ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

CDせどりという選択

2017-09-23

安室奈美恵、規約変更、ぞっとしない

木曜日に3軒のブックオフを廻った時点では、まだ安室奈美恵アイテムは棚にゴロゴロしていた。まずまず高いものもあったので、一瞬「あれれ?これは全力で行くやつなのかな?」と思ったりもしたが、まあ行かなくて正解だっただろう。そもそもそんな体力もないし。今の時点でもかなり出品過多の感じはあるが、この週末でどうなるか。CDは難しくDVDとブルーレイはそれなりという印象だったが、僕がほんの少しだけ仕入れた中で1番利益が取れたのは、意外にも280円のこれだった。


(先週の)土曜日。バイクで仕入れ5軒。
さすがに寒いので長袖シャツで出発したが、それでも寒かった。郊外で初めての道を通ったが、「なんでこんな辺鄙なところでこんなに渋滞するんだ」とストレスが溜まった。人も車も多いのに、道は狭い。信号も多い。バスも走るし踏切もある。多少家賃が安くてもこんな所には住みたくないなあ。「バイクなんだから、すり抜けしてるくせに」と思われるかもしれないが、そんな道幅はない。それに僕は普段からすり抜けはあまりしません。帰りには雨にも降られた。釣果はまあ、最悪。

日曜日。
谷村新司のCDにアジア系と思われるカスタマーから「does it have obi?」の質問。そういえばこの人もアジアで人気なんだったな。やはり帯は大事なのか。

月曜日。バイクで仕入れ4軒。
途中まではかなり最悪の仕入れ内容で、家に帰ったら引退スピーチの草稿を書こうと思っていた。僕は仙人でも聖人でもないので、上手くいかないと当然機嫌が悪くなる。最後の店の最後に見た棚で500円DVDを20枚仕入れてちょっと機嫌が直ったが、あまり売れる自信は無い。セット物は1点で数えるので9点で24Kの仕入れ。

Mステの特番に岡崎体育が出たらしい。まあ1回目は面白いけれど特にリピートするものでもないし、映像ありきのところもあるので、CDの売上に繋がるのだろうか?
D

火曜日。バイクで仕入れ2軒。
ジムに行った後、夕方からの出発。2軒目の会計後になんとなく違和感があった。何度か仕入れたことのあるジェネシスのSACDだったのだが、サーチして見たジャケットと現物のジャケットが違うような…。店を出た後ベンチに座って確認。どうやら品番を間違えてサーチしてしまったらしい。


慌てて店内に戻り、返品してもらう。図らずもクレカのショッピング枠を現金化してしまった。10点で12Kの仕入れ。移動含めて3時間くらいならばそれほど悪くない。

水曜日。
この日も仕入れに行くつもりで起きたのだが、さすがに考え直して内勤にした。よく考えたら今週まだ1個もFBAの荷物を送ってない。

以前から懇意にして頂いている同業の方から新品の規約変更について情報をもらった。ありがとうございます。

「新品」として出品禁止の商品
以下のいずれかに該当する商品は、新品としてAmazonに出品できません。

・個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
・メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品
・Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

調べてみると「新品」で出品していたものは15点ほどあった。アマゾンではないネットショップから新品として購入したものもある。これは規約だと問題ないのだろうか。当面このままでも特にお咎めはないのだろうとは思うが、なんとなくスッキリしない。いくつかのものは値下げし、いくつかのものは返送をかけて「ほぼ新品」として再出品することにした。個人的にはあまり影響を感じないかな。

ペイメントのトランザクションの表記も変わっていた(「商品税」ってなんだ…)。そして安室奈美恵引退のニュース。さすがに新品在庫も潤沢にあるだろうし、実際の引退は1年後らしいので、大きな影響はない…とは限らないのがこの世界。

木曜日。電車で仕入れ3軒。
とりあえず安室コーナーをチェック。CDは駄目そう。DVD・ブルーレイは美味しそうな数字が並んでいるが、どうも信用できない。それになんというか、まとめて購入するとレジでプレッシャーを感じてしまいそうだ。とりあえず安全そうな処を控えめに仕入れ。せどらーもいたが、一般客と思われる女性なども買っていた。全体では24点で44Kの仕入れ。

9時過ぎに帰宅して、とりあえず安室だけ出品。早く売ってしまいたいので、6年ぶりくらいに自己発送にした。トイレから戻ったらもう1点売れていた。その後も最安値を維持しているとその日のうちにさらに2点売れた。

