暇人による偏った日記

2016-05-10 tree of lifeガイド

[]盗難対策編

突然ですが、あまり初心者向けではない記事を書きます。

というのも、やられたからです。
2、3日前の午前10時過ぎぐらいだったでしょうか。
少しログインしていなかった隙に、領土内に侵入されて
片っ端から盗みを働かれてしまいました。
仕組み上丸裸になるわけではないのですが・・・
悔しいのは、盗難されたことより、盗難防止の仕組みを作ってる最中に盗みに入られたことです。
防犯度合を試してみる格好のチャンスだったのに。。。

というわけで、再発防止も兼ねて盗難対策について思うところを記載していきます。


まずは、盗み、つまりLock Pickingの仕組みについて。
https://treeoflifewiki.org/Lockpicking

Unlocking a player's storage unit yields a chest of four random items from the unit; this chest cannot be opened for thirty minutes (a timer prevents a player to do so). The player gains criminal points, drops a Trace of Evil on the ground and the structure initiates a cooldown of 2-3 hours that prevents any more theft from any player. This safety mechanism ensures that even if you are lockpicked you will not be completely drained of resources.

私の拙い英語力でなんとか訳すと、つまりは以下です。

ピッキングされると、倉庫から4つのアイテムがランダムに盗み出されます。
一度ピッキングされた倉庫は、30分開くことができません。
盗みを働いたプレイヤーの足元にはTrace of Evilというアイテムがドロップされます。
そして対象となった建物は2〜3時間、誰からも盗みが働けない状態になります。
全リソースを失うことを防止する仕組みです。

2−3時間の下りが少々自信ないですが、まあだいたい合ってるでしょうw
ちなみにTrace of Evilはこんな感じのやつです。
f:id:Messerarche:20160510051032j:image
このアイテムには攻撃者の名前が書いてあり、
被害を受けた側のみが回収できるようです。

また、公式BBSを見ていると以下のような情報も出てきます。
http://steamcommunity.com/app/361800/discussions/0/598198356174203529/

the whole problem is that u dont have enough towers with arrows and your locks are at too low lv.
I am a 50 lockpicker (with 400 defense).
I did find some towns i cant even get in successfully.
Even u have 50 skills u still need around 10 tries to pick a complex locked door or 5 tries to pick a strongly locked one.
I have been facing guild towns which they build double doors and like 10 towers behind the doors with fully stocked arrows. Moreover they use towers as the 2nd inner wall.

I tried to pick the door and got like 8 - 10 towers shooting me at once (like 8 dmg per).
I ran away too late and died when I found my bandage (with timer nowaday) cant handle the hp loss.

I know that not all ppl gets 50 tinkering, but thats why u need to trade with other ppl. I can imagine that selling a complex lock at shop is a good business nowadays.

For those saying that door and tower should not be able to be picked, come on go play an offline game. U are killing the game slowly. Remember the 2:8 wolf vs sheep ratio as mentioned by OOG.

ところどころ端折りますが、ざっくり訳は以下。

結局の処、十分な量のアロータワーと矢が用意されてないのと、おまえのロック(鍵)のレベルが低いのが問題だ。
俺はLv50ロックピッカーで防御は400ぐらいあるけど、楽勝で入れるところはいくつも見つけてきた。
でも、50スキルをもってしても、強固なドアは10回ぐらい試さないと開かない。
ドアにロックピックを試すと、8から10のタワーが俺を攻撃してくる。(攻撃毎8ダメージ)
俺は逃げだすのが遅れて、回復薬を取り出そうとしている間に死んだよ。

全員がLv50までスキルを上げているわけじゃないが、需要はある。
最近は、むしろ強固な鍵をショップで売るビジネスを始めた。
ドアとタワーが盗難されないようにしろとか言ってる奴はオフラインゲームでもやってろ。
そういうのがゲームを殺していくんだ。2:8のオオカミvs羊の構図が一番いいんだよって公式でも言ってたろ。


ビジネスの下りは、ほほうこれがマッチポンプかと逆に感心してしまいますが、
つまりはレベルをあげてがっちり固めろってことですね。
そうは言ってもレベルと資材の準備が果てしなく大変ですから、
なんとか知恵を使って切り抜けたい!と色々考えてみました。

[]盗難対策編 その2

では盗難対策案をずらずらと並べてみます。
どれを採用するかはおまかせで。
大前提として、
・基本的に、アロータワーは置けるだけおく。(8マス置きにしきつめる)
・鍵はすべてのドアにかける。
・建築物や鍵は用意できる最大レベルのものを。
は実施します。

  • ドアを多重にする

資材消費:大
これはよく見かける一般的なやつです。
隣に拠点を構えている人は、8枚扉としているようですが、
最大5枚ぐらいの突破で、難を逃れた実績があるようです。
シンプルですが、資材消費が大きいのと、
開け閉めがめんどくさいので私は導入していません。

  • 大量の偽トビラを準備する

資材消費:大
思いつきましたが、実施していません。
拠点を囲うようにダミー扉を大量に用意することで、本物がどれかをわからなくします。
ダミー扉は開いた先をWallでつぶす。
が、周りに小高い丘とかあったら一望されてしまう罠が。。。

