MNB’s Dialy

2016-05-23 2016年 関東インカレ終了

MNB2016-05-23

2016年関東インカレが終了しました.

結果は120.66点での総合優勝

無事,1部復帰を果たしました.次年度は総合での入賞を目指します.



この数年,勢力図が大きく変わってきています.

特に,MNBが現役だったころと比べると,驚くほどの変化.

かつては伝統校があらゆる種目で上位を独占し続け,新興校はつけいる隙がなかったように思います.

その一方,1部残留をかけた下位争いは,数点でもとればOKという状況.2部降格が1校だけだった昔は,ほとんどの場合,総合で1点も獲得できなかった大学があり,それが陥落するという状況だったかと.

ところが,今はどの大学も得点をとってきており,さらに降格を免れ,8位入賞を目指すような順位となる10〜14位あたりの大学はコロコロと入れ替わる.

今年の関カレでは,母校がまさかの9位.残念ながら2部降格となったのは7点に終わった流経大と11点に終わった大東大.そして城西大中大24点で残留決定.

そもそも中大が一瞬とはいえ陥落の危機にさらされるなんて,MNBが現役の時には考えられませんでした.



決して,「○○の大学が弱くなった」とかいうのではありません.見方を変えれば,総合争いは上位だけでなく,下位でも激しい争いが展開されているということです.

これは女子も同様.筑波大学の25連覇は決して盤石なものではなく,最終種目までもつれるという,本当に激しい戦いでした.MNBが4年生の時,妻ももちろん4年生だが,その時は確か4年生だけでも総合優勝が出来て,かつ2位との点数差でトリプルスコアを達成できずに落胆した記憶があります.1強時代はすでに去ったということ.


そして2部での争いも同様.今年の武大は圧倒的勝利などといえず,得点したほとんどの種目で学芸大と争い合うという,まさに「ガチンコ勝負」となりました.やってるこちらは必死ですが,見ているほうからすると大変に面白い勝負だったかと.トラックでは青山学院大学駿河台大学の争いが激化.青学大はかつて1部昇格を果たしましたが,この勢いならば,駿河台大も近いうちに1部昇格を果たすかと.

毎年,5月は魂を削られます.



さて,今年の関カレ.個人的に最も嬉しいのが,やはり主将 武本泰漢の十種競技7000点越え.

MNBが武大に来たときは6628点だった武大記録.

そこから,石垣剛,東悠也,大谷大志前田剛小堀一成,と受け継がれてきた武大記録は,武本泰漢の世代で7000点に到達.そしてこの歴代武大記録保持者は全て主将・副主将を担っています.

7000点に届くまで11年を要してしまいましたが,それ以上にこれだけ多くの選手達が武大記録を更新し続けてきてくれたことを嬉しく思います.

天才的な選手がドカーンと記録を出すのではなく,その当時のエースが少しずつ記録を積み上げ,更新していく.強くなるのに魔法は無いんです.

誰しも,最初から強い選手では決してありませんでした.歴代の記録保持者でIH入賞者はゼロ.武本泰漢に至ってはIHすら出場したことはありません.

こうした選手達が武大デカスロン歴史を作っています.これからも武大記録を更新し続け,いつしか日の丸にまで届いてほしいものです.


さて,今日でまたスタートラインです.

強い4年生は教育実習!!

新生チームで頑張りましょう!

2016-04-28 宿題 「思う」 があったら減点

最近学生レポートの書き方を指導することがあった.

自分としては当たり前にやってきたことであるが,書き方について注意したことが無い場合,概ねレポートの中身は感想文になってしまうようだ.



そもそもレポートとは調査分析からなる考察,そして論拠と根拠から導かれる結論を述べるものである.

決して自分の気持ちを書くものではない.それはあくまで感想文である.

小学校中学校で取り組んで来たであろう感想文.文章なかに自分を存在させ,その思いを述べることになれてしまうと,正しいレポートは書けなくなっていく.

本来,レポートとは「〜である」という結びで終わる文章で構成されなければならない.

文章のなかに自分自身を決して投影することなく,だれが読んでも同じイメージ,印象を与えるようなものでなければならない.

それが大学生が書くレポートである.



最近では新聞などでも主観がまじった文章を見かけることがある.それは意図的なのだろうが,それでも主観と客観をごちゃまぜにしたような文章をみて育つと,それらを切り離して考えることができなくなってしまうのではないだろうか.



そこで,先日,学生に対する宿題で「本日の眞鍋が行った講義内容に対する批判を【思う】という言葉を使わずに書きなさい」というものを出してみた.

