Hatena::ブログ(Diary)

GREENLAND このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017年03月21日(火)

大阪国際空港(伊丹空港)のJALサイドにもりんご自販機を設置

ANAサイドに続いて、大阪国際空港(伊丹空港)のJALサイドにもりんご自販機を設置いたしました。大阪国際空港伊丹空港内で2台目になります。(現在は、関東に12台、関西に8台の合計20台)

f:id:MVM:20170321114302j:image:w495

場所は、保安検査を終えて出発ロビー内に入って右手に進んでいくと、本屋さんやカフェや、喫煙室があります。 その喫煙室とカフェの間の壁沿いにあります。

f:id:MVM:20170321114332j:image:w495

大阪国際空港(伊丹空港)よりご搭乗されるみなさま、是非MVMのアップルスイーツを食べて、爽やかな空の旅を!

2017年02月27日(月)

女子会

先日、女子会を久々に三ノ宮の創作和食ごはんや「一芯」で行いました。

お店は平日の夜にも関わらず満席で、お隣さんの声も聞き取れないぐらいのにぎわいでした。

午後7時、桃とウエルカムカードに迎えられスタート致しました。

f:id:MVM:20170227084512j:image:w240 f:id:MVM:20170227084513j:image:w240

お酒に合う料理ばかりで、飲めない私はご飯がほしくてほしくて・・・

f:id:MVM:20170227084514j:image:w240 f:id:MVM:20170227084515j:image:w240

f:id:MVM:20170227084516j:image:w240 f:id:MVM:20170227084517j:image:w240

f:id:MVM:20170227084518j:image:w240 f:id:MVM:20170227084519j:image:w240

鯛めしがきたときにはうれしさのあまり写真を撮るのをすっかり忘れておりました。

f:id:MVM:20170227084511j:image:w240:right少人数だったので、部署が違っていつもあいさつぐらいしかしない方と話をして謎が解けたり(笑)、リフレッシュ休暇の過ごし方、今シーズンの阪神はどうか!など幅広く話が出来て楽しかったです。

動物の話題になり、今度はペット自慢というタイトルでみんなにブログを書いてもらうのも面白いかも・・・という意見が出ました。

もしよろしければ、ぜひぜひご紹介下さい。楽しみにしてます。

2017年02月22日(水)

東京オフィス GUCCHIです。

今日は読書感想文です。


『いい努力』

この書名を見た瞬間、「私は『悪い努力』だな・・・」と思い、つい買ってしまいました。

山梨広一著「マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった『いい努力』」。

仕事でも学びでもトレーニングでも一定の努力は不可欠。それでも「努力すればいい」と思った瞬間、大事な点を見失ってしまう。個人や社内の自己満足に終わり、お客さんを喜ばすことができなければ成果はでない。これは「悪い努力」。自分や組織の成長にも結び付かない。そんな無駄なことはやめて「いい努力」をすることが大事なのでは・・・ということで読む前からだいたいの趣旨はわかってしまうのですが、「いい努力」をするための思考法、動き方、特に時間管理の仕方など具体的な記述も多いので参考になります。


まず、「いい努力」のポイントとは

 崟果」につながるもの

◆嵬榲」が明確なもの

「時間軸」を的確に意識しているもの

生産性」が高いもの

ァ崕室卒供廚鯣爾Δ發

Α崟功パターン」が得られるもの

А崟長」を伴うもの

これを意識するだけでも変わりそうな気がします。


さらに「いい努力」をするためのポイントとして興味深かったのは

・つねに「フロントローディング」する

・仕事の「答え」を常に持っておく

・「頭の中」を人の目にさらす

・「他の人の考え」に対して自分を開く

といったところです(詳細は本著をお読みいただきたい)。

これらは私のウィークポイントとして意識していることでもあり、今まで染み付いてきたやり方を変えるのはしんどいことですが、改善できればもっとパフォーマンスが上がるのでしょう。まだまだ「悪い努力」で精一杯になっていますが、ちょいちょい読み返しながら少しずつでも変わることができたらと思っております。

松井秀喜が画家硲伊之助(はざまいのすけ)の「努力できることが才能である」という言葉を座右の銘として努力を続けてきたというのは有名なお話です。もちろん松井も「いい努力」を積み重ねたからこそ超一流になれたのでしょうが、松井ほど努力できる才能もないし、体力も落ちてきたし、こうなったら「努力の質×量」でなんとか成長し続けたいと思います。

