Hatena::ブログ(Diary)

美尾洋乃 DIARY Twitter

2017-08-20 Live情報

f:id:MIO-HIRONO:20170722231158j:image:h300:right

2017年8月20日(日) 吉祥寺Manda-la2

<Glory of the Voice>


出演:

山下由(Vo, G)+後藤勇(B)

美尾洋乃(Vo, Pf, Vn)

アラクボ(Alan Gleason: Vo, G; Lightnin' Kubota: G)

ゲスト:イノトモ(Vo, G)


Open 18:30, Start 19:30
前売り・予約:2200円,当日:2500円 (ドリンク代別途)

Manda-la2 吉祥寺駅南口から2分:Tel. 0422-42-1579
武蔵野市吉祥寺南町 2-8-6 第18通南ビル地下

2017-07-11 山崎ナオコーラ「美しい距離」、

f:id:MIO-HIRONO:20170617143227j:image:h150:right
この知ってる感覚と心の動きに一晩で読んだ。
翌日、西大寺仏像吉祥天
多くの人々と息をこらして
祈るように見てた。
祈ってました。

f:id:MIO-HIRONO:20170630151512j:image:h150:right
司馬さんの「街道をゆく」で知らない街を歩いた。
坂本龍馬土方歳三戦国時代も、
そこにいるように読んだ。
司馬さんが思う未来を、私も思う。

イノトモさんの言葉の世界に包まれて、音楽の時間。
心のハーモニー準備しました。

f:id:MIO-HIRONO:20170630202150j:image:h200:right
音楽を聴き始めた時には、すでに声が枯れていて、
この頃のボブディランを知らなかった私にはキラキラして、
憧れながら観てました。

ふたご合奏団の静かな月と太陽の光と、
花がぼんやり輝く妖精の国の音楽会。
素敵すぎて来年も会いに行きます。
f:id:MIO-HIRONO:20170708192516j:image:h150 f:id:MIO-HIRONO:20170708192556j:image:h150

f:id:MIO-HIRONO:20170711225628j:image:h400

2017-06-14 新宿Reggea/DUBclub”OPEN”ミオストリングス初登場!

f:id:MIO-HIRONO:20170614222215j:image:H200:right
勢い「あまちゃん」だってレゲエになりました。
ギター兄弟にMr.BigKも加わって
MasonBrothersSpecialが一緒の
総勢弦楽5重層。
そして弦は全部で32弦で、
スピーカーの壁に押されるように弾いてました。
多分、次にはまた4弦増えて36弦に(笑)

f:id:MIO-HIRONO:20170426131201j:image:h200:right
難波黒門市場で食い倒れそうになりそうで、
お財布の紐がキュッキュッってなった。
近江牛も海鮮も美味しくて、
みんなにエネルギーをいっぱいもらった。

何かが始まる扉のように感じる絵と、
連協のフレーズとリズムの繊細は重なりが色を持って、
天井の高い白いギャラリーに広がって、
私を包み込んで、どこか新しいところに連れて行った、
徳永さんの個展でした。
f:id:MIO-HIRONO:20170603174026j:image:h200

森見登美彦さんは有頂天家族からのファン
夜は短し歩けよ乙女」の映画にルンルン。
星野源さんが完全に先輩!そしてロバート秋山さんのフレディばりの歌にと、
ずっと笑い転げて椅子から落ちそうだったの。

f:id:MIO-HIRONO:20170611171120j:image:h300:right
神田のTETOKAで坂東さんの文字は
魂を持っていて動きだしてた。
私はその文字を持ち帰って着てみたり(Tシャツ)、
眺めてると瞼の中で踊ったりもしてるよ。

2017-06-06 Live情報

f:id:MIO-HIRONO:20170514090748j:image:h300:right

2017年6月6日(火)新宿Reggae / DUB club OPEN

「今宵はヴァイオリン


◆Live:ミオ ストリングス with MasonBrothers
◆DJ:BigH、丸茂太郎、Yahman!
18:00-24:00 No Charge(投げ銭スタイル)
☆ミオストリングスのライヴは、20:00 スタート

Reggae / DUB club OPEN
160-0022 東京都 新宿区
新宿2-5-15 第一山興ビルB1
03-3226-8855
https://blogs.yahoo.co.jp/club_open/

心強い方々の後押しで実現した、
ミオストリングスの初レゲエクラブLiveです!
伝説の兄弟MasonBrothersのサポートを得て、
しかも投げ銭スタイルでお気軽に、
お仕事の疲れを吹き飛ばします!

