Hatena::ブログ(Diary)

鞭打苦行のThrasher

2018-07-21 終戦の詔書の現代語訳

最底辺労働者は仕事がらみで玉音放送の原稿である終戦の詔書の現代語訳を試みました。

以下に載せますので、何かお気づきの点などあればご意見をば。

ちなみにオリジナルは、国会図書館サイトからオンラインで読むことができます。

 朕ハ世界ノ大勢ト帝国ノ現状ヲ深ク考慮シ、非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾シヨウト考エ、ココニ忠良ナル帝国臣民ニ告グ。

 朕ハ帝国政府ヲシテ米英支ソ四国ニ対シ、ソノ共同宣言ヲ受諾スル旨ヲ通告セシメタ。

 ソモソモ帝国臣民ノ平穏無事ヲ図リ、万邦共栄ノ楽シミヲ共ニスルハ、天照大神ヲソノ始祖トスル歴代天皇ノ遺範ニシテ朕ガ常々心掛ケテイルコトデアル。先年米英二国ニ宣戦シタコトモ実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ切ニ願ウガユエデ、他国主権ヲ排シ領土ヲ侵スガ如キハモトヨリ朕カ志デハナイ。シカルニ交戦スデニ四年ニ及ビ、朕ガ陸海将兵ノ勇戦、朕ガ官僚官吏ノ精勤、朕ガ一億国民ノ奉公、ソレゾレ最善ヲ尽セルニモ関ワラズ、戦局必ズシモ好転セズ、世界ノ大勢モマタ我ニ利アラズ、加エテ敵ハ新タニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ無辜ノ民ヲ殺傷シテオリ、惨害ガドコマデ及ブノカ全ク計リ知レナイ事態トナッタ。コノウエ更ニ交戦ヲ継続スレバ、我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラズ、ヒイテハ人類文明ノ破却ニモ至リカネナイ。ソウナッテシマエバ朕ハドノヨウニシテ一億国民ノ子孫ヲ保チ、皇祖皇宗ノ神霊ニ詫ビレバヨイノカ。是レ朕ガ帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応ジサセタ所以デアル。

 朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力シテクレタ同盟諸国ニ対シ遺憾ノ意ヲ表セザルヲ得ナイ。帝国臣民ノ戦陣ニ死シ、職務ニ殉ジ、戦災ニ斃レタル者、及ビソノ遺族ニ想ヲ致セバ、五臓ガ引キ裂カレル思イデアル。カツマタ戦傷ヲ負イ、戦災ヲ被リ、家業ヲヲ失ヒタル者ノ今後ノ暮ラシニ至ッテハ、朕ガ深ク心痛メルトコロデアル。思ウニ今後帝国ガ受ケル苦難ハ尋常ノモノデハナイダロウ。帝国臣民ノ本心モ朕ハ善ク理解シテイル。シカシナガラ時局ココニ至ッタ以上、朕ハ堪エ難キヲ堪へ、忍ビ難キヲ忍ビ、モッテ未来万世ノ為ニ太平ヲ開コウト思ウノデアル。

 朕ハココニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル臣民ノ至誠心ヲ信ジ、常ニ臣民ト共ニ在ル。モシモ激情ノアマリニミダリニ事ヲ起コシ、アルイハ同胞が互イニ陥レアッテ時局ヲ乱シ、大道ヲ踏ミ誤ッテ世界ニ対スル信義ヲ失ウコトハ、朕ノ最モ戒メルトコロデアル。ヨロシク一家ノゴトクニ挙国団結シ子孫相伝シ、固ク神州日本ノ不滅ヲ信ジ、任重クシテ道遠キコトヲ覚悟シテ総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ、道義ヲ重ンジテ志操堅固ニシ、誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ、世界ノ進運ニ後レザランコトヲ期スベシ。汝ラ臣民、朕ガ真意ヲ心ニトメテ守リ、実行スベシ。

2018-07-17

エクリプス・フェイズ 入門シナリオ&運用ガイド「焦土の衛星シンダーの秘密」が、Role&Roll Vol.166に掲載されました

| 20:51

R&R誌最新号の『エクリプス・フェイズ』記事は、岡和田晃さんの手になる表題のシナリオです。

これまでのシナリオは、PCたちが秘密組織ファイアウォールのセンティネル(工作員)になってからある程度の経験を積んで以降のものばかりでしたが、今回はそのリクルートプロセスに重点を当てたものです。

また、ポータル・ゲート経由でアクセス可能な太陽系外惑星が舞台になり、クトゥルフ神話の要素も出てくるという変化球的要素に富んだものとなっております。

Role&Roll Vol.166

Role&Roll Vol.166

2018-07-15

「ドナルド・トランプとマイク・タイソン──ふたりの“地球一ヤバい男”」他一本がWebで読めるようになりました

| 14:03

雑誌翻訳はまず紙幅の制約があり、大河小説を2時間の映画でいかに表現するかというような器の違いに基づく困難さがあります。

次に、雑誌のカラーと翻訳者文体のテイストの違いを埋める必要も生じます。

それを考えると、なかなか会心の仕事の機会には恵まれないのですが、久々に自信作と呼べるものを生み出したものが、Webで読めるようになりました。

ドナルド・トランプとマイク・タイソン──ふたりの“地球一ヤバい男”

「その少年院でマイクの素質を見抜いたのが、70代のボクシング・トレーナー、カス・ダマトだった。強烈なパンチ力と絶望的な不安感の組み合わせが、この子を世界王者に導くと確信した。」など、我ながら文体が躍動していると思います。

こちら、ぜひお読みいただければ幸いです。

他に一本、以下のものも同時に公開されました。

知られざる5人目のビートルズ──デレク・テイラー

2018-07-07

2018-06-26

戦鎚傭兵団の中世“非”幻想事典第45回「中世のG7? 群雄割拠の神聖ローマ帝国」が、Role&Roll Vol.165に掲載されています

| 21:04

フィクションの鏡を踏み跨ぎ、現実中世の世相風俗を紹介する隔月連載、その第45回は自分の筆で、神聖ローマ帝国がいかに国家として脆弱だったのかを現在のG7になぞらえて語っております。

大きすぎるテーマをまとめきれないという書き手の実力不足が思いきり露呈しているところですが、見田航介さんがすばらしいイラストでまとめてくださりました。

カール四世のこの悪人面をご覧ください。自分を棚に上げてですが、これは本当にすばらしいです。

f:id:Machikane1192:20180626205353j:image

Role&Roll Vol.165

Role&Roll Vol.165