金曜日。
自己発送の梱包。厚さがあるのでクリックポストにした。久々なので勝手がわからない。メールは送るんだっけ?中身を入れ間違えないように何度も確認。やはりFBAが楽だな。

ポストに投函し、病院に行って健康診断の結果を受け取る。ちょっと飲み過ぎらしい。自分では「これくらいまでなら大丈夫」「これくらいだと飲み過ぎ」というのはわかっているつもりなのだが、わかっているのと自制がきくのとは、また別の問題である。アルコールに飲まれてしまった人間が、周囲にどれだけ迷惑をかけるかとか、どれだけ悲惨な晩年を過ごすかというのは多少はわかっているが、わかっているのと自制がきくのとは別の問題、にしてはいけません。

本屋をつくる人たち 「厳しい経営を承知で」のなぜ

市民が書店を誘致 北海道留萌市のケース
(前略)留萌市の人口はこの6月末時点で約2万2000人に過ぎないが、この書店のポイントカード登録者数は1万5000人を超える。毎月約1000万円を売り上げ、5年連続の黒字だという。

すごいなあ。人口約2万2000人というのはうちの田舎と同じくらいだ。僕が子供の頃5、6軒あった町の本屋は、もちろんもう1軒も残っていない。

「さわり」の正しい意味を知っていますか?
「さわり」は知っていた。「曲のさわり」というと「曲のサビ」のことである。だからサビから始まる曲のさわりは、結局最初の部分になる。でも「存亡の機」は「危機」だと思っていたし、「ぞっとしない」は「恐ろしくない」でも「面白くない」でもなく、「恐ろしい」の意味だと思って、このブログでも何度か使ったことがある。

やはりものを知らないのに、難しい言葉を無理して使おうとするとボロが出るなというこの事実を嚆矢の奇貨として人口に膾炙すべく隗より始める所存です。

2017-09-16

現金、ダンケルク、私物

ブックオフでの支払いはクレカとスイカを使い分けている。僕が行くエリア内でカード類が使えないブックオフは2、3軒あるにはあるが、行くのはせいぜい数ヵ月に1度なので、現金の必要性というのはあまりない。それでも仕入れに行くときは財布に2、3万円くらいは入れていく。以前は5万円くらい入れていたので、これでもかなり減らしたことになる。

なぜこのように現金を多めに持ち歩くかというと、これはおそらくパチスロをやっていた頃の名残だと思う。パチ屋に行くときは大体財布に10万円くらい入れていた。実際にそれだけ使うことはあまりないのだが、それは問題ではない。「やれることはやっておこう」の精神が高まると、数分の時間のロスや機会損失にやたら敏感になる。

それが転じて「たまたまブックオフのカード端末が故障していた」とか「たまたまローカルのCDショップの前を通りかかったら閉店セールをやっていた」とか、そういう場合にコンビニや銀行に現金を引出しに行ったりしたくない、という思いが強くはたらくのだろう。実際郊外の場合、コンビニも結構遠かったりする。とはいうものの、せどりを始めて10年ほどになるが、「うん、多めに現金を持っていたおかげで助かったな」という機会にめぐり逢ったことは、もちろん一度もない。財布を落とした時のことを考えると、デメリットの方が大きいかもしれない。でも繰り返すけれど、実際に使うかどうかはあまり問題ではないのです。

(先週の)土曜日。
アマゾンからアンケート依頼のメール。20分のアンケートで500円貰えるというので飛びつく。わんわん!出品者側ではなくユーザー(購入者)側でのアンケートのようで、イオン、楽天、アマゾンに関して色々と訊かれた。「Amazonの出品者に関して不快な経験をした」なんていうのはチェックしない方がよいのかな、などと「ポジションアンサー」してしまう。

月曜日。
昼過ぎに歯医者、その後、封切りしたばかりの「ダンケルク」を観る。月曜なので1,100円だったが、客の入りは2割ほど。IMAXじゃないからだろうか。

史実やミリタリーに関する詳しい知識(例えばスピットファイアとメッサーシュミットの機体の区別がつくとか)がなくても問題はなかったと思う。それよりも「監督クリストファー・ノーラン」というのが頭にチラついてしまったせいか、全体としてあまりスッキリしなかった。本当にこれがアメリカでヒットしたのかと思うくらい。いつも思うことだが、何も考えずに観るのが正しいのだろう。頭カラッポの方が夢詰め込めるって元レイジーの人も歌ってるしね。
D
音楽はハンス・ジマー。

