舞 姫 このページをアンテナに追加

2012-05-23-Wednesday 君を忘れたこの世界を愛せたときは会いに行くよ

[]しるしをつける現在地 02:19

指導教官の先生と面談。9:45などという,日本にいたころでは考えられないような時間を指定される。午前中とのご指定で,なんでも先生は10時半からほかの用がおありだとのこと。45分で何ができるのか?と思っていたら,ものすごくてきぱきと指示を出された。31日までに,6〜7月の予定を2週間刻みで立ててメールすること。それに基づいて6月上旬にまた面談をすること。今後の面談についても,「定期的に会ったほうがいい?それとも放っとこうか?」と尋ねられる。できるなら(hopefully)できる限り頻繁に面談していただきたいです,と言うと「オーケー,じゃあ何週間に1回くらいのペースで会うようにしよう」とのこと。先生に対してこんな形容を用いるのは失礼にあたるだろうが,なんと有能な方でしょう。感嘆せざるを得ない。

面談はきっちり予定通りに終わり,そのあとは情報収集。まずは,留学生用の語学講座。これは難なく見つかった。担当の係のDeirdre先生も親切そうな方。いろいろと説明していただいた後お別れするとき,「ところでいいお名前ですね*1」と言うと,「ありがとう,でもアイルランド人やイギリス人の学生も私の名前きちんと読めなくて私のことを'D'って呼ぶのよ」と言う。あなたはちゃんと読めてるから驚いたわ,と褒められた。ちなみにこのお名前,読み方は「ディアドラ」です。発音は「ジアドル」に近いかも。そのあとは口座の開設や授業料の払い込み方についていろいろ聞いて回る。うまくいったりいかなかったり。

それにしても,日本にいたころはアイルランドとのやり取りの手段がメールしかなく,そのメールも意味が通じたり通じなかったりでほとほと困っていたのだが,こちらにいて何が助かるって,確認したいことがあったらすぐに直接訪ねられることである。しかも,親切な人が多いので,何か訴えればすぐ対応してくれる。今のところ,環境には大変恵まれています。

*1:Deirdreはアイルランド神話に出てくる女性で,とても古式ゆかしいアイルランド的お名前なのです。

KIDKID 2012/05/27 23:39 何故か百科全書が思い浮かびました

MephistophelesMephistopheles 2012/06/03 23:38 ディドロっぽいからですね。

2011-10-08-Saturday executive

[]エグゼクティブ女子 16:36

前から気になっていた土曜開講の「エグゼクティブプログラム」をのぞいてみた。

今日の内容も面白かったし,プログラムを見る限り毎回面白そうなのだが,毎土曜の夕方を空けておくことができるのか/何よりそこまでの向学心がわたしにあるかどうかが問題である。加えて,内容は理系に偏りがちである。出席してお話を伺うだけであれば喜んでお邪魔するのだが,レポートが課されるということになっている。毎回内容をまとめて自分の感想などを付け加えるだけとは言え,できるのやら。

このプログラム,どうやら企画が立ちあがった当初は「博士課程学生には必修にしようと」考えられていたようです。だとしたら土曜開講というのはどうなのであろう。そもそもぜひ土曜に開講したかった理由は何なのでしょう。まぁいいや。とりあえず土曜日に理学部に入れるように登録だけしておいて,あとはゆっくり考えます。どうせ来週と再来週は来られないことだし。

2011-10-07-Friday もっともっと考えたい

[]言葉の花束 18:07

朝日新聞の寄付によって5年間開講されるという「朝日講座」のガイダンス兼第1回目の授業を受講してみた。

東日本大震災被災地で生きる人々、亡くなられた人々、未曾有の災害に対して固唾をのんで見守った人々。

このようなすべての人々、あるいはその魂に向け、魂と風景の再生に捧げる「言葉の花束」を共に想像(創造)することをめざす。

シラバスの趣旨説明としてはほとんどこれだけしか情報が与えられておらず,授業で何をやるのかほとんどわからないという状況。逆に知的好奇心が刺激されました。一応今年は人文メインの開講ということだったのだが,工学部の学生も何人か聴きに来ていたよう。授業中の発言など聴いていると,やはり根本的に思考回路が違うのかもなどとも思わされて面白かった。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