  • 偽トビラを1つ用意する

資材消費:中
これは取り入れています。あたかも本物の入口のような扉、さらに奥に2枚目の扉。
でもその先は行き止まりといった、
より本物らしい入口を用意して期待させつつ徒労に終わらせ、諦めさせる案です。
本当の入口は裏側にわからないようにこっそり作ります。
※こっそりというのが難しいですが、次案でカバーしています

  • 基本的な出入りを梯子にする

資材消費:小
Carpenterスキルを上げていくと、Wallによじ登れる梯子を作ることができます。
f:id:Messerarche:20160510054751j:image
梯子を、壁の内側と外側に設置し、これを入口とすることで扉を使わなくする、という案です。
外側の梯子は放置していると当然使われてしまうので、
遠出するときや、ログアウトするときは取り外し、少し離れた場所に再設置する必要があります。
多少手間ですが、梯子を外せば入口は物理的になくなるわけですし、
巷では使われていない手法だと思うので、効果がある気がします。
というわけで採用しています。

  • 倉庫の空きスペースをtwig的なもので埋め尽くす

資材消費:なし
前述のとおり、倉庫に対するピッキングはランダムに4つ入手であることを逆手に取った方法です。
少しでも物を入れて埋めておけば、大事なものよりしょうもないものを取る可能性が高まります。
手軽にできるので、当然採用。

  • ログアウト時に重要なアイテムは抱え込む

資材消費:なし
手間ですが、何も考えずにできるっちゃできる案。
ただし、一緒に遊んでいるメンバーがいる場合は、ちょっと困ります。
不採用。

  • 壁を二重にする

資材消費:大
ヤケクソになった盗賊が壁を殴ってくることもあります。
余裕があったら二重化しておきたいですが、資材消費が。。。。

  • 入ったら出られない盗賊ホイホイを用意する

資材消費:大
これはネタですが・・・将来的に設置してやりたい。
先ほどの梯子案の応用で、扉のない壁に囲まれたエリアへ、
外側の梯子はかけたまま、内側の梯子を撤去します。
そうすると・・・入ったら出られない盗賊ホイホイの出来上がり。
まあ、実は24時間に一度使えるスタックからの救出コマンドがあるので
逃げることはできるのですが、精神的ダメージを与えてやろうという魂胆。


今のところ思いついているのはこんな感じです。
また妙案があれば、追記してみようと思います。

2016-05-08 tree of lifeガイド

[]農業編

農業はあまりやりこんでいないのですが、
畑に作物を作ることで、食料を増やすことができます。

ということで、ここではその最初の1手を紹介します。
まずは畑を作るための土から。

workbenchでシャベルを作ります。
f:id:Messerarche:20160509173318j:image
素材で必要なCopper(銅)は、Copper veinから採取します。
山の上のほうや、辺境気味のところにいくと取れやすい印象。

シャベルが出来たら、手に持って、マウスジェスチャー左でその辺の土を掘り起こします。
場所はどこでもいいです。また、同じ場所で何度やってもOKです。
これでdartをゲットします。
f:id:Messerarche:20160509173319j:image

workbenchで、dartを使いField gunnysack(畑のもと)を作ります
f:id:Messerarche:20160509173320j:image

これを設置します。
f:id:Messerarche:20160509173321j:image

種を手に持って、マウスジェスチャー左で植えると完成です。
収穫までに時間がかかります。
f:id:Messerarche:20160509173322j:image

時間がたって収穫可能状態になったら、マウスジェスチャー左で収穫します。
自生している植物は殴って収穫しますが、こちらは違うので注意です。
f:id:Messerarche:20160509173323j:image

以上で、農業の初めの一歩の紹介は終わりです。
植えるための種は、自生している植物を叩くと、ランダムで何個か手に入れることができます。

ちなみに、マインクラフトだと収穫時に植えた以上の種がゲットできるので
無限に増やしていくことができますが、
ToLは0〜1個のランダムっぽいので、残念ながらストックは目減りしていきます・・・。
引きこもってないで外に出ろってことですかね^^:

[]魚釣編

釣りについて紹介します。
釣りもお手軽に食料を手に入れる方法の一つです。
食えない魚も釣れますがw

まずは手元で釣り竿を作ります
f:id:Messerarche:20160509173324j:image


適当な池か海に行き、釣り竿を手に持って。
f:id:Messerarche:20160509173325j:image

マウスジェスチャー左。
f:id:Messerarche:20160509173326j:image

ここからは運任せです。
大体6〜7割の確率で「!」がでてヒット
f:id:Messerarche:20160509173327j:image

!が出たからといって特にすることはなく、そのまま見守ってると
ざばーっと魚が打ち上げられます。
f:id:Messerarche:20160509173328j:image


!が出たのに魚が釣れないこともあります。気長にやれってことですね。
池と海では釣れる魚が違います。
海のほうがいろいろ出るので、素材集めは海がいいかもしれません。

