contents memorandum 跡地

2018-04-13 『英米人のものの見方を理解するための教養の英語』

『英米人のものの見方を理解するための教養の英語』(臼井俊雄 ベレ出版 2013)

【目次】
はじめに(2013年秋 臼井俊雄) [003-005]
目次 [006-010]

Chapter 1 英米人の精神的根底にあるもの
1 現代社会における聖書の影響とは? 012
(1) 9・11テロ事件後の標語“UNITED WE STAND”はどこから来たのか? 012
(2) アメリカ独立運動の「自由の歌」と諺 013
(3) やはり聖書に由来した 014
(4) ギリシャ・ローマ時代のものの見方や考え方も聖書に引き継がれている 016
2 聖書やシェイクスピアなどに由来する諺 018
(1) 諺は民族の文化や考え方が濃縮された表現である 018
(2) 英語の諺を由来別に見てみよう 019
  (a) ギリシャ・ローマ時代に起源を持つ諺 
  (b) 聖書に由来する諺 
  (c) シェイクスピアに由来する諺 
  (d) その他に由来する諺 
3 アメリカ大統領 就任演説と聖書 027
(1) リンカーン第16代大統領 第2期就任演説 027
(2) ジョン・F. ケネディ第35代大統領 就任演説 027
(3) ジョンソン第36代大統領 就任演説 028
(4) ニクソン第37代大統領 第1期就任演説 029
(5) フォード第38代大統領 就任演説 030
(6) カーター第39代大統領 就任演説 031
(7) レーガン第40代大統領 第1期就任演説 031
(8) クリントン第42代大統領 第1期就任演説 032
(9) クリントン第42代大統領 第2期就任演説 032
(10) ジョージ・W. ブッシュ第43代大統領 就任演説 033
(11) ジョージ・W. ブッシュ第43代大統領 第2期就任演説 034
(12) オバマ第44代大統領 第1期就任演説 034

Chapter 2 アメリカの誕生
1 台頭するアメリカの光と影 038
(1) 自由・平等の基本的人権を掲げた独立宣言 038
(2) 南北戦争と奴隷解放宣言 039
(3) 人種差別を抱えて発展するアメリカ 041
(4) キング牧師とケネディ大統領の登場 042
2 押さえておくべき重要事項・名言 044
(1) 独立宣言 044 
(2) アメリカ合衆国国歌 046
(3) 奴隷解放宣言 048
(4) ゲティスバーグ演説 050
(5) ケネディ大統領就任演説 052
(6) アポロ計画 054
(7) キング牧師のワシントン大行進演説 056

Chapter 3 聖書を知れば英語はもっとわかる
1 聖書とは何か 062
(1) 代表的な英語訳聖書 062
(2) 旧約聖書 063
(3) 新約聖書 066
2 聖書の重要場面・名言・諺・イディオム 069
(1) 旧約聖書 069
  [1]創世記 069
  [2]出エジプト記 093
  [3]レビ記 102
  [4]民数記 103
  [5]申命記 104
  [6]士師記 105
  [7]サムエル記 上 109
  [8]サムエル記 下 114
  [9]列王記 上 120
  [10]列王記 下 123
  [11]歴代誌 下 125
  [12]ヨブ記 127
  [13]詩篇 132
  [14]箴言 141
  [15]コヘレトの言葉 152
  [16]イザヤ害 160
  [17]エレミヤ書 167
  [18]エゼキエル書 168
  [19]ダニエル書 170
  [20]ホセア書 173
  [21]ヨエル書 173
  [22]アモス書 174
  [23]ミカ書 176
(2) 新約聖書 178
  [1]マタイによる福音書 178
  [2]マルコによる福音書 222
  [3]ルカによる福音書 226
  [4]ヨハネによる福音書 236
  [5]使徒言行録 242
  [6]ローマの信徒への手紙 245
  [7]コリントの信徒への手紙1 248
  [8]コリントの信徒への手紙2 252
  [9]ガラテヤの信徒への手紙 253
  [10]エフェソの信徒への手紙 255
  [11]フィリピの信徒への手紙 255
  [12]テサロニケの信徒への手紙1 256
  [13]テサロニケの信徒への手紙2 257
  [14]テモテヘの手紙1 257
  [15]テトスヘの手紙 259
  [16]へブライ人への手紙 260
  [17]ヤコブの手紙 261
  [18]ペテロの手紙1 262
  [19]ヨハネの手紙1 263
  [20]ヨハネの黙示録 264

