高倉仮面、いまだ木鶏たりえず

2010-09-18 9/18 SB 後楽園ホール興行 ツイート観戦記

ここからは先週末のSBの観戦記を。アンディ・サワーの凱旋&日菜太との対戦ばかりがクローズアップされた興行だが、SBファン的には梅野孝明鈴木悟S-CUP出場権争い、日下部竜也のSBスーパーバンタム級王座挑戦なども注目の的。ま、対外的な話題としては、やっぱサワーだよね。
posted at 22:21:41

SB第一試合、シーザージムの坂本優起vsシーザー新小岩のJANBO YO-SUKE。YO-SUKEはこれがデビュー戦で、勢いに任せたワンツーの連打でいきなり坂本からダウンを奪うも、この後もYO-SUKEはパンチを打ち続けたが…。 http://p.twipple.jp/2sqxd
posted at 22:30:17

(続き)後先考えずにパンチを打ち続けたYO-SUKEは、あっという間に打ち疲れ。反対に坂本はワンツーや右ミドル、右膝を浴びせ続けて試合の流れを掴む。ダウンを奪われながらも2R、3Rを取り返した坂本は判定でドローへと持ち込む。 http://p.twipple.jp/w27pL
posted at 22:31:54

(続き)迎えた延長R、相変わらず疲れているYO-SUKEを坂本が休まず攻め続け、判定で逆転勝利をもぎ取った。 http://p.twipple.jp/m9xe9
posted at 22:32:30

SB第二試合、元ホームレス中学生の高島龍弘vs名古屋GSBの超新星、16歳の松花征也。1R、パンチを武器に前に出る高島を、蹴りで突き放す松花。ロープ際でワンツーと膝蹴りを連打すると、まともに浴びた高島はダウンを喫した。 http://p.twipple.jp/yQ476
posted at 22:33:17

(続き)この後も左ジャブ、左ボディ、膝蹴りで試合をリードする松花。高島も反撃しようとするも、接近する際に頭を下げ過ぎるあまり、松花の首相撲に簡単に捕まってしまう場面が目立つ。 http://p.twipple.jp/NF9pJ
posted at 22:35:20

(続き)3Rにも左ボディと膝蹴りで2回ダウンを奪い、試合のペースを崩さなかった松花が判定で完勝。う〜ん、前座の試合という事もあって、あまり目立たないけど…これって実はアップセットだと思う。 http://p.twipple.jp/4Bsck
posted at 22:38:32

SB第三試合、GSB所属の崎村暁東33歳vs力道場の菅原悠次16歳。お互いにワンツーを交差させる展開の中、徐々に崎村が右膝と左ミドルで試合をリード。菅原もよく反撃したが、3Rになると表情に疲労の色が。判定で崎村が勝利。 http://p.twipple.jp/CEtJD
posted at 22:41:13

SB第四試合、総合が主戦場のMEGATON戦士の誠吾vsシーザー新小岩の吉田高行。体重差は約35kg、巨体に物を言わせた誠吾は無理して攻めずにドッシリと構える。対する吉田はサークリングを駆使しつつ右ローを重ねる。 http://p.twipple.jp/5kmRL
posted at 22:42:04

(続き)だが、いざ誠吾が前に出てパンチをブンブン振れば、その迫力に観客は騒然。そして2R、誠吾は何とバックドロップを決めてシュートポイントを2p獲得。尚も迫力のあるフックで攻める誠吾だが、徐々に吉田の右ローで機動力を失い始める。 http://p.twipple.jp/fFaX3
posted at 22:44:26

(続き)それでも誠吾は初志貫徹。ローの防御を捨て、動ける時にズンズン前に出る攻め方を貫き通し、左脚に大きなダメージを負いながらも判定勝利。これは誠吾の作戦勝ちだね。変にパンチに頼らず、投げに賭けたのが良かった。 http://p.twipple.jp/qLZzm
posted at 22:45:36

SB第四試合の後にはRENAが登場。Girls S-CUPを二連覇したRENAが登場、挨拶を行なった。内容は無難なものだったので割愛。 http://p.twipple.jp/VFZ7J
posted at 22:47:56

SB第五試合、前回興行で不死身夜天慶を破った鈴木博昭vsムエタイ戦士タップロン・ボーチョーローソーン。試合全体を通して、初の対ムエタイ戦となる鈴木が、ムエタイ独特の間合いから重い右ミドルを放つタップロンのペースを崩せない。 http://p.twipple.jp/GQDvz
posted at 22:49:15

(続き)淡々と右ミドルを放つタップロンに、鈴木博昭は接近しての左右ローで攻めようとするも、タップロンは首相撲からの投げで迎撃。ひたすらこの図式が続いて5Rが終了、判定でタップロンが勝利。 http://p.twipple.jp/JyqaB
posted at 22:50:28

(続き)鈴木は最後まで対ムエタイの打開策を見い出すことができなかった印象。今後の闘いに向けて大きな課題を残す結果となった。う〜む、あのマッチョな鈴木がタップロンと組むとパワー負けするんだもんなぁ。ムエタイ恐るべし。 http://p.twipple.jp/qvH6h
posted at 22:52:54

SB第六試合、王者のファントム進也vs挑戦者の日下部竜也によるSBスーパーバンタム級王座戦。開始直後からサークリングで様子を見る日下部に対して、ファントムは詰めてからのコンビネーションで攻め込むが、日下部の動きには余裕がある。 http://p.twipple.jp/ALDrG
posted at 22:55:12

(続き)2R後半、日下部が攻め始める。ヒット&アウェイで単発の打撃を当てて行く日下部、左フックや右フックがヒットし、ファントムの打撃はかわしてしまう。う〜む、K-1甲子園出身の選手は本当に侮れないな。 http://p.twipple.jp/gtC9A
posted at 22:56:11

(続き)迎えた3R、日下部は左右フックと廻し蹴りで一気にファントムを攻め立て、得意の突き刺すソバットから左ボディを一閃。喰らったファントムが崩れた後、立ち上がれず。こうしてSBに18歳の新王者が誕生した。日下部強し、この一言だ! http://p.twipple.jp/6qTFM
posted at 22:57:45

(続き)試合後、元王者となったファントム進也が引退を発表。公式発表はなかったが、頚椎のヘルニアが悪化したらしい。今回の試合もあまり練習ができなかったようだ。う〜む、残念だなぁ。生涯戦績24戦14勝9敗1分8KO。 http://p.twipple.jp/suwGf
posted at 22:58:53

