ほらほらコーヒーが冷めちゃってるよ Twitter

July 31(Fri), 2015

蜷川幸雄の哲学  10:57

f:id:Magnoliarida:20150731105412j:image 「芸術新潮9月号」の特集で「蜷川幸雄の哲学」特別寄稿:村上春樹、写真:蜷川実花 http://www.shinchosha.co.jp/geishin/nextnumber/index.html

映画『はなればなれに/BANDE A PART』★★★★  01:03

f:id:Magnoliarida:20150803143227j:image 東急百貨店のイートインで冷やし中華。

f:id:Magnoliarida:20150803143230j:image f:id:Magnoliarida:20150803143231j:image f:id:Magnoliarida:20150803143232j:image f:id:Magnoliarida:20150803143228j:image f:id:Magnoliarida:20150803143229j:image Bunkamuraのナディッフモダンで「ひびのこづえの本」買っちゃった。

f:id:Magnoliarida:20150803143233j:image f:id:Magnoliarida:20150803143235j:image f:id:Magnoliarida:20150803143236j:image 「Bunkamuraル・シネマ特集上映企画 ヌーヴェルヴァーグの恋人たち」私の3本目はゴダールの『はなればなれに』。

http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/15_newwaver/index.html

 

1964年/96分/モノクロ/BD 監督・脚本:ジャン=リュック・ゴダール 原作 : ドロレス・ヒッチェンズ 音楽:ミシェル・ルグラン

音楽:ミシェル・ルグラン ←ミシェル・ルグラン最後の映画音楽とのクレジットがあったけれど、最後じゃなかったね。

キャスト:(オディル)アンナ・カリーナ)、(フランツ)サミー・フレー、(アルチュール)クロード・ブラッスール

 

ストーリー『ある冬のパリ。2人の青年、フランツ(サミー・フレイ)とアルチュール(クロード・ブラッスール)は、推理小説マニアの親友どうしで、性格は正反対だが、英語学校に現れた美しい生徒オディル(アンナ・カリーナ)に2人とも一目ぼれしてしまう。オディルは、北欧の国からおばの住むパリにやってきたのだが、どうもおばの家には大金が隠されていることを知る。フランツとアルチュールは、オディルを巻き込み大金を盗み取る計画を練る。いざ犯罪決行の日が来たが、次々に事態はおかしくなり、ついにアルチュールが撃たれてしまう。フランツとオディルは逃走、貨物船に乗り南米へ。フランツとオディルの冒険は続く。』

 

『はなればなれに』を観るのは初めてでした。10代の頃は流行りで観たけれど、ゴダールはそれほど好きではなかったので・・。でも、この『はなればなれに』はけっこう好きかも!

ゴダールの『はなればなれに』。最初のほうで英語学校のシーンでロミオとジュリエットを英語に訳して書くシーンがあったんだけど、「ヴェローナ」だけすぐ聞き取れた(笑)←シェイクスピアを訳す授業ね。

『気狂いピエロ』とはガラリと違うアンナ・カリーナ。北欧からやってきた英語学校の生徒という役で、とても可愛い!!

なにより無駄に長い(笑)三人のダンスシーンが最高!ルーヴルを駆け抜けるシーンなど、彼らの遊びも可愛かった〜。

D  

「思わず踊りたくなるキュートなダンスシーン、アンナ・カリーナの永遠の輝き―ゴダールの中でもとびきりチャーミングな名作!満席必至です!」とのキャッチコピー。ほんとうにその通り。とびきりチャーミングでしたし、最終日の今日は補助席と立ち見も出ていました。

f:id:Magnoliarida:20150803143237j:image f:id:Magnoliarida:20150803143238j:image f:id:Magnoliarida:20150803143239j:image f:id:Magnoliarida:20150803143240j:image 終わって外に出たらもう看板が変わっていました。 

D

 

f:id:Magnoliarida:20150803143243j:image シアターガイド購入。 f:id:Magnoliarida:20150803143241j:image

 

明日は「玉音放送を作った男たち」の放送があります。川口覚くん出演します。http://www4.nhk.or.jp/P3593/

「日本の敗戦を昭和天皇自らが語りかけた「玉音放送」には、それを実現へと導いた仕掛け人がいた。時の情報局総裁・下村宏。彼は昭和18年にいち早く玉音放送のプランを着想し、昭和20年8月に天皇に単独拝謁して実施を訴えた。そして実現にこぎつけるや、それを阻止しようとする反乱軍と対峙し、15日の放送を死守したのである。下村の手記などの資料を軸に、あの歴史的な放送を実現した人々の姿を、ドキュメンタリー・ドラマで描き出す。」http://www4.nhk.or.jp/P3593/26/

July 30(Thu), 2015

f:id:Magnoliarida:20150730131636j:image f:id:Magnoliarida:20150730131538j:image 新しい仲間。

f:id:Magnoliarida:20150730171818j:image f:id:Magnoliarida:20150730171819j:image 夏はカレー。夏もカレー。 f:id:Magnoliarida:20150730174336j:image

片桐仁ちゃんの私の描くグッとムービー 15:07

f:id:Magnoliarida:20150730131635j:image 読んでいないまま放置してあった先週金曜日の夕刊。

f:id:Magnoliarida:20150730150741j:image 《私の描くグッとムービー》片桐仁さん「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」

『高校生のマーティと友人の科学者ドクが車型タイムマシン、デロリアンに乗って、1985年から2015年にタイムスリップする。ちょうど今年なんですよね。映画の中の2015年は車が空を走っているし、宙に浮くスケボーに、靴ひもが自動で締まるスニーカーとか、とにかく派手。今見ると現実とはかけ離れているけど、当時はわくわくしたなぁ。』『未来の世界でマーティが悪役ビフに本を盗まれるところとか、都合が良すぎるくらいドキドキの連続で、ストーリーに無駄がないんです。マーティとドクの年の離れた友情関係もいいし、役者の表情も百点満点。色々な要素がギュッと詰め込まれている、究極のエンタメだと思います。小学生の息子も好きで、しょっちゅうDVDを見ています。この面白さは普遍的なんですね。』(聞き手・永井美帆さん) http://digital.asahi.com/articles/photo/AS20150724002379.html

 

私も大好きな映画です。ワクワクしたよねぇーーーバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ。一作目は1985年か・・。

ユニバーサル・スタジオ・フロリダでアトラクションのひとつBack to the Future: The Rideに死ぬほど感動したこともよく覚えています。タイムトラベラー参加者としてデロリアンに乗ってタイムトラベルの旅に出るのだもの。目指すは時計台。友人たちと4人で行ったのですが、私以外、3Dのアトラクションが苦手で、「もう一回」を却下されたことも。

いつかまた行きたい・・けれど、もう当時のアトラクションは終了しているよね。キングコングももうないだろうなぁ。

今日の朝日夕刊  17:22

f:id:Magnoliarida:20150730170713j:image f:id:Magnoliarida:20150730170714j:image 「青い種子は太陽のなかにある」インタビュー記事(増田愛子さん)。『物語の中の人物として歌を歌うのは、ほとんど「初体験」という。「踊りも歌も無意識に『自分っぽさ』を追いかけてやってきたから、癖がある。それを一回取っ払う作業は難しい」と話す。』『父親役の六平は「稽古場でいつも側にいてアドバイスをしてくれたり、演劇論を話してくれたりする。ありがたい」。一緒に唐十郎の「二都物語」も見に行ったという。』と亀梨くん。

『今回は舞台美術に、幻想怪奇な作風で知られる15世紀の画家ヒエロニムス・ボスなどのイメージを用いる。「荒涼たる東京焼け野原や、世界の絶望的感覚を渡したいと思った。病んだ世界のにおいを、あの絵の中なら再現できる」』『音楽の松任谷正隆とは初仕事。「『翳りゆく部屋』(76年)を聞いた時に、ついに新しい世代が来たと思った。一緒に仕事をして、取れるものがあるかなと」』『「もう終わりだな、とは言われたくないから。きらきら輝くような舞台を作りたいね」』と蜷川さん。

以下の2本は土日に観るもの。読んでから観るか、観てから読むか・・。徳永さんの劇評を読んで観ることを決めたものも今まであるので、読んじゃおう。

f:id:Magnoliarida:20150730171815j:image 『わかったさんのクッキー』劇評(徳永京子さん)『原作は寺村輝夫・作、永井郁子・絵の人気児童書。両親が営むクリーニング店を手伝う、通称・わかったさんが、不思議な鍵を手に入れて、おいしいお菓子のレシピを覚えていくシリーズで、全10作が発行されるほど人気が高い。』『もちろん対象には大人も含まれる。わかったさんを演じるのは椎橋綾那だが、常にもうひとり、物語の主軸を語る人物が現れ、この話を“私たち”の物語にする。現代人が内面に抱える無意識のひずみを舞台上に出現させ、観客が我がことのように感じる作品をつくり続けてきた岡田らしい児童劇である。』

f:id:Magnoliarida:20150730171816j:image ミナモザ『彼らの敵』劇評(佐々木敦さん)『坂本役の西尾が素晴らしい。切り替えの速いエモーショナルな演技に思わず引き込まれる。彼以外の役者は全員が一人何役も演じる。紅一点の菊池佳南もすこぶる印象的である。』『実は今回は再演である。初演は2年前、私は初演も観た。この物語は劇団のスチール写真を手掛けるカメラマン服部貴康氏の実体験を元にしている。1991年のことである。当時かなり騒がれたので記憶している方も多いだろう。だが明らかに今回の再演の方が更に痛ましく感じた。それはもちろん、この間にISによる日本人拘束事件が起こったからである。』

古い映画   18:51

f:id:Magnoliarida:20150731103203j:image:right 今日の朝日夕刊の『三谷幸喜のありふれた生活#763』は「古い映画の魅惑と悩み」。「川本三郎さんの新著「サスペンス映画ここにあり」を読んでいると、まだまだ僕の知らない、そしてとんでもなく面白い映画が、山ほどあるんだなと痛感させられる。」「だが、この本で紹介されている五〇年代、六〇年代のサスペンス映画に関しては、ほとんど知識がない。一般の人よりは観ている方だと思うが、八割方は未見。川本さんの文章を読むと、読んだはなから観たくなる。すぐにネットで注文。そんなわけで最近は、ドラマのホンを書きながら、どっぷり古いサスペンス映画にはまる毎日だ。」

(52年製作「その女を殺せ」について)「あっと驚くラストを含めて実によく出来た映画だが、六十年以上前の作品。もちろんモノクロだし画面は小さい。最近の映画のような派手さはない(BGMが一切ないので、余計地味に感じる)。CG全盛時代に育った二十代の人が観たら、一体、どんな風に感じるのだろう。この面白さに気づいて貰えるのだろうか。」

 

最近、昔の映画を観る機会がよくあり(私の場合、映画館で)、当時の映画でいちばん驚いているのは、こんなにもオープニング・クロールがほぼなくすぐに本編だったんだーーーということ。いつ頃からオープニング・クロールに凝りはじめたのだろう。『スター・ウォーズ』くらいから?

 

と、『スター・ウォーズ』のオープニング・クロールのこと検索したら、こんなサイトが。

スターウォーズ オープニングクロールのまとめ(全文+日本語訳http://matome.naver.jp/odai/2139843997406549301

 

でも『007』あたりかな?と検索したら・・歴代の『007』シリーズのオープニングを集めた映像が。

D James Bond 007 - Intro sequence collage from 1962-2006

 

このサイト(Art of the Title)見たら60年代のステキなオープニングがたくさん。http://www.artofthetitle.com

『アラバマ物語』‘To Kill A Mockingbird’ on @ArtoftheTitle ― http://www.artofthetitle.com/title/to-kill-a-mockingbird/

『ロリータ』‘Lolita’ on @ArtoftheTitle ― http://www.artofthetitle.com/title/lolita/

近藤芳正さんと成河くん  00:09

f:id:Magnoliarida:20150731103141j:image 『STAGE SQUARE』久しぶりに買った演劇雑誌。けっこう高いので、いつもは立ち読みなんだけど・・成河くんのページ、『100万回生きたねこ』の稽古場レポートの写真カラーだし、たまにはね。近藤芳正さんの対談記事、おもしろかったです。

f:id:Magnoliarida:20150731103204j:image 成河くんがおじさまキラーだということ、芳正さんの言葉からもわかります。芳正さん、心掴まれたのですね(笑)

芳正さんは、たまに劇場で(小劇場でも)お見かけします〜。

 

ミュージカル『100万回生きたねこ』アフタートークイベント決定 ←ホリプロさん、後だしだよーー(ー”ー)

・8月17日(月)14:00公演終演後 クリエイターズ・トーク アブシャロム・ポラック/阿部海太郎/皆川まゆむ

・8月20日(木)14:00公演終演後 キャスト・トーク vol.1 成河/深田恭子/近藤芳正/田口浩正/石井正則

・8月24日(月)14:00公演終演後 キャスト・トーク vol.2 成河/深田恭子/銀粉蝶/藤木孝

 

      平日のマチネじゃーーーーーん。どれも行けません。もうチケットあるしーー(T_T) 

躍動するカタマリ、談ス  01:19

前回のとらねこちゃん森山未來くんと大植真太郎くん平原慎太郎くんの3人

『躍動するカタマリ、寝ても覚めても水と酸素と体とチョーク。踊るなら止まるな、止まるならこの指止まれ!』

来年の再演が決まっている『談ス』の公式サイト(もう載せてあったかな?) http://www.dansu2016.com

D

July 29(Wed), 2015

今日は水曜なので早く帰れず。甲府戦、私の席で友人が応援してくれます。連敗しないよう、できれば高木くんのゴールで勝ちますように。

 

f:id:Magnoliarida:20150729143545j:image 夜中にベル・アンド・セバスチャンのCD探して家捜し。といっても捜しきれなくて(夜中じゃなければ・・全部見たかった)1枚だけ。ぜったい3枚はあるはずなんだけど・・

f:id:Magnoliarida:20150730131541j:image f:id:Magnoliarida:20150729143549j:image 優に500枚はあるCDたち、もうどうにかしてほしい。

f:id:Magnoliarida:20150729143546j:image f:id:Magnoliarida:20150729143547j:image f:id:Magnoliarida:20150729143548j:image 懐かしいのが見つかった。

f:id:Magnoliarida:20150730131543j:image f:id:Magnoliarida:20150730131542j:image 大好きな映画『墜落天使(天使の涙)』iMacに取り込みます。

断捨離とか、してみたいものです。

「ひつじのショーン」  16:45

観たい映画のひとつ。「ひつじのショーン」http://www.aardman-jp.com/shaun-movie/

http://www.aardman-jp.com/shaun/

メイキングが動画公開されました。http://natalie.mu/eiga/news/153785

J1リーグ 2ndステージ第5節 浦和レッズ 1−1 ヴァンフォーレ甲府  00:05

ドロー。よくない感じのドローだったらしい。でも連敗ストップしました。それはよかった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第5節 晴れ 主審:扇谷健司

2015年7月29日(水) 19:04キックオフ/埼スタ形/22,363人

浦和レッズ 1−1(前半1−0) ヴァンフォーレ甲府

得点者:38分 阿部勇樹(PK)、65分 伊東純也(甲府)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード/Mad Max : Fury Road』2回目★★★★★  00:13

f:id:Magnoliarida:20150730131531j:image 試合だったのに・・ごめんなさい。オンデマンドで応援すると言っておきながら・・行ってしまった、映画へ。丸の内ピカデリー2階最前列が空いていたので。3Dで。この前の4Dのときより、ちょうどいい。

f:id:Magnoliarida:20150730131534j:image f:id:Magnoliarida:20150730131536j:image f:id:Magnoliarida:20150730131537j:image

ドンドコドンドコドンドコドンドコ ドンドコドンドコドンドコドンドコ

最高です。二桁に迫る勢いのリピーターがいるのも頷けます。70歳のジョージ・ミラー(George Miller)監督、すごいわ〜。http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/(『ベイブ都会へ行く』もミラー監督です。)

ニュークス!ウォー・ボーイズのニュークス(ニコラス・ホルト)、最高に可愛いよ。神のような存在イモータン・ジョーの「英雄の館」に祀ってやると言われたときの、あのキラキラの瞳。ジョーを二度見した?(そのあとの「マヌケめ」はニュークスに聞こえていませんし) 

ていうか、全員可愛いよ。ニュークスにつづけとばかりに「俺も輸血袋の靴持ってます!」と言ったスリットなどニュークスの友だちも可愛い。(もちろん、ニュークスの肩にいるハリー(ラリー?)とバリーまでも愛しい←彼らのことを「友だち」と言うニュークスにキュン死。)なんか皆がピュアです。

可愛いな〜と笑うポイントは数ありますが、最初に可愛いな〜もぉと思ったのは、マックスが「孫の手で背中を掻く」ように、顔にはめられた(なんていうのかな?)を外そうとガリガリしているところ。

  

  書き足したい。フュリオサ、そしてジョーの5人の妻(ワイブス)スプレンディド、トースト、ケイパブル、ダグ、フラジールのこととか、鉄馬の女たちのこととか。

 

あとで読む。http://www.tbsradio.jp/utamaru/2015/06/post_897.html

 

(追記)愛がこもった皆さんの感想がとてもとても楽しい。全部共感。V8! V8! V8! V8! V8! V8!

☆「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 観てきた - 機械さん  http://machine.hatenablog.jp/entry/madmax_furyroad やめろよ笑うだろ(^o^)(^o^)

☆ マッドマックス 怒りのデス・ロードを観た。 - 氷の世界 さん  http://mp719mach.hatenablog.com/entry/2015/07/03/021027

 

ワイブスのケイパブルを演じているライリー・キーオってプレスリーのお孫さんですって!なんかわかる気がする。で、ワイブスのトーストを演じているゾーイ・クラヴィッツはレニー・クラヴィッツのお嬢さんですって!

July 28(Tue), 2015

f:id:Magnoliarida:20150728175001j:image   D 勝 勝次郎 『お風呂はぬるめの勝次郎』Short Ver.

 

D スペシャルムービー 〜実写版カールおじさん登場〜  D http://uncle.karl.jp/?link=klb15070605

うっそぉーーーーー。UNCLE KARL http://www.meiji.co.jp/sweets/snack/karl/campaign/uncle/?link=klb15070605

カールは食感が苦手なので数えられるほどしか食べたことないけれど、このカールおじさんからなら買うっ!

おらが村 http://www.meiji.co.jp/sweets/snack/karl/

LA JETEE  12:12

先日観た「サン・ソレイユ」のクリス・マルケル監督の1962年公開の映画。全編スチール・ カットで撮った中編SF映画「ラ・ジュテ」。

D  D La Jetée 1962 Chris Marker Sci Fi

: Chris Marker, nome d'arte di Christian Fran�ois Bouche-Villeneuve (Neuilly-sur-Seine, 29 luglio 1921 - Parigi, 29 luglio 2012), � stato un regista, sceneggiatore, ...

