Hatena::ブログ(Diary)

にいくらの日記

2015-05-13

ROOT v6のインストール (X11編)

需要があるのかわからないけど、MacOSX上でCocoaを使わずにROOTをインストールしたらちょっと苦戦したのでメモを残しておく。自分のラップトップで使用する分にはCocoaで問題ないんだけど、サーバーとして使っているマシンにはX11も用意しておかないとWindowsやLinuxのユーザが困るので。

あらかじめ必要なパッケージをインストールしておく。本当に以下のパッケージで必要十分なのかはよくわかってない。僕はHomebrewを使っている。

brew install ftgl freetype glew

configureとmake。

./configure --disable-cocoa --enable-builtin-freetype --enable-builtin-glew

これで、とりあえず動く。でも、TBrowserなどを立ち上げるとエラーで動かなくなる(ことがある)。その場合は、以下を参考にもう少し頑張る。

https://root.cern.ch/phpBB3/viewtopic.php?f=3&t=17490

1. configure Root (from fresh 5-34-18 sources)

./configure --enable-roofit --enable-table --enable-opengl --disable-cocoa --enable-builtin-freetype

2. make Root. This makes the version that suffers from the conflict.

make -j4

3. I had patched the libAfterImage configure script to print out the options it is being called with. Then I add --with-builtin-png=yes and build again

cd graf2d/asimage/src/libAfterImage

make clean

./configure --with-ttf --with-ttf-includes=-I../../../../graf2d/freetype/src/freetype-2.3.12/include --with-afterbase=no --without-svg --disable-glx --with-builtin-ungif --with-jpeg --with-jpeg-includes=/usr/local/include --with-png --with-png-includes=/usr/local/include --with-tiff-includes=/usr/local/include --with-builtin-png=yes

make

4. Go back to root directory and call make again to pick up the new libAfterImage:

cd -

make -j4

TBrowserとかTCanvasを動かしてもエラーを出さなければたぶん大丈夫。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/MegumiNiikura/20150513/1431513455