Hatena::ブログ(Diary)

にいくらの日記

2014-08-24

和田峠に行ってきた

先週1日で100km走るという目標を達成したので、今度は東京でも屈指の激坂と言われる和田峠に行ってきた。

DOMAIN ERROR

実は和田峠に行くのは初めてじゃなくて、これが3回目。1回目は5年以上前にまだ大学院生の時に、2回目は今年の5月。大学院生の時はクロスバイクで、たしかタイムは27分くらいだったと思う。その時のノリで前回ロードバイクでいったんだけど、5年前と同じ体力を仮定していたのがまずかった。途中でなんどか足を着いてしまい、タイムどころじゃなかった。そして今日がそのリベンジ。必要以上にビビってゆっくり上ったのもあって、タイムは35分くらいかかっちゃったけど、とりあえず足を着かずに上りきったのでリベンジは果たしたことにする。

ちなみに、前回の反省は完全に機材のせいにした。和田峠のような10%を超え坂が続くような激坂は、僕のような貧脚は一般的なセッティングでは上りきれない。僕の自転車も完成車にはよくあるギア比で、購入時はフロントがコンパクトクランクで50-34T、リアが12-25Tのスプロケ。考えてみたらプロだって厳しいさかのぼる時はリア最大32Tのスプロケ付けたりするんだし、ほぼ初心者の僕がノーマルなスプロケで坂を上るのは無謀だった。

というわけで前回の失敗後に、クランクはディズナのLa CrankにしてデュアルPSDを生かしてチェーンリングは46-30Tに、リアは12-30Tを入れた。これで、のぼりは1:1のギア比に出来る。和田峠はずっと斜度が厳しいので、この最低ギア比以外使うところがなかった。正直もっとギア比が低くてもよかったと思ってる。

予定では裏和田とよばれている藤野側に降りて藤野から電車もしくは大垂水峠を相模湖側から上って帰る予定だったけど、裏和田が通行止めだったのであきらめてそのまま帰ってきた。その時に今更気付いたんだけど、和田峠って上り口までが微妙にずーとのぼりなんだよね。帰ってきて調べてみたら平均で2%いかないくらいの上りみたい。でも、帰りは疲れているはずなのに明らかに行きよりもスビート出せた。風もあったかもしれない。正直和田峠の登り口までの間でどれだけ疲れずに足使わずに行けるかは重要かもしれないと思ってる。

帰りは途中で疲れて輪行。総距離85km、平均時速15.4km/h。平均時速が15km/hを超えられたのもうれしい。スピードをあげるのではなくて、なるべく休憩しなくてよい程度ののんびりしたペースを心がけたのがよかった。

2014-08-16

自転車で一日100km走る

今日は天気が曇りで比較的気温が低かったので、早く起きて自転車で走ってきた。

先週は台風だったけど、最近はほぼ毎週末自転車で走ってる。始めは20kmほどだったけど、ちょっとずつ距離を伸ばして、目標が100kmだった。それをロードバイク買って1年ほどたってようやく達成。

コースは最近の定番コース。多摩川サイクリングロードから浅川に入って高尾に、そこから津久井湖の方をまわり、気分次第では牧馬峠をよったり寄らなかったりして、大垂水峠を相模湖側から周り戻る、というコース。今日はなんか調子もよかったので牧馬峠周りで行くことに。ところが、途中で道間違えて鳥屋という町経由で行くことに。峠というほどではないけど、ちょっと遠回りでのぼりもあったので余計に足使った気がする。

一日100kmは、学生の時に何人かで1度だけやったことはあるけど、その時は平地のみだったのでのぼり含めたのは始めて。しかも今回は一人。峠を一日で2つ上るのも初めてか。大垂水峠に比べると牧馬峠の方が斜度がきつくて大変な気がする。特にタイムを気にしたりはしていないので、軽いギアでクルクルまわしながらのんびり登っていたら、大垂水ではたくさんの人が僕の倍近い速度で抜いていった。牧馬峠はギア比1(F30/R30)という超低ギア比でもまだ足りないみたいで、時速6kmとほとんど歩いているのと大差ない速度でよいしょよいしょって上ることになる。まだまだ初心者です。なんかモーター付きの方のバイクにはたくさん抜かれた気はする。

補給は一応気をつけていたつもりなんだけど、最後の大垂水峠を上ってる時に足が回らなくなっておなかすいてきたので慌ててチョコレートを補給。たぶんハンガーノック一歩手前だったのではないかと思ってる。

とりあえずロード買った時にたてた100kmという目標は達成できたので、今度はタイムかな。走行中の平均時速が18.6km/h、球形含めると14km/hというのをもう少しまともな数値にしたい。あと、先日行ってまともに上れず悔しい思いをした和田峠に再チャレンジもしなきゃ。