魚はcookingのスキル上げにつかったり、別の工作の素材になったりしますが
メインの食料元とするには時間がかかりすぎて正直微妙です。
fishingのスキル説明にも、時間を無駄に浪費する・・・と書いてあったりしますw


また小ネタですが、貝系は砂浜でシャベルを使うことでゲットできます。

こんな感じの砂浜です。
f:id:Messerarche:20160509173329j:image

砂も手に入りますが、貝も出てきます。
f:id:Messerarche:20160509173330j:image


以上が、魚釣りの紹介です。

2016-05-07 tree of lifeガイド

[]スキル解説

このゲームの核であろう、スキルについて解説します。
自分が起こした様々な行動によって、対応したスキルが上がり
スキルが上がるとステータスがあがる、という仕組みになっています。
詳細は、ステータス画面から見ることができます。
f:id:Messerarche:20160506153406j:image

ステータス画面では、画像赤枠の部分に育ってる上位8スキルが表示されます
黄枠の部分をクリックすると、全スキルの状況が表示されます。
f:id:Messerarche:20160506153407j:image

スキルアイコンの下に表示されているマークについて解説すると

  • 上矢印・・・初期状態。普通にスキルアップします。
  • 鍵マーク・・・現在のスキルレベルから、上げたくないけど下げたくもないときに有効化します
  • 下矢印・・・該当スキルのレベルを下げてでも、他のスキルを上げたいときに有効化します

となります。

この、「レベルを下げてでも」という意図ですが、
画像下部にRemaining pointsが表示されています。
これ、全スキルトータルで振り分けることができるポイントの残量で、1Lv=1ポイントです。
各スキルごと、最大lv50まであるようですが、
スキルポイントは350までしかないので、全スキルMAXは無理です。
そこで、将来的に下げる機能が必要、というわけです。
序盤はまったく気にしなくていいですけどね。

それでは、各マスタリーについて簡単に紹介します。
詳細はこちらの英語wikiを参照。
https://treeoflifewiki.org/Mastery

戦闘系。これらは該当する武器を振り回していれば勝手に上がります。
素振りでは上がりませんが、建築物を殴ったりしてもあがります。

  • Archery 弓
  • Axe 斧
  • Dagger ダガー
  • Hammer ハンマー
  • Martial Arts 素手
  • Shield 盾
  • Spear 槍
  • Swordsmanship 剣
  • Two-Handed 両手持ち

戦闘編でも書きましたが、上げるなら特殊効果のあるダガーかハンマーがおすすめです。


収集系。対応したアクションを行う、もしくはアイテム制作で上昇します。

  • Fishing 魚釣り。
  • Logging 木こり。
  • Mining 採掘。

生産系。これらは基本的に対応したアイテムの制作のみで上昇します。

  • Blacksmithing 鍛冶。武器関連の生産です
  • Carpenter 大工。建築物関連の生産です
  • Cooking 料理。パンを焼いたり魚料理をしたり。
  • Farming 農業。畑を設置して、種を蒔いたりしても上がります。
  • Ranching 畜産。動物のお世話をすると上がります。
  • Sewing 裁縫。防具関連の生産です。
  • Tinkering 鍵かけ。倉庫にロックをかけたり、ピッキングツールを作ったりできます。

特殊系。

  • Anatomy 敵を倒すと上がります。
  • Healing 回復薬(bandage等)を作ると上がります。
  • Lockpicking ピッキングすると上がりますが、ペナルティもありますので気を付けて。
  • Instruments 未実装
  • Tactics 未実装?

次は、いよいよ建築物を紹介します。

[]建築編・・・の前に拠点決め

建築物を設置すると、おいそれと動かすことができなくなりますので
どこで広げていくかを考えるのが重要です。
私のざっくりの感想を記載しますので、拠点決めの参考にしてください。

目的別オススメポイント。

  • 将来を見据えてレア鉱石が出現する場所がいい

Copper Ingotが沸く場所が良いです。序盤〜中盤にかけて大量に使います。
また将来的には雲がかかっているエリアに突撃して素材を集めますので、
雲エリアにアクセスしやすい場所がなおよいです。

  • 魚釣りしたい

池周辺か、海沿いにしましょう。
ただし池周辺は人気スポットなので空いてない可能性が高いです。

  • 広々とした空間を使いたい

砂漠がおすすめです。木と石はあるので、それなりに生活はできます。
MOBがあんまりいません。

  • どこでもいい

そんなあなたにおすすめなのは「覚えやすい座標」に拠点を作ることです。
キリ番(死語)がいいですね。

[]建築編 その1

マインクラフトでもそうですが、まずは作業台を作成し、
工作の幅を広げるところからスタートです。
firewood10本集めて、作業台を作成しましょう。
f:id:Messerarche:20160506180417j:image
作るとすぐに、担いだ状態になりますので、
マウスジェスチャー下で置きたいポイントを指定し、設置します。
早速使ってみましょう。
f:id:Messerarche:20160506180418j:image

