脳髄にアイスピック このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-09-03

[]ネットの力というかベルギーの力では?

 今日は皆大好きドラえもんの誕生日ということでドラえもんの話をしていこうと思うのですが、去年公開されて先日もテレビで放映された映画『STAND BY ME ドラえもん』、皆さん知ってましたか!? 実はあれのポスターをデザインしてたのって、今話題の佐野研二郎さんだったんですよ! というわけで今日は佐野さんの話をします(超自然な導入)。

 僕は幼稚園に通っていた頃、先生の「みんなの好きなものは何かな?」って質問に「調子乗ってた奴がネットで大炎上してるやつ!」って答えるぐらいインターネット炎上沙汰が大好きで、人生の絶頂を迎え我が世の春を満喫している人がちょっとしたやらかしで大炎上して奈落の底に落ちていく様子なんか見ると、福本漫画特有の異常に歯の本数が多い老人みたいな笑いを浮かべてしまうわけです(参考画像)。

 ちなみに二番目に好きなのがピーターラビットで、三番目に好きなのが六花亭のバターサンドです。怖いのはまんじゅうとキョンシー

 そんなわけで今回の件も終始笑顔で見守っており、疑惑の画像が一つまた一つ上がるたびにどんどん口元が緩んでしまい、ついにエンブレムの取り下げが決定したところで「いやあ東京オリンピックは楽しかったねえ。やってよかったねえ」と心地よい満足感に浸っていたわけです。

 まあ、それぐらい今回の一連のニュースにカブリつきだったので色々と思うところもあったわけですが、別にわざわざblogに書くことでもあるめえ。だってこんなblog誰も読んでないし……いまだにはてなブログじゃなくてはてなダイアリーだし……とか思ってたら、某シロクマ氏がこんなエントリを上げていたのを見て、色々ケチつけたくなったので今回更新しているわけですが、ここまで書いたところで、「えっ、この状況からシロクマ先生の暗い情念とかひっくり返すの厳しくない? ってかムリゲーでは?」と気づいたので、今までの展開は無しにしていきたい。これからの私の話はオリンピックにあまり興味のなかった一人の日本人の意見とかそういうニュアンスのものとして参考にしていただきたい。

 いや、で、まあ、暗い情念とかそういう情緒的な話は置いといて、俺ちゃんが特に気になったのは

私がおっかないと思うのは、そうしたメシウマ的なネット人民裁判が、とうとう国家レベルのプロジェクトをもひっくり返すようになった、という点だ。

 ってところで、確かに佐野氏も謝罪文で

もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況だと思うに至りました。

 とネットの炎上が原因で取り下げるみたいなこと書いてるけどさ、実際のところ、元々今回の件がこれほど燃え盛った決定打って、ベルギーIOCに対して訴訟を起こしちゃったことだよね。

 確かに、佐野さんがベルギーのエンブレムをパクったという決定的証拠はない。多くのデザイナーが言ってるようにシンプルなデザインなのだから、偶然似てしまうことは充分にありうる。

 佐野氏がネットにアップされている画像を無断に使用している案件が複数見つかっており、色々疑惑の目は向けられているが、現状オリンピックのエンブレムをパクった決定的証拠があるわけではない。そして疑わしきは罰せずという原則もある。

 さて、ところでこの画像を見て欲しい。

f:id:Lobotomy:20150904010901j:image

 この画期的なロゴは先ほど僕が天から授かったインスピレーションを5分かけて描いたものだが、この超クールで斬新なロゴをプロのデザイナーに清書してもらって、カバンやお財布や筆箱にくっつけて販売しようとすると、なんだか大変なことになるような気がする。

 なんだよぉ、丸三つなんていうシンプルなデザインなんだから被ることだってあるだろぉ、この俺が作ったミッキーは完全に俺のオリジナルなの、オ・リ・ジ・ナ・ル。と滝川クリステルっぽく言い張っても、ディズニー率いるドリームチームには到底勝てそうにないね……そりゃ著作権の保護期間も延長しちゃうよ……。

 というわけで、佐野氏が実際の裁判で負ける可能性も充分にあるわけだ。

 もし、そうなった場合、当然今よりさらに短い期間で新しいエンブレムを準備せねばならず、それまでに使用した分の賠償金を払う必要が出てくるかもしれない。

 だから、今回の件でまず最初に説得しなきゃいけないのってベルギーデザイナーだと思うわけですよ。確かにデザインに対して理解力の乏しい一般国民を説得するのは難しいかもしれない。いかなる分野であれ専門家の考えを素人に噛み砕いて説明するのは困難だ。けど、だったら同じデザインを生業にしている、ベルギーのオリビエ・ドビ氏は説得してくださいよ、と。

 そこで無事ベルギー方面の説得に成功しても世間での炎上が収まらなくて、エンブレムを取り下げるっていうなら「メシウマ的なネット人民裁判が、とうとう国家レベルのプロジェクトをもひっくり返すようになった」という意見もわかるのだけど、ドビ氏はエンブレムを取り下げた今でも訴訟を起こす気満々なわけで

 結局、一般国民ではなく、デザインに理解のあるベルギーデザイナーを説得できない限り、エンブレムは遅かれ早かれ取り下げることになったのではないだろうか。

 今回の炎上によって、家族へのプライバシー侵害があったことや、メールアドレスを悪用されたことについては、ネット特有のいやらしさであり、炎上案件の恐ろしさ、性質の悪さだと思うけれど、その件とエンブレムを取り下げることを一緒くたにしてネット凄い。ネットヤバいみたいに語ってる人達は何か違くね? あるいは佐野氏の言い分を額面通りに受け取りすぎでは? 大丈夫? 素直すぎない? ところで絶対儲かる話があるんだけど、今度通帳と印鑑持って新大久保ルノアールに来てくれない? って思いました。

 その後に、このようなエントリを書いて、今回の件を通して炎上とそれに絡んだ集団心理の危険性みたいなことを書いているのだけど、これに関しては、これまで炎上して悲惨な目にあってきた人を散々見続けてきたシロクマ先生が、昨日今日ネットを始めた中学生みたいなことを言わんといてくださいよ……。何? カマトトぶるのが流行ってるの? 「私……実は男の人と付き合ったことがなくて……」からのベッドの上で大股おっぴろげて大陰唇とクリトリスにピアスドーンって感じっすかね、ギャップ萌えってやつっすね。

 あとシロクマ先生、もうそろそろあの青いのに対する言及の解禁時期に入りますよ、この三年でめっちゃ熟成されてますよ、アレ!

 まあ、今回のエンブレムの件に関しては、他にも「多くのデザイナーがシンプルなデザインだったら被ることもあると言っていたが、どこら辺までが被りで、どこら辺からがパクリになるという明確な基準はあるのだろうか」とか「つっても上海万博のテーマソングの時、みんな岡本真夜のパクリだって言ってたじゃん!」とか「今回の一件みたいに誰も責任取ろうとしねえ世の中で、『少年サンデーの運命の責任は僕一人が背負う』って言ってのけるサンデーの新編集長ってマジやばくね?」とか「そもそも佐野氏も佐野氏を批判していた人も組織委員会の面々もマスコミデザイナーも一般国民もみんなインターネット使ってるんだからさぁ、今回の件みたいにネットの勝利とかネットが悪いとか言うのって何か違うのでは? 野球で例えると『試合の決定打となる一発をバットを使って打ったので今日の試合はバットの勝利です!』とか言うぐらい違くね?」とか「今回の炎上に関しては、デザイナー一人に責任を負わせて終わるのではなく、この調子で審査の不透明性とかにも切り込んでいくべきではないだろうか。いや、より公正な審査を望むとかじゃなくて、ぽっくんもっと色んなところに飛び火する光景が見たいの」とか色々思うことはあったのですが、私信を飛ばすという本来の目的が無事済んだので寝ます。

nnnn 2015/09/04 07:58 実際、デザイナーのかたはデザインの専門家であっても、著作権の専門家ではないのですよね。あれがパクリであるかないか法的に白黒付けてしまったほうが後々のためになるのでは。

p_shirokumap_shirokuma 2015/09/04 08:44 どうも、「炎上なんて古いことじゃないか」みたいな事を書いているようにみてらっしゃいますが、私はその炎上の「アングラからパブリックへ」「言説としての流通性・公認性・転導性」「2ちゃんねるからテレビに表示されるものへ」みたいなメディアとしてのインターネットの変質と展開に興味を持って今更にびびっているってことがご理解いただけないようで、それが犬紳士さまもそうだということには、私は犬紳士さんに執心しているらしく、かなしいと思いました。あーあ、執心してますね。

p_shirokumap_shirokuma 2015/09/04 08:46 ま、私はエンブレムとか佐野さんとかどうでも良くて、インターネットアーキテクチャの話がしたかったんですよ。アーキテクチャがどうなって、どういう人達が参加して、どこと繋がって、そしたら2008年ぐらいとどう違ってきたのか、みたいな。 インターネット好きなんですね、私は。でも、そのインターネットのメディアとしての性質が私が望まない方向にどんどん変わっていく。仕方の無いことだけど、炎上昨今にはトーンの違いがある。それを、こういう出来事のたびに確かめて、あーめんどくせーと思っているわけですよ。

p_shirokumap_shirokuma 2015/09/04 08:46 ちなみに10月22日に何があるとかないとか、わたしさっぱりわかりません。わかりませんヨー

LobotomyLobotomy 2015/09/04 11:46 >nnさん
この手の裁判は実際に法廷で争う前に取り下げられるケースが多いので、どんな結果になるかっていうのは無責任な外野の立場からでも興味津々ですね。

>p_shirokumaさん
今回の件は社会的なインパクトこそあれど、炎上のメカニズム自体はこれまで起きてきたものとそう変わらないというのが、個人的な見解でして、シロクマ先生が語るほど特別だった気はやはりしないんですよね。俺がこの手の案件を見すぎて色々感覚が麻痺している可能性は否定できませんが。
ってか比較する時期が2008年ってネットの世界じゃ大昔すぎますよ……。
何はともあれ10月後半にその野蛮性がどのように発揮されるのか見届けたい所存であります。(本題)

haruharu 2015/09/04 11:57 いっぱい勘違いしてる人が多いみたいだけど、基本的には「図案は著作権法の適応外」です。作れば権利発生の著作権ではなく、登録して、利用目的を限定してようやく保護される「意匠権」の方になります。(理由は当たり前だけど普通にかぶるから。1964五輪のロゴなんて丸ですし)なので、最初JOCが問題ないって言ってたのは実際登録されてなかったか、利用目的がかぶらなかったんだと思います。
ただ、ややこしいのは、すごく絵画的だったり創作性が高かったりする図案の場合は著作物と認められて著作権が発生してしまうことがあります。ベルギーのデザイナー氏が訴えたのはそういう方向を狙ってのことじゃないかなぁ。ただ、あの形(プリミティブ図形の組み合わせ)で著作権が認められるとは思えないのですが、もし認められてしまうと今後ベルヌ加盟国の「すべての住民」はあの手の形(丸と長方形の組み合わせ)を使う時はベルギーのデザイナー氏の許可が必要になって大変困ったことになります。そっちのほうが大問題。

peace8peace8 2015/09/04 13:19 もともとは、あのエンブレムのデザインが気に入らないというのが根底にあるわけですよ
あの日の丸をオチョクった扱いに怒りを覚えた人がいたわけ

佐野研二郎のデザインは、どれもああいう、ちょっと捻って笑いを取るタイプでしょ
「な〜んちゃって」なデザイン
あれをナショナリズムに適応したのがマズかった

で、デザインを叩くにはパクリが一番、ということでネタを探したと
ネットでアップしたら「オレも気に入らなかったんだ」という奴らが乗っかり始めて炎上した
あのエンブレムが無難なデザインだったら、この段階で乗っかってくる奴は少なくて鎮火した可能性もある
最後は、炎上なら何でもいい連中がやってきて大火災になった
そういう話だと思いますよ

以下、余談
ロゴデザインの資料集を見れば分かるけど、似たようなデザインだらけで、後でデザインする者ほど不利になる
モダンでシンプルなロゴデザインはネタ切れと言われてるし
いずれは著作権そのものを見直さないと、クリエイト活動は不可能になりますよね

XenosXenos 2015/09/04 14:55  自分で素案を修正されながら、なぜ審査委員長はバックを踏んだのか不思議です。
 類似という点で本当に何も問題がないのなら、技術審査した立場もあり本来「文句は俺に言え!」と佐野氏を守る責任が有ったはずです。
 それをあえてしなかったのは、一般国民に対する説明内容とは裏腹に、本音は訴訟沙汰になった場合の責任を取りたくなかったからからなのではと邪推をしてしまいたくなります
この邪推が当たっていたら、やはり、ご指摘のように、ドビ氏の訴訟が真の原因かと思います。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Lobotomy/20150903/p1