Hatena::ブログ(Diary)

The place where memories sleep 30

2013-10-07

モットー 02:56

無理が通れば道理は引っ込む

無理だと諦めたら無理になります。無茶をすれば何とかなることはたくさんあります。


欲しがりません勝つまでは

代わりでは満たされない夢があります。


「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

日本国憲法第25条。有する権利は主張します。

このままでいいのか? 18:55

土曜日にこれまでお世話になった方々へ着任の挨拶状を送りました。

送った方の中から,いくつか温かいメッセージをいただきました。

とりあえず,なぜだか大学からのアドレスは家のパソコンから

受信はできるものの送信ができないので返信ができていない状況です(大学からは送信できます)。


いただいたメッセージを読ませていただき,

頑張らなければならないなと強く思い,

距離は遠くてもつながっていることを実感できました。

そして, いままでいろんなものをもらったのに

何の恩返しもできていないんじゃないかという思いも湧いてきました。

このままでいいのか?

距離は遠くても何かできることはあるのでは?


例えばskypeで…。まずは大学のパソコンでスカイプができるようにシステムを導入しないとな。

くしゃみ 22:40

かれこれ10時間くらい、くしゃみが勢力を弱めることなく続いております。

そしてなんとなく熱っぽいです。風邪ではないと思うんですけどねぇ。

止めようと思って止まらないのが鼻炎の辛いところ。

そろそろ 23:30

研究がしたいな。


移籍に関すること(引越しや荷物の整理と開封、事務的手続き)、各種研究集会への参加、新たに持つ講義の準備で研究に関することが何にもできん。

しかしそろそろねぇ…。分岐点の話の勉強を再開したいのもあるし、

Z解析に「そるばぶるもでる」が溶け込む気がしてここ最近試してみたいのを我慢してるんですよねぇ。

講義の準備をしなくちゃいけなくてどうも手が回りません。

大体授業が始まっているのに講義の準備が終わっていないという状況は今回が初めてです。

与えられたシラバスがいい加減(超おおざっぱ)で、「これとこれをやる、終わり」という感じです。

「こんなんでいいんかいな。わしゃ知らんぞ。」と思いながらスタートしました。

ゴールまでのペース配分が全く考慮されていないので大丈夫かなという思いがしばらく続きますねぇ。


桜塚やっくんが交通事故で亡くなられたとのこと。

エンタの神様以来お見かけしていませんでしたので、何年ぶりかわかりませんが、

まさかこんな形での再会とは…。

エンタの神様では元気にお客さんと絡んでいた姿が思い出されます。

絵もうまかったですよねぇ。もうお姿をお見かけすることはないのですが、

なぜだか向こうの世界でも元気でお過ごしください、という言葉が浮かんできます。

いつもお元気だったからか、亡くなられたことが実感できないからかわかりませんけどね。


そして親にはこのことを引き合いに出されて、人生はいつ何があるかわからないんだから楽しまないとダメということを言われました。

お金を貯めてもあの世には持っていけないんだからね、ということも。

ブログでも誤解されているかもしれませんが、人生を楽しんでいないわけではないんです。

ベルリンに行って研究集会の時間以外はちゃんと遊びに行ってましたよね。

お金も京都のあの子と遊ぶために貯めているだけですし。彼女さえOKなら旅行とかだってしたいじゃないですか。

物欲はもう十分満たされました。もうそんなに趣味のものはいらんのです。

経験とか知識とか思い出とか、そういうものへと価値観が転化しました。

まぁ来年はプレステ4が発売されるし、ヴェルサス13であるFF15と長いゼアノート編を締めくくるキングダムハーツ3が発売されればまた別の話ですが、そんなのまだ2年はかかりますよねぇ?

ライトニングリターンズはプレイする前に2作品クリアしておかないとストーリーが理解できないので

購入してもプレイする前にベスト盤が出るのはほぼ確実だから来月の発売に合わせて買う必要が全くない状況。

それ以外には期待できる作品はもうないですし。ゲーム業界も寂しくなりました。

シレン6とかトルネコ4とかロマサガ2、3リメイクとか、FF7リメイクとか、ドラクエ1〜3の3DSリメイクとか、

出れば必ず買うもの、の話がちっとも出てこなくてテンションが上がりません。