火曜日。
ジムへ行った後、私物CDの整理。並べ方はブックオフと同じく、邦楽は五十音順、洋楽はアルファベット順。その他のジャンルはあまりないので適当にまとめておく。大型サイズは別の場所にまとめておく。今回もまたダブリが5タイトルほど見つかった。

聴かなくなったCDを処分したいのだが、金にならないものを出すのは時間の無駄だし、プレミアものを出品すると、今後もっと高くなった際に後悔しそうだ。条件に合致するのは「定価が高くて、今も手に入り易くて、もう聴かないもの」だが、そんなものはあまりない。

水曜日。電車で仕入れ4軒。
五反田は昨年の改装以来どうも調子が悪い。でも考えてみると、別に改装したところで買取の内容が悪くなるはずもない。理由がわからないな。今回もやはり駄目だった。元気があれば武蔵小山まで歩こうかと思ったのだが、断念。全体としては21点で42Kとまずまずの仕入れ。

木曜日。車で仕入れ3軒。
2軒目はクレカや電子マネーの使えない店だったが、財布をみるとなんと1万円しか入っておらず、足りない。これはしたり。商品をレジに預けてコンビニATMで引き出そうかと思ったが、手数料がかかるかもしれないし、よくよく考えてみると迷った末に抜いた微妙なCDも混ざっている。結局微妙なところを2枚棚に戻して、足りる範囲で購入。全体としても17点で27Kの仕入れとイマイチ。うーん、ため息。

金曜日。
起きると、左臀部が痛い。まともに歩けないくらい痛い。筋肉痛とも思えないし、寝ちがえ的なものだろうか。「これでジムに行かなくて済む、ラッキー」とちょっと思っているのが情けない。このような言葉を使うのはよくないかもしれないが、いよいよポンコツである。そういえば先日も「プロバイダ」という言葉が思い出せず、「えーっと、インターネットを繋ぐ会社の…キャリアじゃなくて、ブラウザじゃなくて…」と数分悩んでしまった。

今週はちょっと売上が悪かった。しかも、出品と価格改定をそれなりにしているにも関わらず、という嫌な汗が出るタイプの落ち込み。当たり前だけれど、手数料や諸経費のジワジワとくる値上げよりも、こちらの方が堪える。というわけで、今日は土曜日だけど台風が来る前に仕入れに行っておこう。

2017-09-09

研磨、内容、降圧剤

すっかり涼しくなった。過ごしやすいのはありがたいが、夏好きとしては、もうしばらく、もう少しだけ暑くてもよいかな、と思わないでもない(あくまでもう少しだけ)。一応10月になるまでは長いズボンを穿いてはいけない決まりになっているし、そうめんだってまだ残ってる。そういえば今年は海やプールに行かなかったな。

月曜日。
研磨サービスからの返信メールに「受注数減少につき、料金値上げ」のお知らせが書いてあった。これはきついなあ。何度も書いてきたことだが、ディスクのキズというのは、ほぼ「見た目・印象・気持ち」の問題にすぎず、そしてそれが大きい。大きいと思うからこそ、目立つキズに関しては迷わず出費してきた。自分のしょぼい研磨機では絶対取れないキズも綺麗になり、スピードやディスカウントにもまずまず満足していた。1枚200円くらいで「可」が「良い」に、「良い」が「非常に良い」に、場合によっては「可」が「非常に良い」にランクアップするのならば安いものだった。しかし税込350円は悩ましいな。

火曜日。
マケプレで数日前に注文した激安DVDが届いた。自己発送だったので間違いなくキャンセルされると思ったのだが、律儀な人もいるものだ。それどころか納品書に「こちらのミスで0が*個抜けており、ご迷惑をお掛けしました」と書いてあった。これはそのままの意味と受け取ってよいのだろうか。それとも一種の皮肉だろうか。

水曜日。
久々の歯医者。歯石取りだけだったのに結構な金額だった。よくわからない。しばらく前に駅前の本屋が閉店してシャッターが下りていたが、どうやらセブンイレブンになるようだ。少し便利になるかな、というのが本音。

帰宅してSIMOでクリーニングしながらプライム・ビデオで「第9地区」を観た。最初からgrossな映像の連続で「観るんじゃなかった」とか「もう止めようかな」と思ったが、なんとか完走。

