Hatena::ブログ(Diary)

contents memorandum

 | 

2014-08-13 『本を読む本』

[][][]『本を読む本』(Mortimer J. Adler, Charles Van Doren[著] 外山滋比古[訳] 講談社学術文庫 1997//1972//1940)

原題:HOW TO READ A BOOK: The Art of Getting a Liberal Education
著者:Mortimer J. Adler(哲学)
著者:Charles Van Doren(英文学)
訳者:外山滋比古(英文学、評論)

【目次】
日本の読者の皆さんへ(一九七八年四月 哲学研究所にて モーティマー・J・アドラー) [003-004]
目次 [005-009]

第一部 読書の意味
1 読書技術と積極性 014
積極的読書/読書の目的――知識のための読書と理解のための読書/「読む」ことは「学ぶ」ことである――「教わること」と「発見すること」との違い/教師のいる場合、いない場合
2 読書のレベル 026
3 初級読書――読書の第一レベル 032
読みかた学習の諸段階/段階とレベル/高等教育と読書
4 点検読書――読書の第二レベル 039
点検読書1――組織的な拾い読み、または下読み/点検読書2――表面読み/読書の速度/目の動き/「理解すること」
5 意欲的な読者になるには 052
積極的読書への四つの質問/本を自分のものにするには/書きこみの方法/読書習慣を身につける/多くの規則から一つの習慣へ

第二部 分析読書――読書の第三レベル
6 本を分類する 068
分類の重要性/書名から何がわかるか/理論的な本と実践的な本/理論的な本の種類
7 本を透視する 087
構想とプロット――本の統一/アウトラインをつかむ/読む技術と書く技術/著者の意図を見つける/分析読書の第一段階
8 著者と折り合いをつける 109
著者の使う言葉に注意する/キー・ワードを見つける/専門用語と特殊な語彙/単語の意味をつかむ
9 著者の伝えたいことは何か 126
文および命題/キー・センテンスを見つける/命題を見つける/論証を見つける/著者の解決を検討する
10 本を正しく批評する 144
学ぶことの効用/修辞の役割/判断留保の重要性/けんか腰はよくない/反論を解消する
11 著者に賛成するか、反論するか 160
思いこみと判断/著者の主張は、果たして妥当か/論証は、果たして完全と言えるか/分析読書の第三段階
12 読書の補助手段 177
「経験」の役割/他の本から手助けを得る/注釈書や抜粋/参考図書の使いかた/辞書の使いかた/百科事典の使いかた

第三部 文学の読みかた
13 小説、戯曲、詩の読みかた 198
文学を読むとき、してはならないこと/文学を読むための一般法則/小説の読みかた/戯曲の読みかた/抒情詩の読みかた

第四部 読書の最終目標
14 シントピカル読書――読書の第四レベル 220
シントピカル読書における点検の役割/シントピカル読書の五つの段階/客観性はなぜ必要か/シントピカル読書の実例――進歩の観念について/シントピコンとその利用法/シントピカル読書の原理について/シントピカル読書のまとめ
15 読書と精神の成長 247
良書が与えてくれるもの/本のピラミッド/生きることと精神の成長

日本人の読書――訳者あとがきにかえて(外山滋比古) [256-265]

 |