倫敦橋の番外地 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-09-18

クーデターの主犯はメディア (水間政憲)』(転載)

正論の執筆陣の一人でもある水間政憲氏のスクープ記事が衆議院議員 戸井田徹氏(太郎会)のブログである丸坊主日記にコメントの連続の形で掲載されている。

http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/cmt/f00bc6600d3a4d49e024cd353a98ee0f

全文掲載のみ著作権フリーとの事で、コメントをつなげる形で転載を行う。

=== 転載開始 ===

 クーデターの主犯はメディア (水間政憲)


私 は、現在ジャーナリストとして論文を発表しているものです。今、自民党総裁選を取材していて、戦後の日本の闇が明らかになった。時系列に取材結果を報告し ます。 昨日の自民党本部での麻生氏、福田氏の所見発表演説会は、圧倒的説得力で麻生の圧勝であった。帰りのエレベェターの中で、福田側に動員されて来た年配の男 女が、「麻生さんに負けていたね」とか「「あれじゃ、とても福田さんじゃ無理だよ」などと、感想を述べていた。その後、午後4時から渋谷ハチ公前の両者の 演説、6時45分からの秋葉原での麻生氏単独演説を取材した。 渋谷は、一万以上の聴衆で溢れていた。NHKは「年配者は福田」「若者は麻生」との趣旨で報道していたが、実態は全然違うのです。拍手も掛け声も8割方麻 生氏支持で圧倒していたのです。 この状況をテレビで見ると、福田氏へ世論が動くように操作されているのです。この世論操作を可能にしたのは、街頭演説を土日だけとし、NHKなどのメディ アは両者揃ったところ以外報道しないことで、聴衆がどちらを支持しているかを隠すことが出来るのです。 メディアの中で反麻生氏の急先鋒は、日テレ読売新聞で朝日グループではないことなのです。


この件に関しての報道では、朝日グループがまともに見えることが、いかに異常か理解でるでしょう。秋葉原での麻生氏単独演説会は、一万人以上が押し掛けて いたが、メディア報道するようなオタクだけではなく、突然決まった演説会だったことで、9割以上は買い物客が足を止めて聞き入っていたのだ。会場には、 その日の午前中にテレビに出演して、福田氏を支持するような発言をしていた平沢勝栄議員も来ていた。メディアが如何に異常かは、会場を取材していたNHK テレビクルーと会話を再現することで理解できる。 筆者「すごいよね、今撮っているの今日報道するの」カメラマン「わからないです、上がどう判断するか」筆者「麻生さんを隠そう隠そうとしているのおかしい よね」カメラマン「そうですよね」と、メディアの現場もこの異常な状況を実感している。


クーデターの主犯をメディアと判断したことを、明らかにする。 今日、テレビ朝日スーパーモーニングを見て確信したことを披瀝する。それは、鳩山邦夫氏の発言からすべてが明らかになった。そもそも、雪崩を打って自民 党の派閥が福田氏支持に回るきっかけとなったのは、10日夜都内のホテルで開催された「太郎会」終了後の映像が各テレビ局が、繰り返し報道したことによ る。それは、テレビカメラに向かって鳩山氏が「太郎会は、みんなで麻生さんに総理大臣になってもらうため集まっている会」です。それが、鳩山氏は安倍首相 が退陣する意向を麻生氏から聞いた上での発言として、ネガティブキャンペーンに利用されたのです。


ところが、スーパーモーニング鳩山邦夫氏は「太郎会は昨年10月に発足して毎月第二月曜日に会合をもって、今まで10回になる。」また、「麻生さんに、 総理大臣になってもらいと思っているものが集まった会」との趣旨を説明したとのこと。また、「麻生さんから、一切安倍首相が辞意を漏らしたことを聞いてい ない」と断言した。 仮に、鳩山氏が聞かされていたのなら、カメラの前で一点の曇りなく、あれほど堂々と「麻生さんに総理なってもらいたいと…」などと発言することは、あり得 ない。一連の報道は、あまりにもできすぎなのです。 太郎会は、いままで、10回開催されていたにもかかわらず、何故、10日夜のニース報道されたのか。報道各社はどう説明するのか。安倍首相が辞意を漏ら したことを知っていたのは、麻生氏だけだったことになっているが、取材したテレビ局も知っていたことになる。そうでなければ、太郎会を取材する意味など 一切ないのです。 その映像で、麻生太郎氏と西川京子氏の笑いながらホテルから出て来る姿の同じ映像が使用されているか、その映像を撮ったテレビ局が、このクーデターの首謀 者なのです。