休憩明けにはシーザー武志会長が登場、ついにS-CUP 2010の開催地を発表。11/23(木・祝)、JCBホール。う〜ん、今年のS-CUPはチケットのキープが大変そうだな。あと、会長の呂律があまり回っていないのが気になった…。 http://p.twipple.jp/AGnd5
posted at 23:00:10

SB第七試合、「東洋のハルク」梅野孝明vs「ボクシング日本王者」鈴木悟王子。湘南乃風のリーダーのRED RICE氏が激励に駆けつける中で試合は開始。ボクシング王者が相手という事もあり、梅野はパンチではなく右ローで王子を攻め込む。 http://p.twipple.jp/kVXu6
posted at 23:01:46

(続き)対する王子、丁寧に左ジャブを伸ばして距離を取り、右ストレートや左ボディで攻める。更に1R終盤、王子は首投げを決めてシュートポイントを1p獲得。う〜ん、梅野は圧力は凄いんだけど、丁寧に距離を取る選手には案外弱いんだよなぁ。 http://p.twipple.jp/CXKke
posted at 23:02:35

(続き)試合は「鈴木のパンチ&投げvs梅野の右ロー」という展開に。梅野としては得意の「ハルクタイム」に持ち込みたいところだが、鈴木は丁寧に左ジャブを当て続ける事で、梅野を懐に飛び込ませない。鈴木は梅野の闘い方を研究してきた様子。 http://p.twipple.jp/BaNvd
posted at 23:03:58

(続き)それでも梅野が右ローを放ち続けると、鈴木の左脚が悲鳴を上げる。チャンスと見た梅野は前に出たが、鈴木は3R終盤に、何とバックドロップを決めてシュートポイントを2p獲得!宍戸戦に続くバックドロップ、この男の投げは本物だ! http://p.twipple.jp/hPETK
posted at 23:06:20

(続き)これでポイント上は鈴木が俄然有利になったが、左脚のダメージも大きいか。迎えた4R、鈴木の左ジャブと左ボディに苦戦しながらも、パンチをかわそうとする鈴木の顔面に梅野が右ミドルを浴びせてダウンを奪う。面白くなってきた! http://p.twipple.jp/C3NLX
posted at 23:08:37

(続き)これを機に梅野は一気に右フックを連打し、得意の「ハルクタイム」に持ち込もうとする。だが鈴木は攻められながらも左ジャブで丁寧に距離を取ってこれをしのぐと、再び首投げを決めてシュートポイントを更に1p獲得。おお、冷静だ! http://p.twipple.jp/35XHH
posted at 23:10:36

(続き)だが、試合は唐突に終了。鈴木が強引な首投げを放った際、右手を着いてしまい肩を脱臼してしまったのだ。う〜ん、これは残念だなぁ。試合はこれからが面白くなるところだったのに…。 http://p.twipple.jp/rybyc
posted at 23:12:59

(続き)試合の感想だが…。梅野は金井健治戦でも露呈した「丁寧に距離を取る相手に弱い」という弱点が出た格好。それでも右ローは鈴木に相当効いていたので、もし試合が続いていたら逆転もあったかもしれない。 http://p.twipple.jp/fDPku
posted at 23:14:06

(続き)だが、鈴木もポイントは大幅に上回っていたので、しっかりと左ジャブで距離を保てば、判定で鈴木の勝利もあったかもしれない。だが梅野は劣勢でも前に出れる選手…なんて考えていると、もう少し先が観たい試合だ、というか。再戦希望! http://p.twipple.jp/LFybg
posted at 23:17:36

SB第八試合、「SBの日本人エース」宍戸大樹vs長身の持ち主ミロウド・ゲイブリ。181cmという公式発表以上の身長、そして四肢のリーチの長さを武器に、ゲイブリが宍戸の間合いの外からワンツーと奥足への左ロー、左ハイを放つ。 http://p.twipple.jp/P2BXA
posted at 23:19:22

(続き)「う〜ん、宍戸はどう、この巨人を崩すんだろ?」なんて思っていたが、宍戸はいつも通り、サイドキックや裏拳といった派手な技を散らしつつ、左ボディや右ミドルといった打撃でいつも通りにゲイブリの体力をゆっくり奪う作戦に出る。 http://p.twipple.jp/bRprw
posted at 23:20:31

(続き)だが、やはりリーチ差は大きく、なかなか自分の打撃を出すことができない宍戸。それでも3R終盤、宍戸は首投げを決めてシュートポイントを1p獲得すると、尚も右ミドルを武器に前に出る。 http://p.twipple.jp/hb9Ch
posted at 23:21:58

(続き)だがゲイブリは崩れる気配を見せず、逆にワンツー、左ロー、左膝で宍戸の動きを止めていく。う〜ん、如何ともし難いなぁ。こうして試合は終了。本戦の判定結果は1-1のドロー、試合は延長戦へと突入。 http://p.twipple.jp/HdWz7
posted at 23:23:16

(続き)延長R、前半は一気に前に出て右ミドル、右ロー、ワンツーで攻め込み、ソバットを連発する宍戸。だが後半はゲイブリが前蹴りと左ジャブ、そして右ローを連発。この攻撃を浴びた宍戸は疲れてしまった。延長判定は2-0でゲイブリの勝利。 http://p.twipple.jp/nU2z4
posted at 23:24:53

(続き)思っていた以上にゲイブリが安定していた上、宍戸の攻め方が全く通用しなかった。正直、S-CUP 2010を前にこの負け方は痛過ぎる。実際、会長もS-CUP脱落を口にしたらしい。厳しいようだが…今日の内容ではやむなし、か? http://p.twipple.jp/wGD3C
posted at 23:26:31

SB第九試合、K-1 MAX王者&S-CUP覇者アンディ・サワーvs正統派&実力派キックボクサー日菜太関根勤が激励に駆けつける中、日菜太左ミドルや左ローを連発。RISEでは強豪キシェンコをKOして勢いに乗る日菜太だが…。 http://p.twipple.jp/SNnb6
posted at 23:30:46

(続き)リーチが長く、破壊力のありそうな蹴りを連発する日菜太に組み付いたサワーは、何とスルリとバックを奪ってスリーパーを敢行!完全に虚を突かれた日菜太は防御もままならず、サワーに絞め上げられる一方。 http://p.twipple.jp/C6RD6
posted at 23:32:05

(続き)やがて日菜太がタップすると、日菜太応援団からは怒号が、そしてSBファンからは歓声が起こった。勝ったサワーはノリノリで観客の声援に応えると、最近亡くなった友人に対して黙祷を捧げていた。 http://p.twipple.jp/bBn6J
posted at 23:32:45

