Hatena::ブログ(Diary)

DREAM SCHEME

2014-04-09

[][][]RMB 2013: Northern Dancer part3 - Sadler's Wells, Dixieland Band and Nureyev 23:38

Sadler's Wells

種付け総数1242頭、種牡馬頭数29頭。

北米のSadler's Wells直系は長くEl Pradoが孤軍奮闘していましたが、ここにきて急速に人気を高めています。一つにはそのEl Prado父系の人気が高まったことで、Medaglia D'Oroが種牡馬入り初期から成功したこと、さらにこのところKitten's Joyが芝に活躍馬を送り続けていることが理由になります。また、El Pradoとは別にCoolmoreがGalileo直仔のCape Blancoを送り込んで繁殖を集めています。

El Prado

Medaglia D'Oroは依然として牝馬に活躍馬が集中する傾向にあります。2013年にG1を勝ったのはMarketing Sixのみでしたが、これも牝馬でした。このため後継種牡馬はまだ多くありませんが、Warrior's Rewardが人気の高い種牡馬となっています。

Kitten's Joyは芝で賞金を積み上げて2013年の北米リーディングサイアーとなりました。芝レースでの賞金割合が75%に達しており、それだけで800万ドルを超えています。

Galileo

2012年から種牡馬入りしたCape Blancoが人気を集めている他、2013年にはMidas Touchが種牡馬入りしました。現役でオーストラリアに移籍していたのをわざわざ北米に持って行って種牡馬入りということをしています。

10頭以上の種付けを行った種牡馬のみ。
  • Sadler's Wells>Bullet Train, Perfecty Soul, Narrativem, Sligo Bay
  • Sadler's Wells-El Prado>Kitten's Joy, Paddy O'Prado, Medaglia D'Oro, Artie Schiller, Fort Prado, Due Date. Pro Pradp, Singing Saint, Mackenna's Justice
  • Sadler's Wells-El Prado-Medaglia D’Oro>Warrior's Reward, Mixmaster
  • Sadler's Wells-Not Impossible>Not Bourbon
  • Sadler's Wells-Galileo>Cape Blanco, Midas Touch

Dixieland Band

種付け総数764頭、種牡馬頭数27頭。

Dixie Unionが早逝していますが、後継種牡馬が人気を集めて数を確保しています。とはいえケンタッキーにはLane's EndのUnion Ragsくらいしか有力な種牡馬がいないので、Union Ragsがこけると一気に厳しくなります。

10頭以上の種付けを行った種牡馬のみ。
  • Dixieland Band>Simmard, Southern Success, Straight Talking
  • Dixieland Band-Dixieland Brass>Don Guido
  • Dixieland Band-Citidancer>Disco Rico, Cherokee's Boy
  • Dixieland Band-Dixie Union>Union Rags, High Cotton, Gone Astray, Dixie Chatter, Grasshopper, Dixie's Prodigy, Bulldogger, Unionize, Sixthirteen

Nureyev

種付け総数301頭、種牡馬頭数20頭。

Good Journey、Unusual Heat、Acclamation、Atticusと種付け頭数の多い種牡馬がカリフォルニアに集中しています。Unusual Heatの活躍があるとはいえ、南オーストラリアで種牡馬入りしていたGood Journeyを後から引き戻してくるなど、カリフォルニアがNureyevに対して変な執着を見せるのも事実です。あとRio VerdeからGrace Upon Graceに見事に代替わりさせたLovacres Ranchもありますし。

Unusual Heatの後継となるAcclamationはCharles Whittingham Memorialを三連覇するなど西海岸の芝王者として君臨しました。状況に恵まれたとはいえ全盛期の2011年には古牡馬部門でEclipse Awardも獲得しており、最初からカリフォルニアを拠点とする種牡馬としては破格の実績を持っています。

一方Theatricalを失ったケンタッキーにはShakespeareが残るのみですが、2013年の種付け頭数は6頭しかありません。2012年は53頭に種付けを行って、その前も50頭前後は確保していますし、2014年の種付け料は2013年の水準を維持しましたので、シーズンの途中に何かあったかなという気がします。記事が出てないのでわかりませんけれども。

Stravinskyアメリカに残っていたらどうだっただろうかなくらいのことは思う。

10頭以上の種付けを行った種牡馬のみ。
  • Nureyev>Good Journey, Unusual Heat, Atticus, Zarbyev
  • Nureyev-Theatrical>Strut The Stage
  • Nureyev-Unusual Heat>Acclamation
  • Nureyev-Rio Verde>Grace Upon Grace
  • Nureyev-Stravinsky>Bachelor Of Arts
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/MARIUS/20140409