作れるものがずらっと出てきたかと思います。
どれから作ったものか・・・と悩むところですが
まずはテント(倉庫)が良いでしょう。
tentを作成するためには、firewood6本と、Small leather2個。
Small leatherは小動物系のMOB(foxやらsharkやら)がドロップします。

また、作成するためにはCarpenterスキルを5まで上げる必要があります。
5に達していない場合は、その一つ前の柵(Carpenterスキル3必要)
3になっていなければ、手元で棍棒を作って上げていきます。

こんな感じで、目的のものを作るためにスキル上げと素材収集を繰り返していきます。

倉庫をworkbenchで作り終えて、さて使うぞ!と思いきや、すぐには使えません。
大きい建造物は、土台作りから完成までにさらにひと手間がかかります。
f:id:Messerarche:20160506180419j:image
今回は、Firewood4と、Durable strap4の追加納品が必要です。
採ってきて手に持って、マウスジェスチャー上で納品してやりましょう。
これを経てようやく完成です。

物によっては、Firewoodにする前の丸太そのものや、岩そのものを要求されます。
f:id:Messerarche:20160506180420j:image
これらは、マウスジェスチャー右で担げますので、建築物まで担いで持ってきて納品する必要があります。
たいへん。


さて、倉庫ができたのはいいのですが、倉庫は誰でも開けてしまうので
このままだと通りすがりの悪い人に中身をもっていかれます。
そうされないためにロックをかけてやりましょう
f:id:Messerarche:20160506180422j:image
このロックを作るのに必要なのはTinkelingのスキルレベル4。
足りない場合は手元でダガーやらナイフやらを作って上げます。
f:id:Messerarche:20160506180423j:image
無事に鍵が作成出来たら、手に持って、倉庫の前でマウスジェスチャー上。
これでかかります。

[]建築編 その2

戦闘でお世話になったであろうギルドホールを立てて、
ここが自分の領土であることを示しましょう。
f:id:Messerarche:20160506180421j:image
ギルドホールのように、領土を示す系の建築物では、
その領土の有効範囲が画像のように青枠で表示されます。
f:id:Messerarche:20160506180424j:image

これでようやく居を構えたことになります。

ここではギルドメンバーの管理ができます。
一緒に遊んでいる友人がいたら、登録してあげましょう。
登録することで、ギルドチャットが使えるようになります。
離れていても話ができるので便利です。

[]建築編 その3

さて、無事に倉庫とギルドホールが出来たら、次に目指すべきはかまどです。
表示されていない!という人は素直にレベルを上げましょう
Carpenterのスキルレベルがあがることで、作れるものが増えていきます。
f:id:Messerarche:20160506180425j:image

かまどでついに火を使った加工ができるようになります。
主に食料に火を通します。

図のように、左にやきたいもの、右に火種をセットします。
f:id:Messerarche:20160506180426j:image

画像の火種は石炭を使っていますが、twigやfirewoodでも大丈夫です。
ただし、燃料としては石炭が最も持続時間が長く、優秀です。
石炭は割とどこにでも生えてるこのCoalを叩くことで効率よく入手できます。
f:id:Messerarche:20160506180430j:image



さて、準備が出来たら、トーチを作り、手に持って
f:id:Messerarche:20160506180427j:image

かまどの前でマウスジェスチャー上で着火。
f:id:Messerarche:20160506180428j:image

火が付きます。しばらく待つと、上に焼けたものができます。
f:id:Messerarche:20160506180429j:image
(リンゴが肉になっている点はスルーしてください)

色んな食べ物がありますが、ほとんどのものは焼くことでその効果を増します
肉や魚は言わずもがな、
トマトが焼トマトになったりトウモロコシが焼トウモロコシになったり。
ただしリンゴだけは何故か効果が減少しますので、焼かないように。
説明文だとおいしくなりましたって感じのことが書いてあるのに・・・なんでや。

[]建築編 その4

次なる建築ステップへ向かうための土台はDrawingtableです。
f:id:Messerarche:20160506180431j:image

Drawingtableを用いて、さらなる建築物が用意できるようになります。
結局のところ建築物は全部作っていくんですが、
特におすすめは、このHutです。大きい倉庫です。
f:id:Messerarche:20160506180432j:image

建築は全てPaperとcharcoal(木炭)です。
Paperは作業台でfirewood4つから、
charcoalはかまどでfirewoodを燃やすことで入手できます。

ここまで来れば建築にも慣れてきたかと思いますので、
こんな感じでどんどんいろんな建物を建ててみましょう!
Drawingtableで作るものがなくなると、次は、Carpenter's workshopです。
次々やることが増えていきます・・・w

2016-05-06 tree of lifeガイド

[]戦闘編 その1

戦闘の前に、まずは大事な
このゲームのHPの回復方法について。
HPは2通りの回復手段があります。

1.満腹になるまで食料を食べる
食料が潤沢、かつ戦闘中ではない場合はこちらが良いでしょう。
腹減り度は最大600ありますが、420を超えるぐらい満たしてやると、
以下のような緑のアイコンが付きます。
f:id:Messerarche:20160506024011j:image
これが満腹状態です。この状態だと、HPが自然回復していきます。