(続き)う〜ん、この結末は読めなかった。長い事、SBを観戦しているけど、サワーが関節技を仕掛けたのって全然記憶にないんだよなぁ。これは日菜太はおろか、観客の誰もが予想していなかった結末だろうね。 http://p.twipple.jp/rztBm
posted at 23:33:32

(続き)キシェンコ戦での勝利で勢いに乗る日菜太だが、RISEを主戦場にしていた彼はキックルールよりもK-1ルールでの戦歴が長い。となると、彼の身体に刷り込まれた「ブレイクのタイミング」が勝敗の鍵だったのかなぁ、と僕は考える。 http://p.twipple.jp/FESx2
posted at 23:34:16

(続き)投げ技が許されているSBの場合、組み付いてからのブレイクはキックよりも長い傾向がある。ましてやサワーが行なったバックを奪う行為は、キックルールでは直ちにブレイクになる。恐らく日菜太はブレイクを待って気を抜いたのだろう。 http://p.twipple.jp/Ap6Mw
posted at 23:35:24

(続き)そうなると気になるのは、セコンドはちゃんと「気を抜くな!」とか、声を掛けていたのかなぁ、という事かなぁ。ま、いずれにせよ日菜太は完敗だね。日菜太はこの敗北に納得がいかないようだけど、僕は完敗だと思う。サワーお見事! http://p.twipple.jp/TrFGX
posted at 23:37:06

SB雑感。日下部の圧倒的な戴冠劇、続きのある気配のする名勝負となった梅野vs王子、そして世にも珍しいサワーのスリーパーと、いい試合が続いた興行ではあったが、実は鈴木博昭のムエタイ挑戦、そして宍戸の試合のテンポがかなり悪く、今日はここに体力を奪われてしまった。
posted at 23:38:00

(続き)詰まらなくはなかったんだけど、試合後はちょっと疲れちゃったなぁ、という感じ。さてS-CUP 2010についてだが、僕としてはサワー、ボーウィー、梅野、鈴木の四人を入れて欲しいなぁ。宍戸は会長の判断に任せます。あと、本人がやる気なら日菜太も。おお、何気に豪華じゃん(笑)。
posted at 23:38:19

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Mask_Takakura/20100918

2010-08-28 8/28のお品書き Girls S-CUP 2010に向けて

今日は色々とアップすると思います、多分。

6/6 SB 後楽園ホール興行 観戦記 Ver1.0

http://d.hatena.ne.jp/Mask_Takakura/20100606

いよいよ明日となったGirls S-CUP 2010。その前回の興行となる6/6のSBでは、トーナメントに出場する三人の日本人選手の試合が組まれた。渡辺久江、V一、そしてRENA…彼女達の前哨戦は、それぞれに課題の残る結果に。そしてメインイベントでは宍戸大樹が、K-1 MAXの猛者ヴァージル・カラコダとの試合に挑む!

f:id:Mask_Takakura:20100828032734:image f:id:Mask_Takakura:20100828032745:image

f:id:Mask_Takakura:20100828032757:image f:id:Mask_Takakura:20100828032845:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Mask_Takakura/20100828

2010-08-25 8/25のお品書き UFCとBFC、どちらも海外ですな

今一つ、何がアップされるか先の読めないこのブログ(今月二回目のフレーズ)。今回はUFC地上波放送と、BFCのネット中継の観戦記をアップします。

8/1 UFC サンディエゴSA興行 TV観戦記

http://d.hatena.ne.jp/Mask_Takakura/20100801

今年二度目の地上波放送が実現したUFC観戦記五味隆典が再起を掛けてタイソン・グリフィンに挑む。またこの日は岡見勇信ジョン・ジョーンズの試合などもありました。好勝負が続いた良い興行でしたね。

f:id:Mask_Takakura:20100824222826:image

8/12 ベラトールFC セミノールHRH&C興行 ネット観戦記 ver1.0

http://d.hatena.ne.jp/Mask_Takakura/20100819

ネット上での無料放送が実現したベラトールFC観戦記藤井惠が女子格闘技最強を目指して、女子115pトーナメントの一回戦に挑む。またこの日は、ヘクター・ロンバードの試合もありました。テンポよく一本勝ちの続いた良い興行でした。

f:id:Mask_Takakura:20100824230559:image

8/19 ベラトールFC シカゴシアター興行 ネット観戦記 ver1.0

http://d.hatena.ne.jp/Mask_Takakura/20100824

二週連続でのネット上での無料放送が実現したベラトールFC観戦記日本人選手は誰も参戦していませんが、戦極(現SRC)に参戦経験のあるダン・ホーンバックルが試合に挑んだりしています。しかし、ヘビー級トーナメント一回戦の二試合は…。正直、テンポはかなり悪い興行になってしまいましたなぁ…。

f:id:Mask_Takakura:20100825000032:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Mask_Takakura/20100825

2010-08-24 8/19 ベラトールFC シカゴシアター興行 ネット観戦記 Ver1.0

再びネットで観戦です。

先週に引き続きネットでの無料放送があったので、ベラトールFCを観戦。


さてさて。今回の興行で注目すべきは…わからん。何せ、先週からの流れに乗って、何も考えずに観戦しているダケなので、どんな選手がいるかもサッパリわからん。観戦記については、一応選手を調べながら書いていくけど…。いつも以上に選手のことは何も書けなさそうだな(苦笑)。


というワケで、序文もロクに書かないまま試合に移行する。だって、本当にわからないんだもん(苦笑)。


第二試合 グラウンドに付き合わない

ベラトールFC 女子115ポンドトーナメント 一回戦 5分3R

○ゾイラ・フラウスト(165cm/52.2kg/アメリカ/ProBuhawe)

ジェシカ・ペーナ(165cm/51.7kg/アメリカ/サブファイター・マーシャルアーツ)

[判定 3−0]

藤井惠も参戦しているベラトールFCの女子115ポンドトーナメントの一回戦の一部。対戦するのは、格闘技のベースがテコンドームエタイだというゾイラ・フラウストと、ベースがキックボクシンググラップリングだというジェシカ・ペーナ。ちなみに勝った方が、前回の興行で一回戦を突破したジェシカ・アギラーと対戦する。それにしても、二人とも脚が長いなぁ。

f:id:Mask_Takakura:20100825000026:image

1R、スタンドでの打ち合いの中、まずはフラウストが胴タックルを敢行。これを受け止めたペーナが金網際へ押し込み、崩しに掛かったがフラウストは崩れない。金網際での主導権争いの後、バックに回ったフラウストが膝蹴りを放つ。両者は離れてスタンド、フラウストが牽制の右ローを放つ。対するペーナは右ミドルで抵抗すると前へ出てタックルを敢行するが、フラウストは金網際で入れ替わり、離れ際にパンチ〜右ハイのコンビネーション。う〜ん、フラウストは立ち技が中心のようだが、際での対処方法を解っている感じがするなぁ。