上映時間28分なのでお昼休みに見られます。字幕ないので雰囲気だけ。

God Help the Girl  13:15

f:id:Magnoliarida:20150728175000j:image http://www.godhelpthegirl.club

ベル・アンド・セバスチャン(Belle and Sebastian)の中心人物であるスチュアート・マードック(Stuart Murdoch)の初監督映画『God Help the Girl』。

サウンドトラック・アルバムが全曲フル試聴可。発売は米国で8月18日、英国で9月2日に発売  http://amass.jp/44542/

 

D  D Emily Browning

 

何年前かな?ベルセバにハマったきっかけは何だったんだろう・・。ファーストアルバムからだったと思うけれど。

D Belleelle And Sebastian - Fold Your Hands Child, You Walk Like a Peasant

D Belle And Sebastian - Tigermilk

D

家に帰ったらCD見てみよう。

「100万回生きたねこ」主役・成河が12年間していたこと  17:49

f:id:Magnoliarida:20150724114915j:image 週刊朝日 2015年7月31日号に載った成河くんの記事

http://dot.asahi.com/wa/2015072400074.html?page=1 http://dot.asahi.com/wa/2015072400074.html?page=2

「役者って、役そのものでも、人でも、場所でも、史実でも、知らなかったものや新しいものに出会う機会に一番恵まれた職業だと思うんです。僕は、いくつになっても、常に新しいものに出会い続けたい。今回の芝居の稽古のときみたいに、出会って、うろたえて、ビックリして、のみ込んで……。そういう刺激的な過程が、80歳になっても続いていればいいなと思いますけどね(笑)」

少年社中 31回公演『旅人食堂』★★★★★  00:20

f:id:Magnoliarida:20150729143543j:image f:id:Magnoliarida:20150729143544j:image 劇場MOMOへ。

「劇場MOMOにて少年社中『旅人食堂』観劇。今回振付ないんだ?と思っていて、入ったら美術がいつもと少し違う感じで、なのにファンタジーっぽい人たちが出てきて、それが一転二転噛み合わないまま三転、もっとして、やっぱり社中らしく、とっても素敵なストーリーでした。勇気が試されるお話。つづく」

「つづき『旅人食堂』サリーちゃん堀池さんは今回もキレがいいわぁ。そして、とくお組みで観ている加藤啓さんを少年社中で観る日がくるなんて!啓さんのパパ役新鮮でした。けいじさんのコスプレ見たかったなぁ。なによりタケト役の林タケルくんが上手くてびっくり。勇気もらった!」

と帰りにtweet。

 

  「その食堂はいつも冒険者たちで賑わっている。」

  「立ち止まってしまった大人と、未来を信じない少年が、手を取り旅立つ時『奇跡』は起きるのか―。」

 

そう・・公式サイトを見ていなかったので、ストーリーも知らなかったんです。DM見たとき、いつも振付に森川次朗くんの名前があるのに今回はないんだ〜と思っただけで。 http://www.shachu.com/td/

どの場面も、その舞台のなかの「ほんと」だと思わせてもらえるワクワク。これは観ていただかないと通じないわ。とにかくステキでした。大好き、少年社中!

http://www.shachu.com/td/ このHPのデザイン、すごいわー。

コナンくんみたいだと思った子役の林タケルくん、坂上忍さんの子役養成スクールの子でした。けん玉もさりげなくうまかったわ。

 

 

f:id:Magnoliarida:20150729143601j:image f:id:Magnoliarida:20150729143602j:image

f:id:Magnoliarida:20150729143600j:image 少年社中がサンシャイン劇場に!

f:id:Magnoliarida:20150729143550j:image f:id:Magnoliarida:20150729143551j:image 今回出演していなかった廿浦裕介さんが受付にいらしたので「TV見ました」と伝えました。それがこれ、忍城おもてなし甲冑隊。

f:id:Magnoliarida:20150729143552j:image f:id:Magnoliarida:20150729143553j:image 8月に『トリコ/ロール』作・演出:ブラジリィー・アン・山田 http://tsuduuraworks.seesaa.net

f:id:Magnoliarida:20150729143559j:image

f:id:Magnoliarida:20150729143554j:image 堀池直毅さん。次は9月に劇団山本屋『ダレカミサマ』いしだ壱成くんも出るようです。

July 27(Mon), 2015

第23回読売演劇大賞 2015年上半期発表  15:34

f:id:Magnoliarida:20150727180508j:image

f:id:Magnoliarida:20150727180538j:image f:id:Magnoliarida:20150727180539j:image

作品賞(公演日順)

・『メンフィス』(ホリプロ 1〜2月)・『追憶のアリラン』(劇団チョコレートケーキ 4月)・『アル・カポネ』(宝塚歌劇団雪組 5〜6月)・『廃墟』(劇団文化座+劇団東演 5〜6月)・『三人吉三』(木ノ下歌舞伎 6月)

   『追憶のアリラン』と『三人吉三』が入って嬉しいな〜。

 

『「6委員が推した劇団チョコレートケーキ「追憶のアリラン」が最初に選ばれた。終戦を平壌で迎えた日本人検察官たちのドラマだ。「歴史のうねる瞬間、当事者になった人々のうめきを正確に伝える姿勢を貫いた」「戦後70年の今、考えさせる題材を提示した」などと絶賛され、主役の三席検事を誠実に演じた佐藤誓(ちかう)が男優賞、正攻法で戯曲に向き合った日澤雄介が演出家賞に選ばれた。』

『木ノ下歌舞伎「三人吉三」は現代的な演出で、歌舞伎の現行上演では省略される吉原の花魁の恋物語も含めた全体を上演した。「戯曲の構造が明確になった」「ラップや口語を交えて歌舞伎の面白さを若者に知らしめた」と称された』

 

■男優賞(50音順)

・石田圭祐(明治の柩)・片岡仁左衛門(菅原伝授手習鑑/新薄雪物語)・佐藤誓(追憶のアリラン)・高橋長英(スィートホーム)・山本耕史(メンフィス) 

    佐藤誓さんと高橋長英さんがが入って嬉しいな〜。

■女優賞(50音順)

神野三鈴(メアリー・ステュアート)・小泉今日子(草枕)・土居裕子(ショウ・ボート)・花總まり(エリザベート)・松金よね子(蜜柑とユウウツ)

■演出家賞(50音順)

・鵜山仁(廃墟)・寺十吾(草枕)・原田諒(白夜の誓い/アル・カポネ)・日澤雄介(追憶のアリラン)・マキノノゾミ(蜜柑とユウウツ)

    日澤雄介さんが入って嬉しいな〜。

■スタッフ賞(50音順)

・小川幾雄(草枕の照明)・勝柴次朗(地獄のオルフェウス/東海道四谷怪談の照明)・松井るみ(アル・カポネ/草枕の美術)・宮本宣子(冬の時代の衣装)・吉川徹(メンフィスの訳詞)

  

 

『アドルフに告ぐ』が入っていないなぁ・・おかしいなぁ・・横浜だったからかなぁ・・。『プルートゥ PLUTO』も入っていないなぁ・・。『リチャード二世』も入っていないなぁ・・。『十二夜』も・・。

ねこちゃんたち大阪へ  22:28

「『100万回生きたねこ』大阪取材デイでした。」https://twitter.com/tw_de_songha_sc/status/625632483430699008

とらねこ成河くん、爽やか〜。 http://p.twipple.jp/9RklT

 

大阪市内で、初舞台となるミュージカル「100万回生きたねこ」の取材会(ニッカンスポーツ) https://twitter.com/nikkan_entame/status/625577394506735616 http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1513769.html

 

「主人公にちなみ、生まれ変わりたいものを聞かれ、とらねこ役の俳優、成河=そんは=(34)は、「肩で風を切る女優」と“性転換”を希望して笑わせた。」(サンスポ)http://www.sanspo.com/geino/photos/20150727/geo15072719540028-p2.html

 

成河くんは名前と写真だけ(´-`)(デイリースポーツ)http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/07/27/0008249121.shtml?ph=3

 

MBCラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」に生出演したとか。 http://www.mbs1179.com/kon/

 

東京公演】8月15日(土)〜30日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス http://hpot.jp/stage/100neko#

金沢公演】9月3日(木)、4日(金)   本多の森ホール http://www.mro.co.jp/event/2015/07/005681.php

【大阪公演】10月2日(金)〜4日(日)  シアターBRAVA! http://theaterbrava.com/play/201510hyakumanneko.shtml

July 26(Sun), 2015

f:id:Magnoliarida:20150727130145j:image f:id:Magnoliarida:20150727130146j:image 今日もハードなスケジュールをこなしました!

舞台2本と映画1本。我ながらやるな、と思ったほど。とりあえず載せとく。

『かがみのかなたはたなかのなかに』2回目★★★★  23:38

f:id:Magnoliarida:20150727130147j:image f:id:Magnoliarida:20150727130148j:image f:id:Magnoliarida:20150727130154j:image

f:id:Magnoliarida:20150727130151j:image f:id:Magnoliarida:20150727130153j:image f:id:Magnoliarida:20150727130156j:image

f:id:Magnoliarida:20150727130152j:image 今日も子どもたちがたくさん笑っていました。大人が思うよりずっと子どもはこういう不条理な作品に興味津々なんだと思う。途中後ろの席の男の子が(その男の子は2回目らしい。前はお母さんと観たのかな?)「お父さん、起きて」とパパを起こしていました(笑)

 

映画『サン・ソレイユ/Sans Soleil by Chris Marker』★★★★  23:38

f:id:Magnoliarida:20150727130158j:image f:id:Magnoliarida:20150727130157j:image ル・ステュディオにて。

f:id:Magnoliarida:20150727130159j:image 1982年/フランス/104分/カラー/16mm

監督・編集:クリス・マルケル 音楽:モデスト・ムソルグスキー、ミシェル・クラスナ 特殊効果:山猫駿雄

歌:アリエル・ドンバル ナレーション:池田理代子

『詩的なナレーションとスチル写真のモンタージュで独特の美学を追求するシネアストによるドキュメンタリー。南の象徴としてのアフリカと、東の象徴としての日本。相対する二つの地を、フランス人監督ならではの客観的な視点で捉える。世界を旅するカメラマンからの手紙。ある女性の朗読から物語は始まる。アイスランドの少女たちの夢のような姿、日本とアフリカの豊饒なイメージのコラージュ……。生涯にわたって旅を愛したマルケルによる本作は、時間と場所、存在と歴史、忘却と祈りへと捧げられた讃歌である。』http://www.maisonhermes.jp/ginza/movie/archives/9936/

 

『ある女性が世界中を旅するカメラマンからの手紙を読むという形式で日本とアフリカを捉えたドキュメンタリー。製作はアナトール・ドーマン、監督・脚本・撮影、編集は「AK ドキュメント黒澤明」のクリス・マルケル、ナレーターはフロランス・ドレー(仏語版)、アレクサンドラ・スチュワルト(英語版)、池田理代子(日本語版)、歌はアリエル・ドンバールが担当。日本語版に関する関係者は、製作を松本正道、翻訳を福崎裕子、台本を原章二と町枝実、台本監督を梅本洋一、演出を野上照代が担当。世界中を旅するカメラマン、サンドール・クラスからの手紙をある女性が読む。それと同時に彼が目撃し記憶した映像が展開される。クラスナは日本とアフリカに惹かれているのだ。まず、カメラはアイスランドの三人の少女を描き出す。続いて函館から青森へ向かうフェリーの中へとワープする。夜明けと共に、都市<東京>へと入ってゆく。こうして日本のスケッチをゆるやかなテンポで映し上げ、やがて、舞台はアフリカへと移ってゆく。ギニア・ビサウの独立の闘士アミルカル・カプラル、彼の遺志をついで大統領となる弟のルイス、そしてクーデターを起こしてルイスを投獄する指令官ニノの映像を次々に甦らせる。そこにヒチコックの「めまい」が挿入される。ムソルグスキーの美しい歌曲が流れる。彼の旅はやがて終りに近づく。』(映画.com)

f:id:Magnoliarida:20150727130209j:image 不思議な映画でした。全編モノローグなんだもの。池田理代子さんのナレーションが淡々としているんだけれど、幅のある温度を感じました。サン・ソレイユ(Sans Soleil )=太陽なしで=「日の光もなく」という意味。

私はヒッチコックの「めまい」のスパイラルの考察のところが好き。

マクガフィンズ MacGuffin vol.1『農業少女』★★★☆  23:38

f:id:Magnoliarida:20150727130207j:image 池袋 シアターKASSAIへ。『農業少女/2001人芝居』のうちの『農業少女』観劇。

(´-`).。oO(目的の劇場にもうすぐ着く、というところでアマヤドリのまやちゃんと圭介くんにバッタリ。立ち話ししながら私が行かなくてはならないのはシアター空洞ではなく、シアターKASSAIで、それは間逆の東口だと教えてもらったおかげで、タクシー飛ばし、間に合いました。37度までいったという噂の真っ昼間だったら死んでたわ。)(´-`).。oO(この前のまやちゃんの舞台を観に行ったときも、明大前なのに間違えて王子に行ってしまったことをさっき思い出して愕然としております。)

 

MacGuffinsを観たのは何年ぶりかな?けっこう好きなんだけど、いつも日程が合わず、久しぶりでした。映像と音楽が印象的だったMacGuffinsですが、今日は映像なし。音楽はギターの生演奏でした。小劇場で生演奏って贅沢な時間。それと衣装がすご〜く可愛かった。(随分前に観ていたときは、毎回上下黒い服だったような・・)

 

農業少女】(上演時間:約90分) http://macguffins.jp/875

作:野田秀樹 演出古田島啓介 演奏:新野英之

キャスト:金魚 椎名亜音(劇団6番シード) A 有村優太 遠藤昌宏 B 黒岩拓朗 八木澤翔 (男性のみダブルキャスト

f:id:Magnoliarida:20150727130215j:image f:id:Magnoliarida:20150727130216j:image ダブルキャストだったようです。ABあって、私が観たのは『農業少女B』テンポが良く、おもしろく観ました。主人公・百子役の金魚ちゃんがすごくいい。みなさん、とても良いのだけれど、男性の年齢が設定よりかなり若く、しかもかっこいいので、ちょっと違うかな・・もっとくたびれたおじさんの方がよかった(笑)

 

私が多部未華子ちゃんのファンになったのが2010年の『農業少女』(演出:松尾スズキ)でした。http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20100326/1269614656

MacGuffins #5『こうして二人は幸せになりました、とさ』http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20120217/1329493585

この頃から上手いなって思っていました。私、3年ぶりだったのか・・・

芸劇寄ったら 

↑ ええ、劇場の場所間違えていたので、のんびり寄り道していたのです。 

f:id:Magnoliarida:20150727130203j:image f:id:Magnoliarida:20150727130200j:image f:id:Magnoliarida:20150727130201j:image f:id:Magnoliarida:20150727130202j:image f:id:Magnoliarida:20150727130204j:image f:id:Magnoliarida:20150727130205j:image イキウメの告知がいっぱい。

f:id:Magnoliarida:20150727130210j:image f:id:Magnoliarida:20150727130211j:image f:id:Magnoliarida:20150727130212j:image 公演概要も更新されています。http://www.ikiume.jp/pdf/katarushitsu.pdf

 

日経回廊3(8/28発行)に前川さんのエッセイ「引き伸ばされる時間」が載るらしい。「日経回廊」って、とても(ある意味)贅沢な感じの美術書?「「時空を超えた知のぜいたく」をテーマとする雑誌」

f:id:Magnoliarida:20150727130214j:image

July 25(Sat), 2015

f:id:Magnoliarida:20150724114933j:image f:id:Magnoliarida:20150724114932j:image f:id:Magnoliarida:20150724114931j:image f:id:Magnoliarida:20150724114935j:image f:id:Magnoliarida:20150724114936j:image

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催までちょうど5年となった7月24日、今大会の正式なエンブレムが発表されました。デザインはアートディレクターの佐野研二郎さん。http://casabrutus.com/design/9478

「どんぐりと山猫」  00:38

f:id:Magnoliarida:20150724114915j:image 週刊朝日に成河くん。

 

f:id:Magnoliarida:20150727130126j:image f:id:Magnoliarida:20150727130127j:image そして今日の午後、NHK Eテレ『お願い!編集長』の中で、2010年11月05日 (金)に放送された『おはなしのくに』、成河くん出演の「どんぐりと山猫」の再放送がありました。私は何回か見ていますが、さっき今日の録画を見て、改めて再放送があってよかったーーーー 多くの人に見てもらえてよかったーーーと心から思いました。あれは名作だもの。絶対「朗読」を変えたと思う。

f:id:Magnoliarida:20150727130129j:image f:id:Magnoliarida:20150727130128j:image f:id:Magnoliarida:20150727130130j:image f:id:Magnoliarida:20150727130131j:image f:id:Magnoliarida:20150727130133j:image f:id:Magnoliarida:20150727130132j:image f:id:Magnoliarida:20150727130134j:image f:id:Magnoliarida:20150727130135j:image f:id:Magnoliarida:20150727130136j:image f:id:Magnoliarida:20150727130137j:image f:id:Magnoliarida:20150727130138j:image f:id:Magnoliarida:20150727130139j:image f:id:Magnoliarida:20150727130140j:image f:id:Magnoliarida:20150727130141j:image f:id:Magnoliarida:20150727130142j:image f:id:Magnoliarida:20150727130143j:image

おはなしのくに 撮影現場リポート http://www.nhk.or.jp/school-blog/1000/64183.html

 

ちょうどそのころ成河くんのパトロクロスを思い出していました。↓

『トロイラスとクレシダ』★★★★  00:49

f:id:Magnoliarida:20150727130046j:image f:id:Magnoliarida:20150727130048j:image f:id:Magnoliarida:20150727130049j:image

世田谷パブリックシアター+文学座+兵庫県立芸術文化センターの『トロイラスとクレシダ』観劇。http://setagaya-pt.jp/theater_info/2015/07/post_405.html

作:シェイクスビア 翻訳:小田島雄志 演出:鵜山仁 美術:島次郎 照明:服部基 衣裳:原まさみ 音響:秦大介 音楽:芳垣安洋 高良久美子←音楽は生演奏でした。

 

「映画の前に『トロイラスとクレシダ』観劇。ザ・文学座、な作品。

この前友達に、ニーナのトロクレの終わりってどんなだっけ?と聞かれ思い出せなかったんだけど、私も観終わって同じこと、思った。とにかく自分の中に入っていたトロクレと今日のは全然違っていたから。恋愛面が薄く、戦争ものへ。」と帰りにtweet。

 

f:id:Magnoliarida:20150727130125j:image f:id:Magnoliarida:20150727130124j:image G列センターブロック。とても観やすい席です。Dの前が通路で、最後の方に、ついこの間「ローゼンクランツ(石橋徹郎)とギルデンスターン(浅野雅博)」だった二人がヘレンを寝取られた(メネレーアス)と寝取った(パリス)に、そのときの性格が繋がっているような二人になり、わちゃわちゃあったわ。

おもしろかったです。文学座のベテランの皆さまが中心で、蜷川さんの舞台でもおなじみの方がたくさんだったので、なんか不思議な感じが。以前観た蜷川さんの『トロイラスとクレシダ』(日本初演)と視点が全然違いました。同じシェイクスピアなのに。鵜山さんのほうが、トロイのプリアモスの5人の息子のひとりパリスが、アガメムノンの弟メネレーアスの妻ヘレンを略奪したことが発端、ギリシア軍がトロイを攻撃したことから7年も続いた「トロイ戦争」のほうを全面に出し、トロイラスとクレシダの愛と裏切り(ダイアミディーズに愛が移る)が織り込まれている感じ。

なにもかも「戦争のせい」です。身勝手に始まった戦争は愛する人も信頼も全て奪ったのです。

 

おもしろい美術(島次朗)でした。赤と白の2色の大きな布(幕?)の使いかたも面白かった。こんなに全編通してあらゆる形で布が生かされる演出は珍しいかも。照明と音楽も素晴らしいものでした。衣装は現代的。浦井くんは「青島コート」を着てました。岡本健一くんは迷彩似合うわ〜〜〜〜。浅野さんがめずらしくスタイリッシュなアシンメトリーの髪型でした。

いちばんびっくりは横ちん(横田栄司)さん。蜷川さんのときトロイの将軍ヘクターで、この鵜山さんでヘクターの相手となるギリシャの将軍アキリーズ。このヘクターは吉田栄作さん。顔ちっさ〜い。←前に観たときは周りが女性ばかりの舞台だったので思わなかったんだわ。

けっこう大雑把に物語がさくさく進むので、蒼々たるメンバーなのに廣田さんとか江守さんとかちょこっとしか出てこなくて、なんだかもったいない(笑)小林勝也さんが序詞役やクレシダの召使いもやられていて楽しかった。

というか・・この『トロイラスとクレシダ』はパンダラスおじさまが目立っておりました。渡辺徹さん、想像よりスリムでした。

 

 

