倫敦橋の番外地 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-02-28

猫が好き♪氏の思い出

大石氏のBLOG経由で訃報を知る


訃報 猫が好き♪: 大石英司の代替空港  http://eiji.txt-nifty.com/diary/2012/02/post-3d2c.html


初期ニフティ*1チャットで、何度か一緒にバカ話した程度の「知り合い」だった。


とあるチャットでのやりとり


猫♪: おいらはビッコでメクラだぞw


俺 : 身長の不自由な人>猫♪


彼は当時からバイク事故で身障者手帳持ちというのをネタにしていた。

骨折したときの話を2012年02月04日付記事に発見。


鉄道のある風景weblog:モルヒネを使ってみた。  http://blog.livedoor.jp/nekosuki600/archives/51929881.html


身長に関しては、当時の彼のパートナーからのネタだった。



そういえば、ハンドルネームを略すとき「猫」「猫♪」だけじゃなく「おんぷ」とだけ書かれることも有ったな。


音符記号「♪」の使用も「非常識」というニュアンスで嫌われていた。 おそらく彼はエプソンのNEC98互換機を使ってハンドルネームを考えたのだろうが、音符記号は当時のNEC98では表示できない文字だった。*2


たしか朝日ジャーナルだったと思うが、そこに彼がハンドルネームのまま記事を書いたことが話題になったような時代。


「FENVシスオペ」時代は、私はネット疲れでリタイア状態だったので知らないや。



近年はwikipediaの活動が多かった模様。

利用者:Nekosuki600 - Wikipedia  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:Nekosuki600


2ちゃんねるのカメラ板で何度かレスのやりとりしたことが有ったかも。

2ちゃんねる生活カテゴリでも名前を見かけたことがある。 冠婚葬祭関連だったかなぁ。 


彼の実名はニフティチャット経由で知っていたけれど、年齢に関しては初めて知った。 同年代と思っていたけど、数年年上だったのかぁ。

同年齢かと思ってチャットでは思いっきり「タメ口」のやりとりしていたが、知っていたら自分の対応もちょっとは変わっていたかなぁ・・・



合掌


追記 著作


  • 『遥かなるシムシティ』大陸書房、1992年7月、ISBN 4803338728
  • 『NIFTY-Serve bible』ビー・エヌ・エヌ、1993年4月、ISBN 4893692402
  • 『NIFTY-Serveハンドブック』ビー・エヌ・エヌ、1995年5月、ISBN 489369295X
  • ニフティサーブハンドブック 2』ビー・エヌ・エヌ、1997年3月、ISBN 4893695096


大陸書房は1992年8月東京地裁に自己破産を申請、そして倒産。

チャットで彼が「印税はムリかも」と愚痴ってたら、皆から「アトランティス大陸書房沈没w」と茶化されていた。


追記 年齢について

享年五十三歳という情報も有るみたい。 だれかの勘違いか?

追記

享年五十三歳ということで大石氏のblogも訂正。  

*1:会議室発言数上限が512から999に変わった頃

*2文字コードが違うため常駐ソフトを使う必要があった

2011-07-01

【豐滿與骨感】中国ロースクール卒業パーティ祝辞

ひさしぶりに字幕付き動画を投稿

中国の名門ロースクールである政法大学法学院の何兵・副院長による卒業パーティーでのスピーチ

砕けた感じなので、芝居がかった言い回しやネットスラング(?)でフォントを変えてみた。

D


中国国内では「アブナイ」発言が混じっているようで、そのたびに会場が大きく揺れている。


訳は字幕は迷路人さん( http://blog.goo.ne.jp/dongyingwenren/e/8663034f096d0892b95bc19f5a74101b )とChinanewsさん(http://kinbricksnow.com/archives/51720119.html?1308758343)を参考にし、若干省いた部分有り。


スピーチの中に出てくる包公

f:id:LondonBridge:20110701014412j:image

中国の歴史上で最も有名な清廉潔白な官吏の代表で、歴史上の名前としては「包拯」だけどテレビドラマや文芸作品の中では敬意を込めて「包公」と呼ばれるらしい。

イ尓做不成包公可以,但イ尓不能陷害忠良,这是一个最基本的底线的遵守


包公(中国古代の名裁判官)になれなくてもいい。ただし善良な市民を傷つけてはなりません。これは最も基本的な、絶対に譲れない最低ラインなのです。(Chinanewsさん訳)


