないわね
        /::::::::::/:::::::::::: ..イ:::://::::ヽ   ∧:ヘ|   ト、  /  /::/::` ー ⊥」_
       /:::::::::::/::::_....- ´::::_レ/::::::::::l   ∧ \l、   ヽ /  //lヽ::::::::::::::::::::::::::i ヽ
      /::::=≠=======‐:::l:::::::::::::::::l ∧ ヽ ー― i  l ー=‐- \:、::::::::::::::::::::::l:::::l
     ∠<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::V:::::ヽ ヽ   l´ l  `>:::::`:::\:::::::::::::::::l:::::::l
     :::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ  l  l  /::::::::_ -‐´:::::::::::::::/::::::::l







           ____
         /  ノ  ヽ\
        /  (○)}liil{(○)     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      /     (__人__) ヽ
      |       |!!il|l|   |    (300台って、どんだけニッポンにカネがあるんだよって話だお
      \        lェェェl /      てゆーか、そんだけのカーボンパーツなんて作れるのかお
       /         ヽ        チャレンヂが大変な事になっちゃうお・・・・)
       しヽ        ト、ノ
         |    __    |
         !___ノ´  ヽ__丿

ワタクシの予測では「100台前後」だったのだが、流石に300台には正真正銘ビックリこいた次第である( ̄Д ̄;)まぁ投資目的が多いんだろうけど、ソレでも「1870諭吉の国産車に300台のオーダーが入った」って事実にはただただ驚くだけである。何つーか、GT-Rブランドもココまで来たんだなぁって思うのである(^_^;)


 でもって、コレを以ってワタクシは確信したのである。ソレは「R35の次があるとしたら、ソレは間違いなく今のR35よりも更に高価になるであろう」という事である。何故かと言えばソレがブランド商売ってヤツであり、ブランドの付いたクルマの正しい売り方だからである。R35が初登場した時にイギリスの某クルマ雑誌が「次の911になる前に買っておけ」って書いたのであるが、ホントにその通りになってしまったんだって話である(^_^;)GT-Rはもう第二世代の時みたいにインプランエボと並べて語るクルマではなく、911とかコルベットとか、その辺りと並べて話す類のクルマになってしまったのである。さてR36がホントに出てくるのか否か、今から楽しみな今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160821222621j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160821

2016年08月19日(金) HATE SONGS IN E MINOR このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


管理の網の目に覆われた日本社会にあって、大声で喧嘩をしても数日後にはケロリと仲直りできるような親しい人間関係を、我々は失いつつある」

By 山田洋次


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


ケンカすべきでない相手

 先日ワタクシなりのコミケの在り方を描いたのであるが、案の定反発が来たのである(^_^;)細かいトコは省くが、要点を簡単にまとめると「旧来の価値観を盾にしてオタク弾圧するヤツはファシストである」「オタクはこの様なオタク差別主義者に対し徹底的に抵抗すべきである」といったトコである。当初ワタクシは「敵?そんなモン何処に居るの('_'?)」だったのであるが、考えを整理してみて漸く反論主とワタクシの認識の違いが分かったのである。反論主が敵とみなしてるオタク差別主義者を、ワタクシは敵だとは認識してなかったのである。ワタクシは「真っ当なオタク」と「差別はしないけど違和感を感じるであろうフツーの人」の間を取り持つ事しか考えていなかったのである。


 何故オタク差別主義者と戦おうとしないのかって?実に簡単な話である。もしもモニター前のロンマニアの貴方が道を歩いていて犬に吠えられたら、果たして貴方は四つん這いになって吠え返すであろうか?当然答えは「ノー」である。そう、ワタクシにとって差別主義者の言葉なんてのは、その程度の認識でしかないのである。ソイツ等に一々目くじら立てて反論するって事は、ソレ即ち相手と同じレベルにある事を意味してるのである。余計な言葉に対してはスルーするか、反論するにしても無難対応に留めておいて、害をなすのであれば火の粉を払う。ソレぐらいにしかワタクシは考えてないのである。だからワタクシには敵はいないし、敵がいないのだから戦う必要も無い。ソレが答えである。