それにしても加藤先生のお話は,先生が慣れていらっしゃるだけあって引き込まれる。今更ながら読み始めてしまいました。

2011-09-29-Thursday 1人分の陽だまりに

[]わーよかったー 15:58

わたし「……実は語学試験を受けようと思ってるんですけど,奨学金の応募締め切りに間に合うのかどうか知りたいんです」

教務課(以下,教)「あーそうですよねー,気になりますよねー。ちなみに今から申し込むと最短でいつ結果出ます?」

わたし「あくまでも『申し込めたら』なんですけど,今から申し込んで最短だと19日に結果が出ます。その次だともう結果が出るのが12月に入っちゃうんです」

教「そうですか,わかりましたー。じゃあその場合は融通をきかせてもらえないかということでがんばってみます」

わたし「あっ,今やってみたら最短で結果が出る試験,大丈夫みたいです!」

教「わーよかったー!」

わたし「いろいろありがとうございますー!」

午前中のわたしと教務課の会話である。それにしてもいつから教務課の方々はこんなにフレンドリーになったのだろうか。わたしが学部生の頃までは,教務課の方々というのはやたらと叩きつけるようにものを言い,なにかお願いしても取りつく島もないというのがほとんどだったように思うのだが。まさかわたしが試験/奨学金審査を受けられるかどうかと言うことに対してここまで親身に心配していただけようとは。

あやみやあやみや 2011/10/01 02:41 やっちゃん、是非留学を考えるものの会というのをやろうよ!
本当に特に学部後期からどんどん優しくなっていくよね、教務課。
私も今奨学金を探している・・・イギリス高すぎる!!!やっちゃんが応募しているのってJASSOのもの??貸与じゃない??

MephistophelesMephistopheles 2011/10/04 01:30 そうそう,「わーよかったー」とまで言っていただけるとはびっくりですよ(笑)
イギリスはほんとに高いよねぇ。わたしはまだ応募してないのよー。貸与も含めて考え中です。
しかしそうなるとまた借金が……(泣)

2011-08-04-Thursday いつまでも同じところにはいられない

[]壮行会 16:02

毎年恒例の留学壮行会。カポ・ペリカーノにて。ここ割と高めではあるので,主役お2人をご招待+プレゼント代もみんなで折半ということだとどうなることかと心配してはいたのだが,料理代+1000円でおさまっていた。おそらくは助教に多大なるご助力をいただいていると思われる。ありがとうございました。料理は総じておいしかったのだが,桃を使った冷製カペリーニがよくわからない味であった。料理に果物はやはりいかん。それにカペリーニ,やっぱりどうしても素麺に思えてしまうのです。

研究室在籍者で,留学を控えた学生としてはついに最高学年になってしまった。この「次は我が身」感。M1の頃などは,この壮行会も夏休みの始まりを飾る楽しい飲み会くらいに思えていたのに,さすがに今年は感慨深かった。わたしの学年は女子3人なのだが,話を聴いている限りではめいめいばらばらの時期に旅立つことになりそうなので,わたしたち自身が壮行されるのかどうかはわからない。それに近年,うちの研究室は結構新陳代謝がよいのである。ポスドクにあたる先輩方は続々とご就職されたし,こうして続々と留学にも出かけていくので,メンバーの入れ替わりに惑わされて割と常々新鮮な気分でいられるのだが,気がつくともう6年もお世話になっていることに愕然とする。いい加減留学が近付いてくるわけである。居心地がいい場所にいつまでもいられないのは不安ではあるが,若いうちはそれくらいの方がいいんでしょうね。