ハロプロラジオノート このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007年07月14日

[]2007年07月14日

 

亀井:「えーとじゃあ、今回のわたしの、そうだなあ、テーマ

    四字熟語で示しますと、絶対絶命」

新垣:「・・・はい、こんな2人への相談、質問をお待ちしています

    受付メールアドレスは・・・なに?」

亀井:「理由は訊かないんですか?」

新垣:「理由聞きたいの?」

亀井:「理由聞きたくないんですか?」

新垣:「もう・・・今さ、もう次いっちゃおうかなと思って

    どうせ、ちゃんとした理由じゃないんでしょ?」

亀井:「違う、絶体絶命って、うーん、簡単に言えば、わたし

    臨機応変か絶体絶命か、どっちかにしようかなと思って」

新垣:「なんで臨機応変が必要なの(笑) ライブに対して」

亀井:「ちが、四字熟語の代表的なものだから わたしの中で」

新垣:「えー? ホント? なんで?

    で、その理由は何なの?」

亀井:「ま、理由は、なんだ、アグ、アグレッシブ、じゃないですか」

新垣:「ええ?」

亀井:「響きが なんか、ヒステリックっていうか」

新垣:「ええ??(笑) もうなんだか意味がわかんないですけど」

亀井:「なんか、なんかなんか、だからなんかもう」

新垣:「わかる人いるかな」



あまりに難解すぎて、微熱を感じました。



亀井:「今も、こう、お仕事でハワイツアーとか行ったりするじゃないですか

    ファンクラブツアーで」

新垣:「はいはいはいはい」

亀井:「そのときとかも、やっぱねえ、ダメ」

新垣:「ダメ?」

亀井:「だからメンバーと居たい 夜も」

新垣:「うんうん」

亀井:「ね? かわいいでしょ?」

新垣:「え? ・・・自分で言いましたけど

    あ、みんな苦笑いだよ、ほら見てごらん この周りの」

亀井:「あ、これ、これ、KYですよ KY

新垣:「なに? KYって」

亀井:「KYですよ KY

新垣:「なに? KYって」

亀井:「今流行りのKY

新垣:「なに? KYって」

亀井:「知ってます? 知ってる人います?」

新垣:「知ってます? 知らないって なに?」

亀井:「えーっ!? うわー、キツいなー、こいうとこの状況」

新垣:「早くさ、タメしないで言いなさい(笑)

    なによ、KYって」

亀井:「KYって “空気読めない”(笑)」

新垣:「だから何なの? あなたでしょ、それは あなたに」

亀井:「(笑)」

新垣:「ホントに、あなたにKYって言いたい」



正解の提示を長く引っ張られた挙句、あまり意味を感じなかったことで、新垣さんのイラつきも大きなものとなってしまったようです。

最後の「あなたに言いたい」のKYは、この野郎! 的な意味も含まれていたかもしれません。



新垣:「だいたい、なんかね、ちょっと今この目の前にいるんですよ

    座り方がね、なんかね、やけに偉そうにね、後ろにいるんですよ」

亀井:「(笑)

    あ、はーい、はーい、すいませーん」

新垣:「ほら、今注意されちゃった」



ノビノビしすぎてケジメのなくなってきた亀井さんが注意されたようです。

しかし、なんでしょう、亀井さんに限れば、そのリラックスしすぎなほうが面白い話を繰り出せるのではないか、という気がします。

一度思い切って、亀井さんをふかふかのソファーに横たわらせ、飲み物とスイーツを与えてみてはいかがでしょうか。

もちろん、新垣さんには何も与えず、いつも以上に亀井さんを叱り飛ばしてもらいます。

時間があれば、もっと細部まで企画書にまとめて、番組へ送ってみたいと思います。

 

[]2007年07月14日

 

Style-C ゲスト:嗣永桃子

 