前に美しく狂ったカサンドラだった内田滋ちゃんのブログ『「トロイラスとクレシダ」観劇』http://ameblo.jp/shige-uchida/entry-12054252393.html

f:id:Magnoliarida:20150727135119j:image f:id:Magnoliarida:20150727135120j:image

『ベティ・ブルー 愛と激情の日々/37°2 le matin/Betty Blue』★★★★★  01:42

f:id:Magnoliarida:20150727135121j:image 「Bunkamuraル・シネマ特集上映企画 ヌーヴェルヴァーグの恋人たち」私の3本目は『ベティ・ブルー』 

f:id:Magnoliarida:20150727135122j:image 「ジャン=ジャック・ベネックス監督『ベティ・ブルー』。冒頭シーン忘れていて、でも次のベティがゾルグの家に歩いて来る映像でわーっと内容を思い出した!二人でピアノを弾くシーンがとても好き。なので音楽も。」と帰りにtweet。

 

1987年の日本公開時に観た以来だったので、HDリマスター版を観たのは初めてでした。だから最初のシーンが違ったのか。ベティ、20歳だったんだ・・それ忘れてました。当時すごく話題になっていた、激情をむき出しにするベティ(ベアトリス・ダル)の可愛さ、そして献身さ。ああなりたい願望は誰にでもあるはず。原作のタイトル「37˚2 le matin"」=『その朝の体温37.2度』(女性が最も妊娠しやすい体温)。今思うと、それっていいタイトルだなぁ。同時に悲しいタイトルです。

 

(映画史上に残る強烈なヒロイン像と衝撃的なラストシーンを生み出した本作は、フランス本国のみならず世界中でカルト的人気を博している。日本でも1987年の初公開時より、クチコミを皮切りに度重なるアンコール上映やビデオ化、その後1992年に新たなディレクターズ・カット版(「ベティ・ブルー インテグラル完全版」)の公開を経て、若者を中心に熱狂的信奉者を生みだした。初公開から25年の時を経て・・・ジャン=ジャック・ベネックス監督自らが監修したHDによるデジタル・リマスター版が誕生し、2012年、美しくも儚い伝説の物語が蘇った。)

 

原作・脚本:フィリップ・ジャン 監督・製作・脚本:ジャン=ジャック・ベネックス

製作:クローディ・オサール、ジャン=ジャック・ベネックス、カルゴ・フィルム

撮影:ジャン=フランソワ・ロバン 音楽:ガブリエル・ヤレド

キャスト:ベティ:ベアトリス・ダル ゾルグ:ジャン=ユーグ・アングラード エディ:ジェラール・ダルモン リサ:コンスエロ・デ・ハヴィランド 

 

ストーリー『閑散とした海辺のバンガローで単調な日々を送っていた35歳のゾルグのもとに、美しい少女・ベティが現れた。ベティの野性的な魅力に惹かれたゾルグは、彼女が行き場のない身であることを知ると、自宅に住まわせることにする。激しく惹かれあうようになった二人は毎日のようにセックスに耽り、愛を確かめ合う日々が続く。ある日ベティは、ゾルグが過去に書きためていた小説を偶然発見し心酔するようになる。ゾルグの才能を稀有のものと確信し、作品の書籍化のために奔走するも各出版社の反応は冷たく、ベティの迸るような情熱は空回りし続け、失意に陥る。ゾルグは穏やかな愛情で彼女を包もうと懸命に努めるも、ベティのストレート過ぎるほどの感情表現はエスカレートして行き、やがて・・・。』

 

ほんとうに美しい愛の映画です。初公開当時より1時間くらい長いHDリマスター版を観ることが出来てよかった。それも今、大人になって観ることができてよかった。

 

f:id:Magnoliarida:20150727130144j:image 追加したい〜。 明日も観劇2本、映画1本の予定なので、いつ書けるかしら。

青い瞳 

f:id:Magnoliarida:20150727130107j:image f:id:Magnoliarida:20150727130108j:image Bunkamuraのラックに『青い瞳』。さいたまネクスト・シアターの竪山隼太くんの名前が大きく、KAT-TUNの上田竜也くんや前田あっちゃんに続いて、上のほうにあります!!http://www.bunkamura.co.jp/topics/cocoon/2015/07/11.html

作・演出:岩松 了「自身の価値を見失い、塞ぎこむ主人公のツトムを演じるのは中村獅童。ツトムの妹・ミチル役を前田敦子、ミチルの恋人で不良グループの一員・サム役を上田竜也(KAT-TUN)が演じるほか、厳格だったはずが、ツトムに気弱な物言いしかしない父役を岩松了、ツトムに「社会復帰」の大切さを説く母役を伊藤蘭、ツトムが子どもの頃に心の迷いから救ってくれた謎の男「タカシマさん」役を勝村政信がそれぞれ演じる。」隼太くんはどんな役かな?

 

f:id:Magnoliarida:20150727130109j:image f:id:Magnoliarida:20150727130114j:image f:id:Magnoliarida:20150727130110j:image f:id:Magnoliarida:20150727130111j:image f:id:Magnoliarida:20150727130112j:image f:id:Magnoliarida:20150727130113j:image f:id:Magnoliarida:20150727130115j:image

July 24(Fri), 2015

f:id:Magnoliarida:20150727125951j:image f:id:Magnoliarida:20150727125952j:image f:id:Magnoliarida:20150727130117j:image 岡山から戻った(転勤)友だちがランチしに来てくれて。差し入れもありがとう。

f:id:Magnoliarida:20150727125953j:image

東アジアカップに臨む日本代表メンバーに  14:21

http://www.jfa.jp/national_team/news/00006865/

http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150723/333354.html

昨日忙しくて今朝知りました。8月2日(日)〜9日(日)まで開催される『EAFF東アジアカップ2015決勝大会』に参加する日本代表メンバーに浦和レッズから西川周作、槙野智章、柏木陽介、武藤雄樹、興梠慎三が選出されました。

やったーーーーー 周ちゃんと槙野と興梠は今までも呼ばれていたけれど、今回は陽介と武藤も!!おめでとう!!!嬉しいねーーー。みんな、怪我だけしないようにね。

 

浦和柏木12年以来の代表「質の高さ表現」監督評価「ハリルホジッチ監督は発表会見で「運動量が豊富で、日本代表には貴重な左利き。後ろから崩しに参加してくれれば。自分のクオリティーを表現できる選手」と評価した。」

 

【選手コメント】

西川周作

日本代表に選出していただき、とても光栄に思います。日々の練習からアピールし続け、試合に出場できるようにがんばります。その前に大事なリーグ戦2試合がありますので、良い結果を残して中国に出発したいと思いますので、応援よろしくお願いします」

槙野智章

「東アジアカップに参加する日本代表に選出していただき、ありがとうございます。前回大会で優勝を経験しているので、今大会も優勝し連覇を達成できるように、全力で戦ってきます。応援よろしくお願いします」

柏木陽介

「東アジアカップ日本代表に選出していただき、大変光栄です。2012年以来となる日本代表に選んでいただき、とても楽しみです。2014年のワールドカップを挟みこの約3年の想いを今大会にぶつけたいと思います。チームに貢献できるように戦ってきますので、応援よろしくお願いします」

武藤雄樹

日本代表に選出していただき、とても光栄ですし驚いています。日の丸を背負ってプレーする喜びや責任を感じながら、日々の練習から取り組んでいきたいと思います。浦和レッズの代表としてがんばってきますので、応援よろしくお願いします」

興梠慎三

「東アジアカップに参加する日本代表に選出していただき、ありがとうございます。日本の勝利のために全力で戦ってきます。応援よろしくお願いします」

【試合日程】

8月2日(日) vs朝鮮民主主義人民共和国(日本時間19:20キックオフ Wuhan Sports Center Stadium)

8月5日(水) vs韓国(日本時間19:20キックオフ Wuhan Sports Center Stadium)

8月9日(日) vs中国(日本時間21:10キックオフ Wuhan Sports Center Stadium)

さぁ〜代表も楽しみになってきたよ。

都々逸 2015年7月歌会  01:20

いつも書いていますが、都々逸は七・七・七・五のリズムで詠む短詩で、そのリズムを並べるだけでなく、更に分解して初句の七は「三・四」(四・四可)、二句の七は「四・三」(二・五可)、三句の七は「三・四」(四・四可)で、五で止めになります。その月の課題ひとつに対してひとり3章までの作品を提出。そして、それを選者が【佳作】(約20作品)、【七秀】(7作品)、【五客】(5作品)、【三才】(「人」「地」「天」)とランク付けして選びます。そして【秀】以上の作品には景品が出ます(*^_^*)。

f:id:Magnoliarida:20150727125956j:image 5月欠席、6月投吟のみ。今日は昨夜作ったので半分しか出来なかったけれど、2ヵ月ぶりに参加しました。8月は会がお休みなので、これからも細々だけ続けます〜という意思表示。

今月のお題は「土」「喜」「運」「上」「師」 1章選ばれました。

 

 【土】 「風の誘いに寝転ぶふたり 土の匂いも柔らかい」 ←(秀)

 

6月のお題は「恩」「側」「幸」「脇」「雷」

 

 【側】 「パパの腕から彼へとバトン 新しい道進みます」 ←(佳)

 

月刊の小冊子に載った作品

 

 「川面に映った小さな月と 今日の私に手を振ろう」

     (評:今日との別れを揺らめきの下方に見て傷を癒す。とに角また明日。)

f:id:Magnoliarida:20150727125957j:image f:id:Magnoliarida:20150727125958j:image はじめて食べた青唐辛子、すごく美味しかった。

20日のグラジオラスの轍  01:27

7月19日(日)深夜1:35〜のフジテレビ「グラジオラスの轍<SPORT PLUS>」第37回「サッカー・成長の道途中」に川口覚くんがナレーションを担当したようです。ユマニテの発表なし。そんなぁーーーーー。ファンは毎日情報を待っているのにーーーー。

「ボランチ。ゲームの勝敗を左右する重要なポジション。今その重責を担う二人の若者、山口蛍、扇原貴宏を追う。J2降格の憂き目、代表の座、抗う姿を見つめる。」http://www.fujitv.co.jp/sports/gladiolus/

のナレーションです。

こtrが浦和レッズの選手を追う番組だったら、見ていたと思いますよ。

July 23(Thu), 2015

f:id:Magnoliarida:20150724114832j:image f:id:Magnoliarida:20150724114834j:image ちっちゃいのがいっぱい生まれていました。ピーピー元気です。

f:id:Magnoliarida:20150724114835j:image

影向  17:04

これは大変!!2日しかないの? http://www.parco-play.com/web/program/yowgow/

公演日程2015年10月26日 (月) 〜2015年10月27日 (火)

会場パルコ劇場

演出:田中泯 脚本:松岡正剛 出演:田中泯 松岡正剛 宮沢りえ 石原淋

「NINAGAWA マクベスの世界 マクダフ篇」★★★★★  00:36

f:id:Magnoliarida:20150724113754j:image

f:id:Magnoliarida:20150724114837j:image 「松岡和子先生と吉田鋼太郎さんの「NINAGAWA マクベスの世界 マクダフ篇」に参加してきました。すごく楽しかった〜。マクベスの話は3割くらいだったかな?😊

 蜷川さんってほんとに凄いなー😱 今も大好きなのにますます好き度アップしました。

 鋼太郎さんがまだやっていないシェイクスピア 残り4作品が楽しみ。その前に…マクベス!」

 

f:id:Magnoliarida:20150724114841j:image ありがとうございました。鋼太郎さんと和子先生を交互に見ながら手元でmemoを取ったので(判読できるのかな?)書きたいと思っているのですが、相変わらずもう夜中だし・・。明日までにやることがあるので書けるかどうか。きっと誰かが書いてくれると思うし(笑)

 f:id:Magnoliarida:20150724114842j:image f:id:Magnoliarida:20150724114843j:image

 

f:id:Magnoliarida:20150724114839j:image f:id:Magnoliarida:20150724114840j:image f:id:Magnoliarida:20150724114838j:image 講座終わってから、観劇友のSさん(一昨日も一緒だった♪)とMさんと食事しながら、たくさんおしゃべりしてきたので、眠いけれど、とても良い時間でした。いろいろがんばろうね!!!

 

Mさんとは帰りの電車が一緒だったので、覚くんの「人喰い大熊と火縄銃の少女」を聞きながら帰ってきたよ。Mさんに言ったんだけれど、今回のオーディオドラマ、語りも覚くんだったらもっと良かったのにーーーー。本人の役だしねーー。

 

ということで

明日は歌会です。今月のお題は難しくないんだけれど、1章も作っていないわーーー。はぁ・・最近の体たらく。2ヵ月お休みしているので参加だけでもしよう。せめて、3章くらいは出せるようにしよう。

 

さーーーーお風呂、入って寝なくては。

July 22(Wed), 2015

「村上さんのところ」出たねーー。 http://www.shinchosha.co.jp/murakamisannotokoro/books/

f:id:Magnoliarida:20150722201006j:image 答えたひと 村上春樹 絵 フジモトマサル

私はいつものAmazonで。

f:id:Magnoliarida:20150724114953j:image f:id:Magnoliarida:20150724114954j:image

f:id:Magnoliarida:20150723142025j:image

ヤマは  01:10

今年の夏の仕事のヤマは越えました。ほっ。

帰宅して  01:23

f:id:Magnoliarida:20150723142026j:image シャキーン!見た。

f:id:Magnoliarida:20150723142027j:image f:id:Magnoliarida:20150723142028j:image f:id:Magnoliarida:20150723142029j:image ひさしぶりだった〜。(今年に入りどーらん濃いめ。笑)

f:id:Magnoliarida:20150723142030j:image 「きれいに残さず食べるからな」って。

 

f:id:Magnoliarida:20150723142032j:image f:id:Magnoliarida:20150723142033j:image f:id:Magnoliarida:20150723142034j:image Boot!でミュージカル「100万回生きたねこ」。昨日見れなかったので今日のは録画して寝ます。

 

f:id:Magnoliarida:20150723142038j:image f:id:Magnoliarida:20150723142035j:image たびたび載りますが、私は運良く大きな男性の後ろにいるので写っていません。

f:id:Magnoliarida:20150723142036j:image f:id:Magnoliarida:20150723142037j:image f:id:Magnoliarida:20150723142040j:image f:id:Magnoliarida:20150723142041j:image f:id:Magnoliarida:20150723142050j:image f:id:Magnoliarida:20150723142051j:image f:id:Magnoliarida:20150723142052j:image f:id:Magnoliarida:20150723142053j:image お稽古場の様子も。 

  

 

前回の紹介もありました。 ↓ 

大好きになり、2013年私のBest1と言ってもいいくらい好きになった舞台です。

f:id:Magnoliarida:20150723142042j:image f:id:Magnoliarida:20150723142043j:image f:id:Magnoliarida:20150723142046j:image f:id:Magnoliarida:20150723142044j:image f:id:Magnoliarida:20150723142045j:image f:id:Magnoliarida:20150723142048j:image f:id:Magnoliarida:20150723142047j:image f:id:Magnoliarida:20150723142049j:image

July 21(Tue), 2015

f:id:Magnoliarida:20150723142006j:image f:id:Magnoliarida:20150723142005p:image 待ち受け画面を変えました。うちの子じゃないけれどね。ブランドンのお友達でフォトグラファーさんちの子。彼にそっくりの美形。

f:id:Magnoliarida:20150723141951j:image f:id:Magnoliarida:20150723141952j:image f:id:Magnoliarida:20150723141953j:image お野菜が安くなってきて嬉しい。

昨日Bunkamuraで  16:52

f:id:Magnoliarida:20150721120041j:image とても美しいフライヤー。こういうの大好き。映画『フリーダ・カーロの遺品』http://legacy-frida.info

 

2002年に公開されたジュリー・テイモア監督の『フリーダ/FRIDA』を思い出します。「メキシコ人の母とドイツ人の父の間にできた4人姉妹の3女として生まれたフリーダ・カーロは奔放な少女時代を過ごす。だが18歳のとき、高校生の彼女はバスに乗っていて路面電車との衝突事故に巻き込まれ、大怪我を負ってしまう。一命は取り留めたものの、この時の後遺症で子供を産めなくなったうえ、重い障害と強い痛みが彼女を苦しめた。寝たきりの生活となった彼女は父の勧めで絵を描き始める。絵の才能を開花させていった彼女は奇跡的な回復を見せた。やがて彼女は壁画の巨匠ディエゴ・リベラに教えを乞うようになり、いつしか2人は恋に落ちるのだったが…。」(allcinemaより)

D Frida (2002) HQ trailer

サルマ・ハエックが演じたフリーダ・カーロの演技が圧巻だったことをよく覚えています。また観たいな。

f:id:Magnoliarida:20150721120035j:image カラフルな『大逆走』

忘れないうちに  23:26

明日の朝のシャキーン!予約。浜ちゃんが出る「名産スパイ」がある日です。この前(予告編もあった)のを見逃したので、早めに予約。

 

それと25日は、成河くんの「どんぐりと山猫(おはなしのくに)」の再放送。Eテレ 午後4時〜5時の間。

 

録画の予約を忘れないように_φ( ̄ー ̄ )

 

さとるくん出演中のオーディオドラマ「人喰い大熊と火縄銃の少女」は、うちで録音できないのでYouTubeが助かります。

6/10(今夜の) https://www.youtube.com/watch?v=WMQMlNlwh3E

 

ピーター・ブルック作・演出『Battlefield 「マハーバーラタ」より』が上演決定 http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2015/07/21_04.php

2015年11月25日(水)〜11月29日(日)新国立劇場 中劇場

漬け物ねこ   00:16

漬け物成河くんブログ更新。公演始まったら肉球見せてもらおう。 http://web-dorama.jugem.jp/?day=20150721

 

f:id:Magnoliarida:20150723141949j:image f:id:Magnoliarida:20150723141950j:image f:id:Magnoliarida:20150723142024j:image

July 20(Mon), 2015

f:id:Magnoliarida:20150721121108j:image f:id:Magnoliarida:20150721121107j:image f:id:Magnoliarida:20150721121106j:image 今日も仕事です。

f:id:Magnoliarida:20150721121146j:image f:id:Magnoliarida:20150721121145j:image 黄色と茶色のバランスが、なんか変。 

俊太郎くん大好きな友だちから速報メールきた日本版ジャージー・ボーイズ! 藤田俊太郎くんが演出だよ(^O^)すごーい(^O^)クリエだよ。https://twitter.com/toho_stage/status/622962198797643776 ブロードウェイ・ミュージカルだよーー。http://www.tohostage.com/jersey/

友だちは「藤田俊太郎さん演出、中川晃教さん主演のミュージカルが観たい」と、いつもアンケートに書いていたのです。私が一緒にレミゼを観た日にも。

ラジオシアター〜文学の扉「宝島」★★★★★  18:31

f:id:Magnoliarida:20150721121128j:image f:id:Magnoliarida:20150721121129j:image 「お昼休みを兼ねて「ラジオシアター文学の扉」公開録音へ。会場は代官山の劇団ひまわりでした。中に小さな劇場があるってすごいわ。

海の日にぴったりのスティーブンソンの「宝島」の朗読に感動。語り・ジム少年・ジムの母の中嶋朋子ちゃん、今日になって役数がさらに増えて10役以上の声(オウムも)を担当したゲストの山口智充さん、227の生演奏、どれも素晴らしく、楽しかったです。」

「今まで聞いた朗読の中でベスト5に入るかもしれないほど、ジムとシルバーの宝さがしの冒険にワクワクしました。ぐっさんの「北の国から〜なアドリブ」に吹き出さずに続けた朋ちゃんはさすが。お二人のトーク、子どもへの読み聞かせのお話にも感動。今度はソンちゃんをゲストに呼んでほしいなー。」

と2つtweet。

 

ぐっさんは、子どもに本の読聞かせをするとき、今日の朗読のように何役も増やしてストーリーをふくらませちゃうんだそうです。子どもの学校でも読み聞かせをやっているって・・子どもたち、幸せだなーー。子どもと一緒に家で映画を観るとき無音にして、ひとり吹き替えをやっているんだとか!オリジナル吹き替えなので映画の内容知らないとか(笑)ぐっさんも舞台やったらいいのにー(歌えるし)と思いました。

朋ちゃんの読み聞かせは、お子さまが小さな頃、自分の読みたい本を読んで聞かせたので、自分の読書の時間として楽しんでいたそうです。子どもには難しいかな?と思ったけれど、話の内容は伝わっていたようです。