2.HP回復アイテムを使う
このbandageというアイテムを使うことで、回復ができます。
f:id:Messerarche:20160506024012j:image

食料がカツカツの序盤は、こちらがメインとなりますので、
ここではbandageの作り方を紹介します
図の通り、bandageを作るには、Linenが必要になります。
Linenの入手法はこれまた2通り。

2-1.flaxを2つ集めて作る
flaxと呼ばれるその辺に生えている草を引っこ抜き、
flax2つを元にLinenを1つ作ることができます。
f:id:Messerarche:20160506024013j:image
画像の通りflaxは小さく見つけにくいので、狙って探すのは割とストレスです。
さらに、flaxをLinenに変換するためには
本ブログではまだ解説していない「workbench(作業台)」が必要になります。
f:id:Messerarche:20160506024014j:image
これ自体は他人が作ったものがそこら中に置いてあるので、
(作った本人が周りにいなければ)間借りしても良いでしょう。

2-2.GoblinもしくはCoboltを倒す
虎穴に入らずんば虎児を得ず。
GoblinもしくはCoboltを倒すことでLinenの直ドロップが狙えます。
f:id:Messerarche:20160506024015j:image
これがCobolt。場所によっては亜種がいます。
1体につき、2、3枚落とすので、上手く倒せればお釣りがくるでしょう。
というわけで、いざ戦闘へ。

[]戦闘編 その2

さて、それでは本題の戦闘について。
せっかくのLinenも、HPをごっそり減らしながら獲得してもうれしくありません。
実は建築物を使うことで、簡単にかつノーダメージで戦うことができます。
理由は、MOBは建築物に侵入できないからです。

攻撃の仕方には2通りあります。

  1. 左クリック連打によるマニュアルアタック
  2. 左クリック押しっぱなしによるオートアタック

今回は、後者の押しっぱなしを使います。
前者のほうが攻撃速度がでるのですが、被ダメが避けられません。

やり方その1。ギルドホームを使う。
まずは、こんな感じの建築物を探しましょう。
f:id:Messerarche:20160506024016j:image
もちろん他人が作ったやつでいいです(マナーとして、本人がウロウロしていないことが前提)
将来的に自分の家を持つときに、これを建てるのですが、
貴重な安全地帯です。夜でもちょっと明るい。

次に、近くで敵を探します。
敵をターゲット(緑枠が表示された状態)したら、
左クリックを押しっぱなしにして攻撃を開始、ギルドホームへと移動します。
そのままギルドホームの領域に侵入し、適度な距離感を保ってオートアタックし続けます。
f:id:Messerarche:20160506024017j:image
MOBはギルドホーム内へ入れないので、一方的に攻撃することができます。

無事に倒し、Linenを手に入れました。
f:id:Messerarche:20160506024018j:image
ついでに何やらお金も落としますが、しばらく使わないのでそっと持っておきましょう。

ここで、注意点を一つ。
左クリックはMOBをターゲットした後かならず押しっぱなしにするという点です。
万が一、ギルドホームに入ってから左クリックを手放してしまった場合、
次に攻撃しようとするときは自然と大きな対象、つまり他人のギルドホームに向けて攻撃してしまいます。
すると他人に対する敵対行動ということで、名前が黄色くなったり、
最悪防衛装置が働いて大ダメージを受けることになります。
そうならないためにも、一度放してしまったら、
ダメージ覚悟でMOBに近寄り、必ずMOBをタゲってから左クリックおしっぱを再開しましょう。

やり方その2。ギルド倉庫を使う。
大きくは変わらないのですが、こちらでも簡単にできます。
まずはこの建造物を探します。
f:id:Messerarche:20160506024019j:image

こいつの屋根上に乗ることで、安全地帯が生まれます。
f:id:Messerarche:20160506024020j:image
MOBは上に乗れません。
もちろん、左クリックおしっぱなし状態でジャンプして上りましょう。

やり方その3。カニ歩きをする
これは少し難しいですが、使えるようにして良いテクニックかと思います。
またまた左クリックおしっぱ前提です。
安全地帯が周囲にない場合、ダメージをくらわないためには距離をあけながら戦う必要があります。
その場合、MOBを視界に入れながら付かず離れずの距離を保って移動しつづけなければならないのですが、
後ろ歩きだと露骨に遅くなってしまいます。正面歩きだとMOBが見えません。
そこで、カニ歩きです。
f:id:Messerarche:20160506024021j:image

平行移動することで足は速く、MOBは視界にとらえながら、オートアタックで削ることができます。

こんな感じでMOBを倒して、Linenをゲットし、
まずは多少何かあっても死なない環境を整えていきましょう。

[]戦闘編 その3

各武器の性能について。ゲームを進めていくと、様々な武器種が登場しますので、
わかる範囲で紹介しておきます。

弓→矢を消費します。正直使いにくいですが、遠くの敵をタゲることができます。
斧→威力は高めですが、特に追加効果は恐らくないと思われます。
ダガー→威力低めですが、確率で出血(10ずつのスリップダメージ)が発生します。オススメ
ハンマー→威力そこそこ、確率で15秒の防御ダウンデバフが発生します。オススメ
素手→耐久力が存在しない頼れる拳
槍→まだ見たことないです。
剣→威力そこそこ。低確率で敵の攻撃をBLOCKします。
両手持ち武器→両手持ち剣や斧もあります。威力は高めですが、攻撃速度が遅いです
盾→Shiftで構えて、攻撃を受け流すことができます。当然片手持ち武器と併用。

