Hatena::ブログ(Diary)

MWAVEのずらずらら日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

はてなブログ MWAVEのずらずららblogに引っ越してます。

2006年2月28日 火曜日の日記

[]自己紹介 自己紹介を含むブックマーク

日本ブログ協会に対抗して、中央ブログ連盟(Central Blog Federation)を設立しようかと検討中の MWAVE です。略して中ブ連。あぁだめだ、中央ブリーフ連盟とまぎらわしい。って、ボキャ天ネタという、かなり昔のネタでした。

追記

ネオ日本ブログ協会 からトラバが飛んできました。どうやらいろいろなブログ協会が設立されているようです。が、中央ブログ連盟は“協会”ではないんですよね…。ネタとしてはスベッたかなぁ?。この難局を打開するため、中ブ連(CBF)としてはどこか適当なブログ協会との団体抗争に活路を見いだしたいと考えております。ということで良きアングルをご提案の方は優先的に中ブ連に参加できます。ウソです冗談ですごめんなさい。

[]小嶋じゅんレス and more 小嶋じゅんでレス and moreを含むブックマーク

お互い過去には不干渉?

id:helloblogさんに、スウィートパワーの別セクション・フレッシュパワー所属のアイドルである小嶋じゅんについてネタフリをしたところ、トラックバックでレスをいただきました。また、id:yumeriaさんもこの件についてコメントされています。てか、2月28日現在、keyword:小嶋じゅんを用いているのは、はてなダイアリーにはid:helloblogさん、id:yumeriaさん、そして僕(id:MWAVEid:MWAVE)だけですね。ハロプロファンは、小嶋さんには興味ないのかなぁ?。

スウィートパワーなグラビアアイドル

スウィートパワーに現在所属する芸能人は、スウィートパワー・所属一覧*1を見ても分かるとおり、女優さんが多いです。と言っても、実は昔はグラビアアイドルも所属していました。思うにこの事務所、“内山理名的”なプロモーションしか、今のところは成功していないんですよね。アイドル色がやや強いが水着グラビアはしない、若手女優というところ。グラビアアイドルとして以前所属していたR・Kさん(引退されていると思うので、名前は伏せます)も、グラビアではそれなりに評価されていたし、いくらかは女優活動もしていたんですけどね。

で、そんななかで、いろいろあった小嶋じゅんさんを水着グラビアアイドルとして採用するとなったときに、“内山理名的”プロモーションから脱するために、わざわざ大げさに「別セクション・フレッシュパワー」を立ち上げたのかなぁなんて感じます。会社の経営でも、そういうことがあるような気もします。なので、小嶋さんが成功したら、スウィートパワーとしても水着グラビアアイドル「多角経営」に乗り出せるのかなと思います。主力事業は、内山理名堀北真希黒木メイサで安泰でしょうしね。なんてのがスウィートパワーDDらしい?僕のスウィートパワーに対する印象です。どうですか?、helloblogさんのコメントへのレスにもなっているでしょうか?。あと、id:powerfulコメント)さん、“愛と書いてまなみ”さんは僕も好きでした。合ってます?。

[]沖縄な映画 沖縄な映画を含むブックマーク

JTXさんのコメントを見て感じたんですが、沖縄が舞台の映画って、他の県よりも多いですよね。「ニライカナイからの手紙」「深呼吸の必要」「八月のかりゆし」「イツカ波ノ彼方ニ」etc。若手女優も出演しているし。これに対して、新潟県が舞台の映画ってどれくらいあるのだろう?。たまたま新潟でロケっていうのなら『blue』がありますけど。でもあれ、物語のなかでは新潟云々って話は出てこなかったような気がする。どなたか、『新潟が舞台の、若手女優が出演している映画』をご存じでしたら教えてください

ニライカナイからの手紙 [DVD] 深呼吸の必要 [DVD] 八月のかりゆし [DVD] イツカ波ノ彼方ニ [DVD] blue [DVD]

[][]『H』でコスプレ 『H』でコスプレを含むブックマーク

H』といっても、“そういうこと”ではありません(知ってるよ)。雑誌の名前です。今までの僕の認識では「なんだかよく分からないけど、オシャレな雑誌らしい」といったところだったのですが、今回は『アイドルや女優でコスプレ特集』ということで、買わざるを得なくなりました(?)。

まぁ、結論から先に言えば「オシャレな雑誌だもんね、アイドルマニア的期待をしちゃあいけないんだよな」って感じ。表紙にもなっている「よく分からないメイド」や、加藤ローサさんの魅力を扱いきれていないような「警備員っぽい警官」とかはひたすら残念。コスプレってより、コスプレ風味のオシャレな服装を着ているってだけなんですよ。で、そのオシャレ具合がよく分からないんです。起用している女優陣はかなり豪華なのに。だってさぁ、「成海璃子+チャイナドレス」という、そのフレーズだけ聴いたらアイドルマニアが驚喜する取り合わせもあるんですよ。なのに、なぜ変な色のストッキングを履いているんですか!。チャイナといえば「スリットから覗く太もも」でしょーがー!!!。

