Lucablog

日記と言うよりBlog
Luca日記の一覧
プロフ
メインは「Semplice」へ移転しましたが、下らない理由で再開。出戻り息子です。
2005 | 10 |
2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 04 |
2009 | 02 | 03 |
2010 | 03 |

2007-03-22

スパムよりの転送問題記事への引っかかり スパムよりの転送問題記事への引っかかりを含むブックマーク

Microsoftの研究者ら、「検索スパム」の仕組みを解明――スパム業者の巧妙な手口が明らかに(Open Tech Press) via セキュリティホールmemoを読み、原文を探したもののまだGoogleに登録されていないためか見つからなかったんだけど。

記事中では、このような関係を取り沙汰しているようだ。

1)広告主(悪意が無い存在として)

2)アグリゲーター(仲介業者)

3)スパム業者


何を今更わかりきった話をとスルーしかけたんだけど、論点として(消費者ではなく)広告主への注意喚起を促す内容なんで、少し考え込んでしまった。

「正規の広告主と問題のある検索スパム・サイトとの間に、5つもの層が挟み込まれていたという」との一文は、Benjamin Edelman氏が幾度かブログにて公開しているような手法で解析されたんだろうか、多分。

(Benjamin Edelman氏とは幾度かやりとりを重ね、氏と同様の手法でWinFixer Familyでの広告に対するアプローチをSempliceにて公開している)


原文をまだ読んでいないため、日本語ニュース記事を鵜呑みにはできないんだけど。

幾つかの事例にて、詐欺的業者(広告主)が「自分らはそんな悪質な悪質な宣伝がされているのだとは知りませんでした!」とのたまう事例は、数年前からあったし。度々抗議されても広告主サイドが事態を改善しようとしない事例は幾つもあるではないか。


広告主が常に無実でピュアな立場であると事前に想定されてもなと。


2007年5月の「International World Wide Web Conference」にて詳細情報が公開されるらしいので、じっくりと熟読しておきたい。

FF 2007/03/26 07:39 >2007年5月の「International World Wide Web Conference」にて
 W3Cの公式資料って、意外に翻訳版がない場合があるので、こういう話はぜひ日本人スタッフにがんばって翻訳版を出して頂きたいですね。「読みたければ英語を習得しなさい」というのではなくて(英語が出来なければスタッフが務まらないせいか、翻訳版がないときは言外にそんなことを言われているのじゃないかと疑りたくなります)。

LucaLucaLucaLuca 2007/03/26 19:57 翻訳版が無いのですか、それでは少しつらいものがありますね。
恥ずかしながら英語は不得手で、辞書片手に読めても、英文を記載するのはかなり困難です。

本日になって、abstractをやっと見つけました。
http://www2007.org/program/paper.php?id=111
Full textがいずれ公開されるのを楽しみにしております。