Hatena::ブログ(Diary)

EXCITING NEWCOMER 

新人FENCE OF DEFENSEファンが暑苦しく彼らを語る場所。
どこもかしこもリンクフリー。
[FOD] [WILL] [MATC] [REVIEW INDEX] [LIVE] [SINGLE] [ALBUM] [VIDEO]
[ABOUT] [DISCOGRAPHY] [ALL]
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 |
2007 | 02 |
2008 | 03 | 04 |

2005-02-06 (Sun) 酉かあ。。

[] 続・TMさんがトリビュート

まずはここを。

http://www.magnetica.net/spinoff/index.html

いっそ新しいユニットにしてくれよ、というのが正直な感想かねえ。大ちゃんの音は最近好きですし、この3人にまったく期待できないわけじゃない。ただ、私にとってTMは哲ちゃん含むあの3人なわけで、この写真は確かにいただけない。フェンスオブキネナオトはシャレで済んでもね(笑)

気になるのは、誰が「TM NETWORK」の冠にこだわっているかです。ファンは多分、正式にメンバーチェンジの発表でもない限り、ウツ・木根・哲ちゃんの3人以外それがTMであるとは認めたくないだろう。終了のとき、あの3人は、「また3人でやりたくなったらやるけれど、それはもうTMという名前じゃないかもしれない」と言って私たちの前を去りました。その言葉を信じた私たちは、「あの3人がまた集うこと」を待っていました。「TM NETWORK」というブランドを待っていたわけじゃないんです。今まで作られた珠玉の楽曲は、いつまでもいとおしいけれど。待っていたのはあの3人です。名前じゃない。

大ちゃんとウツと木根君で何かやること、には、素直にわくわくします。でも、それはやっぱり「TM NETWORK」という冠であって欲しくない。彼らでTMの曲を演奏すること自体に否やはないけれど。思い出のためだけのライブならいらない。ブランド力に頼って何かするためなら、「ブランドみたいなもの」なんていう詭弁はやめて欲しいです。TMはTMなんだよ、これは、TMの曲を聴いてもらうための臨時ユニットだよ、と、そういう言葉を待っています。TM NETWORKは3人のものではなく、ブランドのようなものだ、という解説文は理解できても、感情はたぶん納得しない。「支えてくれるみんなもTM NETWORKです」なんていう、もういっこのTMの二番煎じを今更言われてもなあ(笑)多分、別物として納得させて欲しいんだと思うんです。「これもTMだ」とも取れる発言は、聞きたくないのが正直なところかな。。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/MC_4038/20050206/1107702594