再来週の提出が楽しみである.

2016-04-05 最近の若いものは....と知的複眼思考法

最近若い者は....」

「最近の学生は....」


という言葉を耳にする.というか,MNBもよく口にする.

その言葉の裏にあるものは何か.

最近の若い者はAである.しかし,我々はBであった.

AよりもBのほうが○○という点で優れている.


という考えがあるように思う.



例えば「最近の学生は積極性が無い」と言葉にする.

その裏には,積極性があるほうが素晴らしいという考えが潜んでいる.



ここで少し考えてみたい.

積極性がある(というより高い)ほうが本当に素晴らしいのか.積極性を前面に押し出すことで失うものは無いのか.

積極的に何かの行動を次々に起こすことは本当に素晴らしい「だけ」なのか.ひょっとしたら,それは思慮の浅はかさの表れかもしれない.そして,浅はかな思慮が招く不幸に繋がるのではないか.


次に,本当に最近の若い者は積極性が無いのかどうか.それはひょっとしたらこちらの勘違いだったり,少数事象拡大解釈という可能性は無いのか.もしくは,そのように思い込みたい.思い込むことで自分の若かりしころの優位性を保ちたいのではないのか.



禅問答をするつもりは無いが,こうした批判的な思考なく,最近の若い者は....最近の学生は....と断じるべきではないのかもしれない.




知的複眼思考法(著)苅谷剛彦講談社α文庫 を再読しつつ,自戒

2016-04-03 走り続ける人生のスタート

今日国際武道大学入学式

初々しい新入生を見ていると,自分入学したころを思い出す.

今,大学教員として,陸上部監督として生きている人生は,間違いなくあの時からスタートしたのだなと思う.




新入生の皆さん.

今日から走り続ける人生が始まります.

君たちが求めるものは,目の前にあるかもしれません.届かないほど遠くにあるかもしれません.

けれども,それを手にするために一番大切なことは前に進み続けることです.

そして,それを出来るだけはやく手にするために一番大切なことは走り続けることです.

走り続けることは簡単なことではありません.

空気抵抗は速度の二乗に比例します.

君たちが速く走ろうとするほど,抵抗はどんどん大きくなります.

その抵抗とは,妥協であり,甘えです.

時には心ない人からの批判であったり,思い違いであったり,勘違いもあるかもしれません.

それでも速く走り続けることを諦めないこと.

自分が想像もしたこともないようなとんでもない所に到達するのに一番大切なのは続けることです.

続けるために一番大切なのは諦めないことです.

今日,この日から走り続ける人生がスタートします.

いつか届く自分の目標に向かって心の靴紐をしっかりと締めて,自身最速のスタートダッシュを決めてください.

2016-03-20 シーズンイン!

武大フィールド記録会終了.

まだ2015年度ではあるものの,事実上2016年シーズンの幕開け,とはいってもフィールド種目のみであるが...



さあ!気合いを入れて,,,はいたが,あいにくの荒天.

まるで台風のような豪雨暴風のため,棒高跳びが中止となるなど,散々な条件でした.

そして15時ごろからは雨がやむどころか,晴天に...



その気候の分かれ目となった時間帯に実施された走り幅跳びでは,足合わせのトライアル時では追い風5m/s以上だったのが,試技開始時にはなんと緩やかな向かい風...

正直,記録はまっったく望めないような条件でしたが,そのなかでもしっかりと運営をしたここと,荒天時の試合経験をまた一つ積み上げたことに意味はあったのかなと.



試合全体を見ていて感じたことは,当然ではあるが日常の練習で「コイツは来るな」と感じた選手は,やっぱり試合でもしっかりと結果を残すということ.

まあ,当たり前過ぎることではあるが,良い結果を出せる雰囲気になっていなければ,結果はついてこないということ.



そして勘違いしてほしくないのは,雰囲気が重要ということ.

もちろん,練習の段階でバンバン良い記録を出せているのは素晴らしいことだた,それと同じくらい重要なのは「練習の段階で試合と同じような気迫や雰囲気を出せているかどうか」ということ.

むしろ,我々スタッフはそういった心意気や意気込みを見ている.

これは強いとか,弱いとかは関係がない.

自分陸上競技に向かって,どれだけの気持ちで取り組んでいるかの問題である.




さあ,明日からまた練習が始まる.

次の武大競は4月9日だ.

新たに学年もあがった状態での試合.いよいよ本格的にシーズンが始まる.