D

 

 じゃあ何故そんなヤツ等が気になってしまうかって、心の何処かで「自分のレベルはソイツ等と同じかソレ以下」っていう認識があるからである。で、何故そういう認識が生まれるかって、目に見える結果を出していないからである。オタクってのはワタクシもそうなのであるが、やっぱ世間乖離してしまってるだとか、人間関係が上手く行かないヤツが少なくないのである。でもってそういうヤツは、知識武装と好きな事柄への情熱で「フツーのヤツ等は俺みたいに知ってるワケでもなく、何かに入れ込む気概も無いッ!」ってルサンチマンするんだけど、でもソレは結果を伴わない限り虚勢でしかないのである。虚勢だからこそ自分の知識や情熱に自信が無く、故に差別主義者の言葉に反応してしまうのである。


*久しぶりの和ゲー

 さてこの話はコレぐらいにしといて、話題を変えようジャマイカ最近はスッカリ洋ゲーがメインになってしまってるが、抑々のワタクシのゲーム好きのルーツファミコンであり、恐らく同世代のゲーム属性のあるロンマニアの方々同様に、和ゲーをメインに育ってきてるのである。だから洋ゲーが中心になったとは言えど和ゲーをやらなくなったワケではなく、時々はやりたいモンが出てくるからソレをやるのである。ココ最近プレイした&現在プレイ中のゲームを上げると、丁度こんな感じである:

東亰ザナドゥ 通常版

東亰ザナドゥ 通常版

D


CHAOS;CHILD

CHAOS;CHILD

D

前者は兎も角、後者は今まで「発売日に買ったは良いけど、買っておいて起動すらしていない」をネタにし続けて1年と2ヶ月、今度こそホントのホントに起動できたのである(笑)何せ発売された時はウィッチャー3に丁度ハマってて、その後もMGS5アサシンクリード→フォールアウト4→ジャストコーズ3→ファークライ→ウィッチャー3二周目と優先してやりたいモンが山積みだったので、ソレ片づけていたら1年2ヶ月経ってたってオチである(^_^;)でもって、後者のシリーズの【最新作が今冬】らしいのであるが、年末の洋ゲー大作ラッシュを考えると、ソレも多分相当積む事になるであろう(爆)


 ぶっちゃけた話、ワタクシは和ゲーの大手が作る王道売れ筋作品殆ど興味は無いのである。何故なら王道である限り、何をどうやったって洋ゲーのソレと比べちゃうのであり、実際比べてしまうと洋ゲーとのレベルの差に愕然としてしまうのである。スカイリム、フォールアウト4、ウィッチャー3。この3つをプレイした後だと、どんなJRPGをプレイしたって満足できなくなってしまうのである。だから王道は狙わないで、敢えてオタク向きな”邪道”をプレイするのである。冗談抜きでワタクシは「和ゲーが洋ゲーに対抗するためのカギは、エロ萌えにある」と考えているのである(笑)何故ならその分野においてのみ、和ゲーは他の追随を未だ許さないからである。


 前者は既にクリア済みで、今は後者の真っ最中である。でもってプレイした感想としては「やっぱ和ゲーだなぁ〜( ̄▽ ̄)」ってトコである。和ゲーの良いトコは、やっぱストーリーとか演出とかの徹底した作り込みである。洋ゲーはストーリーの自由度が低い分、演出を細部まで練る事が出来るのである。でもって和ゲーの悪いトコの一つは「ソコまでストーリーや演出に拘るならアニメでやれ」って言いたくなるトコである。前者も後者も操作を殆どしないでキャラクターの会話のやり取りを延々と観せられるから、コントローラー握る手が手持無沙汰になってしまうのである。展開されるドラマがハイクオリティーな画像ならまだ良いのだが、和ゲーの場合はショボいポリゴン3D画像か、或いはテキストを用いたデジタル紙芝居かのどっちかである┐(´д`)┌


