M.Tricksterの鶏頭思考

2018-11-23 俺と続・ふぇいすぶっく このエントリーを含むブックマーク

先日フェイスブックアカウントを作って以来、2〜3日に1回程度ログインして

「知り合いかも」

の欄に表示されるどこの誰かもわからん人らを片っ端から削除してログアウトするという不毛極まりない作業をするハメになっております。


wWw<あれってどういうアルゴリズムで知り合いかもって判定してるんだろうねぇ

(・∇・)<共通点とか一つもない外人とかが候補に出てくるのでホントさっぱりわかんないですね、逆毛様


そういえば来年にこのはてなダイアリーが閉鎖されるので、はてなブログに移行しないといけないようです。

めんどくさい移行手続きをしてまで残すべきかどうか、そもそも移行しても書きたいことがあるかどうかなどを考えているのですが、実際問題どうしようかなぁ。

ジオシティとかティーカップとかあった時代から何かしらネットに書いてきたけどそろそろネタ切れだし、書きたいことは書いたらアカンことばっかりだし。

まぁ気が変わってやっぱり残そう!と思ったら移行作業に取り掛かりたいと思います。昔書いたもので残す値打ちのあるものもあるかもしれないし。

HieHie 2018/12/04 23:20 Facebookの友達レコメンドアルゴリズムはいろいろあるっぽいのですが,携帯電話の電話帳情報からの推測(自分がFacebookに電話帳を渡してなくても友達が渡してたらアウト),共通の友達の関係性からの推測(たとえばAさんBさんCさんが友達で,DさんがAさんとBさんと友達ならきっとCさんとDさんも友達であろうと推測する)あたりが有名ですね.
友達が少ない状況だと後者のアルゴリズムがちゃんと動かないので,てきとーなレコメンドをしてくるとかあるかもしれませんね.

ところではてなダイアリーが消えてしまうのに気づいてませんでした!
どうしよう(笑)

M_TricksterM_Trickster 2018/12/06 22:47 なるほど、道理で消しても消しても次々と紹介してくるわけですね(笑)
Facebookも商売だからしょうがないとはいえ、いろいろ考えてますね。

はてなダイアリーが消える件については、ほんとどうしましょう(笑)
こちらは師走は忙しいので年が明けてから考えようと思います。

2018-11-03 俺とだったら最初からやれって話 このエントリーを含むブックマーク

去年の年末にバッチィことで定評のある息子さんの部屋に


「親の強権発動!勝手に大掃除して寝具一式買い替えます!」


てなイベントを発動させてゴミとか不要なアイテムをガッサーと片付けたったんですよね。


んで文句を言いつつ快適になった部屋を見て喜んでるボーイに


「来年は自分の力でクリーンをキープするんだゼ…」


とか言ってやったんですが、結局今年も強権発動して大掃除をしています。


wWw<どうして教科書の下から空になったガムの箱が3つも出てくるんじゃぁ!

(・∇・)<夏に修学旅行から帰ってきて、そのままになってる鞄とかも出てきたんですよね、逆毛様


普通一回キレイにしてどこに何を片付けるかを決めたら以降はある程度片付くものだと思うんですがね。

何故に年々片付けの難易度が上がっていく=汚部屋度が上がっていくのか。


そして何故に掃除のために一旦部屋の外に出しておいたカーペットを室内に戻そうとすると


「汚いから一度掃除機をかけてから戻そうよ…ッ」


とか言うのか。テメエが消しカスとかガムの空箱とか乗せてたのを片付けて一回掃除機かけた俺の努力は無視ですかそうですか。

いずれかガールなフレンドとか連れてきたら洗いざらいバラしてやることにします。振られない程度にな!

