Hatena::ブログ(Diary)

GREENLAND このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016年11月29日(火)

We are ready for HAPPY Holiday!

そろそろ街にもクリスマスディスプレイが始まり、ソワソワしてきますよね

とあるスーパーではクリスマスBGMと共に「鏡餅」も並んでいました(^_^;)

みなさんは今年のクリスマスはどのようにお過ごしですか?

MVM本社でも玄関にクリスマスツリーを準備しました。


思わずシンプル過ぎるツリーに・・・

我らがアップルスィーツとアメリカンチェリー宣伝部長が自らオーナメントに(>_<)

f:id:MVM:20161129120840j:image


輪っかを通して、くくって、キュキュキュのキュ♪

f:id:MVM:20161129122521j:image


かわいい飾りをライトにもカチッと取り付け★

f:id:MVM:20161129122522j:image


完成で〜す (*^_^*)

f:id:MVM:20161129130452j:image



大人になると何かと気忙しいこの時期、家族や友達とのひとときを大切にしながらサンタさんのソリの音を待ちましょうか。


☆=★=☆=★=☆=★

Wishing you a Very Merry Christmas to you.


明るい時間帯のツリー、ぜひこちらもどうぞ↓↓↓

アップルスイーツfacebook「宇佐木凜子のアップルスイーツ関連ブログ」

https://www.facebook.com/applesweets.mvm/posts/559552370908630

2016年11月17日(木)

大阪(伊丹)国際空港にアップルスイーツの自動販売機を設置!

大阪(伊丹)国際空港の南ターミナル2階のANA搭乗口にフレッシュカットリンゴ「アップルスイーツ」の自動販売機を設置いたしました!

f:id:MVM:20161117133555j:image:w240 f:id:MVM:20161117133522j:image:w240

設置場所は↓

※画像をクリックすると別ウインドウが開、拡大して読むことができます。

※大阪(伊丹)国際空港全体のフロアマップ(PDF)

2016年11月14日(月)

ベビーリーフ生産20周年記念祝賀会

f:id:MVM:20161114160609j:image:w240:right

現在、エム・ヴイ・エム商事蠅硫馗垢任△石田忠章がサンフランシスコの対岸バークレイにある小さな自然食レストラン「CHEZ PANIEZUE」でベビーリーフと出会い、「CHEZ PANIEZUE」でシェフをしていた生産者からはじめてベビーリーフを輸入して、1994年9月4日に日本で初めてベビーリーフ販売されました。しかし、植物防疫上問題で検疫がだんだん厳しくなり、輸入では品質が安定せず、安定供給出来ないという問題が生じてきました。(写真:輸入物のベビーリーフ)→

そこで、これは日本の国内で栽培をしよう!と立ち上がってくれたのが、神戸大学農学部津川教授からご紹介いただいた現在は丹波市、当時は兵庫県山南町だった農家さんのみなさま。すぐに栽培契約をして1996年に「ベビーリーフ研究会」を発足。その後すぐに神戸市西区の農家さんから他の作物の栽培をやめ、ベビーリーフだけで生計を立てたいと気合いたっぷりの専業農家さんが次々に表れ、本日に至っております。

2016年の今年はちょうどベビーリーフ研究会」発足から20年。

兵庫県の生産者み~んなで、日頃の疲れを癒やす「ホテルニューアワジ」の温泉に浸かって、美味しいものを食べていただくために、1泊2日の慰安旅行に行って来ました。

f:id:MVM:20161114152556j:image:w495

お肉もお魚も野菜もたくさんお料理がでたのですが、心に残ったものを載せておきますね。食べながら、農家のみなさまと昔話をいっぱいしました。楽しかったこと、嬉しかったこと、辛かったことなど、この20年を一緒に振り返って語れる仲間がいるって幸せなことです。そして、こうしてベビーリーフと共に歩んで、自分もまた成長してこれたことに感謝です。

f:id:MVM:20161114152557j:image:w240 f:id:MVM:20161114152600j:image:w240

そして、祝賀会で食べて飲んで歌って踊った翌日は美術鑑賞です。

f:id:MVM:20161114152601j:image:w240:left徳島県鳴門市にある美術館「大塚国際美術館」で世界中の名画「最後の審判(ミケランジェロ)」「モナリザ(レオナルド・ダ・ヴィンチ)」「真珠の耳飾りの少女(フェルメール)」などなど、もう鳥肌が立ってしまう名作ばかりを一度に鑑賞。この美術館、実はすべての作品が偽物なんです。偽物とはいっても、ここにあるすべての作品は世界の名画を完全再現したもので、原寸大を感じることができる。そして、さらには有名な作品しかないロープなどがない。もう明るいところで間近に見れて、ツーショットが撮れてしまう美術館なんて、ココだけだ!楽しい!本物の作品が日本に来たとしたら大行列で疲れるだけなのに、この美術館に来ればゆっくり見れて楽しめる。なんて贅沢なんでしょう。ここはお勧め美術館でしたよ!