このあたりは、是非『H』を定期購読している方に伺いたいですね。

[][][]女優多くして商品イメージ山に登る? 女優多くして商品イメージ山に登る?を含むブックマーク

以前、id:nancyさんが

資生堂で新ブランドができていた。なんかCMに起用してる女優陣、うん、確かに豪華なんだけど、でも微妙…じゃない?マキアージュで成功したからまたこんな感じにしちゃったのかなあ。

ギリギリ * 時効 * デイズ

と語っておられて「はて何の商品だろう?」と気になっていたら、今日になって分かりました。『資生堂 TSUBAKI』だそうです。で、そのCMとかの記者会見の様子がこちら→(芸能:MSN毎日インタラクティブ)。

なんと、竹内結子さん、仲間由紀恵さん、観月ありささん、田中麗奈さん、広末涼子さん、上原多香子さんが共演という豪華メンバー。でも、豪華なんですけど、その豪華な人たちがこうして勢揃いすると、なんか安っぽいというか成金趣味っぽいというか、価値が半減しているような印象があります。マキアージュ篠原涼子さん・栗山千明さん・伊東美咲さん・蛯原友里さんの場合は、4人のキャラクターやイメージが異なっているから良いんですけど、TSUBAKIの6人は、イメージが重なっている人が多くないですか?。これってどういう広告戦略なんでしょう?。id:nancyさんはどう思いますか?。

あと、6人のなかだと広末さんが一番好きだなぁと思ったのは秘密です。

[]毛皮の話その2 毛皮の話その2を含むブックマーク

30代女性会社員の気になるニュース:毛皮の作られ方を知っていますかへの以前書いた感想(→毛皮の話)の続きです。書こう書こうと思っていたのですが、なかなか書けずにいました。しかも、いつのまにか、はてなブックマークでたくさんブクまれているし(→はてなブックマーク)。

本当に生きたまま皮を剥ぐのか?。仮にそうだとして、その利点は?

人力検索はてなで質問してみました(→毛皮について質問します。「装飾用の動物の毛皮は生きたまま剥ぐ」という話を聞きますが、それが本当だとして、毛皮生産のうち、どれぐらいの割合で行われるのでしょう?。 あと、「生きたまま皮を剥ぐ」利点というのは何かあるのでしょうか?。)。そして、その結果と、自分の想像から、以下のような利点があるのでは?と考えました。

  • 毛皮に傷を付けず、かつ安価に動物、特に小動物の動きを止める方法は、おそらく「頭を殴る」。でも、即死させるのはなかなか難しいような
  • 皮を剥ぐ時点で、動物が死んでいる必要はない。抵抗せず、じっとしていれば良い。
  • 死んだ後には死後硬直が始まる。そうなると、皮を剥ぎにくくなることが予想できる。手足を曲げたりするのが大変そう

ということで、殺さない利点はあるように予想します。もちろんこれは素人(僕)の勝手な予想で、本当は違うようにも思いますが。ただ少なくとも「サディストとして動物を苦しめている」わけではない可能性はあると考えます。

ファッションの為に動物を殺す?

先方のコメント欄にあったフレーズ『「ファッションの為に動物を殺す」というのには抵抗があります』。このフレーズにはかなりの説得力があるように感じます。「食べるのは人間の宿命だが、ファッションは必要ない」「毛皮のコートって贅沢品。贅沢のために命を犠牲に」みたいな。金持ち批判にも繋げやすいので、共感を得やすいのかなとも思います。

でも、このフレーズって、危うい感じがします。日本人にとって一番問題なのが、和楽器。三味線(猫の皮)や和太鼓(牛の皮)、鼓(馬の皮)など、動物の皮を使っている楽器はたくさんあります。そして、これらを合成皮革で完全に代替するのは、おそらく無理でしょう。「いやいや楽器は文化であり芸術。毛皮のコートとは違うよ」と言われるかも知れません。しかし、そのセリフ、ファッションメーカーだって言う権利はあるのではないでしょうか?。コートやバッグだって、立派な芸術品でしょう。ファッションって芸術ですよね。

それに、「ファッションとしての贅沢のために殺生をするのはダメで、美食のために殺生をするのは良いのか?。」とも言えます。美味しい食事という贅沢のために、多くの生き物を殺してますよね。だって、人間が生きるためには、タラの芽とかキャビアとか松茸とかを食べる必要なんてないでしょう。で、「石油から化学合成で美味しい主食が出来ました。味や食感も自由自在です。みなさん、殺生をしないために毎日三食これだけを食べてください」って言われたら?。