 

後半のトークは、「宝島」の翻訳をされた    

 

f:id:Magnoliarida:20150721120037j:image f:id:Magnoliarida:20150721120036j:image f:id:Magnoliarida:20150721120038j:image こんなにお土産いただきました。朋ちゃんのサインもいただきました。ツーショット写真も撮ってもらったのですが、朋ちゃんの笑顔が最高に可愛らしくて、こんなふうに笑いたいな、と思いました。内面も聡明で美しいのだから真似できないですが。

朋ちゃんファンの友人も当たっていたので、一緒に見ることができたのも楽しかった〜。友だちは「十二夜」で成河くんのことも好きになってくれたので、成河くんの話も出来て嬉しかった。収録後、便乗して朋ちゃんにご挨拶。「ソンちゃん、すばらしい」「ソンちゃんとまたやりたい」と言ってくれたので実現しますように。(友だちの予言とか願い事って、けっこう叶っているので、お願いしましたーー)

f:id:Magnoliarida:20150721120039j:image 秋のイキウメ出演、楽しみにしています。(前川さんたちもいらしてました〜)

f:id:Magnoliarida:20150721120040j:image ぐっさんの夏の予定。神宮花火大会のMCをつとめるって。

秀仁  00:27

小島秀仁の愛媛FCへ完全移籍が発表された。完全移籍は寂しいけれど、秀仁にとっては試合に出られる環境にいられるほうがいいよね。そして大いに活躍してほしい。

【コメント】「このたび、愛媛FCに完全移籍することになりました。この移籍を決断するのにかなり悩みましたが、今の環境を変えてもう一度新しいチャレンジをすることが、今の自分には必要ではないかと思い、決断しました。

ファン・サポーターのみなさんには、いつも温かいご声援をいただき、苦しいときも自分を支えてくれたことを、感謝しています。愛媛FCで試合に出場して、元気な姿をお見せすることが、みなさんへの一番の恩返しだと思います。

今シーズン、浦和レッズが年間チャンピオンになることを願っていますので、ファン・サポーターのみなさんもチームと一緒に戦ってください。これまで本当にありがとうございました」

『ボーイ・ミーツ・ガール/Boy Meets Girl』★★★★   00:56

f:id:Magnoliarida:20150721120034j:image f:id:Magnoliarida:20150721120033j:image 仕事が19時前に終わったので、映画へ。予告なしの19:45〜だけど、間に合う!と・・「Bunkamuraル・シネマ特集上映企画 ヌーヴェルヴァーグの恋人たち」へ。せっかくの祝日ですし。

 

「レオス・カラックスの『ボーイ・ミーツ・ガール』。アレックス三部作の一作目で、先週観た『汚れた血』の前のフランス映画。2作つづけて観ると、まぁアレックスくんの惚れっぽさがたまらなく可愛い。わざとものを落とし自分の存在を知らせるとか…  ていうか、カラックスの青さが可愛い。」

「ボーイ・ミーツ・ガール、アレックスがミレーユに近づきたくて潜り込んだパーティが豪華!元宇宙飛行士がいたり、水槽が埋め込んであるシステムキッチンでマダム・ヘレンの思い出のカップの欠けたところでミルクを飲むアレックス、ヘレンのテレパシーデートの思い出、ミレーユとの静かで美しいシーン。」この映画の美術、すごく好き! 

と2つtweet。 ↑  ヌーヴェルヴァーグですから、この感想と映画のイメージは違います(笑)

 

あそこはヒッチコックの『裏窓』、あそこはゴダールの『気狂いピエロ』などなど・・、『汚れた血』もだけど、23歳のカラックスくんは好きな技巧全部盛り込んだのね。あ、ランボーやヴェルレーヌの詩の引用も。それも好感持てます。

 

f:id:Magnoliarida:20150721120042j:image  1984年/104分/モノクロ/35ミリ 監督・脚本:レオス・カラックス Leos Carax 製作:パトリシア・モラーズ 撮影:ジャン=イヴ・エスコフィエ 美術:セルジュ・マルソルフ ジャン・バウエル 音楽:ジャック・ピノー

『アレックス(ドニ・ラヴァン)は失恋したばかり。恋人フロランス(アンナ・バルダチーニ)は親友のトマ(クリスチャン・クロアレック)のもとに去った。アレックスは壁の絵の裏の「自分史」に新たに書き入れる。「最初の殺人未遂、83年5月25日。グロ・カユーの河岸にて」。一方、ミレーユ(ミレーユ・ペリエ)も恋人ベルナール(エリー・ポワカール)と喧嘩別れした。外に出たベルナールがインターフォンで中のミレーユと話すのを聞きとめたアレックスは、ベルナールの後をつけてカフェで彼のメモを拾う。ミレーユとベルナールにあてたパーティへの誘いだった。アレックスはそのパーティにベルナールの友人と称して入り込み、ミレーヌの姿を追う。すでに彼は彼女に恋してる。キッチンで出会った二人は、とりとめなく話し続ける。ミレーユのアパート。ドアから水がもれている。部屋の中に飛び込んだアレックスが床にうずくまったミレーユの背中を抱きかかえたとたん、ミレーユのセーターの胸に赤いシミが拡がる。ミレーユはその手にハサミを持っていたのだ。』(Movie Walkerより) 

D The Dead Kennedys - Holiday in Cambodia

July 19(Sun), 2015

f:id:Magnoliarida:20150719130114j:image f:id:Magnoliarida:20150719130115j:image

f:id:Magnoliarida:20150719130138j:image f:id:Magnoliarida:20150719130143j:image f:id:Magnoliarida:20150719130141j:image f:id:Magnoliarida:20150719130140j:image f:id:Magnoliarida:20150719130144j:image 百日紅、夏にはめずらしいらしいです。

昨日もらった〜 

f:id:Magnoliarida:20150719130004j:image f:id:Magnoliarida:20150719130005j:image

f:id:Magnoliarida:20150719130006j:image

f:id:Magnoliarida:20150719132117j:image f:id:Magnoliarida:20150719132118j:image

f:id:Magnoliarida:20150719130008j:image f:id:Magnoliarida:20150719130007j:image

f:id:Magnoliarida:20150719132116j:image f:id:Magnoliarida:20150719132119j:image f:id:Magnoliarida:20150719130013j:image

f:id:Magnoliarida:20150719130014j:image f:id:Magnoliarida:20150719130015j:image f:id:Magnoliarida:20150719130016j:image

f:id:Magnoliarida:20150719130017j:image f:id:Magnoliarida:20150719130136j:image

f:id:Magnoliarida:20150719130137j:image

J1リーグ 2ndステージ 第3節 浦和レッズ 1−2(前半1−0) サンフレッチェ広島  01:24

f:id:Magnoliarida:20150721120919j:image f:id:Magnoliarida:20150721120921j:image 今日は仕事だったので5時に会社を出て、埼スタへ。

f:id:Magnoliarida:20150721120952j:image f:id:Magnoliarida:20150721120954j:image ナイトゲームだと帰宅が24時近くなるので、眠いです。お夜食を食べて、お風呂入って、こんな時間・・なのに洗濯機回しています。

f:id:Magnoliarida:20150721120956j:image f:id:Magnoliarida:20150721120957j:image f:id:Magnoliarida:20150721120958j:image 大旗解禁になってからはじめてのホーム。圧巻です。

f:id:Magnoliarida:20150721120959j:image f:id:Magnoliarida:20150721121001j:image

おもしろい試合でしたが、広島に負けてしまい、リーグ無敗記録は19でストップです。前半はレッズのペースで進み、ゴールのチャンスがいくつかあったのになかなかゴールに繋がらず、「今日は関根くんも仕事させてもらえないね」と友だちが言ったすぐ後で関根くんがゴーール!嬉しかったーー。那須兄貴が出場停止でひさしぶりにスタメンに入ったミッツが、すごくがんばっていたので、今日はミッツの母の気分に・・。そして、なんといっても高木のスタメンに私たちの母モード全開でした。なんとかゴールしてほしい!!ひとつゴールすれば、楽になるだろうからと・・。きっと3万人くらいのサポーターが高木の母モードだったかも(笑)その分プレッシャーがあっただろうな。自分でとったPKを、阿部ちゃんじゃなく高木くんが蹴って(高木にゴールさせたかったのね、みんな)・・GKにはじかれたときは、母たちも切なかったよ。そのあとも・・。まぁウガも槙野も陽介もズラタンも今日はみんなネットを揺らせず。終盤は連戦と蒸し暑さのせいで、選手たちの足がもう動かなくなっていました。森脇も興梠も足を引きずりながら、みんなよくがんばった!

私なんて座って、たまに扇子でパタパタして、お水なんかしょっちゅう飲んでいるのに、ぐったりなんだから。あの盆地のピッチでよくがんばりました。

いつかは負ける日がくると思っていたし、広島に負けて悔しいけれど(広島は采配がバッチリ当たったし)、ミシャも怒るようなサッカーをしていたチームに負けるのではなくよかったと思います。悔しさをバネに連敗しないよう、次、勝ちましょう!

高木トシくんは、下を向かないでいいから。チャンスを決められなかったのは悔しいと思うけれど(他の選手もよ。)それ以外はとてもよかったもの!これでプレッシャーがなくなるかな?と思っています。挨拶で一周するとき涙を隠すためかバックスタンドを通るときまで頭からタオルを被っていたけれど、ゴール裏で挨拶する前にタオルを取ったのは嬉しかったよ。

 

高木選手のおとうさまブログ更新。http://ameblo.jp/takagi-yutaka/day-20150719.html

「息子はゲーム終了後泣いていた。責任を感じている。当然だ!

 プロの仕事は、結果が全てである。いくら内容が良くても、負けてしまっては何もならないし、そんなに甘く無い。

 いくらでも泣け!しかし、泣いた分だけ強くなれ。そしてチームに対し、真摯に一生懸命貢献をする事だ。」

f:id:Magnoliarida:20150721121050j:image f:id:Magnoliarida:20150721121051j:image ギド来てた。なんか昨日セレッソを視察したとか? なぜセレッソ・・

f:id:Magnoliarida:20150721120938j:image f:id:Magnoliarida:20150721120939j:image

トラねこちゃんが  01:52

稽古場で怪我をしたと聞き、あせりました。たいしたことなくて良かったです(T ^ T) 疲れがとれていないままノンストップだものね。それに気持ちはホンモノのネコちゃんになっているかもですが、体はまだ少し人寄りだと思うので…気をつけて…。着地も気をつけて…。

よく食べ、よく眠り、しっかり体幹鍛えてねーーー。

July 18(Sat), 2015

f:id:Magnoliarida:20150719125727j:image f:id:Magnoliarida:20150719125726j:image f:id:Magnoliarida:20150719125728j:image 夏。

ニーナ、なんでも打倒ジャニーズ、打倒マツトウヤ、と言っているらしい』と昨日の松任谷さん。わーー大変だーσ( ̄∇ ̄ )!

 

帰宅後、ど根性ガエル(ど根性がL?←もとLだね)見て、マツコさんの番組見て、短い阿部ちゃんの番組見て、うとうとしていたら、こんな時間になってしまった〜。

『かがみのかなたはたなかのなかに』★★★★  01:04

  鏡の向こうがわにいる「私」はだれ? そこにはどんな世界が広がってるの?

 

      鏡の向こうはパラレルワールドが広がっているんじゃないかって、気になるよね。 

 

f:id:Magnoliarida:20150719125802j:image f:id:Magnoliarida:20150719125803j:image f:id:Magnoliarida:20150719125804j:image f:id:Magnoliarida:20150719125805j:image f:id:Magnoliarida:20150719125806j:image

f:id:Magnoliarida:20150719125847j:image f:id:Magnoliarida:20150719125809j:image 「新国立 小劇場にて『かがみのかなたはたなかのなかに』観劇。おもしろかった! 劇場にも楽しい工夫があり、ワクワクして中へ。が、かなりダークなファンタジーもので、ピンクのワンピースの長塚さんも、ある意味ファンタジーで、可愛かった。」と終演後にtweet。

f:id:Magnoliarida:20150719125807j:image f:id:Magnoliarida:20150719125808j:image f:id:Magnoliarida:20150719125842j:image 席はD1列。ママになった松たこちゃん、相変わらず上品で可愛くて、うまくて、ああ、好きだわ〜とまた思った。←見るたびに思うのです。

 

f:id:Magnoliarida:20150719125837j:image f:id:Magnoliarida:20150719125839j:image f:id:Magnoliarida:20150719125838j:image 開演前、ホワイエの階段を上がろうと上を見たら横向きの海軍兵さんが!おお〜海軍兵さん休暇とって来たのかしら?と思って、次の瞬間こちらを向いて降りてきて、それが長塚さんだとわかり、焦る!! と、こんどは近藤さんが!!

 

作・演出:長塚圭史 振付:近藤良平 美術:乘峯雅寛 照明:笠原俊幸

キャスト:近藤良平(カナタ) 首藤康之(タナカ) 長塚圭史(コイケ) 松たか子(ケイコ)

『夏。兵隊さんのタナカと、鏡のむこうのカナタは、おたがいの孤独に同情し、さみしさをなぐさめあう。ある日タナカは、鏡の向こうのケイコにひとめぼれ。つられてカナタもケイコに恋をする。向こうでカナタがケイコに近づくと、タナカはこちらでコイケに近づいてしまう。コイケは鏡にうつったケイコ。コイケはケイコとは比べものにならない。ケイコを取りあうふたり。それがだんだんうれしくなるケイコ。鏡をはさんで、タナカとカナタ、ケイコとコイケは行ったり来たり・・・・・・。はたして4人はどうなってしまうのでしょう?』子どももおとなも、みんなで一緒に楽しめる、「鏡」をモチーフにした、ちょっぴりこわいファンタジー。でした。

 

f:id:Magnoliarida:20150719130018j:image 子どもたち、たくさん笑っていました。鏡の向こうの世界とのシンメトリーがズレるところとかキャッキャッと笑っていました。ダークなところをどう感じたかは・・いつか恋とかしてライバルがいたりしたら、思い出すことがあるかな?真似しちゃダメだよ。よくないことだと伝わっていればいいのだけれど・・。

f:id:Magnoliarida:20150719125810j:image f:id:Magnoliarida:20150719125813j:image f:id:Magnoliarida:20150719125812j:image f:id:Magnoliarida:20150719125843j:image f:id:Magnoliarida:20150719125811j:image f:id:Magnoliarida:20150719125814j:image f:id:Magnoliarida:20150719125836j:image f:id:Magnoliarida:20150719125841j:image f:id:Magnoliarida:20150719125844j:image

f:id:Magnoliarida:20150719125845j:image f:id:Magnoliarida:20150719125846j:image 外に出たら雨。傘もなく、そんな日にかぎって白い靴。でも、一日傘いらずでした〜(晴れ女なので)

『スプーンフェイス・スタインバーグ』を再演してほしいってアンケートに書いてくるの、忘れた〜。

新宿へ  01:08

f:id:Magnoliarida:20150719125848j:image f:id:Magnoliarida:20150719125849j:image f:id:Magnoliarida:20150719125850j:image  遅いランチ。高島屋は混んでいると思い、パッと看板が目に入った韓国料理やさんへ。個室がほとんどらしく、私はカウンターで。おしゃれなお店でした。美味しかったよ。

f:id:Magnoliarida:20150719125856j:image ほぉ。 f:id:Magnoliarida:20150719125857j:image

こまつ座『父と暮せば』★★★★★  01:27

ベンチに座っていたら鵜山さんが・・・トロクレ終わって来たのですね。

 

『被爆者たちは核の存在から逃れることのできない二十世紀後半の世界中の人間を代表して、地獄の火で焼かれたのだ――井上ひさし』

 

『人間はどんな絶望の中においても生き抜かなければならない。今から70年前の夏、ヒロシマに投下された原子爆弾。残された膨大な被爆者の手記の中から編まれた今こそ語り継ぎたい井上戯曲。生き地獄のヒロシマを舞台に繰り広げられる父と娘の優しくも壮絶な命の会話を通して平和の尊さを後世に語り継ぐこまつ座渾身の作品。2008年から栗田桃子の娘・美津江と辻萬長の父・竹造で数々の賞に輝き、演出家・鵜山仁が希望への祈りを込めて、幸せとは何か、平和な日常を取り戻すとは何かを問う。』

 

f:id:Magnoliarida:20150719130003j:image 初演1994年で、7月8日に通算500回達成ですって。すごいなーー。辻萬長さんと栗田桃子ちゃん、素晴らしい舞台でした。やっと・・観ることができてよかった。ラスト10分涙止まらずでした。「おとったん・・」広島弁のセリフが胸に刺さってきました。

戦後70年の今年、先日の「強行採決」の愚かさをただただ悔しく思う。今日も学生さんたちがたくさん観に来ていました。(あ、朝ドラに出ている子もいたわ)「ピカ」のこと、「うち、おとったんを見捨てて逃げよったこすったれなんじゃ」、心に響いたはず。

 

10日くらい前だったかな?おとったん父が夢に出てきて、夢の中で私は父と二人で暮らしていました。そのときの夢memo↓

『いまのこの家、母が亡くなり、母がいないことに慣れてきて、父が戻ってきた。そして、自分の好きなように模様替えしていた。ちゃんと会話もしていて、夜、「そろそろ寝ないと」と私が言うと「そろそろ寝ないとな」と父。』『起きてから、あ、パソコンつけっぱなしだった、日記見られていたのかな?と父のことを考え出していて、ハッと気づいた。父、とっくにいないのに。』

 

f:id:Magnoliarida:20150719125855j:image f:id:Magnoliarida:20150719125854j:image f:id:Magnoliarida:20150719125853j:image

 

さて・・明日は仕事です。明後日も。試合には行きますよ。

July 17(Fri), 2015

f:id:Magnoliarida:20150717144434j:image 昨日の朝日夕刊。「三谷幸喜のありふれた生活#761」大河ドラマ「真田丸」のメインキャストが発表になり、キャスティングの話。『「真田丸」には沢山の戦国武将が出てくる。それぞれの役を「この人しかいない!」と思える役者さんが演じてくれる。歴史ファンでもある僕が、太鼓判を押す理想のキャスティング。中でもお勧めは上杉景勝の遠藤憲一さん、北条氏政の高嶋政伸さん。マニアの方なら、「なるほど、そう来たか」と思ってくれるのではないだろうか。今回発表になったのは、まだまだ一部。「真田丸」には豊臣秀吉や石田三成、大谷刑部といった戦国お馴染(なじ)みキャラや、大坂の陣に参戦した木村重成や毛利勝永や明石全登といったマイナーな強者たちが大挙登場する。どの役を誰が演じるか、乞うご期待。』

日曜8時に毎週家にいることがほぼなく連続ものが苦手なので、大河は見ていないけれど、三谷さんの「新選組!」だけは、見ていました。視聴率は悪かったらしいけれど、エンターテイメント性が強く飽きずに見ていられたから〜。

今日の夕刊は会社で立ち読み(笑)観たい映画が・・

f:id:Magnoliarida:20150717170124j:image 映画『サイの季節』 f:id:Magnoliarida:20150717170126j:image 映画『奇跡の2000マイル』この2作品は予告で見て、見たいと思っていた映画。

f:id:Magnoliarida:20150717170127j:image 映画『ボヴァリー夫人とパン屋』『奇跡の2000マイル』

『チャップリンからの贈りもの』「出演したチャップリンの息子ユージーン・チャップリン(62)は「みんながハッピーになれる作品。父も満足してくれると思う」と語る。」「実生活でもサーカスの舞台監督であるユージーンは、サーカス団の支配人を演じた。チャップリンにとってサーカスは、貧しかった幼少期を思い出す場所。スイスでは家族でよく一緒に見にいったという。「花束ならぬわら束がピエロから父にプレゼントされたり、父の衣装を着た動物が出てきたり。サーカスのみんなが、我々を歓迎してくれました」」「音楽はミシェル・ルグラン。劇中には「サーカス」や「街の灯」「黄金狂時代」「ライムライト」などの代表作を想起させる描写も多い。ユージーンは「父に対する美しいオマージュになりました。監督の繊細なアプローチのおかげで、チャップリンの魂が映画に宿っています」と語る。」(伊藤恵里奈さん)

f:id:Magnoliarida:20150719125725j:image f:id:Magnoliarida:20150719125724j:image

f:id:Magnoliarida:20150717170125j:image 機関車トーマス展

『スポケーンの左手』  23:53

成河くんの秋の舞台が発表されました!

f:id:Magnoliarida:20150717235546j:image 『スポケーンの左手』 作/マーティン・マクドナー(Martin McDonagh) 翻訳・演出/小川絵梨子 出演/蒼井 優/岡本健一/成河中嶋しゅう 

 

27年もの間、亡くした左手を探す男。若い詐欺師のカップルが、彼の左手を持っていると言って売ろうとするが……。

11月14日〜29日 シアタートラム http://www.stagegate.jp/stagegate/performance/2015/sponkane/index.html

嬉しいーー!しゅうさんに岡本くん!!大好きな方々とです!しかも小川絵梨子さんの翻訳・演出。小川さんの翻訳劇に成河くんが出演するってーーー!シアタートラムでーーー!ってもう小躍りしてます。

成河くん、しゅうさんとは『BLUE/ORANGE』 、蒼井優ちゃんとはNODA・MAPの『南へ』で共演していますね。岡本くんとははじめて? ほんとに豪華!

