Hatena::ブログ(Diary)

I’ve Got The Power! RSSフィード

September 21, 2018 (Friday)

レシピはネットから画像を撮る体たらく

[][]たこ以外も焼いた人生休日

 今日は年次休暇を取得。ほぼ年休消化が目的

f:id:M-I-5:20180928104009j:image:w470

 Blogを書いて家事をして、夕飯にたこ焼きを作った。8月に買ったホットプレートが活躍*1

 人生休日

*1ホットプレートの詳細はid:M-I-5:20180804参照

August 25, 2018 (Saturday)

「ともだちはくま」も夏の様相。

[][]人生休日にはとうもろこし必要だ。

f:id:M-I-5:20180907154030j:image:w470

 昨日食べたトマトに触発されて、今日とうもろこしを茹でて食べた。やはり夏を感じられて良かった。

 暑さもピークで、日中30度超えが当たり前な毎日。早く涼しくならないものかと思う。

 人生休日

August 18, 2018 (Saturday)

チャーシュー、アップ

[][]チャーシュー作り

f:id:M-I-5:20180825135532j:image:w470

 ふと思い立って豚肉(バラ・肩ロース)を使ってチャーシュー作り。これが思いの外簡単で、それでいて美味しいので今月2度目の作成。

 前回は写真に収めなかったしBlogにも書かなかったものの、2回目は前回よりだいぶ上手く作れた。味付けも、肉選びも良い。

 ただ、悲しいかな、食べ始めてみれば付け合せの長ネギ、玉ねぎその他のほうが量が入る。肉を受け付けられなくなってきた今日このごろ。1週間くらいかけて消費したい。

February 04, 2017 (Saturday)

フライパン生活

[]フライパン生活

 実に数年ぶりにフライパンを購入。恐らく、大学生以来かと思われる。もちろん買い替えではなく、新たに購入という状況。

 包丁もまな板も持っていないので、カット野菜を炒めるくらいが関の山。それでもグッと生活力(自活力)あがるはず。本当に気まぐれなのだが、しばらく野菜炒め生活をしてみたい。

March 09, 2012 (Friday)

俺のカレー

[][]俺の背骨

 「Cooking」なんてカテゴリがこのBlogに存在していたことすら忘れていた。俺のBlogなのに。丸1年以上ぶり*1にこのカテゴリに記事を挙げる。

 とりあえず、実家に帰ってきている。今日は、代休日(土日等に出勤した際の代理週休日)なのだ。昨日の夜、バイクで帰ってきた。それで何をしているかと言えば、料理。1日料理。起きて、遅い朝飯を作って、家族に昼飯と夕飯を作り、夜にイチゴジャムを作った。

 昼飯は、とろろと、ゴーヤ&豚肉無しのチャンプルーと、しらすおろしと、白菜と豆腐の味噌汁。昼にこんな豪華なもん、なかなか食ってないだろうと思い、家族へのちょっとした贅沢提供。

f:id:M-I-5:20120309171146j:image:w320

 夕飯は、昼のあまりとカレー。カレーは、昼飯後に言われた、父のリクエスト。細切れの豚肉、にんじん、じゃがいも、たまねぎを「バーモントカレー 中辛」を使って、同カレールーのレシピ通りに作る。もちろん、いろいろと小細工はしているが、秘密だ。そこに缶詰のトウモロコシを入れた。トウモロコシは俺のオリジナル。子供っぽいカレーだろ。そう、調理のイメージは小学校に出てくる給食のカレー。

 家に来ていた父方の叔母が「(幼稚園児の)孫に持って行く」と少し持って帰った。味作りは大成功だ。イメージ通りの味ができた。

f:id:M-I-5:20120309171213j:image:w320

 そして、今からイチゴジャムを作り始めますの図。B玉と呼んでいる、小さな粒の苺を使っている。ケーキで使うのはM玉。あれより小さい。へたをって、ここから2時間。酒を飲みながらやれば、すぐさ。

 俺の実家は苺農家なのだが、今シーズンを最期に、苺農家を辞める。両親が夫婦で営んで来たのだが、母親が死んだ*2ことが大きかった。そして、子供である俺と妹は、どちらも就職することになったし、"まあもういいでしょう"と言うことなのだ。結局、残った父親はサラリーマンをするらしいが。そんなこんなで、このイチゴジャムもラストシーズン。昔は母親の作るところを眺めたり、たまに手伝ったり、そのうち作らされたりしていたが、自発的に作ったのは初めてだったな。

 昼も夜も、その後も料理三昧。俺に料理を教えてくれたのは、母だった。俺は男だし、きっと味は母を超えられない。だけど、俺は俺の味を作るよ。

 とりあえず、実家に帰ってきている。今日は料理のやりたい日なのだ。

 俺はこの家で生まれ、土を食って、ガソリンを飲んで育った。俺自身は変わりゆくが、俺の背骨は今でも変わっちゃいない。俺の本質は、すべてこの家にある。

*1:前回、「Cooking」カテゴリで投稿した記事はid:M-I-5:20110213参照。

*2id:M-I-5:20100902参照。