2018-10-28 俺と知り合いかも このエントリーを含むブックマーク

フェイスブックアカウントを作ると

「もしかしたらこの人と知り合いですか?」

という表示がズラーッと並ぶのでウザいったらありゃしません。


wWw<しかも毎日更新されるので削除しまくってもキリがないんだよね

(・∇・)<ほんとに知り合いが表示されたのって最初の一日分だけですし、意味ないですねあれ


一体どういうルーチンで「知り合いかもしれないリスト」を作成しているのかには多少興味はあるけれど、知り合いかもしれない人には全く興味がない今日此の頃。

もう20歳ぐらい若かったらガンガン友達申請してガンガン交流してたのかなぁ。

2018-10-22 俺とポリシー このエントリーを含むブックマーク

ブリタニアの民よ、エンターティナーたれ」


Ultima Onlineの開発者でブリタニアの王でもあるロードブリティッシュが臣民であるプレイヤーに高らかに告げたのは今からもう20年以上前の話です。


当時の自分はそれを聞いて「エンターティナーってのは人を面白がらせ、自分もそれを楽しむ人のことだろうなー」と勝手に解釈し、それ以来他の人がやってて面白そうなことは積極的に真似をして、面白かったらそれを自分流にアレンジして試してみるとか「これひょっとしたらオモロイんちゃう?」と思ったことは人に迷惑にならない範疇でやってみたりしてきました。


wWw<人に迷惑にならないってのは全然全うできなかったけどな

(・∇・)<今思い出しても「ウワーッ!」ってなって悶絶するようなしくじりとやらかしだらけですもんね、逆毛様


当時の関係者各位にはこの場を借りて厚く謝罪申し上げます。ゴメンね!


それはさておき、この「人がやってるのを見て良いなーと思ったことは積極的に真似をして、且つアレンジもしてみる」スタンスは自分の人生で結構大きな行動の指針となっています。人がやってることを見てアーダコーダ言う批評家になっても面白くないし、誰かのコピー芸人になってもムナシイし満足できないだろうなーと考えているからなのですが、最近はどうもこれを他の人にも持って欲しいと思うようになってきました。


例えば、習い事で他の人に自分が知ってることを話す時に


「俺はこう教わったのでこういう風に練習してこのぐらいできるようになったけど、貴方は一回このやり方でやってみて、他のやり方も自力で見つけてやってみたら楽しいと思うよ!」と話してたり


「試合の時にどうするか、どう動くかはその瞬間に自分で思いつかないと決断できないから、自分で考えて行動して失敗したり成功したりを試しておこうぜ!」と話したりとかです。


フツー習い事って教わる人は教える人の完全コピーになることから始めるんじゃないの?みたいな顔をされることが多々あったので、いやそれじゃツマンナイでしょ、でも確かになんで自分はそういう風に考えてるんだろうと熟考してみたらロードブリティッシュの言葉を思い出したのです。


俺の言うとおりにやれば勝てる!負けた時は俺の言うとおりにやらなかったからだ!みたいなことを言ってる人を結構見かけますが、そんな劣化コピー作って何が楽しいんでしょうね。自分で考えて自分で動いて、自己責任でやらかしたり大成功したりするから楽しいんだと思うんですが。一度議論を深めてみたいけど関わり合いにも成りたくないし。難しいところですねぇ。

2018-10-17 俺と王様の耳は地獄耳 このエントリーを含むブックマーク

最近のなんかしらん流れで


はてなダイアリー

アメーバブログ

フェイスブック


と三種類のSNSでなんか書くハメになりましたが、ぶっちゃけ最近書きたいことはどのSNSにも書けないことだったりします。


wWw<ぶっちゃけアメーバブログが一番匿名性高いからそこで書くのが一番セーフティなんだけど、趣味のSNSだから書く必然性が0なんだよね

(・∇・)<逆にここ(はてなダイヤリー)なら趣味関係のどす黒いことは書いてもOK!だったりするので色々ややこしいですね、逆毛様


趣味関係のどす黒いことで一つ例に上げると、知ってる中学生が捨て大将を命じられて、本人は自分の実力とか団体戦で勝つ為の手段の一つとかで割り切ってはいるみたいだけど割り切れてないみたいで、そんなスポーツを楽しめなくなるようなオーダー組んで仮に勝ったとしても何を手に入れるのか是非とも顧問のティーチャーに聞いてみてえなぁ!とかそういう感じの話。


勝敗よりも大事なものを学ぶ機会に惨めさと屈辱を味わった人って健やかに成長できるんですかね。本人の実力不足でメンバー落ちとかなら正しい挫折で正しい成長の機会になると思いますが。


wWw<こういうことを匿名性/ZEROのフェイスブックで書いたらどうなるんだろうな〜っと

(・∇・)<普段から似たようなこと放言してるからあんまり影響ないかもしれませんね、逆毛様