[]戦闘編 おまけ

実はこのゲーム、MOBからのレアドロップ品があります。
私も全て確認したわけではありませんが、
Coboltからはうさ耳
f:id:Messerarche:20160506024022j:image

このサメみたいなやつからはサングラス
f:id:Messerarche:20160506024023j:image
f:id:Messerarche:20160506024024j:image

などがごくごく稀にドロップします。防御性能も案外悪くありません。
余裕ができたら狙ってみるのも、一つの楽しみですね。

2016-05-05 tree of lifeガイド

[]導入編 その1

tree of life
http://store.steampowered.com/app/361800/?l=japanese

最近始めたこのゲーム、あんまり攻略記事的なものがなかったので
せっかく覚えた知識を書いてみます。
これから始める人の参考になれば幸い。

まずはwikiとかでは最初に開くであろうQ&A的なコーナーをば

どんなゲーム?
Steamで購入可能なネットゲーム。
一言でいうと洋ゲー版どうぶつの森。
素材を集めて、建築物を作って、領土を広げて、敵と戦って、
また素材を集めて、次の建築物を作って・・・を延々繰り返す感じ。
チマチマ充実していく周辺環境に喜びを覚えるアナタにオススメ。

ソロ可?
ソロでもいけます。
でも、だんだん素材の数がきつくなってくるので、
途中から作業感を感じてしまうかも・・・。
楽しく続けるためには、できることなら知り合いを引きずり込んでプレイしたほうが良いです。

日本語ある?
インタフェースは全て英語。
アイコンからなんとなく察することができるので、英語わからなくても大丈夫。
ていうかこのブログで序盤はカバーします!
なおチャットに日本語は打てますが、野良の日本人はほとんどいません。

デスペナある?
あるにはあるが大したことはないです。
死んだら、手に持っていたアイテムがどっかいきます(たぶん)。
その後2分ぐらい幽霊モードになって何もできません。
そして何事もなかったかのように復活します。

PKある?
あります。また、建築物も壊されます。
ただ、PK挑んでくる物好きはほとんどいないです(今まで遭遇したことがない)
2chとかの記載を見てるとログインしたら建物全部壊れてたとか書いてありますが
そんなことになったことはないです。
また、大事な倉庫にロックをかけたり、
監視塔を立てて変なことしてきた相手を自動で返り討ちにするなど
防衛機能も作れるため、神経質になるほどではないです。

サーバはどれを選べばいいのか?
Asia,America,EUの3つから選べるが、どれを選んでも特に違いはないです。
私はなんとなくEUにしていますが、特に不都合は感じていません。

次回は、ゲームを初めてまずやることを書いていきます。

[]導入編 その2

キャラクリのシーンはすっとばして、ゲームスタート。
画面の見方
f:id:Messerarche:20160505014228j:image
全体像はこんな感じです。
移動はwasdキーで行います。spaceキーでジャンプ。
optionやらログアウト、もしくはとっさにマウスポインタを出して
別画面を操作したいときはESCキーです。

左下に自分の現在の状態
f:id:Messerarche:20160505014230j:image

  • 心臓マーク:HP。攻撃を受けると減ります。HP回復用アイテムを使うことで回復します。
  • 脳みそマーク:不明(現在使わない)
  • こぶしマーク:スタミナ。行動を行うと減ります。自然回復します。アイテムでも回復できます。
  • 胃マーク:腹減り度。自然減少します。食料系のアイテムで回復します。

この腹減り度、50を切ると移動速度が死ぬほど遅くなります。
f:id:Messerarche:20160505014231j:image
そしてこんな感じで赤い腹減りマークがつきます。
かといって、0になっても死にはしません。移動が遅いだけ。


右上に現在地
f:id:Messerarche:20160505014232j:image
座標、これ重要!!見失いたくない位置があればメモしましょう。

アイテムスロット
f:id:Messerarche:20160505014235j:image
対応した数字キーを押すことで、アイテムを手に持つことができます。
何かを使うためには、ここで選択する必要があります。

基本的な画面の見方に加えて・・・

Mキーを押すことでMAPが見れます。
f:id:Messerarche:20160505014233j:image
世界地図の現在どの辺に自分がいるのかを確認できます。
エリアによって採れる資源が変わってきますが、よく使う素材は大体どこでも手に入ります。
一部、雲がかかって見えませんが、
始めたばかりで突っ込んでもまったく楽しめないエリアなので絶対に近づかないでください

Eキーを押すことでアイテムバッグが開きます。
f:id:Messerarche:20160505014236j:image
左に出てくるのが現在の自分のステータス。
画面下部がアイテムバッグの中。
右がアイテム作成画面です。