2017年02月13日(月) 富山へ行ってきました

経理総務のWです。

かねてから受講したかったセミナー

富山で開催されるとのことで

3泊4日で富山に行って参りました。

セミナーのついでに富山の町を少しぶらりとしました。

まず、富山ブラックラーメンなるのぼりが

f:id:MVM:20170213162755j:image

スープが黒いです。

お味はめちゃくちゃしょっぱいかと思いきや

そうでもありません。味は濃いですが、辛いまではいかなかったです。

お店によって違いがあるかもしれません。


次は白えびです。

天ぷらと刺身があったのですが、

より白えびを感じられるであろう刺身をチョイス!

f:id:MVM:20170213162754j:image

お値段はちょっとお高いです。

お味は甘い甘すぎる!

甘えびをもっと甘くした濃厚な味がしました。

おいしいです^^


そしてふらっと立ち寄ったお蕎麦屋さん。

f:id:MVM:20170213162753j:image

蕎麦の味がしっかりと感じられ

蕎麦湯までおいしくいただけました。


さらに

鯛の塩釜!美味です。

f:id:MVM:20170213162752j:image


最後はマス鮨で締めて

大満足な富山となりました。

f:id:MVM:20170213162751j:image


富山は海産物を筆頭においしいものがたくさんありました!


お土産は玉天と月世界。

不思議な触感が味わえ美味です。

おすすめです^^

f:id:MVM:20170213162835j:image

2017年01月27日(金)

「歴史」2題

今年1月阪神淡路大震災から22年経ちました。数多くの家屋倒壊など当時被災された方々が冬の寒空の下、頭の中が真っ白になりながらも、黙々と復旧作業を進めていたことが思い返されます。

被災したのは神戸の産業基盤のひとつである港湾施設も例外ではなく 前年に当社が初輸入したアメリカ産リンゴが倉庫に保管されたままでした。今年になり再度アメリカ産リンゴ登場のニュースを聞きますと隔世の感如何ばかりという思いです。

当時、あの混乱の中からでも勃興した食材ビジネスもあります。一部の定期的な納品以外の注文は皆無で、他社前例も、お手本のない、全てが、毎日が手さぐりのビジネス。実績がないから自信もなく、決定的なのはパッキング場がない。自分でセールスして売った分は自分でパックして発送するしかありません。

こんな水面下の食材をもって業務筋への売り込みを図ろうと 訪ねて行ったフレンチやイタリアンのシェフたちにその食材の可能性を伺った時に、誰ひとりこの食材を悪く言う人がいなかったことはとても大きな救いとなりました。価格的なことやメニュー内容の問題で採用が見送りになった時も「食材のもつ良さ」は評価していただきました。

都内有名レストランへ出張の際にノーアポで訪問しました。いわゆる飛び込み営業です。緊張感でセールストークの内容は忘れましたが、その後暫く納品がありましたのでうまくいったようです。 当時売り出し中の三國清三シェフ(新宿)、脇屋友詞シェフ(立川)や TV「料理の鉄人」で有名な清水忠明シェフ(神楽坂)にお会いしたのもこの頃です。

物を見る目があるプロフェッショナルから品質を褒めていただけたこと、それこそこの食材は“栴檀の実は双葉より芳し”でした。

話 変わって・・・・

通勤時間を利用して文庫本読書を続けております。

海外小説で出てくる人名が憶えられずに何回も前ページに戻る苦労に耐え切れず(?)日本の小説に入り込みました。現代の作家の小説を読めばよいものを、敢えて歴史小説に挑戦してはいますが、ここでの壁は漢字です。読めない漢字が出てくると気になって読むスピードが鈍ります。シニア世代の脳の活性化だと思いもう暫くは格闘の日が続けてみます。

余談ですが・・・次の人物をご存じだろうか?

□ 福田定一 ふくだていいち(司馬遼太郎の本名)

□ 才谷梅太郎 さいだにうめたろう( 坂本龍馬の偽名の一つ)

即答できる方は相当の歴史本に精通されています。

次の漢字が読めますか?

