Hatena::ブログ(Diary)

読書/物欲/EVE日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-04-14

インプラントについて

| 11:39

f:id:Mauritz:20120414113409p:image


身の回りでFAQ化してきたのと、

最近のアップデートインプラントの名称が色々変わってよく分からなくなってきたので

簡単にまとめ。


概要

インプラントは大別すると、

  • Attribute Enhancer(属性エンハンサー)
  • Skill Hardwiring(スキルハードワイアリング)

の2カテゴリが存在し、Attribute Enhancer はスキル学習速度を高める効果を、 Skill Hardwiring はキャラクターの各種能力を高める効果を持つ。

Attribute Enhancer はスロット1〜5、Skill Hardwiring はスロット6〜10のそれぞれ5スロットずつ使用。個々のインプラントにはスロット番号が指定されており各スロットに1つずつ刺せる。


Attribute Enhancer

基本的には能力値の上乗せ。スキルの習得が速くなる。

5種類の能力値に対応してそれぞれ+1〜+5のインプラントが存在している。

+3で大体10%前後スキル習得時間が短くなる感じ(remapしてなければ)


お値段は Jita 相場でアバウトに、

+1+2+3+4+5
50k3.5M10M20M100M

ぐらい。


副次効果的+セットボーナスが付与されるインプラントもあるが、

費用面(高い!)からしばらく忘れておいても問題はない。

が、セット物系列は強烈な効果を発揮するものが多々あるので

興味のある方は以下を参照すると夢が膨らむことうけあい。

Pirate Implants FAQ

http://community.eveonline.com/ingameboard.asp?a=topic&threadID=203472

マーケットで見ると種類が多くて分かりにくいが

たとえばスロット1用(知覚/PER)だと、

効果和名英名
+1リミテッド接眼レンズフィルターLimited Ocular Filter
+2リミテッド接眼レンズフィルター-ベータLimited Ocular Filter - Beta
+3接眼レンズフィルター-基本型Ocular Filter - Basic
+4接眼レンズフィルター-標準型Ocular Filter - Standard
+5接眼レンズフィルター-改良型Ocular Filter - Elite

が能力値アップ用のインプラントとなる。


他のスロットだと以下のキーワードで引っかかるものが該当。

スロット和名英名対応能力
Slot2メモリアグメンテーションMemory Augmentationメモリー/MEM
Slot3神経系ブーストNeural Boost精神力/WIL
Slot4サイバネティックサブプロセッサーCybernetic Subprocessorインテリジェンス/INT
Slot5ソーシャル適応チップSocial Adaptation Chipカリスマ/CHA

なんかCHA+3だけソーシャル「対応」チップというのはきっと誤訳。


Skill Hardwiring

スキル取得で向上する各種ボーナスと同等の効果を得られる。

様々なボーナスが存在し、おおむね+1%〜+5%のボーナス効果がある。稀にスキルで代替できないものも存在するので要チェック。


一般的に流通しているのは、+1%,+3%,+5%の3種類。

+2%や+4%や+6%も(物によっては+7%も)存在しているが、入手経路が限られており売買されてなかったり、効果に比べて非常に高価だったりする。


お値段は個体差が大きいものの大体 Jita 相場で

+1%+3%+5%
2M25M150M

ぐらい。



必要スキル

Science(科学) III

 Cybernetics の前提スキル

Cybernetics(サイバネティクス) I〜V

 大体 IIIからIVあれば十分だけど購入前に個別確認要。特に Attribute Enhancer の +5系列は V が必要なので注意。

上記に加えて、ジャンプクローンがいくつか利用できると何かと便利。


入手方法

  • マーケットで購入
  • LPストアで交換
  • ミッションの報酬、ルートでもらう

入手方法は大体上記の3つ。

序盤は大体ミッション報酬で入手したものを刺していき(インポータントミッションの報酬などでもらえる)

Lv3ミッションをこなしながら +3/+3% を徐々にそろえていくイメージか。

Lv4ミッションが安定してきた頃には+4/+3%が一通り刺さって全部のスロットを埋める形でひとまず一段落といった感じ。


+1/+1%ものはかなり安いのでお試しに色々やってみるもの有り。


スロット別定番 Skill Hardwiring

Skill Hardwiring はとにかく数が多すぎてよくわからん!