諸君は、エラい裁判官殿にならなくたって構わない。

だが、善良な市民を傷つけてだけはくれるな。

これだけは基本的な、絶対に守らねばならんルールであると心に留めてほしい。 (迷路人さん訳)


映像を見ると、かなりざっくばらんな言い方をしているけれど、漢文読み下し風にすると別の雰囲気がでそうな気がする。

イ尓(なんじ) 包公(ほうこう)に做(な)す 成(な)らずとも 

イ尓(なんじ) 忠良(ちゅうりょう)を 陷害(かんがい)すること 能(あたわ)ず

是(こ)れ 最(もっと)も遵守(じゅんしゅ)べき 基本(きほん)の底辺(ていへん)なり


*「イ尓」はニーハオの「ニー」、ウォーアイニーの「ニー」の字だけど、文字化けするんで代用


ちなみに中国共産党創設の歴史を描く大スペクタクルヒューマンドキュメント(?)映画「建党偉業」予告編

D



以下中国語書き起こしをコピペ

続きを読む

2011-03-12

地震関係

東北の日本海側在住なわけだが、とりあえずのメモ

自宅でいるとき地震発生

地震発生直後、停電。 固定電話不通。 携帯も不通。

ガスと上下水道は大丈夫そう。

ラジオと携帯のワンセグで情報収集

石油ファンヒーターが使えないので、石油ストーブを準備。

近所の民生委員が訪問

懐中電灯、ロウソクとかラジオ用電池を準備。


近所を歩き回って様子を見る。

被害はなさそう。 TVアンテナが倒れていた家を1軒見つけた程度。


主要幹線道路の信号機は機能していたが、それ以外の信号機は消えていた。

コンビニ他主要商店は臨時休業の張り紙がしてあって、電気は消えたまま。


ラジオは主にNHK。 時々民放。

ワンセグは電池残量を気にしながら定時ニュース目当てに視聴。

一晩停電が続くだろうと覚悟する。


むかし買ったインテリア小物の石油ランプを探し出す。 

まさか実用品として使うとは思わなかった。 ロウソクよりも暗いけど。

NHK仙台ラジオで「大きく揺れています」放送の数十秒後に軽く揺れたりする。


夜7時に夕食。 カップ麺と昨日の作りおきを食べる。


すぐ起きられるように普段着のまま夜10時就寝。

ロウソクを消すと真っ暗で静か。 雪あかりだけ 


朝5時ちょっと前余震で目覚める。 ラジオをつけて状況確認。


5時半ころから空が白み始める。 カラスの鳴き声がちょっと嬉しい。


9時ちょっと前停電から回復。

CATV固定電話は復旧せず。


あれこれ電気製品の動作確認中。

インターネットには繋がってたりする。



追記

携帯電話は11時ころ音声通話が回復していた。

ネットにはつながらないまま。


CATVは昼頃回復してた模様

固定電話はケーブルプラス電話なのだが、昼にはつながらず。


15時ころ親戚がくる。 市街地中心部のマンションでは、未だ停電中とのこと。

携帯の充電器持ってくればよかったと悔やんでいた。

信号機も消えたままだったが、我が家に近づくにつれと信号機が回復していることに驚いた模様。

我が家近辺のみが、妙にライフライン回復が早いらしい。


ツイッターで情報収集。 道一本隔てるだけで停電の状況が全く違う。

NTT固定電話は朝から繋がっていたらしい。


余ってる石油ストーブ・灯油を停電の家に車で届ける。


17時時ころ、だいたい近所で電気が通じる。


19時ころ携帯がネットにつながることを確認する。

2011-02-09

[]泣かせる映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』

レンタルDVDで1年くらい前に見たけど、いまいちこの映画について書く気持ちになれずにいた。

この際だから、ちょっと雑然にメモ。

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]