*和ゲーがこの先生きのこるには2016

 そう、和ゲーの何が一番の問題かって、純粋技術が無い事が問題なのである。ニッポンのアニメ技術は(恐らく)世界最高峰なのに、その技術がゲーム作りに全く生かされていないのである。もしも「プレイできるアニメ」をハイクオリティーで作る事が出来るのなら、和ゲーはもっと世界で成功すると思うのである。和ゲーが世界で売れないのは文化云々の理解、世界の主流とは方向性がズレてる云々ではなく、純粋に技術が無いからである。例えば洋ゲーなんかは、ちゃんと「プレイできる映画」をゲームで再現出来ちゃったりしてるのである:

D

D

こんな風に、ムービーシーンとプレイシーンの繋がりがスムーズだから、あたかも映画をプレイしてるような気分になれるし、繋がりを絶たれるストレスも最小限なのである。和ゲーはソコがヘタで、ムービーとゲームが分かり易く分かれるから、やってて「またムービーかよ〜( ´△`)」って萎えてしまうのである。


 逆に言えば「プレイできる萌えアニメ」を和ゲー勢力が作る事に成功すれば、今や一割以下になってしまった世界の和ゲーシェアが復活するのではとワタクシは思うのである(笑)上記にもあるように萌えとアニメはニッポンだけが作れるモンであって、ソレを突き詰める技術さえあれば凄い事になるんじゃないかとも思うのである。そんなの海外の超大手じゃないとムリ?ワタクシはそう思わん次第である。あのウィッチャー3を作った会社アメリカイギリスの超大手ではなく、ポーランド中小メーカーだったのだから、ニッポンのメーカーに作れない筈はないと思う次第である。そんな「プレイできる萌えアニメ」の時代が来るその日まで、首を長くして待とうと思う今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160819224124j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160819

2016年08月17日(水) TIME TO DIE このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


「不幸とは、人生に対する否定的思考にともなう感情なのです。そうした思考なしには、不幸は存在できません」

By リチャード・カールソン


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


年末も大忙し

 サブタイにはこうあるが、勿論仕事の話ではない(笑)まぁ昨年もそうだったけど、やっぱ年末になると何処のゲーム会社も必殺のAAAタイトルを放ってくるから、やりたいモンが多過ぎて大変だってである。今時のゲームは昔みたいに数時間程度で終わるモンは殆ど無く、大概がクリアするまでに数十時間を要するようなオープンワールド系が多いからである。その大作が年末に何本も一気に出てくるんだから、年末年始休みいくらあっても足らないのである(爆)取り敢えず、ワタクシ期待のタイトルはこんな感じである:

D

D

D

D

D

こんだけあるんだから、年始年末がいくらあっても足りないんだって話である(笑)でもってコレは「販売されたら必ずやる」ってだけの話で、実はその下に様子見てるソフトがコレ以上にあったりするのである(爆)ホント、ゲーム好きには天国であり地獄なのである(^_^;)


 常々思ってる事だけど、給料が支払われる状態半年ぐらいニート生活できたら、どんなに幸せな事だろうと思うのである(笑)仕事するための時間や体力や集中力を残す事無く、気が向くままにゲームしたいだけゲームして、観たいアニメ映画を観たいだけ観て、聴きたい音楽を気が済むまで聴いて、自分の好きな事を好きなタイミングで気が済むまでやる。ソレが実現したら、この世の天国だとワタクシは思うのである(爆)何ちゅーか、アメリカエリート外資系なんかで若くて体力がある内に稼げるだけカネを稼いで、そのカネでストックオプションやらその他株やらをガンガン買って、早く引退してセミリタイヤ生活を満喫したくなる理由、今ならイヤと言うほど分かるのである。