筆者は、GHQ占領下言論検閲を専門に近現代史を研究しているが、公開情報を分析するだけで9割以上の真相が明らかにすることができるのです。今回の一 連の報道で一番酷いのは、日テレ読売新聞です。17日読売朝刊一面トップは、「福田氏圧勝の勢い 本紙調査 衆参213議員支持 世論も福田氏58%」と、見出しを打っているのだ。読売新聞は、何か相当焦っているようだ。この世論操作は、まるで人民日報と同じではないか。今回の世論 操作を見ると、朝日よりも読売が突出しなくてはならない理由を分析すると、戦後史の闇がある。現在、安倍首相麻生首相誕生を望んでいないのは、中国より 米国なのは歴然としているのだ。それは、米国と同盟国であって北朝鮮問題では、日本の国益と一致しない。これは、専門家にとって周知のことだが、元読売新 聞社主正力松太郎は、CIAのスパイだったことが米国公文書で明らかになっている。今、日本で進行していることは、GHQ占領下の言論統制と同じなので す。 筆者は、ITのことは、よくわかりません。論文として発表する時間がありません。この書き込みを著作権フリーとします。使用するときは、全文掲載すること だけを条件とします。


簡単に説明すると、太郎会を利用することができた人物は、麻生太郎氏が安倍首相から辞意を申し入れされたことを知っている人物だけが、太郎会を利用できた のだ。それは、官邸麻生氏を安倍首相に言われて呼び止めて会談の内容を聞いた人物であろう。メディアに連絡をとった人物が同一人物かは、判らないが、連携した人物がいる可能性がある。いずれにしても太郎会は利用され、鳩山邦夫氏は、嵌められたのです。


ジャーナリスト水間政憲

=== 転載終了 ===


町村派の怒り、というのが最初は理解できなかった。 

「太郎会」終了後の映像ってのは、私はあんまり注目していなかった。 辞任直後は、それほどテレビを見ていなかったからなぁ。 チルドレン迷走の頃から集中してチェックし始めた。

町村派内には「(首相安倍晋三の)辞意を以前から聞いていたというなら幹事長としてやることがあったろう」

「安倍さんの辞意をさかなに酒を飲んでいたらと思うとぞっとする」といった声があるほどだ。

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/jinin/archive/news/2007/09/20070915ddm002010086000c.html

深谷隆司のHPより

http://www.fukayatakashi.jp/cgi-bin/news/index.cgi?status=detail&num=972

 今までは、現職の幹事長麻生氏が本命と言われておりましたが、逆に福田圧勝の勢いとなりました。

 その理由は、参議院惨敗の後、いち早く官邸に行き、安倍総理の続投を決めたことや、辞任を3日前から知っていて、しかもその次の夜、鳩山邦夫氏らと麻生総理をつくる会と称して宴会をし、それを得々とテレビに撮らせるなどの「はしゃぎ過ぎ」が裏目に出たといわれています。

「はしゃぎ過ぎ」という言葉は、毎日新聞記事のタイトルにまでなっている。

この言葉が、実態にそぐわないレッテル貼りになったということは、覚えておこう。

総裁選報道メモ

中国新闻网が、ちょっと興味深い。

街头演讲 福田强调“安心”麻生呼吁“活力”

2007年09月17日 14:50 来源:中国新闻网


  中新社大阪九月十七日电 (记者 朱沿华 滕剑峰)为迎接二十三日的自民党总裁选举,两位竞选人福田康夫麻生太郎近日在东京、大阪香川、宫城等地巡回举行街头演讲。十七日上午在大阪的街头演讲中,福田承诺“安心”,麻生呼吁“活力”。


  在演讲中,七十一岁的福田康夫在演讲中承诺“为国民建设一个希望与安心的国度,即给予年轻人希望、给予老年人安心”。他特别强调,将会认真对待目前出现的问题,切实解决养老金问题和地区间贫富差距问题。福田还特别强调了,要与中国、韩国、俄罗斯等周边国家发展良好关系。他认为,处理好和诸国的关系符合日本国民的基本利益。


  麻生太郎首先强调了小泉内阁和安倍内阁在振兴日本经济上取得的实际成绩,并表示将继续走经济成长的路线。他表示,应该努力发扬日本的文化、激发社会的潜能,创造一个充满活力的国家。作为自民党中的“鹰派”人物,麻生在演讲中用相当时间论述了北朝鲜绑架人质问题并坚持了其一贯的强硬态度。



  尽管已经入秋,但大阪的天气依然闷热,气温高达三十四摄氏度。不过,由于今天正逢日本法定休息日,依然有近万民众聚集到市中心难波车站前倾听两位竞选者的演讲。从现场反应来看,已是第二次出马竞选自民党总裁的麻生太郎在人气上明显压过老年持重的福田康夫


  另一方面,《朝日新闻》十六日进行的全国紧急民意调查结果显示,福田康夫以百分之五十三支持率远超麻生太郎的百分之二十一。(完)