2017-05-18 興福寺の仏頭や阿修羅像と、

f:id:MIO-HIRONO:20170429102153j:image:h150:right
安倍晴明の生まれた
文殊院渡海文殊菩薩像群に
お会いするのは二度目だけど、
上野じゃなくて奈良は故郷で
みんな寛いでるみたいに感じた。
私も眩しすぎる日差しに洗われながら寛いでた。

f:id:MIO-HIRONO:20170426151940j:image:h150:right
上方落語の桂きん太郎さんを、なんと二人で貸切!
超豪華なにわクルーズの1時間半は初めて観る景色も橋に
目がクルクルしながら笑いすぎてあっとゆうま。
それで道頓堀グリコをバックに写真を撮ってもらった‥‥
でも下からはダメアングルよ金太郎さん(泣)

f:id:MIO-HIRONO:20170426152312j:image:h200:right
イェェ〜!!
6月6日(火)なんと
ミオストリングスが新宿2丁目!!
レゲエクラブOPENでライブだよ〜!!
なんてこった。自分でもビックリ。
そしてみんなありがとう。

奈良ホテルのロビーのお茶は
ティーポットが踊り出しそう。
そしてアインシュタインの弾いたピアノ
踊ったミオストリングス!
6月6日は新宿レゲエクラブOPENで踊るように弾いてます。
f:id:MIO-HIRONO:20170424161029j:image:h200 f:id:MIO-HIRONO:20170424164016j:image:h200

f:id:MIO-HIRONO:20170514090748j:image:h300

2017-05-06 DAVID BOWIEを思うのが、運河の街で良かった。

f:id:MIO-HIRONO:20170331123346j:image:h200:right
私の中がいっぱいになってしまって、
音の満たされた宇宙のような場所をグルグル迷い、
もう帰れなくなってしまいそうだったのです。
またSTARMAN歌うよ。

土砂降りの井の頭公園
花見は静かな桜色で渡り鳥も雨に泣いてるみたいでした。
きっと寒いのは最後なんだって飲みました。

f:id:MIO-HIRONO:20170506212602j:image:h200:right
奈良でゆっくりしてました。
春日神社は白い鹿さんが希望を運んできて、
原始の森を抜けた志賀直哉邸の二階書斎で、
なったく新しい緑の風に吹かれてたのです。

奈良の食一番のお気に入りは、
ラファエロ発酵食品好きの私たちもビックリ
塩を使わないヌカ床の酵素料理のお店。
野菜や肉も魚も薄味なのに旨味が濃くて、
私達の細胞は大喜び。
f:id:MIO-HIRONO:20170429084701j:image:h200:right

そして振り子時計の音とクラシックが吹き抜ける風に、
旧い座敷に足を投げ出して疲れは忘れた。
でもその門外不出のヌカ床は忘れない!!
f:id:MIO-HIRONO:20170424134508j:image:h300

2017-04-01 何度もアガタさんのライブで音楽したプラネタリウムを、

よく知っていたはずだけど、
ももう忘れていて、
帰路に、こっそり見た夜の水族館に眠る魚たちの
静かに揺れるのだけが、
今でも閉じた瞼に揺れる。
久しぶりの池袋サンシャイン水族館
お姉さんのお魚餌付けショーやアシカショーに
遠足の子供達とワァ〜!っと騒いだ。
f:id:MIO-HIRONO:20170221123422j:image:H200:right:h200:right

深海魚コーナーは、
いつも、今回もグソクムシ大活躍。
‥‥しかしカフェでは不人気(笑)
グソクセットの相方が気になるけど食べれず。

友達打楽器奏者は、
鳴くチンアナゴのヌイグルミ等、
音の出る物を厳選大量購入して、
売店で本当は声のない魚たちの言葉を語ってました。

f:id:MIO-HIRONO:20170101193646j:image:h200:right
静岡で山のような音楽を織っていて、
合宿の打ち上げは泡のお酒ってことで、
蓋のお兄さんが丁寧に作ってくれたのが沁みた。
織り具合は西荻ポルカで、
山下さんの面白ラテン訳詞「ガンタナメラ〜チャッキリ節Vers」も
デビューして、
みんなの心をガッツリ掴んで楽しい夜でした。
そして、私たちが超裏静岡観光大使への開けた夜だったのです。

渋谷のラストワルツ青い部屋だった頃から、
このシャンデリアの下でピアノ弾いたりヴァイオリンを弾いてた。
MioFouで歌うのは初めてだったけど博文さんもお客様もみんな良い距離だと思った。
その夜の雨は冷たくて優しい感じが、 その夜の全てだって包み込まれました。
f:id:MIO-HIRONO:20170326151335j:image:h200