ハロプロラジオノート このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007年07月24日

[]2007年07月24日

 

出席:菅谷梨沙子(日直)、熊井友理奈徳永千奈美

 

・新アルバム「4th 愛のなんちゃら指数」

 

熊井:「それぞれ特徴がまったく違くて

    曲の特徴が凄いハッキリしてるっていうか

    激しい曲もあれば、かわいらしい曲もあったり」

徳永:「あのね、ちょっと千奈美が、えっ? って思ったのが

    みやとキャプテンの歌なんだけど

    意外とこの2人ってクール系でしょ?」

熊井:「うん」

菅谷:「あー」

徳永:「で、ちょっと、『スプリンター!』っていう曲名なんですけど

    ま、曲名的には、そんなにぶりぶりっとした感じじゃないんですけど

    聴いたら、あら、ビックリ ヤバい」

菅谷:「ね かわいいんだよね」

徳永:「この2人のかわいさが存分に聴けると思います」



清水さんと夏焼さんをクール系だと徳永さんが言い、熊井さんも菅谷さんも頷いています。

たしかに、清水さんの歌声やダンスには格好良さがありますし、夏焼さんも大人びた雰囲気を感じさせますが、ラジオを聴く限りこの2人にはクールという印象を持てず、どちらかと言うと場を盛り上げるタイプのように思えます。

しかし、徳永さんたちが言うのであれば、間違いではないのでしょう。


そこで今回は、過去の放送から清水さんと夏焼さんのクールさを探してみたい思います。



Berryz工房 起立!礼!着席!

 

2006年10月10日

 

嗣永:「『くすぐられてるのは だ〜れだ?』 イェーイ!」

熊井:「イェーイ!」

清水:「イェーイ!」

夏焼:「イェーイ!」

K太郎:「イェーイ」

夏焼:「今から4人のうち1人を、ずっとくすぐります

    くすぐられているのは1人だけです」

嗣永:「でも、くすぐられてない人が、くすぐられてるお芝居をしているかも

    しれないし、くすぐられてる人が物凄く我慢しているかもしれません

    それを見破ってください」

K太郎:「はい じゃあ、くすぐられてる人をとにかく当てればいいんだね?」

熊井:「はい」

夏焼:「じゃあ、4人は席を移動しまーす」

K太郎:「はい」

夏焼:「リスナーのみなさんも、聴きながら誰がくすぐられているかを

    想像してください」

嗣永:「それでは、今からくすぐります

    くすぐってる間、K太郎さんはわたしたちにいろいろ質問してください」

K太郎:「はーい」

嗣永:「ではでは よーい、ビターン!」

4人:「うわー! あっはははは!」

嗣永:「ちょっとやめてー!」

夏焼:「うわ! うわー!」



なんとも素晴らしい企画でした。

すいません、クールとは何ら関係ございません。

懐かしさの余り、書かずにいられませんでした。


さて、本題はこの直後に放送されたコーナーにあります。



Berryz工房 起立!礼!着席!

 

2006年10月10日

 

夏焼:「『入れ替わったのは だ〜れだ?』」

4人:「イェーイ」

嗣永:「はい 今ここにいる4人のメンバーのうち、2人が

    別のメンバーになりきってしゃべります」

清水:「K太郎さんとリスナーさんは、入れ替わった2人を当ててください」

嗣永:「入れ替わってないメンバーも、わざと変な喋り方をして

    騙そうとするので、ひっかからないようによーく聴いてください」

K太郎:「はい」

夏焼:「じゃあ、K太郎さんは一人ひとりに呼びかけて、質問したりして

    誰と誰が入れ替わったか推理してください いきますよー

    よーい、ビターン!」

K太郎:「えーと・・・清水佐紀ちゃん」

夏焼:「はい」

K太郎:「よく、なんとかの秋って言いますけど、えー、清水佐紀さんは

     何の秋ですか? 食欲とか、スポーツとか、睡眠とか」

夏焼:「スポーツです」

K太郎:「スポーツですか・・・はいはい・・・

     ちなみに、じゃあ、ここにどなたがいるのか、ちょっと

     まず教えてもらえますかね」

嗣永:「嗣永桃子です」

K太郎:「はい」

熊井:「熊井友理奈です」

K太郎:「はい」

清水:「夏焼雅です」

夏焼:「しみ・・・(笑)」

K太郎:「あははは」

夏焼:「清水佐紀です」

K太郎:「あははは」



この入れ替わり企画ですが、考える以上に難しいもののように思えます。

というのも、ただ声を真似るだけでなく、喋る内容までが問われるのですから、入れ替わった相手のイメージを悪くしないように気をつけないといけません。

逆に考えれば、自分のイメージなんか壊れてもいい、と思える人が、入れ替わりに立候補したのかもしれず、そこで清水さんと夏焼さんが「自分達に任せろ」と、嗣永さんと熊井さんを制したのかもしれません。

だとすれば、なんとクールな2人でしょうか。



Berryz工房 起立!礼!着席!

 

2006年11月21日

 

2人:「おバカちゃんズー! イェーイ!」

清水:「フー!」

夏焼:「フー! おバカちゃんズー!」

清水:「おバカちゃんズー!」

夏焼:「フー!」

清水:「フー!」



また関係ない話かよ、と思われるかもしれませんが、そうではありません。


たしかに、「大丈夫かこの2人」と心配になるほどの騒ぎ方ですが、ポイントは2人の様子ではなく、自分達のコンビ名を「おバカちゃんズ」としたことにあります。

特に他のメンバーからバカだと言われていたわけでもないのに、自ら率先してバカを名乗る。

その行為が、自虐的であり、ニヒルであり、クールなのです。


えー、いまさらこんなフォロー遅いかもしれませんが、おバカちゃんズの再演を真剣に願っております。

あ、あと、くすぐりのやつも、まだやってない3人も交えたりして、え、是非。

 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証