コミケにおける自由

 目を背けたくなるような反道徳的作品もコミケには少なからずあるが、表現の自由とソレを行う場であるコミケは尊重されるべし。コレはツイッターで偶然見つけたとあるコミケ参加者(売り手か買い手かは不明)の言葉である。曰く「人間には神から与えられた自由意思があるから」だそうである。ンでもって、ソレに対するワタクシの返答は「ソレは自由とは言わない」である。コレはワタクシが前々から言っている事だけど、自由とは「何を言っても良い」という事ではなく「言っちゃいけない事を言わない」という事だからである。でもって目を背けたくなるような反道徳的なモンってのは、ほぼ間違いなく言っちゃいけない事である。だからソレを言うのは自由ではないのである。

D

 簡単な話である。もし反道徳的な事を言う自由まで尊重されるというのならば、ワタクシはツイート主に対し「じゃあワタクシが貴方の信奉する神をボロクソに扱き下ろす冒涜的な言論を行ったとしても、ソレも自由意思ですよね?」って言い返せるからである。そして人間というナマモノの持つ特性として、一度悪意といったネガティブな感情に火が付くと、対象となる相手が滅ぶまで決して止む事は無く、最悪の場合は言論だけでなく暴力としても噴出する。そう、なぜ言っちゃダメな事を言わない必要があるかって、こういうネガティブな感情の負の連鎖に繋がる可能性が高いからである。推進論者は「ネガティブな事を言っても、反論する自由も聞かない自由もある」って言うが、ソレで済むんだったら弁護士警察軍隊もこの世には必要無いって話である。


 自由とは「何を言っても良い」という事ではなく「言っちゃいけない事を言わない」という事。ワタクシのコミケに関するスタンスがコレである。二次創作は無断ですべきではないと思うし、エロい作品やコスプレは日の当たるトコですべきではないと思う。もしどうしてもソレをやりたいのであれば、誰も見て無いトコでオウンリスクでコッソリやれって話である。走り屋が峠をドリフトしたり湾岸で最高速やる場所と日時を、ネット雑誌で大っぴらに告知するであろうか?当然ノーである。領域に入るなとは言わないが、決して荒らすな、この問題について某ロンマニアの方が言ってた事であるが、ホントその通りだとワタクシも思う次第である。

f:id:LiongHMD:20160817230748j:image

 分かり易く言うと、こういうトコであろうか(笑)、そう、オタク達が「自分達の趣向や自由を認めてほしいッ!尊重してほしいッ!」って思うのと同様に、オタク趣味属性の無い多くの人達も「オタク趣味を受け入れない自由を認めてほしいッ!気持ち悪いっていう私達の気持ちを尊重してほしいッ!」って思っているのである。コレもワタクシが前々から言ってきた事であるが、たとえ差別を無くす事が出来たとしても、違和感絶対に無くならないのである。だからテメェのオタク趣味を認めてほしいのなら、そのフツーの人の違和感を尊重しなきゃダメだとワタクシは思うのであり、その一つが反道徳的な表現を表じゃ控える事なのである。


被差別民復讐

 でもまぁ、この「フツーの人達に対し敬意を示せ」って考え方が気に食わない人も少なくない事はワタクシも理解してる次第である(^_^;)そういう人等は「アニメやマンガが好きだったりコミュニケーションが苦手だったというだけで俺達を笑ってバカにしたり、酷い時にはいじめの対象にしてきたヤツ等に、なんで敬意を示さなきゃならねーんだo(`ω´*)o」といったトコであろう。ワタクシもオタクだから、その気持ちはよ〜〜〜く分かるのである(笑)そう、オタクからしてみれば、フツーの人が「オタクは気持ち悪い云々」「コミケはいかがわしい云々」ってのは「せっかく築いた俺達の世界に踏み込んで、また居場所を奪おうとしてる」って受け取れるから、必死こいて守ろうとするワケである。