親戚のおばさんが亡くなったので、生まれて初めて「弔電」というものを送った。もちろんネットで。グレードを選択し、文例をテンプレートから選択して、クレジットカードで支払う。そのうちご祝儀や香典もカードで払えるようになるのだろうか。

木曜日。車で仕入れ3軒。
1日中雨が強くなったり弱くなったり。以前ブックオフがあった場所を通ると、バイクパーツ店になっていた。こっちも斜陽産業らしいが、じゃあ斜陽じゃない商売は何かと言われても、思いつかない。1軒目のブックオフまで1時間半。今やっている道路工事が終われば30分くらいの短縮になるのかな。これで買えなかったらどっと疲れるところだが、2諭吉ほど買えた。2、3軒目でもまずまず買えて25点で40Kの仕入れ。DVDは1枚だけで他は全てCD。初めてのものもチラホラあったし、金額以上に内容が良かった。郊外の仕入れでこれほど充実したのはかなり久しぶり。ちょっとだけ未来に希望が見えた。ちょっと高いが、これも久しぶりに見た。ラベルが7月というのもいいね。
f:id:MURASHIKA:20170909130535j:image:w360

特に説明もなく、せどりの「内容が良かった」とか「中身が悪かった」とか書いているが、これはまあ「予想利益率」くらいの意味で使っている。もちろん皮算用に過ぎないのだが、それほど大きくはずれることはないと思う。逆に言うとこれがはずれるようになると、それは想定したような利益が出せないということで、近い将来ユニフォームを脱ぐことになるだろう。

翌日に検診のため、晩酌はなし。

金曜日。
健康診断、と思ったら正式には健康診査というらしい。あいかわらず血圧が高いので、また降圧剤(血圧を下げる薬)を飲み始めることにした。しかし、「降圧剤」で検索すると、見事に「危険」とか「副作用」とか「医者に騙されるな」といったワードのサイトが並ぶ。もちろん僕自身はいかなる医学的見地も持たないので判断のしようがないのだが、これだけ偏りが極端で、その割にはひとつひとつのサイトの造りがチャチで、「テレビでおなじみのなんとか先生」を前面に出していたりすると、とりあえず素通りせざるを得ない。WELQ問題はWELQだけの問題ではなかったということだろう。

ウォルター・ベッカーの訃報を受け、スティーリー・ダンの相棒ドナルド・フェイゲンが追悼コメントを発表
スティーリー・ダンの「彩 aja(エイジャ)」という有名なアルバムがあって、サザンのシングルになったり、ジョジョの「エイジャの赤石」になったりしているが、このジャケットをずっと長い間デザインというかイラストだと思っていた。結構最近になって、これが人物で、しかも山口小夜子だと知った。

D

ヴァン・ヘイレンが1stアルバムを録音したスタジオでロックスクールの学生達が同じ機材を使って同作全楽曲を録音、映像あり
D
「ヴァン・ヘイレンが当時スタジオで使用した機材等を探し出したそうで、可能な限り当時を再現している」といっても肝心の楽器が違うのはご愛嬌。40年前にポール・リード・スミスがあるわけない。

こういうのも旧規格帯付きなら5Kくらいにはなる。邦題は「炎の導火線」だが、このころのメタルアルバムには、大体このような、言葉を適当に組み合わせて30秒くらいで考えたような邦題が付いていた。コアなファンはやはり全て覚えているのだろうか。

Wikiによるとヴァン・ヘイレンの現在のボーカルはデイヴ、ベースはウォルフガング・ヴァン・ヘイレンとなっていたので、もう一人兄弟がいたのかと思ったら、なんとエディの長男らしい。親子ミュージシャンでたまにセッションしたりするのは珍しくないが、同バンドは珍しいだろう。親子二代でせどらーというのは…まあ…、絶対にいないとは言い切れないね。

今週は1回しか仕入れに行かなかったが、未出品在庫は貯まっている。この週末はがんばろう。9月の目標出品数は〇00枚。早く〇の中に恥ずかしくない数字を入れられるようになりたい。

2017-09-02

非日常、バス、自分用

先週くらいに「パリに観光客が戻っている」というニュースを読んだ。去年からテロが続発したトルコでも外国人旅行者が大幅増加。それどころか、アメリカ人が北朝鮮に駆け込み訪朝しているらしい。正直「よく行くな、怖くないのかな」と思わなくもない。

パリに観光客戻る、今年上半期で10%増 テロ後の苦境克服
トルコの外国人旅行者、7月は前年比46.4%増加 13年ぶり大幅増
米旅行者が「駆け込み訪朝」、9月1日の渡航禁止前に