まぁ、総裁選の日程や、二人の政策の違いを解説した普通の記事です。

71歳の「老年持重的福田康夫」かぁ。 最後の部分が興味深かった。 適当に翻訳

現場の反応を見ると、すでに2度自民党総裁選に出馬したことのある麻生太郎の人気が明らかに、老年で思慮深い福田康夫を圧倒していた。

その一方、『朝日新聞』が16日に行った全国緊急世論調査の結果では、福田康夫が53%で麻生太郎の21%をはるかに上回っていた。


それにしてもテレビ・新聞・ネットのニュースが多すぎて、チェックしきれないな。

某巨大掲示板のスレも、猛烈に伸びているし。

JANJANから転載

http://www.news.janjan.jp/media/0709/0709172488/1.php

自民党総裁選の街頭演説が始まった。

【聴衆の反応は? 「どっちもダメ」目立つ】(毎日)というが、『読売』の自民党議員(387人)支持動向調査によると、「福田支持」が213人、「麻生支持」の45人を大きく上回った。したがって総裁選は【福田氏 圧勝の勢い】(読売)という見通し。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070917it01.htm?from=top

世論調査の結果はどうか。

 『朝日』の世論調査では、【福田氏が53%で麻生氏の21%を大きく上回った。自民支持層では福田氏56%、麻生氏27%だった】

http://www.asahi.com/politics/update/0916/TKY200709160117.html

 『読売』の世論調査では、【福田氏を挙げた人が58%にのぼり、麻生氏の22%を大きく上回った。自民支持層で見ると、福田氏61%、麻生氏27%だった】

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070916i112.htm

●【準備不足は否めず】(毎日)の福田氏は、街頭演説やテレビ討論で【具体策触れず】(朝日)。肝心の政策の本音が見えてこない。したがってマスコミ報道も【閣僚多数の再任示唆】(毎日)、【話し合い解散示唆】(産経)と、あいまい報道に終始している。

杉村太蔵議員が「チルドレン塾」を退席、教育係の武部勤幹事長に「もう来るな」と三行半を突きつけられた。

 小泉チルドレンは安倍退陣表明後、小泉前首相再登板を要請する署名運動を行ない、断られた後には小池百合子・元防衛相総裁選擁立を図ったが、【福田氏の出陣式に出席した片山さつき氏(48)ら、大半が福田氏支持に回っている現状だ。佐藤ゆかり衆院議員(46)も(略)笑顔で支持を表明した】(日刊スポーツ

 選挙塾「新しい風」(武部勤会長)は「福田支持」でまとめようと会合を開いたが、【杉村太蔵衆院議員が「(武部氏らの方針に)ついていけない」と途中退席(略)杉村氏は記者団に「こんなことで総裁が決まるなら自民党は終わる」と述べた】(毎日)という。

雪崩は民意か?

参院選で「民意」を見誤った中川秀直のサイトを読んで、「これはひどい」のタグを付けたくなったな。

雪崩現象は派閥中心の談合ではない、ということらしい。

皆が「民意」という名の勝ち馬に乗ろうとしただけではないのか?

その結果、額賀氏のような「少数意見」は圧殺され、大衆扇動政治路線に向かっているように見える。

民意は福田」だ

朝日と読売の15日午後から16日実施の自民党総裁選に関する緊急全国世論調査の結果が発表された。

(略)

―中川の眼―

朝日と読売世論調査で、民意の6割が福田さんを支持していることが明らかになった。「民意は福田」だ。


しかし、麻生さんは、福田氏支持の動きを古い自民党への回帰と批判しているが、逆ではないのか。小泉前総理がすでに自民党をぶっ壊し、「派閥中心の自民党」から「民意中心の自民党」に変えている。なぜ、自民党内で「福田雪崩現象」が起きたのかといえば、民意の過半数が福田さんを支持しているからである。


派閥の論理で福田雪崩が起きたのではなく、民意の論理で起きたのである。自民党内で「麻生雪崩」が起きないのは、民意の20%台しか麻生支持がないからである。


朝日の調査では、次の首相のタイプは、協調型62%、決断型31%となっている。理由は、分断政府としての07年体制にあると思う。分断政府を機能させるためには、民主党との政党間協議による合意形成が不可欠だからである。その意味で、次の総理・総裁のイメージは、「強さ」より「安定」になるのである。事実、朝日の福田さん選択の第1の理由が「安定感があるから」となったのも必然である。


判官びいきもあり、メディアには「古い自民党いじめられている」という麻生さんを応援する論調が目立つようだ。しかし、「福田雪崩現象」も「民意は福田」を党内が受け入れたにすぎないことが次第に明らかになるはずだ。福田さんが福田さんらしく、奇策に走ることもなく、こつこつと、誠実に、実直に、うったえを続けていけば、メディアも「民意は福田」ということを受け入れるようになるだろう。(9月17日記)

http://www.nakagawahidenao.jp/pc/modules/wordpress0/index.php

Connection: close