 分かり易く言うとヨーロッパイスラム系移民や、ニッポン国内の一部のマイノリティにある心理と同じである。根底に「自分達は虐げられて疎外されているッ!」って考えがあるから、過激な行動も「アイツ等にやられた事をやり返しただけ」って考えるし、批判されると「また俺達から奪おうとしてるッ!」って思い過剰反応し結束を固める。そう、こういう問題を何とかしようと思ったら差別や偏見をなくす必要もあるんだけど、ソレと同じぐらい被害者意識を捨てる事が重要なのである。無論、蟠りが少なくないのは百も承知だが、ソレでもその先を考えたらやるべきだとワタクシは思うのである。さて、社会問題ネタは何時だってウケが悪いので(笑)お暇するに限る今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160817230810j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160817

2016年08月15日(月) BLACK MASSES このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


義理人情、礼節はうるさいほど叩き込むべし。時代にそぐわぬと思うほうが狂っている」

By 篠竹幹夫


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


*オッサン時代の終焉

 ニッポンチューニングカー文化は2002年で終わっていて、今尚続いてるのはその時代の残り火。コレは以前から言い続けているワタクシの考えである。その頃に第二世代GT-RスープラRX-7シルビアといったチューニング文化を牽引していた車種が生産中止になり、バブル景気の余韻も完全に無くなってニッポン経済は低迷していき、ハイブリッドミニバンブームが起こって等々。よーするに、ソレまでのチューニング文化を支えてた土台が崩れ始めたのが2002年なのである。ワタクシが思うに、コレはチューニング文化が衰退したというよりかは、本来の姿に戻ったと言った方が良いと思うのである。免許取りたての若造がフルローンでBNR32新車を買えた国なんて、古今東西探してもバブル期のニッポンぐらいなモンである。


 今「クルマは弄る楽しみガー」とか「MTには操る醍醐味ガー」って言ってるヤツは、ほぼ間違いなくその時代を生きたオッサン共である(笑)今時の子男子でもAT限定免許が珍しくないし、今のクルマは電子制御必要不可欠だし、ノーマル殆ど完成されてるから弄る余地も殆ど無い。昔は当たり前だと思ってたモンが、最早そうではなくなってるのである:

D

谷口信輝が「この辺の話が分かる人は全てオッサンです」って言ってるのも、つまりそういう事だろうなと思うのである(^_^;)もう今時の若い子はハイパワーをMTで操る事に快感見出しておらず、ソレ以前にスポーツカーそのものに憧れを見出していない。欧米のソレ同様にスポーツカーは今や金持ち熱狂的なクルマ好きだけが所有するモンであり、安く速い国産車を弄って速くして楽しんでるのは2002年以前からのヤツだけだって事、谷口も分かってるんだろうなと思うのである。


選挙大義

 参院選都知事選も終わって、件の【煩かったガキ共も解散】して、ワタクシ的に思う事が一つあるのである。ソレは「情報に目隠しをする事は最早不可能になった」って事である。コレがテレビラジオ新聞雑誌しかなかった30年前なら、野党や某ジャーナリストや若造共に不利な情報は一切シャットアウトされ、都合の良い情報だけが延々と流され、その結果選挙も負けてて安保法案も廃案になった可能性があったワケである。でもネットの登場でソレが無くなったからこそ、今の結果に繋がったのである。良いか悪いかではなく、各々で考えて各々で選び、責任も各々で取る。ソレが熟成した社会の姿であり、その姿にニッポンも近づいてるのだから、良い事だとワタクシは思うのである。


 あともう一つ思うのが「サヨク劣化」である。昔のソレはソレなりに信念も理念もあったからこそ、一流大学エリート達までもが左翼運動に加わってたのである。でも今はソレが無い。その事が良く分かるのが【鳥越の独占インタビュー前半】【と後半】であり、あと【宇都宮氏が明かした出馬断念の裏側】である:

D

D

・・・・・

・・・・

・・・

・・

              ,,-‐----‐、 , -'"` ̄ ̄"`''-,__, --‐‐-..,
             /  、゙ヽ、 ‐-'´          ヽ‐- / /   ヽ
           ,/´ .., ヽ,,l_)'    zェェェァ'  ;rfァt ヽ ,ト/ /    ヽ
          /    ヽ,r' ,l′    _,,,   . __,,  ,l゙.-〈__r,'、   ヽ_
         _.l    ヽ」   ,l    .イてソ` l イにj`,/    ゙‐ヽ、_,,  /l       お前等、ココおかしいんじゃねえの?
         ,l l|  −'´ll   ,l      rソi"  ヽ じ'' f゙l    .,//゙l   //\
         l`l|     l|ヽ  v'⌒ヽ        .,ノ  j/    |l    //   }
        l  \    l| ,l  l_U>     r‐--‐ァ  ,l    |,l   //    l
        /   '\   l|`l   ゝ_,´    ゙ヽ__r′ .,.'   ___l ヽ //     |
       ,l     '\ l| .lヽ__lL..,,,  __ ,, _イ___./ |  ∨/      ,}
       |       ヽl |    ,| .ヽ \   //ヽ     ,|          ,l
       |          l    ,l   ヽ \//  l \           /
       ヽ          |   \.    ヽ/    l  ヽ         /j
         \        /     ヽ    ヽ  |   l          /
          ゙l\..     /      ヽ     ヽj   |    ,    /
          ヾ              ヽ     ヽ   ヽ  /    ,l
           ヽ、             ヽ     l   } /    ,r′
             ヽ             ヽ     |  /′ ,,...''
             `'':..、  ___ ___,..-..   |,    ,l ,  :..-‐'"´
                 ̄ /lr‐‐‐'--、_.....  l_,..-'''""'- "

・・・というのがワタクシの素直な感想である(笑)サヨクが劣化してる事は分かってたけど、まさかココまで劣化してたとは思わなかったのである(^_^;)テメェ等のやってる事が自由民主主義と大きく乖離してる事が・・・分かってないからサヨクやってられるんだな、ウン┐( -"-)┌ガキ共の言い分と、上記インタビューの内容と、連中の今までの言い分を簡易的にまとめると、丁度こんな感じだと思うのである。

  • そんな自民党&安倍政権を支持するヤツ、味方するヤツは確信犯か騙されてるバカかであり、その存在価値は無い
  • 故に安倍政権を打倒する事は大義であり、何にも増して優先すべき事である
  • 安倍政権打倒の一歩として、先ずは都知事選で勝って反撃の狼煙を上げなければならない
  • 他の立候補志願者を脅して断念させる事も、候補者過去の行いや現在の振る舞いに目を瞑るのも、大義の為だから仕方が無い
  • 我々が勝ち続けて政権を取り戻せば全ては良くなるのだから、多少の事は見逃すか黙殺するなりして、連帯を強めるべし

といったトコであろう。こんな考え方じゃ、そりゃ選挙に勝てる筈が無いに決まってるのである┐( ̄ヘ ̄)┌まぁ何ちゅーか、世界中社会主義共産主義が廃れていった理由が良く分かるってモンである。不完全な人間が作ったモンを完全視してたら、そりゃ何もかにも上手く行かないに決まってるのである。


*敵は何処に

 この連中は色んな勘違いをしてるのであるが、その勘違いの中でも一番大きいのが「選挙に敵はいない」である。そう、自民公明を支持してる人達は敵でも何でもなく、ただ考え方ややり方が違うだけのニッポンを愛するニッポン人なのである。だから敵認定して排除する必要もないし、その人等の民意を無かった事にする必要も無いのである。ソレがたとえ巷では”ネトウヨ”と呼ばれるヤツでも、である。目的が「ニッポンを良くしたい」である限り、全く信条が異なる相手でも話す余地はあるし、その価値もある。でもってワタクシが知る限り、ニッポンで右派と呼ばれる人達は、何だかんだ言って対立してる人達の意見をソレなりに聞いてると思うのである。だからこそ、政権が今でも続いてるのである。