もちろんテロなんてめったに遭うものではないし、地震と同じで「大きいのがあったところは逆にしばらくは安全」という考え方もあるだろう。ある程度落ち着いたならば、結局行きたい時に行きたい場所に行くのが一番なんだろうな。人生は短い。

じゃあ同様に「食べたいものを食べたいだけ食べるのが一番」かというと、この場合は数値的・外見的なストレスが付随してしまう。ウジウジと悩んでほどほどで妥協するのが凡人の最適解ということにしておこう。

火曜日。
いつも通り昼に起きてスマホを見ると、ミサイルが飛んでいた。思えば、過去の天災や人災や体制の変化において、僕の日常を大きく変えたものは何もない。東日本大震災では、心的な影響がそれなりにあったとは思うが、それでも帳簿を見ると3月22日から普通に仕入れを再開している。結局、非日常というのはモニターや活字の中の世界でしかない。非日常を体験すると、本当のところ、ひとはどのように変わるのだろうか。

ジムから戻って昼食にそうめんを食べ、仕事に戻ると某大手が大量値下げしていた。これはS(せどり)-アラート発令。すっかり出遅れたのと、途中で居眠りしてしまったせいで逃した分も多かったが、それでも30点ほど買えた。

「メディア製品(書籍・CD・DVD)に関する重要な変更案内(2017年8月)」メールあり。3回読んだけれどよく分からなかった。

水曜日。電車で仕入れ4軒。
2軒目を出たところで夕立。バスで移動しようと思ったが、どうもよくわからない。ここは次発と次々発のバスがモニターに表示されるシステム。時刻表を見るとあと5分ほどで次のバスが来るはずなのに、表示には出ていない。バスのシステムというのはそれなりに長い歴史があるはずなので、これ以上の進化は望めないのかもしれないが、なんか納得いかないことが多い。仕方なく電車移動にした。珍しく4軒とも5K以上買えて、21点で42Kの仕入れ。

3軒目でサチモスのアルバムがあったが、アマゾン新品と150円くらいしか違わないので買わなかった。別に若者ウケしたいわけではなく、こういう音楽が好きなのです。本当に。
D
せどりのついでに自分用のCDを買うことは、昔も今も大きな喜びなのだが、最近はとんと減った。だってほとんどマケプレの方が安いんだもの。

木曜日。
プールで泳いだ後、友人と飲み。つまみはもちろん居酒屋のテレビで見るサッカー。周囲の客も適度に盛り上がり、適度に無関心で程よい感じ。5、6杯で切り上げて10時頃帰宅。ベッドで横になっていたら寝てしまい、深夜1時くらいに起きる。すると急に頭痛と吐き気、脂汗ダラダラ、寒気とめまいもする。少し前にも、このような急激で原因不明の体調不良があった。しばらくしたら落ち着いたのでじっと横になり、ひたすら体を休める。

確か平野啓一郎だったと思うが、子供の頃に、若くて健康な父親が、昼寝をしていたらそのまま死んでしまった、というのをインタビューで読んだ記憶がある。たまに、1年に2回くらい、寝る時にそのことを思い出す。そして朝が来ないことを考える。別に神に祈ったりするわけではないのだが。

金曜日。電車で仕入れ4軒。
体調はすっかり、嘘のように、何かの手違いだったかのように回復。この日の仕入れはまずまず普通に買えたと思うが、まだ集計していない。代わりにたまには仕入れたものを晒してみる。池袋にて。
f:id:MURASHIKA:20170902121628j:image:w360

単行本は、まったく売れていなかった……ジョージ秋山『浮浪雲』連載終了に安堵の声も
なんだかひどい言われようだが、それよりも驚いたのは

日本雑誌協会の公表しているデータによれば、今年4月〜6月期の「ビッグコミックオリジナル」の発行部数は50万部。「ビッグコミックスピリッツ」の14万5,833部。「モーニング」の20万8,358部から比べるとはるかに多い。


まさか「モーニング」の倍以上売れてるとは知らなかった。ちなみに「オリジナル」ではないただの「ビッグコミック」は29万部。ヤンジャン53万部、ヤンマガ39万部。

他に優先することが色々とあって、8月の集計がまだ出せていない。売上は普通くらいで、仕入れはちょっと悪いくらいだと思う。仕入れの金額ベースでのブックオフ比率は約3割と非常に低かった(通常は5割くらい)。これではとてもブックオフせどらーを名乗れないので、9月はちょっと頑張りたい。「ブックオフせどらー」というのは、僕にとってひとつの(ややサビついた)称号なのです。