まとめ

もちろん、人の考え方は十人十色であり、最終的には「個人の考え方・生き方」に帰着しちゃうんでしょう。また、理屈じゃない部分もあるでしょうし。ただ、「理由もないのに、残虐に生き物を扱う」ではない限り、多くの人が共感するのは難しいと考えます。でも、その『理由』がなかなか難しいんですよね。フォアグラなんかも問題になっているそうですし。

*1内山理名さんの名前がないのは、このサイトが実は内山さん用だから

hellobloghelloblog 2006/03/01 09:42 他のメジャー事務所に入ったらもう興味ないんでしょうね。
西田奈津美さんしかり。
今年にデビューする(プロモ次第で売れる可能性のある)「toi teens!?」というガールズゴスペルユニットにも、娘。オーディションの落選者がいるのですが、殆ど反応なしですので。

”内山理名的”なプロモーションは、この事務所のルーツ(?)になっているところの瀬戸朝香さんで確立されたんでしたっけ。でも他社が決して真似できない素晴らしいシステムですよね。
ウチでも取り上げましたが、スカウトがやり難くなっている現状でも、この事務所は他薦的なスカウティングが今後も順調に出来れば、ホリプロ(キャラバン)やオスカー(国美)あるいは東宝芸能並の逸材が手に入るはずかと。
ただグラビアセクションについては、積極的に立ち上げたのか、何かの提携(要請)で仕方なくなのかでちょっと今後の見方が変ってくるでしょうね。ただ個人的には「ほれ見たことか」的な見方はしませんのでご安心を(笑)。
ちなみにウチの猫ちゃん(♀)に”理名”という名前をつけようとして失敗した過去あり(笑)。現在はとりあえず”なつみ”という名前がついています(苦笑)。

leilei 2006/03/01 10:12 はじめまして、何気なくTBを見てみたら自分のコメントが取り上げられているのでビックリしました。
で、まぁ見てしまったのでご記載の件に自分なりのコメントをしておきます。
まず和楽器の点について、代替品を作るのが無理なのかどうかよくわかりませんが、作れる技術が存在する(ようになる)とすれば代替品が使われるようになって欲しい、と思います。(同様の主旨の事を元コメントにも書いてますが)
「楽器は文化であり芸術。毛皮のコートとは〜」とか言うつもりはないですよ。
美食の点については…私が「(自分は)動物愛護的には半端者」と書いたのは、ベジタリアンやフルタリアンではないからです。ただ、ご記載のように代替食が普通に買えるようになるとすれば(「石油から化学合成」は何か寿命縮めそうでイヤですけど)、別にそれでも構わないと思います。
最後に、誤解を生むような書き方になってたのかもしれませんが、特別「金持ち批判」とか「共感を得たい」とかの意図を持って書いたわけではないですよ。単に記事を読んで思った事をそのまま書いただけですので。コメント書くのも結構難しいものですね。

sikensiken 2006/03/01 12:06 毎号『H』を読んでいる者ですが、笑、アイドルというより「アーティスト」な魅せ方が好きな雑誌なので、そのブッキング能力を「男の子」の視点で魅せてくれたらどれだけ幸せなことか、と思います。でもそのコンセプトじゃ出てくれないような出演陣なんですよね。勿体無さをかみ締める雑誌です。笑。
同じロッキング・オンでも、ジャパンの方で椎名林檎がナースをやったりした方は、見事に男性視点を分かってくれてたというか、それも出演者の意向がマッチしたからなんでしょうけど。

powerfulpowerful 2006/03/01 13:41 その方で合ってます。
もう3〜4年前のことですが、中日の落合英二or岩瀬→宣(のちにギャラードへ交代)、最近でいう阪神のJFKを目指して、三津谷葉子or小野さん→サトエリさんという快速必勝パターンを確立させてました。竹内実生ちゃんが谷間で先発するときは、多少無理してでも「野田リレー」で逃げ切ってた頃が懐かしいです。
野球ゲームの思い出話が続いてすみません。

JTXJTX 2006/03/02 00:17 「ナビィの恋」、「風音SIGLO」も沖縄映画ですね。後者は未見なのでつみきみほさんと細山田さんしか分かりません…
Googleで検索したところhttp://www.niigatalocation.net/というのがありました。この団体の関与のないものも含めて一覧が載っていました。2005公開の「愛してよ」(上記ナビィ=西田尚美主演)が最もそれらしいですが…東京が舞台かと思ってました。「白い船」ではフェリーの寄港地として多分ちょっとでてくるだけですね。(確か島根か鳥取あたりがメイン) 映画以外ではウルトラマンマックスも撮られたようですが…
http://www.loca-niigata.net/index.html
ここには「県民のみなさまへ」というメルマガがありましたが、最近更新されていないっぽい…