ペーナの膝蹴り、フラウストの左ハイが交差する中で、再びペーナがタックルを敢行。これを受けたフラウストは逆に押し倒すも、ペーナは倒れる際にフラウストの足を捕まえた。フラウストが離れたところで1Rは終了。ここまではフラウスト優位だね。

f:id:Mask_Takakura:20100825000027:image

2R、右ローで牽制しつつリングを回るフラウスト。対するペーナはプレッシャーを掛けながら前に出て胴タックルを仕掛けるも、フラウストがこれを切る。尚もプレッシャーを掛けるペーナに対して、フラウストは蹴りで対抗。ペーナは再び胴タックルを敢行するも、フラウストは金網際で入れ替わって膝蹴りを放つ。この後、金網際での攻防が続き、離れ際にフラウストはワンツーでプレッシャーを掛ける。グラウンドで勝負を掛けたいペーナは再び組み付くも、フラウストは金網際で突き放し、尚も接近するペーナを押し倒してしまう。う〜ん、これは鉄壁だなぁ。

f:id:Mask_Takakura:20100825000028:image

3R、諦めないペーナは前に出てプレッシャーを掛けるも。フラウストは右ローを放って応戦。両者の距離が開く中で、ペーナはジリジリと前に出ると首相撲を意識したタックルを敢行。だがフラウストはこれを捌くと、逆にペーナをテイクダウンしてしまう。慌ててグラウンドを脱出するペーナ、スタンドから再三再四のタックルを仕掛けるが、フラウストはこれを捌いて金網際で突き放すと、鋭いソバットを入れる。最後は尚も組み付くペーナに対して、フラウストが首相撲から投げを放ち、右ミドルで追撃していた。

f:id:Mask_Takakura:20100825000029:image

ここで試合は終了。判定の結果、3−0でフラウストが勝利。

f:id:Mask_Takakura:20100825000030:image

う〜ん、フラウストが最後まで徹底してグラウンドに付き合わなかったなぁ、という印象以上の感想はないかなぁ。ただ、なんとなくジェシカ・アギラーとやったらアッサリと負けそうな、そんな気がした。

f:id:Mask_Takakura:20100825000031:image


第三試合 グラウンドにならない

ウェルター級 5分3R

○ダン・ホーンバックル(188cm/77.3kg/アメリカ/アメリカン・トップチーム)

●ブラッド・ブラックバーン(178cm/76.7kg/ヴィクトリーアスレチックス)

[判定 3−0]

おお!戦極にも参戦し、郷野聡寛を右ハイキックでKOした経験を持つ「人間ユンボ」ダン・ホーンバックルか!今日のように半分「お試し」の気分で観戦している時に、少しでも知っている選手が試合をする事のなんと嬉しい事か。そんなホーンバックルの対戦相手は、UFC長南亮に判定勝利した経験を持つブラッド・ブラックバーン。ボクシングがベースの選手のようだ。

f:id:Mask_Takakura:20100825000032:image

1R、まずはブラックバーンがワンツーを武器に前に出るも、ホーンバックルはカウンターのタックルを決め、ブラックバーンを高々と持ち上げから豪快にテイクダウン。観客からは歓声が沸いたが、ブラックバーンはアッサリと立ち上がると、今度は右ストレートを決めてホーンバックルを倒してしまう。インサイドに入ったブラックバーンに対して、ホーンバックルは下から組み付いて抵抗、試合はやや膠着。

f:id:Mask_Takakura:20100825000033:image

暫くして、ホーンバックルは下から脚力を効かせてブラックバーンを押し上げ、見事にグラウンドを脱出。両者スタンドで試合は再開、ボクシング出身だけあってブラックバーンのワンツーはナカナカ鋭い。だがホーンバックルも打撃で真っ向勝負、ブラックバーンのパンチを恐れずにその場でテンカオ〜フックのコンビネーションを見せる。スタンドでの主導権争い、ホーンバックルは膝を効かせて攻めると、ブラックバードの右ローにもローで応戦。ラウンド終了直前、ブラックバードはストレートを放って突進して金網際で組み付いたが、1Rはここで終了。ここまでは互角だな。

f:id:Mask_Takakura:20100825000034:image

2R、両者ともに様子見の状態、ブラックバートが放つストレートの軌道が美しい。対するホーンバックルも度胸良くパンチを返す中、ホーンバックルの右フックがヒット。チャンスと見たホーンバックルのプレッシャーが増すが、ブラックバートも右ローを効かせて付け入る隙を与えない。尚も続く主導権争い、ブラックバードのワンツーに対して、ホーンバックルは逃げずに打撃で応戦。この後、ブラックバードの右ミドルがローブローとなり試合は中断。

f:id:Mask_Takakura:20100825000035:image

再開後、尚も続く主導権争い。ブラックバードは美しいワンツーを放つも…。次の瞬間、郷野をKOしたホーンバックルの右ハイキックがヒット。ダメージを受けたブラックバードは組み付きに行くも、ホーンバックルはこれを突き放す。

そしてここから、徐々にホーンバックルが主導権を握り始める。パンチが交差する場面が増えていく中、ホーンバックルは要所でテンカオを効かせ、ブラックバードの鋭いパンチを目にしても、逃げる事なくその場でパンチを返していく。更には左ミドルを連発すると、喰らったブラックバードは思わずスリップ

f:id:Mask_Takakura:20100825000036:image

迎えた3R、まずはブラックバードが右ミドルを重ねたが、これにホーンバックルもパンチを返し、ワンツー〜右ミドルのコンビネーションを見せる。後がないブラックバードは前に出ると、ホーンバックルは右のパンチを返してワンツー、そして右ミドルと次々に打撃を放つ。

f:id:Mask_Takakura:20100825000037:image

段々とお互いに打撃の出る機会が増えていく中、主導権を握ったのはホーンバックル。プレッシャーを掛けつつ前に出て、パンチを返してくるブラックバードに左ジャブを伸ばしつつ、右ミドルや右ローを放つ。ブラックバードも打撃を返したが、気後れしているのか攻めが後手に回っている。時折、前に出るブラックバード、しかしホーンバックルは右ミドルとパンチで迎撃。うむ、勝負ありだな。

f:id:Mask_Takakura:20100825000038:image

ここで試合は終了。判定の結果、3−0でホーンバックルの勝利。

f:id:Mask_Takakura:20100825000039:image

うん、お互いに打撃がなかなか強烈だったから、展開こそ地味だったものの、緊張感を持って試合を見れたな。それにしてもブラックバードのパンチはナカナカ鋭かったのに、それに対して微動だにせずパンチを返せるホーンバックルの度胸は凄いなぁ。