 

マクドナー作『ロンサム・ウェスト』も4人舞台でした。http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20140513/1399995936

私は『ピローマン』のほうが好きでした。ものすごくおもしろかったから。http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20130324/1364135815

 

『A Behanding in Spokane』のOriginal Broadway cast

Christopher Walken as Carmichael (nominated for a Tony Award for Best Performance by a Leading Actor in a Play)[1]

Sam Rockwell as Mervyn、Anthony Mackie as Toby、Zoe Kazan as Marilyn

 

ふ〜ん。成河くんはTobyかな? 内容がわからないので見た目で想像してみます。

July 16(Thu), 2015

川口覚くん主演 FM 青春アドベンチャー【 人喰い大熊と 火縄銃の少女 】

1/10 https://youtu.be/ZZbmQbRvLkU @YouTubeさんから

YouTubeで何度も聴けます。ありがたい!!!

 

HondaHonda Movie Channel|HYBRID「人とクルマ」篇 60秒 (ナレーター川口覚)http://www.honda.co.jp/movie/201507/hybrid01/ #Honda_JP

D

f:id:Magnoliarida:20150717144316j:image

Twitterがあってよかった  00:20

↑ HONDAの映像見ていたら突然iMacがかたまり、

f:id:Magnoliarida:20150717012427j:image f:id:Magnoliarida:20150717144329j:image f:id:Magnoliarida:20150717144330j:image f:id:Magnoliarida:20150717144331j:image f:id:Magnoliarida:20150717012428j:image f:id:Magnoliarida:20150717012426j:image f:id:Magnoliarida:20150717012425j:image 再起動したらとんでもない画面になってしまったので、ウィルス? かとtweetしてみたら、「これを試してみるとか」と教えてもらい

 『起動してすぐに「option」+「command」+「P」+「R」を長押し!』 ←PRAMクリア http://itea40.jp/technic/mac-troubles/pram-and-nvram-reset/

をしたら・・・キレイに立ち上がりました。よかったーーーー。

ありがとうございました。もう20年以上Macユーザーなんだけど、ハードのことはからっきしダメです。

第153回芥川龍之介賞  00:36

f:id:Magnoliarida:20150717144327j:image f:id:Magnoliarida:20150717144328j:image 第153回芥川龍之介賞は、羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」、又吉直樹「火花」に決定。ダブル受賞ですね。又吉直樹さん、すごいなーーー。羽田さん、又吉さん、芥川賞受賞おめでとうございます。

f:id:Magnoliarida:20150717144323j:image f:id:Magnoliarida:20150717144325j:image 帰りに本屋さんに寄ったら、もう「芥川賞受賞作」って書いてありました。

f:id:Magnoliarida:20150717144324j:image 伊坂幸太郎さん、文庫たくさん出るって。

買ったのは

f:id:Magnoliarida:20150717144326j:image f:id:Magnoliarida:20150717144707j:image 可愛いとらねこのブックカバーと木下半太さんの「鈴木ごっこ」(前にニコルソンズの舞台で観たけれど、今度映画化されるって)ですが、受賞記念に「火花」の単行本もほしくなっちゃった。

完全な犬派なのに、成河くんがトラねこになると決まってから、猫ものばかりに目がいっちゃうのです。

July 15(Wed), 2015

f:id:Magnoliarida:20150715173229j:image f:id:Magnoliarida:20150715173228j:image f:id:Magnoliarida:20150715173230j:image

f:id:Magnoliarida:20150715173120j:image f:id:Magnoliarida:20150715173121j:image

今日はモンテディオ山形戦。GKギシがバリバリがんばっている山形と(みんな、ギシの癖はわかっていると思う)。アウェイが続き、土曜日の疲れがあると思うけれど、みんながんばれ〜。

私は残業なので、会社でオンデマンドにて応援します。こっそりね。

f:id:Magnoliarida:20150717144319j:image f:id:Magnoliarida:20150717144320j:image f:id:Magnoliarida:20150717144321j:image きょうの猫村さん8

Judas,Christ with Soyと2談ス  18:35

あとで読むmemo 

談ス http://www.dansu2016.com

2016年3月〜全国で続々上演決定!!! 東京公演は、2016.03.03 Thu - 03.08 Tue

 

森山未來「DANCEを談ス」http://www.kitakyushu-performingartscenter.or.jp/stage-q/q-49/q49.pdf

 

f:id:Magnoliarida:20150715184230j:image 7月11日〜12日に行われた森山未來ダンス公演「『Judas,Christ with Soy(ユダ,キリスト ウィズ ソイ)』〜太宰治「駈込み訴え」より〜」

「森山は、2013年に1年間、文化庁文化交流使としてイスラエルに滞在しており、インバル・ピント&アヴシャロム・ポラックダンスカンパニーや、バットシェバ舞踊団への参加を経て、現在テルアビブで活躍するイスラエル人アーティスト、エラ・ホチルドと出会い、裏切り者として知られるユダを主人公に、イエス・キリストに対してどのような感情をもっていたかを述べる太宰 治の短編『駆込み訴え』をベースにしたパフォーマンス作品〈Judas, Christ with Soy〉を制作。2014年9月にはイスラエル・テルアビブでプレミア公演を開催、そして今回の公演では10年間“鼓童”に所属、現在はソロで胡弓、笛、太鼓奏者として活躍する吉井盛悟を迎え、内子にて1ヵ月のレジデンス(滞在型創作)にて新たなパフォーマンスを作り上げました。」http://www.cdjournal.com/main/news/moriyama-mirai/67286

「とにかく1ヶ月、エラと盛悟の3人で走り抜けました。大自然と暖かな人柄に囲まれて創作されたこの作品には、間違いなく内子の風が吹き抜けています。豊かな時間を提供してくれた全ての方々に、そして内子座まで足を運んでいただいた観客の皆様に心から感謝します。これからこの作品は日本国内外問わず様々な場所で公演し、さらに成長していく予定です。またどこかで皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。――森山未來」

f:id:Magnoliarida:20150715184231j:image 創建100周年を迎える「内子座」の冊子 http://www.town.uchiko.ehime.jp/book/view.php?id=100033

 

10月に横浜で開催される〈Dance Dance Dance at YOKOHAMA 2015〉(dance-yokohama.jp)が楽しみ。http://www.excite.co.jp/News/bit/E1433989312356.html?_p=1

J1リーグ 2ndステージ 第2節 モンテディオ山形 0−0(前半0−0) 浦和レッズ  23:40

試合はスコアレスドロー。今年いちばん悪い試合だったと選手。土曜日にアウェイで試合して(ひどいピッチで)、今日もアウェイ。万全じゃなかったかもしれないけれど、他のチームも同じだものね。

こういう試合が2ndシーズンの2試合目でよかったと思う。改めて気を引き締めるいい機会だったはず。次はホームです。連戦だけど、選手がんばれーーー。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第2節 晴れ 主審:松尾

2015年7月15日(水) 19:04キックオフ/NDソフトスタジアム山形/10,849人

松本山雅FC 1−2(前半0−1) 浦和レッズ

得点者:なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

昨日Bunkamuraで  00:08

f:id:Magnoliarida:20150715173111j:image f:id:Magnoliarida:20150715173110j:image 『NAGAWAマクベス』の全員載っているフライヤーもらってきた。内田健司くん、堀源起くん、田村律子さんと百元夏繪さんのお名前がある〜。http://hpot.jp/stage/ninagawa-macbeth https://twitter.com/ninagawamacbeth

f:id:Magnoliarida:20150715173114j:image f:id:Magnoliarida:20150715173115j:image 『青い種子は太陽のなかにある 』には手打くん、松田くん、中西くん。 http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/15_aoi/index.html

稽古場レポート第1弾到着! http://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/15_aoi/topics/post_1.html

ゴールド・シアターとネクスト・シアターのみなさんの名前にそれがつかなくなったね。

 

f:id:Magnoliarida:20150715173113j:image 漂流劇『ひょっこりひょうたん島』  漂流劇って!http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/15_hyotan.html

f:id:Magnoliarida:20150715173116j:image 立川談春さん三十周年記念落語会『もとのその一』−THE FINAL−

 

『ポツネン氏の奇妙で平凡な日々』行きまーーす。 http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/15_potsunen.html

 

Bunkamuraじゃないけれど 

f:id:Magnoliarida:20150715173109j:image イキウメの『語る室』のヴィジュアル。

 

f:id:Magnoliarida:20150717144318j:image パクチーサラダ!

July 14(Tue), 2015

f:id:Magnoliarida:20150715172853j:image Tシャツが無地で寂しいのでポスターハリスギャラリーで買った宇野亞喜良の白ネコピンバッジをつけてきたら、3人に可愛いってほめられて嬉しいので午後も頑張ろう。

昨日の夕刊 

f:id:Magnoliarida:20150714153223j:image

f:id:Magnoliarida:20150714153224j:image

13日の「今日のニーナ」  23:46

http://blog.honeyee.com/mmatsutoya/archives/2015/07/13/post-1452.html

  普通、ここまでぼろくそに言われたら、よくて自殺

  悪くてその場で脳溢血・・・

  うそだろ、っていうくらい泣けるシーンになっていっちゃったんですよ

  すげえな、ニーナ

 

あ。「今日の猫村さん」の新刊、今日も買えなかった〜。

大失敗  23:46

今日は友だちとポツネン氏の予定だったのに、うっかり間違えて一枚しか申し込んでいなかったことに気づいたのが発券する時だった(友だちが取れた二枚を流したのに(T . T))ので、今日は友だち1人で行ってもらうことに。私は来月コクーンがあるので、感想言いあうのはその後。失敗もほどほどにーーーT_T

 

f:id:Magnoliarida:20150715172856j:image f:id:Magnoliarida:20150715172904j:image ということで私はひとりでBunkamuraへ。

f:id:Magnoliarida:20150715173023j:image f:id:Magnoliarida:20150715173024j:image f:id:Magnoliarida:20150715173025j:image f:id:Magnoliarida:20150715173026j:image f:id:Magnoliarida:20150715172901j:image f:id:Magnoliarida:20150715172903j:image

 

帰宅後、青春アドベンチャー「人喰い大熊と火縄銃の少女」(2)でした。

このラジオドラマの作家さん オカモト國ヒコさんさて、本格的に熊との戦いが行われるのは四回以降なんですけど、是非、ヘッドホンとか、音響設備の整ったところで大きめのボリュームで聞いて欲しいです。』 http://okaq215.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

『汚れた血/Mauvais sang』★★★★★  00:03

f:id:Magnoliarida:20150715172902j:image f:id:Magnoliarida:20150715172905j:image ル・シネマで開催中の「Bunkamuraル・シネマ特集上映企画 ヌーヴェルヴァーグの恋人たち」へ。以前観たものも観ていないものも、観たい映画ばかりの生唾もののセレクト。ですが、月末展示会があるので、今度の連休も仕事ですし、どれだけ観られるか・・・。なので、観ていない映画から。 

7/4(土)〜7/31(金) http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/15_newwaver.html

 

「レオス・カラックスの『汚れた血』が素晴らしくて(T . T) なんで今までこの映画を観てこなかったのか、自分が許せないほど、ガックリ。『ポンヌフの恋人』を何度も観ているくせに…人生損したと思うほど(T . T) 観れてよかった。」帰りにtweet。

 

「あ。フランシス・ハのあの場面も植物男子ベランダーのあの場面も、『汚れた血』でアレックスが通りを駆け抜ける場面に使われたデヴィッド・ボウイの「モダン・ラヴ」のオマージュだったのね。そして『汚れた血』はゴダールへのオマージュたっぷりでした。」帰りにtweet。

↑ 日本語の順番が逆でした。 デヴィッド・ボウイの「モダン・ラヴ」が流れるなかアレックスが通りを駆け抜けた『汚れた血』へのオマージュ ね・・。

 

1986年/119分/カラー/35ミリ 監督・脚本:レオス・カラックス Leos Carax 製作:アラン・ダーン、フィリップ・ディアス 撮影:ジャン=イヴ・エスコフィエ 音楽:ベンジャミン・ブリテン 主題歌:デヴィッド・ボウイ『Modern Love』

挿入歌:セルゲイ・プロコフィエフ、シャルル・アズナヴール、デヴィッド・ボウイ、セルジュ・レジアニ

『ボーイ・ミーツ・ガール』からはじまり『ポンヌフの恋人』へとつづくアレックス3部作の第2弾。このときカラックスは26歳。

『愛の無いセックスで感染する奇病STBOが蔓延するパリ。幼少の頃から虚無感や孤独感に生きてきた青年アレックス(ドニ・ラヴァン)は、恋人リーズ(ジュリー・デルピー)と居る時も虚しさは同じだった。原因不明の腹痛にも襲われ生活に嫌気がさしたアレックスは、人生を何とかして変えなければと考え続けていた。そんな矢先、行方知れずの父親が電車に轢かれ死んでしまう。アレックスの父親の友人マルク(ミシェル・ピッコリ)は彼の多大なる借金を背負うこととなり、STBOの血清を盗み密売する作戦を考え出す。そしてその作戦に必要な人材としてアレックスを見つけ出す。アレックスは作戦に乗るが、そこでマルクの恋人であるアンナにかつてない運命を感じ、物語は動き始める…。』(Wikipediaより)

 

D Serge Reggiani "J'ai Pas D'regrets", David Bowie "Modern Love

D プロコフィエフ: バレエ音楽「ロメオとジュリエット」第2組曲:モンタギュー家とキュピレット家 

アレックスの携帯着信音!

 

D アンナ役のジュリエット・ビノシュが最高に可愛い。

D Charles Aznavour "Parce Que"

リーズ役のジュリー・デルビーも、ものすごく可愛いです。 ↑ 映っていませんが、リーズはアレックスが乗っているこの車を追ってバイクで飛ばしています。アレックスも 映っていません(T . T) 撃たれたので・・。

 

f:id:Magnoliarida:20150715173117j:image f:id:Magnoliarida:20150715173118j:image f:id:Magnoliarida:20150715173119j:image

July 13(Mon), 2015

f:id:Magnoliarida:20150714153220j:image f:id:Magnoliarida:20150714153221j:image f:id:Magnoliarida:20150714153222j:image

今日は浜田信也くんのお誕生日。おめでとうございまーーす。

と思っていたら、浜ちゃん(清武)の弟(清巳)渡邊りょうくんも今日がお誕生日だと、知りました。すごいね。

ふたりともおめでとうございまーーす。たくさんの良い出会い、良い仕事に恵まれますように。

 

f:id:Magnoliarida:20150714153136j:image f:id:Magnoliarida:20150714153137j:image f:id:Magnoliarida:20150714153138j:image ベルギーのお土産。オペラ座の怪人とかロミオとジュリエットとか、舞台の名前がついているチョコレートで、凄く美味しい。

「人喰い大熊と火縄銃の少女」(1)<全10回>  22:47

青春アドベンチャー「人喰い大熊と火縄銃の少女」はじまった! http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2015-07-13&ch=07&eid=75156&f=164

 

【作】オカモト國ヒコ

【出演】五平…川口覚、凛…吉田まどか、高岡…佐川和正、立川三貴、成清正紀、長村航希、酒向芳、神尾晋一郎、篠田三郎

 

f:id:Magnoliarida:20150714153245j:image 五平。

「ふたがしら」もっと見たい   23:14

録画してまだ見ていなかったWOWOWの連続ドラマW「ふたがしら」最終話を再放送で。http://www.wowow.co.jp/dramaw/futagashira/

 

f:id:Magnoliarida:20150714153248j:image  「脅さず、殺さず、汚え金を根こそぎいただく」

 

『夜坂を離れ、自分たちの一味を作る決意を固める2人。これまで旅で出会った仲間も加わり、いよいよ弁蔵と宗次の"ふたがしら"のつとめを実行するときが来た。』

f:id:Magnoliarida:20150714153246j:image f:id:Magnoliarida:20150714153249j:image f:id:Magnoliarida:20150714153250j:image ということで2章に出演した川口覚くんも最終話で仲間に加わりました!