となりがちなので、オススメor定番物をスロット別に列挙。

個人的見解なので周りの人にも聞いてみるのがオススメ。

f:id:Mauritz:20120414113634p:image


和英対応するのが面倒になってきたので、型番で。

(型番は英語/日本語クライアント共通)

例は+3%ものの型番としてますが、型番の末尾の3を1に変えると+1%物になるので適宜読み替えてください。

Slot 6

一番の激戦区。有用な物が多いのでかなり悩ましい。

  • EG-603(船のPower Gridアップ)
  • EE-603(船のCPUアップ)
  • EO-603(キャパシターの回復速度短縮)

の3点のいずれかがオススメ。

特に、EG-603(or EG-605)はこれが前提のFitが多々存在するため利用者が多いはず。

ミッション向けなら EO-603か。

また、Attribute Enhancer にセット物インプラントをさした場合は

Slot 6にセットボーナス増加効果を持つインプラント(〜Omegaシリーズ)が存在するのでそちらも忘れずに。

Slot 7
  • GY-703(船の機動力アップ)
  • MR-703(トラッキングアップ)
  • MP-703(ミサイルの速度(射程)アップ)

とりあえず、汎用的な物だと上記のいずれか。

HM-703(ヘビーミサイルダメージ増加)、SM-703(シールド増加)も船によっては悪くない。

Slot 8
  • EM-803(キャパシタ増加)
  • ME-803、MP-803、MH-803(中型レーザー、プロジェクタイル、ハイブリッドのダメージ増加)
  • AR-806(スキャン強度増加)

堀で溶かし効率を求めるなら、MY-802なども考慮に入ってくる。

BX-802や、SC-803は製造業を生業とする人なら。

Slot 9
  • RF-903(タレットの射撃間隔短縮)
  • SS-903(タレットのダメージアップ)
  • RP-903(アーマーリペア量増加)
  • SP-903(シールドの自然回復量アップ)

乗っている船次第で。

Slot 10
  • MX-1003(堀量アップ)
  • RL-1003(ミサイルの発射間隔短縮)
  • LE-1003、LP-1003、LH-1003(大型レーザー、プロジェクタイル、ハイブリッドのダメージ増加)
  • HG-1003(アーマーHP増加)

使える人は各種マインドリンクもココ。

採掘支援マインドリンク値上がりすぎですね。823Mとか。


気にしておきたいこと

  • podが割れると失われる
  • 一旦装備したあとに外すと失われる
  • 撃墜されたときのpodワープ逃げは練習しておいたほうがいいかも
  • Attribute Enhancer はメリハリをつけて重点的にトレーニングする能力値だけ高級品をつけるのもあり
  • 高級品ほど地域価格差が激しいので購入時は Jita の相場をなるべくチェック
  • ミッション用とそれ以外の行動用とかでわけるといいかも

上記で書ききれなかった細かい効果があるので、時間があるときにマーケットでじっくり眺めると新しい発見があるかも。

go for EVEgo for EVE 2012/05/15 18:44 インプラントにはセット効果のあるものもありますね
定番は各国別(特に乗る船)のほうがわかりやすいかも 1つずつしかつけれないわけですし

まとめたわりにはちょと見にくいし

2011-12-31

大掃除

| 10:38


f:id:Mauritz:20111231091955p:image


今年の仕事がようやく納まったところでEVE Onlineでも大掃除。

とりあえず、思いつく限り上げてみると

  1. Mail/Notification の未読を始末する
  2. Skill Clone のアップグレード
  3. Certification を Claim する
  4. 各地に散らばった Asset をなんとかする
  5. Corp/Personal Location をフォルダ別に整理する
  6. 各キャラクターのJC/Implant/Hard Wiring を見直す
  7. Overviewの設定を見直す
  8. LPやらRPを換金する
  9. Quick Barを整理する
  10. Corp Roll/Titleを整理する
  11. PIのラインを見直す
  12. 新しく増えたT2 Modを使ってShip Fittingを見直し
  13. Officeの整理/Corp Hangerの中身の整理

今年中に絶対終わらないし…。



WH Statics

f:id:Mauritz:20111231093225p:image

今年もWHに引きこもりでした。

  • 総出撃回数 98回
  • 延べ参加人数 997人
  • 総収入 87.4Bill

意外と出撃回数が少ないのはやたらとWar Decを受けていたから?