矢島:「(スイカに)塩かける派?」

梅田:「塩かける」

嗣永:「かけない かけないよ」

矢島:「かけるよ」

嗣永:「なに言ってんの?」

矢島:「やったことある?」

嗣永:「あ、あれ、甘いとしょっぱいだよ? ありえない」

梅田:「かけてみな」

嗣永:「やだやだ 絶対やだ」

矢島:「それがマッチするんだって」

梅田:「そうそう」

嗣永:「やだ」

矢島:「甘いとね、しょっぱいがね、マッチして」

梅田:「おいしいんだよね」

嗣永:「ありえないありえない ダメだ」

矢島:「あ、ちょっと、℃-uteBerryz、始まってるよ」

嗣永:「始まった(笑)」

梅田:「始まってるよ」



始まったということなので、一応ここに“第一次CBスイカに塩紛争”と記しておきましょう。

仮にまた勃発しても、Bのほうで内部分裂が起こりそうな気がしますし、そもそも引きずるほどの問題でもなさそうですが。



嗣永:「でもね、桃ね、お祭ね

    浴衣を着てお祭に行ったことは、たぶんないの」

梅田:「わたしも」

矢島:「わたし、っていうか、あるらしいけど、小っちゃい頃

    だからホントに、なんだろう、ちゃんとした浴衣じゃない なんか

    3歳ぐらいのときの、そういう小っちゃい

    超、超小っちゃい、ほら、浴衣?」

梅田:「甚平?」

矢島:「うーん っぽい感じかな」

嗣永:「じんべい?」

梅田:「ちょっと近い」

矢島:「ん? んー?」

梅田:「んー?(笑)」

嗣永:「(笑)」

矢島:「え、ちょっと待って(笑)」



小さいの意味で食い違いが生じているような気がしますが、矢島さんが特に否定していないので、第三者が口を挟むべきではないでしょう。



矢島:「え、なんかさ、夏祭りの思い出みたいなのない?」

嗣永:「え」

梅田:「思い出・・・」

矢島:「わたしね、なんか、砂糖をさ、なんか、型があって

    それをさ、画鋲とかさ」

嗣永:「あ 型切り、じゃなくて、型割れ、じゃなくて、型割れ?」

梅田:「型抜き?」

矢島:「型抜き?」

嗣永:「型抜きだよ もう なに言って(笑)」




まさかとは思いますが、嗣永さん、型を切ったり割ったりする裏技を使っていたのでしょうか。



矢島:「それでさ、画鋲とかで、こう、うまく取ったら、なんだろう、500円とかさ

    そういうのがあんのね」

嗣永:「知ってる知ってる知ってる」

梅田:「うんうん あるあるあるある」

矢島:「それにめちゃめちゃハマって で、もう、削りまくったわけよ

    やりまくったわけ、もう

    ていうか、祭っていうか、まわりの・・・けっこう昔の話ね」

嗣永:「何歳だ(笑)」

矢島:「まわりの、周りのものなんて、もう一切気にしないで、もうそれだけに

    集中してて もう、なんか、それだけで祭終わったときがあったよ」

梅田:「ふーん」

嗣永:「ちょっとねえ ちょっと地味に終わっちゃった(笑)」

矢島:「1回も成功しなかったからね」

嗣永:「ダメじゃん(笑)」



絵を描いている最中に「カーン、カーン」と声に出すほど集中するという矢島さんですが、昔からその素養があったようです。

そして、その型抜きの店のおじさんも、この子は凄い大人になるかもしれない、と思ったことでしょう。

おじさんじゃなくて、おばさんかもしれませんが。

 

itaitteiitaittei 2007/07/17 12:21 こんにちは! その「ふかふかソファ」企画は名案だと思います。激しく聴いてみたいので、僕も一枚乗らせていただきます! 企画案を投稿したいと思います。同様の企画案が二つも来ちゃったら、実現可能性が高まるかも?

itaitteiitaittei 2007/07/17 13:03 送っちゃいました(笑)

MaebaMaeba 2007/07/17 20:49 こんにちは
軽い気持ちで思いついたまま書いてみたのですが、まさか痛井ッ亭さんにご協力いただけるとは、正直ビックリしています(笑)
ありがとうございます
亀井さん風に、ありがたいね、と言い直します
FM-FUJIの枠にはリスナーの企画が通りにくいイメージがあるのですが、GAKI・KAMEなら何とかしてもらえると信じて、自分も練り上げて送ってみたいと思います