 

こんなおもしろい時代劇が5回で終わりなんてーーー!映像もきれいだし、音楽もかっこいいし、衣装もステキだし、素直で豪放な弁蔵(松山ケンイチ)とクールな色男・宗次(早乙女太一)のコンビがとてもいいし、ほんとにもったいない。おこん役の菜々緒もすごくいいし、ぜったい第二章につづいてほしいです。

f:id:Magnoliarida:20150714153139j:image

July 12(Sun), 2015

今日は  23:36

f:id:Magnoliarida:20150713142025j:image f:id:Magnoliarida:20150713142026j:image 大原にレッズの練習見学へ。

f:id:Magnoliarida:20150713142040j:image 11時からの練習だったけれど15分すぎに大原の練習場着。

f:id:Magnoliarida:20150713142042j:image f:id:Magnoliarida:20150713142043j:image f:id:Magnoliarida:20150713142157j:image 今日はクールダウンだったのであっという間に終わっちゃった〜。それでも暑くて暑くてバテた。選手は炎天下の中、何周も何周も走っていて、私はベンチに座っていただけなのに〜。

f:id:Magnoliarida:20150713142158j:image f:id:Magnoliarida:20150713142159j:image f:id:Magnoliarida:20150713142201j:image f:id:Magnoliarida:20150713142202j:image f:id:Magnoliarida:20150713142203j:image f:id:Magnoliarida:20150713142204j:image f:id:Magnoliarida:20150713142205j:image f:id:Magnoliarida:20150713142206j:image f:id:Magnoliarida:20150713142207j:image f:id:Magnoliarida:20150713142208j:image f:id:Magnoliarida:20150713142209j:image ←啓太。これ以上近いと恥ずかしくてカメラは向けられないのです。

f:id:Magnoliarida:20150713142244j:image f:id:Magnoliarida:20150713142243j:image ほんとに気持ちいい!

f:id:Magnoliarida:20150713142256j:image f:id:Magnoliarida:20150713142257j:image f:id:Magnoliarida:20150713142259j:image  終わってから浦和へ。

f:id:Magnoliarida:20150713142300j:image f:id:Magnoliarida:20150713142301j:image f:id:Magnoliarida:20150713142302j:image f:id:Magnoliarida:20150713142303j:image f:id:Magnoliarida:20150713142304j:image ランチは、昨日武藤くんがゴールしたのでお寿司!

f:id:Magnoliarida:20150713142306j:image f:id:Magnoliarida:20150713142331j:image f:id:Magnoliarida:20150713142332j:image f:id:Magnoliarida:20150713142305j:image f:id:Magnoliarida:20150713142307j:image ボルテージに寄って優勝トロフィー見て

f:id:Magnoliarida:20150713142334j:image f:id:Magnoliarida:20150713142335j:image めざせアベック優勝!

f:id:Magnoliarida:20150713142336j:image f:id:Magnoliarida:20150713142337j:image f:id:Magnoliarida:20150713142338j:image 昨日の試合のパネルがもう飾られている。仕事、早い!

f:id:Magnoliarida:20150713142421j:image f:id:Magnoliarida:20150713142422j:image シュークルダールでケーキ食べて〜 (そういえば、セキモトがお店閉じちゃうんだって・・)

f:id:Magnoliarida:20150713142423j:image f:id:Magnoliarida:20150713142424j:image f:id:Magnoliarida:20150713142425j:image 力で焼き鳥買って、団扇もらって

  

f:id:Magnoliarida:20150713142426j:image ファジアーノ岡山にレンタル中の矢島慎也の応援へ。

f:id:Magnoliarida:20150713142434j:image f:id:Magnoliarida:20150713142429j:image f:id:Magnoliarida:20150713142535j:image f:id:Magnoliarida:20150713142536j:image f:id:Magnoliarida:20150713142538j:image f:id:Magnoliarida:20150713142540j:image

f:id:Magnoliarida:20150713142539j:image f:id:Magnoliarida:20150713142542j:image f:id:Magnoliarida:20150713142541j:image 矢島くんはベンチスタート。

f:id:Magnoliarida:20150713142543j:image f:id:Magnoliarida:20150713142544j:image f:id:Magnoliarida:20150713142545j:image 大宮vs岡山。大宮と岡山、そんなに差があるとは思わなかったけれど、3−0で負けてしまい、悔しい。

f:id:Magnoliarida:20150713144712j:image 後半矢島慎也が入って空気が変わり動き始めたのがわかったよ。シュートも矢島くんのいいパス・・あそこに武藤くんみたいなタイプの選手がいたらーーーーと思ったりもしたけれど・・。

あと、矢島くん、ボールがほしいともっとアピールしよう!

f:id:Magnoliarida:20150713144710j:image f:id:Magnoliarida:20150713144711j:image 

f:id:Magnoliarida:20150713144714j:image f:id:Magnoliarida:20150713144715j:image f:id:Magnoliarida:20150713144716j:image 

試合前、やじしんスマイル健在でした。それだけで、いい一日だと思ったほど。(あと、大原の啓太)

f:id:Magnoliarida:20150713144708j:image f:id:Magnoliarida:20150713144709j:image 順大は正ゴールキーパーです。黄色のユニフォームだから、違和感なかった(笑)

f:id:Magnoliarida:20150713142650j:image f:id:Magnoliarida:20150713142646j:image f:id:Magnoliarida:20150713142648j:image 浦和の伊勢丹で、友だちとお揃い。 

明日は  00:30

イキウメの浜ちゃんのお誕生日。日付ではもう今日だから、おめでとうございます!\(^o^)/

「語る室」が待ち遠しい。  口から出まかせ、「語る室」。 早く会いたいなーーーーーーーーー。

そして  00:30

オーディオドラマ「人喰い大熊と火縄銃の少女」明日から。http://www.nhk.or.jp/audio/html_se/se2015014.html

覚くんは今のところ舞台の予定がないので、会えなくて、寂しいですよ。

July 11(Sat), 2015

マームとジプシー「cocoon 2015」のはなし。【.fatale】藤田貴大☓原田郁子☓青柳いづみ「ここから先のこと」 http://fatale.honeyee.com/culture/feature/2015/cocoon2015/

J1リーグ 2ndステージ 第1節 松本山雅FC 1−2(前半0−1) 浦和レッズ  01:14

赤坂でリーディング公演を観劇後、オンデマンドにて応援。ゴール裏の大旗掲出も解禁! 

浦和レッズ勝利\(^o^)/

アディショナルタイム5分が長かった〜。

現地のレッズサポのみなさま、熱いサポートありがとうございました!嬉しい\(^o^)/

陽介は暑くなっても第一ボタンをはずさないのね。⚽️

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第1節 晴れ 主審:村上伸次

2015年7月11日(土) 19:04キックオフ/松本平広域公園総合球技場/18,605人

松本山雅FC 1−2(前半0−1) 浦和レッズ

得点者:12分 武藤雄樹、52分 興梠慎三、62分 酒井隆介(松本山雅)  明日はお寿司だ\( ^o^ )/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

というわけで、帰宅後「ふたがしら」の最後のほうだけ見て、洗濯してお風呂入って・・・こんな時間です。

マームとジプシー『coocoon 憧れも、 初戀も、爆撃も、死も。』再演2回目★★★★★  01:14

f:id:Magnoliarida:20150713141343j:image  f:id:Magnoliarida:20150713141344j:image シアターイーストへ。

f:id:Magnoliarida:20150713141346j:image 今日はI列。

この前観たとき「凝視出来ない」と思った映像部分が変わったような気がする。あの日、私が観ることができない、そう思ったあれ、70年前少女たちはあの中にいたのよね・・時代が違ったら、私もあの中にいたはず。

 

生きることを奪われた少女たち、看護していた兵隊さんに犯された少女、喉が渇き、血の味がする泥水を飲み、海まで走ることを諦めて青酸カリを飲んで自決した少女たち、学校の長い廊下や教室で笑いあったり、運動会で騎馬戦したり、そんな他愛のない時間が、もう二度と戦争に奪われませんよう。

 

マユの声の明るい力強さが少女たちの支えになっていたのだと思う。みんなの憧れの・・  男の子。

f:id:Magnoliarida:20150713142011j:image f:id:Magnoliarida:20150713142014j:image f:id:Magnoliarida:20150713142015j:image

f:id:Magnoliarida:20150713141618j:image f:id:Magnoliarida:20150713141620j:image f:id:Magnoliarida:20150713141621j:image

f:id:Magnoliarida:20150713141347j:image f:id:Magnoliarida:20150713141348j:image f:id:Magnoliarida:20150713141349j:image f:id:Magnoliarida:20150713141355j:image f:id:Magnoliarida:20150713141350j:image f:id:Magnoliarida:20150713141351j:image f:id:Magnoliarida:20150713141351j:image f:id:Magnoliarida:20150713141353j:image f:id:Magnoliarida:20150713141354j:image

ナッポスユナイテッド リーディング公演『乱暴と待機』★★★★★  01:44

f:id:Magnoliarida:20150713141947j:image f:id:Magnoliarida:20150713141949j:image f:id:Magnoliarida:20150713141950j:image 赤坂RED/THEATERへ 

D列。ダブルキャスト多田直人くんの回。

脚本:本谷有希子 演出:山崎彬(悪い芝居) 出演:久保田秀敏(10日)、多田直人(11日、12日)、深谷由梨香、山崎彬、原田樹里

「作品は2005年に上演後、小説家でもある本谷が2008年に小説版を発表。2010年には浅野忠信の主演で映画化もされている。兄妹をよそおい一緒に暮らす山根英則と緒川奈々瀬の物語。山根はマラソンに出かけるといっては屋根裏に潜み、奈々瀬を覗き見するのだが、山根に負い目を感じている奈々瀬はそれを黙認している。」

 

おもしろかったーーー。本谷有希子さんが演出だったら、きっと観に行かなかった(本谷さんの映画は好きだけど、本谷さんの演出は・・・)けれど、彬くんの演出なら観たい!!と思ったわけで・・。

で、本は、思った通りにイライラして気持ち悪く(嫌いじゃない)、そして、彬くんの演出、おもしろかった!!山崎彬くんのおもしろさ(才能)は底なしだと思いました。

f:id:Magnoliarida:20150713142013j:image f:id:Magnoliarida:20150713142012j:image 

先週の『東京/ニューヨーク往復書簡』もそうだったけれど、朗読と演劇の間くらいの、朗読も演劇だ、と思う、こんな感じの、これから多くなりそうだね。

July 10(Fri), 2015

パリの詩人  15:15

大好きなベランダーの時間、うたた寝してしまったおかげで ↓ 見る事ができてよかった。

f:id:Magnoliarida:20150710145842j:image f:id:Magnoliarida:20150710145843j:image f:id:Magnoliarida:20150710145844j:image NHKハイビジョン特集 シリーズ恋物語「堀口大學 遠き恋人に関する調査」脚本・監督:源孝志

ヴェルレーヌ、ボードレール、ボーヴォワール、彼らの詩が名作として日本に広まったのは、ひとえに堀口大學の美しい翻訳に他ならない。その大學の恋人と考えられてきたのが、エコールドパリの代表画家マリーローランサン。しかし、彼女には夫も愛人もいた。若き日本の詩人と一世ふうびした画家との間に何があったのか。俳優・西島秀俊が二人の恋事情を探ろうと、彼らが滞在したパリ、マドリッドと調査を開始する。

2007年放送の再放送を見ました。おもしろかった。2007年の西島秀俊さんステキでした(浜ちゃんに似てる・・)。西島さんの朗読もステキでした。録画すればよかった・・。

 

鎮 静 剤

  退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女です。

  悲しい女より もっと哀れなのは 不幸な女です。

  不幸な女より もっと哀れなのは 病気の女です。

  病気の女より もっと哀れなのは 捨てられた女です。

  捨てられた女より もっと哀れなのは よるべない女です。

  よるべない女より もっと哀れなのは 追われた女です。

  追われた女より もっと哀れなのは 死んだ女です。

  死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。

(マリー・ローランサン 堀口大學 訳)

ヌーヴェルヴァーグの恋人たち  00:05

Bunkamuraル・シネマ特集上映企画 http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/15_newwaver/

何年か前に「ポンヌフの恋人」はデジタルリマスター版で観たけれど、ベティ・ブルー、地下鉄のザジ、終電車、大人は判ってくれない、は好きだけれど、もう何十年も(笑)映画館で観ていないので、観たいなーー。

http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/15_newwaver/schedule.pdf

結局、土日はサッカーだとか観劇の予定が入っているので、観られなそうだけど・・「汚れた血」(D・ボウイの"モダン・ラブ"が流れる中でのアレックスの疾走 ← フランシス・ハではなく。笑)は観に行けそう。

藤田俊太郎くん演出ミュージカル『手紙』  00:15

高橋知伽江・藤田俊太郎・深沢桂子 特別インタビュー「東野圭吾の魂のメッセージに、ミュージカルならではの息吹を吹き込む。」(取材・文&撮影:横川良明さん)http://www.confetti-web.com/sp/feature/article.php?aid=71&

 

(『The Beautiful Game』のこと)深沢「音楽の使い方がとても良かったんです。音楽を好きじゃない人が演出をしているミュージカルも残念ですがいっぱいある。でも、この人は音楽を信じていて、音楽ありきの演出をしているなって。私にとっては自分がつくった音楽をどういうふうに演出してくれるかは、とっても重要なこと。だから音楽を大事に演出してくれる方は信頼できます。それで、作品を観て、すぐに楽屋裏で名刺を渡しました(笑)」

 

(『手紙』キャスティングのこと)藤田「三浦さんは柔らかさと硬さが同居した芝居ができる人。自分独自の表現方法を持っていて、舞台の役として生きられる俳優さんです。拝見するたびに、なんて爽やかで複雑な表現を持っているんだって思わされます。吉原さんは『The Beautiful Game』でもご一緒させていただきましたが、僕が演出として活動する限り一生お仕事させていただきたい方。それくらい大好きです。そんな尊敬できるお二人と一緒に仕事をさせていただけることがまず嬉しいです」

 

藤田「実は、僕はこの3日くらい結構落ちこんでるんですよ。なぜかというと、これはあえて言いたいんですけれど、この6月に“絶歌”*という本が出版されましたよね。それがこの『手紙』とあまりにもリンクしていて考えざるを得ないんです。僕は本を買うことはありませんし、本の内容がいいか悪いか議論する気もありません。 〜 〜 今回、僕らがそれをリレーのように受け取って舞台として表現してお客さんにバトンを渡すことができるのも東野さんのメッセージがあるからだし、その行為の方がずっとクリエイティブだし前向きだと思う。 〜 〜 」

(*絶歌 / 元少年A)

「『NINAGAWA・マクベス』の世界〜マクベス篇」講座  00:30

f:id:Magnoliarida:20150713130037j:image 朝日カルチャーセンター 新宿にて

講師:市村正親 小田島雄志(NINAGAWA・マクベスは翻訳・小田島版)

「参加しました。小田島さんがけっこう赤裸々で楽しかったです。シェイクスピアの内的カオスのこと、よくわかりました。オープニングの演出を知ってしまったけれど💦 市村さんが息を吹き込むマクベスが、どんなマクベスになるのか、楽しみだな〜。」

f:id:Magnoliarida:20150713141343j:image 市村さんのファンの方が多かった印象。

 

そんしょうさん、ニーナ日記で「競輪の予想屋みたい」って言われてます。笑 http://blog.honeyee.com/mmatsutoya/archives/2015/07/10/

 

f:id:Magnoliarida:20150713130038j:image カリフラワーのキッシュ、美味しかった。

July 09(Thu), 2015

「名産スパイ大作戦」録画忘れた・・・ ひさしぶりだったのに。

 

f:id:Magnoliarida:20150709171611j:image

f:id:Magnoliarida:20150709171623j:image ねこちゃん、来た。

7/9のとらねこちゃん  00:47

成河くんと近藤芳正さんの雑誌(7/27発売の STAGE SQUARE)取材 https://twitter.com/100man_cat/status/619022749458022400

今日の夕刊  01:21

f:id:Magnoliarida:20150710145841j:image 佐々木蔵之介さんが100分間語り続けて描く悲劇「登場人物20人を一人で演じる、異色の「マクベス」(松岡和子訳から)に佐々木蔵之介が挑む。オリジナルは、トニー賞俳優アラン・カミングの主演でも話題となったスコットランド・ナショナルシアター(NTS)製作の舞台。精神科病院を舞台に、入院中の男がシェークスピアの血塗られた悲劇を再現する」「NTS版を手がけたジョン・ティファニー演出のミュージカル「ONCE」をニューヨークで見て、その自在な発想に「興味がわいた」。演出や美術、衣装までオリジナルを用いる企画に「そうそうない機会。自分の身を置いてみたい」と心を決めた。」「この男は何者か。なぜシェークスピアの悲劇を語るのか。観客は、患者を巡る謎にもとらわれていく。そして「医師看護師は、だんだん『マクベス』の世界に侵食されていきます」。」(増田愛子さん)

出来れば、観にいこう。

  ↓ あら・・これも病院

f:id:Magnoliarida:20150710145839j:image白井晃が、アーティスティック・スーパーバイザー(芸術参与)を務める神奈川芸術劇場で、イプセン作「ペール・ギュント」(谷賢一翻訳・上演台本)を演出する。「自分自身であること」を求め、放浪する男ペールを描く物語。」「白井は、舞台を廃虚となった病院に設定。そこに運び込まれた胎児が見た夢として、避難民たちがペールの一生を紡ぐ構造を考えた。」(増田愛子さん)

 

f:id:Magnoliarida:20150710145838j:image 演劇評論家で元朝日新聞編集委員の故・扇田昭彦さんを送る会の記事も。

 

f:id:Magnoliarida:20150710145837j:image トロイラスを演じる浦井健ちゃん「古代ギリシャ伝説のトロイ戦争を舞台に、愛や裏切りを描いたシェークスピアの「トロイラスとクレシダ」(小田島雄志翻訳、鵜山仁演出)が上演される。江守徹はじめ文学座のベテランを向こうに、今年34歳の浦井健治が主人公となるトロイの王子を演じる。」「浦井は自身の役を「物事に影響されやすい、ピュアな存在」。少女から大人の女性へと成長するクレシダに反応し、自分はどう変化するのか。ソニンと話し合う機会も多いという。」「7年間続く戦争は登場人物たちの「日常」となり、死の訪れはあっけない。ツイッターなど膨大な情報の流れに、悲惨な事件が突然現れる――そんな現代とのつながりも感じる。」(増田愛子さん)

 

「トロイラスとクレシダ」は蜷川さん演出のオールメールで観たわ。http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20120819/1345391752 http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20120826/1345991100

 

ALL About【演劇cafe】に、横ちんさんのインタビュー記事(上村由紀子さん) http://allabout.co.jp/gm/gc/455907/

「今回横田さんはアキリーズ役。前回の蜷川さん演出の同作では宿敵ヘクター役でした。トロイ軍からギリシャ軍への華麗なる転身!」る転身! 蜷川版をご覧になられた方は一層の楽しみ方ができること請け合いです!

 

「(アキリーズは)哲学モードになってみたり、急に怒り狂ったりちょっとダラダラしてみたり。そういう意味では皆さんがお持ちの”英雄”としてのイメージより、シェイクスピアならではの人間臭い人物像になっていると思います。それを上手く出していけたら良いなあ、と。」

「何回目かの『終わりよければすべてよし』のペーローレス役が物凄く楽しかったんですね。嘘吐きでいい加減で、自分の身に危険が及ぶとすぐ味方の秘密情報を喋っちゃう、みたいなヤツだったんですけど(笑)。上手く演じられたとか、そういうことではなくて「ああ、シェイクスピアって面白い人間を描くんだなあ」と再認識しました。劇団AUNでシェイクスピア作品に参加出来た事は自分の中でとても大きい経験ですね。その鋼太郎さんと出会わせてくれたのは蜷川(幸雄)さんで。蜷川さんには文学座でやらせて頂けないような二枚目も演じさせてもらって(笑)感謝してます。」

2ページ目は『ハムレット』のことなど http://allabout.co.jp/gm/gc/455907/2/

3ページ目は 蜷川幸さんに言われた一言「俺の時間を返せ!」のお話。「〜「コイツ、図々しいんだよ。人の稽古場に勝手に来て装置建てて長い芝居やりやがって(笑)。俺の時間返せ!でも俺、図々しい奴好きなんだよ。だからコイツに決まり」って。」http://allabout.co.jp/gm/gc/455907/3/

July 08(Wed), 2015

昨日池袋で 

f:id:Magnoliarida:20150708143727j:image 寺山修司(作)×藤田貴大(上演台本・演出)『書を捨てよ町へ出よう』村上 虹郎くんって俳優の村上淳さんがお父様、お母様は歌手のUAなのね。

村上淳さんの昨夜、真夜中にやっていたドラマ「シメシ」面白かったです。http://www.mbs.jp/shimeshi/

f:id:Magnoliarida:20150708143726j:image 蜷川幸雄×藤田貴大 『蜷の綿(になのわた) ーNina's Cottonー』

( ↑ 昨夜の載せたけれど)

f:id:Magnoliarida:20150708143729j:image

f:id:Magnoliarida:20150708143730j:image てがみ座第11回公演『地を渡る舟-1945/アチック・ミューゼアムと記述者たち-』。2013年の『地を渡る舟』はとてもとても良かったです(多根周作さんの俳優としての最後の舞台)。

f:id:Magnoliarida:20150708143733j:image f:id:Magnoliarida:20150708143732j:image f:id:Magnoliarida:20150708143731j:image On7 第2回公演『その頬、熱線に焼かれ』脚本:古川 健(劇団チョコレートケーキ) 演出:日澤雄介(劇団チョコレートケーキ) このふたりとこのヴィジュアルのお芝居が繋がらない(笑)http://onnana.com/arc_2.php

f:id:Magnoliarida:20150708143734j:image 劇団桟敷童子『エトランゼ』…ソノ見知ラヌ人…何故カ懐カシ、ダケド狂オシ 作:サジキドウジ 演出:東憲司 美術:塵芥

f:id:Magnoliarida:20150708143735j:image 二兎社『書く女』、ミナモザ『汝らの敵』

f:id:Magnoliarida:20150708143736j:image 『ウーマン・イン・ブラック』←チケット購入済み

f:id:Magnoliarida:20150708143737j:image f:id:Magnoliarida:20150708143738j:image f:id:Magnoliarida:20150708143739j:image f:id:Magnoliarida:20150708143740j:image

f:id:Magnoliarida:20150708143728j:image ステージぴあの表紙は亀梨くん。

読売夕刊に  00:34

f:id:Magnoliarida:20150709171616j:image f:id:Magnoliarida:20150709171617j:image リオ世代の記事が載っていて、写真に矢島慎也も。

