Hatena::ブログ(Diary)

MWAVEのずらずらら日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

はてなブログ MWAVEのずらずららblogに引っ越してます。

2008年2月2日 土曜日の日記

[]自己紹介 自己紹介を含むブックマーク

最近お疲れな MWAVE です。そりゃ毎週毎週映画見に行ってりゃ疲れるよ!(自分のせいだろ)

[][]堀北真希 @ 東京少年 堀北真希 @ 東京少年を含むブックマーク

新宿トーアにて映画『東京少年』を見てきました。堀北真希さんカワイイ!

この映画、堀北真希さん演じる主人公が実は二重人格で、そのうちの一方の人格(男:交代人格)が本来の人格(女:主人格)が好きというお話。知る人ぞ知るBS-iの丹羽多聞アンドリウプロデューサーの作品。正直言ってBS-iがらみの映画は『恋する日曜日』以外は微妙な作品が多いので心配でしたが、設定が面白そうだったので期待していました。

で、結論から言うと、なんか話の流れていく方向が惜しいものでした。はっきり言ってこの映画は『堀北真希 THE MOVIE』なのですし、二重人格の設定がこの映画の肝なのですから、もっと堀北さんにフォーカスして、「交代人格が主人格に恋をする」葛藤を描いて欲しかったですね。あと堀北さんの男演技はもうちょっとソフトな方が良かったような。とはいえ、映像は古い緑がかったフィルム調でキレイでしたし、堀北さんのフォトジェニックさ・画面での映えは十二分に出ていたかなと思います。画面映えによって、映画を成り立たせる面においては、堀北さんはトップクラスですね。実はマイナーで地味な映画が似合う人なのかも。ともかく、『堀北真希 THE MOVIE』としては及第点の印象ですね。まぁまぁお薦め。

あと、石田卓也さんは老けすぎな気が。

映画「東京少年」公式サイト

[][]谷桃子 @ ALLDAYS 二丁目の朝日 谷桃子 @ ALLDAYS 二丁目の朝日を含むブックマーク

シネマート新宿に『ALLDAYS 二丁目の朝日』と舞台挨拶を見てきました。谷桃子さんカワイイ!

映画

映画は期待していた以上は面白かったけど、見終わった感想としては「う〜ん...」と困ってしまう感じ。赤線・公娼制度の廃止と同性愛者の差別、新宿2丁目の成立を描くというのは、よくよく考えるととても面白そうな題材だと思うのですよ。ただ、ストーリーがまとめきれていないというか、前半(同性愛者への差別)と後半(赤線・公娼制度の廃止)と終わり(主人公)とでそれぞれ話がバラバラで、後半に入ると前半のことは忘れ去られたのかと思ってしまいました。なんでこんな前後編の構成にしたんだろ? 同性愛と赤線の話を同時並行というか、まとめたら良かったのに。予算や時間がないのは画面からひしひしと感じられ、それはそれで気にならないのですが、画面というか画面構成が狭苦しいのはなんとかして欲しかったなぁ。

谷桃子さんは意外と?良い役。映画初出演とのことでしたが、なかなかの好印象。谷さんは意外と“ヒロイン”向きかも。

あと、シネマート新宿 Screen 2 で公開されているのですが、62席というとても小さな劇場でした。

舞台挨拶

三浦涼介さん、谷桃子さん、松田祥一さん、村上賢司監督が登壇。谷桃子さんの天然ボケ、というかボケボケなコメントに爆笑でした。そんなボケボケコメントを、谷さんのほんわか声で話すのは反則だぜ。後ろの席の女性も「カワイイ」って言ってましたよ。

ALLDAYS 二丁目の朝日 公式サイト

[][]江口のりこ & 矢吹春奈 @ 砂の影 江口のりこ & 矢吹春奈 @ 砂の影を含むブックマーク

渋谷ユーロスペースで映画『砂の影』と舞台挨拶を見てきました。江口のりこさんと矢吹春奈さんカワイイ!

映画

8mmフィルムで撮影(通常は35mmとか最近はデジカム)というのが最大の特徴といって間違いはないであろうこの映画。確かにこれまでに見た映像とは全く違った映像でした。粒子が粗くてノイズのりまくり。暗い画面では特にそれが目立ちます。登場人物の表情もちょっとわかりにくいかも。矢吹春奈さんは事前に出演していることを知っていないと、アイドルマニアでも気付くのがちょっと難しいような。それぐらい映像は荒かったです。ただし、肌色の描写に関しては、独特の艶めかしさがあり、とても印象的。粒子の粗さとノイズが点描画っぽく見えるのでしょうか?。江口さんの背中とか太ももとかの映りなんか特にそう思いましたね。

話は説明ゼロで進んでいきます。正直言って序盤は何が起きている(何も起きてないけど)のか分からない。基本的にみんな何なのか分かるような分からないような... 8mmの映像と相まって、見知らぬ他人をのぞき見しているような感覚でした。光石研さんとARATAさんの演技が良かったです。なかなか面白かったですよ。お薦め。

あ、この映画に関しては、事前の情報とかは一切入れない方が良いです。“映画の紹介”みたいな文章だとかなり高い確率で“ネタバレ”してしまいます。僕はその“ネタバレ”を事前に仕入れちゃっていたので、途中からそこばかり気になってしまったんですよ。凄くもったいないような。

舞台挨拶

甲斐田祐輔監督、江口のりこさん、米村亮太朗さん、光石研さんが登壇。司会が下手くそな上に江口さんや米村さんが言葉をほとんど発しないため、かなり微妙な雰囲気が流れてました。一番たくさん話し、場を盛り上げていたのが光石さんだったということで、何となく状況は掴んでいただけるのではないかと思います。

『砂の影』公式HP

砂の影のブログ

オマケ

舞台挨拶が終わってこれから上映という時に、席に座っていたオッサンαのもとに外から別のオッサンβが荷物を持って駆け寄ってきました。席のオッサンαがスゲー偉そうな態度でオッサンβに文句を言っていました。どうもオッサンαの荷物がどこかに置き忘れられていて、それをオッサンβが探して持ってきた様子。ペットボトルがないとかかんとか、オッサンαがオッサンβに怒っている様子が、どことなく滑稽でした。事実、オッサンβが出て行った後、劇場内が苦笑で包まれました。なんだあのオッサン。

[][]夏帆 & 南沢奈央が袴姿 @ かるた小町 夏帆 & 南沢奈央が袴姿 @ かるた小町を含むブックマーク

夏帆さんと南沢奈央さんが袴姿で共演!スペシャルドラマ『かるた小町』」と言う話を聞いたら「おのれBS-iの丹羽多聞アンドリウプロデューサーめ、また公私混同を...」と思うのが同然だと思うのですが(思わない人の方が多いと思う)、これ、フジテレビの毎年恒例・パンテーン協賛ドラマとのこと。フジテレビにも変態がいたのか。

かるた小町 - フジテレビ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/MWAVE/20080202