第四試合 グラウンドで展開がない

ベラトールFC ヘビー級トーナメント 一回戦 5分3R

○ダミアン・グロボウスキー(185cm/108.9kg/ポーランド/ルタドールス オポレ)

●スコット・バレット(183cm/119.3kg/アメリカ/フリー)

[判定 3−0]

ここからは、前回興行も行なわれたヘビー級トーナメントの一回戦が二試合。といっても、出る選手のプロフィールをまったく知らないので、書きようもないワケだが。とりあえず、ダミアン・グロボウスキーは柔術がベースで、戦績は12戦12勝無敗5KO7SKOのパーフェクトスコアの持ち主で、対するスコット・バレットはレスリングがベース、11戦10勝1敗8KO1SKOというこれまた立派な戦績の持ち主だという事は判った。両者の体重差がちょっと気になるけど、ここは豪華なKO劇、または一本勝ちを期待しますかねぇ。

f:id:Mask_Takakura:20100825000040:image

1R、体重120kgの巨漢・バレットがプレッシャーを掛けていき、これをグロボウスキーがパンチで牽制。バレットは一気に組みに行ったが、ここでグロボウスキーの右膝がローブローに。グロボウスキーにブーイングが飛ぶ中で試合は再開。観客はアメリカ出身のバレットを応援しているのかな?

f:id:Mask_Takakura:20100825000041:image

この後、スタンドでの主導権争いが続いた後、バレットがグロボウスキーを豪快に持ち上げてテイクダウン。観客から歓声が沸いたが、グロボウスキーはすかさずクロスガードで防御すると、下から腕十字を仕掛ける、これを潰したバレットはハーフマウントからパスガードを狙ったが、その際でグロボウスキーはリバースに成功して上の体勢に。うむ、グラウンドではグロボウスキーが一枚上手だな。

f:id:Mask_Takakura:20100825000042:image

バレットは強引に立ち上がると、尚もバックを取るグロボウスキーを倒して上になる。対するグロボウスキーは下からガッチリと組み付いて防御。この後、試合展開が動かないまま時間は経過、バレットは半立ちになってパンチを落とす。だがグロボウスキーは下から脚を利かせて立ち上がる。バレットが再びグロボウスキーを金網に押し付け、グロボウスキーが抱えながらパンチを放ったところで1Rは終了。技を見せるグロボウスキーに対して、バレットは力で攻めている印象。


インターバル中、バレットが目を気にする仕草を見せる。どうも1R最後のグロボウスキーのパンチがサミングになったようだ。しかし、反則は取られることはなく2Rは開始。と同時に1R序盤と同じくバレットは、タックルからグロボウスキーを豪快に持ち上げてテイクダウンを決めた。観客から再び歓声が沸いたが…、この後の展開が続かない。インサイドになってから、特に何をすることもないバレット。…ひょっとして、疲れちゃったのかな?

f:id:Mask_Takakura:20100825000043:image

ようやく、パスガードを狙うべく立ち上がったバレットだが、グロボウスキーに防御されて結局はインサイド。ここから再び時間は経過、バレットは半立ちになってパンチを落としつつ、ようやくハーフマウントからパスガードを決めてバックマウントを奪い、パンチを入れつつスリーパーへ移行する。

f:id:Mask_Takakura:20100825000044:image

しかし、グロボウスキーはこの流れの中でリバースを決めてインサイドの体勢に。この後、グロボウスキーは上半身を起こしてパスガードを狙うなど、動きの鈍いバレットにプレッシャーを掛けた。う〜ん、バレットはどうもガス欠を起こしたようだ。

f:id:Mask_Takakura:20100825000045:image

3R、すっかりバテバテのバレットに対して、グロボウスキーは右ローを連発。嫌がるバレットが前に出るも、そのプレッシャーは弱い。それでもどうにか組み付いたバレットだが、グロボウスキーはボディ膝蹴りを入れて突き放す。尚も右ローを放つグロボウスキー、バレットは前に出て金網際で膝蹴りを放つも、体力を残したグロボウスキーの膝の方が鋭くヒット。

f:id:Mask_Takakura:20100825000046:image

もはや体力もなくフラフラのバレットに対して、グロボウスキーはワンツーで攻める。組んでもグロボウスキーの膝蹴りを喰らうばかりのバレットは、前進以外に何も出来ない状態。グロボウスキーは冷静に下がりながらワンツーを放つと、逆にタックルを敢行。レスラーとしての意地か、これはバレットが切ってしまうが、尚もグロボウスキーの右ローと膝蹴りが容赦なくバレットを襲う。更には右ハイをも放つグロボウスキー、嫌がるバレットは強引にタックルを仕掛けてグロボウスキーをテイクダウンするも、これは休むためのテイクダウンという感じだった。

f:id:Mask_Takakura:20100825000047:image

そんなこんなで試合は終了。判定の結果、3−0でグロボウスキーが勝利するも、観客の歓声はブーイング混じりだった。

f:id:Mask_Takakura:20100825000048:image

むむぅ、戦前の予想を大きく裏切る内容だったなぁ。グロボウスキーが手堅く勝ちを拾った感もあるし、元々バレットはスタミナに難のある選手のようにも見える。いずれにせよ、面白い試合ではなかったなぁ…。


第五試合 グラウンドで展開がなさすぎる

ベラトールFC ヘビー級トーナメント 一回戦 5分3R

○コール・コンラッド(193cm/120.2kg/アメリカ/ミネソタ・マーシャルアーツ・アカデミー)

●ルージェン・リョレット(190cm/113.4kg/スペイン/グレイシーバルセロナ)

[判定 3−0]