以上が、基本操作説明です。

[]導入編 その3

マインクラフトだと、最初に作成を目指すべきアイテムはたいまつですよね。
このゲームには、手に持つタイプの灯り、トーチがあります。
しかしぶっちゃけ夜暗すぎるし、トーチもパワーが弱すぎるしで正直使い物になりませんw
序盤は明るさを諦めて暗いまま作業したほうが得策です。
さて、というわけで
まずは斧の作成を目指しましょう。
Eキーを押して、右のウィンドウで斧っぽいアイコンにマウスオーバーすると・・・
f:id:Messerarche:20160505014246j:image
twig(小枝)が20個
stoneが4個
必要であることがわかります。
※アイコンは最初?になっているので、画像ほどはっきりと斧とはわかりません。ごめんなさい。

とりあえずその辺の木に向かってパンチ。
f:id:Messerarche:20160505014238j:image
パンチは左クリックです。ガツンガツンと殴りましょう。
恐らく、殴っている最中に「martial arts」のスキルがあがった!というポップアップがでるかと思います。
このゲームには色んなスキルがあって、使うたびにそのスキルがあがっていき、強くなるという方式です。
スキルの仕組みはまた別の回でしようと思いますので、なんかあがったなーぐらいで覚えておいてください。

さて、殴っていると、木からtwig(小枝)がポロっと落ちてきます。
f:id:Messerarche:20160505014239j:image
Fキーでアイテムを拾います。
20個必要なので、ひたすら殴りましょう。
運が良ければ、リンゴもドロップします。
f:id:Messerarche:20160505014241j:image
効果は、スタミナ+50、満腹度+50。
ひたすら殴っていると、スタミナがどんどん減っていきます。
しばらくじっとしていれば回復しますが、
このリンゴを食べることで急速に回復できます。
また、自然に減る腹減り度も回復させることができます。
序盤の貴重な食料ですね。

そして次、StoneはRockから。
f:id:Messerarche:20160505025557j:image
こんな外見です。
これまた殴っていると
f:id:Messerarche:20160505014245j:image
Stoneがポロっと出てきます。
なお、木もそうですが、殴りで壊しきることは目指さなくてよいです。
壊しきるのは、対応した道具を作ってからで十分です。

さて、素材がそろったらいよいよ斧を作りましょう。
f:id:Messerarche:20160505014246j:image
画像右下の手のアイコンのところに、画像のようにtwigとstoneを配置します。
そして斧アイコンをクリック!
少し待つと・・・完成です。
さっそく、アイテムスロットにドラッグアンドドロップして、
f:id:Messerarche:20160505023728j:image
対応した数字キーを押して装備しましょう。

そんでもって・・・叩きつける!
f:id:Messerarche:20160505023729j:image
殴りより圧倒的に強い木こり斧。これなら楽勝で切り倒せそうですね。

ちなみに、同じくtwig20、stone4の材料でピッケルを作ることもできます。
斧の右隣のアイコンです。
ピッケルは石を含む鉱石系に大ダメージを与えるので、石殴りが捗ります。

話を戻して・・・この勢いで木を切り倒すと、Log(丸太)が出てきます。
f:id:Messerarche:20160505025558j:image
出てくる数は0〜3本のうちランダムなので、出ない場合は2本目の木を伐採しましょう。
このLog(丸太)も斧で切り壊すと・・・
f:id:Messerarche:20160505025559j:image
firewood(薪)が出てきます。

薪を回収して作る次なる道具は・・・棍棒。
f:id:Messerarche:20160505025600j:image
たったの薪2本でできます。
作ったら早速装備しましょう。
f:id:Messerarche:20160505025601j:image
お手軽に、武器が出来ました。

また、余談ですが、木を切り倒すとLogとは別に苗木が出てくることがあります。
f:id:Messerarche:20160505025602j:image
木はどうもほっといたら自生してくるっぽいのですが、
苗木を植えることで、場所を指定して生やすことができます。

まずは苗木を持ち上げます。
持ち上げ方は、苗木をターゲット(緑で囲まれた状態)で、右クリックを押したままマウスを右にスライド。
簡単に言うとマウスジェスチャーですね。
f:id:Messerarche:20160505025603j:image
この状態で、マウスジェスチャーの下を行うと
f:id:Messerarche:20160505025604j:image
こんな感じで生やせる場所が選べるようになるので、
左クリックで決定。
生やしたい場所が遠いと何やら怒られますが、その場合近づいて左クリック。
あとはほっとくとニョキニョキ伸びていきます。

[]導入編 その4

その他、序盤に必要となりそうな素材の集め方を紹介しておきます。
Durable strap
f:id:Messerarche:20160506151532j:image
これは、Vineから採取できます。ばいんばいん。
f:id:Messerarche:20160506151533j:image

Tin
f:id:Messerarche:20160506151534j:image
これは、体育座りしている骸骨を壊すと採取できます。
f:id:Messerarche:20160506151535j:image
他にも、骨やらmaggotやらが手に入ります。