お昼は淡路島に戻って「うめ丸」で鯛の活造り!!

f:id:MVM:20161114152559j:image:w495

きゃー!活きたまんまの鯛の造りは新鮮そのもので、お刺身、そして絶品のアラ煮、お吸い物にと鯛の旨さを充分に味わい尽くしてきました。ピクピク踊り跳ねる活け造り、目が合うからと目を隠していたテーブルもありました。

f:id:MVM:20161114152558j:image:w495

そしてきっと「うめ丸」ならではの豪快な宝楽焼は、おしゃべりな私を無口にするほどに美味しく、身がプリプリで食べるのに忙しかった!もちろん残さず、鯛をしゃぶりつくしてまいりました(^^)/

ああ、また行きたい。30周年は2026年。私は何をしているだろう?(笑)きっと頼もしい後輩達が、もっと美味しいものを食べさせてくれると信じて、これからもガンバリマス!

2016年11月10日(木)

朝日放送「キャスト」でアップルスイーツが紹介されました。

11月8日(火)放送だった「キャスト」(朝日放送)に弊社のアップルスイートが紹介されました。

f:id:MVM:20161110084402j:image:w495

キャスターの塚本麻里衣さんが、新大阪にしているリンゴ自販機の取材撮影。

f:id:MVM:20161110091249j:image:w243 f:id:MVM:20161110091251j:image:w243

f:id:MVM:20161110091250j:image:w243 f:id:MVM:20161110091252j:image:w243

そして、ポートアイランドにある本社までご来社いただての取材撮影。

f:id:MVM:20161110084403j:image:H300:left塚本麻里衣さんはテレビで拝見するよりも美しくて可愛かった!

放送では「我が社にもこの自動販売機をおいてください!」とおっしゃっていましたが、社員の健康を促進する企業が今後増えそうですよね?

アップルスイーツキャッチコピーは「健康」「新鮮」「手軽」。みなさまが健康にそして美味しくリンゴを手軽に食べられる時代に向かって、我々も頑張りたいと思います。

応援よろしくお願いします!

2016年11月09日(水)

「料理王国」12月号に北見黄たまねぎのことが掲載されています。

f:id:MVM:20161109091036j:image:w300:left弊社の販売する「北見黄たまねぎ」を応援してくださっている「アル・ケッチャーノ」のオーナーである奥田政行シェフが、北見黄の親善大使に任命された様子が雑誌「料理王国」の12月号で紹介されています。

たまねぎは球根でも茎くきでもなく、りん葉と呼ばれる葉っぱの一部が重なり合いながら大きく成長して太ったもので、この丸い球体の中には、また芽を出すための栄養分をたっぷり貯めています。

北見黄たまねぎは、そのりん葉の一枚一枚に厚みがあって、糖分を豊富に含むため、しっかりとした甘味とシャキシャキとした抜群の食感を楽しめるのが特徴。

30年ほど前に姿を消して完全に途絶えてしまったことで「幻のたまねぎ」と言われていたのが、一件の農家の納屋で偶然にも種が見つかったことをきっかけに、この伝統のたまねぎを将来に残したいと北見地方の生産農家のみなさまの努力が実り、現在私たちも食することができるようになりました。

炒めてもシャキシャキ感が損なわれず、さらに甘味が増して、私は野菜炒めにしていただくのが大好きです。記事には美味しそうな写真も掲載されていましたので、是非ご覧になってお試しください。

2016年10月21日(金)