先の試合ですっかり萎えてしまった僕に襲い掛かる、ヘビー級トーナメントの一回戦の二試合目。対戦するのは…5月、6月、そして本日のベラトールFCと、コンスタントに参戦を続けるレスリング出身の新鋭、コール・コンラッド(戦績4戦4勝無敗1KO1SKO)と、エリオ派グレイシーの末弟であるホビン・グレイシーが主宰するグレイシーバルセロナに所属するルージェン・リョレット、戦績は11戦9勝1敗1分1KO6SKO。う〜ん、相変わらず二人とも知らない選手だなぁ。とりあえずリョレットの方は、M-1グローバルを通して来日経験があるようだ。

f:id:Mask_Takakura:20100825000049:image

1R、まずはレスリング出身の巨漢・コンラッドが組み付きに行くも、ここはリョレットが一旦離れる。警戒して両者が距離を取る中、身体の大きいコンラッドがプレッシャーを掛けていき、やがて組み付いてテイクダウンを奪う。ハーフマウントの体勢からパンチをコツコツと落としつつ、パスガードを狙うコンラッドに対して、リョレットは下から手を使ってコンラッドを引き離しに掛かる。だが、見るからにモッチリとした身体のコンラッドはガッチリとハーフマウントをキープ、その体勢からパンチを入れていく。

f:id:Mask_Takakura:20100825000050:image

それでも、どうにか下から脚を利かせてコンラッドの体勢を崩すリョレット。モンキーフリップの要領で一気に逆転を狙ったが、コンラッドの体勢は崩れない。それでも両者スタンドの状態まで戻したリョレットだが、残り時間が少なかったので、あとは様子見に終始。

f:id:Mask_Takakura:20100825000051:image

2R、1Rと同じくコンラッドがプレッシャーを掛けつつ前に出て、右ローを放つ。そしてコンラッドは組み付きに行くも、「相手に上になられると何もできない」と知ったリョレットが嫌って下がり、右ローで応戦。この後、スタンドでお見合いしたまま、時折ローを放つ…という退屈な展開が続き、観客からはブーイングが飛ぶようになる。確かにこれは見ていて辛い。

f:id:Mask_Takakura:20100825000052:image

再び組みに行くコンラッドだが、リョレットはこれを突き放し、右ローを放ちつつ金網の中をサークリング。何とかグラウンドに持ち込みたいコンラッドは、ダッシュで一気に距離を詰めて金網際へと持ち込むも、リョレットに捌かれてしまう。

この後、再び時間は静かに経過したが、リョレットが前に出たところにコンラッドの右フックがヒット。ダメージのあるリョレットはサークリングで逃げながら右ローを放ったが、チャンスと見たコンラッドは距離を詰めてテイクダウンに成功。だが、リョレットはすぐにグラウンドを脱出。コンラッドがパンチを放ち、リョレットが突き放したところで2Rは終了。退屈な展開に、観客のブーイングは大きくなるばかりだ。

f:id:Mask_Takakura:20100825000053:image

3R、まずはコンラッドがパンチを放つ。リョレットは右ローを返したが、その蹴り足をキャッチしたコンラッドテイクダウンを決めてインサイドへ。リョレットはクロスガードで防御したが…。この後、試合はまったく展開がなく膠着。再び観客からはブーイングが。

f:id:Mask_Takakura:20100825000054:image

ひたすら続く「コンラッドはインサイド、リョレットはクロスガード」という図式。両者ともに動けないまま、試合時間だけは経過していく。観客のブーイングが大きくなる中、実はこの間もリョレットは必死に下から脱出を図っていたのだが、見るからに重そうなモッチリ肌の持ち主であるコンラッドをどうする事も出来ずに大苦戦していたのだ。残り1分20秒というところでコンラッドはハーフマウントになり、そして残り40秒の時点で両者はグラウンドのまま金網際へと移動したが、ここから試合はまったく展開することがなかった。

試合終了と共に、観客は大ブーイング。う〜ん、確かにこういう試合は膠着ブレイクが欲しくなるなぁ。

f:id:Mask_Takakura:20100825000055:image


ってなワケで、試合は判定へと委ねられ、3−0でコンラッドが勝利するも…。観客はブーイングでこの試合を否定した。そりゃそうだ。

f:id:Mask_Takakura:20100825000056:image

う〜ん、これはひどい試合だったなぁ。前の試合の内容もひどかったが、この試合は輪を掛けてひどかった。前回の興行のヘビー級の試合も大味だったけど、こう「殺気のない膠着劇」が続くと辛いなぁ。せめて、もう少し緊張感があれば、また違うように見えるんだけどなぁ…。辛かったなぁ。


雑感

う〜ん…。前回の放送は知っている選手も出ていたし、何より一本勝ちが続いたのでテンポ良く観戦できたんだけど…今回はズバリ言って「ハズレ」だなぁ。まぁ、ダン・ホーンバックル vs ブラッド・ブラックバーンだけは、ちょっと面白かったので「時間の無駄だった」とは思わないけど…、ヘビー級トーナメントの二試合は「お粗末」の一言。そりゃ、金を払って試合のレベルがアレなら観客もブーイングを浴びせるわな。


以上、長文失礼。

2010-08-19 8/12 ベラトールFC セミノールHRH&C興行 ネット観戦記 ver1.0

海外の総合格闘技が簡単に見れる時代になったんだなぁ…

とりあえず、無料のネット放送があったので、PCにて初となるベラトールFCを観戦。う〜ん、普段は海外になど目も向けない僕ではあるが、以前に比べて海外の試合を見る機会も随分と増えたもんだなぁ。


今日の興行で注目すべきは…、やはり女子115pond級トーナメントに出場する藤井惠の存在だろう。今年6月に初参戦して以来、ベラトールFCの舞台を主戦場にしつつある藤井。日本では敵なしの彼女が海外のトーナメントを制覇することは、日本の女子格闘技界が再び注目される切っ掛けになるだろう。アウェイの土地、情報の少ない相手、「負ければ終わり」というプレッシャー。日本とは違う環境の中、彼女は何を残していくのだろうか?


今日はそんな藤井の闘いを見届けるために、G1真っ只中の新日本プロレスを蹴っての観戦だ。決して、当日券がSOLD OUTだったので、スゴスゴと家に帰って観戦しているワケではないのだ!…いや〜、本当に今の新日の人気って、ナメられねぇなぁ…。


第二試合 あら、秒殺じゃない!