2017-08-26

リサーチ、元アイドル、鳥人間

お盆前に、いわゆるひとつの買取のプリンスが大型セールを敢行してきた。あまりにも買えすぎてキリがないので、途中からかなり仕入れ基準を厳しくした。まあ嬉しい誤算ではある。おかげで仕入れの再開がやや遅くなってしまったが、今週からまた、せどりパークことブックオフでドッタンバッタン大騒ぎ。

月曜日。
SIMOで研磨をしながらプライム・ビデオで「グラン・トリノ」を観終わると、FBA長期在庫保管手数料が引かれていた。約14K。この辺りが許容できるギリギリのラインだろうか。

ブックオフ仕入れ再開に向けて、ちょっとリサーチ。ひとくちにリサーチといっても、やり方はせどらーによっててんでバラバラだろう。僕の場合探し出すのは「少し前までは買えなかったが、今なら買えるもの、少なくとも一考の余地があるもの」だ。もちろんそんなアイテムを見つけ出すのは簡単ではないし、それが上手いことブックオフに「買える価格で」置いてある確率は非常に低い。「別にリサーチなどやる必要はない」というのも、それはそれで強い説得力がある。でもたまには見つかるし、それが上手く売れるとインパクトを残す。

火曜日。電車で仕入れ4軒。
8月3日以来の仕入れ。1軒目は手堅く都心の大型店を選んだのだが、苦しい展開。サーチするものはあるのだが、買えるものがない。

これだけ在庫がダブついてるのだったら、大幅ディスカウントしてるかも…。
f:id:MURASHIKA:20170826112936j:image:w360
f:id:MURASHIKA:20170826113010j:image:w360

仕入れ基準を微妙に下げつつなんとか20点で35Kの仕入れ。

水曜日。電車で仕入れ3軒。
前日と打って変わって1軒目で25Kほど買えた。2軒目ではまさかの休肝日じゃなくて休館日。


なんて骨体。1軒目で買えていなかったらメンタル的にやばかったかもしれない。24点で49Kと金額的にはまずまず。

木曜日。電車で仕入れ5軒。
1軒目で、ポニーキャニオンの懐かしアイドルベスト盤シリーズ「Myこれ!クション」のレアどころが色々とあったので4枚購入。全て帯付き美品で明らかにコレクターの放出。これらの元アイドル達はおそらく僕と同世代くらいで1980年代後半あたりに活躍したのだと思うが、全く知らない。ベスト盤を出すからにはシングルを少なくとも4、5枚はリリースしていると思うのだが、もちろん曲も知らない。これでは吉田豪にはなれそうにない。

15点で33Kの仕入れ。3日間合計で59点118K。お盆休みの後としては質・量ともにちょっと物足りないが、まあ贅沢は言うまい。

ジャニーズ、ついにネット解禁?
これは仕入れの際にちょっとだけ助かるかな。でも雑誌の表紙は「塗りつぶし」状態のままらしい。



一般の人からすれば不思議なんだろうな。まあ僕から見ても不思議だが。


「直虎」政次追悼CDが大反響 “ロス”余波…注文殺到で品切れ状態も
音楽は菅野よう子。こういうCDは「PCに取り込んで、すぐにブックオフへ」とはなりにくそう。


漫画『ガラスの仮面』初の本格的原画展「ガラスの仮面展」カラー原画など350点以上が松屋銀座に
連載開始は1976年。作中では何年経っているのか知らないが、最近の連載では携帯電話なども登場しているらしい。


「鳥人間コンテスト」東大出身のサラリーマンが最長40キロ飛行達成!「まだまだ飛べる」
DVD-BOXがやや上がっているが、これは割とよく見かけるのでちょっと悩みどころ。モノレートの期間を「すべて」にしてみると、放送のある8月・9月が「多少売上は多いかな」と思う程度で他の時期でも売れていないわけではない。テレビとは無関係に、突然「あー、急に鳥人間が見たくなったな。アマゾンでポチるか」と思う人が世の中にはそれなりにいるということだろう。


最近はわりと体調が良い。相変わらず体重は重いし血圧も高いが、肩こりや頭痛はなぜか改善された。久々のブックオフでビタミンBOも補給できた。しかし、何歳までこんな生活が続くんだろうな。このブログを読んでいる人たちは何歳なんだろうか。