MAROONのなんでも日記

 ここはMAROONの風の身の回りのことを何でも書いている日記です。(^_^)
書籍(電書を含む)関連の記事はこちらから
自転車関連の記事はこちらから
Palm 関連の記事はこちらから
映画関連の記事はこちらから
アメフト関連の記事はこちらから
落語関連の記事はこちらから
20090520223438

贔屓チーム:立命館大学 Panthers / クラブベアーズ / 大阪大学 Tridents
好きな噺家さん:桂吉朝 / 桂米二 / 桂文之助 / 桂文我 / 月亭文都 / 林家染二

MAROONの体重
MAROONの体重

【別館】 古城訪問日記(MAROON's ANNEX 2)
【リンク】 PDA歴史資料館

With Palm

2017-12-12 (Tue)

[][] COCORO BOOKS お知らせ

  http://f.msgs.jp/r/c.do?iXI_5tpN_28S_frz

シャープが運営する GARAPAGOS STORE が新たに COCORO BOOKS に改称して運営するそうです。

昔、ちょこっと利用したことがあったので会員になっていますが、ここしばらくは放置状態でした。それでも律義にお知らせをくれたようです。(^_^;)

σ(^_^)は以前よく利用していた「パブリ」でちょっと信じられない対応を受けたので、それ以来電子書籍の購入はやめています(^_^;)。なので、この COCORO BOOKS も当面利用予定はありません。

2017-10-16 (Mon)

『決戦・日本シリーズ』

[] 『決戦・日本シリーズかんべむさし(ハヤカワ文庫JA)

先日聴きに行った桂しん吉さんの落語会で、しん吉さんが落語として語っていた「決戦・日本シリーズ」の原作(元ネタ)です。

一度オリジナルを読んでみたいと思っていましたが、すでに廃版で、古書店でも見つけにくいのですか、ヤフオクで捨て値で出ていたのを拾いました(^_^;)。かなりヤケや傷みがありますが、読む分には支障は無さそうです。

それよりも問題なのが、当時の文庫は字がかなり細かいという点です。σ(^_^)は目がかなり悪いので読むのに苦労しそうです。(^_^;)

なお、Kindle版はアマゾンで提供されています。

決戦・日本シリーズ

決戦・日本シリーズ

上さん上さん 2017/10/16 21:10 >「決戦・日本シリーズ」
懐かしい!!
学生時代に読みました!!
「阪神」「阪急」どちらが日本一になるのか!!
・・・でも、落語では、ラストどう演じていたんですか?

MAROONMAROON 2017/10/17 01:00 >上さん
コメントありがとうございます。原作はかんべむさしさんのデビュー作品だそうですね。もう大昔です(^_^;)
>落語では、ラストどう演じていたんですか?
それは聴いてのお楽しみということで(*_*)☆\バキッ

上さん上さん 2017/10/17 21:41 >原作はかんべむさしさんのデビュー作品だそうですね。もう大昔です(^_^;)
はい、大昔です、私の学生時代は・・・。
かんべむさしは、その頃、はまって、読みあさりましたねぇ。(^_^)

2017-10-13 (Fri)

[][] 文庫本「図書館貸し出し中止を」 文芸春秋社長が要請へ(朝日新聞デジタル)

  http://digital.asahi.com/articles/ASKBC4CTMKBCUCVL00D.html

売り上げ減少が続く文庫本について図書館での貸し出し中止を文芸春秋の松井清人社長が要請することが分かった。貸出数の4分の1を文庫が占める地域もあるなどと実情を示し、13日の全国図書館大会で市場縮小の要因の一つと訴える。

この記事にもありますが、「雑誌で連載し、単行本にまとめ、文庫化することで、費用を回収」というビジネスモデルが現状に合わなくなってきているんじゃないですかね? 出版業界も時勢に合わせてビジネスモデルの修正も必要だと思います。

以前、同じように問題視されたベストセラーの複数購入にしてもそうですが、「図書館で借りてなら読むけど、買ってまでは読まない」という層が一定以上存在すると思われるので、そういう人たちが図書館で借りられなくなったからと言って、じゃあ、その本を買って読むかというと、ちょっと疑問です。

借りる場合はとりあえず借りて読んでみる、という人も買うとなると慎重になるということもありますし・・・。

2017-09-10 (Sun)

バタートーストとゆで玉子

[] 読了「じっぴコンパクト新書 阪急沿線の不思議と謎」天野太郎監修(実業之日本社)

先日、暇潰しにと思って買いましたが、読みきれずにリュックに入れてあったのを王子への移動中の車内で読み終わりました。

鉄道自体に関する事項は知っている内容が多かったのですが、沿線に関する内容は知らないことも多かったですね。

2017-08-24 (Thu)

GPD Pocket 専用レザーケース

[][] 書店ゼロの自治体、2割強に 人口減・ネット書店成長…(朝日新聞デジタル)

  http://digital.asahi.com/articles/ASK8R5FDVK8RUCLV00Q.html

書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」が増えている。出版取り次ぎ大手によると、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区(1896)の2割強を占める。「文化拠点の衰退」と危惧する声も強い。

見出しにもある通り、人口減とネット通販も要因だと思いますが、そもそも本の販売店数自体も減っているのが大きいと思います。

私の場合は買う本が決まっている場合はアマゾンで買うことが多いですね。リアル書店では店頭に展示されている本を眺めて歩くのですが、この場合はある程度の規模が無い書店だと「見て歩く」ほどの量もないですし・・・。

元々小規模の書店は店頭の本が少ないし、取り寄せは昔から2〜3週間かかるのが当たり前で、それならネット通販で買えば2、3日で届きますからね。

ただ、この記事を見てびっくりしたんですが、

一般的に書店は、売り上げの75%前後を取次会社などに支払い、家賃や人件費など経費が20%余りかかるため、利益は2%前後とされる。

利益が売り上げの2%とは結構低いんですね。

【追記】σ(^_^)がちょっと調べたところ、なんと売上高営業利益率は小売業の場合、2%程度しかないそうです。もっとも飲食業などもっと低い業種もあるようですが・・・。この記事にある「利益」が営業利益だとしたら「そんなもの」なのかもしれません。ちょっと意外でした。

2017-08-19 (Sat)

タマゴトーストセット

[] 「社員たち」北野勇作(河出書房新社)

社員たち (NOVAコレクション)

社員たち (NOVAコレクション)

文都師匠の「ハナシをノベル」の抽選会で当たりました。(^_^)

2017-08-17 (Thu)

[] 再読「上方落語夜話」露の五郎(朝日カルチャーブックス)

今から35年前に刊行された本ですが、故露の五郎(後の露乃五郎兵衛)師により、明治から大正にかけての上方落語界の内幕が描かれています。

197101
19960109
199702
200002
200104
20020610
2003010809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
2014010203040506070809101112
2015010203040506070809101112
2016010203040506070809101112
2017010203040506070809101112

現在の愛機<Palm>:CLIE PEG-TJ37
現在の愛機<Android>:Zenfone 5
現在の愛機<タブレット>:Nexus 7(2013) Wi-Fi モデル 32GB
現在の愛機<携帯プレイヤー>:iPod touch 4G 64GB
携帯:DoCoMo CA-01C
海外携帯:Sumsung BlackjackII
母艦:DELL Inspiron 580[Core i3-530/2GB×2/60GB+260G+250GB+1TB/DVD SuperMultiDrive]
ノートPC:東芝 R730 Core-i5-3.20GHz/250G/4G/Win10Pro64Bit
仮母艦:MSI Wind Ultra LIGHT U100【Lubuntu化】



私のコメント