(計7回 内10月〜12月で4回とか…)


今年の出来事セレクト3

f:id:Mauritz:20111231095023p:image


色々思い出深かったセレクト3をつらつらと。


全般
  • 2年間在籍していた Corp から退社して移籍というか出戻り。お世話になりました。
  • やたらと忙しくて1月〜9月までリタイア状態に。復帰したときに暖かく迎えてくれたCorp/Allyの皆さんに感謝。
  • 日本語化が思ったよりまともで驚き。だが結局英語版クライアント

WH編
  • 全ての Moon にSmall POS を立てている途方も無い WH system に巡り合った。全部で48本。場所ふさぎにしても他にやりようあるんじゃ…。
  • 意図せず Capital Bait が発生し襲撃を受けるも、天然ログアウトトラップが発動し相手はバールのようなものを落した。
  • 20人 Fleet でのC6サイト攻略。手に汗握る攻略でした。ガーディはやっぱり1600mmFit!

スキル編

f:id:Mauritz:20111231100138p:image

  • ようやくCSに乗れるようになった。が、いまさら乗れるようになったOrcaの方が遥かに実用的だった。
  • Falconを実戦に投入するように。EWARってやっぱり強力。
  • 11月にようやくT2 L-Beamを覚える。Auroraのトラッキング1/4の当たらなさは逆に感動を覚えるレベル。

アップデート

f:id:Mauritz:20111231100139p:image

  • なんといってもPOSのアンカータイムが劇的に短縮された件、嬉しい変更。
  • UI Sizeの変更、90%にするといろいろ捗って便利。Window配置をあれこれ考える余地が増えたのが楽しい。
  • Tier 3 BC 全般。OracleはC4あたりの攻略やPVPに使えてなかなかの使い勝手。

その他

ASUS N55SF 15.6型ワイドTFTカラー液晶 ノートPC Core i7-2630QM ブルーレイディスクドライブ搭載 ブラック N55SF-S2630B

  • マシン更改、必然的にWindows7を導入。今時のノートPCだと3クライアント起動でも問題なく遊べて時の流れを体感。
  • ロック済みターゲットの右に表示されるアイコンをクリックするとモジュールOFFできることが知られてなくてあせる。ショートカットキーは奥が深い。
  • PIをまともに覚える。手間は少なく利益はそれなりに出るけれど習慣化するのが大変だった…。

ということで来年もよろしくお願いいたします。

2010-11-14

QEN_Q3とか!

| 23:20

めっきりPOS Onlineな今日この頃、季刊QENの時間となりました。(DevLog)

今回の特集はPvPということで面白データがいい感じで公開されています。

まずは、定番記事で気になるところを抜粋すると、

  • SupercarrierをはじめDreadnought、Strategic Cruiser、Carrier、Jump Freighterあたりの数が2割前後増加
  • WHの人口は相変わらず増加中
  • LPStoreにつぎ込まれているIskの量が想定外

って今イチ今回は微妙に伝わりにくい感じですが...

人口変動を過去3回でトレースしてみると興味深いかもなぁと。


特集のPvP周りでは、月間 Final Blows 20 と Number Destroyed 20 が一覧となっており、上位を抜粋すると、

RankFinal BlowsDestroyed
1HurricaneDrake
2DrakeRifter
3VagabondHurricane
4ZealotHarbinger
5SabreThrasher

さすがHurricaneといったところか。案外Galの船が上位に出てこないのが意外なところ。あと、Sabreってこんなに使われてるんですね…


ほかのデータとしては

  • ShipIsk換算Kill/Loss ratio
  • BS破壊数推移グラフ
  • Skill Point別Kill/Lossグラフ(@Null Sec)
  • High/Low/Null/WH別pod破壊率
  • Starbase(POS等)破壊率グラフ

などなど気になるものが幾つか。

特に、WHでのStarbase破壊数が順調に伸びて行っているのがなんとも。Lowより多くなる傾向にあるのが最近の激しさを物語っているんだかなんだか。

今回は正直流し読みで適当に拾ったのでアバウトです!最近DevLogの更新頻度も早くて追いつくのも一苦労っすね...

2010-08-13

QEN_Q2とか

| 20:00

例によって、devlogにて今四半期のQENがリリースされていたので面白そうなところだけ斜め読み。

今回の特集は、Planetary Interactionの導入、ルートアイテムの変更、保険システムの変更 がEVE経済に与えた影響について。

とりあえず、興味深い記述を以下列挙。

  • プレイヤーのおよそ半数がPC Corpに所属している。
  • PIに連動してかWormhole人口が増加中。艦船使用数もBestowerやBadger等のIDSが急増
  • プレイヤーの出身国家は実はかなり偏っていた。
Race2007年2010年
Caldari37.8%35.7%
Gallente26.7%25.7%
Minmatar19.8%19.8%
Amarr15.6%18.3%

