Hatena::ブログ(Diary)

GREENLAND このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018年01月12日(金)

GAP取得の取組みNo19

 生産管理課 三宅基之

N.Kさんの内部監査も終わり、いよいよ認証審査の日が来ました。

最初は順調に審査が進み、審査員の方が求める資料もスムーズで、「これは、パーフェクト化(ありえませんが)」と思った時、・労働者の名簿に年月日が未記入、・保有する機械機械リストに軽トラ、軽四ワゴン各1台ずつが未記入など一気に是正箇所が出てきたのです。

極めつけは、審査員「展着剤は、使っていませんね、」 彼「そのようなものは使っていません。」 帳票類の審査が終わり、倉庫、作業場の審査に入りました。

農薬台帳の在庫(アファーム1本)と農薬庫に入っている農薬が合っているか確認、

審査員「農薬庫を開けてください」 彼「はい、」 開けたらなんとなんと、在庫のアファーム1本と展着剤が3本、私、心の中で「あちゃ〜、やってくれましたな!」 審査員「これ展着剤ですよね、使っていないと聞きまっしたが、」 彼「もう使っていない展着剤です、家庭用の農薬庫に入れるべき物がここに入ってしまった。」いい訳、私「あなたが入れな、誰が入れるんですか!」 彼「おかしいな私かも」 審査員「家庭用の農薬庫に移してください。」 

また。審査員が冷蔵庫を確認すると、トマトーンが1本出てき真ました。審査員「農薬ですね、農薬庫に移動お願いします。」 彼「あれ・・・、わかりました。」 こんな調子でしたが、無事終了、是正箇所はまあまあありましたが、N.Kさん良く頑張りました。

 

突然、お父さんがなくなる不幸にも見舞われましたが、是正箇所をしっかりと是正もできました。認証を取得した後が大事、この状態、いやこの状態以上に農場管理を一緒にしていきましょう。

 N.Kさんありがとう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/MVM/20180112/1515754868