ベラトールFC ヘビー級トーナメント 一回戦 5分3R

ネイル・グローブ(199cm/120.0kg/イギリス/ロンドン大学空手会)

●エディ・サンチェス(188cm/110.9kg/アメリカ/ノースカントリーファイトクラブ)

[1R 1分32秒 TKO]

※レフェリーストップ

例によって例のごとく、海外の選手には疎いワタクシ。とりあえずネットで選手の事を調べてみたところ、エディ・サンチェスは元UFCの常連。対するネイル・グローブは39歳の大ベテラン、2m近い体格が大きな武器なようだ。成程、確かにサンチェスと並ぶとかなりの体格差を感じるな。


試合開始。まずはサンチェスが前に出るも、そこへグローブの右ストレートがカウンターでヒット。その場で崩れるサンチェスに対して、グローブは上から潰してグラウンドへと誘うと、インサイドからパンチを連打。パンチを落とすグローブの勢いが凄まじい。体格差から来る余裕だろうか。

f:id:Mask_Takakura:20100824230556:image

サンチェスは下からのクロスガードでやり過ごしてグラウンドを脱出するも、勢いに乗るグローブは再びサンチェスを潰して再びグラウンドでパンチを連打。いいパンチが入らずに一度立ち上がるグローブ、サンチェスも立ち上がったが、グローブは首相撲からの膝蹴りをサンチェスに入れると、金網際でブン回しの右のハンマーパンチをヒットさせる。崩れるサンチェスをグローブが追撃したところでレフェリーが試合を止めた。

f:id:Mask_Takakura:20100824230557:image

サンチェスのダメージは浅いようだったが、ここまでの展開を考えると止めたのは正解だと思うね。

f:id:Mask_Takakura:20100824230558:image


第三試合 あら、圧倒的じゃない!

ベラトールFC 女子115pond級トーナメント 一回戦 5分3R

藤井惠(160cm/52.3kg/日本/AACC)

●カーラ・エスパーザ(155cm/52.2kg/アメリカ/チーム・オーヤマ)

[2R 57秒 腕十字固め]

アメリカでは「メガメグ」の異名を持つ藤井惠ジョシカクの歴史の初期から活躍し、総合格闘技の戦績は20戦20勝無敗1KO16SKOというパーフェクトスコアを持つ藤井。HOOK N SHOOTやBodog Fightといった海外のリングでも闘った経験のある藤井は、今年6月にベラトールFCに初出場。この舞台でサラ・シュナイダーをマウントパンチでKOした藤井は、その実績を認められて女子115pond級トーナメントへの出場を果たした。

f:id:Mask_Takakura:20100824230559:image

セコンドにジョシュ・バーネットを従えて入場してきた藤井、一回戦の対戦相手はアメリカで大学レスリングを二度制覇しているカーラ・エスパーザだ。

f:id:Mask_Takakura:20100824230600:image

1R、両者がパンチで牽制し合う中で、藤井がワンツーと右ミドルでエスパーザに圧力を掛ける。藤井のパンチは中々早い。対するエスパーザも打撃を返したが、その蹴り足を掴んだ藤井が金網へと押し込む。エスパーザは金網際で入れ替わると一度離れ、藤井が放ってきたタックルを切ると、前に出てのワンツーで藤井を下がらせる。ふ〜む、さすがに海外は勝手が違うのかな?

f:id:Mask_Takakura:20100824230601:image

なんとかグラウンドに持ち込みたい藤井は再びタックルを敢行するも、エスパーザは粘った末に金網際で藤井を突き放す。それでも金網際で組み付いた藤井は、足を掛けてエスパーザのバランスを崩すと、そのまま足を捕ってヒール・ホールドを狙う。これを逃れるエスパーザだったが、その過程で藤井はついにグラウンドで上になる。下から組み付き、クロスガードでガチガチに防御を固めるエスパーザに対して、藤井はそのお尻に膝蹴りを放つ。

ここで早めのブレイクが入り、ラウンドの残り10秒の時点でエスパーザは自ら組み付くも、藤井は腕を掴んで回転して上になる。ここで1Rは終了。うん、藤井は最初と比べると、自分の闘い方に自信を持ったように見えるな。

f:id:Mask_Takakura:20100824230602:image

2R、まずは軽い打撃で様子を見る両者だったが、やがてエスパーザがワンツーを繰り出しつつ前に出て藤井に組み付くと、レスリング力を活かして藤井を崩しに掛かる。だが藤井は崩れていく過程の中で足を掴んでヒールホールドへ。そして、これがダメと見るや背中を向けているエスパーザの右腕を掴んで腕十字の体勢へ。これが極まってエスパーザがタップ、藤井が見事な一本勝ちを修めた。いや〜、これは鮮やか!

f:id:Mask_Takakura:20100824230603:image

僕はあんまり藤井って選手は好きじゃない。いつも表情はどこか飄々としていて、何かを背負って闘うことがないように見えるので、なかなか感情移入ができないのだ。それでも、こうして海外で結果を残されてしまうと、僕のような人間でも藤井の存在を認めざるを得なくなってしまう。う〜ん、ここまで来たら、是非優勝して欲しいのだが…。

f:id:Mask_Takakura:20100824230604:image


第四試合 あら、また秒殺じゃない!

ミドル級 5分3R

ヘクター・ロンバード(175cm/84.1kg/オーストラリア/アメリカン・トップ・チーム/ベラトールFCミドル級 王者)

ハーバート "ウィスパー" グッドマン(185cm/83.2kg/アメリカ/フォックスバレー・グラップリングクラブ)

[1R 38秒 KO]

※グラウンドパンチ連打

あぁ!ヘクター・ロンバードって、懐かしい名前だなぁ!典型的な筋肉ダルマで、吉田道場の所属でPRIDE武士道に出場して、郷野聡寛ゲガール・ムサシを相手に序盤は圧倒するんだけど、飛ばし過ぎるあまりに段々と失速して判定で負けていた、あの選手かぁ。で、調べてみると現在の戦績は28戦25勝2敗1分1無効試合10KO6SKO。おお!つまりPRIDE武士道での敗北以外は負けなしって事か!いや〜、確かに昔見たときから「闘い方をしっかりと覚えたら、強い選手だろうなぁ」とは思っていたが、まさかこんなに凄い戦績になるとは思ってもいなかったなぁ。

そんなロンバードの今日の相手は、2007年1月にデビューしてから、今日まで24戦のキャリアをハイスピードで積み上げているハーバートグッドマン。ベラトールFCには初参戦となるようだ。


試合開始、まずはゴツイ身体のロンバートがパンチを振り回しつつ前に出る。対するグッドマンは距離をとって構えたが…。ロンバートはお構いなしに前に出ると、ぶん回し式の右のパンチがクリーンヒット。

f:id:Mask_Takakura:20100824230605:image

金網際で崩れるグッドマンロンバートはそのまま倒してグラウンドでパンチを連打。これを見たレフェリーが試合を止めた。う〜ん、早いなぁ。

f:id:Mask_Takakura:20100824230606:image

PRIDE武士道に参戦してた頃、ロンバードといえば「前半は飛ばして、後半がガス欠」ってイメージがあったけど、今日の試合を見る限りではあの頃から闘い方を変えてはいないっぽいなぁ。きっと、ロンバードってUFCでは通用しないんだろうなぁ…。でもまぁ、この試合に関して言えば、ロンバードの良い所が凝縮していたな。

f:id:Mask_Takakura:20100824230607:image


第五試合 あら、強豪じゃない!