□ 掃部頭 かもんのかみ(宮中の施設管理・維持を行う掃部寮の長官)

□ 刑部 けいぶ(中国古代の役所)

□ 治部少輔 じぶのしょう(身分証明書の発券記号)

□ 兵部大輔 ひょうぶだゆう(かつて日本にあった軍政の官職)

□ 傳人 つてと(伝える人)

□ 主計頭 かずえのかみ( 主計寮(しゆけいりよう)の長官)

□ 源平藤橘 げんぺいとうきつ(日本における貴種名族の四つ、源氏・平氏・藤原氏・橘氏をまとめた言い方)

□ 助兵衛 すけべえ(好色・好色漢が人名としては極めてありふれたものであったため、このように訛って好色の意味に限定して使われるようになった)

難解なこれらの漢字をふりがな抜きで読みこなせる方は漢字検定を受けられることをお薦めします。

2017年01月23日(月)

娘の育児日記

営業1部 Hです。

今回ブログを書くにあたり、なにか書くことはないかと考えてみたのですが、なかなかいいネタが思い付かず 

親バカでありますが、生後4ヶ月の娘の話でも書かせて頂こうかと思います。



昨年9月に生まれた娘ですが

生後間もない1ヶ月頃に抱っこをしている時に

ふと気づくといつも、決まって家の中のある同じ場所を

じっと見つめていることに気づきました。

その場所というのは光を入れるための小さい窓なのですが、

泣きやまない時もその場所を見せるとピタッと泣き止んだりするのです。


妻にその事を話すと、妻も同じ事を感じていたらしく、二人で

「赤ちゃんにしか見えない、もしかして、なにか見えたらいけないものが見えているのでは…?」

などと半分冗談、半分本気で話をしていました。



それから、すこし時が経ち、娘も首が座り膝の上に乗せて

絵本を読んであげたりすることができるようになりました。

そこで ある日、本屋にて、なにかいい絵本はないかと探していると、

目に止まったのがこの「しましまぐるぐる」。



f:id:MVM:20170123190231j:image


この絵本は、色のコントラストが強い配色の為、赤ちゃんでも注目をして喜ぶという本だそうです。

また、しましま模様は赤ん坊が喜ぶという話も以前から聞いていたので、

これだ!と思い、早速購入。

娘に読んでみると、

効果てきめんで、食い入るように娘はじっと見つめています。

やはり赤ん坊がしましま模様が好きという話は本当だったんだなと感心すると同時に、ふと気づきました。

ある一ヶ所をじっと見つめる件です。そこの窓には、そう、これがかけてあったのです。




f:id:MVM:20170123190228j:image

阪神タイガースのメガホン・・・。





これは確かに色のコントラストも強くしましま模様…。

ですが、しかし、まさかこれを見つめていたとは…。

将来はカープ女子ならぬ、虎ジョ(?)になるのでしょうか…。

そんな事を思った父親 一年生でした。

2017年01月10日(火)

明けましておめでとうございます。

今年はお天気に恵まれ穏やかなお正月でしたね。

 2016年は「まさかの1年」でした。6月には英国のEU離脱と11月の米大統領選でのトランプ氏勝利労働者層や白人保守層を中心に不法移民に対する不満やTPP批判などを支持する層が動き、既存のメディアの予想を覆した選挙結果となりました。トランプ大統領の政策の根幹は「米国第一主義」「保護主義・反グローバル化」です。

今年も欧州では重要な選挙が相次ぎます。3月にはオランダで議会選挙があり、5月にはフランス大統領が決まり、秋にはドイツでも議会選挙があります。フランスやオランダなどで難民移民不寛容右派政党が台頭しています。反ユーロを掲げる極右政党EU離脱派が勢いつくと市場を揺さぶる可能性もあります。

今後起こる世界の動きにアンテナを張り、ニュースをチェックしたほうがいいでしょうね。

ジャーナリストの池上彰氏は「毎日報じられるニュースは積み重なり、やがて歴史となります。後に思い起こせば「あのニュースがきっかけか」と、思えることが少なくありません」と言っています。

 一方日本ではますます少子高齢化が進み人口が減少します。平成27年度版の「厚生労働白書」によると、「2048年には9913万人と一億人を割り込み、2060年には8674万人になると推計されており、2010年時点より4132万人の減少となり、半世紀の間におよそ3分の1の人口を失うことになる」とおります。さらに人口の構成という点について2060年には65歳以上人口の割合が39.9%にまで上昇するとの推計が出ています。労働人口(生産年齢人口)の減少は日本だけでなく中国や韓国でも同様であり以前のような安価な外国人労働力は期待できない時代になるでしょう。今後、女性や高齢者労働力がより一層求められることでしょう。

 先のことはよくわかりませんが「不確実」な状況であることには違いないと思います。

 情報の氾濫する中にあって、正確な情報をいち早くキャッチし変化に対応することでこの不確実な状況を乗り越え、今年の干支である酉年をエムヴイエム商事にとって飛躍の年にしましょう。

                       経理部  K