今回はこの辺で。
次回は、さっき作った棍棒で敵を殴りに行きます。

11 2017/07/17 04:46

れむれむ 2017/10/18 13:06 購入で迷ってるのですが1980円のと2480円のと6080円のものとあるのですがどう違うのかご存知でしょうか?あとDLCパック798円のとあるのですが内容がわからず迷っています!よければ教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします

2016-05-04 ボードゲームレビュー

[]コードネーム

2-8人向け
40分程度(実際は20分ぐらい。)

ルール
プレイヤーは出題者と解答者に分かれる。
まず、場に並べられた様々な単語が書かれた25枚のカードの中から、
正解の札が8枚程度ランダムに決定される。
正解の札は出題者側のみが把握している。
出題者は正解の札を複数枚包含するようなヒントを出し、
解答者はヒントを元に正解の札を推測し、当てていく。
2チームに分かれ、先に正解の札をすべて当てたチームの勝ち。
詳細は以下(外部リンク)
コードネーム/Codenames - ボードゲームレビュー
※補足
2人でもできるが、4人以上推奨。
また、ルール上では、出せるヒントは「単語1つ」と書かれているが、
文章を許容したほうが想像力が膨らんで面白い。

問われそうな要素
・発想力
・洞察力

所感
このゲーム、お題を出す側と、当てる側に分かれて遊ぶわけだが、
正直、お題を出す側がめちゃくちゃ楽しい。
楽しい瞬間は3つある。

  1. たくさんのカードが指定できるキーワードを思いついた時。
  2. 一見関係なさそうなカード群から、無理やりキーワードをひねり出してそれが相手に伝わった時。
  3. 共通の知識でニヤリとできた時。

1つ目、例えば「時」「象牙」「掃除機」「パンツ」の4単語を当てさせたい!と思ったときに、
時は金なり・・うーん、象牙は貨幣価値があったはず・・・
掃除機も結構な値段するし・・・そしてパンツ・・・いやパンツは条件が整えばある意味買いたい
的な発想から、「金を出してでも買いたいもの、4つ!」などと宣言し、これが意外と伝わったりするのである。

2つ目、「角」「モール」の二つを当てないと負ける、といった状況で
モール・・・ショッピングモール・・・
でも角は・・・そういやショッピングカートってカクカクしてるなぁ・・・
「ショッピングカート、2つ!」
ショッピングカートから普通に考えて角なんて出てこないが、
追い詰められている状況でひねり出したという点から察してくれて、なぜか伝わったりする。
人間の発想力は偉大だ。

3つ目は一緒に遊ぶ人間に依存するが、
例えば「ルビー、2つ」から、「火」「指輪」を当てさせたりする。
ロマンシングサガをやっていれば常識問題である。
なお、友人は「ケース」「馬」か何かから、
「ジョジョ第1巻DIO様の登場シーン、3つ!」みたいな意味不明なことを口走っていた。
なお、伝わってはいなかった模様。

是非、遊んでみてほしい。

2016-05-03 ボードゲームレビュー

[]花火(HANABI)

2-5人向け(4-5人推奨。)
30分程度

ルール
簡単に言うと全員協力型7並べ。
ただし並べるのはトランプではなく、5色の花火が描かれたカード。
色ごとに、1,2,3,4,5の番号が書かれており、番号順にしか場に出せない。
5まで到達すると、花火があがったことになる。5色全て上げることができればゲームクリア。
特徴的なのは、自分の手札が見えないという点。
自分の手札は、他のプレイヤーからヒントを貰い、推測していくのである。
また、ヒントも色のみか数字のみしか伝えることができず、かつ回数制限があるため、
うまくやりくりしなければならない。
詳細は以下(外部リンク)
花火/Hanabi - ボードゲームレビュー


問われそうな要素
・推察力
・記憶力

所感
このゲーム、正直難しい。
真面目にやろうとするとガチなリソース配分と、カード運がかみ合わなければクリアできないため、
初見プレイヤーがいる状況ではまず5色全ての花火が打ちあがることは稀である。
しかし、そんなゲームを面白くしている要素が
「ヒントを出す以外は会話をしてはいけない」
これ。
つまり、日本人が好きな空気を察する能力がフル稼働されるのである。
たぶんこのタイミングでこのヒントくれたってことは、こうなんだろうなぁ・・・と
手札を察して場に出す。
正解すると、カード出した側もヒント出した側も、意図が伝わってニヤッとする。これが楽しい。
実際、集まってボードゲームをやっているわけなので、
完全に黙りこくるなんてことは不可能。
「GJ!」「おいそうじゃねだろ!」「おまえにはヒントをやらん(=手札がクソ)」
みたいな言葉が思わず漏れ出てしまうが、それもまた良い。

そして、このゲームを更に楽しくする要素、それは「酒」
飲みながらやると、人から教えられたヒントをいともたやすく忘却するw
A「さっき教えたやろ!」
B「は?覚えてるわけねーし!」
A「酔ってんのか」
B「酔ってる」
そしてゲームのクリアが一段と遠のく。あぁ楽しい。

是非、遊んでみてほしい。

Connection: close