Chapter 4 シェイクスピアを楽しむ
1 シェイクスピア雑感 270
(1) できちゃった結婚 270
(2) 簡潔は機知の精髄 274
(3) To be, or not to be, that is the question.  276
(4) 生まれ故郷ストラット フォード アポン エーボン 276
(5) 関連するイギリスの歴史  277
2 シェイクスピア作品一覧 281
(1) 歴史劇 281
(2) 悲劇 281
(3) 喜劇 282
(4) ロマンス劇 282
(5) 詩作品 282
3 シェイクスピアの名言・諺・イディオム 283
(1) 悲劇 283
  [1]ハムレット 283
  [2]マクベス 290
  [3]リア王 293
  [4]オセロー 295
  [5]ロミオとジュリエット 297
  [6]ジュリアス・シーザー 299
  [7]アントニーとクレオパトラ 302
  [8]トロイラスとクレシダ 305
  [9]アテネのタイモン 307
  [10]タイタス・アンドロニカス 308
  [11]コリオレイナス 309
(2) 喜劇 310
  [1]ヴェニスの商人 310
  [2]お気に召すまま 313
  [3]空騒ぎ 316
  [4]十二夜 319
  [5]ウィンザーの陽気な女房たち 321
  [6]頁の夜の夢 322
  [7]終わりよければすべてよし 323
  [8]尺には尺を 325
  [9]ヴェローナの二紳士 326
  [10]じゃじゃ馬ならし 327
  [11]恋の骨折り損 328
  [12]間違いの喜劇 329
(3) ロマンス劇 330
  [1]テンペスト 330
  [2]シンベリン 331
  [3]ペリクリーズ 332
  [4]冬物語 334
(4) 歴史劇 335
  [1]ヘンリー4世 第1部 335
  [2]ヘンリー4世 第2部 336
  [3]ヘンリー5世 338
  [4]ヘンリー6世 第1部 339
  [5]ヘンリー6世 第2部 340
  [6]ヘンリー6世 第3部 340
  [7]ヘンリー8世 342
  [8]リチャ−ド2世 342
  [9]リチャード3世 344
  [10]ジョン王 346

付録 
1 初期近代英語のミニ文法 350
 (1) 二人称の代名詞 
 (2) 動詞 
 (3) 助動詞 
 (4) 二重比較、二重最上級 
2 聖書に登場する主要な人物名 356
  (a) アダムからイエスに至る主要登場人物の系図
  (b) 聖書に登場する人名等など

参考辞書・書籍 [364-365]
あとがき [366]