 でもって「敵でない」って事はどういう事かといえば、ソレ即ち「こちらの出方次第では味方にも出来る」って事である。敵認定したら味方にならないどころか、何処かで手痛い反撃を食らう可能性がある。だから何であれ、敵を作る事に意義は無いのである。こう書けば、上記の鳥越のインタビューが如何にバカげていたか&宇都宮氏のソレが如何にお利口だったかがお分かり頂けると思うのである。デール・カーネギーが「活発で健全議論大事だけど、ソレ以上に大事なのが、議論をしない事」と言ってた意味ってのは、つまりそういう事じゃないかなとワタクシは思うのである。さて、政治ネタは古今東西つまらないと相場が決まっているので(笑)さっさと撤収するに限る今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160815222215j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160815

2016年08月13日(土) WITCHCULT TODAY このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 ロンマニアの皆様、こんにちはm(_ _)m


スポーツ人格を作らない。人格を照らし出す」

By ヘイウッド・ヘイル・ブルーン


 といった今日この頃、皆様はどうお過ごしでしょうか。


オリンピックの是非

 オリンピックについては賛否両論色々あるが、ワタクシは賛成に一票である。確かに解決しなきゃならん問題が山積みなのはその通りであるが、でもやっぱスポーツは観てて楽しいからである。そんなスポーツのソレであっても極限まで鍛え上げられた肉体は例外無く美しいし、ソコから繰り出される極限までムダを削ぎ落とした動作技術の数々は息を飲むぐらい素晴らしいモンなのである。ワタクシは学生の頃は部活(中坊時代空手、高坊時代はチェス、大坊時代は漕艇)やってたから、その域に達するためにどんだけの苦労が要るのかがイヤと言うほど分かるのである:

D

例えばボートのコレである。傍から見れば簡単そうに見えるが、実はそうじゃないのである。あのレベルで綺麗に漕げるようになるためには、最低でも地球三周分は漕ぎ込まないとダメなのである。8人で漕ぐタイミングとオールの高さと漕力をシッカリ揃えて、始めてあのレベルで傾く事無く真っすぐ速く艇が進むのである。あともう一つ、漕ぐ動作ってのは楽そうに見えて、実は相当きつい。何せ2000mを8分弱で全力ダッシュするようなモンだから、漕ぎ終えたらヘロヘロになるし、ワタクシも大坊時代は散々ヘロヘロになったモンである(;´ρ`)


 あと更に言えば、肉体は鍛え上げるのも大変だけど、維持するのはもっと大変なのである。筋肉ってシロモノは継続的に負荷をかけないとすぐ衰えちゃうモンだし、当然その間はトレーニング時間だけでなく、食習慣や生活習慣にも様々な制限がかかるから、堪るストレスは並大抵のモンじゃないのである。オリンピックで負けた選手はよく「また4年後に」っていうのだが、ソレ即ち「その厳しい生活を更に4年続ける」って意味でもあるのである。特に20代後半の選手ならば、その上更に年齢による衰えと戦わなくちゃいけないのである(;´Д`)だから同じスポーツを嗜む者として、ワタクシはオリンピック出場選手を尊敬するし、スポーツの最高峰であるオリンピックの存在重要性を訴えるのである。


柔道とJUDO、どうして差がついたのか・・・慢心、環境の違い

 そしてこのオリンピックの次期になると必ず言われる事が、上記のサブタイについてである。最近、なぜニッポン柔道が勝てなくなったのか。ニッポンが弱くなったから?ワタクシの答えは「柔道が世界中に満遍なく普及して、海外の選手層が厚くなったから」である。何故当初はニッポンが勝てたかって、ニッポン以外の選手層が薄かったからである。ソレが時代を追う毎に海外の選手層がドンドン厚くなって、何時の間にか柔道大国地位はニッポンからフランスに取って代わられていて、でもってニッポン人に比べ体格に勝る欧米人がニッポン以上に分厚い選手層の中で代表を争ってるワケだから、そりゃ強いに決まってるのである。


