Hatena::ブログ(Diary)

混沌(Chaos)なバグ このページをアンテナに追加 RSSフィード

January 28(Fri), 2011 01234567890123456789012345678901 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

April 13(Tue), 2010

一台に集約される時代が来る

| 01:09 | 一台に集約される時代が来るを含むブックマーク 一台に集約される時代が来るのブックマークコメント

なぜ、あまり話題にならないのか不思議なんだが、一人、一つ、スマートフォン端末の時代が直ぐそこにあると思っている。

いやスマートフォンと言うのは、少し語弊があるかもしない、携帯とかPCとかスマートフォンは全て一つに集約する時代が直ぐそこまで来てると思うのだ。

仕事、SNS、電子マネー、電子書籍まで全て一つの端末で済むようになるだろう。


肌身離さない端末を一つ持ち、何処でもディスプレイやキーボードを付けるだけ、後はクラウドのアッチ側で全てを処理する。

ずっと起動しているので、わざわざスイッチONして立ち上がりを待つ必要も無い。


朝、自分の端末に設定した時間に起きる。

GPS機能で近くにバスが来る、出勤しようと家の玄関を通ると勝手に鍵が掛かる。

自動に改札を通り、電車にのる。新聞、雑誌、マンガなど電子書籍を電車の中で楽しむ。

会社に着き、自分の端末をキーボード、ディスプレイにつなげ、仕事を始める。

HTML5かJILかFlexか何かでアッチ側に接続し、仕事を始める。全てWebメールで内容を共有する。

仕事が終わり、服を買いに行く、ショップで好みの服を選び、電子マネーで支払いを済ませ、品物は送ってもらう。

家に帰り、ダラダラと友人とSNSゲームなどして、ブログなどを書く時には、ディスプレイとキーボードをつなげる。


数年後には、一つの端末で十分事足り事になると思ってるのだが、妄想なのだろうか?

もちろん、3Dゲームには処理速度が追いつかないかもしれないし、セキュリティにも問題があるかもしれない。


一つ思う事がiPhoneとかAndroidがスマートフォンから進化する事に余り語られていないのが不思議である。

携帯とかPCとかスマートフォンは全て一つに集約するのは間違いないだろう。


それこそ、XperiaでTVなどの家電に繋がってくれれば良いと思ってるのだがね。

April 06(Tue), 2010

ブログを引っ越そうか

| 10:00 | ブログを引っ越そうかを含むブックマーク ブログを引っ越そうかのブックマークコメント

考えてる。私は会社のホームページをWordPressで作っているのだが、そちらの方がなんとなくしっくり来る。

また、最近、どうも重い。先ほどまで「見積り」に関してエントリを書いていたのだが、消してしまった。

f:id:MasaMura:20100406095001j:image

ThinkPadのキーボード、キーの感触が好きなんだが、この”戻る”ボタンでエントリが消えてしまった。

WPならば、「内容を破棄しますか?」なんて聞いてくるのだが、なにも聞かずに、戻ってしまうので、全てぶっ飛んでしまう。

まぁ私がこのブログシステムを使いきれてないのは、明白なのだが、ここで慣れたWPに移行するのが本格的に考えるようになってきた。

この先、WPの受託案件も来る可能性があり、PHPもまともに使えるようになってたい、下心もある。

まぁそんな時間が無いとおもうのだが、少し考えている。

February 24(Wed), 2010 良質の情報とは

ある、セミナーに言って来た。以下がそのセミナーの特徴

| 09:42 | ある、セミナーに言って来た。以下がそのセミナーの特徴を含むブックマーク ある、セミナーに言って来た。以下がそのセミナーの特徴のブックマークコメント

  • 値段→4万
  • 主催者→大手の技術書などを出している出版社
  • 時間→丸一日

で、まぁ結果から言いますと、「ドブに金を捨てる」ようなものでした。


私は、価値ある情報には、お金を払うべきだと思う。


ネットで出てこない様な貴重な情報は、喉から手が出る程欲しい、マーケットでとても重要だからです。

逆に言えばネットの情報は信頼性が低い上に、大量の情報がそこら中に分散してるので、非常に混乱するし、正しい情報かどうかが解らず、マーケットの判断材料としては、価値が低いです。