Caldari Achuraの威力...だったんだろうか。プレイヤー数的にはAmarrが少数派なのが意外なところ

  • system別人口で5位の Arnon 。ここはEpic missionの開始地点だから?ということらしい。
  • 保険システムの変更により、T1Shipの保険支払い額が約30%ほど下落
  • これによっていわゆる自爆による保険金収入が製造コストを大幅に割り込むことに(だからデフレ...)
  • 2009年6月〜2010年6月の間に自爆した艦船の総数は 777,445 隻(!)
  • 半年間で同一キャラクターが 7453隻自爆させてる

そりゃあ、色々とシステム変えたくなるわなー。この辺りの影響でミネラル市場もガッタガタになったという形か。


最近の日常
  • Logi, Recon, HAC, HID がぼちぼち運用レベルに。しかし Intyにはまだ乗れず
  • ようやくPer/Wil 極振、いわるゆ脳筋へRemap実行
  • 初めてのLv5 MissionとかDED6/10とか

初めてのDED6

f:id:Mauritz:20100813195509p:image

でも、結局 Worm Hole にあいかわらず居住中なのでした。

2010-06-11

QEN_Q1

| 21:37

今年最初のQENリリースのお知らせがDevlogにて発表されていたので早速内容をチェックしてみた。

定番のコンテンツで気になるところを列挙すると、

  • アイスランド金融危機があったけどうまいことやってます
  • 火山も爆発して凄いことになったけどそんなんじゃCCPを止められないぜ
  • 今回一番の不人気艦艇カテゴリはEAS(693,464隻中たったの255隻!)
  • T3が前四半期比で42%増加
  • System別 人口TOP10が明らかに。みんな大好きpenirgmanが10位に。ところで7位のArnonと、9位のAkiainavasってどこだろう?
  • 1PぶちぬきのProphecyのイラストカッコイイ。
  • ミネラルは色々あったようです。これからも色々あるでしょう。

今回は、今年最初ということもあって去年一年のデータを振り返る視点での記事が多いのが特徴か。

Wormhole and Tech 3 Ships

気になる特集は Wormhole and Tech 3 Ships

WHとT3が追加されたApocrypha リリースから1年でどのようなことが起きたのかという内容。

WHにここ半年ほど定住している身としては気になるところなので細かく内容を追ってみた。

まず、ログイン中のプレイヤーのうち6.2%がW-Spaceで活動しているという事実が明らかに。セクター別の人口比率では、W-Spaceは全体の1.8%でしか無いのにだ。

QENではこのデータを持ってW-SpaceもEVEの有力コンテンツの一つとして定着したと結論付けている

また、WHで活動しているプレイヤーの92%がPC Corp所属ということが示されておりW-Spaceではやはり集団活動がメインということになることを暗に示している。(とはいえ、全体のプレイヤーの何%がPC Corp所属なのかは不明なので断定はできないのだが)


T3shipについても面白いデータがいくつか明らかにされている。


国籍別 T3Ship数
Tengu47.5%
Proteus19.6%
Legion17.6%
Loki15.3%

やっぱりそうですよねーという結果に。ALLYトーナメントの結果を受けてもっとTenguの比率が増えるんじゃないだろうか…。


T3Ship 別 Offensive Subsysem取引量

T3に4096通りのビルドがあるとはいえ、その用途はおおむねOffensive Subで決まってしまうわけで、ここで公開されたデータでどのT3がどのような用途に使われているかが大体見えてくる。(装備率ではなくて取引量なのがちょっと注意が必要)

大雑把にまとめてみると、*1

Hull1st2nd3rd4th
Tenguミサイル(60%)クローク(29%)ECM(7%)ハイブリッド(4%)
Proteusハイブリッド+ドローン(32%)クローク(31%)ドローン(24%)ハイブリッド(13%)
Legionレーザー(47%)クローク(26%)HAM(14%)ドローン(13%)
Lokiクローク(39%)実弾+ドローン(31%)実弾(22%)ミサイル+ドローン+実弾(8%)

ということで、さながらHeavy Ops(Recon+Opsみたいな感じ)バリの使われ方をされているT3は結構多そうとか色々楽しい想像ができる。Lokiのこのデータはどうなんだろう、とか。


そのほかにも、T3の活動エリア分布は

High >>>>>>> Null >> W-Space >>>> Low

であるとか、被撃墜セクター / 被撃墜種別(PvP or PvE)の比率、被撃墜時スキルロスト統計からの各国のT3Subsystemスキル取得状況などが明らかにされておりT3乗りにとっては必見の資料となっていると言えそう。

という感じでALLY トーナメントでT3に興味を持たれた方は一読してみるといいかも。

*1:Legion以外は乗ったことがないので適当