 でもニッポン人の意識は前の東京オリンピックの時のまんまだから、未だに「ニッポンの柔道こそが世界最強」と信じて疑わないというか、柔道発祥の国として意地でも認められんのであろう。だから毎年この時が来る度に、この類のネタ話題になるのである:

D

そう、あの【リオ五輪の柔道男子100キロ超級決勝のソレ】である。こういうのが出る度に「柔道とJUDOは違う」とか「こんなのは認められない」とか「武道精神からかけ離れている」とかいう声がニッポン中から上がってくるのであるが、コレに対するワタクシの見解は「オリンピックに出るって事はJUDOルールを受け入れるって事であり、相手がそのルールに則ってやってたのならしゃーない」である。確かにニッポン的美学によれば美しくないのだろうけど、相手がニッポン人でなければ必ずしもそうじゃないのだから、オウンリスクを背負う限りは何も言えないのである。


 厳しい事を言うようだが、もしも「柔道の伝統ガー」「嘉納治五郎の精神ガー」って言うのならば、ロビー活動なり何なりで国際柔道連盟での政治力を増やすなりして、ソレを勝ち取るしかないのである。言っちゃ何だが「正しい事をしていれば皆分かってくれる」ってのはほぼニッポン限定価値観であり、柔道を国際化した段階でソレは通じないのである。ソレが出来ないのならニッポンは国際柔道連盟から脱退して、ニッポンだけで”真の柔道”とかを貫き通すかである。政治闘争もイヤ、孤高を貫くのもイヤなら、大人しく国際柔道連盟の決定に従うしかないのである。国際化した時点で何をどうやっても「他国のJUDO人口>>>ニッポンの柔道人口」になるのは火を見るより明らかなのだから、そりゃ何も対策しない方が悪いのである。


騎士道vs武士道

 あとこの件でワタクシが気になったのは、何ちゅーか「ニッポン柔道側の傲慢さ」ってヤツである。確かにニッポン柔道が掲げる武士道や、所謂「柔よく剛を制す」って思想はワタクシも素晴らしいと思うし、尊重もする次第である。が、海外にだって勝利や勝負に対する価値観があり、海外のJUDO選手もソレに対する矜持ってモンがあるのである。ニッポン的な「たとえ負けても美しくあるべき」って価値観もアリだけど、同じように海外の「負けたら全て終わり、勝ってナンボ」って価値観もアリだとワタクシは思うのである。ソレを考慮する事無く「海外で生まれた価値観は認めない。柔道はニッポンの武道なんだから、ニッポンの価値観に従え」って突き付けるのを、ワタクシは傲慢だと思うのである。


 そう、柔道に限らず何かを国際化するって事は、ただ単純に競技そのものを広めるだけではないのである。ニッポンとは異なる海外の土壌から生じる新しいモンを認めて受け入れ、互いに吸収し合う事で互いに更に進化する、ソレが国際化の本質だと思うのである。だから「柔道ガー」とか「JUDOガー」って分けて語るのは、ワタクシに言わせれば鎖国メンタリティーの最たるモンなのである。どっちが素晴らしいかではなく、どっちも一長一短なのである。すべき事はニッポン柔道に拘る事でもなく、JUDOを敵視する事でもなく、互いの良いトコを吸収して柔道を更に進化させる事だとワタクシは思うのである。まぁ柔道属性の無いワタクシがコレ以上語ってもアレなので、さっさとお暇するに限る今日この頃であった。


f:id:LiongHMD:20160813222634j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/LiongHMD/20160813
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村 にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村