 

f:id:Magnoliarida:20150709171619j:image 劇評はマームとジプシーの『cocoon』(冨野洋平さん)『物語は、ふと思い出す記憶のように、数十秒ほどの断片的な場面を何度も繰り返す独特の手法で展開する。前半で執拗に描かれるのは、我々にもなじみ深い学校での光景だ。廊下や教室で交わした級友らとの会話、教室から見えた景色。何気ない学園生活の一こまが次々に演じられていく。』『藤田が「リフレイン」と呼ぶこの手法が奏功するのは、死のにおいが立ちこめる洞窟での生活が始まる中盤以降だろう。学校の場面と同じ動きやセリフを随所にはさみ込み、観客の記憶を交錯させてしまうのだ。浮かび上がるのは、非日常的な状況下を日常として生きざるを得なかった少女たちの姿である。』

cocoon』、今日のソワレが中止になったようです。あの舞台「1日2公演はむりだろうーーたいへんだーー」と思っていたばかり。『カタチノチガウ』のときも公演3回中止になった・・・多くのひとに観てもらうために回数増やしたと思うけれど、アスリート並の運動量と精神力をしいられる、あの演出はたいへんだ・・早く治りますように、と思うけれど、治ってからすぐ舞台が待っていると思うと、あまり言葉にならない。

『出演者の体調不良により本日7月8日(水)19時の公演を中止致します。』https://twitter.com/geigeki_info/status/618720809750695937

『申し訳ありません、告知が遅れたこともお詫び申し上げます、ごめんなさい。怪我ではありません、あくまで体調不良ということです。いま、対応しています。今後のことはあらためて。ほんとうにごめんなさい。(藤田 』

お知らせhttp://www.geigeki.jp/info/20150708/

f:id:Magnoliarida:20150709171620j:image  佐々木蔵之介さんのひとり『マクベス』の記事。

f:id:Magnoliarida:20150709171618j:image 「ゲキバカ」および「梅棒」の伊藤今人くん。たしか、最初に観たのは「ひょっとこ乱舞(現アマヤドリ)」の『ロクな死にかた』だったかな?今人くんがすごく良くてゲキバカの『ローヤの休日』に行ったのでした。

July 07(Tue), 2015

今日のGoogleおもしろいよーー。オープニングがウルトラQみたいだよー。https://www.google.co.jp/

円谷英二 生誕 114 周年、特撮の技術をいっぱいに盛り込んだミニゲームをお試しあれ。 #シュワッチ ← #シュワッチって(笑)

https://g.co/doodle/dxfjjs

昨夜の扇田さんを送る会の〜  14:53

内田春菊さんのスケッチ http://ameblo.jp/shinshungicu/entry-12047603639.html#main

http://ameblo.jp/shinshungicu/image-12047603639-13358958297.html

http://ameblo.jp/shinshungicu/image-12047603639-13358960039.html

 

(追記)扇田昭彦さんを送る会のスピーチ

(1)串田和美さん「僕にとっては劇評家というより友達http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/150707/e_sogi0001-n1.html

(2)川本三郎さん「時効なので話しますが、不出来な後輩のために…」http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/150707/e_sogi0002-n1.html

(3)野田秀樹さん「演劇好きな人に無償の愛を注いだ」http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/150707/e_sogi0003-n1.html

(4)実行委員・桑原茂夫さんの挨拶「この舞台の演出・主演は扇田さんです」http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/150707/e_sogi0004-n1.html

(5)嵐山光三郎さん、麿赤児さん、四谷シモンさん 「紅テント」時代の思い出を熱く http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/150707/e_sogi0005-n1.html

(6)ケラリーノさん「扇田さんの感想が励みに」、平田オリザさん「吉里吉里忌の鼎談最後に」http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/150707/e_sogi0006-n1.html

(7)三谷幸喜さん「扇田さん『やめて』!」、岩松了さん「僕から興味離れてしまった?」http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/150707/e_sogi0007-n1.html

(8・完)市村正親さん「『オペラ座の怪青年』と評され…早く40になりたかった」http://sonae.sankei.co.jp/ending/article/150707/e_sogi0008-n1.html

ポツネン氏  15:06

「ポツネン氏の奇妙で平凡な日々」10日スタートですね。

ポツネン、ちょっとだけメイキング 見ました。『セリフじゃないので、スタッフに配られるのは台本ではなく、絵コンテです。』って! http://kentarokobayashi.net/message.html

当日はここ。http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0402:P2=013919:P5=0001:P6=001

★7月★ 遊びの予定.。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。.  

ナショナル・シアター・ライヴ2015『スカイライト/SKYLIGHT』(TOHOシネマズ)

☆ T Factory東京/ニューヨーク往復書簡 ● 第二章「森にて」』(森下スタジオ)

☆ EPOCH MAN『みんなの宅配便』(明大前KID AILACK ART HALL 5F ギャラリー

マームとジプシー『coocoon』(シアターイースト)

☆ 映画 Bunkamuraル・シネマ特集上映企画 ヌーヴェルヴァーグの恋人たち

☆ こまつ座『父と暮らせば』(紀伊國屋サザンシアター)

☆ ナッポスユナイテッド リーディング公演『乱暴と待機』(赤坂RED/THEATER)

☆ KENTARO KOBAYASHI SOLO PERFORMANCE 『ポツネン氏の奇妙で平凡な一日』(グローブ座)

☆『かがみのかなたはたなかのなかに』(新国立小劇場)

☆ 映画『サン・ソレイユ』(Le Studio)

☆『トロイラスとクレシダ』(世田ヶ谷パブリックシアター)

☆ マクガフィンズ MacGuffin vol.1『農業少女/2001人芝居』(池袋シアターKASSAI.)

☆ 少年社中 第31回公演『旅人食堂』(劇場MOMO

今月は会社のイベントがあり休日出勤がありそうなので少なめ。先月観た映画『雪の轍』はもう1回観たい。

マームとジプシー『coocoon 憧れも、 初戀も、爆撃も、死も。』再演1回目★★★★★  00:00

f:id:Magnoliarida:20150708143717j:image f:id:Magnoliarida:20150708143716j:image 昨日見たロマンスグレーのお写真を思い出しながら芸劇。

f:id:Magnoliarida:20150708143718j:image f:id:Magnoliarida:20150708143714j:image f:id:Magnoliarida:20150708143720j:image いつものように私はお茶漬け食べて、シアターイーストへ。

f:id:Magnoliarida:20150708143721j:image f:id:Magnoliarida:20150708143722j:image 今日はセンターブロック最前列(F列)の砂被り席(終わって用意されたブランケットを見たら砂だらけになっていた)

f:id:Magnoliarida:20150708143723j:image 2年前に圧倒され2回観ているのに、今回の『coocoon』でも少女たちに圧倒された。とくに サン役の青柳いづみちゃんの存在は壮絶でした。そしてマユ役の菊池明明ちゃんの存在がとても強く美しかった。

f:id:Magnoliarida:20150708143725j:image 再演ですが、前と別物でした。演出も映像も違う。キャストもけっこう違う。前よりスタイリッシュな演出なのに前より少女たちは傷ついていた。全寮制の学校に通い、教室でワイワイおしゃべりに夢中な少女たち。恋愛することも知らない年齢の少女たち。サンとマユだけじゃなく、ひとりひとりの少女たちのことが初演よりも伝わってきた。

初演にはいなかった飴屋法水さんの存在も大きかった(後半はセリフがない)。映像も変わっているけれど、凝視できない(後半)。「お国のため」と教えられてきた、あのとき少女たちが見ていたものは、それ以上なのに。少女たちにもう波音は聞こえなかったのかもしれない。

f:id:Magnoliarida:20150708143724j:image 爆音とともに座っている椅子が揺れる。爆撃される場面を少人数のマスゲーム系ダンスのようなパフォーマンスで見せていて、今回黒子のような男子たちもかっこいい。

飴屋法水さんが玉音放送のように朗読していたのは、宮沢賢治「生徒諸君に寄せる」ですって。http://why.kenji.ne.jp/shiryo/sonota/602seito.html

もう1回観ます。あれこれ書きたいのですが・・

 

f:id:Magnoliarida:20150708143727j:image 寺山修司(作)×藤田貴大(上演台本・演出)「書を捨てよ町へ出よう」 12月

f:id:Magnoliarida:20150708143726j:image 蜷川幸雄×藤田貴大 「蜷の綿 (になのわた) ーNina's Cottonー」2016年2月

本日の「とらねこちゃん」 00:27

「ミュージカル」ってつけないほうがいいのになーーー。と思うミュージカル「100万回生きたねこ」公式さんのツイートより。セットは前と同じっぽいね。https://twitter.com/100man_cat/status/618386182569734144

成河とらねこ、楽しみだーーーーーーー。「本日の?」ということは毎日見れるのかな?それは嬉しいような、あんまり見せすぎないでほしいような・・・チラ見ならだいじょうぶか〜。

 

(゚ー゚*)。oO(ふかきょん、がんばってほしい。まじで。

July 06(Mon), 2015

サヨウナラ、アドルフカミル 洸平くん。  00:03

『オワッテシマッタ』 http://kouheiweb.syncl.jp/?p=diary&di=1070921

昨日の高橋洋くんにつづき、『アドルフに告ぐ』今日はアドルフ・カミルを演じた松下洸平くんのブログご紹介。

私も『アドルフに告ぐ』という作品に出会えてよかった。それは、3人のアドルフが洋くん・成河くん・洸平くんだったこと。素晴らしい原作があったこと、キャストのみなさんが最高だったこと、演出が栗山さんだったこと、美術が、音楽が、携わった方々の誰か一人でも欠けていたら出会えなかった運命の作品だと思っています。

 

  『でも決めた!これからはどんな作品でもこの精神でやってこうと。

   成河がいなかったら、これからのぼくはいないし、これからの僕が大失敗したら全部君のせいにするからね!』

 

楽屋でのことはわかりませんが、洸平くんのファンへの思いやりはよーく知っています。成河くんは洸平くんが男気のある人だとわかっていたから、手加減無しで二人して身体中アザだらけになるまで出来たんだと私は思うよ。

朝のなでしこ、澤とワンバックのハグで、成河くんと洸平くんを思い出したよ。 いつかちゅーしてあげてね。

  『優しいと胸がいっぱいになって、痛くなって、その痛みこそ、愛だなぁ〜と知りました。』

 

洸平くん、すごい。そうだよね。 ↑ すこいことに気づかせてくれて、ありがとう。なんかまいったな(T^T)

扇田さん  01:08

私もお別れをしてきました。 

http://tegamizaactors.sblo.jp/archives/20150608-1.html

5月22日に永眠された扇田昭彦さん、東京芸術劇場の企画運営委員のおひとりだったこともあり(芸劇の芸術監督である野田さんが運営委員を誰かにと考えたとき、まっさきに扇田さんに声をかけたとスピーチされていました)「扇田昭彦さんを送る会」の会場は東京芸術劇場のプレイハウスでした。

(「海外カンパニーや国内ミュージカルのプログラミングでイニシアチブを取られ、また、近代日本戯曲に若手演出家が取り組むROOTS企画も考案されました。その繋がりだと思います。」と徳永京子さんがtweetしていました)

私がはじめて扇田さんと直接お話したのも芸劇内であったセミナーで、セミナーが終わってから1階のカフェでお茶したことがついこの間のことのように思い出されます。それからでした。ご挨拶するようになったのは。いつも穏やかな笑顔を浮かべていらしたので、ついついね。

 

劇場に着いて記帳しながらふと横を見たら松岡和子先生が・・思わず先生に寂しいですねと言って手にふれてしまいました。私の思っている以上だと思います。ケラさんも第二部ロビーでのスピーチで、いつもふたりで楽屋に来てくださっていたので松岡さんが心配だとおっしゃっていました。

祭壇のお花の飾り付けは舞台美術家の島 次郎さん。白い紫陽花(アナベル)がたくさんの天使のようでした。

 

   「一生を棒に振る」という言い方があるが、

    私はひたすら舞台を見ることで「一生を棒に振り」、

    しかもそれを心から楽しんできた。

    劇作、演出、演技など優れた才能が結集した舞台に触れるのが、何よりも刺激的だったからだ。ー扇田昭彦

 

冊子の表紙に書いてあり、映像と一緒にその言葉が紹介されました。楽しんでおられたのは、やさしいお顔でわかりました。ほんとうに。扇田さんは目をまあるく輝かせて「おもしろいよ」と私たちに紹介してくださっていたのですね。

スクープをとらない」朝日新聞記者時代のエピソードも。そうしてくださって、よかったです。

f:id:Magnoliarida:20150707013421j:image f:id:Magnoliarida:20150707013501j:image f:id:Magnoliarida:20150707013422j:image

https://twitter.com/geigeki_info/status/618054810579787776 

「演劇評論家・故扇田昭彦さんを送る会、600人が列席」http://www.asahi.com/articles/ASH766WKDH76UCVL04P.html?ref=rss

 

 

朝日新聞の《回顧2013:舞台》で扇田昭彦さんが〈私の3点〉にあげた舞台です。

(1)ホリプロ「100万回生きたねこ」(佐野洋子原作、インバル・ピント、アブシャロム・ポラック演出・振り付け・美術)…独創的で才気ある音楽劇を創造(2)マームとジプシー「cocoon」(今日マチ子原作、藤田貴大作・演出)…斬新な方法と演技で沖縄戦を描いた演出力(3)新国立劇場「エドワード二世」(クリストファー・マーロウ作、森新太郎演出、河合祥一郎訳)…挑戦的な解釈で古典劇を愚行の喜劇として演出

cocoon」はシアターイーストで再演中(明日、観に行きます)、「100万回生きたねこ」は来月プレイハウスで上演されます。 成河ねこ、見ていただきたかったです。フェステとカウフマンも。

f:id:Magnoliarida:20150707013423j:image

July 05(Sun), 2015

f:id:Magnoliarida:20150706114202j:image 母の一年祭でした。 

EPOCH MAN『みんなの宅配便』★★★★  23:27

夜は明大前へ。てっきり王子だと思い込んでいて、王子の駅に着いたのが17時12分。あせったーーーー!改札出る前に場所検索してよかったよーーーー。そこから1回逆方向に乗ってしまったれれど、なんとか45分に明大前着。

とギリギリに入ったのに最前列のはじが空いていて、そこへ。 よかった〜。

f:id:Magnoliarida:20150706114234j:image f:id:Magnoliarida:20150706114236j:image 明大前KID AILACK ART HALL 5F ギャラリーにて。

 

東京でひとり暮らしをする女性と、その家に訪れる宅配便のお兄さん。今、僕の妄想が暴れまくっています。そして、一筋縄ではいかない2人の関係をよりややこしくする為に、2つのバージョンで上演します。ひとつは小角まやさんが桐子という女性を、僕が宅配便のお兄さんになります。もうひとつは川本ナオトさんが宅配便のお兄さんを、僕が桐子になります。実にややこしいですね。そんな愉快で怪しい物語になるであろう2つの演劇をお贈りします。 小沢道成』http://epochman.com/index.html/

小角まや(♀)×小沢道成(♂)  川本ナオト(♂)×小沢道成(♀)  追加公演:小角まや(♀)×川本ナオト(♂)

 

「小沢道成くんと大好きな小角まやちゃんの二人芝居『みんなの宅急便』仁丹の匂いがする最前列で観劇。日常がいつでもホラーになる怖さ。上京したときを回想するお母さんへの電話が切ない。こんなはずしゃなかったよね…。

まやちゃん最高!今後ガムテを見ると思い出しそうよ。(新幹線の事件を思い出したけれど)」と帰りに感想tweet。

f:id:Magnoliarida:20150706114241j:image  わざとなのか最初から展開がわかってしまった戯曲に意外性はないけれど、二人の演技が素晴らしく、そこに小道具や照明や音響が抜群の効果を与えていて、すごくおもしろく、ときにせつなかった。宅配会社の社歌までオリジナル(作詞:小沢道成・オレノグラフィティ、作曲:オレノグラフィティ)だったことも素晴らしい。

美術も全然違うらしいので、小沢道成くんが女性役のもう1つのバージョンと、できれば追加公演も見たかったなーーーー。

f:id:Magnoliarida:20150706114242j:image f:id:Magnoliarida:20150706114243j:image 帰りにまやちゃんと道成くんにサインもらって少しおしゃべり。道成くんにウィトゲンシュタインのことを聞いたら、前回のを観ていないらしい。どの役なのかは聞かなかったけれど、全く違うひとになるだろうから楽しみ〜。

f:id:Magnoliarida:20150706114238j:image f:id:Magnoliarida:20150706114239j:image f:id:Magnoliarida:20150706114240j:image 渋谷はデスノートでした。今夜からですね。

『終わったあ - 二塁手  高橋洋ブログ』  00:33

舞台『アドルフに告ぐ』が終わって。高橋洋くん、ブログ更新。ふたりのアドルフについて。 http://blog.livedoor.jp/yotakahashi31/archives/2015-07-05.html

成河くんのこと『意味がわからない。』って、最高の褒め言葉ですね。←洋くんこそ!って成河くん言いそう。「意味がわからない」

『彼に僕がいちばん驚いたことは、演技の助走がないことである。』←出来上がりを見せてもらっているので、そういうことを教えてもらえて嬉しかった。

 

松下洸平くん『コーヘイの男気はほんものです。彼が創りあげた熱くて柔らかいアドルフ・カミル』←「熱くて柔らかい」そう、そうでした。

いつかまた共演する日が来ますように。

そういえば・・・映画『天の茶助』もう始まっていますね。http://www.chasuke-movie.com

July 04(Sat), 2015

『アドルフに告ぐ』大千秋楽おめでとうございます。今日が終わりではない物語。だけど、体験できるのは今日で最後(いつか再演があるとしても)。13時に刈谷に間に合う近隣の方はぜひ。http://www.adolfnitsugu.com/aichi.html

 

火曜日に観た『雪の轍』と昨夜観た『スカイライト』は多分もう1回観に行く。行きたい。

月曜に観た『ハッピーエンドが書けるまで』も、私は大好き。これ、邦題がもったいない。男性たちにも観てもらいたいのにーーー。

 

岡山移籍中の矢島慎也!またゴールしたってね。オンデマンドで再放送見なくちゃ。

さよなら、アドルフ 

夜 成河くんブログ更新『カウフマン 生まれかわってねこになる』f:id:Magnoliarida:20150706122232j:image http://web-dorama.jugem.jp/?day=20150704

壮絶な時代を生きたカウフマンくん、ほんとうにおつかれさまでした。人に恵まれるのは人を幸せにしてあげる心があるからね。きっと今回のみなさんも、そうね。おやすみなさい。

 

「そして三人のアドルフ。「スリル・アス」?」いい顔してます。http://p.twipple.jp/9s5qf ←ヘドウィックできそうな顔してるカウフマン。めちゃめちゃいい笑顔のヒトラー&カミル。

f:id:Magnoliarida:20150706122233j:image 写真は成河くんオフィシャルTwitterより「終演後に、二人のアドルフ。「パレスチナ・スリル・ミー」」http://p.twipple.jp/vgNZW ←スリル・ミーを観ていないので私はこのネタがわからないけれど(笑)

松下洸平くんのスタッフさん「この方たちどこへ向かってるのやら。ソンハくんいつものスリル・ミーStyle。ワケわからずの洋さん抜群の笑顔w」  https://twitter.com/masamikashima/status/617292982979407872 ←スリル・ミーの顔なのね?