製作発表のころから気になっていた映画だけど,結局映画館で見ることはなかった。

近所でやってないし、なによりも長いし・・・


DVDレンタル開始されて、しばらく経ってからようやっと見た。 いちおう見る前に、人物関係その他を復習しておいてたな。


かなり嫌な気分が残る映画だった。

サウンドトラック

まず映画のサントラにかなりの違和感が。

泣けとばかりに響く哀愁を帯びたギターの音色を選んだセンスに、かなり驚いた。


D

エンドロールに流れる「Pictures of Adolf Again」



監督インタビューより

若松 ジム・オルークが俺の映画の大ファンだって言うんですよね。もう、全部見てるって。それで「絶対にやらせてくれ!」と言ってくれたんで。実は別の某女性シンガーソングライターでという話もあったんだけど、「ジム・オルークでいく!」って断った。だって、最初に「俺と付き合うなら日本語話せるようになって来い!」って言ったら、一年後にホントに覚えてきたんだもの。断れないでしょ(笑)。でも、途中ウンザリしたと思いますよ。十何回もダメ出ししたから。やっぱりね、ジム・オルークの音楽なんだよね。作って来るのが。「違う、違う」って。俺はね、「ジム・オルークの音楽そのものが聴きたいならライブに行って」って思う。俺の映画の、『実録・連合赤軍』に合う曲が欲しかったから。いやあ、頑張ってくれましたよ、彼も。


http://www.indierom.com/dengei/secret/gin_navi/48.htm


今回改めてネットで映画の感想をあれこれ読んでみると、けっこう「泣いた」と書く人がいる。



ニコニコ生放送でのインタビュー抜粋

D


かつての(現役?)活動家たちに映画を見せたらみんな泣いていたと、満足気に語っている。

*1


これは泣かせる映画だったんだと、ようやっと気がついた。


こういう泣ける音楽は狙い通りなんだろう。


エンドロール

エンドロールが流れたときも驚いたな。

f:id:LondonBridge:20110209071632p:image

f:id:LondonBridge:20110209071633p:image

赤軍派と革命左派と分けてある。 こだわりが,未だに有るんだな。


赤軍派革命左派
遠山美枝子:坂井真紀坂口 弘:ARATA
森恒夫:地曵豪永田洋子:並木愛枝
坂東國男:大西信満吉野雅邦:菟田高城
植垣康博:中泉英雄伊藤和子:一ノ瀬めぐみ
      :      :
加藤能敬:高野八誠
加藤倫教:小木戸利光
加藤元久:タモト清嵐

このキャストの順番はどういう基準なんだろうかなぁ。

坂井真紀ARATAは、それなりに売れているから先頭なのかな?

坂井真紀は山岳ベースパートの主役で、ARATAあさま山荘パートの主役という扱いだからかな。


永田洋子役の並木愛枝だって強烈な印象をのこしているのだから、映画への貢献度からも革命左派トップでいいんじゃないかと、ちょっと思った。 実際2008年、『実録 連合赤軍』で第2回アジア太平洋映画賞(APSA)の最優秀女優賞(ベスト5)にノミネートされているし。


予告編で「テーマ」を語っちゃってるタモト清嵐がラスト。 最年少の役柄だからなのか? 

いろいろと謎な順列だ。


予告編

D


参考文献

わざわざ参考文献なんて、と思ったら

f:id:LondonBridge:20110209080713p:image

スタインホフの名を見つけて「結局それか」「それしかないものなぁ」 と、なんか拍子抜けした。



今回改めて再確認してみて気づいたのだけど、永田洋子の「16の墓標」はスルー。

本当に永田洋子が憎いんだろうな。

十六の墓標 上―炎と死の青春

十六の墓標 上―炎と死の青春

十六の墓標 下―炎と死の青春


当事者以外はブント関係者&OBのが有るし・・・・

兵士たちの連合赤軍

兵士たちの連合赤軍

あさま山荘1972〈上〉

あさま山荘1972〈上〉

あさま山荘1972〈下〉

続 あさま山荘1972

連合赤軍事件を読む年表 (オフサイド・ブックス)

連合赤軍事件を読む年表 (オフサイド・ブックス)

赤い雪―総括・連合赤軍事件 (新風舎文庫)

赤い雪―総括・連合赤軍事件 (新風舎文庫)

兵士たちの闇

兵士たちの闇

わが愛わが革命 (1974年)

わが愛わが革命 (1974年)

赤軍派始末記―元議長が語る40年

赤軍派始末記―元議長が語る40年

1970年代論

1970年代論

破天荒な人々―叛乱世代の証言

破天荒な人々―叛乱世代の証言

破天荒伝―ある叛乱世代の遍歴

破天荒伝―ある叛乱世代の遍歴

浅間山荘事件の真実 (河出文庫)

浅間山荘事件の真実 (河出文庫)




実録

歴史上の実名を用いた歌舞伎に「実録先代萩」ってのがあるけど、それと同じ意味での「実録」だな。

やくざ・極道映画の「実録」とも同じ。

光の雨が「劇中劇」という手法だったから、こんどこそは「実録」という意味もあるのだろうけど。

光の雨 特別版 [DVD]