秋の味覚 黒枝豆

先日、「丹波ささやま黒枝豆」の収穫作業をしてきました。

丹波篠山は、周囲を山々に囲まれた豊かな土壌がある寒暖差の激しい盆地で、日本一の黒豆といわれる「丹波黒」発祥の地なのです。

収穫時期が、わずか2週間ととっても短い季節限定商品の黒枝豆、収穫の時期を迎えました。

6月に苗を定植した時は、このような状態でしたが↓

f:id:MVM:20161021081523j:image:w495

苗を植え付けてから4ヶ月、過酷だった夏の気候・相次ぐ大きな台風を乗り越えて苗が大きく枝を張り、豆もたわわに実りました。

f:id:MVM:20161021081524j:image:w495

まずは、黒大豆の株を大型カッターで伐採。

f:id:MVM:20161021081525j:image:w495

次に、芽切ハサミで余分な葉や枝を落としていきます。さやのついた枝を切り落とさないように注意して慎重に切っていきます。

虫食いや実入りの悪いさやは取り除いていきます。

f:id:MVM:20161021081526j:image:w360

去年から始めた黒枝豆の栽培も2年目、今年も去年と同様にさやがしっかりと張っており、粒の大きさ・味・香り・甘さと普通の枝豆では味わえない黒枝豆のおいしさを堪能することができました。

また、自分の手で刈り取った枝豆はおいしさも格別でした。

2016年10月12日(水)

リフレッシュ休暇(9月)!!

営業一部・チームかぼちゃの近○です。

前回のブログ更新より一年と少し経ちましたが、

他部署の方にもブログの感想を話しかけてもらったり

社内・社外で反響があり驚きました。

先日も取引先の運送会社の方から

「御社のブログ見てますよ〜!美味しそうな食べ物がいつも出てきますね」と言われました。

みなさん、見られてますよ!

さて、私は年始に一年の目標をたてるようにしています。

2016年の目標のひとつは

「海外旅行」です。

パスポートの取得から始まり笑

付き合ってくれる友人を探して

先月のリフレッシュ休暇で

二泊三日の台湾旅行へ行ってきました!

※台湾の美味しいグルメ旅は

同じチームのH川さんが

ブログにあげてくださってます♪

(示し合わせたように

リフレッシュ休暇の旅先が同じだったH川さん!)

http://d.hatena.ne.jp/MVM/touch/20160809/1470629989


f:id:MVM:20161012123946j:image

初日。空港から市内へ到着して早々に

様々な中国茶台湾茶)を試飲しながら

正しいお茶の淹れ方を教えてくれるセミナー?に参加しました。

お土産やさんも併設されていて

セミナーが終わると参加者ひとり

ひとりに接客さんがぴったりついて

お茶を勧めてきます。

訳も分からず買った二つの中国茶

日本円にしてなんと1万円でした。

※台湾ドルに換金したばかりで買ったときには気付かなかった…( ; ; )

f:id:MVM:20161012123944j:image

2日目も内容ぎっしり!


民芸品店?では、マイクを使った

不思議な石の説明が行われて

これまた説明が終わると

接客さんがぴったりついて

高価なブレスレットを

勧めてきます。

f:id:MVM:20161012123954j:image

この白い珠←不思議な石を

「しめしめ」すると

健康に良いんだとか。

※しめしめ・・・白い珠を両手で包み込んでこすること。

押しに弱い友達と私。

…。


ここで一気に台湾で出会ったステキなものたちを

写真で紹介していきます!

■迪化街

f:id:MVM:20161012123948j:image

街中の灰皿。

f:id:MVM:20161012123952j:image

工事現場

f:id:MVM:20161012123951j:image

工事現場

漢字の意味で不思議と伝わる!

f:id:MVM:20161012123955j:image

工事現場

ざつい!

f:id:MVM:20161012123941j:image

おみやげ物屋さん

「エレガントなストレッチ!」←(°_°)?!

台北101

f:id:MVM:20161012123956j:image

超高速すぎて耳が激痛

f:id:MVM:20161012123942j:image

キレイ!

f:id:MVM:20161012123945j:image

101のマスコットキャラクター

f:id:MVM:20161012123949j:image

屋上へも行けます!

※うさぎさんは私のスマホケースです。

■台北市内のカルフール

滞在先のホテルの道路を挟んだ向かい側には

夜遅くまであいてるカルフール(スーパー)があり、ガイドさんと別れてホテルに帰ったあとはいつも友人と店内を散策!

メイク用品や飲料、お土産も買えました。


f:id:MVM:20161012123953j:image

売り場

f:id:MVM:20161012123943j:image

売り場

栗将軍かぼちゃとは

違って瓢箪のようです。

※見た目だけでスープ向きの

水っぽいかぼちゃなのでは?と予想。


f:id:MVM:20161012123947j:image

売り場

安いのか、高いのか…。

(そもそも美味しいのか。)

旅先でもやっぱりかぼちゃのことが

気になります^ ^!


f:id:MVM:20161012123950j:image

旅行中は友人と常に笑って過ごすことができ、

本当に素敵な休日になりました!!