鶴見辰吾さんのtweetがとても素敵です。「自分で言うのもなんだけどいい芝居だった。役者やってて良かった。」https://twitter.com/shingotsurumi/status/617299728967962625

谷田歩さん千秋楽前にtweet「7月4日アメリカの独立記念日にこの芝居が終わりをむかえます。俺たちの終戦!」https://twitter.com/Tani3rd/status/617155440007196673 谷田さんは、今回も優しかった。

みなさま、お疲れさまでした。KAATでこの作品に出会えたこと、みなさまが真摯に取り組み届けてくれた『アドルフに告ぐ』は私の宝物になりました。ありがとうございました。

T Factory東京/ニューヨーク往復書簡 ● 第二章「森にて」』★★★★★  00:33

f:id:Magnoliarida:20150705025714j:image f:id:Magnoliarida:20150705025715j:image 森下スタジオにて。ここは数年前にままごとの『あゆみ』を観に来て以来でした。

 

f:id:Magnoliarida:20150705025717j:image f:id:Magnoliarida:20150705025718j:image ジョン・ジェスラン&川村毅東京/ニューヨーク往復書簡 ● 第二章「森にて」』公開リーディング、ジョン・ジェスラン & 川村毅トーク 1,500円(1ドリンク付き)←コーヒーや冷たい飲みのも、缶ビール。←何杯でもOKってことでした。

公開リーディング: 第一章「On The Street / 路上にて」 ・ 第二章「In The Forest / 森にて」(日本語)・ 「In The Forest / 森にて」の一部を英語版で、リーディング。 作・演出:ジョン・ジェスラン & 川村毅 

Performers:田中壮太郎 山崎美貴 井上裕朗 清水さと ボブ・ワーリー サラ・マクドナルド

 

 

「森下スタジオにて井上裕朗さん出演のリーディング公演、川村毅+ジョン・ジェスラン『東京/NY往復書簡』。とてもおもしろかった。おふたりの戯曲の往復書簡は実験的である楽しみも。

まだシリーズが続き、2年後くらいに一本の作品になるようなので、楽しみ!今夜私の脳内でおさらいしよう!」と六本木に行く電車内にてtweet。

 

ブラック・コメディというか、私の中ではブラック・ファンタジー。すごく面白かった。「路上にて」はミステリー要素もあり、「森にて」は主人公の脳内。リーディングする皆さんがとてもうまいので、この不思議な物語が進んでいくのをワクワクしながら聞いていました。お寿司は玉子の井上裕朗さん、おもしろかった!!!

ジョンに映画やっていないの?と聞かれたとか?今まで思ったことなかったけれど、今日見終わってすぐ「裕朗さん、映画に出ていたかなぁ?映像でも観たいなぁ」と思いましたから。https://twitter.com/hirooinoue/status/617292910757703680

東京/NY往復書簡』はお芝居のタイトルではなく、この企画の名前でした。ジェスラン節炸裂って川村さんが書いておられたけれど、川村節も炸裂していると思いました。この物語が完成したら、どんなタイトルになるのかな〜。

f:id:Magnoliarida:20150706114159j:image f:id:Magnoliarida:20150706114158j:image

National Theatre Live 2015『スカイライト/SKYLIGHT』2回目★★★★★  00:49

f:id:Magnoliarida:20150705030046j:image f:id:Magnoliarida:20150705025719j:image f:id:Magnoliarida:20150705025716j:image シネリーブルでの再上映が決まりましたが、行けるときに行っておかないと・・と昨夜観たばかりですが、今日も行ってきました。『東京/NY往復書簡』が2時間くらいと聞いていたので、六本木を予約。日本橋か川崎にしたかったんだけれど、時間的にムリだったので。

NT Live『スカイライト』の演出のスティーヴン・ダルドリーって『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』の監督も彼でした。大好きな映画です。映画といえば、この『スカイライト』、カメラがあまり引きで撮っていない映像で編集されているので、かなり映画的です。

ああーーーーーもぉ、演出も演技も全てが丁寧なんですよーー。日本に来ればいいのにーー。http://www.skylightbwy.com

 

f:id:Magnoliarida:20150706164119j:image 昨日観ているので(1回目 http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20150703/1435936365)今日は細かなところまでじっくり観られて嬉しかった。妻アリスが癌になったからとウィンブルドンに住めてしまう、困ったらイエローページ、なんでもお金で解決しちゃうトムは、一生キーラとは平行線。彼女が選んだイースト・ハム*、そこでの教師の仕事を理解できない。というか、妻のことも、自分と同じ生活レベル以下の人たちのことを思う思考がない。空気を読むとかトムの辞書にない。幸せの形に違いがあることがわからないトム。二人に求め合う愛があっても(6年以上トムのレストランで働き、トムと恋愛関係にあった)もう同じ土壌にいられない二人。

(*イースト・ハムは、イングランド内で最も少数民族人口の高い地域で、イングランドで2番目に財政的に恵まれない地域らしい)

 

f:id:Magnoliarida:20150706114221j:image f:id:Magnoliarida:20150706164118j:image で、なんといっても・・トムの息子で高校を卒業したばかりのエドワード役のマシュー・ビアード!!私の心にヒットしました(笑)今日は彼をもう1回観ておきたくて行ったようなものですから。表情や動きがほんとに可愛かったーーーーー!

 

f:id:Magnoliarida:20150706114222j:image それと、ボブ・クロウリーの美術がほんとうに素晴らしかった〜。キーラの住むアパートのドアの向こう、高速道路の後ろにたくさんの窓のアパート。ラストの、エドワードが用意してくれたサプライズ(前日、キーラに欲しいものはなに?って聞いていた)がセッティングされていくとともに、窓に明かりがひとつ、またひとつとついていき、朝の音・声が聞こえてきて、街が動き出していきました。

 

(゚ー゚*)。oO(エドワードはキーラを信頼しているからまた来るだろうし、トムはわかっていないからまたたずねてきそうだなぁ〜。トムはきっとコート着たままですね。

July 03(Fri), 2015

今日は母の誕生日。おめでとうって言えなくてさみしい。

カウフマンくん、刈谷へ  11:29

『アドルフに告ぐ』一座のみなさな、最後の地へ入りましたね。

成河くんが刈谷への行き方、劇場の場所など、詳しい情報をリンクはってくれています。 http://web-dorama.jugem.jp/?day=20150703

今夜または明日、刈谷まで行かれる場所にいらして、お時間のある方はぜひ。

最後まで全身全霊全力をそそぎ、でも怪我のないよう。あと2回、いってらっしゃい!!!

National Theatre Live  12:57

私は・・今夜『スカイライト』(SKYLIGHT)観に行きます。 http://ntlive.nationaltheatre.org.uk/productions/ntlout6-skylight

第69回トニー賞演劇リバイバル作品賞に決定したキャリー・マリガン主演の『スカイライト』です。

 

『二十日鼠と人間』(Of Mice and Men) を観に行かれなかったことが悔やまれるので再上映してほしいです。

COLUMN | 「英国を観よう。」特設サイト | IMAGICA BS 〜映画はイマジカBS〜 http://www.imagica-bs.com/British/

ナショナル・シアター・ライブ2015 http://www.imagica-bs.com/British/Column/150515.html

 

★『テス』に観る、俳優レッドメインが人々に愛される理由 http://www.imagica-bs.com/British/Column/

ここ2〜3日の夕刊   14:40

f:id:Magnoliarida:20150702171815j:image f:id:Magnoliarida:20150702171814j:image 孫たちの戦後70年 今日マチ子さん

f:id:Magnoliarida:20150702171817j:image 7/1の読売夕刊にムーチョ村松さん。

f:id:Magnoliarida:20150702171818j:image 7/1の読売夕刊の「小田島雄志の芝居よければ すべてよし」は『明治の柩』。初日を見ずに永眠された高瀬久男さんの演出

National Theatre Live 2015『スカイライト/SKYLIGHT』1回目★★★★★  00:12

帰宅後、ここまで書いて亀ちゃんファンの友だちと長電話していたので、また遅くなっちゃった。

f:id:Magnoliarida:20150704021103j:image TOHOシネマズ川崎にて。 f:id:Magnoliarida:20150704021102j:image 

マシュー・ビアードが可愛い。」「スカイライト、面白いよ。後半どうなるんだろう? いつものナショナル・シアター・ライヴとちょっと違う幕間。感想呟いてくださいって言われない(笑) 」と幕間にtweet。

 

『スカイライト』凄く面白かった。濃密な会話劇。美術も凄くて、帰り道興奮気味でした。かなり映画っぽい映像でしたが。とにかくビル・ナイが素晴らしい!!彼のために役だと思うほど(18年前も彼がトムを演じたらしい)

上映時間:2時間42分/演出:スティーヴン・ダルドリー/作:デヴィッド・ヘアー/ 美術:ボブ・クロウリー/出演:キャリー・マリガン、ビル・ナイ、マシュー・ビアード

 

f:id:Magnoliarida:20150704084415j:image 数学教師キーラ(キャリー・マリガン)が暮らすロンドンの小さな安アパートが舞台。エドワード青年(マシュー・ビアード)が突然キーラの部屋をたずねて来る場面から始まりました。一年前に母アリスが癌で亡くなり、残された父トムを心配していると伝えに・・。

同じ日の夜、エドワードの父でいくつものレストランを経営している事業家トム(ビル・ナイ)が、かつて不倫関係にあった教師キーラの、その質素な部屋を訪れて翌朝までの室内会話劇。舞台上で実際に調理しながら(そして食べながら)会話が進んでいきました。眠ってしまい夜中に目覚めたキーラはひとりでパスタのないトマトソースを食べています。起きてきたトムとふたりで一緒にそれを食べることなく、別れが・・。別れた理由、なぜキーラが出ていったのか、それを知ってもトムは(やっぱり話が噛み合なくて)相変わらずで、部屋を出ていきました。←が、懲りてない感じ。話が合わないことをわかっていないよ、トム。

出番は少ないけれど、トムの息子エドワードが可愛い。トムが去った雪の降る朝、鳥たちが目覚め、街が、人々が動きだした音が聞こえてきて、部屋に朝の光が入ってくる美しいラストシーン。リッツ・ホテルの朝食サプライズ、冷めちゃったトーストもスクランブルエッグもベーコンも、あたたかいコーヒーも最高です!私もサプライズされたい(笑)ふたりで食べたい。

ただ・・・一幕で、映像に現地の客席の笑い声がたくさん入るのですが、何回か同じところで笑えなかったのが悔しい(笑)。笑いのツボの違いなのか、翻訳とのギャップなのか・・。

あ、トムはチェルシーのファンでした。ロンドンの人だものね。

 

(どうしても我慢できず、もう1回観たくて、翌日も観に行きました。笑 http://d.hatena.ne.jp/Magnoliarida/20150704/1436024968

D

 

ローレンス・オリヴィエ賞に輝いた名匠デヴィッド・ヘアー(David Hare)による名作戯曲を、『リトル・ダンサー』『ザ・オーディエンス』のスティーヴン・ダルドリー(Stephen Daldry) が演出。人気デザイナー、ボブ・クロウリー(Bob Crowley)がが手掛けた舞台美術は圧巻でした。これを観られたことに幸せ感じます。トニー賞最優秀リバイバル作品賞受賞作品。18年ぶりの再演とか。二幕前のインタビューでヴィッド・ヘアーが再演の条件として「NTLiveでの中継」をあげたという。ツアーしたいくらいだと言っていました。よかった。この作品を日本で観ることができて。 

 

おまけ:

キャリー・マリガン(Carey Mulligan)は、『17歳の肖像』で英国アカデミー賞主演女優賞などを受賞。エディ・レッドメインとの交際を経て、2012年マーカス・マムフォードと結婚。『プライドと偏見』

ビル・ナイ(Bill Nighy)は、『ラブ・アクチュアリー』英国アカデミー賞 助演男優賞などを受賞。『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』『パイレーツ・オブ・カリビアン』

マシュー・ビアード(Matthew Beard)は、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』『17歳の肖像』

D Oscars 2010 - An Education trailer

 

(追記)f:id:Magnoliarida:20150704084414j:image トニー賞受賞の『ザ・オーディエンス』『スカイライト』、ナショナル・シアターライヴで追加上演決定! http://enterstage.jp/news/2015/06/002881.html

『ザ・オーディエンス』2015年7月25日(土)〜8月7日(金)まで シネ・リーブル池袋

『スカイライト』2015年7月3日(金)〜7月8日(水)まで TOHOシネマズ日本橋ほか 2015年8月22日(金)〜9月4日(水)まで シネ・リーブル池袋

July 02(Thu), 2015

矢島慎也 

f:id:Magnoliarida:20150702171839j:image 手倉森 Jキャップ数2位の矢島は“柔軟性のキーマン” (取材・文 矢内由美子)http://web.gekisaka.jp/news/detail/?166325-166325-fl

『今季、出場機会を求めて浦和からJ2岡山に期限付き移籍した。現在、16試合に出場し、3得点をマーク中。「去年までは浦和で試合に出ていなくて代表に呼ばれていたが、今は岡山で試合に出て選ばれている。個人的にも違いを今は感じている」と話す。』

『違いを感じると言うのは守備の一歩目と、球際の強さ。「守備の出足も大分良くなったし、球際のところもJ2はかなり荒いのでそれに負けないようにやっていることで良くなっている』

 

ひさしぶりにやじしんtweet。https://twitter.com/yanshi2139/status/616442380061818881

松本山雅の前田直輝選手と少年団一緒だったんだね。

https://twitter.com/1117196911/status/616260829986447360

 

可愛い可愛いと思っていた矢島慎也。男っぽくなってきたね。浦和から岡山にレンタル移籍中だけど、私は今シーズンもやじしんの背番号29ユニでレッズの応援がんばっているよ。

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード/Mad Max : Fury Road』★★★★★  23:19

今週3本目の映画(笑)勢いとまりません。何やら評判がいいし、家で2時間ドラマを見るなら映画館へと、空席情報見たら、たまたまエグゼクティブシートが1席空いていたので・・。

f:id:Magnoliarida:20150703140044j:image f:id:Magnoliarida:20150703140045j:image 『IMAXが今日までだったので急きょ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』最初からかな最後まですごくて😱 あまり息が出来ず、終わって2時間以上たっても心拍数が下がらない。ウォー・ボーイズの子(ニュークス)の目がキレイでした。キラキラなもの見つけたからかな?』と帰りに感想tweet。

 

女戦士フュリオサ役のシャーリーズ・セロンかっこいいなーーーー。マックス役のトム・ハーディすごいなーーーーー。彼らが砂漠を牛耳るイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)と砂漠で鬼ごっこ。

最初から何度も席から飛び上がってしまった。まだ動悸がしてます(笑)おもしろいって書いているひとが多かったから(でも、そう書いているの、男性ばかりだったわ・・)

でも、ニュークス役のニコラス・ホルトくんに救われました。恋を知った彼。「What a lovely day!」ラブリーな日を経験できてよかったよー。最期もえらかったよ。(『アバウト・ア・ボーイ』で愛くるしかったニコラス・ホルト。彼がとてもいい役だっただけでも、儲けもの)

イモータン・ジョーの美しい妻たちやフュリオサの生まれ故郷で生き残っていたおばあちゃんたちもタフで、かっこよかったーーーー!

 

『荒廃した近未来を舞台に妻子を殺された男マックスの復讐劇を描いた「マッドマックス」(1979)のシリーズ第4作。85年の「マッドマックス サンダードーム」以来30年ぶりの新作となり、過去3作でメル・ギブソンが扮した主人公マックスを、新たに「ダークナイト ライジング」「インセプション」のトム・ハーディが演じた。資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した世界。愛する者を奪われ、荒野をさまようマックスは、砂漠を支配する凶悪なイモータン・ジョーの軍団に捕らえられる。そこへジョー配下の女戦士フュリオサらが現れ、マックスはジョーへの反乱を計画する彼らと力をあわせ、自由への逃走を開始する。フュリオサ役でシャーリーズ・セロンが共演し、監督・脚本は過去3作同様にジョージ・ミラーが担当。』(映画.com)

 

『「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は愛と暴力のディズニーランドだ!爆音上映が最高で最高で最高だ!』By 週刊アスキー(盛田 諒さん) http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/348/348811/

『クルマはたえず爆発炎上し、人間はおもちゃのようにビヨヨ〜ンと飛んでいき、これ絶対死人出るだろというアクションをほとんどCGなしで撮ったというのがいまだに信じられない。ロケ地であるアフリカの砂漠が起こした奇跡としか思えない。まっさきに思い出したのはシルク・ド・ソレイユ、そしてディズニーランド。ミッキーの言葉を借りれば「イマジネーション! ハハッ!」。まさに最高の世紀末エンターテインメントディズニーは300億円かけてアトラクションを作るべきだ。』

『(逆方向だけど、絵に描いたような金髪美人スプレンディドを演じるロージー・ハンティントン=ホワイトリーはめちゃくちゃキレイでいい。そりゃジョーも惚れるわ)』←同感です。

 

『どこの劇場で見たらいいか分からない人。先週はIMAX 3Dをおすすめしたけど考えなおした。何があっても最初は爆音上映とかいうクレイジーなことをやっている立川シネマシティに行くべきだ。マッドマックスのためにコンサートホール用のサブウーファーを買ってしまったらしい。「採算? 我が仕事に一片の悔いなし」とか意味がわからないことを言っているから、世界中の人が行ってあげないといけない。』らしいです。←知らなかったから・・・私は IMAX 3Dで観たけれど、それでも凄かったーーーーーー。心臓麻痺寸前でした。

 

D

 

D Mad Max Fury Road Guitar Guy (Full Scenes) Good Quality コーマドーフ・ウォーリアー この映画はROCKだっ!

D Mad Max: Fury Road - Nux Last Stand [SPOILER]

秋のイキウメは  01:57

『口から出まかせ、「語る室」。』詳細出てました。http://www.ikiume.jp

 

イキウメの『ミッション』に出演した渡邊りょうくんは、ちょっぴりかなしい変態さんでした(『キスインヘル』)。  

『キスインヘル 粗挽業』渡邊りょうくんのBlog「サヨナラ、変態さん!」 http://amba.to/1LG3obD

July 01(Wed), 2015

「どんぐりと山猫」再放送決定  13:57

成河くんファンのみなさま、やりました!!

「どんぐりと山猫(おはなしのくに)」(2010年)の再放送日時が決定しました!http://www.nhk.or.jp/e-tele/onegai/success/index1.html

f:id:Magnoliarida:20101109213116j:image Eテレ 7月25日(土) 午後4時〜5時

その節は、たくさんの「Eね!」ありがとうございました(351もEね!)。http://www.nhk.or.jp/e-tele/onegai/detail/41649.html#main_section

 

2010年11月05日 (金) おはなしのくに 撮影現場リポート http://www.nhk.or.jp/school-blog/1000/64183.html

『100万回生きたねこ』製作発表つづき4  19:24

まだまだいきます(笑)

★げきぴあ ミュージカル『100万回生きたねこ』製作発表レポート http://community.pia.jp/stage_pia/2015/07/100neko.html

★シアターガイド『インバル・ピント&アブシャロム・ポラックの印象について、二人は「すごくオープンで温かい人。初対面だけど家族のように接してくれて、何でも相談したくなるくらい(笑)。稽古が始まれば厳しい面が見えてくるかもしれないけど、身を任せたくなるようなお二人でした」(成河)、「本当に面白い方たちで、頭で考えるのではなくて、まず声を出してみたり動いてみたりと、今までやったことのないことばかりだったので、これからのお稽古ですごく楽しみにしています」(深田)と、それぞれに振り返った。』http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2015/07/01_03.php

 

D

廃墟の休日  19:37

『テレビ東京の7月クール金曜深夜(0時52分〜1時23分)は、そんな壮大で美しい廃墟を舞台に、俳優とそのクリエイター仲間が旅する様子をお届けします。この番組は、廃墟を訪れる俳優らの素顔が見られる<ドキュメンタリー>と、彼らが道中や廃墟で繰り広げる<エチュード(即興芝居)>という2つの要素から成る、ロードムービー的ドキュメンタリー×ドラマ。今話題のドローンも活用し、4Kカメラで臨場感溢れる映像を撮影しています。国内外の神秘的な廃墟と、実力派俳優らのエチュード、そしてドキュメンタリーで垣間見られる彼らの表情……週末の深夜に新しいジャンルのロードムービー』

http://www.tv-tokyo.co.jp/official/haikyo/

『100万回生きたねこ』製作発表つづき5  01:02

★エンタステージ 「この作品で初舞台を踏めるのは幸せ」深田恭子が語る『100万回生きたねこ』−会見編− http://enterstage.jp/movie/2015/07/002925.html

D

2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |