Hatena::ブログ(Diary)

MWAVEのずらずらら日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

はてなブログ MWAVEのずらずららblogに引っ越してます。

2006年9月30日 土曜日の日記

[]自己紹介 自己紹介を含むブックマーク

未だに新宿駅周辺で道に迷う MWAVE です。サザンテラス口K's CINEMA間の移動でメッチャ迷った。そもそもサザンテラス口で出たのが間違いか。

そうそう、コメントレスは明日します。今日は勘弁して〜。

[][]多部未華子 @ 夜のピクニック 多部未華子 @ 夜のピクニックを含むブックマーク

丸の内ピカデリーで映画『夜のピクニック』と舞台挨拶を見てきました。

映画

今年見た映画の中では、今のところ最高です。『時をかける少女』より好き。青春がキラキラしていて、ちょっと暗い話もあって、各キャラクターも活き活きしていて、それでいてどこか淡々と話が流れていって。しかも若手女優が活躍しているんです。評価か分かれそうな笑えるシーンも好きです。僕にとってはほぼパーフェクト。老若男女にお薦めです。

気になるのが、男子の大多数と女子の一部・貫地谷しほりさんや西原亜希さんなどが高校生よりか年上に見えたぐらい。主役の多部未華子さんが幼い感じだから、比較して同級生には見えなかったのかな?

多部さんは気の強い役が似合います。松田まどかさんは背が高い!。この映画で見直しました。貫地谷さんは前半大活躍で爆笑。高部あいさんは高校生で悪女。確かに騙されるよね。

あと、夜だけロッカー男・高見光一郎役の柄本佑さんは良かったですね。役柄が得だったのもありますけど、かなり印象に残りました。

舞台挨拶

西脇融役の石田卓也さんが「『涙そうそう』じゃなくてこちらへ来ていただいて・・・」、長澤監督が「可愛らしい長澤ではなくて、むさくるしい長澤です」と話していました。ピカデリーの真正面の日劇PLEXで『涙そうそう』を公開していましたからね。

挨拶に来た出演者の人数は多かったけど、時間が短かったのが残念でした。

あと、出演者が観客と一緒に宣伝写真や映像を撮るというのがありました。で、観客全員が手をあげて「おーっ」と叫ばされました。テレビとかで見たことありましたけど、自分がやるとは。恥ずかしさもあって、威勢良くは出来ませんでした。少しはハロプロファンを見習わなければ。

[][]吉高由里子 @ 紀子の食卓 吉高由里子 @ 紀子の食卓を含むブックマーク

新宿K's CINEMAで映画『紀子の食卓』を見ました。

見る前は、もっと複雑怪奇な映画だと思っていたんですよ。なので「吹石一恵さんと吉高由里子さんとつぐみさんのご尊顔を拝みに行くんだい!」と、なかば開き直っていました。しかし、実際は普通の物語が進行していきました。驚きましたね。ラジオドラマのようなモノローグが多さも、違和感は感じませんでした。さすがに、ラスト前は「?」と「!」が繰り返し頭を巡るような状態でしたが。

アイドルマニア的視線

吹石一恵さんとつぐみさんの胸がセクシー!。で、この映画はやはり吉高由里子さんのものですね。可愛らしくて、存在感かあって。何となく、id:claudineさんの『COLD LOVE - 吉高由里子ちゃんインタビュー』によると連続殺人鬼みたいな役がやりたいそうです。もちろん、そういう吉高さんも見てみたいんですけど、何の変哲もない可愛らしい役も演じて欲しいですね。これは僕がアイドルマニアっていう理由もありますが(笑)。でも若い時期は色々やって欲しいんですよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/MWAVE/20060930