ベラトールFC 女子115pond級トーナメント 一回戦 5分3R

ジェシカ・アギラー(160cm/51.4kg/アメリカ/アメリカン・トップ・チーム)

●リン・アルバレス(157cm/51.9kg/アメリカ/ショーグンMMA)

[1R 4分1秒 肩固め]

この試合は、先ほど藤井惠が勝利して準決勝への進出を決定した女子115pond級トーナメントの、もう一つの一回戦。対戦するのはアメリカン・トップ・チームに所属しているジェシカ・アギラーと、グラウンドを得意としているリン・アルバレス。アギラーも寝技を得意としているようなので、この試合はグラウンド中心になりそうだな。


試合開始、まずは距離を取る両者。アルバレスはパンチでプレッシャーを掛けたが、アギラーは前に出てアルバレスに組みつくとテイクダウンを奪う。ハーフマウントになったアギラーはパスガードを決めてサイドに回る。もがくアルバレスを押さえ付けるアギラー、対するアルバレスはどうにかクロスガードに戻すとラバーガードを仕掛けるが、アギラーはこれをクリア。う〜ん、アギラーは強いな。グラウンドでの安定感が抜群だ。

f:id:Mask_Takakura:20100824230608:image

アギラーは再びパスガードを決めると、そのまま肩固めへ。アルバレスはどうにかしのいでガードポジションに戻してラバーガードで反撃。だが、これを外したアギラーが再び肩固めを仕掛けると、これが極まってアルバレスがタップ。

f:id:Mask_Takakura:20100824230609:image

う〜ん、当たり前の話ではあるが、海外の女子格闘技の世界にも「強豪」っているもんだなぁ。このアギラーのグラウンドの安定感を前にして、藤井はどうしのぐのだろうか…?まぁ、当たるとしたら決勝だから、今はあんまり考えなくても良いかもしれないけどね。

f:id:Mask_Takakura:20100824230610:image


第六試合 あら、膠着じゃない!

ライト級 5分3R

イーブス・エドワーズ(178cm/70.0kg/アメリカ/アメリカン・トップ・チーム)

●ルイス・パロミーノ(173cm/70.1kg/アメリカ/MMAマスターズ)

[判定 3−0]

この日、最後に放送された試合は、両者ともに僕には馴染みの薄い者同士の一戦。放送時間枠が余ったから流されたのかな?とりあえずイーブス・エドワーズUFCの元常連で、PRIDE武士道にも参戦経験があり、戦績が50戦を超える大ベテランだ。対するルイス・パロミーノはベラトールFCの常連のようだ。


1R、いきなりエドワーズの右がヒットすると、パロミーノはバランスを崩してしまう。ワンツーを放って挽回を図るパロミーノだが、エドワーズはこれにタックルを合わせてテイクダウンを奪う。インサイドに入ったエドワーズは右のパンチを落としつつパスガードを狙うも、下からベッタリとくっつくパロミーノをパスできずに苦戦。すっかり試合は膠着、観客からは容赦のないブーイングが。

やがてエドワーズは上半身を起こしてパンチを落としたり、右肘を落としたりでパロミーノにダメージを与え、ようやくパスガードに成功。更にマウントを狙ったエドワーズだが、これは失敗。再び時間を掛けてパスガードを決めるエドワーズだが、結局は際の攻防で競り負けてパロミーノに立たれてしまう。1Rはここで終了。う〜ん、決め手に欠ける展開だなぁ。

f:id:Mask_Takakura:20100824230611:image

2R、まずはスタンドで様子を見る両者。エドワーズが牽制のパンチを繰り出すのに対して、パロミーノはキレの良い右ローでお返しをする。静かな展開のまま1分30秒が経過したが、ここでようやく打ち合いを演じる両者。エドワーズはこの攻防でタックルを敢行するも、これはパロミーノが切り、右ミドルを一発入れる。エドワーズは再びパロミーノに組み付くと、体勢を低くしてタックルを仕掛けるパロミーノを上からガブったが、この体勢のまま試合は膠着。

パロミーノは立ち上がり、タックルでエドワーズを金網へと押し付けてテイクダウンを狙う。エドワーズは金網際で粘り続けると、強引にフロントチョークを仕掛けたが、これはパロミーノがアッサリと外した。とはいえ、ここまでは劣勢のパロミーノ。逆転を狙ってソバットを放ったが、これは自らバランスを崩してコケてしまった。あらら。

f:id:Mask_Takakura:20100824230612:image

観客のブーイングの中で迎えた3R。いかに観客が怒っていても、両者はスタンドで様子を見合う。パロミーノはパンチで圧力を掛け、エドワーズがパンチを返して試合の主導権を握り返す。そんな状況が長い時間続く。パロミーノは右ハイをヒットさせるも、エドワーズはワンツーを放ってプレッシャーを掛けていく。

パロミーノはパンチと左ローを返し、特に左ローはエドワーズに少なからずダメージを与えていた。だが終盤、パロミーノが放ったワンツーに合わせてエドワーズがタックルを仕掛けてテイクダウンに成功。ハーフマウントの体勢から最後までパスガードを狙っていった。

f:id:Mask_Takakura:20100824230613:image

ここで試合終了。観客のブーイングの中で判定結果が読まれ、3−0でエドワーズが勝利。

正直、あんまり面白くはなかったなぁ。パロミーノの打撃のプレッシャーがもっと強ければ、もっと面白い試合になったんだろうけど、エドワーズの寝技に翻弄されて自分の闘いが出来ていなかった気がするなぁ。

f:id:Mask_Takakura:20100824230614:image


雑感

まあ、最後の試合はイマイチだったけど、全体的には一本勝ちが続いたし、まあネットで見る分には面白かったかなぁ。ぶっちゃけ、男子の一本勝ちはちょっと大味だった印象もあるんだけど、女子の試合の方は一方的でありながらも、勝った選手の方に確かな実力を感じたなぁ。う〜ん、こうなってくると女子115pond級トーナメントの行く末が気になるね。


どうやらベラトールFCは次回もネット上で無料放送をするみたいだし、こりゃ次回も見なきゃイカンな。


以上、長文失礼。