Hatena::ブログ(Diary)

MWAVEのずらずらら日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

はてなブログ MWAVEのずらずららblogに引っ越してます。

2007年7月8日 日曜日の日記 吉祥天女 天まであがれ!!

[]自己紹介 自己紹介を含むブックマーク

BOYSTYLEが解散ってことで感慨深い MWAVE です。実態は何も変わらないんでしょうけどね。

[]吉祥天女 吉祥天女を含むブックマーク

渋谷Q-AXシネマで映画『吉祥天女』を見ました。

原作を読んでいないので、比較することなく映画を見ることが出来ました。で、このストーリーって、面白いんですか?。鈴木杏さんを筆頭に「多分、ミスキャストなんだろうなぁ」というのは分かるのですが、それを抜きにしてもこのストーリーそのものに面白さがあるとは思えないのですが。ストーリーはまともだとすると、演出が相当ダメなんでしょう。まず、鈴木さん演じる主人公の妖しさの表現として、三白眼をやたらと映すのはやめてください。てか、あの『ラヴァーズ・キス』と同じ原作者(吉田秋生)×監督(及川中)とは思えない。

鈴木杏さんは、やはりミスキャストですよね。ビジュアルに目をつむってでも演技力を優先させたのでしょうけど、やっぱりねぇ。でも、じゃあだれが良いんだと問われると困るのですか。巷では栗山千明さんを上げる声が高いようですが、栗山さんこそ違うと思います。まぁ、ミスキャストと言い出すと勝地涼さんと深水元基さんのどう見ても高校生に見えないチンピラ高校生兄弟もあれですが。演技面には文句ないんですけど、それこそビジュアルがダメでしょ。高校生に見たくても見えない。マシなのは本仮屋ユイカさんぐらいでしょうか。で、本仮屋さん演じている役って、何のためにいたの?。総合的に見てすごかったのは江波杏子さんでしょうか。

“アイドル映画”なんていう人がいますけど、誰もビジュアル面で映えていないんですから、アイドルマニアは満足しないですよ。

おまけ

予告編で僕のお気に入りアイドル・秦みずほさん主演の映画『Tokyo Real』の予告編を見ました。好きなアイドルが、どうひいき目に見ても面白く無さそうな映画に出演するのかと思うと悲しくなりますね。

[][]佐津川愛美 @ 天まであがれ!! 佐津川愛美 @ 天まであがれ!!を含むブックマーク

シネマアートン下北沢で映画『天まであがれ!!』と舞台挨拶を見ました。佐津川愛美さんカワイイ!!

先に書いておきますが、舞台挨拶に来たのはプロデューサーとミス浜松、あとは映画にチラッと出た素人のおじさんだけでした。俳優も監督も出てこない舞台挨拶って始めてです。あと、上映前に浜松市のPRビデオを映すのはやめてください。劇場内は失笑でした。まぁ浜松が舞台で、浜松市全面協力だそうなので、仕方ないんでしょうけど。

アイドルマニアのひいき目もあるんでしょうけど、必要以上?に佐津川愛美さんが輝いていました。主人公は鈴木達也さんなんですけどね。役得な面もあるのですが佐津川さんが美味しすぎる。これこそアイドル映画です。

映画そのものは、小学生が画面の中心になるととたんに「さわやか3組」というか教育テレビで流れそうな感じ、はっきり言えば子役演技が鼻につくのですが、鈴木さん・佐津川さん・宍戸錠さんのパートではさすがに映画になっていました。ストーリーがご都合主義を通り越してテキトーすぎるだろとか、地元の素人を映画に出すのはやめてくれとかいろいろ言いたいことはありますが、佐津川さんがメチャメチャ魅力的だったからいいや。

おまけ

シネマアートン下北沢に初めて行きました。とても小さくて驚きました。渋谷シネ・ラ・セットとどっちが大きいんだろう?。

[][]オスカーの新人さん? オスカーの新人さん?を含むブックマーク

id:helloblogさん>

宮崎香蓮さんはいかにもオスカー所属って感じですね。現時点ではあまり興味ないですね、映画も宮崎さんも。

[]山おんな壁おんな 山おんな壁おんなを含むブックマーク

今クールのドラマでは、今日やっと『山おんな壁おんな』を見ました。予想以上に深田恭子さんに全ておんぶにダッコなドラマで驚きました。こういう役が出来るのはカッコイイですよね。

2071・042071・04 2007/07/10 00:05 去年、テレビでやっていた「吉祥天女」では、岩田さゆりが演じてたのですが、それも正直物足りなく感じたのに・・・まして鈴木杏では申し訳ないが明らかに違うでしょう。
もっとも、「サヨコ」繋がりでもティーン時代ならいざ知らず、今の栗山千明でも確かに違うような気がします。
「美しさ」「妖しさ」「怖さ」を兼ね備えるなんてそう簡単ではないですから・・・

2071・042071・04 2007/07/10 23:23 「山おんな壁おんな」は、ある意味(いい意味で)バカドラマだが、それに留まらない出来だと思う。
個人的には「山おんな」が深田恭子なら「壁おんな」は酒井彩名だと思う(笑)

阿武雲阿武雲 2007/07/12 07:02 壁おんなの妹として巨π系ジュニアアイドルを出すとか…

TXJTXJ 2007/07/18 23:09  新宿の数軒でチケットを探したのですが見つからず諦めて当日券で「天まであがれ」見てきました。(刷っていないのかと思いましたが、後日渋谷ではあちこちに置いてありました…)私が観た回はなんと観客一人の貸しきり状態でした。シネマアートン大丈夫かしら。
 佐津川愛美姉が活発なキャラクターで可愛らしく描かれていましたね。振袖で逃げて最後に顔を見合わせて笑い出すシーンがよかったです。しんみりしたシーンの魅力もあるし、くるくるかわる表情が幅広かったです。
 やたら地元企業・商店の広告が多くて値段の高いパンフレットに某田辺市の映画を思い出しました…
 こう考えてみると、佐津川愛美姉、谷村美月姉(檸檬のころ)、関めぐみ姉(アヒルと鴨のコインロッカー)、(菊地凛子姉:バベル、図鑑に載ってない虫)とそれぞれ脇役だった人が大きな?映画の主役クラス〜主役になっていったという意味で、「笑う大天使」は大変なキャスティングだったんだなぁ、と思いました。(今ではとても無理そうです)