ネットの情報をマーケットにしてる人は、それなりの経験値と、「嘘を嘘と見抜いて」使えてる人だと思う。


話がそれたが、そのセミナーの内容は、殆どがネットで転がっている、ここ数年の情報であり、私は殆ど知っている情報だった。

また、セミナーの講師の方々がお話してる、独自の考察も、全て何処かで聞いた様な内容で、新鮮さ•見新しさが無く、当たり前の話ばかりであった、もちろん中には、ネットに転がっていない、大手広告会社の集計リサーチデータもあり、ネットでは転がってない情報などもあった。


ただ、セミナーの構成も酷かった、マーケティングから企業戦略からハードの話やら、あるデバイスの話やら、全く関連性が無い構成だった。恐らくハードの人が一番多かったと思うが、その方達は、ハードの話以外、全く意味をなさず、時間の無駄だっただろう。


私は、このセミナーの90%が無駄だった。


話は変わり、私は勉強会や2、3時間のセミナーに一ヶ月に一回ほど、参加している。

この手のセミナーは\3000くらいのモノだが遥かに貴重な情報や、面白いお話を聞ける事が多かった。

これからもちょくちょく出かけて行きたいと思う。


しかし、\10000を超えるセミナーには、二度と行く事は、無いと思う。

私は価値ある情報には金を払うのは当たり前だと思っているが、ネットで転がっている情報に数万円を払う気はない。

こんな、適当な仕事をしてるから出版業界は、危機に立たされているだと思う。


あなた達は価値ある情報を提供するのが仕事ではないのですか?

信頼と権威を持ち、足を使い貴重な情報とコネを持ち、それらをお金にするのが出版社の仕事ではないのでしょうか?

私は今回の事で大きく絶望した。どれが本物の情報かが解らなくなって来たいるからだ。


これからは貴重な情報には、金が入る時代が必ず来る。

これだけジャンク情報過多の時代だ。私は金を出して、良質の情報を効率よく収集したいと思っている。


なんども言うが他社に勝つには、貴重な情報が必要なのだ。

その貴重な情報には金が入るはずなのだ。その基本が覆る事はない。

January 16(Sat), 2010

インターネットはオープンがmustなのか?

| 02:02 | インターネットはオープンがmustなのか?を含むブックマーク インターネットはオープンがmustなのか?のブックマークコメント

中国とGoogleが問題になっているらしい。Gmailへのアタックなどは大問題だ。

だが、しかし、中国がネットに関して検閲を行っている事は、他国が口を出す事では無いような気がする。


「ネットはオープンな場であるべき」と言うネットの常識は誰が定義しだしたのだろうか?


世論統制などは、個人的には少し疑問に抱く所はあるが、検索エンジンをGoogleに頼るのは、中国として得策では無いのは理解ができる。

日本のソフトウェア産業全体がアメリカに遅れを取っており、主導権は完全にあちら側にあるのは、誰しも認める事実だ。

そして、2、30年ほど昔は、日本は半導体分野で世界一だったのも事実だ。

ソフトウェアが実行される基礎の半導体が発達していたにも関わらず、ソフト産業は伸びなかった。

その伸びなかった原因の一つに日本政府に問題があったかもしれない。


もし、政府が多少なりともソフト輸入に規制を掛けていたならば、もう少し日本製のソフトが海外に顔をだし、SONYのスマートフォン携帯にのるのが、Androidでなく、TRONだったかもしれない。

今ある全てのPCは国産OSだったかもしれない。


仕事絡みで助成金などを調べる事があるが、日本はハードに絡む部分にはお金を出すが、純粋なソフトには何も助成しない。

そう考えると、もう少し、ソフトウェアにも国が色々とやってくれても良かったのではないか。

Connection: close