【抜き書き】

   参考辞書・書籍
1. The Holy Bible, King James Version, Zondervan 2002.
2. WR. F. Browning, A Dictionary of the Bible, Oxford Univ. Press 2009.
3. J. Brown et al. ed., The Complete Guide to Christian Quotations, Barbour Publishing 2011.
4. E. Knowles ed., Oxford Dictionary of Quotations, Oxford Univ. Press 2009.
5. J. Speake ed., The Oxford Dictionary of Proverbs, Oxford Univ. Press 2008.
6. J. Law ed., The Penguin Dictionary of Proverbs, Market House Books 2000.
7. U. McGovem et al. ed., Dictionary of Quotations, Chambers Harrap Publishers 2005.
8. N. Rees, Brewer's Famous Quotations, Chambers Harrap Publishers 2009.
9. J. Armstrong, The Arden Dictionary of Shakespeare Quotations, Bloomsbury Publishing 2010.
10. G. B. Evans et al. Ed., The Riverside Shakespeare, Wadsworth 1997.
11. J. Bate and E. Rasmussen Ed., William Shakespeare Complete Works, Macmillan Publishers 2008.
12. D. Crystal and B. Crystal, Shakespeare's Words, Penguin Books 2004.
13. C. T. Onions, A Shakespeare Glossary, Oxford Univ. Press 1986.
14. 竹林滋・東信行・寺澤芳雄・安藤貞雄・小島義郎・河上道生 編著『新英和大辞典』研究社 2002.
15. 小西友七・南出康世 編著『ジーニアス英和大辞典』大修館書店 2001.
16. 安藤貞雄 編著『英語イディオム・句動詞大辞典』三省堂 2011.
17. 荒井献・池田裕 編著『聖書名言辞典』講談社 2004.
18. 外山滋比古 他編『英語名句辞典』大修館書店 1984.
19. 戸田豊 編著『現代英語ことわざ辞典』リーベル出版 2004.
20. 曾根田憲三、ケネス・アンダーソン『英語ことわざ用法辞典』大学書林 1996.
21. 苅部恒徳・笹川壽昭・小山良一・田中芳晴『徹底解明欽定英訳聖書初版マタイ福音書』研究社 2002.
22. 盛田義彦『聖書英語の研究』英宝社 2013.
23. 中尾俊夫・寺島廸子『図説英語史入門』大修館書店 2009.
24. 小野捷・伊藤弘之『近代英語の発達』英潮社フェニックス 2009.
25. 寺澤芳雄 編著『名句で読む英語聖書』研究社 2010.
26. 小野経男『聖書に由来する英語員用句の辞典』大修館書店2011.
27. デイビッド・クリスタル著、橋本功・八木橋宏勇訳『聖書起源のイディオム』慶応義塾大学出版会 2012.
28. 西尾道子・バーバラ片岡『旧約聖書の英語』講談社 2000.
29. 西尾道子『新約聖書の英語』サイマル出版会1990.
30. ベンジャミン・ウッドワード編著、中村直子訳『英語で読む旧約聖書』ジャパンタイムズ 2010.
31. ベンジャミン・ウッドワード編著、中村直子訳『英語で読む新約聖書』ジャパンタイムズ 2010.
32. 西森マリー『聖書をわかれば英語はもっとわかる』講談社 2013.
33. 木下和好『聖書がわかれば英語がわかる』ダイヤモンド社 2001.
34. 石黒マリーロ−ズ『聖書でわかる英語表現』岩波書店 2011.
35. 大島力 監修『図解聖書』西東社 2012.
36. 土井かおる 監修『よくわかるキリスト教』PHP研究所 2012.
37. 荒井良雄,大場建治・川崎淳之助 編著『シェイクスピア大事典』日本図書センター 2002.
38. 高橋康也・大場建治・喜村哲雄・村上淑郎 編著『シェイクスピア辞典』研究社 2000.
39. 小林章夫・河合祥一郎編著『シェイクスピアハンドブック』三省堂 2010.
40. 上野美子・松岡和子・加藤行夫・井出新 編著『シェイクスピア大全(CD ROM版)』新潮社 2003.
41. 大場建治『シェイクスピア選集全10巻』研究社 2005-2011.
42. 小田島雄志『シェイクスピア名言集』岩波書店 2012.
43. 中野舂夫『シェイクスピアの英語で学ぶここ一番の決めゼリフ』マガジンハウス 2002.
44. 河合祥一郎『シェイクスピアは誘う』小学館 2004.
45. 佐久間康夫『心に響け、シェイクスピア』NHK出版 2009.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Mandarine/20180413/1523972492