光の雨 特別版 [DVD]


連合赤軍について,あれこれ書いたモノ

http://londonbridge.blog.shinobi.jp/Category/6/

*1:どの本にも載っていないラストの少年の言葉は坂東國男から直接聞いたもので「事実を映画的に表現したもの」だと語っている。

2011-02-08

永田洋子訃報 雑感

ネット上の連合赤軍

2008年くらいから『レッド』連載とか映画「浅間山荘への道程 実録連合赤軍」で、それなりに一般化したような気がする。

別のblog連合赤軍のことを書いたのが2007年の暮のこと。

http://londonbridge.blog.shinobi.jp/Category/6/

当時のwikipedia連合赤軍関連項目は貧弱だったんだけど、今回改めて巡回してみたら相当に充実していてて驚いた。

まぁ,項目によってはイニシャルだらけだったりするのだけれど。



イブニング連載中『レッド』(山本直樹著)の情報発信用公式アカウントってのも有ったりするだな。

http://twitter.com/#!/tokyowar1971

レッド(1) (KCデラックス イブニング)

レッド(1) (KCデラックス イブニング)

 

レッド(2) (KCデラックス イブニング)レッド(3) (KCデラックス イブニング)レッド(4) (KCデラックス イブニング)レッド(5) (KCデラックス イブニング)

5巻が今月中に発売予定か・・


やる夫あさま山荘を攻略するようです」シリーズも有ったな。

2008年暮れから2009年1月に2chで連載(?)

映画のダイジェスト版という感じかな

連合赤軍「あさま山荘」事件―実戦「危機管理」 (文春文庫)

連合赤軍「あさま山荘」事件―実戦「危機管理」 (文春文庫)

突入せよ!「あさま山荘」事件 [DVD]

突入せよ!「あさま山荘」事件 [DVD]


山岳ベース編もある

やる夫あさま山荘を攻略するようです【山岳ベース編】

http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-485.html

登場人物

でっていう森恒夫

水銀燈永田洋子

その他ローゼンメイデンキャラが総出演


これだけを「読んで」知ったかをかます厨房が増えちゃった気もするが。

でっていう水銀燈の最凶コンビの破壊力が妙にマッチしてて、読み物としては面白い。

個人的には「でっていう森恒夫」という配役が一番のツボ。


       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))  でっていうwwwwwwwwwwwwwww
 /??_| ,-)___(-,|_ゝ \
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /

事件を題材にした映画や小説をいくつか見てるけれど、「森恒夫」の造形でなかなかしっくりくるのがないように感じていた。 最高幹部で最重要人物のくせに、いまいちキャラが立っていなかったり,逆に妙に脚色されすぎだったりとか。*1

これは納得の配役だな。


登場人物を80年代アイドルの名前を借りて書かれた小説「漂流記1972」では,配役はどうなっているんだろうかな?

マッチ・セイコ・アキナ たちが登場するらしいが。


事件当時の「ブス説」

日本共産党の事件当時の分析らしい。

毛沢東盲従の末路―「連合赤軍」事件の根源をつく』 日本共産党中央委員会出版局発行(1972/05/01)]

http://maoist.web.fc2.com/jcp/jcr000.htm

いろいろと興味深いけど、その中の一節

 各駅頭に人相書がまわり「チビで色黒、出っ歯でギョロ目」と特徴の多い永田をつれた森が十日間も東京方面のアジトにいたのを逮捕できないほど日本の警察はのんびりしていたのでしょうか。

http://maoist.web.fc2.com/jcp/jcr001.htm

国会議席があった政党機関誌からしてこうだもんな。



当時のニュース映像をひさしぶりに見たかも。

現場検証に連れていかれる場面と、初公判のときの映像かな?

D

D


40年という時間

享年65歳」について「意外に若くてビックリ」というのと「管直人と同世代の団塊だろ」という二つの反応が有って、ちょっと面白かったな。


事件から40年。

前の世界大戦終結の40年後といえば、1985年。 自分がその頃に終戦のことをどう考えていたかといえば・・・

まぁ、そうなるのもしょうがないだろうな。

*1:映画では女性陣が目立ちすぎ。 小説「光の雨」だと、妙に形而上学的すぎるというか

光の雨 特別版 [DVD]

光の雨 特別版 [DVD]

 
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]

 
光の雨 (新潮文庫)

光の雨 (新潮文庫)